The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

生き急ぐ

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で生き急ぐ癖を治す方法を紹介しています。

生き急いでばかりいると、

羽を休められず苦しいですよね…

この記事の目次

1.生き急ぐ癖は”たった1つの動き”で治る

生き急ぐ

  • 毎日生き急いでいる
  • 生き急ぎ過ぎて苦しい
  • 生き急ぐ癖を治したい
  • 安心感がほしい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で生き急ぐ癖を克服できました

生き急ぐ

実は僕も、昔はかなり生き急いでました。

詳しい体験談は後ほどお話しますが、

とにかく毎日休む間もなく焦り続けてました。

しかしそんな苦しい人生から僕を救ってくれたのが、

認識技術(nTech)」でした。

僕は認識技術のおかげで、

安心感に包まれた毎日を送れるようになったのです。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

僕は高校時代に人間関係で大失敗し、

周りからいろんな否定を受けてきました。

そんな高校生活を3年間も続けてたので、

高校卒業後は「もう二度とあんな目に遭いたくない」と固く決心し、

強くなることを決意しました。

高校時代の弱い自分を切り捨て、

とにかく強い自分を目指してました。

とにかく強くならなきゃ

弱い自分を切り捨てなきゃ

俺は愛されない…

毎日不安と焦りに襲われながら、

僕はひたすら生き急いでました。

家で1人でいるときも、焦りや不安が強烈に爆発して、

夜もまともに眠れませんでした。

常に神経を張り巡らせていたので、

心も体もズタボロでした。

しかしそんな生き方を繰り返しても、

僕の生き急ぐ癖は治りませんでした。

その結果…

僕は22歳の頃、法人化直後にパニック障害を患います。

毎日死の恐怖に襲われながら、絶望の淵に立ってました。

怖い、苦しい、助けて…

僕は何をどうすればいいか全く分かりませんでした。

3.「あなたが生き急いでしまう原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

生き急ぐ

そんな苦しい体験をしてきた僕が、ある日、認識技術と出会い、

生き急ぐ癖を治すことに成功しました。

人間の認識は、

幼少期(0~12歳)の体験で、9割決まると言われてます。

しかも幼少期に作られた”たった1つの動き”は手放さない限り死ぬまであなたを苦しめ続けるのです。

実際に僕も”たった1つの動き”を手放すことに成功した人間ですが、

確かに”たった1つの動き”を手放した瞬間、

僕は全ての苦しみから解放されました。

今まで頭の中でパンパン状態だった悩みも一気に吹き飛び、

かなりの爽快感を味わえました。

ただし、”たった1つの動き“は簡単には手放せない上に、

理解が難しい部分も多いです。

なので、これから僕の幼少期の体験と、

そこから導き出された”たった1つの動き“を紹介します。

僕の幼少期の体験を通して、

たった1つの動き“の理解を深めてもらえたらな~と思います。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

生き急ぐ

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は、兄弟の中で一番「母親の愛情が届きにくいポジション」です。

幼少期の僕は、

母親に何とか愛情を注いでもらおうと、

必死に自己主張してました。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、

ひょうきんな態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり。

そうすることで、必死に母親に振り向いてもらおうとしてたのです。

しかし僕の母親は、

そんな僕の自己主張を見て、

不機嫌な態度ばかり取ります。

急にキレたり、急に突き放してきたり、、、

そのくせ自分の言いたいこと(家族の悪口や仕事の愚痴など)は僕に押し付けてくる。

僕の気持ちは受け取ってくれないくせに、

自分の気持ちは一方的に押し付けてくる。

そんな母親に対して、僕はいつしか失望するようになります。

僕はただ愛されたかっただけなのに、

愛してもらえなかったショック…

そのショックは幼少期の僕にはかなり堪えましたね。

とにかく僕の母親は、僕の思い通りに僕を愛してはくれなかったんですね。

生き急ぐ
・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で生き急ぐ癖を治すことができます。

・・・

僕の場合「思い通りにならない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「思い通りになる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

僕が母親を自分の思い通りにしたいと思ってた背景には、

母親に愛されたい」という心の動きがありました。

人間は「私は愛されてない存在なんだ」と強く思い込むほど、

愛されたい!!!」という反発エネルギーを働かせます。

僕が高校時代に人間関係で大きな失敗をしたときも、

あまりにも自分の思い通りにならない状況に対して、

強烈なストレスを抱えてました。

そのストレスが高校卒業後に爆発し、

生き急ぐ癖が発動してしまったのです。

・・・

思い通りにならなかった(愛されなかった)過去を必死に思い通りにしよう(愛されよう)とする…

・・・

僕の人生はずっとこの繰り返しでしたね。

しかし”たった1つの動き”を手放せたおかげで、

僕の悩みは一気に吹き飛んでしまいました(笑)

たった1つの動き“を手放してからは、

生き急ぐことも無くなりましたし、

安心感に浸りながら、悠々と自分の人生を生きられるようになりました。

本当に嬉しかった。

今まで自分の辛い過去に縛られて生きることしかできなかったのに、

その苦しみから解放されたおかげで、自由の身になれたからです。

今思い出しても涙が出ますね(笑)

それくらい「救われたぁ…」という想いがあります。

認識技術と出会ってなかったら、

本当にどうなってたんだろう…

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

生き急ぐ

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。