The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

愛されてる実感がない

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で「愛されてる実感を手放す方法」を紹介しています。

この記事の目次

1.愛されてる実感は”たった1つの動き”で手放せる

愛されてる実感がない

  • 愛されてる実感を感じられない
  • 彼氏や彼女、旦那さんや奥さんから愛されてる実感を得られない
  • 親に十分な愛情を注いでもらえなかった
  • 愛されてる実感を感じられるようになりたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で愛されてる実感を手放せました

愛されてる実感がない

実は僕も昔、あなたと同じで、

愛されてる実感を得られず、

苦しんでいました。

特に恋愛では

相手の態度によって、

愛されてる実感を感じられたり、感じられなかったり…

 

 

 

 

とにかく、

自分の思い通りに愛してもらえない!!

それが苦しくて苦しくて…

 

 

 

 

 

だけど「認識技術(nTech)」のおかげで、

相手の態度に振り回されることなく、

愛されてる実感を得られるようになったのです\(^o^)/

この記事では、

そこに至るまでの僕の体験談を紹介しています(^-^)



⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング

昔の僕は、

愛されてる実感をあまり感じられない人間でした。

女性に好意を向けられても、

受け入れることができなく、

女性に対して、

どこか分厚い壁を感じてました。

そんな僕も、

22歳で初めて一目惚れをするのですが、

その女性との出会いによって、

今まで味わったことのない苦しみを味わうことになるのです。

 

 

 

 

その女性と知り合ったのは、22歳の頃。

今までに感じたことのない感情が沸き上がってきて、

自分でもビックリしました。

早速連絡先交換をし、

LINEでやり取りを開始。

最初はめちゃくちゃワクワクしてました(笑)

 

 

 

 

だけど、

日にちが経つにつれて、

相手の反応がそっけなくなり、

しまいには全く返事が来なくなりました。

 

 

 

 

どうして、何も返事をくれないのだろう?

他に好きな人でもできたのかなぁ…

 

 

 

 

相手からの返事が来なくなったことによって、

途端に愛されてる実感がなくなり、

不安に駆られました。

 

 

 

 

あぁどうすればいいんだ!!!

 

 

 

 

当時の僕は、

かなり葛藤してましたね。

感情がコントロールできなくなったこともありましたし…

いろいろと痛い経験をしてきました(^^;

3.愛されてる実感が得られない原因は、実は「幼少期の体験」にあるのです

愛されてる実感がない

愛されてる実感が得られない原因は、

全て幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き”が原因

 

 

 

もし、あなたがいま、

愛されてる実感を得たくてしょうがないのであれば、

あなたの幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き“を手放す必要があります。

 

 

 

 

ということで、次に、

僕の幼少期の体験と、

そこから導き出された”たった1つの動き“を紹介したいと思います。

まずは僕の幼少期の体験を通して、

たった1つの動き“の理解を深めてもらえたらな~と思います(^-^)

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

愛されてる実感がない

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション」です。

幼少期の僕は、自分に愛情を注いでくれない母親に、いつも構ってもらおうとしてました。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、ひょうきんな態度を取ったり、

とにかくいろんな方法で母親に振り向いてもらおうとしてました。

しかし僕の母親は、そんな僕を見て、いつも不機嫌になっていました。

僕はただ「愛されてる実感」が持てなくて、愛情を注いでもらおうと思ってただけなのに、

間違った受け取り方をされたわけです。

 

 

 

 

かなりのショックを受けた僕は、いつしか母親に自分のことをアウトプットしない人間になりました。

 

 

 

 

他にも僕の家庭は夫婦喧嘩が絶えない家庭で、

父親がキレる度に家庭内が不安定になっていました。

 

 

 

そんなとき、母親はいつも責任を子供に押し付け、言い逃れしていました。

未熟な子供は、そんな母親の意見に反論できるわけがなく、

僕らはいつも振り回されてました。

他にも僕の母親は、父親の愚痴や仕事の愚痴、子供の愚痴を、

いつも僕らに押し付けてました。

 

 

 

 

僕たちがいない場所で愚痴を吐けばいいのに、

いつも子供の前で自分の愚痴を押し付ける母親に対して、

凄く嫌悪感を感じてました。

 

 

 

 

いつしか僕は、そんな母親を信用しなくなり、母親の意見を一切インプットしない人間になりました。

愛されてる実感がない

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で愛されてる実感を手放すことができます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に母親に振り向いてもらいたくて必死にアウトプットをしてきたのに、

母親は振り向いてくれなかった。

そのくせ自分の愚痴は子供に押し付けてくるから、

幼少期の僕はインプットを遮断するようになってしまった。

幼少期の僕は自分の気持ちを分かってもらえない状況に、いつも苦しんでいました。

どうせ自分の気持ちなんて分かってもらえない

分かってもらえない自分なんて愛されてないんだ

そう思い込んでしまった僕は「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしてきました。

 

 

 

 

※超重要※】愛されてる実感とは「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとするときに生まれる感情。

裏を返せば、あなたの幼少期の体験によって作られた「こういう自分は愛されてるんだ~」という「愛されてる条件」が整わない限り生まれない感情。

 

 

 

 

そのため、

愛されてる条件」が整えば、

愛されてる実感を感じられ、

整わなければ、

愛されてる実感を感じられない…

 

 

 

 

たった1つの動き“を手放さない限り、

あなたはこの動きの中に閉じ込められ、

一生「愛されてる条件」を追い続けなければなりません。

 

 

 

 

そんなの嫌じゃないですか?笑

 

 

 

 

愛されてる条件」を整えるためだけに恋愛し、

人生を生き、そして死んでいく…

しかも、その条件は、

相手の態度でコロコロ変わってしまう諸刃の剣。

 

 

 

 

そんなもののために、

あなたはこれからも、

“たった1つの動き”の中」で、愛されてる実感を追いかけ続けたいですか?

相手を変えるために、

時間と労力とお金を消費し続けたいですか?

 

 

 

 

もう手放しましょう\(^o^)/

 

 

 

 

たった1つの動き“を手放し、

“たった1つの動き”の中」から「“たった1つの動き”の外」に出れば、

もう二度と、同じ動きにハマらなくなります。

 

 

 

 

それはつまり、もう二度と、

同じ考えパターン・行動パターン・感情パターンにハマらなくなるということ!

 

 

 

 

あなたが幼少期から繰り返してきたパターンさえ手放せば、

あなたはもう二度と、

愛されてる実感を追いかける必要がなくなる。

そのあり方に変化したとき、

あなたは初めて本物の愛されてる実感を得られるようになります。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

愛されてる実感がない

⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。