The following two tabs change content below.
洸 (4月27日~5月31日(予定)まで療養のため休暇を取ります。お問い合わせには反応できませんので、予めご了承ください。)

洸 (4月27日~5月31日(予定)まで療養のため休暇を取ります。お問い合わせには反応できませんので、予めご了承ください。)

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」サイト統括責任者/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、認識技術で、死の恐怖(パニック障害)を半年で克服。現在は会社経営をしながら「キミヨル」というユニットで作詞&リーダーを担当している。

執着される

初めまして洸と言います。

この記事では「執着される悩みを解決する方法」ついてお話していきたいと思います。

この記事の目次

1.あなたの「執着される悩み」は”たった1つの動き”で解決できる!

執着される

執着される悩みを解決したい」と思っているあなたへ。

この記事では”たった1つの動き“で「執着される悩みを解決する方法」をご紹介します。

  • パートナーから執拗に執着されている
  • 好きでもない異性からしつこく連絡が来る
  • 束縛されるのが怖い
  • 執着されたくないのに、なぜかされてしまう
  • 平和主義で争いが苦手
  • 執着もされるけど、自分から執着することもある
  • 恋愛面になると執着されやすい、または執着してしまう
  • ついどんな人にも優しくしてしまう
  • しつこく悪口を言ってくる人がいる
  • 粘着質な人が苦手。怖い、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕もあなたと同じ悩みを抱えていました

執着される

実は僕も、あなたと同じ悩みを抱えていた時期がありました。

しかし「認識技術(悩みバイバイ技術)」と出会えたおかげで、

その悩みを解消することができました。

《マンガでわかる》認識技術(悩みバイバイ技術)とは?

認識技術は「無の世界」から、あなたの悩みを解決できます。

あなたの悩みが生まれる原因は全て(”たった1つの動き“)です。

しかし(”たった1つの動き“)は「無の世界」から治療しないと、絶対に発見できないので、

認識技術以外の方法では、あなたの悩みを解決することはできません。

雑草で例えると分かりやすいです。

雑草も「見える部分(葉っぱや茎)」ばかり刈り取ってもしつこく生えてきます。

しかし「見えない部分(根っこ)」を刈り取れば、二度と生えて来なくなります。

悩みも同じで「見える部分(有の世界)」ばかり治療しても、

悩みはしつこく生えてきます。

しかし「見えない部分(無の世界)」から治療すれば、

あなたの悩みは二度と生えて来なくなります。

認識技術

(”たった1つの動き“)を発見し、あなたの中で明確に腑に落とすことができれば、

悩みが生まれる前」と「悩みが生まれた後」の両方を認識できるようになります。

視野がめちゃくちゃ広がり、あなたの頭の中もスッキリ整理され、精神的ストレスがかなり解消されます。

⇒認識技術は「脳の外」を認識する技術。脳の外に出ればあなたの悩みは解消されます



《認識技術で最高の自分磨きをしよう》

認識技術

悩みを突破して、こういう自分になりたい!

あなたもきっと、同じ気持ちを抱えてるのではないでしょうか?

  • 自分に自信をつけてモテるようになりたい
  • コミュニケーション能力を高めて営業の成績を伸ばしたい
  • 彼女(彼氏)を作ってリア充になりたい
  • 誰にでも尊敬されるカッコいい大人になりたい
  • 仕事で成果を出して上司に認められたい
  • キャリアアップするために人間力を鍛えたい
  • お金を稼げるようになりたい
  • 会社の売上を伸ばしたい
  • 部下を育てるためにマネージメント能力を鍛えたい
  • 好きなことを仕事にしたい
  • たくさんの友達を作りたい
  • 理想の相手と結婚したい
  • 人前で緊張せず話せるようになりたい
  • 感性を鍛えてより良い作品を作りたい
  • 飽き性を克服してダイエットを成功させたい
  • 本番で力を発揮できるようになりたい
  • カウンセリング能力を鍛えて、多くの人の悩みに寄り添える人になりたい、などなど

 

なぜ今のあなたは、なりたい自分になれないのか?

それは”たった1つの動き”が、あなたの全てを支配してるから。

あなたの表情も言葉も行動も、考え方も感情も、過去の記憶もエネルギーもアイデンティティも全て、

“たった1つの動き”が支配してるからです、

だから今のあなたは、

“たった1つの動き”の範囲内でしか、身動きを取ることができないのです。

この状態でいくら「なりたい自分」を想像し、頑張って努力しても、

苦しいし報われないことが多いでしょう。

しかし、認識技術で”たった1つの動き”を手放せば、

あなたは”たった1つの動き”の支配から抜け出し、

自由自在になりたい自分になれます。

あなたの表情も言葉も行動も、考え方も感情も、過去の記憶もエネルギーもアイデンティティも全て、

あなたが自由自在にコントロールできるようになるからです。

認識技術はあくまで、あなたの可能性を高める道具でしかありません。

認識技術を使って、どんな自分になるかは、

あなたが自由に選択できます。

もし認識技術を道具に、なりたい自分を目指したいなら、

是非、認識技術と出会ってみてください。

認識技術は「無の世界」から、あなたの可能性を引き出す技術。

他の方法では実現できないことも、実現できるようになるのです。



《話を戻します》

異性からしつこく付きまとわれたり、

同性からいいように利用されたり、

何もしていないのに逆恨みされたり、

一方的に悪口や暴言を吐かれたり、、、

あなたもきっと、同じような悩みを抱えているのではないでしょうか?

かくいう僕も、

中学時代に(こっちは特に何もしてないのに)特定の女子からかなり嫌われたり、

悪口や暴言を吐かれたりしていました。

中学時代の僕は、性格的に天然でした。

基本、人に攻撃的になることもなかったし、

来るもの拒まずって感じで、ある意味「警戒されないタイプ」の人間でした。

人を傷つけるのが苦手」「争いが苦手」「苦手な相手にもついつい合わせてしまう

中学時代の僕には、そういう傾向がありました。

きっとその隙だらけの隙間を狙われたんだと思います(笑)

《執着する人・される人の特徴》

執着される

執着する人」って、

基本的に「交友関係が狭い」です。

逆に「執着される人」は「交友関係が広い」です。

執着する人」は、交友関係が狭い分、

少数の人間に執着する傾向があります。

逆に「執着される人」は、交友関係が広い分、

知らず知らずのうちに「執着する人」を引き寄せる傾向があります。

執着される人」は、相手を傷つけるのが苦手で、

苦手な相手にもついつい合わせてしまう傾向があります。

執着する人」は「そんなあなたの自己肯定感の低さ」を利用して執着してきます。

もし、あなたが本当に悩みを突破したいのであれば、

まずはその「自己肯定感の低さ」を解消しなければなりません。

執着する人」は、あなたの「自己肯定感の低さ」に引き寄せられて、あなたに執着してきます。

つまり「あなたの自己肯定感を高めてあげれば、執着する人は引き寄せられて来なくなる」のです。

3.「あなたが『執着する人』を引き寄せてしまう原因」は実は「幼少期の体験」にあるんです!

執着される

執着されるって本当に苦しいですよね。

でも大丈夫。

あなたの「自己肯定感の低さ」を”たった1つの動き“で高めていけば、

もう二度と「執着する人」を引き寄せて来なくなります。

ということで次に、

あなたの自己肯定感を高めるためのキーワード”たった1つの動き“について説明していきます。

たった1つの動き“は「かなり理解が難しいキーワード」なので、

僕の幼少期の体験談」を通して、理解を深めてもらえたらな~と思います。

あなたの自己肯定感が低くなってしまった背景には、

幼少期のあなたの辛い経験が隠されています。

もしあなたが”たった1つの動き“の理解を通して、その悔し涙に気づくことができれば、

あなたはきっと、たくさんの涙を流すでしょう

たった1つの動き“は、幼少期の自分と出会い直しするためのたった1つのキーワード

あなたの人生を再出発させる、たった1つのキーワードなのです。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

執着される

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション

なかなか母親に愛情を注いでもらえない僕は、

母親に愛情を注いでもらいたくて、

いろんなアウトプットを繰り返してきました。

泣き叫んだり、わざと反抗的になったり、ひょうきんな態度を取ったり、

とにかく母親を困らせることで、必死に振り向いてもらおうとしてました。

しかし母親は、そんな僕を見て、不機嫌な態度ばかり取ります。

僕はただ、愛されたかっただけなのに。

そんな僕の気持ちも知らず、僕の母親は冷たい態度ばかり取るわけです。

幼少期の僕は、そんな母親に対して強烈な不信感を抱くようになりました。

また僕の家庭では、しょっちゅう夫婦喧嘩が起きていました。

家庭はいつも不安定で、

母親はその原因を、普段から反抗的な態度ばかり取ってる僕に押し付けていました。

僕はとてつもない怒りをずっと押し殺していました。

どうして自分ばかり苦しい目に遭わなきゃいけないんだ!!!!

幼少期の僕は、あまりにも理不尽な現実に、

かなりの怒りを爆発させていました。

しかし、僕がどれだけその気持ちを訴えたところで、

僕の母親は不機嫌になるだけでどうせ自分の気持ちなんて伝わらない

そう勝手に決めつけるようになった僕は、

どれだけ理不尽な目に遭っても、自分の気持ちを全くアウトプットしない人間になってしまいました。

学校の同級生と関わるときも、

表面的には愛想よく振舞って、でも心の中では拒絶心が働いていて、

その結果、浅い交流関係は広がるものの、深い交流関係を築くことができず、

さらには僕の自己肯定感の低さを突いてくる悪質な同級生(執着してくる同級生)に執着されていました。

本当に辛すぎる…

執着される

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術」では、このような”たった1つの動き“で自己肯定感を高め、

執着する人」を引き寄せない心を手に入れることができます。

僕も認識技術と出会ってカウンセリングを受けて、

初めて自分の”たった1つの動き“に気づくことができました。

僕を苦しめていた原因は全てこれだったのか~

と明確に腑に落ちたとき、僕はこれまでのあらゆる苦しみが全て1つに繋がり、

かなりのスッキリ感を味わうことができました。

本当にヤバい(笑)

僕の場合分かってもらえない自分=愛されてない自分と決めつけ、

必死に分かってもらえる自分=愛されてる自分になろうとしていただけだったのです。

本当にこの動きだけで自分の悩みが一気に整理されてしまいました(笑)

と、同時に自己肯定感が高くなり、

執着する人」を引き寄せなくなりました。

たった1つの動き“は「幼少期の体験談」をカウンセリングすると発見できます。

つまり「幼少期の体験談」と、今あなたが抱えてる悩みを”たった1つの動き“で1つに繋げることができるのです。

どうしてあなたの悩みが生まれてしまったのか?

あなたの悩みが生まれた背景には、あなたのどんな幼少期の体験が隠れているのか?

全てが1つに繋がって、あなたの中で明確に腑に落ちるんですよね。

・・・

だから、幼少期のあなたが、どれだけ苦しい想いをしてきたか?

当時の記憶が感情レベルでグングン蘇ってくる、、、

幼少期の私、頑張ってくれてありがとう」と、、、

あなたは幼少期の自分をぎゅっと抱きしめたくなる。

幼少期の自分をぎゅっと抱きしめたとき、

あなたは初めて「自己受容ができる

・・・

自己肯定感が高くなる」のは、その結果体なのです。

なのでもし、あなたも”たった1つの動き“を発見して「執着する人を引き寄せない心」を手に入れたいのであれば、

是非「プロカウンセラーのカウンセリング」を受けてみてください。

一緒に幼少期のあなたと出会い直しをして、一緒に悩みを突破していきましょう。

《この動画を観ると”たった1つの動き”の理解がもっと深まります》

※約10分の動画です。字幕を観ながら視聴すると内容が入りやすくなります。動画内ではマンガを使った話もします。動画の下に貼っているマンガ(「自己啓発・成功哲学・心理学・宗教などとの違い」)を見ながら視聴してください。

執着される

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング

 

⇒認識技術は「脳の外」を認識する技術。脳の外に出ればあなたの悩みは解消されます


The following two tabs change content below.
洸 (4月27日~5月31日(予定)まで療養のため休暇を取ります。お問い合わせには反応できませんので、予めご了承ください。)

洸 (4月27日~5月31日(予定)まで療養のため休暇を取ります。お問い合わせには反応できませんので、予めご了承ください。)

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」サイト統括責任者/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、認識技術で、死の恐怖(パニック障害)を半年で克服。現在は会社経営をしながら「キミヨル」というユニットで作詞&リーダーを担当している。