AI 未来

AI(人工知能)が創る未来が不幸になるのか、幸福になるのか?

現時点では、まだ分からないことだらけですが、

1つだけ確実に言えることがあります。

それはAIは人間の存在価値を確実に奪ってしまうということ。

そう。

AIの最大にして最悪の脅威は「人間の存在価値を奪うこと」なのです。


この記事の目次

AIが創る不幸な未来を幸福に変える方法とは?

AI 未来

例えば、これまでの時代、

勉強していい学校に入っていい会社に就職するという「当たり前の基準」というものが存在していました。

多くの人は、その「当たり前の基準」を中心軸に、

自分の人生を開拓していきます。

しかしその「当たり前の基準」に沿った生き方に疑問を感じて生きてきた人も多いのではないでしょうか?

日本は世界と比べて、かなり「当たり前の基準」が数多く存在します。

こうするのが当たり前だ

あぁするのが当たり前だ

あぁいう生き方はダメだ

こういう生き方はダメだ

とにかく「当たり前の基準」が数多く存在します。

AI 未来

そしてその「当たり前の基準」からちょっとでも逸れてしまうと、

周りから否定を浴びせられる。

日本ではよくある話ですよね?

しかし日本社会で作られた「当たり前の基準」は、

あなたが思ってる以上に当たり前じゃないのです。

あなたが「当たり前の基準」だと思ってることは、

他の人から見たら「当たり前の基準」ではないし、

他の人が持ってる「当たり前の基準」もまた、

あなたから見たら「当たり前の基準」ではないのです。

AI 未来

でも、みんながみんな、

自分が持ってる「当たり前の基準」を絶対だと思い込み、

他人に押し付けてしまう。

日本では、戦後の時代から今日に至るまで、

いろんな「当たり前の基準」が生み出され、その「当たり前の基準」に染まった人たちが、またさらに新しい世代に「当たり前の基準」を引き継ぎ、

さらにさらに新しい世代の人たちも「当たり前の基準」を持ち、

それが絶対だ」と思い込んで生きています。

AI 未来

なぜ、今の日本社会が他人同士を受け入れようとしない社会になっているのか?

 

 

それは、1人1人が強烈な「当たり前の基準」を持ち、それが絶対だと思い込んで生きてるから。

だから、人と人が分かり合えない、

自分の当たり前を相手に押し付けてしまう

自分の当たり前を相手に押し付けてしまうから、

人と人が分かり合えない、

だからドンドンドンドン自分の本音が出せなくなる。

苦しい…苦しすぎる、、、、

 

 

非常に苦しい社会が成り立ってしまっている。

 

 

 

 

そんなガチガチの「当たり前の基準」に縛られた日本社会にAIが登場したら、どうなると思いますか?

 

 

 

AIは当たり前の基準を持っていません。

ある意味、冷酷なのです。

だから、あなたが持ってる「当たり前の基準」も簡単に壊してしまう。

当たり前の基準」に固執し、依存し、執着して生きてる人は、

AIに「当たり前の基準」を壊されたとき、

相当なショックを受けてしまう。

 

 

AIは人間よりもはるかに知能が高く優秀です。

見た目も自由に作れるし、頭もいい。

仕事も正確に処理できるし、体力もある。

人間みたいに愚痴を吐かないから、経営者から見ても喉から手が出るほど欲しい人材。

24時間働けるし、電気さえ与えれば自動で人間の仕事を大幅に代替してくれる。

 

あなたが何年・何十年かけて積み重ねてきたものも、

一瞬で奪い去ってしまう。

あなたが自分の「当たり前の基準」を信じ、一生懸命積み重ねてきたものですら、

AIは簡単に奪い去ってしまう。

 

 

そうなったとき、あなたは今までのあなたでいられる自信はありますか?

自分の存在価値・存在意義を保っていられますか?

AIの登場によって、日本全体が大幅な変化を要求されている

AI 未来

これからの時代「当たり前の基準」を持って生きることはリスクでしかありません。

もしあなたも「当たり前の基準」をガチガチに持ってるのであれば、

それをコネコネして柔らかくしなければなりません。

当たり前の基準をガチガチに固めてる人(特に男性)」ほど、AIの衝撃が加わったときに、ポキッと逝きやすいです。

木でもそうですが、固くて鋭い木ほど、衝撃にめちゃくちゃ弱いです。

しかし、柔らかくてしなやかな木は、衝撃を上手に流してくれます。

 

 

現在、日本ではAI時代の到来に備えて、さまざまな案が出されてますよね。

ベーシックインカムとか、、、、まぁ他の案はあまり詳しくは知らないんですけど(笑)

他にも仮想通貨でお金の概念そのものが変わろうとしてたり、

SNSでも毎日のように、いろんな企業やいろんな人たちのアウトプットがガンガン流れています。

正直、情報が飽和し過ぎて、どれを信用していいか分からない人も続出してると思いますが、

別に僕は、どの案も自由に受け取っていいと思います。

これいいな~」と思ったら吸収すればいいし、

これはちょっとな~」と思えば受け流せばいい。

 

 

でも、そんな外を変化させる案よりも大事なことがあります。

それは「あなた自身の当たり前を壊すこと

つまり「あなたの内面を変化させること」です。

 

 

僕がこの記事で伝えたいことは、

あなたの当たり前を壊し、心の柔軟性を身に着け、AI時代の荒波を受け流していこう」という話。

お金とか法律とか、そういう外を固める話ではないのです。

 

 

AI時代の到来によって、日本社会全体も、大きな変化を強いられている今…

・あなたは外を固める生き方を選択しますか?

・内面を柔らかくする生き方を選択しますか?

AIが創る未来を幸福に変える”たった1つの動き”とは?

AI 未来

急ですが、

ここから”たった1つの動き“の話をしていきます。

“たった1つの動き”は、あなたの心の柔軟性を身に着けるために必要なキーワードなので、

是非、覚えてもらえたらな~と思います。

ということでまずは”たった1つの動き“の理解に欠かせない、

認識技術」を紹介します。



⇒AI時代を生き抜く心を作る技術、認識技術(nTech)とは?

⇒AI時代を生き抜く心を作るカウンセリング

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとする動き

この動きを”たった1つの動き“と呼んでいます。

人間は誰しも、

幼少期の体験で、この”たった1つの動き“を身に着けます。

例えば、幼少期に親から注目されることで愛されようとしてた人は、

注目されない自分は愛されないんだ~」と思い込んで、

必死に「注目される自分=愛されてる自分」になろうとします。

他にも「完璧じゃない自分は愛されないんだ~」と思い込んでる人は、

完璧な自分=愛されてる自分」になろうとするし、

人に利用される自分は愛されないんだ~」と思い込んでる人は、

利用されない自分=愛されてる自分」になろうとします。

このように、”たった1つの動き“は幼少期の体験によって、

いろんな動きを作り出すのです。

しかし根本はみんな同じ。

愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとしてるだけなのです。

あなたも同じです

あなたも常に「愛されてない自分」から「愛されてる自分」になろうとしています。

しかしこの動きに掴まれてる以上、

あなたは死ぬまで同じパターンにハマって生きることしかできません。

たった1つの動き“は、いわゆる「当たり前の基準」のことです。

あなたが常にすがり、人に愛されるための道具として使っている判断基準です。

この判断基準に掴まれたままだと、

あなたの心は柔軟性を失い、カチカチになってしまいます。

そんなカチカチの状態でAIの脅威にさらされると、

あなたのプライドと尊厳が壊され、

精神的に大きなダメージを受ける可能性があります。

そうならないためにも、

一刻も早くあなたの”たった1つの動き“を発見し、手放す必要があるのです。

《4分でわかる”たった1つの動き”とは?》

※「無の世界=脳の外」「有の世界=脳の中

AI 未来

【他のどのセミナーよりも】AI時代を生き抜くヒントが得られる「Noh Jesu 1Dayセミナー」


Copyright © 2017-2018 NR JAPAN. All Rights Reserved.

⇒お申込みはこちら!

※申し込みの際にHEART STORYのAIの記事を見ました!と書いていただけると助かります。スタッフの確認のため、ご協力いただけると幸いです。

※セミナーでは、ノさんに質問する場もあります。その際にAIについて気になることがあれば、是非質問してみてください。

※このセミナーは朝7時に開始します。参加される場合は十分体調を整えてから、ご参加ください。



⇒AI時代を生き抜く心を作る技術、認識技術(nTech)とは?

⇒AI時代を生き抜く心を作るカウンセリング

LINE@に登録すると、HEART STORYの最新記事・最新動画の更新情報をお届けします!

友だち追加

※PCをご利用の人は↑のQRコードをスマホのLINEアプリで読み取ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

HEART STORY(ハートストーリー)
洸

代表取締役株式会社洸
山口県出身/平成6年生まれ/株式会社洸 代表取締役社長/「HEART STORY」管理人/無意識エンジン発見カウンセリング資格取得者/HEART TRANSLATOR(心の翻訳家)/19歳で起業をし22歳で法人化。しかし法人化直後、突然死の恐怖(パニック障害)に襲われ始める。その後、200万円を投資して、いろんな治療法を試す中、認識技術(nTech)で、死の恐怖(パニック障害)を半年で完治させることに成功。現在は「HEART STORY」で、認識技術(nTech)の魅力を発信しながら「キミヨル」というバンドで作詞&リーダーを担当している。株式会社洸の経営理念は「作詞で世界を救う」※さらに詳しいプロフィールを見たい人は名前をクリックしてください。