失恋 苦しい 立ち直る 方法

初めまして洸と言います。

この記事では「苦しい失恋から立ち直る方法」についてお話していきたいと思います。

この記事の目次

1.苦しい失恋から立ち直るには”たった1つの動き”を発見するしか方法がない

失恋 苦しい 立ち直る 方法

  • 失恋から立ち直れない
  • 失恋から立ち直る方法が見つからない
  • 失恋から立ち直りたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”を発見し、苦しい失恋から立ち直ることができました

失恋 苦しい 立ち直る 方法

実は僕も、

苦しい失恋を経験したことがあります( ;∀;)

何度も泣き、

悔やみ、苦しみ、怒りに感情を支配され、

心身共にボロボロになったものです。

 

 

 

 

しかし、

そんな苦しい失恋から、

スッキリ立ち直ることができたのです\(^o^)/

 

 

 

 

それは「認識技術(nTech)」で、

僕自身の中に眠る”たった1つの動き“を発見できたからです。



⇒あなたを失恋の苦しみから立ち直らせる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたを失恋の苦しみから立ち直らせるカウンセリング

昔の僕は、

どちらかと言うと「全く傷つかない人間」でした。

正確には「痛みを全く感じられないくらい、心が死んでいた人間」でした。

傷つかないから、

例え、恋愛で失敗しても、

全く痛くないのです。

 

 

 

 

しかしそんな僕も、

22歳の頃に、初めて失恋の苦しみを経験します(笑)

 

 

 

 

その女の子には、

出会った瞬間に一目惚れして、

すぐに連絡先を交換しました。

自分とは真逆の性格をしていて、

例えるなら「1番遠い星に住んでる女性」って感じでした。

《失恋をキッカケに、自分の感情がコントロールできなくなる》

失恋 苦しい 立ち直る 方法

僕がその女の子と出会ったのは、

実は「認識技術(nTech)と出会った後」でした。

当時は、認識技術(nTech)で、

パニック障害を半年で完治させた直後でしたね。

今まで心が全く傷つかなかった僕が、

恋愛感情を抱けるようになったのも、

認識技術(nTech)で感情の蓋が開いたおかげでした。

しかし、それが原因で、

今まで溜め込んでいた感情が一気に爆発してしまったのも否めません。

 

 

 

 

自分の中に眠っていた、

母への強烈な恨み、絶望、諦め、怒り

 

 

 

 

 

僕はその子を通して、

今まで母親に溜め込んでいた感情を、

爆発させてしまったのです。

LINEで暴言を吐きまくり、

しまいには、

相手がルームシェアしていた家にまで感情を爆発させに行くなど、

かなり危うい境界線を彷徨ってました。

とにかく、自分の感情をコントロールできない。

とめどなく怒りが溢れてきて、

その怒りをその子にぶつけなきゃ、

自分の存在意義を保てなかったのです。

 

 

 

 

今まで実感したことのない苦しみ。

どうしようもできない悔しさ。

 

 

 

 

これが失恋か…と

 

 

 

 

初めて痛感した瞬間でしたね。

3.失恋の苦しみは全て”たった1つの動き”が作り出している

失恋 苦しい 立ち直る 方法

好きな人を愛そうとすればするほど、

愛されなくなる。

好きな人に愛されようとすればするほど、

愛されなくなる。

 

 

 

 

この因果関係は、必ず同時に存在し、

あなたを苦しめてきます。

 

 

 

 

失恋の苦しみとは、

「この因果関係から抜け出したいのに抜け出せない」

その動きによって生まれるもの

 

 

 

 

※超重要※

だからこそ、

その動きの中に閉じ込められたままだと、

あなたは一生、

同じ動きの中に閉じ込められたまま、

失恋の苦しみから抜け出すことができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

失恋の苦しみから立ち直る方法は、

ただ1つ…

動きの外に出ること!

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためにはまず、

あなたの幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き“を発見する必要があります。

そして、その動きの外に出ること。

それが「失恋から立ち直る唯一の方法」なのです。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

失恋 苦しい 立ち直る 方法

ここで実際に僕の幼少期の体験を例に出して、

“たった1つの動き”の説明をしていきたいと思います。

 

 

 

 

僕は男3兄弟の真ん中っ子として生まれました。

真ん中っ子は兄弟の中で1番目立てないポジション。

兄弟の中で1番目立てず、

母親に気づいてもらえなかった僕は、

何とか自分の存在に気づいてもらおうと、

必死に自己主張してました。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、

いろんな自己主張をしてました。

しかし、そんな僕の自己主張を、

僕の母親は全く受け取ってくれませんでした。

 

 

 

 

とにかく自分の思い通りにならないとすぐ不機嫌になる。

子供のすることをありのまま受け止めてくれず、

自分の感情ばかりぶつけてくる

 

 

 

 

僕はそんな母親に対して、

いつしか自己主張を諦めるようになります。

 

 

 

 

どうせ分かってもらえないから

 

 

 

 

そう決めつけ、

僕は母親に自分の本音をアウトプットすることを、

諦めてしまうのです。

失恋 苦しい 立ち直る 方法

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“(性格パターン)で苦しい失恋から立ち直ることができます。

・・・

僕の場合「(自分の気持ちを)分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「(自分の気持ちを)分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期の頃、

母親に自分の気持ちを分かってもらえなかった。

だから僕は、

母親に自分の本音を出すことを諦めるようになります。

しかし、

分かってもらえない自分=愛されてない自分を蓄積すればするほど、どこかのタイミングで必ず分からせたい!=愛されたい!という感情が爆発してしまう。

 

 

 

 

僕の場合、

そのエネルギーが好きな女の子に向いていたのです。

 

 

 

 

好きな女の子に対して、

どうせ自分の気持ちなんて分かってもらえないんだ=愛してもらえないんだ」と勝手に決めつけ、

そのストレスが怒り感情となって蓄積し、

LINEで暴言を吐きまくる。

 

 

 

 

自分の気持ちを分かってもらいたい=愛されたい」と思えば思うほど、

分かってもらえない恐怖=愛されない恐怖」が邪魔して、

自分の本音を好きな女の子にアウトプットできなくなる。

それが原因で、

分からせたい=愛されたい」というエネルギーが爆発してしまう。

その結果、LINEで暴言を送ってしまい、

好きな女の子と分かり合えなくなってしまう。

 

 

 

 

ずーっとこのパターンを繰り返していたんですね。

たった1つの動き“が原因で(^^;

 

 

 

 

愛されたいと思えば思うほど、

愛されなくなる

愛されないと思えば思うほど、

愛されたいと思ってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

※これが失恋の苦しみのカラクリ※

 

 

 

 

 

 

 

 

この苦しみから抜け出すには、

その苦しみを生み出す“たった1つの動き”を手放し、

動きの支配から抜け出すしかないのです。

《そもそも恋愛って何なの?》

失恋 苦しい 立ち直る 方法

そもそも、

恋愛とは何なのか?

それは、

幼少期に埋められなかった愛情を埋める行為。

人間は欠けた愛情を埋めるために、

必死に努力し、

必死に「愛されてる自分」になろうとします。

しかし、これは認識技術(nTech)の観点から観たら偽物の恋愛

 

 

 

 

本物の恋愛は、

あなたを苦しめたりしない

 

 

 

 

だから、本物の失恋も、

あなたを苦しめたりしない

 

 

 

 

そもそもあなたは、

まだ本物の恋愛を経験したことがないのです。

幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き”によって、

自分なりの「愛されてる条件」を追いかけてるだけ。

《”たった1つの動き”を手放して失恋の苦しみから抜け出そう!》

失恋 苦しい 立ち直る 方法

この記事の中盤で、

失恋の苦しみから立ち直るには、

動きの外に出るしかない」と書きました。

動きの中は、

条件によってコロコロ変わる相対世界。

あなたの幼少期の体験によって作られた「愛されるための条件」が、

無限に張り巡らされた世界。

その中でいくら恋愛をしても、

「愛されるための条件」から外れたら、

すぐに失恋に反転してしまう。

 

 

 

 

そもそも、

本物の恋愛は条件によってコロコロ変わりません。

恋愛、失恋という概念すらありません。

だから、大自由なのです。

幼少期の体験によって作られた「愛されるための条件」を満たさなくても、

ありのままのあなたでいい。

認識技術(nTech)では、

その世界を脳の外(無の世界)と表現します。

そもそも何もないところから、

この現実を立ち上げる「全く新しい認識方式

この認識方式をあなたの中にインストールしたとき、、、

 

 

 

 

あなたはもう二度と、

失恋しなくなります

 

 

 

 

そもそも「脳の外(無の世界)」には、

恋愛の概念も、失恋の概念もありません。

好きな人もいない。

「愛されてない自分」も「愛されてる自分」もいない。

 

 

 

 

その領域を認識できるようになるには、

まずは、あなたの”たった1つの動き“を発見しなければなりません。

あなたがどんな動きの中に閉じ込められ、

どんな思考パターン・行動パターンを繰り返しているのか?

あなたの中でしっかりと腑に落とす必要があります。

 

 

 

 

その上で、

動きの中から外に出ること!

そうすれば、

あなたもスッキリと失恋から立ち直ることができますよ~(^-^)

片思いに100年耐えられる心を作る”たった1つの動き”の効果

好きな人を振り向かせたい人は”たった1つの動き”で自分磨きしよう

“たった1つの動き”で好きな人を忘れる方法~好きな人を忘れられない人は必見!

※関連記事も紹介!

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

失恋 苦しい 立ち直る 方法



⇒あなたを失恋の苦しみから立ち直らせる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたを失恋の苦しみから立ち直らせるカウンセリング

《失恋に関するQ&A》

Q1.辛い失恋をしました。時間を置けば立ち直れると聞いたのですが、実際どうなんでしょう。

辛い失恋をしたんですね…

気持ちお察しします。

おそらく、

元々の性格によって、

すぐに立ち直れる人と、

すぐに立ち直れない人に、

分かれるのではないかと思います。

辛い失恋をした場合、

確かに時間を置けば立ち直ることは可能かもしれませんが、

時間で考えない方がいいかな~と思います。

じゃあどうすればいいか?

あなたの性格パターンを手放せばいい(^-^)

・・・

人間は誰しも、

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動きを持っており、

その動きをHEART STORYでは、

たった1つの動き“(性格パターン)と呼んでます。

あなたが今回の失恋を「辛い」と認識したのは、

あなたの中の「愛されてない自分」が刺激されたから。

あなたの中の「愛されてない自分」が刺激されたことで、

どうせ俺なんて愛されてないんだ~」というブレーキがかかってしまった。

だから、辛い。

その辛さを手放すには、

まずはあなたにとっての「愛されてない自分」とは、どういう自分なのか?

そのアイデンティティを見つけることが大事です。

そうすれば、

あぁこのアイデンティティが刺激されてたから、

俺は今回の失恋を『辛い』と認識してたんだな

と、ハッキリ分かります。

その上でそのアイデンティティを手放すこと。

そうすれば、あなたはもう二度と、

同じアイデンティティを刺激されることなく、

辛い失恋を乗り越えることができます。

もし、自分のアイデンティティを手放したいなら、

まずは「認識技術(nTech)のカウンセリング」を受けてみてください。

一段階「あなたの『愛されてない自分』がどういう自分なのか?」を一緒に発見していきましょう(^-^)

Q2.入試期間に失恋してしまいました。辛いです。

入試期間に失恋したんですね…

それは辛い…

入試期間ということで、

あまり時間と労力を割けないかもしれませんが、

もし余力があれば、

あなたも「認識技術(nTech)のカウンセリング」を受けてみてください。

理由はQ1でも説明した通り。

あなたの「愛されてない自分」を手放せば、

もう二度とあなたの「愛されてない自分」を刺激されることがなくなり、

今回の失恋を「辛い」と認識しなくなります。

だからまずは、

あなたの中にどんな「愛されてない自分」が隠れてるかを一緒に発見していきましょう!



⇒あなたを失恋の苦しみから立ち直らせる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたを失恋の苦しみから立ち直らせるカウンセリング

LINE@に登録すると、HEART STORYの最新記事・最新動画の更新情報をお届けします!

友だち追加

※PCをご利用の人は↑のQRコードをスマホのLINEアプリで読み取ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

HEART STORY(ハートストーリー)
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。