死にたい 自殺したい

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で、

死にたい・自殺したいという苦しみを解消する方法を紹介しています。

この記事の目次

1.死にたい・自殺したいという苦しみは”たった1つの動き”で解消できる

死にたい 自殺したい

  • 死にたい
  • 自殺したい
  • 苦しい
  • 希望がない
  • 生きてる意味が分からない、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も昔、死の恐怖に襲われてました

死にたい 自殺したい

僕がなぜこの記事を書いたのかというと、

あなたに死んでほしくないからです。

ただそれだけ。

この世はあなたが思っている以上に愛で満ち溢れている。

あなたはその愛を受け取れなくて苦しんでいる。

僕も昔、パニック障害になって、

毎日「死の恐怖」に襲われていました。

しかし「認識技術(nTech)」と出会えたおかげで、

僕はパニック障害を半年で克服できました。

さらには、死にたい・自殺したいという苦しみも解消できました。



⇒死にたい・自殺したい苦しみを解消する技術、認識技術(nTech)とは?

⇒死にたい・自殺したい苦しみを解消するカウンセリング

僕は昔パニック障害を患い、

突然の動悸や、自分の存在そのものが消えてしまいそうな不安感に襲われながら、

毎日苦しんでいました。

当時僕は22歳でしたが、

明日にでも死ぬんじゃないか?」と思うくらいリアルな死の恐怖が、

常に僕を襲ってました。

逃げ場がない

逃げられない

どうすればいいのだろう

もう何もかもが麻痺して、どうすればいいか分かりませんでした。

理性で自分を制御しようとしても無理。

無意識から湧き出る死の恐怖を止められない。

いったいどうすればいいんだ

僕は分からなかった。

3.「死にたい・自殺したいという苦しみが生まれる原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

死にたい 自殺したい

あなたが死にたい・自殺したいと思ってしまうのは、

あなたの幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き“が、

過剰に働きすぎてるから。

人間の性格は「幼少期(0~12歳)の体験」で9割決まると言われています。

それくらい幼少期の体験があなたに与える影響は大きい。

だからあなたの苦しみを解消するには、

あなたの幼少期の体験を深掘りし、

あなたの”たった1つの動き“を発見する必要があります。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

死にたい 自殺したい

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は兄弟の中で1番愛情の届きにくいポジションです。

当然、愛されてる実感も人一倍薄いわけです。

また、僕の家庭は夫婦喧嘩も多く、

頻繁に大声や暴力が飛び交う家庭でした。

だから安心できる場はほとんどありませんでした。

常に不安。

安心できない。

だから僕は安心したくて、

母親に構ってもらいたかった。不安感を埋めて欲しかった。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり、、、

しかしそんな僕を見て、

母親はいつも不機嫌になっていた。

急にキレだしたり、突き放してきたり。

そのくせ僕には家族の愚痴や仕事の愚痴ばかり押し付けてくる。

ただでさえ僕は愛されてる実感を持てなくて不安だらけなのに。

僕の要求は受け入れず、自分の要求ばかり押し付ける母親に、

僕はいつの間にか失望してました。

どうせ僕の気持ちなんて分かってくれないんだ

いつしか僕は、

母親に対して自分の気持ちをアウトプットすることを諦めていました。

死にたい 自殺したい

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“(性格パターン)で、死にたい・自殺したいという苦しみを解消できます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に悉く僕を拒絶してきた母親。

そんな母親に対して自己主張を諦めた僕。

どうせ分かってもらえないんだ」という絶望を抱えながら、

僕は大人になりました。

学生時代も、

自分の気持ちを全くアウトプットできず、

いつも1人で抱え込んでいました。

どうせ分かってもらえない」と諦めてるから、

周りに悩みを相談できない。

その蓄積がピークに達すると、

愛してくれ=俺のことを分からせてやる!!!」というエネルギーが爆発し、

衝動的な行動に出ることも多かった。

分かってもらえないから、分からせようとしてしまう。

愛されてないから、愛されようとしてしまう。

僕はこの動きにず~っと掴まった状態で生きてきました。

しかし「分かってもらいたいのに、分かってもらえない

愛されたいのに、愛してもらえない

たった1つの動き“に掴まれた頃の僕は、

前にも進めない。後ろにも戻れない状態で、いつも苦しんでいました。

《”たった1つの動き”を手放せば、死にたい・自殺したい気持ちはスッキリ消える》

死にたい 自殺したい

僕もこれまでたくさんの悩みを抱えてきました。

高校時代に人間関係で大失敗し、いつも否定されてました。

高校卒業後は、同級生を見返すためだけに起業を開始。

何かに取り憑かれたようにパソコン作業をしてました。

休憩も挟まずぶっ続けで、毎日。

とにかく過去の弱い自分を克服したくて、かなり生き急いでました。

しかし、いくら経済的自立をしても、

心は全く幸せじゃなかった。

むしろ「まだまだ足りない」と言わんばかりに、

さらに生き急ぐ。

高校時代の苦しみも、全く消えない。

どれだけ頑張っても、自分の中にはいつも弱い自分がいた。

そんなこんなで過食的に人生を生きすぎた僕は、パニック障害になります。

毎日死の恐怖に襲われながら、自分の人生を嘆いてました。

しかし認識技術との出会いで状況は一変!!!

自分の苦しみが”たった1つの動き”で1つに繋がり、

今まで僕を苦しめてたパンパンの悩みが一気に吹き飛んだのです(笑)

人生で味わったことのない開放感でした。

どんよりした空気が充満する部屋の中に、

新鮮な空気が一気に流れ込んだ感じ。

とにかくスッキリ爽快感!!!

たった1つの動き“を発見してからは、パニック障害も治り、

高校時代の挫折も乗り越えることができました。

今では人との出会いを楽しみながら、経営活動・音楽活動を楽しんでいます。

あなたはただ”たった1つの動き”さえ発見すればいい

そして手放せばいい

それだけで全てが変わる

僕はあなたを死なせたくない。

だからあなたにも”たった1つの動き“と出会って欲しい。

⇒すぐにでも死にたい衝動を和らげたい人はセロトニンサプリがおすすめ

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

死にたい 自殺したい



⇒死にたい・自殺したい苦しみを解消する技術、認識技術(nTech)とは?

⇒死にたい・自殺したい苦しみを解消するカウンセリング

LINE@に登録すると、HEART STORYの最新記事・最新動画の更新情報をお届けします!

友だち追加

※PCをご利用の人は↑のQRコードをスマホのLINEアプリで読み取ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

HEART STORY(ハートストーリー)
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。