見返りを求める

初めまして洸と言います。

この記事では”たった1つの動き“で「見返りを求める人の心理」を読み解いていきます。

見返りを求める人の心理を読めるようになりたい人は、

是非、参考にしてくださいね。

※この記事は「見返りを求める人の心理を読めるようになりたい人」と「見返りを求める性格を治したい人」に対応しています。

この記事の目次

1.見返りを求める人の心理は”たった1つの動き”で読めるようになる!

見返りを求める

  • 見返りを求める人に困っている
  • いつも上から目線で腹が立つ
  • 押しつけがましい態度を取られる
  • いつもこっちが尽くしてばかりで疲れる
  • もう見返りを求める人に合わせるのはうんざりだ、などなど

もしあなたも同じような悩みを抱えてるのであれば、

是非この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。


2.僕も”たった1つの動き”で見返りを求める人の心理を読めるようになりました

見返りを求める

実は僕も”たった1つの動き“で見返りを求める人の心理を読めるようになりました。

そのキッカケを与えてくれたのが、

認識技術(nTech)」でした。



⇒見返りを求める性格を克服する技術、認識技術(nTech)とは?

⇒見返りを求める性格を克服するカウンセリング

実は僕も昔、見返りを求める性格をしていました。

例えば、好きな女の子からすぐにLINEが返ってこないときに、

追い打ちをかけるようにLINEを送ってしまったり、

用もないのにLINEを送って、相手の愛情を確かめようとしたり、

かなり女々しい男でした(笑)

そのくせ「これだけお前のことを考えてやってるのに、なんでお前は俺を愛してくれないんだ!!」とかなり上から目線の態度ばかり取っていました。

めっちゃウザッ(笑)

でも、見返りを求めてしまう背景には、

常にアウトプットしてないと見捨てられる」という不安がありました。

僕が好きな女の子にLINEを送り過ぎてしまうのも、

LINEを送り続けなきゃ、相手に見捨てられる(と思い込んでいた)から…

常に相手の反応を確かめなきゃ不安。

不安だからついアウトプットをしていたのです。

・・・

不安だからアウトプットをしてしまう。

相手がどれだけ愛情を注いでくれても、

その愛情をインプットすることができない。

だからアウトプットし続けて、

相手の愛情を確かめ続けなきゃ不安。

本当は素直に相手の愛情をインプットできるようになりたいのに。

なぜかそれができない。

なんで。どうして。いったい何が原因なの?

・・・

昔の僕は、

無意識にアウトプットばかりしてしまう原因が全くつかめず、

いつも苦しんでいました。

どうして自分の中には愛情がインプットされないのか?

いつも悩んでいました。

昔の僕は、とにかくいろんな矛盾を抱えながら、

ひたすら自問自答ばかりしていました。

3.「見返りを求めてしまう原因=見捨てられ不安が強くなってしまう原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

見返りを求める

見返りを求めてしまう行動の裏には「見捨てられ不安」があります。

じゃあどうして見返りを求めてしまう人は、

見捨てられ不安が強くなってしまったのか?

その原因は実は「幼少期の体験」にあります。

人間の性格は「幼少期(0~12歳)の体験」で9割決まると言われています。

それくらい幼少期の体験は、

人間の性格に大きな影響を及ぼすのです。

この記事では「僕の幼少期の体験」から発見された”たった1つの動き“を紹介しています。

その”たった1つの動き“を、あなたの中で明確に腑に落とせば、

あなたは「見返りを求めてしまう人の心理を読めるようになります

ただ「“たった1つの動き”の理解は難しい」ので、

分からない箇所は何度も読み返してみてください。

“たった1つの動き”の理解を深めるための動画」も用意してるので、

そちらも是非参考にしてください。

4.僕の幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

見返りを求める

僕は「男3兄弟の真ん中っ子」として生まれました。

真ん中っ子は「兄弟の中で一番愛情の届きにくいポジション」です。

幼少期の僕は、自分に注がれない愛情を何とか注いでもらおうと、

必死に母親の愛情を求めていました。

その際に僕が道具にしたのがアウトプット…

泣き叫んだり、わざと反抗的になったり、ひょうきんな態度を取ったり、困ったふりをして

必死に母親に振り向いてもらおうとしていました。

しかし僕の母親は、そんな僕を見て、いつも不機嫌になっていました。

急にキレだしたり、そっけなくなったり、

とにかく僕の気持ちが思うように伝わらない相手でした。

だから僕は、いつしか母親にアウトプットすることを諦めるようになりました。

当然、真ん中っ子というポジションゆえに、

愛されてる実感」も薄かったので、愛情をインプットすることもできませんでした。

アウトプットもできない。インプットもできない。

かなり苦しかったです。

そんな幼少期を過ごした僕は、

母親だけでなく、

他の誰に対してもアウトプットを諦めるようになりました。

しかしなぜか、好きな女の子に対しては、強烈にアウトプットが出てしまっていました。

先ほどお話したLINEの件といい、好きな女の子に対してだけは、

無意識にドバドバとアウトプットが出てしまってたのです。

幼少期に自分に振り向いてくれなかった母親」と「好きな女の子」を重ねていた》

見返りを求める

僕が「認識技術」で自分の恋愛パターンを解析したとき、

まさかの事実が発覚しました。それは、

幼少期に自分に振り向いてくれなかった母親」と「好きな女の子」を重ねていたということ

言われてみれば確かに僕は、

自分に振り向いてくれない女の子」ばかり好きになって、

その子に何とか振り向いてもらおうと、

執拗にアウトプットばかり繰り返すという恋愛パターンを繰り返していました。

・・・

それってまさしく「幼少期の僕そのもの」じゃん(笑)

幼少期に母親に愛情を注いで欲しくて、しつこくアウトプットしてきたけど、

母親に振り向いてもらえなくて苦しんでた自分そのものじゃん。

・・・

どれだけアウトプットしても母親に振り向いてもらえない僕は、

いつしか「見捨てられる恐怖」を植え付けられ、

その恐怖を無意識の奥底に抑え込んでしまった。

その恐怖を「自分に振り向いてくれない女の子」を好きになることで、

何度も何度も自分に植え付けてた。

自分で自分の傷をなぞるように。

お前はどうせ見捨てられる存在なんだ」と自分に言い聞かせるように…

見返りを求める

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“(性格パターン)で「見返りを求める人の心理」を読めるようになります。

・・・

僕の場合「見捨てられる自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「見捨てられない自分=愛されてる自分」になろうとしてました。

・・・

僕のこれまでの人生…特に恋愛面では、

いつもこの”たった1つの動き“が邪魔をしていました。

ですが”たった1つの動き“を手放したとき、

僕は二度と「見捨てられる自分」から「見捨てられない自分」になろうとしなくなりました。

だから本当にスッキリ!!!!

今までは「“たった1つの動き”の中」でしか身動きが取れなかったのに、

“たった1つの動き”の外」に出られたおかげで、

自由に伸び伸びと自分を解放できるようになったのです。

そして「“たった1つの動き”の外」から「見返りを求める人の心理」を読めるようになりました

だからもし、あなたも”たった1つの動き”を手放すことができたら、

あなたは「見返りを求める人の心理」を簡単に読めるようになるでしょう。

また「見返りを求めてしまう人自身」も”たった1つの動き”を手放すことで、

もう二度と見返りを求めて苦しむことがなくなるでしょう。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

見返りを求める



⇒見返りを求める性格を克服する技術、認識技術(nTech)とは?

⇒見返りを求める性格を克服するカウンセリング

LINE@に登録すると、HEART STORYの最新記事・最新動画の更新情報をお届けします!

友だち追加

※PCをご利用の人は↑のQRコードをスマホのLINEアプリで読み取ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

HEART STORY(ハートストーリー)
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。