The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

執着される

初めまして洸と言います。

この記事では「執着されるお悩みを解決する方法」ついてお話していきたいと思います。

※この記事は論理展開が複雑で難しいかもしれません。が、最後には綺麗に繋がるのでじっくり読み進めてもらえたらな~と思います(^-^)

この記事の目次

1.あなたの「執着される悩み」は”たった1つの動き”で解決できる!

執着される

  • パートナーから執拗に執着されている
  • 好きでもない異性からしつこく連絡が来る
  • 束縛されるのが怖い
  • 執着されたくないのに、なぜかされてしまう
  • 平和主義で争いが苦手
  • 執着もされるけど、自分から執着することもある
  • 恋愛面になると執着されやすい、または執着してしまう
  • ついどんな人にも優しくしてしまう
  • しつこく悪口を言ってくる人がいる
  • 粘着質な人が苦手。怖い、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も特定の女子に執着される中学時代を過ごしてました

執着される

実は僕、特定の女子に執着される中学時代を送ってました(笑)

当時は理不尽に感情をぶつけられたり、

八つ当たりされたり、

イラっとすることがめっちゃありましたが、

認識技術(nTech)」のおかげで「執着される原因」が自分の中でハッキリ見つかり、

8年越しにスッキリすることができました(笑)

認識技術(nTech)は、

執着される悩みを持つ人なら誰でも使える技術…

執着される悩みを持ってる人は、

是非、参考にしてもらえたらな~と思います(^-^)

※特に恋愛ではめっちゃ使えます(笑)



⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング

3.「執着される原因」は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”

執着される

単刀直入に、

あなたが執着される原因は、

あなたの幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き“にあります。

これからあなたの”たった1つの動き“が、

執着する人」を引き寄せる仕組みを1つ1つ説明していきたいと思います。

4.まずは僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”を紹介します

執着される

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション

 

 

 

 

なかなか母親に愛情を注いでもらえない僕は、

母親に愛情を注いでもらいたくて、

いろんなアウトプットを繰り返してきました。

泣き叫んだり、わざと反抗的になったり、ひょうきんな態度を取ったり、

とにかく母親を困らせることで、必死に振り向いてもらおうとしてました。

 

 

 

 

しかし母親は、そんな僕を見て、不機嫌な態度ばかり取ります。

僕はただ、愛されたかっただけなのに。

そんな僕の気持ちも知らず、僕の母親は冷たい態度ばかり取るわけです。

幼少期の僕は、そんな母親に対して強烈な不信感を抱くようになりました。

また僕の家庭では、しょっちゅう夫婦喧嘩が起きていました。

家庭はいつも不安定で、

母親はその原因を、普段から反抗的な態度ばかり取ってる僕に押し付けていました。

 

 

 

 

僕はとてつもない怒りをずっと押し殺していました。

 

 

 

 

どうして自分ばかり苦しい目に遭わなきゃいけないんだ!!!!

 

 

 

 

幼少期の僕は、あまりにも理不尽な現実に、

かなりの怒りを爆発させていました。

 

 

 

 

しかし、僕がどれだけその気持ちを訴えたところで、

僕の母親は不機嫌になるだけでどうせ自分の気持ちなんて分かってもらえない

そう勝手に決めつけるようになった僕は、

どれだけ理不尽な目に遭っても、自分の気持ちを全くアウトプットしない人間」になってしまいました。

↑自分の言いたいことを、否定を恐れず言えなくなってしまったことが、執着される1番の要因だと気づきました。

執着される

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、

このような動きを”たった1つの動き“と呼んでいます。

僕の場合分かってもらえない自分=愛されてない自分から分かってもらえる自分=愛されてる自分になろうとする動きが幼少期の体験によって作られました。

《「執着する人」は、あなたの”たった1つの動き”に引き寄せられている》

執着される

執着する人」は、

あなたの”たった1つの動き“に引き寄せられて、

あなたに執着してきます。

 

 

 

 

例えば、

人の役に立てない自分=愛されてない自分」から「人の役に立てる自分=愛されてる自分」になろうとする動きを持ってる人は、

ダメンズ(ダメ男)を引き寄せやすい。

もしかしたら、

この記事を読んでる人の中にも、

ダメンズ(ダメ男)に執着されてる人がいるかもしれませんね。

 

 

 

 

人の役に立てない自分は愛されないんだ~」という動きを持ってる人は、

人の役に立てないと不安…

ダメンズ(ダメ男)は、その不安に安心して引き寄せられてきます。

つまり、あなたの不安がダメンズ(ダメ男)にとっては安心なのです。

《なぜあなたは「執着する人」から離れることができないのか?》

執着される

しかしながら、

なぜあなたは「執着する人」から離れることができないのか?

もちろん、

物理的に距離を置くことは可能ですが、

心理的になぜ「執着する人」から離れることができないのか?

 

 

 

 

それは、

あなたが「執着する人に愛されたいと思ってるから」

 

 

 

 

 

は?」ってなりますよね(^^;

でも、実際そういう仕組みになってるんですよね。

 

 

 

 

例えば、

人の役に立てない自分は愛されないんだ~」という動きを持ってる人は、

人の役に立てる自分は愛されるんだ~」という動きも持っています。

愛されてない自分」と「愛されてる自分」は、

表裏一体なのです。

そのため、

ダメンズ(ダメ男)に執着されると、

人の役に立てない自分は愛されないんだ~」という不安・恐怖が膨らみ、

つい、ダメンズ(ダメ男)の役に立とうとしてしまう。

 

 

 

 

それはなぜか?

愛されたいから。

 

 

 

 

 

ダメンズ(ダメ男)の役に立つことで、

人の役に立てる自分=愛されてる自分」になろうとしてしまう。

 

 

 

 

しかし、

人の役に立とうとすればするほど(愛されようとすればするほど)

一時的な快楽や安心感は得られるけど、

同時に「人の役に立てない自分=愛されてない自分」も膨らんでしまう。

あなたも心当たりありませんか?

 

 

 

 

人に愛されようと頑張れば頑張るほど、

自分のダメなところが見つかり、

結局、自己否定に走ってしまう

 

 

 

 

人間は”たった1つの動き“に掴まってる以上、

自己否定と自己肯定を繰り返す動きしかできません。

 

 

 

 

死ぬまでその動きから逃れることはできません。

だから、いまあなたに執着してくる人がいなくなったとしても、

またあなたは別の人に執着されます。

“たった1つの動き”を手放さない限り。

 

 

 

 

あなたの自己肯定感の低さに引き寄せられる人が、

またいつか必ず現れます。

 

 

 

 

ちなみに僕の場合は、

幼少期の体験で「分かってもらいたい=愛されたい」と叫ぶことを諦めてしまった人間なので、

常に「どうせ自分の気持ちなんてわかってもらえないんだ=愛してもらえないんだ」という動きが働いてました。

だから、その自己肯定感の低さに付け込んで、

自分の意見を押し付けてくる人とか、

相手を従わせようとしてくる人、

思い通りにしてこようとする人、

人を見下し優越感を感じようとする人

※これら全ての人が僕の不安に付け込んで安心を得ようとしてきた人たち

が、僕に執着してきてましたね。

このドロドロでネバネバの関係性からスッキリ解放されるには、

かなり苦労しました(^^;

《もう執着されるのはコリゴリだ…という人は”たった1つの動き”をゴッソリ手放しちゃいましょう\(^o^)/》

執着される

この記事でお伝えしたいことは1つなんです。

 

 

 

 

“たった1つの動き”さえ手放せば、

もう二度と執着される心配がなくなる!以上(笑)

 

 

 

 

あなたに執着する人が、

あなたの”たった1つの動き“に引き寄せられてくるなら、

その”たった1つの動き“をゴッソリ手放せばいいだけ。

 

 

 

 

しかし、

あなたの”たった1つの動き”は、

認識技術(nTech)を使って、

「脳の外(無の世界)」からアプローチしない限り、

発見すること自体が難しい…

 

 

 

 

ので、まずは、

あなたの”たった1つの動き“を発見することから、

始めていきましょう!

 

 

 

 

“たった1つの動き”さえ手放せば、

「脳の外(無の世界)」に出られます。

 

 

 

 

脳の外(無の世界)」は、

存在がない世界。

あなたも存在しないし、執着する人も存在しない。

この現実も存在しないし、あなたの悩みも存在しない。

 

 

 

 

だから、

執着する人に対する、

嫌な感情も湧かなくなる。

あなた自身が、

もう「執着する人」に執着する必要がなくなるのです。

 

 

 

 

 

あなたが抱える悩みは、

たった1つの動き“を手放し、

脳の外(無の世界)」に出れば、

100%解決します。

 

 

 

 

大事なのは、

あなたのあり方なのです(^-^)

相手を変えようとしてはダメですよ~

 

 

 

 

※”たった1つの動き”を手放して「執着する人」を振り払いたい人は、認識技術(nTech)を応用・活用したカウンセリングを受けてみてください♪

まずはあなたの”たった1つの動き”を一緒に発見していきましょう!

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

執着される

⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。