The following two tabs change content below.
洸 ※原則3日以内に返事します\(^o^)/

洸 ※原則3日以内に返事します\(^o^)/

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」サイト統括責任者/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、認識技術で、死の恐怖(パニック障害)を半年で克服。現在は会社経営をしながら「キミヨル」というユニットで作詞&リーダーを担当している。2018年6月14日~旅をしながら詩を書いてます。旅の様子を見たい人はTwitterアイコンをクリック!

集団 苦手

初めまして洸と言います。

この記事では、

集団への苦手意識を”たった1つの動き“で克服する方法を紹介しています。


この記事の目次

1.集団への苦手意識は”たった1つの動き”で克服できる!

集団 苦手

  • 集団が苦手
  • 集団への苦手意識を克服したい
  • 集団が苦手になってしまった原因が分からない、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。

2.実際に”たった1つの動き”で集団への苦手意識を克服した丸ちゃんの体験談を取材してきました

集団 苦手

マルタ

福岡出身のコピーライター。実力絶対主義を掲げていたため、常に他人と比較してきたが、結果人と分かり合えなくなり人生詰みそうになる。そこで「認識技術」に出会い、自分のありのままを見せることが出来るようになった。少しずつ自分の心理的ブロックや無駄なプライドを破壊し、人間関係も自分への評価もすべて良い感じに捉え直すことができている。

 

※ここから丸ちゃんの体験談※

あなたは集団に対して極度の苦手意識を持っていないでしょうか?

僕はかつて集団への苦手意識がハンパなかったです。

集団とか人が集まるところとか苦手なんだよね・・・

そう言い放っていたものの、

内心は集団や組織に対して、苦手意識や恐怖を感じていました。

なぜ僕がそこまでの恐怖を感じていたのかというと、

自分のありのままを見せるのが怖かったから」。

そして、「実力絶対至上主義」な考え方を持っていたからです。

当時は気付きませんでしたが・・・

  • 実力やスキルは人より優れていなければならない。
  • 集団の誰よりも存在感がなければならない
  • 誰よりも個性が強く、トークがうまく、考え方やアイディアは群を抜いていなければならない。エトセトラ、えとせとら・・・

とにかく誰よりもスペックが高くないといけないという思いがありました。

自分の弱い部分を見られるのが非常に怖かったのです。

ありのままを見せることが出来ず、常に強がった自分を見せようとしていたのです。

ですから、集団に一人でも自分より実力が上回っている人がいると、

一瞬でひるんでしまって、嫌悪感を感じて冷めてしまっていたのですね。

  • 自分の実力が下だと感じられたら、自分の存在価値がなくなってしまう
  • 自分の弱さが露呈してしまう

挙句の果てに、

俺は一匹狼タイプだから・・・」、

集団なんて苦手だから・・・」、

人と群れるなんて無意味だよ」と

言い訳する始末です。

ホントはかまってほしいくせに~(笑)

でも、当時の自分は、「人と無意識に比較している」なんて気づかず、

どうして自分は素直になれないんだろうと自己嫌悪に陥っていました。

集団は苦手、会話すらしたくない

集団が苦手だと感じると、会話もできなくなるんですね。

やっぱり集団って苦手だわ」とか「話したいやつがいない」とか言い訳して、会話を全くしなくなります。

思い返すと恥ずかしい・・・(笑)

しかし、本当は「自分の弱さを知られたくない」みたいな感じです。

  • 喋ったらボロが出る
  • 的外れなことを発言したらナメられる、といった具合で

本当は人と仲良くなりたい、

自分も集団に入ってみんなと仲良くしたいのに、

いつの間にか、無意識に人と比較しまくって、

勝手に、集団に対しての苦手意識を作り出していました。

しょうもないプライドを守ろうとしたり、

かまってほしいのに俺に近づくな的なオーラを発したり(笑)

そんなワケのわからん縛りプレイをして

苦しんでいたドMな僕(笑)にも神は手を差し伸べてくれました。

・・・

ある日、僕は「認識技術」というものに出会ったのです。そして、

その技術によって、「集団への苦手意識」が一発で消し飛んでしまったのです。

《マンガでわかる》認識技術(N-Tech/Ninshiki Technology)とは?

認識技術は「無の世界(5次元)」から、あなたの悩みを解決します。

あなたの悩みが生まれる原因は全て(”たった1つの動き“)です。

しかし(”たった1つの動き“)は「無の世界(5次元)」にアプローチしないと、絶対に発見できないので、

認識技術以外の方法では、あなたの悩みを解決することはできません。

※ちなみに「有の世界=3次元・4次元」になります。

雑草で例えると分かりやすいです。

雑草も「見える部分(葉っぱや茎)」ばかり刈り取ってもしつこく生えてきます。

しかし「見えない部分(根っこ)」を刈り取れば、二度と生えて来なくなります。

悩みも同じで「見える部分(有の世界)」ばかり治療しても、

悩みはしつこく生えてきます。

しかし「見えない部分(無の世界)」から治療すれば、

あなたの悩みは二度と生えて来なくなります。

認識技術

(”たった1つの動き“)を発見し、あなたの中で明確に腑に落とすことができれば、

悩みが生まれる前」と「悩みが生まれた後」の両方を認識できるようになります。

視野がめちゃくちゃ広がり、あなたの頭の中もスッキリ整理され、精神的ストレスがかなり解消されます。

《認識技術は悟り技術》

認識技術

あなたの悩みは、”たった1つの動き“がフラクタル(雪の結晶みたいに同じ法則が何度も繰り返されて形が複雑化していく現象)によって作られた結果体。

元々はシンプルな”たった1つの動き“でしかなかったのです。

しかし幼少期の体験」がキッカケでたった1つの動き“を何度も繰り返していくうちに、

いまのあなたの悩みが生まれてしまった。

あなたの悩みは”たった1つの動き“から生まれた、フラクタルの結果体なのです。

認識技術では、

無の世界(5次元)があなたの悩みを作り出している」という明確な理由を、

論理とイメージでシンプルに理解できます。

認識技術がお伝えする無の世界(5次元)は、

あなたが想像する以上にシンプルな世界なので、

ここで説明することも、あなたに理解させることも難しいです。

が、一度でもあなたの中で、

無の世界(5次元)を明確に腑に落とすことができれば、

あなたの悩みはスッキリ整理され、あなた悩みが動きそのものと1つに繋がります。

しかしながら、この記事だけで無の世界(5次元)」をお伝えすることは難しいので、

興味のある人はトップページもご覧になってください。

動画なども使って、さらに具体的に説明しています。

⇒認識技術は「脳の外」を認識する技術。脳の外に出ればあなたの悩みは解消されます



《認識技術で最高の自分磨きをしよう》

認識技術

悩みを突破して、こういう自分になりたい!

あなたもきっと、同じ気持ちを抱えてるのではないでしょうか?

  • 自分に自信をつけてモテるようになりたい
  • コミュニケーション能力を高めて営業の成績を伸ばしたい
  • 彼女(彼氏)を作ってリア充になりたい
  • 誰にでも尊敬されるカッコいい大人になりたい
  • 仕事で成果を出して上司に認められたい
  • キャリアアップするために人間力を鍛えたい
  • お金を稼げるようになりたい
  • 会社の売上を伸ばしたい
  • 部下を育てるためのマネージメント能力を鍛えたい
  • 好きなことを仕事にしたい
  • たくさんの友達を作りたい
  • 理想の相手と結婚したい
  • 人前で緊張せず話せるようになりたい
  • 感性を鍛えてより良い作品を作りたい
  • 飽き性を克服してダイエットを成功させたい
  • 本番で力を発揮できるようになりたい
  • カウンセリング能力を鍛えて、多くの人の悩みに寄り添える人になりたい、などなど

 

なぜ今のあなたは、なりたい自分になれないのか?

それは”たった1つの動き”が、あなたの全てを支配してるから。

あなたの表情も言葉も行動も、考え方も感情も、過去の記憶もエネルギーもアイデンティティも全て、

“たった1つの動き”が支配してるからです、

だから今のあなたは、

“たった1つの動き”の範囲内でしか、身動きを取ることができないのです。

この状態でいくら「なりたい自分」を想像し、頑張って努力しても、

苦しいし報われないことが多いでしょう。

しかし、認識技術で”たった1つの動き”を手放せば、

あなたは”たった1つの動き”の支配から抜け出し、

自由自在になりたい自分になれます。

あなたの表情も言葉も行動も、考え方も感情も、過去の記憶もエネルギーもアイデンティティも全て、

あなたが自由自在にコントロールできるようになるからです。

認識技術はあくまで、あなたの可能性を高める道具でしかありません。

認識技術を使って、どんな自分になるかは、

あなたが自由に選択できます。

もし認識技術を道具に、最高の自分磨きをしたいなら、

是非、認識技術と出会ってみてください。

認識技術は「無の世界(5次元)」から、あなたの可能性を引き出す技術。

他の方法では実現できないことも、実現できるようになるのです。



《話を戻します》

3.「集団に苦手意識を感じる原因」は実は「幼少期の体験」にあるんです!

集団 苦手

認識技術を学ぶと、

いつか必ず”たった1つの動き“に辿りつきます。

あなたが集団に苦手意識を感じるのは、

実はこの”たった1つの動き“が原因なのです。

そしてこの”たった1つの動き“が作られてしまう原因こそ「幼少期(0~12歳)の体験」なのです。

まぁいきなり幼少期の体験だとか”たった1つの動き“だとか言われても、意味が分からない人も多いと思うので、これから僕の幼少期の体験を紹介します。

集団への苦手意識は、驚くほど幼少期の体験とリンクしています。

最初は分かりにくいかもしれませんが、何回も読み返しながら理解してもらえたらな~と思います。

4.丸ちゃんの幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

集団 苦手

まず僕が「集団が苦手だ」と思っていた背景には、

他の人よりも優れていなければならない」という

謎の思考が働いていたことが、後からわかりました。

それと同時に、その思考のパターンは、

0~12歳の経験から作り出されていたこと」もわかったのです。

これには、当の本人が一番ビックリです(笑)

そもそも、これは僕だけでなく、

すべての人間の思考のベースが0~12歳の経験を元に作られているのです。

思春期の学生や20代で葛藤している人達、あるいは30代、40代以上の人達も、

思考のベース自体は0~12歳の間に形成されているのです。

ですから、その思考ベースから抜け出さなければ、悩みは解決しないわけですが、

なんせその思考ベースとは今までずっと長い付き合いだったわけです。

思考のベースから抜け出すのって非常に困難なんですね。

僕の場合は、小さい頃から父親に、

人にこき使われる人間になるな。勉強して人を使う人間になれ

と教育されていました。

その結果、幼い自分は、

小学校でも、集団に交わらず、

昼休みにグラウンドで遊んでいる同級生たちを、

教室の窓から見ているタイプの人間になりました。

つまり、

集団が苦手」だと思っていたのですが、

実は「人と比較して負けるのがイヤだった」というわけです。

集団 苦手

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術」では、このような”たった1つの動き“で「集団への苦手意識」を克服することができます。

・・・

僕の場合「他人より優れていない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「他人より優れている自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

仕組みは本当にシンプルでした。

しかし”たった1つの動き“が自分の中で明確に腑に落ちたとき、

あぁ確かにこの動きのせいで集団に苦手意識を感じてたな~」と分かったのです。

・・・

たった1つの動き“、、、つまり「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動きが認識できるようになれば、

人と比較することがなくなり、集団への苦手意識もなくなります。

・・・

僕も”たった1つの動き“が明確に腑に落ちてからは、

以前とは大きく変わり、

集団へ普通に飛び込めるようになって、

ありのままの自分で人と接することができるようになりました。

集団に苦手意識を持っていた頃は、

なんだかんだで自分の気持ちに素直になれずに、

どうして自分は素直になれないんだろう・・・」と思っていたのですが、

実は“たった1つの動き”に全ての原因があったのでした。

もし、あなたも集団への苦手意識を持っているのであれば、

まだ、あなた自身が気づいていない”たった1つの動き“が潜んでいます。

集団への苦手意識を克服したい人」は、

是非”たった1つの動き“の発見に意識を向けてみたらいいと思います。

※ここまで丸ちゃんの体験談※

・・・

HEART STORY」では、

あなたの”たった1つの動き“の発見をお手伝いしてくれる「プロカウンセラーのカウンセリング」も紹介しています。

たった1つの動き“を発見して、集団への苦手意識を克服したい人は、

是非、受けてみてください。

一緒に悩みを突破していきましょう!

《この動画を観ると”たった1つの動き”の理解がもっと深まります》

※約10分の動画です。字幕を観ながら視聴すると内容が入りやすくなります。動画内ではマンガを使った話もします。動画の下に貼っているマンガ(「自己啓発・成功哲学・心理学・宗教などとの違い」)を見ながら視聴してください。

集団 苦手

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング

 

⇒認識技術は「脳の外」を認識する技術。脳の外に出ればあなたの悩みは解消されます


The following two tabs change content below.
洸 ※原則3日以内に返事します\(^o^)/

洸 ※原則3日以内に返事します\(^o^)/

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」サイト統括責任者/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、認識技術で、死の恐怖(パニック障害)を半年で克服。現在は会社経営をしながら「キミヨル」というユニットで作詞&リーダーを担当している。2018年6月14日~旅をしながら詩を書いてます。旅の様子を見たい人はTwitterアイコンをクリック!