The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

傷つけたい

初めまして洸と言います。

この記事では「人を傷つけたい人」へ向けて、

その苦しみを”たった1つの動き“で解消する方法を紹介します。

この記事の目次

1.人を傷つけたい~その苦しみ”たった1つの動き”で解消できます

傷つけたい

昔の僕は「人を傷つけたい」という気持ちの裏に、

不安・恐怖が隠れていたなんて、全く気づきませんでした。

もしあなたも人を傷つけたい衝動に駆られてるのであれば、

あなたの中にも、きっと不安・恐怖があります。

  • 人を傷つけたい
  • 人を怒らせたい
  • 人を苦しめたい
  • 人を裏切りたい、
  • 見捨てられるのが怖い
  • 否定されるのが怖い、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

たった1つの動き“で悩みを突破していきましょう。


2.僕も”たった1つの動き”で人を傷つけたい衝動を解消することに成功しました

傷つけたい

僕も昔は人を傷つけたい衝動に駆られて、凄く苦しんでいました。

しかし「認識技術(nTech)」と出会い、

たった1つの動き“を発見できたおかげで、

その悩みを解消することに成功しました。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

昔の僕は、かなり警戒心が強く、被害妄想が強い人間でした。

常に周りから攻撃されてると思い込んでいたし、

相手の些細な言動で「否定された」と思い込んで、逆恨みすることも多かったです。

そんな僕が人を傷つけたいという悩みに限界を感じたのは「パニック障害」を患ってからでした。

毎日のように被害妄想や予期不安で苦しんでいた僕は、

家で1人でいるときも、ずっと警戒心を燃やしながら過ごしてました。

隣の部屋の些細な音にもイライラしたり、

外のちょっとした音にもイライラしたり、

起こりもしない将来の不安ばかり頭の中でグルグルさせて、

かなりの精神的ストレスを蓄積していました。

また、起業もしていたので、

休憩を挟まず、ぶっ続けでパソコン作業をしたり、

ストレスを発散するために、ジャンクフードをバクバク食べたり、

用もないのに車で出かけて時間潰ししたり、

常に気を張った状態で毎日を過ごしてました。

その結果、精神的ストレスがピークに達し「パニック障害」になってしまいました。

ちょうど22歳の頃でした。

法人化してこれからという時に、僕は人生のどん底に突き落とされたのです。

《普通の人みたいに、休むときに休むことができない》

人を傷つけたい

人を傷つけたい衝動に駆られると、どうしても普通の人みたいに、

休みたいときに休むことができません。

 

 

 

 

常に気を張って警戒心を研ぎ澄まし、動き続けてなきゃ不安に襲われてしまうからです。

不安が襲ってくるから、その不安を感じたくなくて、必死に振り切ろうとする…

しかし不安を振り切ろうとすると、また後ろから不安が追いかけてきて、

さらに気を張らなきゃいけなくなる…

とにかく休む暇がないのです。

僕がパニック障害になってしまったのも、

精神的に休む余裕がなかったから。

人を傷つけたいという悩みは、

自分で自分を精神的に追い込み、自分で自分の首を絞めてしまう。

本当に苦しい悩みなのです。

3.「人を傷つけたくなる原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

傷つけたい

人を傷つけたいという苦しみ」が原因でパニック障害になってしまった僕は、

ある日「認識技術(nTech)」と出会います。

そのおかげで僕は、パニック障害を半年で克服でき、

人を傷つけたい衝動を手放すことができました。

認識技術では”たった1つの動き“であなたの悩みを突破できます。

“たった1つの動き”から生まれる悩みというのは、1つの糸で繋がっています。

だから”たった1つの動き”さえ見つかれば「人を傷つけたい」という悩み以外の悩みも、

芋づる式に解消することができます(僕の場合それがパニック障害)。

これから「僕の幼少期の体験」から導き出された”たった1つの動き“を紹介するので、

悩みを突破したい人は、是非参考にしてください。

ただし「“たった1つの動き”の理解は難しい」ので、

分からない箇所は何度も読み返したり、

動画を観て理解を深めてみてください。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

人を傷つけたい

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は、兄や弟と比べて、

母親の愛情が届きにくいポジション」になります。

何もせずじっとしていると親に気づいてもらえないので、

真ん中っ子には「他の兄弟よりも目立とうとする深層心理」が生まれます。

かくいう僕も、幼少期から自己主張が強烈というか、

目立とうとする傾向がありました。

幼少期の写真を振り返ると、若干変顔をしてたり、

カメラ写りを気にしてる様子が伺えたので、

 

 

 

 

幼少期の自分は、ほんとに目立ちたくてしょうがなかったんだな~

 

 

 

 

と、思いました。

あと幼少期の僕は、競争心も凄く強かったですね。

例えば、家で美味しそうなピザや寿司が食卓に並ぶ日がちょくちょくあったんですが、

そのとき僕は「これでもか!」ってくらいに、

誰よりも早く胃袋に詰め込んでいました。

何というか、後れを取ると、料理が全部なくなっちゃう気がしたんで、

焦るように、バクバク早食いしていました。

他の人に取られるのが嫌だったんでしょうね。

 

 

 

 

この傾向は、大人になって、しばしば恋愛に顕れるようになりました。

 

 

 

 

好きな人ができると、

好きな人が他の誰かに取られるんじゃないか?」って不安が強烈に働いて、

Lineをしつこく送ってしまったり、

自分が本当に愛されてるかどうか」を確かめるような言動を、

かなりしつこく取っていました。

 

 

 

 

(今思えば、恋愛してるときが一番「人を傷つけたい」という気持ちが働いてましたね

 

 

 

 

これもきっと、幼少期の頃に、

母親から愛されてきた実感がなかったから、

誰よりも自分を愛してほしくて、やってしまった言動の1つなんだと思います。

 

 

 

 

人一倍「愛されてる実感」が持てなかったからこそ、

誰よりも自分の存在をアピールして、他の男に取られないようにする…

ホント…「幼少期の体験と何もかもが繋がってるな~」と思いましたね。

 

 

 

 

とにかく幼少期の僕は「思い通りにならない自分」が凄く嫌だったんだと思います。

母親に愛されたいのに、他の兄弟が邪魔で思うように愛情を注いでもらえない…

他の兄弟は何もしなくても、母親から愛情を注いでもらえるのに、

僕は自己主張しなきゃ母親に気づいてもらえない…

しつこく自己主張しても、愛されてる実感を感じられず、いつも不安…

とにかく「思い通りにならない」…すげー理不尽(怒)

なんで、俺ばっかが苦しまなきゃいけないの?

 

 

 

 

そう思った幼少期の僕は、思い通りにならない状況を何とか思い通りにすることで、

愛されようとする動きを持つようになりました。

傷つけたい

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で人を傷つけたい悩みを解消することができます。

・・・

僕の場合「思い通りにならない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「思い通りになる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

人を傷つけたいという気持ちの裏には不安や恐怖があります。

私は愛されてない(思い通りにならない)存在なんだ」という不安・恐怖があるから、

その不安・恐怖に反発して「愛されたい(僕の場合、思い通りにしたい)」という気持ちが強く働いてしまう。

あなたが人を傷つけたくなるくらい「愛されたい!」と思ってしまうのは、

私は愛されてない存在なんだ」という不安・恐怖が強烈だから。

でなきゃ、人を傷つけてまで愛されようとしない。

あなたの中には、かなり強烈な不安・恐怖が溜まってるのです。

その不安・恐怖に蓋をし続けて、耐え続けてるのが、いまのあなたです。

 

 

 

 

それって、めっちゃ苦しいじゃないですか。

 

 

 

 

あなたはその不安・恐怖を幼少期から抱えてるわけなので。

いまあなたが人を傷つけたいと思ってしまうのは、

幼少期のあなたが必死に今のあなたに訴えかけてる証拠です。

助けて」と、、、

《「傷つけたい=愛されたい」と思えば思うほど、あなたは「傷つけられる=愛されなくなる」》

傷つけたい

愛されたいと思えば思うほど、

愛されなくなる。

この因果関係からは、

認識技術(nTech)」を使わない限り、

抜け出すことはできません。

あなたの悩みも同じです。

 

 

 

 

人を傷つけたい…つまり愛されたいと思えば思うほど、

あなたは愛されなくなる=傷つけられる。

 

 

 

 

孤独になり、人と分かり合えず、敵を作り、

自分で自分を窮地に追い込む人生を送ることになる。

 

 

 

 

この因果関係から抜け出すには、

愛されてない自分」も「愛されてる自分」も、両方手放す必要があります。

どっちか一方を手放すことはできません。

コインの表裏と一緒で、

表裏一体だからです。

 

 

 

 

なぜ、あなたは人を傷つけたいと思ってしまうのか?

 

 

 

 

それは「愛されたいから

 

 

 

 

じゃあどうして愛されたいと思うのか?

 

 

 

 

それは「愛されてない自分(傷つけられる自分)」と向き合いたくないから。

だから「愛されてる自分(傷つけられない自分)」にどうしてもなりたい。

 

 

 

 

 

じゃあ、あなたの中から「愛されてない自分(傷つけられる自分)」がいなくなれば?

あなたはもう二度と「愛されたい=傷つけたい」と思う必要がなくなる。

 

 

 

 

じゃあ、あなたの中から「愛されてる自分(傷つけられない自分)」がいなくなれば?

あなたはもう二度と「愛されてない=傷つけられた」と思う必要がなくなる。

 

 

 

 

愛されてない自分」と「愛されてる自分」が両方存在しない、

因果関係の外に出ることで、

あなたの悩みは根本からスッキリ解決します。

 

 

 

 

因果関係の外とは、

つまり「“たった1つの動き”の外

“たった1つの動き”の中」に掴まってると、

瞬時に「愛されてない自分(傷つけられる自分)」と「愛されてる自分(傷つけられない自分)」が存在してしまい、

愛されてない自分(傷つけられる自分)」から「愛されてる自分(傷つけられない自分)」になろうとする動きを繰り返すことしかできなくなる。

 

 

 

 

だからもし、これ以上、

人を傷つけたくない、人に傷つけられたくないと思ってるのであれば、

あなたの求める答えは1つ。

“たった1つの動き”の外」にしかないのです。

※詳しくは動画でも説明しています。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

傷つけたい

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。