The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

自信過剰

初めまして洸と言います。

この記事では「自信過剰な人の心理と接し方」を”たった1つの動き“で読み解いていきたいと思います。

※この記事は「自信過剰な人に悩まされてる人」「自信過剰を治したい人」両方に対応しています。

この記事の目次

1.自信過剰な人の心理と接し方は”たった1つの動き”で簡単に分かる

自信過剰

  • 自信過剰な人にイライラしている
  • 自信過剰な人の心理を知りたい
  • 自信過剰な人の接し方を身に着けたい
  • 自信過剰を治したい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も昔は自信過剰でした(笑)

自信過剰

実は僕も昔、かなりの自信過剰でした(笑)

自信過剰だった僕は、他人への決めつけも激しく、

相手の気持ちを読むのが苦手でした。

だから人間関係の衝突も多かったし、関係性が崩れたりなど、

失うものも多かったです。

しかしそんな状況に置かれても、僕は全く気にすることはありませんでした。

関係性が崩れれば次にいけばいい

あまり関係性に執着しないタイプだった僕は、すぐに開き直り、

次の出会いを求め始める、そんな人生を送っていました。

しかし、そんな生き方に限界を感じた瞬間がありました。

それは僕が初めて好きな女の子と出会った瞬間でした。

ただ可愛いってだけじゃなかったんですよね。

何となくその子の内面に魅力を感じて、その子の魅力にドはまりしてしまいました。

すぐに連絡先交換をし、やり取りを開始した僕は、

その子のことばかり気になり過ぎて、夜も眠れませんでした。

最初はLINEのやり取りも順調に続き、ちょくちょく会ったりもしてましたが、

なぜか少しずつその子が心を閉ざすようになったのです。

僕がしつこくし過ぎたのでしょう。

僕は自信過剰ゆえに、相手の気持ちを受け止めずに「〇〇ちゃんはこう思ってるはずだ」と勝手に決めつけ、アプローチを続けてたので、

そのアウトプットを受け止めきれなくなってしまったのでしょう。

それを察知した僕は、どこか不安になり、さらにアウトプットがヒートアップしてしまいます。

とにかく不安・恐怖が湧いてきて、自分でも抑えられないくらいの感情が湧いてくるのです。

その感情に駆られながら、さらにしつこく、

僕はその子に自分の気持ちを押し付けるようになります。

怒りもありました。

人間は不安感情が強くなるほど、心の余裕を失い怒り感情を爆発させます。

僕も不安が強くなりすぎて、今度は怒りをその子にぶつけるようになります。

当然その子は心をドンドン閉ざしていきます…

僕が自分の自信過剰な性格に限界を感じたのは、この頃でしたね。

自信過剰は苦しいんだ

他人と分かり合えないってこんなに苦しいんだ

それが自分の中で明確に腑に落ちたとき、僕は自分の自信過剰を克服しようと決意します。

もうあれ以上の苦しみを感じたくなかったので(笑)

だから、限界突破したいって本気で思ったんですね。

で、そんな僕を思い切り戦わせてくれたのが「認識技術(nTech)」でした。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

認識技術じゃなきゃ自信過剰は治らない

実際に認識技術で自信過剰を克服してきた僕の正直な感想。

それくらい自信過剰の奥深くに隠れてるものは、

相当大きかった。

その大きさを目の当たりにしたからこそ、中途半端なカウンセリングじゃなく、

徹底的に人間の内面を深掘りできる認識技術じゃなきゃ、

自信過剰は克服できないって思えました。

3.「自信過剰になってしまう原因」は「幼少期の体験」を観れば簡単に分かる

自信過剰

自信過剰になってしまう原因は「幼少期の体験」にあります。

なぜなら人間の性格は「幼少期(0~12歳)の体験」で9割決まると言われてるからです。

多くの人は「自分の幼少期に何があったのか?」「その体験によってどんな性格が形成されたのか?」を全く知らずに生きています。

だからこそ人間は、自分の限界を痛感するまで、自分の性格に問題意識を持つことはありません。

この記事を読んでるあなたは、

きっと自信過剰な人に悩まされてる人か、

自信過剰な人自身だと思いますが、

あなたがこの記事を見てるのは、紛れもなく自分の限界を感じているからです。

自信過剰な人に悩まされてる人も、

実は「自信過剰な人が持つ無意識のパターンに拒絶反応を示してしまう無意識のパターンを持っています」

自信過剰な人も、自信過剰な人に悩まされてる人も、

お互いが自分の無意識のパターンに悩まされてるのです。

その無意識のパターンが衝突してしまうから、

お互いが分かり合えない。

本当は分かり合いたいのに、分かり合えない。

愛したいのに愛せない。

その葛藤を作り出してる無意識のパターン。

この無意識のパターンを手放さない限り、

あなたはあなたの悩みを突破することはできません。

ちなみに「無意識のパターン」とは”たった1つの動き“のことを指します。

これから「僕の幼少期の体験」から導き出された”たった1つの動き“についてお話しするので、是非、僕の体験談を通してあなたも”たった1つの動き“の理解を深めてみてください。

“たった1つの動き”さえ理解すれば、

自信過剰な人は自信過剰を克服でき、

自信過剰な人に悩まされてる人は、自信過剰な人の心理と接し方が読めるようになります。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

自信過剰

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション」です。

だから幼少期の僕は、愛されてる実感を感じることができず、いつも愛情不足でした。

愛情不足だった僕は、母親に愛情を注いでもらおうと、母親にしつこく自己主張してました。

泣き叫んだり、反抗的な態度を取ったり、ひょうきんな態度を取ったり、可哀そうな自分を演じてみたり。

そうすることで母親に愛情を注いでもらおうとしてました。

しかし、母親はそんな僕を見て不機嫌な態度ばかり取ります。

僕の自己主張を全く受け取ってくれず、急にキレたり、急に突き放してきたり、拒絶ばかりするわけです。

僕はただ愛されたかっただけなのに。

その自己主張を間違った形で受け取り拒絶してしまう母親。

そんな母親に対して僕は、いつしか自己主張を諦めるようになります。

言ってもどうせ分かってもらえない

母親と分かり合えない不安と恐怖を植え付けられた僕は、無意識の奥底に不安と恐怖を抑え込み、母親のアウトプットも何もかもを拒絶するようになります。

自信過剰

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で自信過剰を克服したり、自信過剰な人の心理と接し方を理解できます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

僕は生まれつきのポジションが原因で、いつも愛情不足でした。

だから愛されたくて母親に愛情表現を求めていた。

だけど母親は、そんな僕の自己主張を間違った形で受け取ってしまってた。

しかも僕のことを拒絶し、キレたり突き放したりしてしまってた。

幼少期の僕は相当なショックだったでしょう。

だって愛情不足から来る不安を埋めてくれる相手がいなかったのだから。

家庭内に安心できる場もなく、ただひたすら自分1人で自分の不安・恐怖と戦わされてたのだから。

そのときの苦しみ・悲しみ・怒りは、

知らず知らずのうちに僕の中で蓄積され、それが一気に爆発したのが、あの瞬間でした。

そう、僕が好きな女の子と出会った瞬間でした。

そもそもなぜ僕があの子を好きになったのか?

その背景には「どうせ分かってもらえない不安」がありました。

僕はただ、自分のことを愛してくれなさそうな人に惚れ、好きになっていただけだったのです。

幼少期の頃、母親に思うように愛情を注いでもらえず、

かなりのショックを受けてしまった、そのショックを好きな女の子を通して癒そうとしていた。

幼少期に母親に注いでもらえなかった愛情を、その子を通して埋めようとしていた。

ただそれだけだった。

僕はただ、その子を通して「分かってもらえない自分」を感じ、必死に「分かってもらえる自分」になろうとしていただけだった。

だから、僕の自己主張が通らないその子に対して、

僕は過剰に「分かってもらえない自分」を感じさせられ、

愛されたい!!!」というエネルギーを生成していた。

まるで幼少期の僕が自分の母親に復讐するように。

僕はその子に自分の悲しみや苦しみ・怒りをぶつけまくった。

そして、相手は心を閉ざしてしまった。

行き場を失った。

どうすればいいか分からなった。

そんな僕を救ってくれたのが認識技術だった。

認識技術で自分の幼少期の悲しみを知ることができ、

その悲しみを自分で受容できたとき、僕の悩みは悩みではなくなった。

たった1つの動き“も手放すことができ、

“たった1つの動き”の中」で同じ悩みを作り出し、何度も苦しむ必要がなくなった。

自分が絶対だと思い込んでいた狭い世界の外に、

もっと広い世界が広がっていたことを知った。

認識技術との出会いが、僕の人生そのものを変えてしまったのです。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

自信過剰

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。