The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

知られたくない過去

初めまして洸と言います。

この記事では、

たった1つの動き“で知られたくない過去を書き換える方法を紹介しています。

この記事の目次

1.あなたの知られたくない過去は”たった1つの動き”で書き換えられる

知られたくない過去

  • 知られたくない過去がある
  • 知られたくない過去がバレるのが怖い
  • 知られたくない過去のせいで人生を楽しめない、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で知られたくない過去を書き換えることができました

知られたくない過去

実は僕も昔、あなたと同じように、

知られたくない過去に縛られて生きてました。

しかし「認識技術(nTech)」のおかげで、

自分の”たった1つの動き“が見つかり、

知られたくない過去も自然消滅してしまったのです。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

僕は高校時代に人間関係で大きな失敗をし、

学年中から否定されるような人間でした。

何というか、

後先考えずに行動することが多く、

悪目立ちをしてしまった感じです。

ブログで変なポエムを発信したり、

生まれつきおでこが広いのに、突然坊主にしたり、

とにかく周りがやらないようなことを平気でやってたわけです。

しかし僕自身、無自覚だったので、

自分でもなんでこんな行動に走ってしまったのかが分かりませんでした。

とにかく悪目立ちばかりしていたせいで、

学年中から否定を受ける存在になり、

見下されることもかなり多かったですね。

人と違いすぎる自分

そんな自分がいつしか嫌いになりました。

お前がキモいから俺が否定されるんだ

と、自分で自分をいじめることも増えました。

高校時代に受けてきた否定は、かなり苦しいものも多かったので、

やり場のない想いを自分自身にぶつけたかったのでしょう。

そうすることでしか、僕は僕の存在価値を保てなかったのです。

高校卒業後は、そんな過去の弱い自分を克服するために、

起業を始めます。

同級生よりも早く稼げるようになれば、

同級生にも一目置かれるかな~と思ったからです。

しかし、当時の僕は、

同級生を恨みまくってたし、過去の弱い自分も恨みまくってました(笑)

とにかく恨んで恨んで、その怒りエネルギーだけで僕は起業を頑張ってました。

その結果、21歳で月70万を安定的に稼げるようになりました。

しかし。

それでも僕の知られたくない過去は消えませんでした。

いつまでもしつこく僕に執着してくるのです。

まるで「お前は存在価値のない人間だ」「お前はいつまでも周りから否定を受ける存在なんだ」と言われてるようでした。

だから僕は、さらにエネルギーを爆発させて頑張るわけです。

今思えば僕は、

知られたくない過去を消すために、かなりのエネルギーを爆発させて、

知られたくない過去を振り切ろうとしてたんだな~と思いました。

知られたくない過去と向き合うのは怖いですからね。

3.「知られたくない過去が生まれる原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

知られたくない過去

そんな僕がある日「認識技術」と出会い、

たった1つの動き“で知られたくない過去を書き換えることに成功したのです。

認識技術であなたの”たった1つの動き”を発見すれば、

あなたの知られたくない過去は知られたくない過去ではなくなります。

実は、あなたが知られたくない過去に縛られてしまうのにも、

理由があるんですよね。

そもそもなぜあなたは、知られたくない過去に縛られてるのでしょう?

あなたはこれまでたくさんの過去を作ってきたはずなのに。

どうして決まって、その過去だけに縛られるのでしょう?

その原因も、実は”たった1つの動き“にあるのです。

《”たった1つの動き”の理解は難しい》

知られたくない過去

しかし”たった1つの動き”の理解は、そう簡単にできるものではありません。

たった1つの動き“は目に見えないですからね。

なかなかその実態を掴むことは難しいです。

ですが、僕の幼少期の体験を通して、どんな”たった1つの動き”が発見されたのか?

その流れを理解することで、

“たった1つの動き”の理解を深めることができます。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

知られたくない過去

僕は男3兄弟の真ん中っ子として生まれました。

真ん中っ子は兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション。

母親から十分な愛情を受け取れなかった僕は、

必死に母親に自己主張してました。

愛してくれ」「愛してくれ」と。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり、

とにかくいろんな表現で母親に振り向いてもらおうとしてました。

しかし母親はそんな僕を見て、いつも不機嫌になるわけです。

急にキレたり、急に突き放してきたり、家族や仕事の悪口を押し付けてきたり、

とにかく思い通りにならない母親でした。

そんな母親に対して僕は、

いつしか自己主張を諦めるようになりました。

さらには、母親のアウトプットを全て拒絶するようになります。

僕の自己主張を受け入れてくれないくせに、

自分の自己主張は子供に押し付けてくる。

そんな理不尽を僕は許しませんでした。

とにかく拒絶。

拒絶することで「母親の言いなりにはならない」「母親の思い通りにはならない」

という姿勢を貫いていました。

知られたくない過去

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で知られたくない過去を書き換えることができます。

・・・

僕の場合「他人の思い通りになる自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「他人の思い通りにならない自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に僕の自己主張を悉く拒絶してきた母親。

そんな母親に対して、自己主張することを諦めるようになった僕。

そのくせ僕に対して家族の悪口や仕事の愚痴を押し付けてくる母親。

そんな母親の思い通りになりたくなくて、

母親のアウトプットを拒絶するようになった僕。

そんな僕の拒絶心は、

高校時代の人間関係の失敗にも繋がってました。

周りの空気を読めず(インプットできず)拒絶してしまうせいで、

周りに合わせた行動ができなかった。

それが原因で悪目立ちしてしまい、否定を受けるようになる。

その否定さえも僕は拒絶心で跳ね返そうとしてた。

自分の中にインプットしたくなかったから。

そこでインプットできなかった当時の記憶は、

僕の中で消化されることなく、

知られたくない過去として、僕に付きまとうようになります。

《知られたくない過去はインプット拒絶症によって生まれる》

知られたくない過去

例えば、呼吸でもそうですが、

人間は酸素を吸わなきゃ、二酸化炭素を吐くことができません。

それと同じで、知られたくない過去も

インプットしなきゃアウトプットできないのです。

過去はインプットすることで、スッキリ忘れる(アウトプット)できます。

しかし、自分の過去の中で「どうしても受け入れられない(インプットできない)過去」が出てしまう。

それが、結果的に知られたくない過去になってしまう。

知られたくない過去は、

あなたがこれまでの人生を生きる中で、どうしても受け入れられない(インプットできない)過去が、蓄積した結果体。

あなたがどうしても食べたくない、嫌いな食べ物なのです。

あなたはその嫌いな食べ物を「嫌いだ」と決めつけて、

いつまでも食べない(インプットしない)でいる。

いつまでも食わず嫌いのまま、時間だけが経っていく。

だからこそあなたは、

“たった1つの動き”を手放してインプット拒絶症を克服しなければならない。

そうしない限り、あなたの知られたくない過去は、

いつまでもあなたを苦しめ、付きまとってきます。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

知られたくない過去

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。