空気 読めない

初めまして洸と言います。

この記事では、

空気を読めない人が”たった1つの動き“で空気を読めるようになる方法を紹介しています。

※この記事は「空気を読めない人」「空気を読めない人に悩まされてる人」両方に対応しています。

この記事の目次

1.あなたは”たった1つの動き”で空気を読めるようになります

空気を読めない

  • 空気を読めなくて困っている
  • 空気を読めない人に悩まされてる
  • 空気を読めない原因を知りたい
  • 空気を読めない人の心理を知りたい
  • 空気を読めない人の接し方を身に着けたい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で空気を読めるようになりました(笑)

空気 読めない

実は僕も、昔は空気を全く読めませんでした(笑)

しかし「認識技術(nTech)」のおかげで、

空気を読めるようになりました。



⇒空気を読めるようになる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒空気を読めるようになるカウンセリング

昔の僕は、とにかく空気を読めませんでした。

他の人がよーいドンで一斉に走るところを、僕はフライングばかりしてました。

空気を読めなかったことで、悪目立ちしたり、周りから否定を受けたり、

距離を置かれることも多かったです。

しかし僕自身「なぜこうなってしまったのか?分からない状態」でした。

悪気は全くなかったのです。

自分の無意識のパターンを働かせた結果、悪目立ちしてしまった。ただそれだけ。

でも周りがその行動を「空気を読めない」と決めつけてしまう。

僕にとっても、かなり矛盾な出来事でした。

特に日本では輪を乱す行為はNGとされてるので、

その暗黙の了解を破る人は、すぐに否定の的になってしまいます。

しかし、あなたが空気を読めない理由はたった1つしかありません。

それさえ掴めば、あなたは空気を読めるようになります。

3.「あなたが空気を読めない原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

空気 読めない

そもそも「空気を読む」って何なのでしょう?

空気を読むという行為は、日本人なら誰でも潜在的に秘めてる能力です。

しかし空気を読む能力が過剰に働きすぎるせいで、

相手の目ばかり気にして生きてる人も多いです。

日本は昔から周りとの協調を重んじる民族(農耕民族)でした。

日本は周りを海に囲まれた島国なので、

周りに迷惑をかけ、

下手に敵を作ると、

生きていけなくなります。

そこで日本人が生み出したのが建前です。

建前を使い、本音を隠す。

そうすることで、場の均一性を保ち、集団の力で苦難を乗り越えていく。

日本の歴史は建前文化によって進化していったのです。

空気 読めない

しかしそんな建前文化が崩壊してしまったのが戦後です。

戦争で負けた日本は、

アメリカによって西洋の思想や、西洋の教育、西洋の個人主義を徹底的に植え付けられてしまいます。

人と人との絆を大切にし、

集団の力で苦難を乗り越えてきた日本人の建前文化が、

壊されてしまったのです。

昔は人と人との絆が固く結ばれた状態での建前文化でしたが、

いまはその逆。

人と人が不信不安で結ばれた状態での建前文化と化しています。

今の日本人が、

人の目を気にし過ぎるのも、その影響です。

今の日本人は、そもそも他人を信用してないのです。

だから、不信不安出発の建前しか使えず、

自分の悩みを他人と共有することができなくなっているのです。

空気 読めない

そんな苦しみを潜在的に抱えてる日本で、

「空気を読めない人」がどう認知されるのか?

・・・

迷惑かけんじゃねぇよ

空気読めよ

場を乱すなよ

今の日本人は、空気を読めない人を凄く嫌います。

先述した通り、

日本は周りを海に囲まれた島国なので、

下手に敵を作ると、生きていけなくなります。

とにかく周りに迷惑をかけるのが怖い。

だから、空気を読めない人に場を乱されると、

みんなソワソワしてしまうのです。

迷惑をかける=死なのです。

《「迷惑をかける=死」の洗脳は、時代を重ねるごとに濃くなっている》

空気 読めない

実は「迷惑をかける=死」の洗脳は、

時代を重ねるごとに濃くなっています。

なぜなら「迷惑をかける=死」の洗脳が、

親から子へと無意識に引き継がれてるからです。

だから、いま日本で一番苦しんでるのは、

紛れもなく「10代・20代」です。

10代・20代は、

これまでの日本の歴史を一番多く背負ってる世代。

迷惑をかける=死」という思い込みが強烈な人が、かなり多くいます。

あなたはどうでしょう?

迷惑をかけることを恐れ過ぎてませんか?

しかしその思い込みは、あなたの幼少期の体験によって作られた”たった1つの動き“が作り出した思い込み。

真実ではないのです。

しかし「人間の性格は幼少期(0~12歳)の体験で9割決まる」と言われてますから、

あなたの思い込みは簡単には解けません。

しかし!!!

認識技術であなたの幼少期の体験を深掘りし、あなたの”たった1つの動き”を発見すれば、あなたの苦しみは自然消滅します。

今までは迷惑をかけることに対して、

相当な恐怖を感じていたでしょう。

しかしその恐怖すらも思い込みだということに気づき、

その思い込みから解放されたあなたは、

かなりのスッキリ状態で人生を生きられるようになります。

《空気を読めない人は、どう生きるべきか?》

空気 読めない

今の日本の時代背景を踏まえた上で、

空気を読めない人はどう生きるべきなのか?を考えてみましょう。

あなたはきっと、自分なりに空気を読んでるはず。

しかし、周りがあなたのことを「空気を読めない人」と決めつけてくる。

かくいう僕自身も、

自分が空気を読めない人間だなんて思ってなかったし、

自覚症状もありませんでした。

でも、周りは僕のことを空気を読めない人と決めつけてくる。

でも、納得できない。

・・・

だけど僕は、

認識技術を通して分かったんです。

・・・

それは、

空気を読めない人は存在しないということ。

空気を読めない人は、そもそも存在しないのです。

周りが勝手に「空気を読めない人」を存在させてるだけ。

そもそも空気を読めない人は存在しないのだから。

あなたはありのままのあなたでいいのです。

自然体のあなたのまま人生を生きればいい。

認識技術を道具にすれば、

その生き方が可能になります。

もし、空気を読めないことで、

いろいろ悩みを抱えてるのであれば、是非この先も読み進めてもらえたらな~と思います。

あなたの悩みを突破する方法はただ1つ。

“たった1つの動き”を発見するだけなのだから。

そうすればあなたは、ありのままのあなたを自己受容できるようになります。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

空気 読めない

前置きが長くなってしまいましたが、

本題に戻ります。

まず、あなたの悩みを解決するには、

あなたの”たった1つの動き“を発見しなければなりません。

・・・

たった1つの動き“さえ発見すれば、

あなたの悩みは突破できるし、

自然と空気を読めるようになります。

《僕の幼少期の体験》

空気 読めない

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション

愛されてる実感」も、かなり薄かったです。

母親に十分な愛情を注いでもらえなかった僕は、

母親に自己主張ばかりしてました。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり。

そうすることで、母親の愛情表現を求めてました。

しかし、母親はそんな僕の自己主張に対して、

いつも不機嫌な態度ばかり取っていました。

急にキレだしたり、急に突き放してきたり、とにかく分かり合えるような人間ではありませんでした。

にも関わらず僕の母親は、僕に対して、

家族の悪口や仕事の愚痴を押し付けてくるわけです。

ただでさえ、愛情不足で苦しいのに、

自分の都合で子供を振り回す母親…

そんな母親に対して僕は、いつしか拒絶心を働かせるようになります。

空気 読めない

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“(性格パターン)で空気を読めるようになります。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

幼少期に母親に愛されたくて自己主張を繰り返していた僕。

そんな僕の自己主張を拒絶しまくる母親。

そのくせ自分の愚痴は子供に押し付けてくる。

そんな母親のアウトプットに対して、

拒絶心(インプット拒絶症)を働かせるようになった僕。

インプットができなくなった僕は、いつの間にか、

周りの空気を読めない人間になっていました。

しかし認識技術と出会えたおかげで、

僕は生まれて初めてインプットできるようになりました(笑)

言葉だけで表現すると分かりにくいかもしれませんが、

とにかくスッキリ!!!!

インプット拒絶症が治れば、

あなたも自然と空気を読めるようになります。

なぜなら周りのアウトプットを素直に受け取れるようになるからです。

あなたの目の前には、あなたが思っている以上に愛が溢れています。

しかし今のあなたは、それを受け取れずに苦しんでいる。

あなたは空気を読めないのではなく、

周りの愛情をインプットできずに苦しんでるだけなのです。

その愛情をインプットできるようになったとき、

あなたは初めて生きた心地がするでしょう。

そのためにも、あなたの”たった1つの動き“を発見し、

手放す必要があります。

“たった1つの動き”さえ手放せば、

あなたのインプットを拒絶するフィルターが取っ払われ、

周りのアウトプットも自然とインプットできるようになります。

もし空気を読めずに悩んでるのであれば、

是非、”たった1つの動き“を発見して手放してもらえたらな~と思います。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

空気 読めない



⇒空気を読めるようになる技術、認識技術(nTech)とは?

⇒空気を読めるようになるカウンセリング

LINE@に登録すると、HEART STORYの最新記事・最新動画の更新情報をお届けします!

友だち追加

※PCをご利用の人は↑のQRコードをスマホのLINEアプリで読み取ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

HEART STORY(ハートストーリー)
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。