The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

予期不安

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で予期不安を克服する方法を紹介しています。

この記事の目次

1.予期不安は”たった1つの動き”で克服できます

予期不安

  • 予期不安で苦しんでいる
  • 予期不安を消したい
  • 予期不安が出ないようにしたい
  • 予期不安を克服して今を楽しめるようになりたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.「予期不安が生まれる原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

予期不安

実は僕も昔はかなりの予期不安に苦しんでました。

詳しくは後ほどお話ししますが、

とにかく予期不安が酷すぎて、

精神的にかなりのストレスを抱えてました。

しかしその苦しみを「認識技術(nTech)」で克服することができたのです。

予期不安を克服してからは、

未来の不安にとらわれず、今ここを安心して生きられるようになりました。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

高校時代、僕は人間関係で大きな失敗をしました。

昔の僕は、とにかく後先考えずに行動するタイプで、

例えば、当時流行ったブログで変なポエムばかり発信したり、

生まれつきおでこが広いのに、

ある日突然、坊主にしてしまったり、

とにかく周りがギョッとすることを、

衝動的にやってしまう癖がありました。

そんな性格が災いして、

周りから悪口や否定をたくさん受けるようになります。

そんな高校生活を3年間過ごしたせいか、高校卒業後は、

酷い予期不安に苦しめられるようになります。

この先いつか同級生と遭遇して、また否定されるのではないか?

そんな予期不安をいつも抱えてました。

僕はどうしても高校時代の経験を受け入れることができなかったから、

もう二度と同じ目には遭いたくなかったんですよね。

だけど、どうしても高校時代の僕を知ってる同級生は存在してるわけだし、

いつどこでどのタイミングで過去の自分を晒されるかなんて分からないわけです。

だから昔の僕は、

いつどこでどのタイミングで起こるか分からないことばかり気にしてました。

予期不安

そのため高校卒業後は、

なかなか安心して外を出歩くことができませんでした。

外に出かけるときは、

いつも予期不安を引きずりながら、外を出歩いてました。

バイトをしてた時期もあったので、

その時は同級生がお店に来ないかばかり気にしてました。

当時は「起業」を始めたばかりだったので、

お金も必要だったんですよね。

だから、いつも怯えながら、

バイト生活に明け暮れてました。

それから2年ほど経って、

ある程度経済的に見込みがついてきたので、

僕は地元を離れることにしました。

地元を離れれば、

ゼロからスッキリ状態で再出発できると思ったからです。

しかし、僕の予期不安は地元を離れても消えることはありませんでした…

僕は高校卒業から5年間の間に、3、4回引っ越しましたが、

環境を変化させても、

僕の予期不安が消えることはありませんでした。

予期不安

そして僕は、精神的ストレスがピークに達し、

22歳の法人化直後に「パニック障害」になってしまいます。

毎日「死の恐怖」に襲われながら、

絶望することしかできない日々。

本当に苦しかった…

もう二度と、あんな目には遭いたくないですね。

3.「予期不安が生まれる原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

予期不安

そんな苦しい体験をしてきた僕が、予期不安を克服できたキッカケがあります。

それは「認識技術との出会い」でした。

僕は認識技術と出会えたおかげで、

自分の予期不安を克服することができたのです。

人間の悩みは、全て幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き”が生み出しています。

つまりあなたも”たった1つの動き”さえ発見してしまえば、

予期不安をスッキリできるのです。

ただし、”たった1つの動き“の理解は難しい部分も多いので、

まずは僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き“を紹介します。

是非、僕の幼少期の体験を通して、

たった1つの動き“の理解を深めてもらえたらな~と思います。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

予期不安

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は、他の兄弟に比べ、

母親の愛情が届きにくいポジションになります。

そのため「愛されてる実感」も持つことができない。

だから、何とか母親から愛情を注いでもらおうと、

僕はしつこく母親に対して自己主張を繰り返すようになります。

幼少期の僕は、母親に何とか愛情を注いでもらおうと、

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、ひょうきんな態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり、

いろんな自己主張を繰り返すようになります。

しかし、そんな僕の自己主張を、

僕の母親は全く受け取ってくれませんでした。

急に不機嫌になったり、急にキレだしたり、急に突き放してきたり、、、

とにかく僕の思うように愛情を注いではくれませんでした。

そのため僕は、いつしか母親に自己主張することを諦めるようになりました。

どうせ分かってくれないから

予期不安

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で予期不安を克服することができます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に母親に愛情を注いでもらおうと、

必死に自己主張を繰り返していた僕。

しかしそんな僕の自己主張を全く受け取ってくれなかった母親。

僕はただ愛されたかっただけなのに。

そんな母親に対して僕は、

いつしか自己主張を諦めるようになります。

しかし、いくら自己主張を諦めたところで、

愛されてる実感が満たされるわけではありません。

当然、自己主張しきれず溜め込んでしまったものは、

どこかで必ず爆発します。

分かってもらえない=愛してもらえない」の蓄積は、

どこかのタイミングで必ず「分からせてやる=愛されたい」というエネルギーに切り替わるのです。

《予期不安はなぜ生まれるのか?》

予期不安

結論から言うと、

予期不安は「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとしてもなれないときに生まれます。

例えば僕の場合、

幼少期に「分かってもらえない自分=愛されてない自分」から「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうと、必死に母親に自己主張を繰り返してきました。

しかしそんな僕の自己主張を母親に受け取ってもらえず、

僕は「どうせ分かってもらえないんだ」という諦めを植え付けられました。

僕の予期不安はこの瞬間に生まれました。

どうせ分かってもらえないんだ」という諦めは、

いわば「予期不安を作り出している核」。

その核に、幼少期の経験や高校時代の辛い経験が重なって、

どんどん大きな予期不安に膨らんでしまった。

その結果、パニック障害まで患ってしまった。

しかし、僕の予期不安を作り出してる根本の原因は、

どうせ分かってもらえないんだ」という諦め…

さらに言うなら、僕の幼少期の体験によって作り出された”たった1つの動き“。

それが全ての原因だったんですね。

《僕はただ愛されたかっただけ》

予期不安

僕が高校卒業後に、同級生の目ばかり気にして生きてたのは、

同級生に対して「どうせ分かってもらえないんだ」という諦めがあったから。

だけど同時に「分からせてやる=愛されたい」という気持ちも働いていた。

僕はただ、高校の同級生に愛されたかっただけ。

だからいつまでも必死に愛されようとしがみついてた。

たった1つの動き“は、

僕に予期不安を与えることで、

ひたすら僕を「愛されてる自分」にさせようとしてただけ。

しかし、”たった1つの動き“に掴まれてる以上、

人間は「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動きに掴まれたまま、

その輪廻から抜け出すことができない。

当然、予期不安から抜け出すこともできない。

予期不安は「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとするから生まれます。

この動きを手放さない限り、

あなたの予期不安は消えることはないでしょう。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

予期不安

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。