将来 不安

将来が不安

 

 

 

 

漠然とした日々を送る中で、

将来に不安を感じてる人も多いでしょう。

特に「お金」と「仕事」に不安を感じる人が多いようです。

 

 

 

 

やりがいも生きがいも感じないけど

お金を稼ぐために、

仕方なく今の仕事を続けている。

人間関係のストレス、

仕事のストレスを我慢しながら、

仕方なく今の仕事を続けている。

 

 

 

 

いま自分が歩いてる道が、本当に正しい道なのか分からない…

 

 

 

 

凄く不安ですよね。

宙に足が浮いてるような。

そんな感覚に襲われてる人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

この記事では、

そんなあなたの将来の不安をスッキリ解消するnTechという最新技術を紹介しています。

 

 

 

 

あなたの将来の不安はどこから生まれているのか?

そして、どこに向かおうとしてるのか?

 

 

 

 

あなたの中の深い領域に、

その答えが眠っています。

その答えをnTechで発見し、

あなたの将来の不安をスッキリ解消することができます。

 

 

 

 

将来に漠然とした不安を抱えている

将来の不安を解消する方法を知りたい

悩みをスッキリ手放して、前向きに生きたい

という人は、

是非、コメント欄をご覧ください。

実際に将来の不安をnTechでスッキリ解消した人たちの体験談」を紹介しています♪

 

 

 

 

※NAVERまとめの記事(将来への漠然とした不安を感じたときに覚えておきたいこと

人生デザインブログの運営者Daichiさんの記事(【切実】お金のない将来が不安。心配。絶対に真似したくないお金が貯まらない人の特徴まとめ

モチラボさんの記事(将来の不安を取り除くたった一つの方法

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話の記事(「将来が不安で、人生が楽しくない…」不安をパワーに変えるたった1つの方法。

ノマド的節約術の記事(将来への不安を実際に解決できたわずか4つの思考法とは?実はお金の知識を増やせばほとんど解決できる)で紹介されてる「将来の不安の解消方法」は凄く参考になりますね。

nTechを使えば、これまでの知識や経験をスッキリ手放せるので、あなたの将来の不安もスッキリ解消できます。しかし、将来の不安を解消した上で、将来の不安に対する新しい考え方をインストールすることで、もっと将来の不安に対処できるようになります。ので↑の5つの記事も是非参考にしてください。

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃に最新記事の更新情報をお届けします♪


友だち追加

127件のコメントをいただきました♪

  1. 小池拓也 より:

    自分がなぜ漠然とした不安をしてしまうのか、それが将来に対する不安とコラボレーションしている感じたときは、もやもやとした気持ち、焦った気持ちが入り交じった感情がよく出て、何にもなかなか集中できず、手もなにもつけずに時間が過ぎるようなことがよくありました。nTechを学び、仲間と相談できるようになってからはめちゃめちゃ改善しましたね。まずもやもやする原因は自分のなかにあるんですが、それを仲間にきいてもらったりアウトプットすることで整理されて自分のなかにある不安の原因が見えてきます。そうすると手放すことができるので楽になります。そして人生がなんなのか生きているということがどういうことなのかの理解もできているので自分で見ている人生、宇宙がコントロール統制できて楽しくなってきました。

  2. 美談まどか より:

    将来が不安になる。めっちゃありました!!!私が最初の職場を退職した原因もそれでした。この職場にいても将来が見えない、そう思ってしまってからは仕事に身が入らなくて…お陰でnTechに出会うことが出来ましたが(笑)
    将来の不安、特に今の時代は意識的でも無意識でもそれを感じている人が多いと思います。でもそれは当たり前のことなんだと、nTechを学んでわかりました。誰も、自分が、或いは人間がどこから来てどこに向かっているのかを知らないからです。気付いた時は、放たれた矢の状態。放った位置も、放つ先もわからないから、そりゃ将来に不安する心が出るのは当たり前だなと。
    nTechでは人間がどこから来て、どこへ向かっているのか。それを分かりやすく、自分と繋げて理解出来るように体系化してあります。それを知ることで、はじめて自分の人生を始められるなと感じました。将来不安で生きるのではなく、今ここスッキリワクワクで生きれる生き方を手に入れられます!

  3. クマ より:

    将来の不安。僕は不安な未来を生きたくなくて、安定を求めました。
    新卒で公務員になったし、国家資格もとりました。大企業で働いたこともありました。それでも不安は消えることはありませんでした。

    本当の安心とは、何かをしたら得られるものでなく、今ここ得ることができるもの。nTechを学んで今ここ安心して生きれるようになりましたし、未来に希望を持てるようになりました。

    正しくどこから来て、今ここに自分が存在し、そしてどこに向かっていくべきなのか。それが分かることで、安心して今を選択することができています。

  4. さむさ より:

    将来の不安、それは離婚したときにものすごく出てきました。
    すごく頑張って家事育児仕事をしてきた自分が、離婚になり更に子供までとられる・・・そんな未来を私は今まで予想だにしていなかったので、それがいきなり現実になったときは自分の何が悪かったのか解らないし、自分のことが全く信用できなくなり将来もっと嫌なことが起こるのではないか・・・そうなったら私は生きていけるのか・・・そんな思いでいっぱいになっていました。
     でもエヌテックに出会ったらなぜこうなったのか、これから自分はどうなるのか、どのようなときに自分はどういう反応をしている人なのか、というような自分という人間のしくみがはっきり明確に分かり、何があっても超安心、の心を手に入れることになりました。
     自分を正しく知ることで将来への不安は一掃され、今ここ、を思いきり楽しめるようになりました☆

  5. タカ より:

    私は会社を経営しているため、会社業績が悪い時、悪化した時に、将来に不安を持つことがしばしばありました。特にリーマン・ショックの時の急激な売上げ減少時には、不安で一杯でした。そこから暫くは、やたらと売上げに拘るようになりましたが、n-techに出会い、人間がどういうものかわかるようになって、「今ココ」スッキリした心で生きれるようになりました。お金を求めるのではなく、チームでお金を作ることに喜びを感じるようになりました。

  6. よしじゅん より:

    以前、私は将来に対する漠然とした不安が止まらない毎日を過ごしていました。

    今の目の前のこと(主にきつい仕事)を我慢して、未来に期待しようとするものの、どう見てもお先真っ暗な日本や世界情勢に対して、明るい未来をイメージできなかったからです。

    nTechと出会って、明確な未来ビジョンがみえたと同時に、今ココに集中することができる技術を手にしたことで、変な将来不安はなくなりました。

  7. 不知 航 より:

    ワンピースのルフィーやキングダムの信の様に、自分の一生を捧げられるものに出会いたい。
    そうすればどんな困難も楽しく乗り越えられると思っていました。

    カウンセリングの資格を取ってみたり、山の登山ガイドにチャレンジしたり、海にも空にも世界にも色々いきました。初めは良くても途中から「本当にこの道を続けていても大丈夫なのか?」と将来が不安になりやめてしまう。そんなパターンを何回も繰り返して来ました。

    でもnTechに出会い、それが全て自分のパターンから来ていることがわかりました。
    そのパターンから脱することが出来た時に始めて、将来への不安が一掃され、本当にやりたいことが観えたんです。


  8. 島崎信也 より:

    1日13時間、数学の問題を解き続ける程に一つの事に没入する私でも、本番に弱い私は、受験に失敗したり、スポーツなどの大会でも失敗します。その失敗は、本来であればミスしない様ないわゆるケアレスミスがとても多くて、気を付けていれば未然に防げるものですが、しかし気を付けているつもりでも起こるものでした。そんな私は次第に、一生懸命やりながらもその瞬間にどこか、漠然とした不安が付きまとい、この先どうなるのだろうと将来の事がいつも気にかかっていました。ハッキリとした不安であれば明確に解消してやりたいのに、いつまでたっても漠然とした不安のまま、一体どうして自分がその状態にあるのかが分からない為に、その延長で迎える将来は時と共に暗くなります。

    nTechと出会って分かった事は、たったの少しも自分が意志を持って決定していなかったという衝撃の事実です。1回も。1秒も。全く機械的な条件反射。意志を持って選択していないからこそ、その延長は意志を持ちえませんでした。そら暗いやろ!そら漠然としてるやろ!と。この体だけを自分だと思っている状態では、1回も、1秒も、自由意思による選択をしていません。この事を仕組みで理解出来る時から初めて、将来の不安は微塵もありませんし、今ここに没入集中して未来そのものの最高の一手を放つ様になります。

  9. マイマイ より:

    将来の不安、それは常にありました。どんな一流企業で成果を上げても本当に自分のやりたいことではなかったからです。私は本当は何がしたい人なのだろう?その答えが見つからずとても不安を抱えていました。

    nTechと出会ったら、その不安は一気に解消しました。

    なぜなら自分がいったい何なのか、何のために生まれてきたのか、そして何をしたくてこの時代に生きているのか、が鮮明に明確にはっきりとわかったからです。それが解って生きる人生と解らないでただ生きている人生とではどちらが充実して楽しく日々を送れるでしょうか?
    全ての人に本当の自分との出会いを経験してほしいと思います

  10. クッチー より:

    安定した企業にいたも関わらず、将来の不安めちゃめちゃありました。もう、何が不安なのかもよくわからないままになんとか安心を得たいと躍起でしたね。雑誌に掲載されている老後に必要な資金を貯めようと思っては金額に目玉がとびでたり、何かあった時の対策のために保険を調べたりなどなど。リスク回避ばかりを考え、チャレンジなんて微塵もない、安心して老後暮らせるために我慢して仕事をしている、今考えてみると本末転倒な人生を送っていました。

    それが、nTechに出会ってからめちゃくちゃ安定したんですよね〜笑。一言でいうと、わけがわからなかった何もかもが、わけがわかっちゃったんです。迷路の中にはまっていては、入口から出口に向かうのに右往左往するけれど、上からみるとどう進めばいいか一目瞭然ですよね。そんな風に全体像が見えてしまった!なので例えば、不安の感情がでても、それがどこから来たのかもわかるし、抜けれる自信もあるんです。なので、昔からは考えられないくらい今は安心の心で、チャレンジ満載な人生を送っています。

  11. Rerisertae より:

    人生産まれた時から不安だらけでした。けれども人生には喜びもあるから、そんな時は不安が消えるのですが、時間が経ち困難な状況になると、またまた不安が襲ってくる。こういったことの繰り返し人生だったから、私の心は喜びよりも不安が勝っていました。

    幸せってなんだろう?

    お金があって、やりたい事が自由に出来たら幸せなのか?
    お金が有り余る程あっても欲しい物が無くなれば幸せで無くなるし。

    あれやこれや考え納得させても、目の前の難題がくると右往左往するだけで、頑張っても無意味な不安が襲って来るのです。
    周りからすると大した問題でないかもしれないけれど私には一大事だったのです。
    まさに、悲劇のヒロインですよね。

    そんな私を大反転させてくれたのが「nTech」でした!

    不安はどこから来るのか?
    自分と自分だけしか見えない宇宙しか無かったからだということがハッキリと自覚出来たのです!

    自分と自分の宇宙はない!と自分と自分の宇宙の外にまで出ることに、頭が納得出来たから今の現状を未来から観れるので、不安など無いと言えます。

    不安が出ても、自己逃避ではなく、自分と自分の宇宙を創り出す仕組みが分かりました。次元の違う所から、仕組みを解いて、また新たな仕組みを創れる技術は「nTech」しかありません。

  12. 村田優子 より:

    一流企業に勤める旦那さんがいても、毎日見るTVの情報って、基本不安になる情報がたくさん流れていて、いつも不安を感じていました。保険に入っても、国がつぶれたら保証はされないし、、、。お金はあっても不安な毎日。

    あるとき、お買い物で道を歩いているときにも不安を感じている自分がいました。
    でも、耐えるしかない毎日。たまに旅行に行くときだけ楽しい。

    誰に相談することもなくほとんどが耐えるだけの毎日でした。

    たまたま運よくnTechに出会い「人間とはなんなのか?」「生きるということはどういうことなのか?」あとは自分の人生の中心軸となる幼いころの思い込み規定を自分で理解できたときに、自ら不安を解消できる人生になっていました。

    そこでは、幸せとはという定義も明確に決められていてまさしく常に幸せを感じることができる自分に変わっていったことも不安の解消につながっています。

    よく価値観はバラバラだから幸せの定義も難しいと言われていますが、人間は共通で知るべきことがあるのだということをnTechを学び、実感しています。


  13. 白鳥健 より:

    将来の不安…というものは、漠然と常に感じているものもあれば、何かのきっかけで自覚することもあります。
    私にとっての後者は、12年前に父が倒れた時でした。
    脳出血で倒れ、集中治療室でたくさんの管につながれて昏睡する父を見た時、自分がいかにこの人の存在に意識的にも無意識的にも頼っていたかを思い知らされ、雷が落ちるような衝撃とともに将来の不安が表出しました。
    それは、ちょうど私がnTechを学び始めた時期と重なります。その出来事をnTechを通してみることで、「自分に軸がない」から、自分の外にある軸を失った時に不安に押しつぶされるのだということがよくわかりましたし、揺るがない自分の軸を定立させるための挑戦へ向かうことができました。

  14. vosaraicesara より:

    私は昔、夜になると、将来に対する不安感で眠れなくなることがよくありました。胸が苦しくなったり、呼吸が乱れたり、目眩がしてベットから起き上がることさえできなくなる時もありました。20代〜30代半ばまで続きました。あるきっかけでnTechに出会い、今は将来に対する不安感は一切なくなりました。

    どんな時に不安感に襲われていたのか思い返すと、将来を描くことができなくなった時、自分の存在価値を見失った時、私は不安感に苛まれていたのだと思います。nTechを使うようになって、今ここ生きている意味と価値が腑に落ち、それを人と共有することもでき、人生を自ら主体的に創ることができるようになり始めてから、将来に対する不安感は自然と消えていきました。

  15. 大場 龍夫 より:

    私は、家族のこと、会社のこと、将来が見えなくて不安でした。私の息子は、自閉症になってしまい、中学校にも高校にも行けない状態でした。この先どうなっちゃうのだろうか?私が生きている間はなんとかこの子のことを守れるかもしれないけど、その先はどうなるんだろうか?そもそも私は死ぬまでこの子をなんとかしてあげられないかもしれないなどと、
    考えても分からないことを考え続けていました。また、会社の将来についても、環境がどのように変化するのか分からない状態でしたし、会社もどのようにしていくのがいいのかも分からない状態で悩んでいました。しかし、私の不安、悩みは、nTechに出会って、自分と自分の宇宙がホログラムだと納得した時に、悩みが消えてスッキリしてしまいました。
    私の認識が変わったのですね。そうしたら、自閉症だと思い込んでいた息子と話ができるようになりました。今では息子もnTechを学んでいます。人間は、こんなに変われるんだと変化にびっくりしています。こんなに人は変われるんだと思いました。会社のことも、一人で悩まないようになりました。私の癖だった一人で孤独にがんばることを止めて、幹部も一緒に将来を考えるようになりました。職場の仲間は本来の同僚となっていきつつあります。
    将来というのは、“いまここ”が変化していった先です。つまり、“いま、ここ”の変化後の何かの姿ですね。“いま、ここ“が変化してくれば、それが将来ということになります。時間があるわけではなく、ビフォーアフターの姿を比較したら変化がみえるわけで、その変化のスピードを現わしてるのが”時間“ということです。だから、不安というのは、思い込みだったのですね。

  16. あさりー より:

    以前の私は、将来が不安で不安でたまらなかったです。
    理由は、自分に自信がなく、自分が何かを成せるイメージがなかったこと、時代の流れが早すぎて、何をすればいいのかが全くわからなかったことなどがありました。
    自分の未来像、世の中の未来像がわからず、今何をしていいかがわからなかったのです。
    将来の不安から今の事も手につかず、悩み事ばかりで毎日を過ごしていました。

    しかし、nTechに出会って、その不安は一層されました!
    まず、自分自身の考えがどこからくるのか、根本が理解納得できること、不安の正体がわかることで自分への不安は消えました。
    次に時代の理解。
    nTechを使うと、歴史文明がどうやって創られてきたのか、人類がどんな歩みを経て今の時代があるのかがスッキリ整理されます。なので自然と未来の方向性が見えてきます。人類全体が今何が原因で悩み苦しんでいるのかの根本が分かり、解決策もわかります。
    人類全体の問題を解決できるということ、それを生業に出来るということは自信感、使命感に繋がります。
    そしてたくさんの問題を解決できるということはたくさんのお金も入ってくるということ。
    今はたくさんの問題が解決された未来を夢見ながら、日々安心、ワクワクな人生を歩んでいます!

  17. たっしー より:

    以前の私は将来に対する不安を抱えていました。
    不安の原因の1つは人間関係でした。

    安定した職業についたり、好きなことを仕事にできたり、夢がかなったり、結婚して家庭を持ったり。

    いろんな未来を思い描き、それが実現できたとしても、人間関係がうまく行かなければそれらが幸せには感じないと思っていました。

    人の幸せの根幹には人間関係があると思っていたからです。

    例えば、美味しいものを食べてもその美味しさを共有できたり、共感できたりそれによって喜びを感じたりすることがあるように。

    私は人間関係が得意ではなかったので、日々が楽しくありませんでした。
    将来を考えたら、このままずっと一人で孤独な人生なのかと思うとお先真っ暗で漠然と不安が押し寄せてくるのでした。

    私はnTechに出会って将来の不安は解消されました。

    人間関係の不安から解消されたことが大きな要因の1つでした。

    人と出会ってつながること、交流することがとても楽しくなりました。

    どんなことがあっても助けてくれて、どんなことでも共有できる仲間ができました。

    人間関係が充実することで、日々の生活は彩りに溢れています。


  18. 泊由美子 より:

    不安というと、そうですね、漠然とした不安を感じていました。見えない先の不安。そして今の自分にOKを出せない自分もいて、なんだかこのままじゃダメな気がする。でも何をしたらいいのかわからない。答えを求めていました。でも誰かが答えなんかくれるわけもなく、今を生きてる心地がしない、死ぬことができないから生きているような、空虚感を感じていました。n-Techでどう解決したかというと、人間の課題である観点の問題っていってるんですが、それを解決できる道が明確にみえたとき、「あ、私うまくいくんだ」って深いところからエネルギーが沸いてきました。真実を知ることが、全知であり、無知であり、完全なんだって感じましたね。

  19. おこめ より:

    将来への不安、めっちゃあったな〜。漠然と「このままで良いのか?」「本当はどうしたいんだっけ?」とよく考えてた。ふと人生を立ち止まった時に、なんか急に不安になるというか。そういう感じだったな。
    nTechを使うようになって、将来への不安は確かに静かになったね。気付かないうちにだったから、このコメントを書きながら改めて気付いた感じだけど。まぁ一言でいうと、受け身的発想で不安していた生き方から、主体的発想で全てを観るようになって変わったかな。

  20. おこめ より:

    主体的にと言っても、単なる精神論とかじゃなくて超現実的な感じだけどね。不安感の土台には不透明さが必ずセットであるように思うけど、その不透明さを1つ1つなくして、問題も直視するけど、その分解決する力も明確になるようになったかな。漠然としているから不安になるけど、明確にしたら以外と超えてく道もみえるんだなって分かるようになったかなから、漠然とした時間を過ごさなくなったかな。そしたら不安も出なくなってたよ。

  21. おこめ より:

    どちらにしろ「保証のある未来」なんて絶対に無いわけだから、どうせ同じ時間を過ごすのなら、受け身で不安して過ごすより、失敗してもいいから主体的に挑戦して過ごす方が、「後悔の人生」になるんだなって思うようになったよ。
    こんな時代だから、正直この先どうなるか分からないけどさ、待ってて誰かが何とかしてくれる訳じゃないから、積極的に生きて行く方が楽しいと思う。今はね。
    昔はこんなんじゃなかったけど、nTechで考え方を自然と良い方に変えれたかな。

  22. おがじゅん より:

    僕は【nTech】に出会う前は、将来への不安は常につきまとっていました。

    何をすればいいのかも分からない。

    どこに向かっていけばいいのかも分からない。

    何もしたいのかも分からない。

    1年浪人して関西圏の有名私立大学に入っても将来の不安は消えなかった・・・

    イギリスに留学しても、常にこの道で正しいのか、これでいいのかがハッキリ分からず、常にモヤモヤ・・・

    どうすればこの不安から完全に解放されるのだろうか、という思いはいつも抱えていましたね。

    でも、
    【nTech】
    に出会い、不安の原因が分かった。

    そもそも、
    【人間自体がどこから来てどこに向かっていくのか】や、
    【時代の全体像や方向性】
    が全く分かっていないことを悟り知った。

    だったら、
    【根本は不安しかないよな】
    と認めるしか無かった。

    同時に、これら2つのことも悟り知れたので、必然的に将来の不安も消えていった。

    よって、今では向かうべき方向性に迷いなく進んでいけるので、こんなスッキリワクワクなことはありませんね!!


  23. 熊倉恵子 より:

    将来が不安でした。会社に勤めていても、上司や社長が自分の未来像だと思うとゾッとしたので、会社を辞めて独立してお金を稼ぎ、ある程度の成功はしました。けど、結婚に対して、社会に対して、仕事に対して不安は止まりませんでした。nTechと出会い、そもそも、不安の原因を特定できたことがとても大きかったです。脳機能や幼少期につくられた無意識エンジンの事を理解すると、不安は自分が生み出してる思い込みでしかない事がよく分かり、どんどんそこから自由になりました。そして、今は未来ビジョンが明確になり、将来に向けてもワクワクしています。

  24. 英ちゃん より:

    本当にやりたいことが何なのか?

    これが分からず、やりたいと思い描くことにも確信が得られない時代がありました。
    ビジネス的な視点で見たときには一見よさそうなことでも、
    『一生をとしてやることがそれでいいのか?』という確信が得られませんでした。

    結局多くの人がそうであるように、
    自分自身も作られた価値観、判断基準の中で生活することが当たり前になりすぎていたので、
    世の中の見える価値観の外で生きる選択肢が無かったのだと思います。

    nTechに出会ってからは本当に生きたい生き方をベースに判断し行動できるようになったので、
    将来の不安も無く確信を持って生きることが出来ています。

  25. まる より:

    将来の不安も、自分が創った幻想・錯覚であることが、明確に腑に落ちました。自分が作った考えに支配されて、不安になるって、なんてギャグなんだろうとおもいました。そこからは、すっきりワクワクな生き方ができるようになっています。もし、自分と同じように将来の不安に悩む人がいたら伝えてあげたいです。

  26. 堀江直樹 より:

    nTechと出会う前、将来が不安な感覚は漠然とありました。個人で起業をしていたこともあり、次の月の売り上げがどうなるかわからないという気持ちが強く続いていたのです。だからいろんなセミナーにも参加しましたし勉強もしましたが、なかなかその不安は消えませんでした。広告も技術も勉強してもお客さんがいなくなるかもしれない不安が続いていたのです。nTechを学んで大きく変わったことは時代やこれからの流れを見つめることが出来るようになったし、何より心を落ち着いて絶対的な安心におけるようになったので、世界の見えかたが変わりました。これからの時代にどんなスキルや能力、在り方が求められるのかがわかることで、ニーズを創っていくということの大切さを感じていますし、一貫したプロモーションが可能になりました。

  27. 大場光洋 より:

    私は、一般的なすでに用意されたレール、
    今まで「正解」とされてきた道をただ進むだけで
    本当に良いのか、という不安がありました。

    小・中・高・大学へと通い、
    就活を通じて企業に就職して、
    頑張って定年まで働き、
    余生で好きなことをする。

    そんな「当たり前」が
    時代ともに大きく変わっていると感じて
    それに対して変化が必要だと感じつつも
    結局何をすればいいのかわかりませんでした。

    nTechを学ぶ中で、
    時代の大きな流れ、
    そして人間とは何か、
    という根本的な問いに対する答えを得ることができ、
    不安がすっきり解消しました。


  28. やぶ より:

    自分と自分の宇宙が消えることで将来の不安がなくなりました。
    なぜならば時間はないことが分かるからです。将来とは時間軸でいうと未来のことですが、過去も未来もなく、今ここしかないということが分かることで将来の不安はなくなりました。
    そして、今ここをいかにスッキリワクワクで生きることができるのかということに集中ができるようになりました。

  29. さかなゆう より:

    自分に対しての不安、そればかりがわたしの頭の中にいっぱいでした。
    自分に自信がなくて。。
    おいうちをかけるように社会には多様な問題があり、いつどこで誰が何をするのかわからないし不安でした。
    それらと比べたらお金や将来をピックアップして不安になることは、わたしは少なかったとは思いますが、お金や将来も不安だけど、なんせいつどこで凶悪や事件が起こるともわからない時代。それ以上に日常的に不安だったから、というだけです。

    そんだけ、不安いっぱい。日常的に心は不安いっぱい。
    人と話すときも不安。なにやってても不安。

    生きるの大変だったなぁー

    nTech は何かに対する不安を解消するのではなく
    すべてをオールゼロ化する技術なので、根本から不安とはなんなのかを理解できました。
    だからはじめて、根本から安心できました。
    それまでは、不安解消に取り組んでも中途半端だったんですよねー。
    ほんと良かったです。

  30. Pon ' s より:

    不安は思い込みってことがわかります。言ってしまえば、妄想であり寝言です。
    nTechを使うことで、真実が何かがわかり、それ以外は錯覚だと理解できます。個人が抱く不安なんて、錯覚の中の錯覚。事実でもないただの思い込みってのがわかります。
    nTechを使えば、思い込みからでて、真実から物事を考えることができます。

  31. Keizenke より:

    私の人生不安だらけでした。自分が何かを知りたくて、ずっと探していたし、答えぎなかったから。自分が何かがわからないと、何にもできないんです。活動はしてるけど、それは本当にやりたいことなの?もっと自分にはできることがあるのではないの?あーなったらいいのかも、こーなったらいいのかも。妄想でうだうだしたまま、時間は過ぎていき、何一つ結果を残せてないことに不安になってました。そんな私がnTechを使うことで、自分が何かを明確に規定できました。さらにその規定した自分からこの現実をつくる仕組みがわかったので、妄想がなくなり、結果を出せるようになりました。
    そのことで不安が全く無くなったのです。
    自分が何かを明確に規定できることは凄く必要なことです。

  32. 藤原 章人 より:

    子供の頃から「普通の人とは違う生き方をすることになるんだろうな」と漠然と思っていましたが、明確な意思やビジョンがあるわけではありませんでした。だから目の前の目標計画を追うことしかできなかったし、それで満足していました。「テストの点数を上げること」「部活の大会で優勝すること」とか。でもそれは周りの人がそういうからできた目標ですよね。自分自身で「どんな人生にしたいのか」「何のために生きるのか」「どんな出会いをするのか」が明確にわかるようになる・・・それが可能になったのが認識技術nTechです。何もわからずに不安だったのが、わかるようになって自然と不安がなくなりました。


  33. 小畑多美子 より:

    nTechに出会う以前は、将来に対する不安は漠然とありました。
    一体どこまで稼げば、自分の将来に対して安心することができるのか?というお金に対する不安、
    そして、自分が病院に入院しないといけなくなった時に、自分の身体が思うように動かず、不自由な思いをした時に、いつまでも健康でいられないんだと思い、その時初めて健康に対する不安も出てきました。

    そして、nTechを学んでから、「人間とは何か?」「生きるとは何か?」「何のために自分が生まれてきたのか?」その本質的な疑問が一掃されたことと、時空間を超えた世界のイメージを得て、その概念が大きく変わったのが一番大きかったと思います。
    そして、時代全体の方向性が分かった時に、ただ、漠然と生きていた時と、方向性が明確に分かって生きるのは、日々の安心感に大きな違いが起こりました。
    まるで、漠然とただ石を投げている状態だったのが、お城を建てるイメージを持って石を投げている状態なのかの違いぐらい大きな変化でした。

  34. 美談年民 より:

    世の中、悪いニュースが多く先行きが見えません。
    漠然とした不安感が常にあるのが現代人の特徴のような気もしています。
    私自身、未来に対して明確な予測を持っておらず、危機がくるならば煽られるだけという生き方をしていました。
    nTechを学んで変わった世界は、全体が理解できるということ。
    全てが同じ動き、同じ仕組みで成り立っていることが明確にわかるので、人間の方向性、時代の方向性がわかってきます。
    人間が望んでいることは何なのか、世界75億人が喜ぶために今ここ何を選択すべきか、ということが“信じる”のではなく“理解”でわかってくるので未来に対して確信と希望を持って今を生きることができるようなりました。

  35. morphie より:

    将来の不安は尽きませんでした。なぜなら自分一人のことだけではなくなるから。

    昔から父のところにはお姉さんたちがお金を借りに来たり、周りに問題のある親戚も多かったので、自分が頑張っても横から邪魔されて不幸になるんじゃないかと不安だったりしました。

    nTechを使うようになって不安に苛まれることはなくなりました。例え不安が出て来たとしても、すぐにリセット出来るようになりました。

    今ここ、何が真実で何が錯覚現実なのか、またその仕組みが理解出来ている力は大きいです。

  36. かなえ より:

    nTechに出会う前は、将来の不安だらけでした。就きたい仕事に就いたけど、ずっと続けていくのか。結婚や出産ができるのか。家族の介護など。とにかく将来の不安だらけで、周りの同世代の友達と比べて自分は幸せなのか不幸せなのかを比較して、、自分はダメだと勝手に苦しくなっていました。nTechに出会ってからは、なぜ人間が不安になるのかの原因が分かり、自分だけでなく共通の仕組みだと理解できました。今ここ自分の道を切り開いていける希望をもって、今オリジナルの道を構築中です。不安の感情から美しい感情をつくっていく、そんな変化を楽しめる自分に変わっています。

  37. えみる より:

    私もnTechと出会うまでは、不安で生きていました。

    いつも考えることは、不安、心配、恐怖でした。あんなことを言わなければよかった。こんな風に思っているだろうなとか、こんなことを言ったらこうなるだろうから、やめておこうだとか。

    人に何かを伝える時、まず走る考えは、不安、心配、恐怖でした。

    だから、いつも細心の注意を払って、周りの状況を確認して、自分の頭の中で検証してから伝えてました。

    そんな生活なんので疲れてましたね(笑)

    週末の土日の1日は、絶対に人と会うことはしません。週一回はそんな日がないと苦しくて仕方なかったんです。だって気を使って我慢して遠慮して配慮し、伝えても伝えなくても、あるのは不安、心配、恐怖でしたから。

    一人で勝手に思い込んで、勝手にエネルギーを消費し、人に不安して自己解析して終わる。何か少しでも注意されようものなら、何ヶ月もそのことについて、自分で考えて考えて、解析していました。

    不安だったのは、自分が何でこの世に生まれて来たのか?私は何だ?という疑問と、何をすれば人生なのかというビジョンがわからないことでした。

    自分の現在地を知るためには、この世の中の仕組み、自分が何者で、何のために生きているのかという、全体像の理解が必要です。

    人は、この超究極の問いをずっと追い求めている状態です。

    これがわかった私は、生きる方向性も、生きる意味や価値も無意識がつながったので、かなり安心が広がりました。昔は、すごく気にしていた些細なことが、今では、気にならなくなり、本当に大切なことを観る力がどんどん備わるので、今では、何かの出来事がチャレンジでしかなく、ますますゲームのような感覚で楽しめるようにもなってきています(^^♪

    これからも人生をよりもっと楽しんでいこうと思います。


  38. ちぐちぐ より:

    高校卒業して、自分で選択した専門学校への進学でしたが、
    だけど、学びたかった事は学べず…

    就職活動をする時、
    「自分は何をしたいのか?」
    を考えても、答えが見つからず、就職活動に身も入らず…

    出口のないトンネルの中にいるような気持ちになり、不安を抱えた時期がありました。

    出会いによって、無事に就職しましたが、
    ある時また、
    「私は、この仕事をずっと続けるのだろうか?」
    「このままで良いのだろうか?」
    と悩む時期がありました。

    漠然とした悩みと不安を感じ、そして突破口を見つける。また漠然とした悩み不安がやってきて突破口を見つける。
    そんなことを繰り返していた、ある日、nTechに出会いました!

    いやー!漠然とした悩みや不安の原因が分かって、めっちゃテンション上がり、ウキウキな毎日です!

  39. 大槻剛史 より:

    既存の企業はこの時代がどんな流れで、どんな方向に進んでいるのか整理できないまま、経営を安定させるために手探り状態で今を必死に経営してるのが現状です。

    そんな方向性が覚束ない状態では、その組織自体が不安だらけです。そのような環境に所属していては自分も将来の見通しを立てることができず、不安になるのは当たり前です。

    nTechは今の時代の整理整頓はもちろん、歴史文明や宇宙自然の流れも源泉的なワンパターンの動きから明確に整理しています。

    宇宙自然・歴史文明・時代精神の大きな脈絡が見えるので、未来に向かってどう進んでいけばいいのかが自ずと見えてきます。

    そうすれば、今自分がどんな環境にいようとも、何をすべきか、どこに向かうべきか、どんな能力を身につけるべきか、現実に対してどう対応して行けばいいのかがハッキリとして、不安はなくなります。

    また、自分一人でも不安はなくなりますが、未来の方向性を理解してる人達に囲まれることで、未来へのイメージやクリエイティブも倍増されて、さらに安心安定の心になっていきます。

  40. Hiromi より:

    不安症ぎみの母のもとで育ったため、以前は無意識にまだ起こってもいない未来の心配ばかりしていたように思います。
    そうすると、不安が不安を呼ぶのです!
    こうあって欲しく無いと思いながら、こうあって欲しくないことを引き寄せてしまう。本当にギャグです。。。

    nTechを学んでからは、「今ここ」の蓄積が未来であることが分かったので、過去でも未来でもない「今ここ」に集中できるようになりました。
    そして、どこから来てどこへ向かうのか?この世界の仕組みも理解できたため、安心の場でおもいっきり遊ぶことができるようになりました。

  41. イワミユカ より:

    以前の私は、将来に夢も希望もありませんでした。40歳を過ぎて結婚はしていない、離婚歴があるわけではない、子供なし。完全なる世の中でいう負け組です。
    どうせ私は…と卑屈になり、お酒を飲んでタバコをふかし、文句ばかりいうイタイおばさんでした。n techを学び、自分の判断基準ができた理由を知ることで、自然に落ち着いてきました。お酒やタバコに依存することもなくなり、逆にこれから出会っていく全てのことがたのしみになりました。若い人たちとの交流も増え、たくさん教えてもらえてぶっちゃけたのしいです。今は、当時を知る人からは、若返ったと言われてます。www

  42. こみず より:

    両親に愛され、学校の成績は優秀、イジメなどなく優しい友だちたち、薬剤師という安定した仕事。一見不安要素ゼロの私の人生ですが、実際は不安が消えたことはありませんでした。でも何が不安なのかわかりませんでした。わからない不安を何とかしようと、買い物や旅行、お酒、資格取得など、手当たり次第何かやりました。お金と体力が消えていっただけで何にもなりませんでしたね。nTechに出会って、不安になる仕組みがわかりました。自分が何者か知りました。自分の世界を理解できたんです。気づけば不安は消えていました。びっくりです。


  43. elly より:

    私は以前、将来に不安を持ちやすく、特にお金のことや仕事のことに不安を抱えていました。
    どのようにお金を稼いでいけば良いのか方向性がみえず、とても不安で資格を取ったりしながら将来の安心を求めていました。
    nTechと出会って、時代の流れを知り、明確に自分のやりたいことや生きる方向が定まり、その時、お金や仕事の不安が消えて、将来の可能性でやる気が満ち溢れるようになりました。
    お金や仕事を自らが生み出していけば良いと発想が転換していきました。今では、認識産業という新しい仕事とお金の循環にワクワクで取り組んでいます。

  44. 井上篤 より:

    母子家庭で育った私にとって、父親のいない家庭環境では、自分のあるがままを受容れることはできず、「しっかりしなければならない」「あまえちゃいけない」と脅迫観念を持ち続けていました。この観念を持つと、常に努力や成長をしなければならずまさn全身中毒でした。nTechと出会って、今ココ常に宇宙は立ち上がっていることをしり、大切なのはこの3次元で何をしたいかをハッキリさせること。そして不安を作りだすのはあくまでも脳のクセであって、そのことがnTechを通じてはっきりと掴めることで、心安心、すっきりしています。同時に、クリエイティブ、イノベーションの世界にどんどん立ち上がっていくかが大切だと思います。

  45. 由佳子 より:

    常に未来に不安ばかりしていました。
    近い未来にも。遠い未来にも。
    こうなったらどうしよう。
    あーなったらどうしよう。
    迷惑かけないようちゃんとしなければ!
    なってもないのに、くよくよ不安になって考え混んで妄想しては落ち込んでの無限ループ笑
    最終的にはエネルギーが重くなって引きこもって寝込んでいました。

    そんな私でしたがnTechと出会ってそうなってしまうすべての仕組みを知り、肩の力が抜けました。
    そしてnTechを使えは使うほどに新しい未来を仕組み通りに再創造する事が出来るようになり、無駄な考えや感情に囚われる事なくエネルギーが軽くなり、今では日々新たなチャレンジを楽しんでます!!!

  46. miwa より:

    学生時代はよかったんです、いい大学入っていい会社入って。あたかもそれが「正解」のように言われていたから。
    社会人になっても昇進が「正解」と思ってがんばってました。
    でも10年経ってみると、特に仕事も変わらないし上司を見ても大体将来が検討ついてしまって。目先の目標がなくなり、モチベーションだだ下がり。
    そこで「このままで本当にいいのかな?」という将来に対する不安が出てきました。

    振り返ると、心の奥底ではずっと不安だったのを一瞬の成功・一瞬の正解によって満たしていただけだったんですよね。
    馬がニンジンをぶらさげている状態でした。

    将来の不安で生きるより今ここの本気で生きる。
    nTechを通してこれがわかり、人生がめちゃくちゃ楽しくなりました!

    将来の不安は今の自分も侵食してしまいます。
    すっきりわくわくの毎日が続く先に、将来の幸せが実現すると思いませんか??

  47. つかっちゃん より:

    将来の不安は、どうなるか分からないから起こるもの。
    将来が見えていたら不安からは解放されますよね。
    そして、もう一つ将来の不安から解放される道があります。
    僕はnTechを使って、その方法で将来の不安からスッキリ解放されました。
    nTechを活用することで、自分と自分の宇宙が完璧に消えます。
    その時に、自分が見ているこの世界が神秘神聖のものとなり、何が起こっても奇跡に見えるのです。
    将来、何が起こってもそれをそのまま感動で受け取れる心をnTechで得たことによって、将来の不安から完璧に解放されました。


  48. sumitomo より:

    将来、どんな生き方をしたらいいのか、さっぱり分からない時がありました。
    就職活動をしていた頃、自分が何に関心があるのかも明確ではなく、どんな生き方をしたらいいのか漠然にしかわからず、自分のありあまるエネルギーを一点に集中できるものもなく、ただただ死ぬことが出来ないから、生きているだけ。将来どうなるんだろう、自分の未来が思い浮かばず、漠然とした不安だけがありました。だからといって、そんな不安も誰かと共有できるわけでもない。友達に話しても、分かってくれないだろうと思い込んでいました。
     でも、nTechと出会い、問題の根本原因である観点の問題が自分とつながり、その観点の問題を解決できたとき、絶対的な安心感を持つことができました。親が愛してくれたから、自分に自信があるから持てる安心感ではなく、そもそも安心していい世界があることを理解、認識できたときに、心からほっとしました。そして、時代がどの方向へ進むのかを明確に理解でき、その時代に役立つ技術や商品を開発できたことで、自分自身の変化だけでなく、多くの人の変化を作り、未来をわくわくするものに変えていける事が腑に落ち、今は毎日わくわくする生き方が出来ています。

  49. macha より:

    将来。昔は怖くて考えられなかったですね。
    だって、特に何ができるわけでもないし、才能もない・・・ただ毎日働いてお金を稼ぐ日々。それで死ぬのも嫌だ!夢はあるのに、絶対叶わない夢を持ってしまった・・・
    でも、nTechと出会って、絶対叶わない夢が、叶う夢に変わりました☺️
    不安、絶望から、希望、確信に変わるって凄いですよね❗️

  50. たのしみず より:

    テレビを見れば暗いニュースばかりでした。年金はもらえない。日本の中でも貧困がある。詐欺などでお金がなくなった。などなど。人と関わることや、生きる上で不安なことがたくさん。
    でも生まれてからには生きないといけないけど、夢や希望もない。将来何が起こっても大丈夫なように貯金をする日々。でも全然、楽しんだ毎日ではない。そんな時にnTechと出会い、そもそも過去も現在も未来もない。「今ここ」しかないことが明確にわかり、そこから将来に対するイメージが変わりました!
    今ここスッキリワクワク。それが今ここにあるから、将来もワクワクで生きることができます。また日本から世界が変わるVISIONとも出会ったのがあるので、夢の実現に向けて仲間と切磋琢磨している日々です!!

  51. Haruko より:

    将来の不安に備えて貯金ばかりしていました。でも貯まれば貯まるほど今度は無くなることが不安で。nTechで不安が生まれるしくみを理解したら、一瞬不安な気持ちにおそわれても正しくみることができるので感情に振り回されにくくなりました。将来に備えてばかりいることより、今を思いっきり楽しんで安心な気持ちでいることが増えました。

  52. 木村明日菜 より:

    将来のことを考え出すと不安が止まらなくなる。これは誰しもあることではないか?
    私もすごくあった。将来が不安で不安でたまらないから、その不安を消し去るために今を犠牲にして頑張る。私は常に常に頑張ることが当たり前すぎて、今を楽しむことができなかった。nTechを学ぶと、いまここの美しさに毎瞬毎瞬楽しめるようになる。今ここが満たされているから未来も不安でみることなく、ワクワクな未来を創るぞぉという意志が湧いてくる。


  53. masako.no.5 より:

    将来の不安がMAXだったのは、永く勤めた会社を辞めて少したった頃。
    本当に自分がしたいことをしよう、と決断して辞めて、将来に向けていろいろ動き出してはいた頃だった。
    覚悟はしていたはずなのに、“収入がないこと”が恐怖を伴う不安となった。うまくいくかわからない、みえない未来が巨大な暗い雲となって、私の心をしばらく支配し続けた。
    今思えば、自分に自信がなかったし、一人でがんばっていたのだと思う。
    人生を歩むなかで、“問題がない”ということはありえない。
    nTechと出会って、どんな問題と出会っても解決できる(と思える)自分になれたし、一人でがんばってしまうことの原因が理解できたことで、自然と不安という感情から解放された。

  54. みなみか より:

    学生の時は進路が決まるかどうか不安で、その次は結婚できるだろうかと不安になり、結婚したら子供ができるだろうか、と次々と不安の要素は尽きませんでした。
    災害やテロなど不可抗力と思われる事にたいしての不安もハンパなく、いつどんな目に遭うかわからないと考えると怖くて仕方ありませんでした。
    でもnTech で自分の人生どころか、自分の手には負えないと思っていたことさえも自分の認識の中だったことがわかって一気に不安がなくなりました。本当のことを知って驚きでした。

  55. aiko より:

    高校、大学生の頃、将来に対して不安しかありませんでした。夢も特にない、年金もどんどん危なくなってくる、心から尊敬できる大人もいない。ニュースでは暗いことばかり。でも、大学卒業するときには働きに行かないといけない。
    だから必死で能力を身につけようとしました。色々な会社へ出向いて社会人のかたとお話ししたり、プレゼン発表したり、資格を取ったり。様々な事を行いましたが不安は取り除かれるどころか、むしろどんどん焦って苦しくなる一方でした。
    そんなときにnTechと出会いました。そこでなぜこんなに焦っていたのか、諦めがあったのか、魅力的な大人がなぜいないのかなど、「人間共通の課題」を知ることができました。しかもそれが解決できると。今ではスッキリ生きれるようになりました。

  56. Teru.Nakagawa より:

    将来に対する不安。誰しもが遭遇することがあるのではないでしょうか。将来が不安になって、がむしゃらにいろいろ勉強したりするけど身が入らない。不安な将来に向けて一歩進むことすら億劫になる。本当に希望があるのか。道なき道をいくゴールが見えない。どこからどこにいくのかがわからない。時代の波に飲まれて、このまま人生終わるのだろうか。そんな不安をずっと抱えていた私ですが、n−Techと出会ってからこの不安が少しずつ解けていきました。自分自身の現在地が明確にわかり、どの方向性に向かってくのかの全体像が見えた時に、今自分が何をやるべきなのかが明確になります。「不安」は、どこからどこへ向かっているのかわからないから起こるものだ“とわかったのです。でもn
    −Techはこの問題を完璧に解決することができました。そして、今では未来に対するわくわくを日々増殖させながらわくわくな人生を送っています。

  57. のぶりん より:

    この先どうなるんだろう?
    AIとか出てきちゃって、私の仕事は大丈夫なのかな?
    色んな情報が飛び交っているけど、どんな情報を選び取って行けば、将来安定した生活を送れるんだろう?

    そんな不安ばっかり考えていた私ですが、nTech と出会って、本当に不安と言う言葉から解放されたんです!

    今まで不安しかなかった未来が、今ここがスッキリワクワクで満たされたところから出発する事で、未来も明るくワクワクするものに変化しました。
    自然科学や歴史文明とも繋がった、未来のVisionが分かり、私の人生を賭けて向かうべきMission と出会えたのです!


  58. ecco より:

    学生から社会に出るとき、進路を考えなければいけなくなり、未来の事を考えるとすごく不安がやってきました。
    自分がやりたいものが見つからず、これから先、何をしていけばいいのかわからない。
    そもそも、何の為に、どんな目的を持ってきたかもわからないままで、突然社会に放り出される感じがして、漠然と将来に対する不安を抱えたまま就職をしました。
    就職して、自分がやりたい事を探そうと思っていたけど、見つけることができず、転職をしてみたけど、そこでも本当にやりたいことが見つからず、将来に対しての焦りや不安が募るばかりでした。
    そんな時にnTechと出会い、本当の自分を知ることができ、そこから何の為に生まれてきたのかという使命にも出会うことができ、自分のやるべき道と出会うことができました。

  59. misa より:

    今思えば、起きている間の考え事って、過去への後悔か未来への漠然とした不安でしかなかった。いっつもね、とりとめもない考えが頭の中を浮遊していて。だからモヤモヤが止まらないし、今を生きたことなんてなかったんだよね。でも、それはnTechを学んだら、誰がもやっていることなんだ、ってわかってホッとした。ああ、私だけじゃないんだ、って。人間は脳のクセがあって、そのクセがどんなものか自覚がなくて(体のクセも、そもそも無自覚だから、それと似ている)、もっとたちが悪いのが、人間がみんな同じクセだから気づかせ合うことができない(笑)人類史上、最大の盲点!
    今は、その脳のクセがわかって、クセから自由になれたから、余計な考えがでないのねー。頭のモヤが晴れてスッキリ♪未来不安もぜんぜんないから、考えがエコなのです。

  60. 川名哲人 より:

    勉強も仕事も人間関係にも自信が無かった私は、将来のことを考えても会社をくびになるかもしれない、友達から嫌われるかもしれないなど、うまくいくイメージがなく、不安しかありませんでした。だから将来のことを考えるのをやめ、今楽しいことだけをしていました。しかし、ふと何かの拍子で言い知れない不安が襲ってくるのでした。
    nTechを通して過去の実績によって得られる自信感でなく、どんな条件でも揺るがない不動心を得ることができ、未来のことを考えること、不可能だと思うことにチャンレンジすることが楽しくなりました。

  61. ちかっぴー より:

    将来のことって漠然としていて、不安なのかどうかすら分からなくて、将来に向けて貯金していた私でした。

    今にして思うと、未来が不安だったのだと思えます。

    私達は、”今ここを認識する”ことが出来ないという、脳の機能があります。

    それは、n Techを学んでから改めて理解したことでした。

    n Techの内容が腑に落ちると、”今ここ”、”今この現実が何であるか”を理解しながら生きることですので、何があっても、すべてのことが楽しめて、もちろん将来の不安は、一切ないと言い切れてしまいます♪

  62. とみざわりょうた より:

    私は将来に対する不安を拭い去ることが出来なかった人生であり、その象徴が就職活動のときでした。私たち世代は、もしいま素晴らしい企業に就職したとしても、30年後もお金を稼げているのか分からないような状況の中で就職先を決める必要がありました。ですから「この企業に入ったから安心」「こんな資格を持っているから安心」というような状況を期待することは出来ませんでした。ですから当時の私は「何があっても生き延びることが出来る力」を手に入れたいと重い、優秀な人が集まるベンチャー企業への就職を考えていました。しかし平凡な人生を歩んできた私のような人間では、そんな優秀な人達ばかりの企業に入ることも難しかったですし、正直入っても使い物にならない気がしていました。ですから「その能力は誰かに依存するのではなく自ら掴み取るしかない」と感じ、大学を休学し様々なチャレンジをしていました。そんな時に出会ったのがnTechでした。

    nTechはこの世界の仕組みを解明し、心の仕組み、社会の仕組み、変化の仕組みなど、人間なら知るべき最も普遍的で汎用性の高い技術を習得できる教育でした。「これを身につければどんな変化が起こっても生き残っていけるかもしれない」。それからというもの、いまでは時代の変化に不安するのではなく、その時代の変化を自ら作っていける自信感まで感じることが出来るようになりました。

    ですからもし将来に不安がある人は、nTechで普遍的で汎用性の高い技術を習得して、自らが時代の変化を作っていく側になることがおすすめです!


  63. みなみ より:

    昔、私は将来に不安を感じていました。特に仕事の面で思うことが多くて、20代のころは、今やっている仕事で大丈夫なのか(当時はCADのオペレーターをやってました)、こんな安月給でこのまま結婚できたとしても家族を養えるのだろうかなど、漠然とした将来の不安を感じることは多かったです。nTechを学び、今思うことは、この社会がどのような仕組みで成り立っているのか、まったくわかっておらず、社会という海の影響をもろに感じ、そのなかで泳ぐお魚(自分)として、社会の影響を受けざるを得ず、太刀打ちできないという不安が大きかったのだと思います。今ではこの社会も自分もホログラムの中にいるわけだし、自由自在に人生もアレンジできるので、逆に不安なくらいの方が丁度いいと思えるようになりました。ゲームの仕組みを
    わかっている安心感なんだと思います。

  64. みもざ より:

    20代後半から襲ってくる現実。
    それが結婚して子供を産むこと。
    多くの人がしているからいつかはと思っていたけれど、その時期がなかなか来ない、来たと思ってもこの人でいいのだろうかと悩む。特定の人がいなければ、私はきっと永遠に一人でいずれ孤独死するに違いない(>д<)という根拠のない恐れ。

    いつまでたっても、何をしても不安も恐怖も落ち着きませんでした。そんな中で日常を笑いながら過ごしていたのだからそれこそ恐怖!

    nTechに出会って、自分の無意識を見ていくうちにそれは作られたものであって、本来の自分が求めていたものとは違ったとわかりました。常識がこうだから、普通はこうだからにかなり囚われていたのだなぁとわかり自由になりました。

    不安から自由になると、できないと思っていたものができるかもに変わったり、今まで以上に行動範囲も広がったりします。おかげで学生時代、就職してからの限定された友人関係だったのが一気に広がって豊かな人間関係に恵まれることになりました♪

  65. 森本 柾人 より:

    僕は将来には不安なく生きてきた。そう思っていました。しかし、無意識深く解析してみれば根底には将来に対する不安や今に対する不安、社会に対する不信感がありました。それを紛らわすために今を楽しく生きようとどんなことでも進んで挑戦してきました。
    nTechを通してみたときにはそんな自分がいた事が分かります。
    今は根本的な不安はほとんどないです。自分のミッションを自分で設定して、それが多くの人たちの未来にも良い影響を与えれる確信があるので、ぶれる事なく生きる事が出来ています。

  66. けんご より:

    「不安は消えないよ」

    これは私が昔あるメンターから聞かされた言葉です。

    この言葉がある意味では事実だということが明確にわかりました。
    それは、人間という存在についてです。

    存在と認識の関係性についてはnTechの基礎セミナーで理解することができるのですが「私は人間だ」というように「自分を存在として認識した瞬間」不安は働きます。

    そもそも存在はいつか消えてしまうものですし、早くて膨大な世の中という情報の海の中で、不安になるのは当然のことだからです。

    そこから将来を考えようとしたら、、、

    将来の不安を解消するには、「存在が何なのか?」そこを明確に理解すること以外に方法はないと思います。

  67. 明楽 より:

    将来に対して漠然とした不安を感じていたのは、私だけでなく多くの人が共感されると思います。仕事のこと、家族のこと、結婚のこと、お金のこと、あげればきりがない。だからたくさん勉強したり、出会いを求めてイベントいったり、将来への対策をしてきましたが、どこまでやったら安心なのか答えはなく。nTechと出会ってからは、この不安が生まれる根本原因、メカニズムが分かり、不安の根本原因にアプローチできるようになったため、漠然とあった不安がびっくりするぐらい解決されました!


  68. 山口禎子 より:

    「不安」はあまり気づいていませんでしたが、私の中に自分でもわかるくらい持っていた感情は、「焦り」でした。
    早く一人前にならないといけない。早く役に立つようにならなければ。そんな焦りを持っていました。高校を卒業してパン職人として働いて、初の女性だったこともあり、大事にされすぎて、やけどする「窯で焼く」ポジションや、35Kg以上を持ち上げないといけない「仕込み」のポジションなどは、なかなかやらせてもらえませんでした。そこに苛立ちと焦りがありました。それが仕事を始めた19歳なので、そんなに焦らなくてもいいようなものですが。
    nTechをやってわかったこと。それは、その焦りは、不安から来ていたということでした。焦りは時間のリミットというよりは、できることが少ない、役に立たない時間を短くさせたかったという「焦り」でした。新人であればできないことが多いのは誰もがそうですが、私は自分が役に立たない、能力が足りないという環境になると、自分が居ても居なくても一緒、居る意味がないと思っていたのです。
    それは本質的な悩みで、実は人間なら誰もが根底にこの自分の存在意義、価値に対する不安を持っています。それがただ知識レベルではなく、nTechのセッションで実感することができました。
    納得と、驚きと、いろんな感情と出会い、「存在」から出発するのではなく、新しい出発のイメージをインストールして、自分という存在の意味、価値も変わっていきました。人間は本当に素晴らしい存在だと自信を持っていうことができます!それは自分だけでなく、人間だれもがそうだと確信できました!

  69. 大藤おりえ より:

    病気になったらどうしよう。
    親や兄弟が居なくなったらどうしよう。
    災害被害にあったらどうしよう。
    交通事故を起こしたらどうしよう。
    犯罪、事件を起こしたらどうしよう。
    余命宣告されたらどうしよう。
    好きな人に嫌われたらどうしよう。
    子どもに何かあったらどうしよう。
    お金がなくなったらどうしよう。

    もう、将来の不安なんてきりがない。
    いくらでも出てくる。

    あまりにも不安で眠れませんでした。
    孤独過ぎました。

    それが、nTechを理解したら
    不安がみるみる宝に変わりました!
    感動に変わりました!

    個人を卒業できたからです!
    共同体を自分として考えることで不安は不安ではなくなりました。

  70. htakamura より:

    社会人になって、私は特に夢や希望もなく、ただただ目の前の事だけをして生きていました。初めはいろんな事が楽しいけど、慣れてくると、このまま同じような毎日を繰り返していて良いのだろうか?と将来に不安を感じてるようにり、さらに年月が経つにつれて給料やお金に対しても不安が出るようになっていました。
    将来の不安しかなく、先の事を考えて転職をするも、結局自分が何をしたいのか、何の為に生きているのかがだんだんと分からなくなっていました。ただ、楽しく生きたいだけなのに、いつも不安と隣り合わせでした。

    そんな時、nTechと出会ったんです。この技術は、なぜ不安がいつも隣り合わせにあるのか?その理由もわかり、そもそもの人間の初期設定から理解できるので、目の前の世界を紐解いて紐解いて、完全に解いてから「自分」についての基準点の移動ができるので、再度自分のアイデンティティから設定が可能なんです!これが本当にすごくて、不安が見事になくなり、毎日スッキリ楽しく生きています!

  71. Mami より:

    「漠然とした不安」はnTechと出会う前は常にありました。大手企業に就職しても、どんなに楽しい時でも、いつまでもこの楽しい時は続かないと不安が襲ったり、未来を考えたり周りと比べては不安になっていました。

     何をやっても消えなかった漠然とした不安や孤独が、nTechに出会って、本当の自分が何なのか、この宇宙の仕組みや時代の方向性も明確にわかったら、漠然とした不安というのがなくなっていたことに気付きました。
    どこへ向かっているかゴールが見えない迷路の中から出たようなスッキリ感と、未来への希望と確信が日々深まることが何よりすごいことだと感じています。

  72. mizu より:

    将来の不安はnTechでスッキリ解消できる

    将来への不安、ありました!年齢を重ねるにつれて、体力も落ちていくし、若々しさもなくなっていくし、こんな自分は誰も愛してくれないんじゃないかっていつも思っていました。
    30歳になる前に消えてなくなりたいとさえ思っていました。
    でもn-techと出会って、今ここの幸せというものを論理とイメージで理解し感じれるようになりました。
    そうすると将来も、自らが設計しつくりだしていけることができる実感がどんどん湧いてきて今ではワクワクです!


  73. ぽえっつ より:

    私は不安だらけでした。
    常に根底に不安がありました。誰かと仲良くなると不安。将来に不安。なんかとにかく漠然と不安なんですよね。
    人間だったらなくならないだとろうと思ってました。それは当たってました。
    人間を越えたので、不安がすっきりなくなりました。
    今はほんとに心から楽しいです。

  74. 摩耶 より:

    熱情を持って何かに取り組みたい!!
    常々そう感じてはいましたが、同時に、これと決めてしまうと後戻りできないような不安を感じていました。
    手芸に励んでみたり、ヨガに取り組んでみたり、英語や中国語に挑戦したり、色々と手を出してみても
    「私はこの道に進んでも良いのだろうか?」と不安に負けて早々に諦めてしまうことばかりでした。
    nTechと出会ってわかったことは、
    私の選択がいつも目の前のものしか見えていない中での選択だったということ。
    究極的に広い視野を得られるnTechを通して、
    時代・歴史や、そもそも人間とはなんなのか、といった
    出発点や脈絡を知ることで、将来を正しく考えることができるようになりました。

  75. eri567 より:

    1番大きかった不安は、一人だけ取り残される不安でした。仕事も上手く行かないし(誰も責めてないのに、自ら自分を責めて勝手に凹む)、人間関係もイマイチ。事実はさておき、周りは私より何でもできてうまくやってるように見えたし、私よりも楽しく生きてるように見えていました。なので周りと比較しては、このままの自分で社会で生きていけるのか、未来に不安を感じていました。

    でもnTechに出会ってからは、起きるか起きないかも分からない未来不安自体が、いかに無駄な考えなのかがわかったし(とは言え、それしかしてなかった 汗)、未来は不安するものではなく、自らつくっていけるものなんだとわかったとき、未来不安自体がなくなっていきました。

    あと、それまで意固地に自分で全部やらなきゃと思ってたし、何より人に頼るのが本当に苦手だったけど、一人で頑張らなくてもいいと思えるようになったし、チームプレーの価値を感じるようになりました。いまは、周りと比較して凹まず、周りの良さをお互いに活かしあっていけることの楽しさを味わっているところです♫

  76. 安田真理 より:

    私、自称【未来不安症でした】笑
    今では、笑えるようになりましたが、当時は、未来のことを考えると『不安』しかなく、周りからは『よくそこまで心配できるね〜』と変な尊敬をいだかれるほどでした。

    何故、そんな性格になったか気になっていたので、nTechの技術を活用したセッションを受けてみたら、、、明確に仕組みで理解できました。人間は過去の記憶からしか未来を想像できないんですね。。。

    今では、人間の脳の仕組みがnTechを通して明確に理解できたため、過去からの未来ではなく、【今ここ】をワクワクと生きれるようになりました^ ^過去から自由になって、自分で今ここ未来を創れる技術って本当に凄いと実感してます。

  77. Callinger帆足 より:

    将来って予測できないし、どうなるか分からないから不安になりますよね。
    高校受験、大学受験、就職活動、結婚など生きていくのにはいろんな試練が待っています。
    その試練を突破しないと不幸になってしまうんじゃないかという想像だけが膨らみ、
    その不安感がエンジンとなり、目の前に迫り来る試練に立ち向かうのが人生みたいになっていました。
    その試練を突破したとしても、幸せかと言われればそんな感じではなく、安堵感のようなやっと一息つける安心感だけ。
    そしてまたすぐに試練が来るのです。
    人生の方向性が見えず、目の前を生きるのに必死でした。
    nTechと出会い、今の時代が見え、その時代に生きる個人としてどう生きればいいのかが明確になりました。
    生きる方向性が明確になったことでやるべきことがはっきりし不安がなくなりました。
    今は常にワクワクしクリエイティブな生き方を楽しむことができています。


  78. cheerwave より:

    赤ちゃんはどこからくるの?何で戦争は終わらないの?どうして人は争うの?親友って何?生きるとは?死ぬとは?人間て何なの?私って一体何者なの?..お金て何?結婚て何?自分とは何かもわからないまま結婚なんてできないよね!?結婚が何かも分からないまま結婚していいの?働くってどういうこと?仕事とは?憧れとは何??…とにかく分からないことばかりで無意識ではいつも分からないことに対する不安で、それが自信のない自分をつくる要因にもなっていた。将来きっと役に立つ時がくるだろう!と思って自分がいちばん好きだといえる英語やダンスや音楽で感性を豊かにすることに夢中になってキラキラ輝きたいと自信のない自分を覆い隠そうとしていた。だからこそ、自分がずっとずっと知りたいと願っていた心から望んでいる声を解放させることが必要だった。誤魔化して生きることは辞めようって。
    ずっとずっと知りたくて疑問に思っている事に理解ができて納得できる答えがない世の中に対して、nTechはパーフェクトに全てに対して答えができるものでした。答えを出して終わりではなく、誰もが知りたいと願ういちばん深くに抱く「人間とは何なのか?」に明確に答えを出し、人間の最大の魅力を限りなく発揮してそのひとりひとりが団結して誰もが願う美しい社会をつくることまでできてしまう!!「ひとつがわかれば全てがわかる」を何度も何度も実感して好奇心で溢れ心がいつもワクワクしていて、まだ起きていない未来や出来事に対して不安になることもキレイになくなりました。

  79. ミッチー より:

    nTechでは、観点の問題をクリアさせて、3次元に複雑に捕まってる(絡まってる)脳(複雑に)をほどいて行きます。それを学ぶことで人間(自分)の無限の可能性が発揮できます。そして大自由になり不安は無くなります。人間は無意識に境界線を引いてしまう。脳のくせなので仕方ありませんが、これをnTechの技術で境界線を無くすことができます。こんな素晴らしい技術を発見、開発した人がNoh jese(韓国人)です。

  80. 田沢恵理佳 より:

    私は、社会人になって間もない頃、将来について、不安でした。なぜならば、変わりたいのに変われない、頑張っても変化していない自分を認めざるを得なかったからです。このまま1年頃、3年後、10年後も変わっていなかったらどうしよう。と変化とスピードを求められる時代に生きることが不安で不安で仕方がありませんでした。nTechに出会ってからは、本当の自分は変化そのものだったんだ!と気づくことができました。変化を楽しめるnTechであなたもスッキリしませんか?

  81. Moooriii より:

    自分が将来何がしたいのか、分からず将来の不安が蓄積していました。1日が終わるたびに変わらない現実と漠然とした未来に悲しみだけが蓄積されました。何か熱くなれるものが欲しかったのです。nTechでスッキリしました。生きる使命を見つけ、将来のワクワクを手に入れました。1日毎に違う発見があり、日々目標に向かって熱く前進していくことが楽しくなっています。

  82. こましょー より:

    この世の中、不審不安で溢れかえっていて、テレビを見たら事件が当たり前。どう生きるかよりも、いつ死ぬかわからないからどうしたらいいのかわからないが先に考えてしまいました。
    ですがnTechと出会い、自然と共通のビジョンを持って不安を断ち切り個人じゃなく共同体として、将来を創って行く事ができました。
    今は不安はもうないです。


  83. halcan より:

    私は、将来に対する不安があることで、その時その時の「現在やっていること」に集中して「楽しみきる」ことも出来ませんでした。だからといって不安と向き合うことも嫌で、とにかく前に進もう進もうと、中毒のように前ばかり見ていました。だけど、それが自分の望む未来につながっているという確信を持って行動しているわけではなかったので、いつもどこか心に闇を抱えていたように思います。

    nTechで観えたのは、過去とは何か、未来とは何か、そして、今こことは何か。
    そして、過去と今ここと未来の関係性を理解することで、本当の意味で「今ここ」に没入・集中して、楽しみ切ることが出来るようになりました^^

  84. 平井健太 より:

    日本はこの先も続いていくのか、このまま住んでいられるのか。産業の空洞化や企業の海外進出がしきりに叫ばれていた時に就職活動に入りましたが、不安がいっぱいでやる気にならない、正解を求めて旅をする、そんな自分がいました。
    nTechと出会って「不安になることで安心する自分」と出会い、今ここを作っているのは自分自身であることを納得して受け入れることができ、安心の心でいるのが当たり前になって、自然と周りに人や情報が増えるようになってきました。
    パートナーとも未来を見据えた関係を築くことができるようになり、不安が来ても跳ね返せる、そんな自分に変化できたと思っています。

  85. 高橋恵 より:

    以前の私は、不安という感情は私にはないと思っていて友達とかで不安症のひとがいるとあの人は大変だねー
    とか、なんでそんなに不安なのかなーと人の事をみて正直不安な人を馬鹿にしてる傾向がありました。
    エヌテックに出会い、自分の不安な感情に気がついた時にいかに麻痺させていたことがよく分かりました。人間がなんのかわからないと本当に不安ばかりを抱えるか麻痺させるかのどちらかなんだなーと深く腑に落ちました。

  86. 波多江めぐみ より:

    nTechに出会う前は、安定した仕事についたものの未来への可能性が見えず、「私はこの先どうやって生きていきたいのか?」「このままでいいのか?」という漠然とした不安感がありました。不安だから色々探してみたとしても、これからの時代の向かう方向性が分からないから、一体どう人生の舵を切れば良いのかが分かりませんでした。nTechと出会った事で、過去も未来も全てが一つに繋がり、向かうべき方向性に迷う事なく、今ここ選択することができるようになりました。

  87. より:

    私は保育士として働いていたこともあり、こども達の未来とか将来とか考えたり、想ったりすることが多かったのかもしれません。お父さん、お母さんとチビッコ達のやりとりがとても嬉しくて思わず周りも微笑んでしまうようなやりとりがとっても少なく感じていました。それは保育士とチビッコ達とのやりとりもしかり…だったんです。でも、私1人の力じゃどうすることも出来ませんでした。
    nTechを知って、周りのどの人達にも知って欲しいと思うようになって将来、未来はワクワクなものに変わりました!チビッコ達だけでなく、人はみんな可能性そのもの!奇跡の塊なんだと知ったわけですから!


  88. そらまめ より:

    以前は、何が不安だったかって、「漠然とした将来の不安」という雲をつかむような不安の渦に押しつぶされそうになっていたことでした。どこから発生するかも分からない、漠然とした不安です。発生源も分からないので、発生を止めることもできず、ただただ、「なんだかわからないけど押しつぶされそうになる」そんな感じでした。「そんなこと、悩む必要ないんじゃない?」といくら周りから言われても、不安は消えず、勝手に湧きだします。旅行、飲み会、遊びに行ったり趣味に走ったり等々いろいろな気分転換はするものの、発生源はそのままでした。nTechと出会って、そもそも不安に思う必要がないことを不安に思っていたことがやっと腑に落ち、不安の発生源が消えることで、各方面の将来の不安が解消しました。

  89. 中西豊 より:

    将来に不安があるのは、一言で言えば
    「自分が何者か分からないから」です。

    自分とは、人間であり、人間を知るには、人間がいない時代の地球を知らないと知ることが出来ない。

    地球を知るには宇宙を、宇宙を知るには宇宙が生まれる前に。

    つまりは、概念的にはこの宇宙を作った神様のような存在が分からないと自分が分からない。

    n Techは、その本当の自分が分かるようになるので、どこから来て、どこに人間が向かうのか?人間はなぜ存在しているのか?などなど、知ることが出来、未来に対して明確なビジョンを持つことが出来るので、未来不安から未来ワクワクにスイッチが変わりました。

  90. miisan より:

    将来に対する不安、と言えば私は結婚し子育てをしている時に、自分がよくわからない不安を抱えていたことに気付きました。結婚後の目の前の忙しさの中で、いつか落ち着いたら○○したい、子育てが終わったら再就職をしよう、というようなわずかな希望を持っていましたが、一日一日が飛ぶように過ぎていくので、ただただ毎日をこなしているだけで、常に子供たち相手に自分が思ったようにはならない現実があり、何のために生きているのか実感もわかない日々になっていました。そんな時にnTechに出会って、人間とは何なのか、何のために生きているのを知ることを通し、初めて、地に足がついたように思えたのです。自分の現在地が分かるからこそ、自分で方向性も決められる。今では圧倒的に絶対達成したい夢について語ることが多いため、不安な気持ちを抱えていたことはすっかり忘れていました。nTechを活用して自分の意思を立てて濃度の濃い人生を生きられていると思います。

  91. 古川いずみ より:

    以前は、お金に対しての不安、将来に対しての不安が止まらなかったです!!!
    お金を稼いでも稼いでも、そして貯金しても、貯金しても、「将来、想定外の事が起きたら何の役にも立たないな、と思ってました。

    例えば結婚してから、子供は何人で、学校は私立なのか、公立なのか、何歳で独立して、自分たち夫婦がいくつから老後になるのか人生設計を立てて、計画的にお金を貯めましょう、などと言われてましたが、

    例えば公立に行かせるつもりでも、受からなくて私立だったら?とか、子供2人のつもりでいても3人できることもあるじゃん!とか、両方の両親が介護施設に入ることがあれば、多額のお金がかかるし、万が一旦那さんが途中でリストラに合う可能性もある!とか、寝たきり老人になったら、無駄にお金使うな、とか、老後100歳まで生きたら、生きるのにいくらお金がかかるんだろう、とか、

    将来を生きることって数え上げたらキリがないくらい不安要素がいっぱい!いえ、むしろ不安要素しかない(笑)。

    こんな事を夜な夜な考え、本当にこの資本主義の中でお金持ちはいっぱいいるのに、自分のことが本当にちっぽけでミジメな存在に思ってました。

    nTechに出会って、わたしの思考が自分を苦しめてた事がめっちゃわかったんです!
    不安や不信は過去の記憶から引っ張ってやってくると。
    本当は未来も過去もなく、イマココ人間は10の500乗倍あったり無かったりを繰り返している。
    これが理解できた時に、将来への不安、お金の不安がぴゃーっと無くなりました。
    今は、現実画面を統制して思った通りにワクワクるんるん生きてます!!!

  92. リョーマ より:

    現代は情報洪水社会と言われ、選択肢が無限にあり、生き方や働き方も多様化しているので自分は何を選択したらいいのか不安に思う人は多いと思います。

    とりあえずお金を稼ごうと頑張りますが、年収700万円以上になるとお金ではもう満たされなくなるというデータもあります。

    僕も、常にやる気に溢れ、不安がない、イキイキワクワクした人生ってどうやったら得られるのか探していろいろ学びました。

    そんな時にnTechに出会いました。
    そして明確にわかったんです。
    心の不安を解決できるものは、お金や物、成功哲学などのテクニックにはないと。不安がなぜ、どんな仕組みで起きているのか、そもそも人間の心の仕組みを知らなければ、自分の内側から変化が起きないと、永遠に不安を作り出して、それが湧き水のように溢れ出てきます。

    今まで、自分の外側にばかり意識を向けて頑張っていましたが、今は変化の方向性が逆向きになりました。そこからはまるで霧が晴れたような多くの変化が起き始めています。


  93. 相良真史 より:

    nTechと出会うまでは、正直 自分が何を感じてるのか?何を考えてるのか?よくわかりませんでした。それぐらい心がマヒしてたんですね。それがnTechと出会って、今まで中心にあった感情や行動の原動力が、すべて不安からきていることを深く理解できました。不安や恐怖から逃れるために行動するって大変ですよね(笑)
    心から、ほんとうの安心を感じたことがななったんですね。今では将来に対する不安は正直言って1ミリもありません。むしろ、内側から湧いてくる安心感やワクワク感をエネルギーにして、未来に確信を持って生きることができます。
    努力や能力の問題ではありません。自分の中にある絡まっているものを解くだけなんです。ぜひこのスッキリ感やワクワク感、深〜い安心感からくるエネルギーを、多くの人に感じてもらいたいです。

  94. しげみ より:

    将来は不安で仕方がありませんでした。どこに向かっているのかもわからない。だから今していることにどんな意味があるのかもわからない。そんな生き方でした。でも何に不安しているのかも漠然としすぎていて何が不安なのかもわからない。だから解決しようがないし、人に相談することもできない。とにかく先に進むことが怖かった。そんな生き方でした。
    そんな不安の生き方の私が、nTechと出会い将来への不安がなくなってしまったんです。生きる方向性がわかり、夢をもち、そして仲間もできる。これって実はかなりすごい事だとおもいませんか?漠然とした不安恐怖の生き方からワクワク感動の生き方への転換を遂げることができたのですから^^

  95. kenmiura より:

    小学校高学年の頃から「面白ければいい」という刹那的な気持ちが強まり、
    高校に入ってからは、それが加速しパンクロック的な生き方(破壊的感情)を好むようになっていました。
    そんな状態のときって不安は感じないんですよね
    社会人になってからもまだバブルの残りがある時代だったので、そんな感情(破壊的)を秘めながら日々の仕事をこなしていました。
    30歳手前、2000年が近づくにつれて「このままでいいんだろうか?」といった不安と初めて出会いました。
    nTechを学んで思い出したのですが、実は幼少期の頃に「生きることに不安と絶望をしていた自分」を思い出したのです。原因は両親のケンカでした
    nTechを学び、不安・絶望していた自分を認めて受け入れられるようになり、日本という国と両親を深く理解をすることができて、親に心から感謝ができるという一番の親孝行ができたことに感謝です。
    今はありのままの自分で、目の前の人を元気にできる仕事をワクワク楽しんでいます♪

  96. ちは より:

    この仕事をこのままやっていていいのか?という不安、任されている仕事の責任を私がとれるのか?という不安。自分の自信のなさから来る不安、この人とつきあっていていいのか?という不安。不安は数えればきりがないくらいありました。
    そして、不安ひとつひとつに対して、私は不安が生まれる根本原因がわからないまま、ひとつひとつに対処療法をしていました。でも、根本からの解決になっていないので、一時的に不安は解消されても、時がたてばまたやってくる。nTechに出会って根本解決を知った時は衝撃的でしたが、不安ベースだった私の心の根底が安心スッキリベースになり、本当に楽になりました。

  97. KOH⁺ より:

    私は将来が不安でした。

    その不安はとても漠然としたもので、何をやっても、何を選択しても、何に向かっていても落ち着かない心がいつもありました。

    結局、確信をもって生きることはできず、何をすれば確信が持てるのかすらわからないので、努力しようもありませんでした。

    nTechを学んで変化したことは、意思決定の根拠の仕組みがわかったことです。

    確実なものがなかった自分にとって、初めて絶対と言い切れるものとの出会いがありました。
    しかも信じるのではなく理解することで!

    今では未来に確信を持って、確かな道を進んでいる自信を持って、毎日を生きてます。


  98. りん より:

    以前の私は将来に希望なんてとても持てず、いつも不安でいっぱいでした。なぜなら自分には特にずば抜けて何か才能があるわけではなく、せめて何か資格をとって安定した職業に就こうと思っても、本当にやりたいわけではないから本気になれず、とりあえず始めた仕事をずるずるとやり続けるしかない。そんな人生を繰り返していたからです。
    自分の現在地を認めれば認めるほど、将来に悲観するしかありませんでした。

    でも、nTechを学んで、将来に対する不安がなぜ生じるのか?なぜ未来にわくわくでないのか?がわかりました。それは私が悪いわけでもないし、両親の教育が間違っていたわけでもない、社会が悪いわけでもない。
    何が根本原因なのかを正しく理解すること。
    それができたときに、初めて自らの人生を自らが望むように創っていくことができるようになります。そうなってしまえれば、将来に対するわくわくドキドキはあっても不安はありませんよね。
    誰もがnTechを道具に将来をクリエイトしていく楽しさを味わえたらいいなあと思います。

  99. vivishock より:

    自分は何者かになれるのだろうか。

    自分が望んだ未来に本当に近づいているのか。

    自分の人生こんなはずじゃなかったんじゃないか。

    DV環境の中、暴力に虐げられた無力な自分を否定するためにずっと生きてきました。

    結果を出すことで自分は無力ではないと言わんばかりに。

    目の前のお金や成績の判断基準に右往左往と生きてきたので、休みの日には本当は自分がどうしていきたいのかが全くわからないことに気づかざるを得ませんでした。

    転職をした時に感じたのは、職場で出してきた成績が自分の人生にとってなんの意味もない、その場しのぎの数値でしかなかったということ。

    じゃあ自分の人生にとって意味のあることは一体なんなのだろうか?

    わからないままに時間が過ぎていくことが怖くてたまりませんでした。

    将来の不安が常につきまとう。

    過去の無力な自分を否定する原動力で未来を見据えることができない。

    今、自分がどんなことを感じて望んでいるのかを全く考えたこともない。

    うつ病になった時、あとは死んで人生終わりだと思っていました。

    そんな時に出会ったnTechによって、ずっと過去に囚われ続けてもがき苦しんでいた自分に気がつきました。

    そのことを自覚した時は“自分の人生そのものがもはや無意味だったんだ”と空回りしていることに苛まれました。

    過去もない、未来もない。全ては認識によって作られている錯覚に過ぎない。

    nTechの学びによって、過去がある前提から、そもそも全ての存在がないところから始まっていることを理解しました。

    過去があって、それを受け入れて生きていくのではなく、そもそも過去なんて存在しない。

    果てしない自由と、自分の人生を設計していくことのできる確信。

    相対比較することなく今ここから自由に始められる生き方を実践し始めて、ようやく将来に対する不安がなくなりました

  100. 山中浩司 より:

    将来への不安は私は特に前の職場でそれを感じてました

    給料もポジションもやりがいもある仕事なのになんだかスッキリしない
    ワクワクしない
    このままでいいんだろうか 、自分がしたい事はこれなのかこのまま一生を終えてしまうんだろうか
    という不安と疑問が常につきまとっていました

    しかし、nTechを学んでからの私は
    日本をリライズしたい!という明確なミッションに出会うことができました
    本当の日本の姿、涙、使命を知った時に自分のやりたい事はこれなんだ!
    と確信に変わっていったのです

    それからの私は毎日仲間達とワクワクしながら日々ミッションを持ち、生きる事が出来るようになりました

  101. asariken より:

    nTechに出会うまでは、将来に対して希望が持てず、漠然とした不安がありました。
    これから何をしていったらいいのか、時代が求めている事は何なのか、それもわからず、何をどう選択したらいいのかがわかりませんでした。

    でもnTechに出会ってからは、何が本当の問題なのかが分かり、今まで俺がどんな時代だったのか、どんな限界を持っていったのかが整理でき、
    これからはどんな時代を作っていくべきかの全体像が見えたので自分が何をしていったらいいのかがわかるようになりました。
    目までは将来に対する不安焦りの方が多かったですが今では将来に対しての希望を持って前進できるようになりました。

  102. KiJi より:

    将来の不安といえば、サラリーマン時代はとても強くて、毎日毎日に苦痛でした。収入の面ではかなり安定はしていましたが、この仕事はいつまであるんだろう?とか自分は社会で生き残れる人材なんだろうか?と自分という存在に対して不安でした。また今はこれだけお金があるけど、年金も当てにならないし、生涯年収で見たら赤字確定と思い込んでいたので、日々の生活も楽しめませんでした。nTechを学び、自分がまだ起こってもいない未来を先読みし過ぎる癖があること、また未来をみてるつもりが、過去から未来を考えてしまっているだけの観点がわかってしまい、今は不安から一気に自由になり、今ここを生きることができるようになりました。


  103. 山下恵未 より:

    不安って根深いです。私は母親から「将来なにがあるのか分からないから安定した企業に、大きな傘下に入れ」と言われ、父親からは「手に職をつければ食いっぱぐれることはない」と言われていました。結局親が言いたいことは「子供が経済的な不安を持たないように」という愛情表現だったんですね。

    結局私は母親の言う安定していると言われる企業に入りましたが、リーマンショックから始まった早期退職制度や、着々と来るAI時代は雇用形態を一瞬で変えるし、大きな企業が潰れることもあるなぁと思っていました。
    もちろん個人的な悩みもありました。小さな悩みを深堀していくと、本質的な問いにぶちあたります。
    自分とは?人間とは?

    nTechのセミナーを初めて受けたとき、積年の不安が一気に解消されホッとしたのを今でもよく覚えています。例えて言うなら、赤ん坊で生まれてから、ルールの分からないゲームに参加していて、とにかく周りを観察しながら正しいか正しくないかを判断し終わりなきゲームをやっていたけれど、nTechはそのゲームをやる根本の意味、そしてルールを手にできます。全体像が見える。プレーヤーにも解説者にもなれる。この安心感があるから、いろいろなことに勇気を持ってチャレンジできるようになりました。

  104. ぬくこ より:

    何が不安なのかはよくわからないんだけど、
    将来に対する漠然とした不安を抱えている人は多いのではないでしょうか?

    私はそのひとりでした。
    看護師をしていた当時の私は、どちらかというと安定した収入もあるし、休みもあった。

    だけれども、
    本当にこのままでいいのだろうか?
    ずっと続けるのだろうか?
    将来においての漠然とした不安があったんですよね。

    それが、
    究極を言うと、
    病気とはなんなのか?
    いきるとはなんなのか?
    人間とはなんなのか?

    その明確な問いがわからないことにあったことなんて当時の私は気づきませんでした。

    しかし、
    世の中は答えがわからないのではなく、問題がわからないのが限界だ。
    nTechの創始者 Noh先生のその言葉を聴いたときはっとさせられたのは言うまでもありません。

    なぜ、いきるのか?
    なぜ、死ぬのか?
    なぜ、人間なのか?
    このいつも使う考えや感情、言葉、行動はどこから生まれているのか?

    それらの問いが論理とイメージを通して理解できたからこそ、
    不安が生まれる仕組み構造がわかり、
    それをも楽しむことができるようになりました。

  105. 澤田祐子 より:

    将来の不安。

    将来の不安であり、今ここの不信不安を一掃するのがnTechですね。

    将来の不安は、起きてもいないことに対する漠然とした自分で立ち上げたドラマの中で起こります。

    もし〜だったら。
    このままいくと〜になるに違いない。

    全て自分の中の妄想なんですね。
    でも、妄想とも言い切れないくらいリアルに思うので、足下をみて自分の不足要素、ダメだと思うところを掻き集めてさらに不安を助長させたりしますね。

    自分の妄想、思い込みを整理するのは、勇気がいることかもしれませんが、逆に一歩踏み出す勇気さえあれば、怖いものはありません。

    不安や葛藤は、むしろスッキリな未来を創るためのギフトだと思って、ワクワク一歩踏み出す選択が大事かなと思います。

  106. 高橋美里 より:

    AI時代の波が迫る中、人間がどうなっていくのか、未来がどうなっていくのか、不安ですよね。私は不安でしたし、むしろ考えてもわからないからなんとかなるだろうと楽観的に考えていました。問題意識を見ないようにしてました。
    でも、本当は無意識では将来に対する、これからどうなるんだろうという不安でいっぱいでした。

    nTechでは未来がつくられる仕組みがわかります。与えられるまま未来を迎えるのではなくて、自分で未来をつくっていくその仕組みを活用できるので、不安ではなくワクワクしながら今ここ、そして未来を自分で創り出せるのです。

  107. ピュア より:

    みなさんは、将来への不安ありますか?
    不安がない人いる訳ないじゃんという声が聞こえてきそうですが。。
    30歳ごろの私は、このまま一生独身だったらどうしよう
    年金ももらえるか分からないし、とりあえず貯金しなきゃと
    30歳で年金保険に加入したりととにかく不安でした。
    お金だけではこの不安は解消されないと分かっていても不安の原因は、一人で解決できない。絶対に裏切らない人間関係があればお金がなくても、食べ物に困らないし、生活できるし、生きていけるし、不安もないと分かるけど・・・・
    お金を貯めるしか方法が分からない。
    人間は裏切るし、信頼できるものはお金しかない。
    信頼できる人間関係を販売しているところは、今のところは聞いたこともないし
    絶対に裏切らない人間関係作れます❗️という学校も出会ったことがない。
    そんなときに、nTechと出会い 
    絶対に裏切らない人間関係があるんだ、可能なんだと希望を持ちました。
    だから、将来への不安もないし
    変な話、お金がなくても不安じゃなくなりました。
    今は、どんな条件状況でも絶対に裏切らない人間関係の中で幸せです(^^)


  108. はるころり より:

    私は小さい頃からじっとしているのが苦手で、落ち着きがないので周りに進められて茶道を始めました。茶道をすると心が落ち着くからと。たしかに、ゆとりがもてたのは事実ですが、根っこにある不安とは関係ありませんでした。私の根っこにある不安は、「大事な人がいなくなったらどうしよう、ひとりでいきていけない」という感情です。次女でいつも助らてきた感覚が強いので一人で何もできないと思い込んでいます、nTechをしってからすべてにその感情から出発して出会っていることに気づきました、器用な人間関係さえもその出発だから不安のエネルギー満載だったんです。しかし、今この瞬間に本当はそのことは関係ないから未来ビジョンから常に考え判断できるようになってからは、根っこの不安がなくなっていきました。nTechで不安が解消し、世の中が再建する道も同時に見え自分のやるべきことにも出会い不安どころか不動心で力強く生きることができる。それがnTechのすばらしいところです。

  109. ろい より:

    将来に対して明るい未来を持っているのか、不安でたまらないのか?
    どちらかの思いを選択するのかはとても大事なことだと思います。

    ただ単に将来どうなるかだけではなく、日々の生活していく上での原動力、ひいてはやる気などすべてのことに影響してくるからです。

    いまは『先行きが見えない時代』と言われています。
    そのため、将来に対し、明るい未来より不安を感じやすい傾向がありますが、そんな中で希望に満ちた将来を思い描くことが出来るということは、時代、社会、家庭から選ばれる人間にないのではないでしょうか?

    不安ももともとは『不安がない状態』から『不安になってしまう状態』に変化しただけであり、この仕組みを観ることが出来れば、おのずと解決していきます。

    『自分と自分の宇宙がない』ことを論理とイメージで理解し、そこだけにとどまらず『ない状態』から『ある状態』への変化を観ることが出来るnTechを活用応用すれば、将来に対するイメージも変化してきます。

  110. YOKO より:

    私の父親が教師と言うこともあり、小さい頃より両親から安定した仕事が1番。真面目に働くのが1番。と言う教えを受けながら育ちました。そんな私は学校を卒業した後に資格を取り、病院で働きました。働いて2.3年すると仕事も慣れてきましたがやりがいがあるかと言うとマンネリしてきて、ルーティンをこなすだけの毎日になってました。このままマンネリで仕事を定年まで同じことをやるのかと思うと、希望に満ちて入ってきた時はどこへ行ったのか、不安な気持ちが続いていました。
    そんな時にnTechを学び、マンネリしてるのは仕事(現象)でなく、そう認識してしまう自分が原因だと理解ができ、今ここでリセットし、感動で観る観方ができるようになりました!
    今では、マンネリにハマることがなくなり、常に新しい出会いと感動、そして気づきを得ることが出来ています(^^)
    nTechがなかったら、仕事は続けられなかったと思います。

  111. 吉村真奈美 より:

    私の母は心配症で、何かやろうとすると、「それは大丈夫なの?」「無理しちゃだめよ。」と言って来るのです。やろうとすると止められるし、やってみてもないのに未来の不安を訴えられるんです。
    そりゃ、将来を不安視する見方になってしまって当然ですよね。こんなお母さんに育てられて来た人は少なくないんじゃないでしょうか?

    nTechでは、この不安が生まれる仕組みを明確にしています。それは、お母さんのせいでもなく、当の本人のせいでもなく、人間だったら誰もが宿命的な課題として持っていることなんです。だから誰のせいでもないんです。
    ここだけでも随分と心が安心しますよね。

    だから、その課題が何なのか?それはどのように生まれるのか?何故、生まれるのか?を知ることが一番早く、永遠に解決される方向です!

  112. あかり より:

    将来の不安は、常にありましたね。どの年代においても感じてたもので、先が見えない漠然としたもの。
    不安を解消する為にお金、時間、仲間が得られれば全部解決できると思ってネットワークビジネスを本気でやっていました。
    何かがダメだったということではなくて、なぜ不安を感じるようになるのか?とか自分が思いやすい癖など、nTechを学ぶことで一気に整理されました。今は過去にとらわれるでもなく、未来に不安を感じるでもない、今ここを楽しみ生きることができるようになりました。


  113. bonatakato より:

    ntechと出会う以前の私は、常に、自分の未来に不安を感じてました。

    仕事では出世できなきゃ生きてる価値ない。仕事で成功できるのだろうか?
    自分なんかと結婚してくれる人はいるのだろうか?
    結婚しても幸せな家庭を築けるのだろうか?

    と常に不安を感じ、不安を払拭するために、とことん自分磨きをしていました。本を大量に読み、たくさんの人と出会い、様々な経験をすればするほど、人間力が身につくだろうと思ってました。

    しかしながら、何か他の人と比べて出来たことがあった時は一時的な優越感があるものの、それはあくまで一時的であり、長続きはしなかったんです。

    だから、どうすれば未来への不安を根本的に無くせるのだろう?と常に考え続けてきました。

    そこで出会ったのがnTechでした。

    nTechでは、自分と自分の宇宙は実在しないことを根拠を持って論理的に語っており、

    つまりは、過去もない、未来もない、今ここしかない、そして、今ここがどれだけ神秘的なのか理解させてくれました。

    そのイマココが、とてもとても美しかったんです。そして、過去や未来に悩むのは、全て自分の思い込みからきており、その思い込みもnTechのALL ZERO化感覚を活用することで解消できました。

    未来に何か悩み事がある場合は、ぜひぜひ新しい教育技術を活用してみてください^ ^

  114. miracle369 より:

    結婚して子供ができても、学校のいじめや街でいつ何がおこるかわからなくて心配。人間関係もその時々は楽しくても一生付き合っていく関係性はなかなか難しい。地球の汚染、放射能の問題、食品添加物の危険性。そんなつもりでなくても足の引っ張り合いにみえる政治。お金に追われる生活。いろんな問題ばかりみえて、不安がたくさんでした。ニュースも心が痛むものが多く、人間はなんのために生まれたのか本当に疑問でした。nTechを学び最初に整理されたことが、問題に対する問題でした。今までの部分の問題解決ではなく、問題の根本アプローチにアクセスしていくので、根源ひとつの変化から、全てがクリアになっていく世界と出会いました。それにより、人間に対する観方、社会に対する観方がガラっと変わり、不安からワクワクと希望にひっくり返ったことが、ビックリです。

  115. あさみ より:

    私は「わからないこと」が不安でした。将来のこと、社会のこと、人間のこと、勉強すればするほど複雑でわからなくなっていきました。
    何を軸にどう生きればいいのかわからない。
    目の前のことが楽しくても、常に不安感が付きまとっていました。

    でもそれが、nTechを使ってスッキリ解消(*^o^*)
    なぜならnTechを使えば、全ての複雑が根本からシンプルに整理整頓されるからです!
    究極のシンプルが理解できれば、将来の不安に苛まれることなく、今ここを全力で楽しめる生き方ができちゃいますよ(^.^)

  116. Natsuki より:

    高校生までは、進む先が明確にあったので、将来が不安になることはなく、
    何か明確な目標に向かって頑張ることができていました。

    でも大学生になり就活を意識するようになってから、急に将来への不安が生まれ始めました。

    「今のままの自分では将来何も成し遂げることができず、中途半端に人生が終わってしまう気がする。」

    何か社会にインパクトを与えるようなことをしたいという想いだけはあったけど、

    何がしたいのかもはっきりとせず、明確な目標や向かうべき方向性がいつまでたっても決まらずにいました。

    そんな中生まれてくる不安をnTechは完璧に解除してくれました。

    なぜなら、今まではやってくる未来に自分がどう対応するのか、が基準となっていたところから、

    自分がこの現実をクリエイトしていけるという感覚が基準になってしまったからです。

    どんな未来も自分で、自分の認識の変化で創り出すことができることが明確に腑に落ちたら、将来の不安なんて、感じる必要も無くなってしまいました!!

  117. ゆんべ より:

    以前、いつも将来に不安を抱えて、焦る心を抱えて生きていました。
    焦っても仕方がないと思うのですが、どうしたらいいか分からず、負のフラクタルから抜け出すことができませんでした。

    けどnTechを学ぶことを通して、自分が何者なのかにきずくことを通して
    今ここ 自分自身で選択、決断できるようになり
    結果に対しての解析が変わり、
    今ここ 選択 決断できる 自分自身に自信を持てるようになりました。
    今ここ、自分自身で未来をつくっていることの大切さにきずかされました。


  118. hiro より:

    将来に対する漠然とした不安。自信のなさ。一体何をどうすればこの不安と自信の無さを克服できるのか?
    少しでもカッコ良くなろうと努力したり、人前で話す練習をしたり、リーダーと言う役割にチャレンジしてみたり、本を読んでみたり。あらゆることに取り組んでみました。
    だけど、やればやるほど理想とする自分といかにかけ離れている現在地なのか?を認識するたびに自己否定。
    これから努力し、成長しなければならない沢山のことがあることを知り、立ち向かうモチベーションが無くなって行きました。
    結局自分はダメなんだと自暴自棄になる。
    そんな自分と向き合いたく無くて現実逃避。
    一時は気持ちが晴れるけど、それも時間の問題。
    抱えていた課題に向き合わず、時間だけムダに過ごしてしまった自分に気付きさらに自己否定して絶望する。

    そんな自分のままでもういたくないと決断し、また頑張り始める。
    ある程度は上手く行くが、また限界にぶち当たった時は同じループの繰り返し。

    そんな無限ループが起こる原因が何なのかが明確に分かって、変化できるようになったのがnTechでした。

    今では、未来への不安、自信のなさからの変化ではなく、一切の不安や自信のなさかから自由になった所から、つくりたい未来に向けて、楽しく努力をできるようになりました。

  119. なっちゃん より:

    私はとにかく将来が不安で不安で不安で仕方なかったです。
    小さな子どもを抱えてどうこれから生きていったらいいのか。
    今はパートナーがいるけど、シングルになる時がくるかもしれない。
    今は仕事があるけど、いつ仕事ができなくなるかわからない。
    私が歳を重ねた時に年金は期待はできない。
    後何年私は今の暮らしができるのか。
    今の暮らしができたとしても、ずっと今の働き方はできない。
    今は日本に軍はないけど、子どもが大きくなった時は軍ができて、大事な子どもを戦争にもって行かれるかもしれない。
    日本が戦争になる時は、世界中で戦争が起きてるだろし、、、
    子どもが大人になった時に幸せだろうか、、、
    どうするば良いのか考えれば考るほど、答えがみつからなくて不安になりました。
    それが、nTechに出会ってすっかりその不安は無くなりました!
    世界中でこのnTechが広がれば、戦争は無くなるしお金の問題も解決できる!
    この安心感は、色々なセミナーで学んできてもどこでも得ることができなかった安心でした。

  120. naomi joy より:

    医者という仕事柄、仕事さえしていればお金の不安に襲われることはありませんでした。ですが、AIの登場で一気に危機感を煽られることになり、焦りました。気づけば結婚もしていないし、心を許せる仲間も数人。それでもその人たちを大切にしていたら幸せになれるかといったら、十分満足に幸せになるというよりは・・・・いつか裏切られたり、自分だけハミされるんじゃないか?という将来の関係性のほうが強くありました。nTechを学び、活用したおかげで自分と自分宇宙が明確に理解できました。それだけでなく新技術の開発を続けられ、医師以上の新たな職人、職種を作り出すアイデアを生み出すことができました。おかげで医者を継続しながら、さらに新しい職業を作るというなんとも贅沢な状態になって、裏切らないたくさんの友人ができました。将来の不安というより、人類の不安を払拭するのに自分は何ができるのか?を大切な友人たちと新しい組織づくりとともに一緒に開発しています。

  121. こうた より:

    将来の不安ってすごく漠然としていて。このままでいいのかなーって。なんかこのままじゃダメな気がするけど、仕事を変えたら改善されるのか?お金をもっと持っていれば改善されるのか?今のままじゃなんか違うけど、何に違和感を感じているのかすらわからないから、どうしたら改善されるかなんてもっとわからない。だから不安。私の場合はそんな感じでした。
    nTechを使い始めてからは、違和感の正体がわかったし、なぜ私が今ここに存在しているのかがまるっと明確にわかるので、不安がないんです!どこから来てどこへ向かうのかわかっていれば、プロセスを楽しみながらゴールも楽しめます!

  122. EMI より:

    将来のことなんて考えてもよくわからなくて、いつも考えることをやめてしまっていました。なるようになるさって。そんな先のことは今考えてもわからない、と。でも、考えてもわからないというよりは、考えれば考えるほど心配が溢れて仕方なかったんだと思います。
    結局私が進むのはこの道で正しいのかな?自分の人生ってい一体なんなんだろう?自分の人生に意味はあったのかな?考えれば考えるほど自信がなくなったり、よく分からない迷路に入るようでした。
    でも、nTechを知って、そんな悩みがなくなったのは本当にすごいことだと思いました。なぜなくなったかというと、私がなぜこんなに悩むのか全部わかりましたし、悩んでた答えもわかったからです。それが、しっかり論理だった話だったこともしっかり理解できた要因の一つでもあります。ここに悩まなくていいというのは、本当に大きいです。


  123. erina より:

    わたしは会社に拘束されて働くのが苦痛で、悶々した社会人生活を送っていた時期が、一番不安で、お先真っ暗でした。いったい、人生って何なんだろ、わたしはどうやって生きればいいんだろうと、グルグル考えても、答えは見つからず、焦りばかり蓄積されていきました。天命を知りたいと心底思いました。
    そんな中で出会ったnTech。自分が何者なのかわかり、100%心からやりたいと思える天命と出会いました。
    不安がなぜ生まれるのかも客観的にわかったし、不安をなくしてゼロ化する方法もわかったので、安心のベースで生きられるようになりました。

  124. すっちゃ より:

    僕はnTechで将来への不安がなくなった!と断言することができます。たとえ不安を感じたとしても、とらわれなく、不安から自由になれました。
    もともと楽天的な性格なので、不安感にさいなまれて困るっていうようなことはほとんどないんですが、漠然として不安や焦りがあったというのが正直なところです。
    将来自分の人生はどうなるんだろう?日本はどうなっていくんだろう?など、どうなるのか分からない未来を考えると不安を感じることがありました。
    でもnTechを通して、自分の将来、日本の将来、世界の将来、時代の将来に対する明確なビジョンと確信を持つことができたので、将来への不安は自然となくなりました。
    それに、そもそも「時間とは何なのか?」といった本質深いことまでも理解ができるので、今ここ今の瞬間に集中できるようになりました。気づいたら将来に不安は解消されていました。

  125. yukinago8 より:

    仕事、パートナー、そもそも自分の人生について漠然とした不安を抱えていたなと思います。とりあえずお給料はもらえても、自分が生き甲斐を感じられるような仕事ではなかったし、自分に自信を持てなかったので、人との人間関係を築くことに対する不安もありました。しかし、nTechと出会ってから自分と自分の未来に対する不安は一切なくなり、むしろワクワクの未来に変化できました。条件によって左右されない不動心、自己絶対肯定感が持てるようになったのが大きな要因だと思います。

  126. 亀井 薫 より:

    不安はどこから来るのだろう???
    大抵は未来、将来だと思います。ではなぜ、不安になってしまうのか?
    それは、明確に自分が幼少期の時に見つけた無意識エンジンが関与しています。
    エンジンなのでアクセルとブレーキがあるのですが、
    私はある場面を思い出すんです。それは小1の時に読書感想文という宿題をやっていた時に、
    自分が一生懸命何もわからず③時間くらいかけて作った力作を、「こんなのだめ!!」と頭ごなしに否定され、消され、怒られた恐怖!!!があるんです!!
    なので、その時に怒られる自分=ブレーキ、怒られないような自分=アクセルが完成!!!
    怒られるのではないかという不安から全ての物事、人間関係を整理します。
    幼少期に培われた無意識エンジンで9割型人生が決まるのですから。
    そんなもんで、こと人生という所で考えても常に周囲、組織、社会から怒られるのではないか?
    という思い込みの不安で溢れかえった、事実をみずに常に不安、不安、不安となってしまう。
    しかもいまは情報の洪水ですから何を信じたらいいかわからないから余計に不安になるんです。

    そんな状態をnTechはスッキリと解決します、なぜならば全てを一つで規定して、いまここ
    不安が一掃された安心そのものの自分でシンプルな思考整理が出来るので不安なんかおさらばだからです。

    興味のある方ぜひ共に学びませんか?

  127. あーさん より:

    私は将来不安でした。不安しかなかったです。

    夢があったはずなのにまわりに流され夢を諦め安定の道に行こうと働くも、働けど虚無になって行きました。そのうち夢も忘れて働き自分は何をしたいのかも分からなくなっていました。それに加え老後の不安、健康の不安、結婚の不安などありとあらゆる角度からのメディアの影響で常に将来大丈夫かなと考えていました。

    しかしnTechと出会って自分は何をすべきかが明確になり不安が出来る仕組みも理解し毎日を楽しむことが出来るようになり感謝してます。


  128. コメントを残す

    日本語が含まれない投稿・リンクを含む投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)