The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

協調性がない

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で協調性がない人の心理を読んでいきたいと思います。

この記事の目次

1.”たった1つの動き”で協調性がない人の心理を読めます

協調性がない

  • 協調性がない人に悩まされている
  • 協調性がない人の心理を知りたい
  • 協調性がない人の接し方を身に着けたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で協調性がない人の心理を読めるようになりました

協調性がない

実は僕も、昔は協調性が全くありませんでした(笑)

空気も全然読めなかったですね…

⇒空気を読めない人が”たった1つの動き”で空気を読めるようになる方法

※詳しい内容は↑の記事に記載しています。

しかしそんな自分を「認識技術(nTech)」で変化させることに成功しました。

協調性が身に着いてからは、

相手の気持ちも読めるようになり、

コミュニケーションも円滑になりました。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

昔の僕は全く協調性がありませんでした。

相手の気持ちや場の空気を全く読めず、

自分の要領で人とコミュニケーションを交わしていました。

対面のコミュニケーションでは、

あまり口を開く人間ではありませんでしたが、

相手の意見に従うのが嫌いな人間だったので、

内心は強烈な自我の塊でした。

《見た目は大人しかった》

協調性がない

内心は強烈な自我の塊だったのに、

表面的には控えめな性格をしていました。

対面コミュニケーションでは、

そんなに口を開くことがなかったし、

あまり人に話しかけられないよう、

逃げたりもしてました。

とにかくコミュニケーション自体があまり好きじゃなかった(笑)

協調性がない人にも、いろんな種類の人がいますが、

僕の場合、

表面的には控えめだけど、内心は強烈な自我の塊で、

相手の意見に従わない人間」でした。

そんな僕の言動を見て、周りの人が「洸は協調性がない」と決めつけてしまう。

そう思われても仕方ないな~」と思いながらも、

昔の僕は協調性がない自分に対して、

そんなに問題意識を持っていませんでした。

協調性がない方が自由で楽だし。

人間関係に縛られずに済む。

ぶっちゃけメリットも多かったんですね。

しかしそんな僕が、

どうして認識技術を学ぼうと思ったのか?

次はそのことついてお話ししていきたいと思います。

《キッカケはパニック障害》

協調性がない

実は僕が認識技術を始めたキッカケは別にありました。

別の悩みを解決したくて、

認識技術を始めて、結果的に協調性が身に着きました。

認識技術は、どんな悩みでも解決できる技術なので、

入口がどこでも出口は一緒なのです。

出口にさえ出れば、

どんな悩みも解決された状態になってしまう。

つまり認識技術を使えば、

入り口はどうあれ、結果的に協調性も身に着けることができるのです。

前置きが長くなってしまいましたが、

僕が認識技術を始めたキッカケは「パニック障害」でした。

高校時代、僕は人間関係で大きな失敗をし、

周りからたくさんの否定を受けてきました。

そんな高校生活を過ごしていたので、

高校卒業後は、同級生を見返すためだけに、

起業を始めます。

周りを見返したくて、毎日必死にパソコン作業していました。

休憩も挟まずぶっ続けで、目を酷使しながら、

パソコン作業をしてました。

その結果、21歳で月70万を稼げるようになりました。

経済的には、割と恵まれていたと思います。

パソコン1台あれば、どこでもできる仕事だったので、

時間や場所、人間関係に縛られることもありません。

好きな時間に起きて、好きな時間に寝て、

何にも縛られない自由な生活を送っていました。

しかし、いくら自由な生活を手に入れても、

高校時代の挫折を克服することができませんでした。

毎日悔しさと怒りばかりが湧き出て、

過去の惨めな記憶をなぞっては自己否定し、

まだまだ強くならなきゃ」と焦り、

さらに過酷な精神状態に陥ってました。

そんな生活を続けていくうちに、

僕はご飯がろくに食べられなくなり、体調を崩すようになりました。

精神的ストレスもかなり溜まり、

結果的にパニック障害になってしまいます。

毎日死の恐怖が襲ってくる、恐ろしい精神病。

僕も毎日死の恐怖に襲われながら、

ひたすら自分の人生を呪ってました。

人生のどん底。

絶望感。

どこに進んでも出口が見つからない息苦しさ。

当時の僕は、自殺も考えてました。

僕が認識技術を始めたのは、

自分の人生を大逆転させたかったからなのです。

3.協調性がない人の心理は「幼少期の体験」を観ればわかる

協調性がない

当時は本当にヤバい状態だったので、

認識技術を学んでいる間も、いろんな不安・恐怖が湧いてきて、

かなり苦しかったです。

しかし僕は、結果的にパニック障害を半年で薬なし・医者いらずで克服できました。

克服=完治の意味です。

パニック障害を含め、世の中の精神病は、

なかなか簡単には完治しません。

しかし、認識技術を学ぶと、

それがあまりにも短縮されてしまう。

正直僕も驚きました。

認識技術を学んでる間は、体調もかなり悪く、

苦しい状況を強いられてましたが、

結果的に半年で克服できたので、かなり安心しましたね。

で、僕は知ったわけです。

パニック障害の原因は”たった1つの動き”だけということに。

さらに言うなら”たった1つの動き”さえ掴んで手放せば、

どんな悩みでも解決できるということに。

僕が協調性を身に着けることができたのも、

実は”たった1つの動き“を手放せたおかげなんですよね。

だから僕はこの記事で、

あなたに”たった1つの動き“を理解してほしいわけです。

答えはそれだけなので。

ただし…

“たった1つの動き”の理解は難しい部分も多いので、

まずは僕の幼少期の体験を通して、”たった1つの動き”の理解を深めてもらえたらな~と思います。

たった1つの動き“は「幼少期(0~12歳)の体験」で作られるので。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

協調性がない

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は、兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジションです。

だから幼少期の僕は母親の愛情を求めて、ひたすら自己主張を繰り返してました。

他の兄弟よりも目立とうとしたり、

わざと反抗的になって、親を困らせたり、

可哀そうな自分を演じてみたり、

とにかくいろんな自己主張を繰り返してきました。

しかし、兄弟の中で一番愛情の届きにくい真ん中っ子は、

自己主張しても自己主張しても、

愛されてる実感」を得ることができません。

だから、またさらに自己主張を繰り返してしまうわけです。

しかしそんな僕に対して僕の母親は、

急に不機嫌になったり、煩わしい態度を取るわけです。

また、家族内のもめ事も僕のせいにしたり、

一方的に自分の意見ばかり押し付けてくるわけです。

その結果、僕は「インプットを諦めるようになりました

と同時に「アウトプットも諦めるようになりました

どうせ自己主張しても愛してもらえないんだ

どうせこいつの言うこと聞いても苦痛なだけだ

そんな決めつけを幼少期の僕はしてしまったのです。

その結果、大きくなってからも、

僕は他人の意見を全くインプットできなくなりました。

ぶっちゃけると相手が数秒前に言ったことでさえすぐに自分の記憶から消えるくらい僕は他人の意見を全くインプットできませんでした。

その結果僕は「協調性がない人間」になってしまいました。

協調性がない
・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で協調性がない人の心理を読めるようになります。

・・・

僕の場合「他人に分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「他人に分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

仕組みは本当にシンプルでした。

・・・

幼少期に母親に愛情を注いでもらいたくて一生懸命自己主張したのに、

全て跳ね返されてしまった。

その絶望からアウトプットを諦め、さらにはインプットも諦めてしまった。

周りの愛情を受け入れることができなくなった僕は、

周りの意見を拒絶するようになった。

受け入れてしまうと苦しくなるから

だから僕は何もかもを拒絶するようになったのです。

周りと協調できなかったのも、

他人に分かってもらえない自分」と向き合いたくなかったから。

愛されてない自分=他人に分かってもらえない自分」から「愛されてる自分=他人に分かってもらえる自分」になろうとすることで、

僕は自分と向き合わなくて済むようにしてたのです。

僕が起業したのも、同級生を見返そうとしてたのも、

存在価値のない自分と向き合いたくなかったから。

だからみんなに自分のことを分からせようとばかりしていた。

しかし、そのパターンが過剰に働きすぎて、

僕は精神的ストレスを溜め過ぎてしまった。

そして、パニック障害になってしまった。

《”たった1つの動き”を手放したとき、僕の悩みは一瞬にして消えた》

協調性がない

しかしそんな苦しい状況から一変。

認識技術で”たった1つの動き“を手放せたおかげで、

僕の悩みは一気に消えてしまいました。

いままでパンパンに膨らんでいた悩みが、1つに繋がり、

全てはじけ飛んでしまいました。

とにかく今まで味わったことのない開放感を感じることができたのです。

《協調性がない自分も消えた》

協調性がない

たった1つの動き“を手放し、

自分の悩みが1つに繋がると、

協調性がない自分も消えます。

全ての悩みが1つに繋がるので、

協調性がない」という悩みも自然に消滅しちゃうのです。

また、”たった1つの動き”を手放すことで、

協調性がない人の心理も読めるようになります。

協調性がない」という現象は、

たった1つの動き“から作られた表面的なパターンでしかないので、

そのパターンを観れるようになれば、

協調性がない人の心理もシンプルに観れるようになるのです。

※ザックリ説明すると、協調性がない人は幼少期の体験でインプット拒絶症になってしまった。だから他人の意見をインプットしたり、周りの空気を読むのが苦手。それが結果的に協調性がない言動に結び付いてしまうというイメージです。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

協調性がない

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。