The following two tabs change content below.

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」サイト統括責任者/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、認識技術で、死の恐怖(パニック障害)を半年で克服。現在は「作詞家」を目指しながら、会社経営をし、このサイトで認識技術をより多くの人に広める活動をしている。

アンチ 心理

アンチ

有名な人に対して、強烈にしつこく批判してくる人のことを指します。

人間の心は表裏一体なので、

最初は好きだったけど、突然嫌いになる…

なんてこともあります。

例えどんなに好印象な有名人でも、

ちょっとした事件を起こせばアンチが増える…

凄く怖い世界でもあります。

ただ、アンチというのは、

有名人だけでなく、

日常的な世界でも現れます。

普通のサラリーマンでも、

会社に行けば「嫌いな人」はいるだろうし、

あなたのことを批判してくる人もいるでしょう。

どのみち、どんな人でも、

アンチとの戦いは避けることができません。

どんなに完璧主義で八方美人でも、

批判を全く受けないなんてことはありません。

アンチはどこにでも湧いてくる

そう思っていた方が無難です。

だからこそ、

アンチに対する見方」は、

今後のあなたの人生を大きく左右します。

アンチに対して、

ポジティブに感謝な気持ちを持っている人は、

成長できるだろうし、

アンチの批判に対して、イチイチ反抗していたら、

相当なエネルギーを浪費するでしょう。

僕も後者のパターンでしたが、

アンチに対する見方が変わってから、

自然に受け流すことができるようになりました。

アンチの心理はさまざま~だけど根本は一緒

かくいう僕は、

誰かのアカウントに匿名で悪口を書きこんだり、

陰で批判したことはありません。

1人を集団で痛めつけるなんてこと、

僕はしたくなかったし、

心のどこかで、相手の気持ちに立ってしまい、

逆に僕自身が苦しくなってたからだと思います。

しかし、誰かの投稿に過剰に反応しては、

劣等感や怒りを感じることは多かったです

書き込みはしないものの、

こいつムカつく!

みたいな、一点集中型のエネルギーが湧くことはありました。

すると、

そいつのことばかり頭に残り、

イライラして他のことに集中できなくなっていました。

※だから、基本的に勘に障る人の投稿は、見ないで済むように非表示やブロックするなど、自分の目に触れないよう除外していました。そうすることで、自分がイライラしないよう、常に配慮していました。

アンチは基本的に、

身バレしない条件で現れる人たちです。

ネットという匿名世界で、

身バレするリスクが少ない中で、

強烈なアウトプットをします。

※もちろん「死ね」とか「殺す」という書き込みをすれば、警察に捜査され、身バレするリスクはかなり高まるので、ある程度の理性は保っておく必要はありますが…

アンチは、

攻撃することで防御している人たち」です。

有名人の投稿の、

何らかの「表面」「部分」だけを取って、

過去のイメージ」と繋げて、

感じたくない感情」を存在させています。

その「感じたくない感情」を抑えるために、

一方的に批判して気持ちを鎮めます。

アンチに対して「批判するなら見なきゃいいのに」は通用しない

アンチに対して、

よく「批判するなら見なきゃいいのに」と言う人がいますが、

それは難しい話です。

なぜなら、

アンチの人たちは、

「感じたくない感情」を抑えるために、

批判してるからです

感じたくない感情」とは、

触れられたくない感情、晒されたくない感情とも言えますが、

とにかく、その人自身の「強烈な自己否定の塊」を指します。

「ダメな自分」「存在価値のない自分」「捨てたい自分」

アンチの人たちの心の中には、

自分で自分を自己否定したくなるほどの、

強烈なコンプレックスを抱えています。

このコンプレックスは、

触れられると、存在感を脅かされるほどのダメージを受けてしまうので、

防御しようと反抗心が生まれてしまいます

人は他人を自分の鏡のように見てしまいます。

~~~~~~~~~~~~

※ここからがかなり重要※

例えば、あなたが幼少期、

親の厳しいしつけで、

自己主張を許されなかった子供だったとします。

そうすると、

無意識のうちに、あなたは自分のことを、

自己主張する自分はダメな自分(=存在価値のない自分)なんだ」と思い込んでしまいます。

そんなあなたが、

SNSで人の注目を浴びて、楽しそうに伸び伸びと生きてる有名人」を見たらどうなりますか?

あなたは、その人に自分を重ね、

自己主張する自分はダメな自分(=存在価値のない自分)」というコンプレックスを、

強烈に刺激されてしまいます。

SNSで人の注目を浴びて、楽しそうに伸び伸びと生きてる有名人」は、

別にあなたと同じ家庭環境で生きてきたわけでもないし、

その人自身の価値観で生きてるだけです。

にもかかわらず、あなたは、その有名人があなたのコンプレックスを刺激した、

と思い込んでしまいます。

結果的に、感じたくない感情を刺激されたあなたは、

SNSで人の注目を浴びて、楽しそうに伸び伸びと生きてる有名人」を批判する目的でなく、

自己主張する自分はダメな自分(=存在価値のない自分)」を批判する目的で、

その有名人を批判します

※逆に「リアルの世界では、自己主張が下手で何も主張できないのに、ネット上で自己主張をする人たち(自撮り写真をたくさんアップする人、お金稼いでるアピールしている人、幸せな私をやたら誇示してくる人、自分のステータスを自慢してくる人など)」も、アンチのコンプレックスを刺激するので批判を受けやすい。

※アンチに「批判するなら見なきゃいいのに」が通用しないのは、コンプレックスを刺激されないよう、その人を監視し続けるという背景もある。コンプレックスを刺激してくる相手は、なかなか頭の中から消えないので、見たくなくても見たくなる、という矛盾が生まれてしまう。この辺りのコントロールは、アンチ自身の心の深い内面を解かない限り、依存から逃れることは難しいだろう。

~~~~~~~~~~~~

日本人に多い「周りに迷惑をかけてはいけない」「自己主張してはいけない」という思い込み

これはぶっちゃけ、

日本全体の思い込み」と言っても過言ではありません。

日本は過去に、

戦争でいろんな傷を受けてきました。

細かい内容は、

書いてる僕自身が苦しくなるので控えますが、

とにかく「日本の大和魂」を徹底的に潰されてきた背景があります。

そしてその悪影響は、

今を生きてる日本人にも及んでいます。

つまり、今日本で生きてる人は、

共通して、過去の歴史のダメージを無意識に負っているわけです。

周りに迷惑をかけてはいけない

自己主張してはいけない

国のリーダーを信用してはいけない

だから「自己主張する自分はダメ(=存在価値が無い)」と思い込んでる人は、

日本ではかなり多いです。

だからこそ、自己主張できるネット上では、

アンチがたくさん湧きますし、

アンチが湧く数だけ、

人の悲しみがあると言えます

僕がアンチの人たちを自然に受け流せるようになったのは、

アンチの人たちの背景が深く観えてるのと、

僕自身の心の内面が深く観えてるからです。

僕は、アンチに対する見方を変える上で、

特に「自分自身の深い内面」を、

かなり見つめてきました。

その際に道具にしたのが「認識技術」です。

正直、本当の意味で深い内面を見つめたいのであれば、

僕は、心理学や自己啓発、成功哲学よりも、

「認識技術」をおすすめしたいです。

認識技術は、

あなたの深~~い内面を発見し、

掴み、手放すことができるので、

根本からスッキリすることができます。

もし、少しでも「どうにかしたい!」という意欲があるなら、

是非、認識技術と出会っていただければなと思います。

出会いたい人は、

お問い合わせいただければクローズドしますので、

是非、お問い合わせください。

7日で分かる》「あなたの悩みを”たった1つの動き“でスッキリ整理する方法」をメルマガで配信中!

※ただいまメルマガ準備中!もうしばらくお待ちください\(^o^)/

「認識技術(悩みバイバイ技術)」とは?

お問い合わせ

Facebookページも更新中!

The following two tabs change content below.

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」サイト統括責任者/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、認識技術で、死の恐怖(パニック障害)を半年で克服。現在は「作詞家」を目指しながら、会社経営をし、このサイトで認識技術をより多くの人に広める活動をしている。