The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

感情 薄い ない

初めまして洸と言います。

この記事では「感情が薄い人」「感情がない人」に向けて、

感情を出せるようになる方法」を紹介したいと思います。

この記事の目次

1.「感情が薄い人」「感情がない人」は”たった1つの動き”で感情が出せるようになる!

感情 薄い ない

  • 感情が薄い
  • 感情がない
  • 感情が出ない原因を知りたい
  • 感情を出せるようになりたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も昔は感情が全く出ない人間でした

感情 薄い ない

実は僕も、

昔は感情が全く出ない人間でした。

例えば、

飲み会に行っても、

みんなと遊びに行っても、

人と会話をしてても、

感情が全く出ず、

全く楽しめない人間でした。

 

 

 

本当はもっと感情を出したいのに、

出せない。

そんな自分が凄くコンプレックスでした。

しかし、

認識技術(nTech)」との出会いによって、

 

 

 

 

感情が出せるようになりました(笑)

 

 

 

 

全ては”たった1つの動き“が原因だったのです。



⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング

昔の僕も、

あなたと同く、

感情が薄い・感情がない人間」でした。

感情が全く出ないから、

人の気持ちを理解することもできず、

人間関係でも、

たくさんの失敗をしてきました。

 

 

 

 

オフラインでは感情を全く出せず、

オンラインでは感情を出せる

 

 

 

 

いつしか僕は、

オフラインで感情を出すことを諦め、

オンラインでしか感情を出せなくなってしまいます。

ブログやLINE、SNSなど、

オンラインを通したコミュニケーションに依存するようになり、

オフラインで人と交流する頻度が、

極端に減ってしまいます。

 

 

 

 

 

オンラインでは自分の感情を出せるけど、

オフラインでは自分の感情を出せない。

そんな自分を克服したくて、

頑張ってオフラインの交流を増やそうとはするも、

 

 

 

 

人と会うと、

急に感情が全く出なくなって、

喋ってるだけでも苦痛になってしまう

 

 

 

 

だから僕はまた、

オンラインコミュニケーションに依存し、

オンラインでしか、

自分の気持ちをアウトプットできなくなります。

それが原因で、

人間関係も上手く築けず、

恋愛も上手くいかず、

良いことは1つもありませんでした。

 

 

 

 

ちなみに、

日本人は特に、

オフラインで出せない感情を、

オンライン(Twitterや2chなど)で発散してる人が多いですよね

あれも結局は、

オフラインで感情を出せないから、

オンラインで感情を出してるだけ。

 

 

 

 

日本で匿名で自己発信をする文化が根付いてるのは、

オフラインで感情が出せない人が多い証拠。

だから、

感情が出せなくて悩んでるのは、

あなた以外にもたくさんいるということです。

 

 

 

 

僕はそんな人たちの気持ちが痛いほど分かるし、

だからこそ、

誰でも安心してオフラインで自分の感情を出し合える

そんな海を、

認識技術(nTech)を通して広めていきたいと考えています。

3.「感情が出せない原因」は、実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

感情 薄い ない

実はあなたが感情を出せない原因は、

幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き”にあります

 

 

 

 

つまり、

あなたの”たった1つの動き”を手放せば、

あなたは感情を出せるようになるのです!!

 

 

 

 

しかし、いきなり”たった1つの動き“と言われても、

理解できないと思うので、

僕の幼少期の体験と、

そこから導き出された”たった1つの動き“を紹介したいと思います。

是非、僕の幼少期の体験を通して、

たった1つの動き“の理解を深めてもらえたらな~と思います。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

感情 薄い ない

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は、

兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション…

幼少期の僕は、

何とか母親に愛されようと、

必死に自己主張してました。

何もしないと、

親に気づいてもらえない(愛してもらえない)から、

とにかくしつこく自己主張してました。

 

 

 

 

しかし、

僕が自己主張すればするほど、

母親は僕のことを拒絶し、

不機嫌になり、

突き放してくる。

 

 

 

 

あ、俺がいくら自己主張しても、

どうせ分かってもらえないんだ

そんな思い込みが、

いつしか僕の中で作られてしまいます。

 

 

 

 

しかし、

どうせ分かってもらえないんだ(愛してもらえないんだ)」と思い込めば思い込むほど、

それに反発して、

分からせてやる!(愛されたい!)」という感情が爆発してしまう。

その感情を、

僕は、夫婦喧嘩ばかり繰り返す親に対して、

爆発させてました。

 

 

 

 

僕の両親は、

僕が小さい頃から、

夫婦喧嘩を頻繁にしていました。

夫婦喧嘩が起きる度に、

家庭内が不安定になり、

緊迫してしまう。

そんな空気感が、

とてつもなく嫌だったから、

僕は必死に感情を出して、

両親の夫婦喧嘩を止めようとしてました。

 

 

 

 

 

しかし、

僕がどれだけ感情を出し尽くして訴えても、

両親は夫婦喧嘩を全く止めてくれませんでした

 

 

 

 

俺がこんなにも感情を出し尽くしてるのに、

自分の気持ちを、

何一つ分かってもらえなかった

 

 

 

 

その頃だったかな。

僕は全く感情を出せなくなりました。

感情 薄い ない

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で感情を出せるようになります。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期の頃、

どれだけ感情を出しても、

自分の気持ちを分かってもらえなかった。

だから僕は、

感情を出すことを諦めてしまった。

そこで作られた僕の”たった1つの動き“は、

いつしか僕の感情を殺してしまった。

僕が感情を出せなくなってしまったのは、

全て”たった1つの動き“が原因だった。

だから僕は、

認識技術(nTech)で”たった1つの動き“を手放すことを決意し、

たった1つの動き“を手放すことに成功します。

そして…

 

 

 

 

 

感情が出せるようになりました\(^o^)/

 

 

 

 

 

今では、

出したいときに感情を出せるし、

泣きたいときに泣ける。

今までは周りを気にして、

どうせ自分の気持ちなんて分かってもらえないから、

感情なんて出しても無駄でしょ?

って思っていたけど。

その思い込みが消えた今は、

自然に涙も流せる。

それくらい、

“たった1つの動き”の中」と「“たった1つの動き”の外」では、

次元が違うことを思い知らされました(笑)

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

感情 薄い ない

⇒どんな悩みも解決できる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。