The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

内弁慶

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で、

内弁慶の心理」を解析していきたいと思います。

この記事の目次

1.内弁慶の心理は”たった1つの動き”で簡単に読める

内弁慶

  • 内弁慶の人が身近にいる
  • 内弁慶の人をどうにかしたい
  • 内弁慶を治したい
  • 内弁慶を治させたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で内弁慶を克服し内弁慶の心理を読めるようになりました

内弁慶

実は僕も、昔は内弁慶でした。

家では生意気で外では大人しい、典型的な内弁慶でした(笑)

そんな自分を克服するキッカケを与えてくれたのが「認識技術(nTech)」でした。

認識技術によって見つかった”たった1つの動き“のおかげで、

僕は内弁慶を克服でき、内弁慶の心理も読めるようになりました。



⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング

家では生意気、外では大人しい

それが昔の僕でした。

家の外では「誰かに話しかけてもらわないと喋れないくらいシャイ」でした。

しかし、家の中では凄く反抗的で生意気な態度ばかり取っていました。

あまりにも家と外での態度にギャップがあり過ぎて、

自分でも「どっちが本当の自分なんだろう?」と思うくらいでした。

・・・

内弁慶になると、どっちが本当の自分が分からなくなりますよね…

・・・

内弁慶な性格をしてると、いろんな悩みに直面します。

例えば、学校でも大人しい性格をしていた僕は、

その隙を突かれて同級生にバカにされることもありました。

しかし、ちょっと内弁慶な一面を顕わにすると、途端に相手にされなくなってました。

見た目は大人しいのに、かなり攻撃的な一面も隠してたので、

同級生をギョッとさせることも多かった気がします。

それが原因で僕に反抗的な態度を取ってくる同級生が現れたりと、

ギスギスすることも多かったです。

僕は、攻撃的な一面を持っていながら、臆病な一面も持っていました。

その二面性のせいで「周りから見た自分像」も二極化することが多く、

自分で自分の気持ちが分からなくなってました。

3.「内弁慶の心理」は「幼少期の体験」を観ればわかる

内弁慶

内弁慶だった僕自身が、

自分で自分のことが分からないくらいでしたから、

内弁慶に悩まされてる周りの人は、

なおさら内弁慶の心理が読めないと思います。

ですが、ご安心を!!!

僕の幼少期の体験」から発見された”たった1つの動き“を理解すれば、

あなたも内弁慶の心理を読めるようになります。

そして内弁慶で悩んでる人自身も”たった1つの動き“を手放すことで、

内弁慶をスッキリ治すことができます。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

内弁慶

では僕の幼少期の体験をお話ししていきたいと思います。

まず僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

しかし真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション」です。

なかなか「愛されてる実感」を持てなかった僕は、いつも不安を抱えてました。

いつも不安を抱えていた僕は、

何とか親から愛情を注いでもらおうと、自己主張ばかりしていました。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、ひょうきんな態度を取ったり。

そうすることで、必死に親に振り向いてもらおうとしてました。

しかし、僕の家庭は夫婦喧嘩が多く、

両親があまり仲良くなかったので、

安心して自分を解放することができませんでした。

にも関わらず、親は自分たちのストレスを子供に押し付けるなど、

自分のアウトプットばかり優先していました。

当然僕は、そんな親のアウトプットなんて受け止めたくもなく、

いつも拒絶ばかりしていました。

そっからだったかな~

僕は親の言葉にイライラするようになり、

何を聞かれても拒絶ばかりするようになりました。

とにかく自分の拒絶心を親に押し付け、

親の思い通りにならないようにしてました。

お前のアウトプットなんて受け取りたくない

お前の思い通りになんて絶対なるか

この心の動きが生まれたせいで、僕は内弁慶になってしまったのです。

内弁慶

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で内弁慶の心理を読めるようになります。

・・・

僕の場合「思い通りにならない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「思い通りになる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

とにかく「親の思い通りになりたくなかった

その心の動きが、無意識に他人のアウトプットを拒絶していたのです。

内弁慶は別の言い方をするなら「自分の拒絶を相手に押し付ける人

自分の拒絶を相手に押し付けることで、

僕にはもう二度と踏み込まないでください」と訴えてるのです。

しかし、その動きを手放さない限り、内弁慶を克服することはできないので、

内弁慶を克服したい人は、

まずは”たった1つの動き“を発見し、手放す必要があります。

たった1つの動き“を手放すことができれば、

あなたは安心して周りの愛情をインプットできるようになります。

すると気づくはずです。

俺って愛されてるんだな~」と。

あなたは初めて周りの愛情に気づくことができるでしょう。

・・・

あなたが内弁慶になってしまった背景にも、きっと辛い幼少期の体験があります。

しかし、幼少期に身に着けた鎧を背負い続ける必要はないのです。

あなたは、ありのままのあなたでいいのです。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

内弁慶

⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。