自己愛 強い

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で自己愛が強い人の心理を読んでいきたいと思います。

自己愛が強い人の接し方も分かるので、

お悩みの人は、是非参考にしてください。

※この記事は「自己愛が強い人」「自己愛が強い人に悩まされてる人」両方に対応しています。

この記事の目次

1.自己愛が強い人の心理は”たった1つの動き”で簡単に読める

自己愛 強い

  • 自己愛が強い人が身近にいる
  • 自己愛が強い人の心理を知りたい
  • 自己愛が強い人の接し方を身に着けたい
  • 自己愛が強いので治したい、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で自己愛が強い人の心理を読めるようになりました

自己愛 強い

すみません。

実は僕、あなたの敵でした(笑)

自己愛が強く、いつも自分を正当化する…

常に被害者意識が強く、自分の否を認めない人間でした。

しかし自己愛が強いからと言って、幸せだったわけではありません。

心は凄く苦しく、いつも悩んでいました。

そんな僕が「認識技術(nTech)」で自己愛の強さを克服し、

この記事を作成しています。

この記事を読めば”たった1つの動き“で自己愛が強い人の心理が読めるようになるので、

是非、参考にしてもらたらな~と思います。



⇒自己愛が強い人に負けない心を作る技術、認識技術(nTech)とは?

⇒自己愛が強い人に負けない心を作るカウンセリング

※自己愛が強い性格を治すこともできます。

昔の僕は、かなり自己愛が強かったです。

とにかく自分のことが大事で、

いつも他人ばかり否定していました。

例えば僕が自分の言動で相手を傷つけたとしても、

僕は「お前が悪い」「俺は悪くない」といった被害者意識を持ち、

自分を正当化してました。

昔の僕は、

とにかく自分のコンプレックスを否定されることを凄く恐れてました。

高校時代に人間関係で大失敗し、学年全体から否定を受けるようなタイプだった僕は、

過去のコンプレックスが強すぎるがゆえに、

そこに触れられまいと、いつも否定を恐れてました。

家に1人でいるときも常に神経を尖らせ、精神的に大きなストレスを抱えてました。

隣の部屋の物音や外の些細な音にさえも敏感に反応し、

否定された」「こいつら殺してやる」という気持ちが爆発していました。

そんな些細な物音1つで敏感に反応するくらいですから、

自分を守るだけで精いっぱいだった

他人に気を配る余裕は全くなかったし、

気を配ろうとも思わなかった。

だって当時の僕は周りの人間を敵だと認識してたし、

攻撃して傷つけても全く罪悪感を感じない人間だったからです。

しかしそんな自分が苦しくて、どうにかしたいと思って始めたのが「認識技術」でした。

認識技術のおかげで僕は、昔とは180度違う人間に生まれ変われました(笑)

おそらく昔の僕を知ってる人ほど、僕の変化に驚くんじゃないかな~と思います。

それくらい大きな変化を成し遂げることができました。

3.「自己愛が強くなってしまった原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

自己愛 強い

僕の自己愛が強くなってしまった原因は、紛れもなく「幼少期(0~12歳)の体験」にあります。

人間は幼少期の体験で9割性格が決まると言われてますからね。

幼少期の体験が人間に与える影響はかなり大きいです。

これから僕の幼少期の体験をお話しします。

その中で発見された”たった1つの動き“…

これを理解することで、あなたは自己愛が強い人の心理を読めるようになり、接し方も分かるようになります。

また、自己愛が強くて悩んでる人自身も、

自己愛の強さを克服することができます。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

自己愛 強い

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション」です。

そのため「愛されてる実感」も人一倍薄いです。

自己愛が強い人は「私は愛されてる存在なんだ!!!」というイメージを強烈に持ちやすいですが、

その裏には必ず不安・恐怖があります。

例えば僕の場合、

幼少期に愛されてる実感を持つことができなったので、

何とか母親に愛情を注いでもらおうと、必死に自己主張してました。

とにかく不安だから、

母親にしつこく自己主張するわけです。

愛してくれ」「愛してくれ」と。

だけど、僕がいくら自己主張しても、

母親はいつも不機嫌な態度ばかり取るし、急にキレだして僕を突き放してきたりするわけです。

幼少期の僕は相当ショックだったはず。

だから僕は「母親にアウトプットしてもどうせ分かってもらえないんだ」という諦め・絶望を植え付けられます。

自己愛 強い

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“(性格パターン)で自己愛が強い人の心理を読むことができます。

・・・

僕の場合「分かってもらえない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「分かってもらえる自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

自己愛が強い人は強烈な不安と恐怖を抱えています。

その不安と恐怖は、生きていく過程で無意識に蓋をされてしまうので、

自覚症状がないまま生きてる人も多いです。

僕もそうでした。

自分が人より臆病な人間だとは分かってましたが、

その臆病を無意識に「強烈な自信」でカバーしていたので、

なかなか気づくことができませんでした。

しかし、認識技術で幼少期の体験を深掘りしたおかげで、

あぁ俺は幼少期の体験で『どうせ分かってもらえないんだ』と思い込んでしまったんだな~」と理解することができたのです。

それさえ分かれば、あとはシンプル。

僕はただ「どうせ分かってもらえないんだ」という思い込みを、

絶対に分からせてやる!!!」というエネルギーに変えていただけ。

愛されてない自分=分かってもらえない自分」から「愛されてる自分=分かってもらえる自分」になろうとしていただけ。

そのシンプルな動きによって、

僕は自己愛を強くしていただけだったのです。

・・・

人間は「愛されてない自分」と「愛されてる自分」を自分の中に同時に存在させています。

・・・

愛されてない自分」と「愛されてる自分」は表裏一体なのです。

どちらか一方だけが存在している、ということはあり得ないのです。

愛されてない自分」と「愛されてる自分」は、表裏一体なので、

自信満々の人は実は自信がなかったり、

自信がない人は実は自信満々だったり、

どんな人も、

全く反対の性質を自分の中で同時に持っているんですね。

だから自己愛が強い人も、実は自分に自信がないのです。

《自己愛が強い人に悩まされてるあなたにも”たった1つの動き”がある》

自己愛 強い

たった1つの動き“は人間なら誰でも持っているので、

自己愛が強い人に悩まされてるあなたも必ず持っています。

なぜ、あなたが自己愛が強い人に苦手意識を感じてしまうのか?

あなたの悩みを解決するには、この質問をクリアする必要があります。

この質問をクリアしないまま、あなたの悩みをスッキリ解決させることは不可能です。

なぜなら、あなたが自己愛が強い人に苦手意識を感じるのは、

あなたの”たった1つの動き”が、無意識に自己愛が強い人の”たった1つの動き”に反応しているから。

お互いの”たった1つの動き“が、お互いを無意識に引き寄せ合ってるのです。

これを「引き寄せの法則」と言います。

この世は全てペアで成り立っています。

男と女、太陽と月、植物と動物、光と影、、、などなど。

あなたと自己愛が強い人も同じです。

不愉快に感じるかもしれませんが、あなたと自己愛が強い人はペアなのです。

だからあなたはあなたの”たった1つの動き“を手放さない限り、これからも自己愛が強い人を引き寄せてしまいます。

・・・

たった1つの動き“は、あなたに「自己愛が強い人を苦手だと感じさせるフィルター」…

・・・

このフィルターさえ取っ払えば、

あなたは自己愛が強い人に苦手意識を感じなくなるのです。

そして、自己愛が強い人を引き寄せなくなる。

だって、自己愛が強い人を引き寄せるあなたの”たった1つの動き“は、

もうないのだから。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

自己愛 強い



⇒自己愛が強い人に負けない心を作る技術、認識技術(nTech)とは?

⇒自己愛が強い人に負けない心を作るカウンセリング

※自己愛が強い性格を治すこともできます。

LINE@に登録すると、HEART STORYの最新記事・最新動画の更新情報をお届けします!

友だち追加

※PCをご利用の人は↑のQRコードをスマホのLINEアプリで読み取ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

HEART STORY(ハートストーリー)
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。