The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

休みたい 休めない

休みたいのに休めない

 

 

 

 

昔の僕も、

あなたと同じ悩みを抱えていた時期があります。

一度走り出すと止まれなくて、

つい、休みを削ってまで頑張ってしまう。

例えば仕事でも、

自分でやった方が早い

他人に任せたらクオリティが下がる

という思考回路が邪魔をし、

人に頼りたくても頼れない。

たくさんの仕事を1人で全部抱え、

それに伴う精神的負担も1人で全部抱えてしまう。

昔の僕は、

休みたいのに休めない苦しみから抜け出せない結果、

パニック障害(死の恐怖を感じる精神病)」になったこともあります。

この記事の目次

1.「休みたいのに休めない」そんなあなたの「危険な生活習慣」は”たった1つの動き”で改善できる

休みたい 休めない

  • 休みたいのに休めない
  • 休みの日も仕事のことばかり考えている
  • 人に任せるのが苦手
  • ストレスをため込みやすい
  • 1人で抱え込みやすい
  • 休むと不安になる、などなど…

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

その悩み、

たった1つの動き“で、改善できます。

実際に僕も”たった1つの動き“のおかげで、

休みたいのに休めない地獄」から脱出できました(^^ゞ



2.僕も”たった1つの動き”で「休みたいのに休めない地獄」から脱出できました

休みたい 休めない

休みたいのに休めない

そんなあなたの「危険な生活習慣」は、

たった1つの動き“で改善できます。

しかし、その仕組みを具体的に説明する前に、

どうしても紹介しておかなければならない技術があります。

 

 

 

 

それは認識技術(nTech)です。

 

 

 

 

※↓認識技術(nTech)の具体的な説明はトップページでしています。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

実は僕も昔、

あなたと同じ悩みを抱えていました。

 

 

 

 

休みたいのに休めない

 

 

 

 

これがいかに地獄かを悟ったのは、

僕がパニック障害になってからでした。

それまでは、

無理矢理な生活を送っても、

特に大きく体を壊すことがなかったので、

ある意味「無自覚状態」でした。

 

 

 

 

休まないのが当たり前

 

 

 

 

それが当たり前すぎて、

自分の中で全く違和感がなかったんですよね。

だけど、休まず頑張れば頑張るほど、

体が壊れていく。

心が壊れていく。

でも、休めない。

それが当たり前だったから。

 

 

 

 

当時の僕は、まだ20代前半だったので、

特に無自覚だったと思います。

若いからいくらでも無理できるし、

休まず頑張っても、

頑張れちゃうんですよね(笑)

それに、

頑張れば頑張るほど、どこか気持ちのいい感情が湧いてきて、

ハイな状態になってしまう。

そして、溜まりに溜まったストレスが、

ある日、突然爆発してしまう。

 

 

 

 

体調が一気に悪くなり、

精神的にどんよりしてしまう。

 

 

 

 

でも、それでも仕事を止めることができない

 

 

 

 

今思えば、

本当に危険な状態だったと思います。

ボロボロになっても、

自分を傷つけてしまうわけですから。

ある意味、自傷行為と変わらないわけです。

 

 

 

 

自分を傷つけなきゃ、

存在感を感じられない

 

 

 

 

もしかしたら、あなたも同じパターンにハマってるかもしれませんね。

実際に僕は、

自分を傷つけながら頑張り過ぎた結果、

22歳の法人化直後に、

パニック障害になってしまいます。

毎日死の恐怖が襲ってきて、

夜もまともに眠れませんでした。

頭の中はいつも未来不安で埋め尽くされ、

どの未来に進んでも「死んでしまうイメージ」しか湧いてこない。

 

 

 

 

僕が認識技術(nTech)を本格的に学び始めたのは、

ちょうどその頃でした。

 

 

 

 

正直、あのタイミングで認識技術(nTech)と出会えてなかったら、

僕は自殺していました。

 

 

 

行き場もなく

八方塞がりの中で、

出口を全く見つけられず、

1人孤独に寂しく死んでいたでしょう。

 

 

 

 

まるで自分の存在そのものがなくなっていくような、

そんな恐怖を毎日味わっていました。

 

 

 

 

きっとあなたも、

今の状況から突破する方法が見つからず、

苦しんでるのではないでしょうか?

 

 

 

 

でも、大丈夫。

 

 

 

 

出口は「“たった1つの動き”の外」にあるので。

 

 

 

 

あなたは”たった1つの動き”を発見し、

手放すだけでいい。

 

 

 

 

それだけで、

あなたの苦しみは一気に改善されます

3.「休みたいのに休めない原因」は、実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

休みたい 休めない

休みたいのに休めない

この現象、

矛盾してると思いませんか?

休みたい」というアクセルが働くと、

休めない」というブレーキが邪魔をしてくる。

まるで、アクセルとブレーキを同時に踏んでるような現象だと思いませんか?

実は、こうなってしまうカラクリも”たった1つの動き“にあるのです。

休みたいのに休めない」という現象は。

あなたの”たった1つの動き“が引き起こしている現象に過ぎないのです。

だから”たった1つの動き“を手放すことで、

休みたいのに休めない」という現象からも、

抜け出すことができるのです。

 

 

 

 

そして、

“たった1つの動き”を手放すには、

“たった1つの動き”が作られた「幼少期の体験」を、

しっかりと振り返り、整理していかなければなりません。

 

 

 

 

この記事では僕の幼少期の体験を事例に”たった1つの動き“の説明をしていきたいと思います。

是非、参考にしてください。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

休みたい 休めない

僕は男3兄弟の真ん中っ子として生まれました。

真ん中っ子は、

兄弟の中で1番愛情の届きにくいポジション。

母親から十分な愛情を注いでもらえなかった僕は、

いつも必死に自己主張してました。

俺に気づいてくれ!

愛情をくれ!

と。

しかし、僕が自己主張を繰り返す度に、

母親は拒絶し、突き放してきました。

急に不機嫌になったり、愚痴や文句を押し付けてきたり、

とにかく、自分の気持ちを全く分かってもらえなかったわけです。

 

 

 

 

でも「どうせ自分の気持ちなんて分かってもらえない」と分かっていながらも、

自己主張は繰り返すわけです。

愛されたい

ただそれだけのために、

僕はしつこく自己主張を繰り返していました。

だけど、自己主張すればするほど、

自分の気持ちを分かってもらえなくて、

最終的に「自分は愛されてない存在なんだ」と思い込んでしまう。

 

 

 

 

 

愛されたいのに愛されない

 

 

 

 

この動きがいかに地獄なのかを、

僕は認識技術(nTech)と出会うまで、

全く知りませんでした。

 

 

 

 

愛されてる実感を得ようとすればするほど、

「愛されてない自分」が邪魔をしてくる

 

 

 

 

この動きの中では、

進むことも止まることも許されない。

地獄だと思いませんか?

休みたい 休めない

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で、休みたいのに休めない「危険な生活習慣」を改善することができます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に母親に愛されたくて必死に自己主張してきた僕。

とにかく自分のことを分かってほしかった(愛してほしかった)わけです。

でも、そんな僕の自己主張を、

母親は全く受け入れてくれなかった。

必死に自己主張しても拒絶される。

分かってもらいたいのに、分かってもらえない。

愛されたいのに、愛してもらえない。

僕の”たった1つの動き“は、

この刷り込みによって、どんどん強固になっていきました。

正直、認識技術(nTech)を始めてからも、

解くのが大変なくらいでした。

 

 

 

 

でも、”たった1つの動き”が手放せるようになってからは、

何にも縛られず、

安心して休むことができるようになりました\(^o^)/

 

 

 

 

“たった1つの動き”の外」に出られたから、

もう愛されるために頑張る必要もないし、

愛されてない自分を自己否定する必要もない。

今ここありのままの自分でOK!!

 

 

 

 

何もしなくても大丈夫

休んでも大丈夫

 

 

 

 

もう羽を休めていいんだよ?って。

自分に許可を出せるようになれました。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

休みたい 休めない

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。