The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

熱しやすく冷めやすい

初めまして洸と言います。

この記事では、

熱しやすく冷めやすい人の心理を、

たった1つの動き“で解析していきたいと思います。

この記事の目次

1.熱しやすく冷めやすい人の心理は”たった1つの動き”で理解できる

熱しやすく冷めやすい

  • 熱しやすく冷めやすい性格をしている
  • 熱しやすく冷めやすい性格を治したい
  • 熱しやすく冷めやすい人の心理を知りたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で熱しやすく冷めやすい人の心理を読めるようになりました

熱しやすく冷めやすい

実は僕、昔は非常に熱しやすく冷めやすい人間でした(笑)

詳しい体験談は後ほどお話ししますが、

とにかく飽き性でした。

しかしそんな自分の性格を「認識技術(nTech)」で治すことができました。

今までは何をやっても治せなかったのに、

本当にビックリです。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

昔の僕は、熱しやすく冷めやすい性格をしてました。

せっかく買ったものもすぐに飽きて捨ててしまったり、

勢いで始めたビジネスも急に止めてしまったり、

恋愛でも、相手が自分のことを好きじゃないと思ったら、

さっさと身を引いて別の女の子を探し始めたり、

とにかく長続きしないタイプでした。

切り替えが早くて潔い」と言われることも多かったですが、

そうでもありませんでした。

熱しやすく冷めやすい性格は、

余計なストレスを溜めなくて済むという、良い側面もあります。

しかし、自分の性格で相手を傷つけてしまったり、

人と安心して関係性が築けなかったりなど、

人と分かり合えない苦しさもありました。

熱しやすく冷めやすい性格をしていた頃の僕は、

常に漠然とした不安があって、その不安を埋めるための行動ばかり繰り返していました。

まるで羽を休める場所を知らない鳥のように。

3.「熱しやすく冷めやすい人の心理」は「幼少期の体験」を観れば分かる

熱しやすく冷めやすい

僕が認識技術と出会って初めて知った事実があります。

それは「熱しやすく冷めやすい性格は幼少期の体験によって作られる」ということ。

人間の性格は、幼少期(0~12歳)の体験で9割決まる」と言われています。

それくらい幼少期の体験が人間の性格に与える影響は大きいのです。

そのため、

熱しやすく冷めやすい人の心理は、

幼少期の体験を観れば簡単に理解できます。

他にも、幼少期の体験から作り出された”たった1つの動き”を手放すことで、

熱しやすく冷めやすい性格を治すこともできます。

これから僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き“を紹介します。

是非、僕の幼少期の体験を通して、

熱しやすく冷めやすい人の心理を理解してもらえたらな~と思います。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

熱しやすく冷めやすい

僕は男3兄弟の真ん中っ子として生まれました。

真ん中っ子は、

兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション…

幼少期の僕は、

自分の愛情不足を何とか克服しようと、

母親に必死に自己主張をしていました。

とにかく自己主張を繰り返し、

必死に母親に振り向いてもらおうとしてたのです。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、ひょうきんな態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり…

しかし、そんな僕を見て母親は、

いつも不機嫌な態度ばかり取るのです。

急にキレだしたり、急に突き放してきたり。

とにかく僕の自己主張を全く受け入れてくれませんでした。

さらに僕の母親は、

僕の自己主張を受け入れてくれないくせに、

自分の自己主張は僕に押し付けてくるのです。

家族の悪口、仕事の愚痴、

とにかくマイナスなことばかり僕に押し付けきました。

僕はそんな母親に対して、

いつしか失望するようになりました。

どうせこいつは、俺の気持ちなんて分かってくれない

そう決めつけ、母親を拒絶するようになったのです。

熱しやすく冷めやすい

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で熱しやすく冷めやすい人の心理を理解できます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に僕の自己主張を受け入れてくれなかった母親。

そんな母親に対して、

自己主張を諦めてしまった僕。

その背景には「自己主張してもどうせ分かってもらえないんだ」「自己主張してもどうせ愛してもらえないんだ」という諦めがありました。

その諦めが僕の中で強烈に凝り固まり、

ずっと離れませんでした。

しかし人間は誰しも愛されたくて生きてます。

僕の場合、

とにかく相手に分かってもらおう(愛してもらおう)とばかりしてました。

しかし、相手に分かってもらいたいと思えば思うほど、

分かってもらえない自分=愛されてない自分」が脳裏に浮かんでくる。

だから僕は、そんな自分のマイナスイメージから逃げるために、

また別の女の子に分かってもらおうと努力するわけです。

僕の人生はずっとこの繰り返しでした。

《熱しやすく冷めやすい性格は”たった1つの動き”を手放せば治る》

熱しやすく冷めやすい

愛されてない自分」と「愛されてる自分」は、

同時に存在しています。

表裏一体なのです。

だから、愛されようとすれば、逆に「愛されてない自分」が邪魔してくるし、

「愛されてない自分」が邪魔してくると、

さらに強烈なエネルギーを爆発させて愛されようとしてしまいます。

熱しやすく冷めやすい性格は、

この”たった1つの動き“の支配から抜け出さないと、

治りません。

“たった1つの動き”さえ手放せば、

あなたは自由なのです。

かくいう僕も、

“たった1つの動き”を手放せたおかげで、

もう二度と同じパターンにハマることなく、

スッキリワクワクの状態で毎日を過ごしています。

僕は現在、経営活動と音楽活動を両立してますが、

“たった1つの動き”を手放す前の自分なら、

絶対に作れない現実を作れています。

それくらい”たった1つの動き”の「中」と「外」とでは、

次元が違うのです。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

熱しやすく冷めやすい

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。