The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。

集団 苦手

初めまして洸と言います。

この記事では、

集団への苦手意識を”たった1つの動き“で克服する方法を紹介しています。


この記事の目次

1.集団への苦手意識は”たった1つの動き”で克服できる!

集団 苦手

  • 集団が苦手
  • 集団への苦手意識を克服したい
  • 集団が苦手になってしまった原因が分からない、などなど

もしあなたも同じ悩みを抱えてるのであれば、

是非、この記事を参考にしてもらえたらな~と思います。

2.実際に”たった1つの動き”で集団への苦手意識を克服した丸ちゃんの体験談を取材してきました

集団 苦手

マルタ

福岡出身のコピーライター。実力絶対主義を掲げていたため、常に他人と比較してきたが、結果人と分かり合えなくなり人生詰みそうになる。そこで「認識技術」に出会い、自分のありのままを見せることが出来るようになった。少しずつ自分の心理的ブロックや無駄なプライドを破壊し、人間関係も自分への評価もすべて良い感じに捉え直すことができている。

 

※ここから丸ちゃんの体験談※

あなたは集団に対して極度の苦手意識を持っていないでしょうか?

僕はかつて集団への苦手意識がハンパなかったです。

集団とか人が集まるところとか苦手なんだよね・・・

そう言い放っていたものの、

内心は集団や組織に対して、苦手意識や恐怖を感じていました。

なぜ僕がそこまでの恐怖を感じていたのかというと、

自分のありのままを見せるのが怖かったから」。

そして、「実力絶対至上主義」な考え方を持っていたからです。

当時は気付きませんでしたが・・・

  • 実力やスキルは人より優れていなければならない。
  • 集団の誰よりも存在感がなければならない
  • 誰よりも個性が強く、トークがうまく、考え方やアイディアは群を抜いていなければならない。エトセトラ、えとせとら・・・

とにかく誰よりもスペックが高くないといけないという思いがありました。

自分の弱い部分を見られるのが非常に怖かったのです。

ありのままを見せることが出来ず、常に強がった自分を見せようとしていたのです。

ですから、集団に一人でも自分より実力が上回っている人がいると、

一瞬でひるんでしまって、嫌悪感を感じて冷めてしまっていたのですね。

  • 自分の実力が下だと感じられたら、自分の存在価値がなくなってしまう
  • 自分の弱さが露呈してしまう

挙句の果てに、

俺は一匹狼タイプだから・・・」、

集団なんて苦手だから・・・」、

人と群れるなんて無意味だよ」と

言い訳する始末です。

ホントはかまってほしいくせに~(笑)

でも、当時の自分は、「人と無意識に比較している」なんて気づかず、

どうして自分は素直になれないんだろうと自己嫌悪に陥っていました。

集団は苦手、会話すらしたくない

集団が苦手だと感じると、会話もできなくなるんですね。

やっぱり集団って苦手だわ」とか「話したいやつがいない」とか言い訳して、会話を全くしなくなります。

思い返すと恥ずかしい・・・(笑)

しかし、本当は「自分の弱さを知られたくない」みたいな感じです。

  • 喋ったらボロが出る
  • 的外れなことを発言したらナメられる、といった具合で

本当は人と仲良くなりたい、

自分も集団に入ってみんなと仲良くしたいのに、

いつの間にか、無意識に人と比較しまくって、

勝手に、集団に対しての苦手意識を作り出していました。

しょうもないプライドを守ろうとしたり、

かまってほしいのに俺に近づくな的なオーラを発したり(笑)

そんなワケのわからん縛りプレイをして

苦しんでいたドMな僕(笑)にも神は手を差し伸べてくれました。

・・・

ある日、僕は「認識技術」というものに出会ったのです。そして、

その技術によって、「集団への苦手意識」が一発で消し飛んでしまったのです。



⇒認識技術(nTech)とは「脳の外」から、あなたの悩みを解決する技術(トップページ)

3.「集団に苦手意識を感じる原因」は実は「幼少期の体験」によって作られた”たった1つの動き”にあるんです!

集団 苦手

認識技術を学ぶと、

いつか必ず”たった1つの動き“に辿りつきます。

あなたが集団に苦手意識を感じるのは、

実はこの”たった1つの動き“が原因なのです。

そしてこの”たった1つの動き“が作られてしまう原因こそ「幼少期(0~12歳)の体験」なのです。

まぁいきなり幼少期の体験だとか”たった1つの動き“だとか言われても、意味が分からない人も多いと思うので、これから僕の幼少期の体験を紹介します。

集団への苦手意識は、驚くほど幼少期の体験とリンクしています。

最初は分かりにくいかもしれませんが、何回も読み返しながら理解してもらえたらな~と思います。

4.丸ちゃんの幼少期の体験と、そこから導き出された”たった1つの動き”

集団 苦手

まず僕が「集団が苦手だ」と思っていた背景には、

他の人よりも優れていなければならない」という

謎の思考が働いていたことが、後からわかりました。

それと同時に、その思考のパターンは、

0~12歳の経験から作り出されていたこと」もわかったのです。

これには、当の本人が一番ビックリです(笑)

そもそも、これは僕だけでなく、

すべての人間の思考のベースが0~12歳の経験を元に作られているのです。

思春期の学生や20代で葛藤している人達、あるいは30代、40代以上の人達も、

思考のベース自体は0~12歳の間に形成されているのです。

ですから、その思考ベースから抜け出さなければ、悩みは解決しないわけですが、

なんせその思考ベースとは今までずっと長い付き合いだったわけです。

思考のベースから抜け出すのって非常に困難なんですね。

僕の場合は、小さい頃から父親に、

人にこき使われる人間になるな。勉強して人を使う人間になれ

と教育されていました。

その結果、幼い自分は、

小学校でも、集団に交わらず、

昼休みにグラウンドで遊んでいる同級生たちを、

教室の窓から見ているタイプの人間になりました。

つまり、

集団が苦手」だと思っていたのですが、

実は「人と比較して負けるのがイヤだった」というわけです。

集団 苦手

・・・

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

・・・

認識技術(nTech)」では、このような”たった1つの動き“で「集団への苦手意識」を克服することができます。

・・・

僕の場合「他人より優れていない自分=愛されてない自分」と決めつけ、

必死に「他人より優れている自分=愛されてる自分」になろうとしていただけだったのです。

・・・

仕組みは本当にシンプルでした。

しかし”たった1つの動き“が自分の中で明確に腑に落ちたとき、

あぁ確かにこの動きのせいで集団に苦手意識を感じてたな~」と分かったのです。

・・・

たった1つの動き“、、、つまり「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動きが認識できるようになれば、

人と比較することがなくなり、集団への苦手意識もなくなります。

・・・

僕も”たった1つの動き“が明確に腑に落ちてからは、

以前とは大きく変わり、

集団へ普通に飛び込めるようになって、

ありのままの自分で人と接することができるようになりました。

集団に苦手意識を持っていた頃は、

なんだかんだで自分の気持ちに素直になれずに、

どうして自分は素直になれないんだろう・・・」と思っていたのですが、

実は“たった1つの動き”に全ての原因があったのでした。

もし、あなたも集団への苦手意識を持っているのであれば、

まだ、あなた自身が気づいていない”たった1つの動き“が潜んでいます。

集団への苦手意識を克服したい人」は、

是非”たった1つの動き“の発見に意識を向けてみたらいいと思います。

※ここまで丸ちゃんの体験談※

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

集団 苦手

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



認識技術(nTech)はハーバード大学教授やGoogle社員も注目する最新技術


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

認識技術(nTech)は、

ハーバード大学教授や、Google社員も注目する最新技術。

アメリカのサンフランシスコでも講演が開催されるなど、

認識技術(nTech)の注目度は近年上昇中です。

また、最近では、

上場企業の経営者100人の前で講演を行ったり、

慶応義塾大学で講演を行ったり、

ハーバード大学の心理学の教授と講演を開いたりなど、

日本でもアメリカでも、

注目度が高まっています。

シリコンバレーで開催された「Wisdom2.0」の一般エントリー枠に、認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さんが、日本人として初めて登壇!


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

Wisdom2.0とは、

世界30カ国から3,000人の参加者が集う、国際的カンファレンス。

マインドフルネスに精通した世界中の専門家が、

サンフランシスコに集うイベントです。

参加者の中には

シリコンバレー企業(GoogleやFacebookなど)の社員や、

アメリカの有名大学の教授などもおり、

Wisdom2.0の出演をキッカケに、

世界中に名前が広まることも多いです。

そんな中、

日本人として初めてWisdom2.0の一般エントリー枠に選ばれた、

認識技術(nTech)の第一人者 内海昭徳さん。

1996年に日本で生まれた認識技術(nTech)が、

初めて世界中に知られた瞬間でした。

《初回限定》30分間の無料電話相談サービス\(^o^)/

認識技術 nTech

HEART STORYでは、

30分間の無料電話相談を提供しています。

悩み相談に乗って欲しい

認識技術(nTech)について、もっと詳しく知りたい

という人は、

是非、お申込みください(^-^)

※電話相談はSkype、ZoomまたはLINE通話で行います。

お申込みはこちら

※メールアドレスを持っていない人は、メッセージ本文からLINEやチャットワーク、SkypeなどのIDを送ってください。

※名前を選ばれた本人が、直接電話相談に乗ります。

※YouTubeで体験談をご覧になった人は、YouTubeのタイトルに書かれてある名前を選択してください。

※あなたの悩みを具体的に書いて送信してください。悩み相談の参考にさせていただきます。

⇒あなたの”たった1つの動き”を発見するカウンセリング



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。