働きたくない若者の心理を大きく変えた働きたくなる技術

投稿日:

日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう!

働きたくない若者が急増する日本

 

 

 

 

当然と言えば当然かもしれません。

日本の若者は、

親が楽しそうに働いてる姿を見たことがない人も多いですし、

日本社会を見渡しても、

終身雇用の崩壊、サービス残業、パワハラ、セクハラ、モラハラ、クレーム、安月給、高い税金、ブラック企業、嫌な人間関係、将来が見えない不安など、

マイナスイメージばかりが蔓延しています。

だから、これらの不安要素を乗り越えてまで、

仕事に求めるものは何もない

⇒だから「働きたくない

そんな若者が急増しています。

 

 

 

 

欲しいものと言えば、自由

 

 

 

 

物や情報が既に溢れている時代に生まれた若者は、

常に満たされた状態で大人になった。

だから、物やお金に価値を置かず、

自由な生活に重きを置く若者が増えました。

 

 

 

 

でも、自由ってどうすれば手に入るの?

 

 

 

 

自分探しの旅に出れば見つかるの?

本やネットを調べたら見つかるの?

環境を変えれば見つかるの?

 

 

 

 

実は、どの方法を試しても、

本物の自由を手に入れることは難しいです。

確かに一時的な自由は手に入るかもしれません。

でも、精神的に満たされることはないでしょう。

だって、世の中には偽物の自由ばかりが蔓延してるから。

 

 

 

 

本物の自由とは、

あなたの中に既にあるものなのに。

外を探したって見つかるわけがないのです。

 

 

 

 

かと言って、

自分の中から自由を見つけるのも難しい。

でも、nTech(認識 technology)を使えば、

自分の中から簡単に自由を見つけられるようになります(^^ゞ

 

 

 

 

凄くないですか?笑

 

 

 

 

もし、

働きたくない。就職したくない

働かずにニートをしている

仕事をしたい理由が全く見つからない

生活できるお金だけ稼げればいいやと思っている

働かなくていい方法ばかり探してしまう」という人がいれば、

是非、nTech(認識 technology)を使ってる人たちの口コミを参考にしてください。

働きたくない若者にとって、

何かいい気づきが得られると思います♪

 

 

 

 

※いま日本のスリーピースバンド「打首獄門同好会」の「はたらきたくない」という曲の歌詞が、働きたくない若者の共感を呼んでるそうです。この記事を読んでるあなたも共感すると思ったので、動画シェアしときますね(^^ゞ



働きたくない若者の心理を大きく変えた技術nTech(認識 technology)とは?

  • リョーマ

    働きたくない、やる気がないというのは、今の社会に明確なビジョンや方向性が見えないからだと思います。
    そもそも自分が何のために生まれて、何をすべきか、それを明確に指し示すことができるリーダーもいません。
    僕はそれらをnTechで手に入れました。
    それらの答えが明確に理解できて、自らの生まれてきた意味もわかりました。
    これはとても大きなことで、実際に人生が変わったのです。
    これは今の学校教育では一切教えないことです。働きたくない若者に必要なのは、自分が何者なのかを知る、アイデンティティを育てるnTechだと思います。

  • misa

    働きたくない若者ってテーマにあるけど、これは若者に限ったことじゃないんじゃないかな?

    口には出さないかもだけど、働かなくていいなら…お金さえあれば…って我慢しながら働く中高年も多いはず。

    でもまあ、若者のほうが「働きたくない」ってなるのも頷ける。

    だって楽しそうに働く人は周りにいないし、モノも溢れた時代に生まれて取り立ててほしいものもない。お金のために我慢するなんてもってのほか!

    となったら、無理してがまんして働かなくてもいいや、ってなるのは当然だと思う。

    それにね、nTech学べばわかるんですけど、「働きたくない若者」となっちゃう仕組み、背景が実はある。
    「そんなつまらないことさせるな!バカにするな!」って叫びでもあるんですよね。

    だって、今ある仕事って、他の人でもできて、AIでもできちゃうことだから、
    自分だけ、人間だけができる仕事じゃないんだもの

    だから、ホンモノの自分からしたら、プライドが傷つくわけですよ。そんな扱いするな、失礼だろ!と。

    でも・・。本当にやるべき仕事に出会ったら、水を得た魚のように元気に楽しくなっちゃうのは間違いなし。
    疑いたくなる人がいたら、nTechの世界を覗いてみてね。

  • こましょー

    私は、上司の言う事を聞いて全てしっかりやる事だけをやっていた人生。上司が喜べば○。上司が怒れば✖️。これは本当に生きていると言えるだろうか?
    だから、今の若い人は偉いと思う。やりたい事はやって、やりたくない事はやらない。
    素直すぎて昔はムカついてました。
    だけれど、それは若者がダメなわけではなく、若者が問題意識に敏感で身体が全く動かない本当に素直だからであることがわかった。
    若者はもっと我慢せずやりたい事があるからこそ、今のこの世の中間違っていると訴えたいけど、現実を目で見てしまって何もせず大人しくしてしまっている。
    そんな若者よ!nTechで大自由な心で羽ばたこう!!
    不可能だった夢が絶対に叶う!今この世の中働きたくないなら働きたくない理由を明確に知ろう!そしたら、若者の時代がやってくる。
    だって、これからの時代は若者が創るんだから。

  • Moooriii

    私の身の回りには、働きたくない若者が沢山います。そんな彼らは、「社会の歯車として働くイメージがあり何も楽しくなさそう」と言っていました。社会に対して自分が何か貢献出来る訳でもないし、何かを成し遂げたいという願望もないと。nTechを通してそんな悩みが一掃され、働きたくなりました。やればやるほど、やる気に溢れ面白くて仕方がなくなります。

  • みかり

    まさに、、25歳のころの私は、働きたくない若者でした。
    というのも、身体的にも体調を崩し3週間ほど寝込み。
    それをキッカケに仕事を辞めたこともあり、もう働きたくなくなっていました。

    今思うと、精神的なものが原因で体調を崩していました。
    お金のために働き、我慢したり、自分を良く見せようとして、、そんな日々に疲弊してしまったのだと思います。

    そんなときに私はnTechと出会いました。

    そしたらビックリ、働く意味も価値も丸ごと変わったんです。
    自分を殺して無理することも、お金や生活のために我慢して働くこともなくなりました。

    というか、なにをしていても、自分の行動ひとつひとつ、呼吸ひとつひとつがなんのためにしているのか、それが明確になり、軸がストンと定まりました。

    これ、すごく楽です。
    迷わないって楽なんです。

    働きたくないというのは、もっと有意義に自分の命を使い切りたい気持ちの裏返しだと思います。
    働きたくない若者は、希望そのものなのではないか…と、自分の経験を通しても感じています。

  • Teuhiko.Nakagawa

    働きたくない若者はたくさんいるのかもしれない。国はその若者たちを簡単に切り捨てるのか。nTechを使えば、そんなことできなくなります。なぜなら、働きたくないと思うには根深い根本的な原因があるからです。現象的には働きたくないと言っている若者も、本来はものすごい可能性を秘めています。経営している会社にとって欠かせない素質を持っている可能性が非常にあります。まずはnTechを通してその若者の涙を理解することが大事だと思います。なぜ働きたくないのか。nTechを使ってその話を聞いた時に、本当のいみで若者と繋がり、その若者の可能性を開花させることができるでしょう。働く楽しさを教えることができたら、この国の経済はどれだけ発展していくだろう。「働きたくない!」って叫びはこの時代にとって、とっても希望の叫びなんです。

  • yukachin

    働きたくない若者は結構いるのかも知れませんね。何が原因なのでしょうか?
    若者は、自分が生まれてきたときには、世界はすべて出来上がっていて、そこに合わせるしかないし、その世界もつまらないと思っているかも知れないですね。
    そうなると、働きたくないってなるかも。
    そんな時はnTechですね。人それぞれのパーソナルユニバースを皆持ってます。だから自分の宇宙をアップグレードできます。観える世界が変わって行きます。そうしたら自分が創りたい世界を、人と協力しながら創って行くことも出来るんです。現実の捉え方も変わってきます。仕組みを使いながら創る世界。面白いですよ。

  • macha

    一番元気に、一番楽しく働いて欲しい若者!なのに、元気がない。やりたいことがわからない。
    働くのかったるい。親みたいになりたくない。働きたくない若者量産!
    情報が沢山ありすぎで、しかもすぐスマホで情報を手にいれることができちゃうから、比較対象が半端ない
    常に相対比較の海で泳がされていますよね。
    まずは、nTechで、自分の可能性を知ること、自分というか、人間の可能性ですかね。
    人間こんなもんじゃない!
    自分こんなもんじゃない!
    をまず知って欲しいです✨

  • おがじゅん

    「働きたくない若者」ということを度々聞きますが、ハッキリ言えばこれは当然のことです。

    日本の場合、「働きたくない若者」たちの世代が生まれたころは、すでにバブル崩壊しており、日本の経済が上向かないばかりか、リストラは当たり前であり、これに追い打ちをかけるかのように、スマートフォンもかなり早い段階から手にしています。
    そうなると、世界中のあらゆる情報が簡単に手に入るので、例えばあれだけがむしゃらに働いてせいぜい標準的な給料を得ている父親と、1秒で何億を簡単に稼ぐ世界トップクラスの大富豪を比較した時に、まともに働くこと自体がアホらしくなるのも頷けます。
    これを解決しない限り、「働きたくない若者」が増える一方です。

    Noh Jesu氏はこの問題に対して、明確な解決策を提示しています。

    これは、nTechを通して、まず自らが誰にも奪われることのない、「絶対尊厳そのものの自分」であること、「自由そのものの自分」であることを認識出来るようになります。

    そして、そんな若者たちがnTechという共通土台を基にチームプレイをすることで、自らが本当に創りたい誰もが無限の可能性に溢れ、これをお互い無限大活かし合える、尊厳と愛と自由に溢れた時代へのアップグレードが可能なのです。

    だから、今の時代や社会に対して、ハッキリとNo!!を突きつけている、「働きたくない若者」が真に希望ですね!!

  • 川名哲人

    今、働きたくない若者が増加しています。
    キラキラと輝いて楽しそうに働いている大人がいなければ、若者の働く意欲も失せていきます。時間と行動と精神が拘束される対価として手に入れたお金で生活を維持するのが精一杯な状態であれば未来が広がるイメージが持てないでしょう。
    nTechはすべての意欲を自分自らつくることができます。たとえ環境が悪条件だったとしても、それをひっくり返すイメージと実践ができるようになります。

  • HARUKO

    働きたくない若者、それはまさに20年前の私。
    大学3年になって周りが就職活動を始めても、私は社会人になるということがピンと来なくて、流れについて行く気にもなれず気づいたら就職浪人という状況になっていました。
    でも当時ならまだIT職とか憧れられる分野があったけれど、今はニュースなどをみていればどんなにお金持ちになっても名誉を得ても幸せなわけじゃないことにうっすら気付いてしまうのでなかなかがんばれないですよね。
    小学生の憧れ職業Youtuber だって、誰でもなれるわけではない、いつまでもできるわけではないことは子供心に分かりますもんね。

    nTechを学んで、AIの登場によって人間の憧れられる職業が無いんだってことが分かって、23年も前からこの危機を予測して準備してきたと知って度肝を抜かれました。
    カッコ良すぎる!!
    その内容はさらにしびれるほどの美しさ!

    働きたくない若者はむしろ正常だとも思います。今までにない、未来の仕事づくりに熱中してたら働きたくないなんてこと忘れてますよ。

  • 熊倉恵子

    働きたくない若者。ぶっちゃけ、仕事つまらないですよね。だって、今やってる事が、本当に人の為に、社会の為に貢献してるのか?って言ったら、自信満々に「貢献してる!」と言い切れますか??私は言い切れないと思います。
    なぜなら、今はAIが出てくる時代なので、AIに出来るような仕事だったら必ず近い未来に超えられてしまいます。じゃあ、AIに出来ない仕事ってなんだ?その仕事じゃなきゃ、今の若者は、働きたくなくなるはずです。
    nTechではAIが認識できない領域を認識可能にさせ、人間の無限の可能性、やる気、モチベーションを開花させる技術でもあります。若者が働き甲斐の持つ社会。これを創っていきたいです。

  • やぶ

    働きたくない若者は、未来に希望が持てず、夢もないからワクワクしていません。
    そんな若者も、未来に希望が持て、夢ができた時にワクワクしてきます。そうなった時に、どんどん積極的に働きたくなるのです。
    働きたくない若者に、希望、夢、ワクワクを与えることができ、働く楽しさに気付かせることができるのがnTechなのです。

  • えみる

    なぜ、働きたくない若者がいるのか。当然、今の若者にその原因の全てがあるわけではありません。

    人類がこれまでにつくった環境や社会や時代が作り出した結果帯です。

    知らないうちに悪気もなく、やる気がでない状態になっている。

    自分に置き換えれば、周りに何を教えられてきたのか、環境はどうなのかにより、影響を受けてしまっていることがよくわかります。

    背景や脈略を取らずに、表面的な行動や言葉、表情、考えだけ、超部分をとって、自分の解析で相手を決めつけること。何度も意識的にも無意識的にもしてます。

    nTech技術を学ぶと、その背景がよくわかります。コミュニケーションの仕組みを知ることで、目の前の相手との交流が変わります。

    もし、働きたくない若者を切ろうとするならば、若者にジャッジするのではなく、そうする自分の自身を見直すことから新しい関係性がはじまると思います!

  • 堀江直樹

    働きたくない若者というのは今はとても切実な問題で企業としても今の若者たちが繊細すぎて扱いに困ると感じている話も伺います。
    この問題をどのように解決すればいいのでしょうか?若者たちの問題??
    この問題の本質は人間の認識の構造と組織の構造に問題があるとnTechでは考えます。人間の脳は過去に固定され、各々の経験イメージを現象に繋げます。そのため皆、それぞれが見ている世界は異なり、お互いのコミュニケーションは誤解の温床となりえるのです。
    そのため組織を組むとなると、このお互いの違いの問題は表面化し、統率やまとまりを作るためには我慢が生まれるようになっているのです。これを今まではお金の力や権力や暴力で統率してきたのが人類の歴史ですが、
    これからはお互いの経験や知っているところから自由になり、いかにチームプレーをするかが鍵だと感じます。その新しいチームプレーを可能にする技術がnTechという技術ですが、新しい人間の進化の方向性が見えたとき、それが新しい職業・働き方にもなりますし、新しい人間が集まって企業活動をするときにも新しい働き方が生まれます。
    若者たちにとっても今あるレールの上でいくのではなくて、今はまだ見えない世界を共に作っていく立場を託すことが鍵になるのではないかと考えています。

  • Rerisertae

    今の時代バイトテロという企業にとってはダメージの大きい仕打ちを動画に面白半分でするのか堂々とやる若者のニュースを頻繁にメディアに登場する度に、“働きたくない若者”が多いんだなと思ってしまいます。
    仕事の楽しさや喜びを教育出来ないが故に、ただルーティンをこなすだけのAIでも出来る仕事は自分が何のためにやるのかわからないからだと思います。
    企業としてもダメージを加える人物は切り捨てるのはバイトだから変わりはいるから新たに募集すればいいからバイトの子達に対する育成はしません。
    社員とかなら教育するかもしれませんが、そもそも働きたくない若者にどうやって、会社の理念や業績を上げさせることが出来る教育が出来るのでしょうか?

    やり方だけでは若者の育成は形だけになります。
    心から自発性能動性もってやれる若者を量産するには『nTech』教育しかないと思います。

    なぜなら、現に深いところから自分のやりたいことと繋がれる『nTech』を共有出来た若者が誕生しているからです。

  • ちは

    働きたくない若者は本当に心が健康だと思います。なぜ?
    今の働き方、生き方は今までの社会を作った大人たちが作り上げたもので、若者は、既にその働き方、生き方がもう終焉を迎えていることを気付いているから。だから、今の社会の中でやりたいことなんて見つからない。彼らは最先端の感覚を持っているのです。今、農業社会から産業社会に変わったように、大きな時代の転換期が来ています。今までの世の中に合わせて生きるのか?全く新しい時代をけん引していく側になるのか?どちらでもよいけれど、もしも新しい時代をけん引していく側になりたいのであれば、その道具はもうできてきます。

  • 吉田純

    働きたくない若者が増えているのは、とても納得がいきます。

    今の若者たちは4,50代以上の人たちよりも圧倒的に賢いです。

    経験やお金、能力でみれば、そちらの方が上に見えるでしょう。

    しかし、たくさんの情報に触れるのが当たり前で育ってきた若者たちは本質を見抜く目を持っています。

    働きたくない若者が発しているメッセージは「自分たちがやりたいことは、今やっている仕事には無いんだ!」ということでしょう。

  • 島崎信也

    それはそうでしょう。働きたくない若者が溢れてくるのは。今はもう、右肩上がりを期待できませんし、AIが登場し人間そのものが日に日に否定されてくる時ですし。心が健全で健康な若者ほど、こんな仕事はAIでも出来るから私の仕事なんかじゃない!という無意識の心の声が聞こえてきそうなほどです。働きたくない若者が増えているのは当然の事でしょう。社会、そして文明が病んでいるからです。

    健康な心からしたら、病んだ社会、病んだ文明、病んだ仕事などをしたい訳がありません。働きたくない若者は、既に健全健康な心である事を分かっているんでしょう。ただ、その事を明確に理解しきってしまう事です。そうしたら次の一手が見えてきます。ただ漠然と働きたくないのではなく、ただ漠然と若者なのではなく、明確に働きたくないし、明確に働きたい事が分かるし、明確に若者であり、明確に人間である事が分かる状態です。

    nTechだから、それが分かるし、可能です。あなたの健康な心はもう働いています。あとは、それがどこに向かい、何を果たすのか、です。nTechで、それを確認してください。

  • 小畑多美子

    今、働きたくない若者は本当に多いんじゃないかと思います。
    前に、社会人になりたくないです。ずっと学生のままがいいって若者の声を何人も聞きました。
    理由を聞くと、働いている大人たちが、機械の部品の一部のように仕事をこなし、
    活き活きしてない人が多いから、あれが将来の自分の姿だと思うと、
    大人になるのも、社会に出るのも嫌だと、みんな口をそろえたように話してくれました。
    それを聞いた時に、今の若者は、未来に対して希望が持てないんだと感じました。

    nTechを学んで実践していくと、人間とは何か、生きるとは何かという本質からの再定義ができ、
    すべてに対するものの観方が大きく変わり、生き方も大きく変わります。
    その生き方の中の一部分が働くことなので、そこも自動的に観方が変わるから、
    働くのが嫌で、心が死んだように働く毎日から解放されていきます。

  • 波多江めぐみ

    働きたくない若者も現代すごく多いですが、「働く」というイメージ自体が、誰かの下について従わなければならないイメージが強いのではないでしょうか?

    若者に出会って思うのは、やはりこの莫大な情報に触れる機会が多い分、昔以上に賢い若者がとても多いように思います。
    ですが、働くスタンスが旧スタイルで進化が起きていないため、若者にとっては窮屈なはずです。

    窮屈だけど、何をどう変えていけばいいのか?どこまで我慢してどこからは主張していいのか?など、その方法が分からなければ、進化を作ることはできません。

    nTechはクリエイティブを可能にする技術ですので、道具として活用することによって、どんなものでも仕組みで解析しチャレンジしていくきっかけになると思いますし、そういう機会が増えることで働くことの意味も変わってくると思います。

  • まい

    働きたくない。こんな言葉をこれから社会にでる若者、社会人になったばかりの若者からよく聞きます。社会の歯車になりたくない。そんな事をいう若者もいました。若者とも、年配の方ともお話する機会が多い私は、若者と今までこの社会をつくってきてくださった年配の方では、全く違った人種なのではないかと感じる事がよくあります。そして、どちらの世代が正しいということでもないんだということも感じます。そして、あまりにも違う格差の状況にお互いが分かり合えない状態にあることも感じます。働きたくない若者。。。若者も決してこんな風に無気力、諦めの人生を送りたいわけではありません。では、どうしたら働く楽しさを伝えることができるのでしょうか。私はnTechと出会いより大きな夢・VISIONを持つ事の大切さを知りました。今の若者は自己価値が低く、野心や野望というものがない人が多いように感じます。どこまでの範囲の夢・VISIONを持つ事ができるのかで感情も行動力も意志も育つものが変わってきます。そして、大事なのはその自身が持った夢・VISIONを叶えることができる自分なんだというアイデンティティです。夢・VISIONと自分が切り離された状態ではモチベーションにはつながりません。今の時代に対して、今の社会に対して、どんな影響力をもった自分なのか。そのアイデンティティの変化があった時に、どんな事に取り組んでもやる気がみなぎり楽しさを感じる生き方を自らが創造する事ができるようになります。nTechによって自分本来の意味・価値をまず取り戻してみることおススメします!

  • 村田優子

    今、元気な若者でさえしばらく日本の会社で働いても、海外に行くことになるだろうとか聞きます。閉塞感を感じているのでしょうか?
    学校教育で、主体性をつぶされてしまっていくのを私は感じます。なので本来あったものを学校という中でいいところを抑える訓練を散々受けて、いざ、社会に出たら自分の意見を言うようになど全くびっくりなことを言われる社会。

    夢を持っていても、それを応援するよりは、挫絶するようなことが多く見聞きします。

    そんな中で働きたくない若者が多く出るのもわかります。コミュニケーションも家族の中で少なくなる傾向にある中、人間関係でつまずくことも多く、本当に大変だなと思います。

    無意識エンジンという自分の人生を整理できる技術がnTechで開発されていますので、今働きたくないと思っているのであれば、ぜひそこから自分の人生を見直すチャンスと思って、受けてみてください。

  • 森本柾人

    働きたくない若者は多いと思います。というか殆どの若者は当てはまると思います。
    わざわざ組織に入って、拘束されながら社畜になって行くくらいなら、個人で自由な時間を使いながら生きたいと思うと思います。
    ブロガーやユーチューバーの中にもそういった人は多いと思います。
    だけど、人間に本当に必要な自由は、そう言った時間や現象的な自由ではなくて、心の自由を今ここ得ることです。
    それができた時、組織に属そうが、個人でいようが、沢山の人と関係性を気づきながら、新しい時代や未来に向かってお祭り状態で楽しむことができます。
    それを可能にさせるのがnTechです。

  • SAKI

    生まれた時から、お金や物にはあまり不自由がなかった若者世代、消費や生活のために我慢して働く意欲は弱くなってると思います。色んな社会の規則、不条理な上下の人間関係に我慢してまでお金が欲しいと思わない20代、30代は多いですよね。周りの環境に自分を見失うこともありますよね。でもどんな環境、組織にいても、自分が環境に影響を与えたり、自分が統制できたら強いですね。それができる人間力、人間関係力をもつためにnTechの技術が活用できると思います。環境を変えることによって得られる個性や自分らしさ、自由ではなく、自分の心がいつもワクワク、自由な状態にいれること、それが必要だと感じます。

  • やなぎ

    皆さんは楽しく率先して働いていますか?働きたくない若者がふえていると言われる昨今誰をも攻められないのではないかと思います。働いている先輩方をみていて楽しそうではないし、希望をもって働いたとしても何のために働いているのか?!ビジョンや意味価値が見えないから若者だけでなく年配者にも働きたくない人は少なくはないのだと思います。
    経営からしても大事な人材だとわかっていてもどのような方向性をもっていったらよいのか?!わからず迷走してしまう

    楽しく働くためには?と勤め先や職種をかえてみたところでやはり働く意欲がわかない。
    そんな方にnTechは打ってつけです。だから働きたくないのか!と理解できるだけでなくていきる方向性を見いだしていくことも可能になっていきます。

  • sumitomo

    「働きたくない若者」が増えている事は、最近ニュースでよく聞き、実際私が就職活動をしていた頃よりも増えているイメージ。ネットで調べると、働きたくない理由として「親や周りの大人が楽しそうじゃない」という記事もあり、納得。
    私が学生の頃、バイトをしていたお店の店長は、いつも疲れていて覇気がなく、生きる気力が全く感じなれなかったので、正社員になるとこうなるのか、、、と正社員で働く事に疑問をずっと感じてました。しかも親は正社員になるのがいい、という常識を押し付けてくる始末。正社員で働く事に楽しいイメージはありませんでした。
    でも、nTechを学ぶ事を通して、そもそも出来る事や生活のために作業をするのが働く事ではなく、まずは意思決定できる自分になり、大きな夢やビジョンを持ち、どんどんチャレンジをし続ける事が、結果的に仕事になっていく事を知りました。今では働く事が楽しいです。

  • さかなゆう

    何故働くのか?
    何のために?どこに向かって?

    今の若者に限ったことではないかもしれないですが、若者はよりいっそ働きたくないって思っていることが多いと思います。

    働きたくない若者。
    その若者たちは、お金がなくても、物がなくても幸せを感じよう、そんなところを目指してる人がたくさんいるそうです。

    だけど、これ、若者と呼ばれる世代より10個くらい上の私も気持ちがわかるところがあります。

    車が欲しいとか
    家を買いたいとか
    強い物欲があるわけではなかったので、
    必要以上に働く意味がわからなかった。

    食べていける最低限なら、アルバイトで事足りたので、正社員になりたいと思えなかったし
    お金や物がなくても幸せを、感じていられる人のほうが人間として美しいように感じてました。

    nTechをとおして何故このようなことになったのか
    歴史文明すべてを整理整頓したうえで
    なぜ今の若者が
    働きたくないのかが明確に整理できました。

    そこからスッキリした気持ちで
    今の時代になにを補えばよいのかがみえたことで
    資本主義システムを補えるnTechにますます価値を感じて
    nTechを道具にして楽しく働いてます!

    働くことがめんどくさかったわたしが
    すっごく楽しく働くようになりました^_^

  • 山中浩司

    働きたくない若者はなぜ増えるのか?

    1つ挙げられるのは楽しそうに働いている、モデルになるような大人がいないからなのではないでしょうか?

    昨今AIが加速度的に発達し、人間よりも遥かに高いレベルでミスなく仕事や作業をこなす事ができてきています。

    こうなってくると今モデルと呼ばれている事業家やビジネスマンなどがAIに取って変わられモデル不在の時代になっていってしまいます。
    しかし、nTechではAIが真似をする事が出来ない0と1のアルゴリズムを超えた能力を発揮する事ができ、時代のリーダーやヒーローを輩出する事ができます。
    新しいヒーローの誕生により若者たちも働きたいと思えてくるようになるでしょう。

  • みなみか

    もう、これからの時代がいろいろ頭打ちで、今より良くはならないんじゃないかという不安を持っている人が沢山いるから、今の時代に若者なら、なおさらその中でわざわざストレスを抱えながら我慢して働く意味や価値が感じられないのは当然だな、と思います。
    ご馳走やオシャレな服や場所も日常になっていったら感動も薄れるし、どんなに色んな人に知り合っても心から信頼できる関係性が作れるとは限らない。
    頑張って命削って働いても、この程度の人生しか送れないのだとわかってしまったらあんまり未来も楽しみじゃないですよね。
    何も考えず会社に勤めていた自分からすると、「働きたくない若者」は賢いな!と思います。
    でもnTechが示す仕事というのは全く今の世の中で言っている意味と違います。自分が宇宙を動かしている張本人だと知ったならば、何をしていても楽しいしワクワクです。未来が楽しみになり、とてつもないでっかい仕事に挑みたい心になります。

  • 大場龍夫

    今、働きたくない若者が増えています。働くことの大きな意味を理解することができれば、感じることができれば、働くことが楽しくなるのではないでしょうか?自分が働くことで、何を変化させていけるのか?その変化させられるものが大きければ大きいほど、意味を感じることができるのではないでしょうか?最も意味を感じられるもおは、歴史を動かしていくことでしょう。歴史を動かしていくためには、歴史の本質を理解する必要があります。
    人類の中、世界における日本の歴史と今の時代精神を理解する必要があります。nTech認識技術は、歴史の本質を理解していく道具でもあるのです。

  • かなえ

    働きたくない若者が増えているというのも納得しますね。
    そもそも自分が何なのかわからない。
    何をしたいのかわからない。
    働く大人達を見ても幸せそうに見えない。
    人生のモデルがいない。
    働く意味がわからない。
    そんな時代の中で葛藤してのが、若者なのかましれませんね。感覚が優れてるから、今までは違う!と声なき声で伝えているのかなとも思います。
    nTechは、自分とは何かがわかり、自分のイメージが変わる技術です。本来の自分が理解できて、ようやくすべき事に出会えるのだと思ってます。

  • 見並圭一

    働きたくない若者が増えていると言いますが、これは若者に限った話ではないと思います。世の中の未来に希望が持てず、自分がなぜこの世に生きているのかさえ、わからない、今の世の中では、働きたくないと思うのも当然だと思います。この現実との何か、本当の自分とは何かを明確に知ることができるnTechを活用することでこの問題は解決することができます。

  • 中西豊

    働くってなんでしょうか?

    働くとは、この社会に貢献する。何かしらの形で、だとは思うのですが、
    特に若者は、賢いので今のお金儲け主義の社会では戦争ビジネスに成り下がっているので、世界規模のお金儲けに関しては、社会に貢献しないということが理解してしまっているので、働きたくない若者が増えるのは当然ですね。

    お金は価値の交換ということを言う人がいますが、そのさらなる本質は、秩序化する道具という要素があります。

    実はなによりも人類にとって一番価値のあることは、平和からくる秩序化になるので、その方向性に1ミリでも向かえる働きじゃないと、若者はワクワクせず、働きたくないと思えるのは当然です。

    その世界平和であり、秩序化できる人間に変化させるためには、nTech という技術が必要になるのです。

  • 原田卓

    nTechを学んでいなかったら、自分も働きたくない若者の一人だったと思います。なんで働かなきゃいけないのか、働く意味が分からなくて、就職活動に全然身が入りませんでした。
    働くこと自体が嫌というよりは、ただ会社の歯車の一部にはなりたくない。働らきがいがわからないまま、ただ漫然と時間がお金を稼ぐだけの働き方はしたくないというような心理でした。自分の存在価値が感じられない仕事はしたくなかったんです。だから働きたくない若者も増えているんじゃないかなと思います。
    nTechを使えば、自分の存在価値や存在意義の理解ができます。社会や会社の歯車の一部じゃなくて、オンリーワンで貴重な存在が自分だと心の底からイメージできるようになります。そうすると、働きたくない仕事をいやいやしなきゃいけないからやるのではなくて、自ら主体的に意志を持って、今の時代や日本の課題を解決する、やりがい働きがいのある仕事をしたくなります。
    お金を稼ぐために与えられた仕事をただやるのではなくて、今にはない新しい仕事を生み出そう!という気概が自然と生まれてきます!

  • 不知 航

    自由を私も求め続けてきた人生でした。
    お金を稼げば自由になれるんじゃないかと思って、ネットワークビジネスや投資をやってみたり。精神的自由が必要なんじゃないかとカウンセリングの資格を取ってみたり、瞑想を取り入れてみたり。でも、何をやっても自由になれませんでした。でも、nTechに出会い、自分と自分の宇宙が消えて、本当の自分に出会った時に、本当の自由と出会えたんです。その歓喜、感動は今まで味わったことのない経験でした。その出会いのあと、自由であり続けることができる自分になることが出来ました。
    今、働きたくない若者がいて悩んでいるなら、早く無限の可能性そのものの本当の自分に出会って欲しいです。

  • Maimai

    TVや新聞でも「働きたくない若者」が増えていることを問題視する記事が目に付くようになりましたが、決して彼らが悪いわけではなく、彼らの立場に立ってみれば気持ちもわかる気がします。楽しそうに働いている大人は少ないし、子供のころからインターネットやスマホで多くの情報を得て色々な生き方があることを知っている中、我慢しながら企業に勤める必要性は感じにくいでしょうし、更にはAIが台頭し人間の職業が奪われるとまで言われていたら、先輩の言うことを聞いたところで自分の将来は同じように成功するとは想像しにくいでしょうしね。nTechが生まれている今、これからは、AIには真似できない人間にしかできない機能を使って、自由に楽しく新しい未来を切り開いていける時代が始まります!nTechと出会い、いち早く新しい生き方をスタートさせましょー♪

  • たのしみず

    まさに私は働きたくない若者でした。何をやってもうまくいかない。自分に自信がない。何やっても面白くない。だから何もしたくないし働きたくもない。そんな若者でした。お金がないと何もできないからというので、働いてはいましたが、本音を言えば、何もしたくない。無気力な20代前半を過ごしていました。

    でもnTechに出会い、なんで自分が無気力になってしまうのかが、人間の考え・感情がどこから生まれるのかの仕組みで理解ができたり、もっと言えば日本の歴史、世界の歴史と繋がって理解ができました。
    その理解のもと自らが主体性、能動性を持って生きる生き方が選択できるようになり、以前みたいに理由がわからず無気力になることはなくなりました。
    ぜひnTechに出会ってワクワクな生き方を知ってもらいたいです。

  • ピュア

    今、働きたくない若者が増えていると聞きます。

    なぜ働きたくないのでしょうか。

    そもそも働くとは何なのでしょうか。

    40代になり思うのですが

    働くことで得られる世界がある!!と知っている人は

    仕事がうまくいっていたり、仕事を通して仕事以上に

    価値のある何かを得ていたり。。。

    働きたくない若者が増えているということは、今の

    大人が生き生きしていない証拠でもあるし

    働きたくない、あるいは働くことが魅力といっている

    大人が少ないことの証ともいえるのではないでしょうか。

    nTechと出会い、働くことのイメージが変わり

    働くことが楽しい!!と思えるようになりました。

    そんな人が増えれば、働きたくない若者が減りそうですね

  • あやか

    好きなことをして生きていきたい。
    誰もが実はそう思っているのではないでしょうか。。お金を得ることは、その分頑張って働いてガマンした料金。だから、ほんとはめんどくさい。働きたくない。

    今の若者はなおのこと、その意識が強い気がします。いろんな職業はあるけど、将来が見えない。頑張って働いても、お給料もそれに見合った金額はもらえない。「働きたくない若者」が増えていることは、怠けでなく、それだけ社会や人間が疲れきっているからだと私は思います!

    だから、本当にすべきことは社会や人間の根本的な問題を解決すること。そのために絶対に必要な技術がnTechです。

  • sara

    誰もが働きたくないと思ったことはありますよね。
    どんな時に働きたくないと思ってしまうのか考えてみると、自分がその仕事にまったく興味をもてない時、労力の割に収入が低いと思う時、やる必要性を感じな時、体が疲れている時、人それぞれあると思います。
    反対に、その仕事をしたい働きたいと思うのは、たとえその仕事で収入が得られなくても、自分が成長できると思ったり、人に影響力が与えられる(名前が売れる)と思ったり、すごく興味があってそれをやってみたい、と思った時ではないでしょうか。
    前者はワクワクできないけれど、後者はそれをやることで前向きに楽しくなれる。人間はロボットじゃないんだから、心が躍ることをやりたいんですね。最近は、働きたくない若者が多いと聞きます。nTechで心が何かわかることで、心がどうしたらワクワクするのかも理解できるので、若者だけでなく自分自身でワクワクできる働き方を見つけることができるようになります。

  • ecco

    日本では、働きたくない若者が増えているようです。という若者が増えています。
    原因は色々とあると思いますが、キラキラと楽しんで仕事をしている大人が少ないというのもあると思います。
    会社やお金のために我慢して機械のように働いて疲れ切っている大人たちをみて、話して未来に対して希望を持てるでしょうか?
    未来に対して不安はあるけど、どうしたらいいかわからないという若者もいっぱいいると思います。
    nTechを学ぶと今の社会の仕組みや本当の自分を知ることができるので、そこから自分のミッションを見つけることができるので、我慢して環境に合わせていく生き方ではなく、やる気やワクワク感が溢れてきます!
    若者の憧れのモデルになれる大人達が増えることが大事だと思います!

  • Keizenke

    働きたくない若者。まさにうちの子どももそこに入るのかもしれません。
    今までは家族のために、家を買う、車を買う、旅行へ行く、進学する、将来に備える…など、何とかの為にがモチベーションになっていたけど、もうそのモチベーションが効かなくなっていると思います。
    その中で、何をモチベーションにして、働くのか。
    新しい意味価値が必要なのかと思います。その新しい意味価値を規定できるのがnTechだと思います。個人を超え、日本、世界、そして歴史文明、宇宙自然とつながったところから、明確な方向性がみえて、その方向性に向かって動きを楽しめる。それが新しい働くという規定をつくりだすのだと思います。

  • しげみ

    やりたい事がわからないとか、働く意味がわからないという働きたくない若者が増えています。年配の人からしたらその姿は弱さであり、受け入れることが難しいことでもあります。
    なぜ働きたくないと思うのか。アイデンティティが小さいささ問題や、出来上がった組織や世の中を自分が変えることなんてできない。自分にできることなんてないから、組織の歯車の一部分になるしかない。働くということは我慢する世界なんだというイメージがあるだと思います。でもnTechを活用すると、そんな問題が一掃されて、自分自身のアイデンティティの変化から、出来上がった世界に従うだけではなく、新しく自らが創り出せるんだという事が明確にわかるようになります。だから意欲的に自分の人生を自分自身が生きることができるようになるのです。年齢、性別を超えてチームプレイができるようにもなり、生きるという事に変化がおこるのです。若者だけではなくどんな年代の人にも大切なものを得ることができます。是非取り入れてみてください。

  • 澤田祐子

    働きたくない若者が増えている...そうですね。働く意味がわからないというより、そもそも働きたくない...。私はそんな若い人たちが、ワクワク元気になって、"もう働きたくてしょうがない"状態をつくりたいですね。そもそも世代は違うかもしれませんが、私が初めてnTechに出会ったのは22歳のときで、かなり働けるイメージがなかったり、何をすればいいかわからないくらいアイデンティティが崩壊した状態でした。今の10代20代も程度の差はあれど、"私"がよくわからない、とか"何やっても出来るイメージがない"というのがあるんだと思います。nTechは時間も空間も存在もないところから、"今ここ"を鮮明に規定する技術です。"私"が何なのかが明確になれば、何をすれば良いのかも必然的に明確になります。それが働くモチベーションの第一フックだとすれば、あとはしっかりと運行します。是非新しい働き方をnTechで習得することをオススメしたいですね。やればやるほど、人間関係力が深く広く、切っても切れない関係性が広がっていきます。そういう中で若い人たちが抱いている夢をどんどん実現していったらいいなと思います。

  • 白鳥健

    私自身はロストジェネレーションなどと言われた世代であり、話題の働きたくない若者たちからしたら少し前の世代です。若者たちはこの世代のことをよく見ているのではないかと感じます。まじめに働いている私たちの世代の中にも、決してもう親の世代の時のような、高度成長もバブルもあり得ない、という、収束・縮小していく社会への絶望がこびりついています。さらに今の若者たちにとっては、AI・IoTの波により本質的に働くことに意味を見出すのが難しい。AIにできないこと、でなければ、自分がやる意味ないじゃないか…そう心が感じるのも当然です。
    では、AIができないこととは? 誰もまだそれを、明確に規定できていなかった。初めてそこに答えをくれたのがnTechであり、失われた世代にも光明が差したのです。

  • elly

    働きたくない若者が増えていると聞きます。
    職場においても若者と上司のコミュニケーションのズレは深刻な問題をもたらしているそうです。
    思った通りにならない、言うことを聞かない若者に対して、育てることを諦め、辞めさせるようにすることも多いのではないでしょうか。
    nTechを学び、一番感じるのが若者の涙と可能性です。
    インターネット時代に生まれ、相対比較や自己否定もひどい若者世代ですが、nTechを通して反転し、主体的にチーププレーしながら現実をつくっていきます。
    これからは、若者が思いっきり能力を発揮できる日本社会をつくっていく必要があると思います。

  • vosaraicesara

    自分にやりたいことがなければ、そして夢やビジョンを描くことができなければ「働こう」って思えないと思います。今、時代が変革期にあり、とても混沌としていて夢を描き辛いと思います。だから、働きたくない若者が増えているのは当然かなと感じています。そして、何より日本の教育が主体性を育むカリキュラムではないので尚更です。ある意味「働きたくない」と感じるのは正常とも言えます。でも、nTechを使うことで、そんなモヤモヤした心の原因がどこからきているのかに気づくようになります。そして、多くの人が感じている孤独感や、諦め、不信、不安、恐怖、怒りなどの感情が起きる仕組みを知ることで、その感情にハマり続けることなく、主体的に人生を生きることがだんだんとできるようになっていきます。そうしたら、人との関係性も変わり始め、チームプレーを楽しむことができるようになります。そしていつの間にか、「働くことが楽しい!」って思える自分に大変身していることでしょう。

  • misa

    働きたくない若者が溢れていますよね。もう若者ではない私だけど、
    そうなる理由がよくわかる。。
    だってね、なぜなんのために働くのかよくわからない。そして働く原動力もわからない。
    モノもほしくない。お金もほしくない。人の言うことをお金のためにがまんしてききたくない。
    どの仕事も誰でもできる。人間関係めんどくさい。挙げればキリがない「働きたくない理由」

    若者でない私も、ほぼあてはまったなー。
    でもね、自分が何者なのかわかったら、自分の命をどう使うのかが明確になって、勝手にエンジンが廻るんだよね。
    だから働く楽しさも同時についてくる。そうしなくてもついてくる。そうなったら人生楽しいですよ。

  • masaco

    働きたくない若者に、大いに期待する。彼らの多くは、急速に進化・変化する時代のなかで、旧態然とした既存の枠組み、仕組み、関係性には情熱を傾けられないのではないかと思う。
    nTechは、全ての知っている世界から自由になって、クリエイティブを起こせる技術。nTechと出会って、自由に、自身が熱くなれる仕事を創造してほしい。それが、未来を開く!

  • 古川いずみ

    ニート、引きこもり、鬱など現代に問題という問題は山積みで、その中で「働きたくない若者」の事も問題としてよく取り上げられますね。私は自分の子供が大学生、高校生ですし、親子コンサルという職業柄、今の若者の心の叫びにはかなり敏感にキャッチしている方だと思います。とにかく今の若者の諦めは根深いですね。
    彼らの育った時代の背景をみれば、それは当然の事で、生まれてからずっと景気は低迷。手の平の上に世界中の情報が集まり、頑張って勉強したところで、上には上がいるし、お金を一生懸命稼いだところで、これまた上には上が山ほどいるし、両親みても幸せそうではないし、未来をみたら将来自分が日本の借金を返さなければならないし、大量の高齢者を支えなければならない現実。。。こんな中でどうやって彼らにやる気にさせろというのでしょう?
    その答えが一つだけあります。nTechです。nTechはずっと過去の偉人たちが求めてきた「人間とは何なのか」の問いに答えるどころか、明確な論理とイメージを用いて「神以上の存在」だと人間の再定義をしています。そこから創りあげる自分の人生は想像を絶するほど感動的で、そして仲間と一緒に成し得ることがどれだけ喜びなのか。これを伝えていく事で若者が元気になるのは間違いないです!!!

  • naomi joy

    働きたくない若者、20代の頃、まさにその部類でした。表層はめっっっちゃやる気あるように振る舞うのですが、どこかで実は冷めていました。そこに恋愛の失敗と職場でのいじめ、職場の繁忙期が重なり心の病に陥りました。働きたくないを通り越して、職場の一部の人に殺意や恨みを抱くようになっていました。こんなんじゃダメだと思う反面、もうどうすることもできない、という無力感でいっぱいでした。nTechと出会って、学び、自分の世界観がみるみる変化しました。
仕事に対する姿勢、やる気、夢や目的などすべてが膨らんで、大きなチャレンジもできるようになりました。そのための人脈や、上司の話も聞けるようになったし、自分でも驚くほど働くことで1日がこんなに輝くのか!というくらいです。日本の、世界の若者を中心に働くことが楽しくてたまらない生き方をnTechを活用することで簡単に手に入れること、これが唯一の突破口だと思います。

  • Hiromi

    今の時代、日本では働きたくない若者は本当に多いと思います。
    そもそも、人間とは何なのか?何のために働くのか?
    そのことがわからないまま、ただただみんなが働くからと周りに合わせて行動すれば、ストレスから病んでしまいますよね。

    今までいい大人達も、建て前が上手すぎて若者のように表面化しなかっただけだと思います。

    nTechに出会ってからは、全てを俯瞰して観れるようになり、この時代が進むべき方向性が明確に分かるようになりました。
    そうなると、この時代が望む事に仕えることはワクワクし、勝手に動いていけます!

    まずは、自分自身をどう思うのか?その認識に勝負することからはじまります。
    若い方もぜひnTechに出会ってみて下さい。

  • htakamura

    「働きたくない若者」よく聞きますよね。でも若者だけではなく、年代を超えた中でも「働きたくない」人が増えてきているとも思います。
    今の時代は、物や商品、情報が溢れていて、もう死と隣り合わせなんて事もないから会社組織の中で「我慢すること」にNOがあると思います。また、我慢してまでやりたい事や目指す夢もなければ尚のこと。
    ですが、nTechを学べば何故そのような問題が起きるのかを理解できるし、さらに歴史の時代背景からも「組織」に対する限界とその問題解決もできるので、新しい組織作り・チームプレイが可能になり、今からの方向性をわくわくの心で創っていけます。是非nTechを取り入れてみてください。

  • 大川 真

    働くというと、時間、場所、行動を縛られるイメージが出る人が多いかなと思います。だからこそ働くのは嫌だし、働きたくない若者がたくさん続出します。嫌々働くのは、これからの時代は古いなと思いますが、我慢ばかりしてても結局体調を崩したり精神的に病んでしまって周りに迷惑がかかります。でも、本当は、働くというのはどういうことなのか?ということを0から考える必要があると思います。nTechは過去のイメージを0化させ、新しいイメージを生み出すことができます。その技術を活用しながら、働くを再定義して、これからはワクワクのイメージで働くことができるようにするのがおススメです。

  • 亀井 薫

    働きたくない若者が急増している。これは耳が痛い話かもしれませんが、
    ある意味当然かもしれません。
    なぜなら、今はもう誰かに教えてもらうではなく全てがスマホが答えを教えてくれ、更にワンクリックで世界を変える力を持っているんです。皆、しかもそれが当たり前の時代の若者なんです。
    そりゃ、そんな世界知ったらわざわざ自由を制限される既存の会社や組織になんて働きたくないですよね。

    でも一方で人付き合いをしていかないとやはり生きていけない。人は一人では生きていけない。だからこそどんな人、どんな場面でも目の前の相手と仲良くなれる技術が必要ですよね。

    あるんです。
    nTechっていうんです。一番深い心が明確に理解できるので絶対的に裏切らない人間関係を得られるんです。

    働きたくない若者は、これからの未來の大事な希望です。私はnTechを若者に絶対に伝えていきます。

  • 明楽

    変化が目まぐるしいこの時代、どこに向かうことが正しい道なのか働きたくない若者が増えてしまうのは無理もないと思います。
    それに、どれだけの大人がワクワク楽しく仕事をしているのでしょうか。今まではいい大学に行っておけば仕事もあったのに、AIが登場してきた昨今は、IQ10000のAIに勝てるはずはありません。ではこれからの時代、人間はどうするべきなのか。その方向性を若者たちに示すことができないと、この課題は解決できないと思います。nTechは時代の方向性を示すことができる技術です。
    ぜひ若者にも大人にも出会ってほしいです!

  • イワミユカ

    私もかつては働きたくない若者でしたし、働きたくないおばさんでした。働いても働いてもこの先何があるのかわからなかったからです。未来に希望があるわけではないし、毎月決まった給料をもらい必要なものを買い生活が潤っている感じはしない、何を変えればいいのかわからない。nテックを学んで、一変しました。人間とは?生きるとは?自分とは?その答えがわかったから。そこからじゃないと始まらない。

  • とみざわりょうた

    私はnTechと出会う前は働く意欲が湧きませんでした。なぜなら働く意味をよく分かりませんでしたし、お金のために働く気にもなれませんでした。それでも働いていた理由は職場の人達がいい人たちだったからだと思います。そもそも私は大学まで行きましたが、それまでの22年間で働く理由も、働く意味も、しっかりとどこかで聞いたことがありませんでした。

    そんな時にnTechに出会って、全体像の理解から働く意味が理解出来たので、今は働くことに苦痛はまったくなく、逆に使命感すら持つことができています。

    ぜひ私と同じような悩みを持っている方は、nTechを取り入れてみてください!

  • erina

    働きたくない若者というと、働く意欲がないとか、やる気がないといったイメージが思い浮かびます。もっというと、そもそも、生きるのが楽しくない、生きるのがつまんない、夢が持てない、といったイメージも浮かびます。でも、本当は、熱くて燃えて夢に向かって走りたいのが若者だと思います。なぜ、そうなれないのか。いまの日本の中で、そういう大人のモデルが不在なことも理由だと思います。もっと本質的にいえば、自分の存在意義、人間の存在意義がわからないからだと思います。実際わたしもそうでした。
    nTechを通して、自分の存在意義、人間の存在意義に対して明確な答えがわかるようになりました。確信を持てればエネルギーも湧いてきます。お金のために働くのではない、働き方の革命を起こせますよ。

  • クッチー

    働きたくない若者が増えています。
    幼い頃からモノ商品に溢れ、親は楽しそうに働いていないし、日本社会は借金まみれ、年金問題など明るい話題が全くなくなく希望がみえない、今の社会。働きたくないと思うのも当然の時代です。
    nTechは、イメージ不可能な動きを活用して、いくらでも新しいイメージを自らが作っていける技術です✨
    自分の働く意欲だけでなく、75億誰もNoが言えないビジョンまでも!ぜひ、nTechに出会ってください。

  • まる

    働きたくない若者が多い理由。それは、自分の生まれた意味や価値がわからないからなんじゃないかなと思います。若者が悪いわけではない。今の教育がそこにアプローチしていないからかなと思います。nTechでは、人間とは何か?何のためにどこに向かって生きるのかを明確に理解できるので、そこと繋がって働くことがとっても楽しくなりますよ。

  • こみず

    働きたくない若者は健康的です。どう考えたって働きたくないでしょう。
    今は大学で教授が就活生に「AIが来るから仕事がなくなるぞ」と教えるくらいです。当然解決策は提示してくれません。
    大人たちが人類存続の危機の警鐘を鳴らす中に、若者は突っ込んでいくわけです。
    働く意味がわかりません。
    経験も知識もお金も人脈もない自分に何かできる気もしません。
    頑張ったところでベーシックインカムのお世話になって終わりです。
    働きたくない若者は本当に健康的です。
    潔く、新しい時代、新しい仕事を作る側にいきましょう。
    nTechはその道を案内しています。

  • miracle369

    働きたくない若者が増えていると言われますが、逆にそういう若者を増やしている社会があると思います。今の時代はパラダイムシフトが求められていて、その変革の主体が今までの、機械でもできるような単調ワークや、考えることをさせない言われたことをやる上下関係、過去を教える教育などにNOと言っているのではないでしょうか。nTechから全体像と時代を解析した時に今の時代の先端の若者たちの心がわかります。心の半導体という新たな技術で熱くなりましょう。

  • aiko

    私も働きたくない若者の一人でした。この世界では、どうあがいても一番になれない。もうスマートフォンやAIなど凄いものは既にでている。その中で、一体私に何ができるのか?世の中の仕事を見ても、どれもパッとしない。こんなところで働きたくない。かと言って、代案もない。本当にこの世界で働くことが無意味に感じていました。nTechと出会って、なぜそのように自分がなってしまうのか明確に理解できました。そしてそれが、人間の現在地であり、何を補ったら突破できるかまで見えてしまいました。

  • ろい

    この頃は、働きたくない若者が増えてきていると聞きます。
    ひと昔前であれば、どこで働けるかと働き場所を求めていたのではないでしょうか?いまは、仕事自体に魅力を感じなくなり、職場間での人間関係やその他、ストレスが多いのか、気のあう仲間内で群れるという話も聞きます。そして、何より未来に希望を持てないのが原因ではないでしょうか?いくら働いても働いてもトップとの差は縮まるどころか増えるばかり。そんな中、いろいろなストレスを抱えて働けという方が無理だと思います。若者の含め、仕事に意味や価値を見出す世の中を作っていきたいと思いました。

  • mizu

    働きたくない若者の心理を大きく変えた働きたくなる技術
    なぜ若者は働きたくないのでしょうか??それは今この時代に明確に必要なものがわからないからだと思います。
    色々なものが過渡期にはいり、ものづくりでもモチベーションが湧きづらいです。
    何か新しい何かが必要だけど、自らでそれをつくることもできない、、、見渡せば、ネットを見れば自分よりすごい人がたくさんいる、そんな相対比較で自分のことを小さくみている若者も多いように感じます。どうせ自分なんて、、、という声がよく聞かれます。

    そんな時代にあたらしいニーズをプレゼントし、どうせ自分なんてという自己否定を一掃できるのがnTechです!

  • 由佳子

    働きたくない若者は多いと思います。
    先日出会った進路を模索中の若者の夢は「ニート」でした。
    感性が鋭く魂が進化した若者達は今の社会にあるエゴにまみれた仕事や働き方に納得する事もできないしそんな仕事に我慢も出来ないのだと思います。
    若者が納得してワクワクする魅力的な仕事が無いから、働きたくなくなるのは当然だと思うのです。

    人間の可能性が無限大花開く個性の花を生かし会えるそんなお仕事じゃないと若者は納得しないのだと思います。

    nTechは若者が納得できる今までにない無限の可能性でどの年代も超えて誰もが使える技術だと思います。
    一番大きな人類共通の夢とvisionと出会ったときに若者が開花できる世界と繋がると思いました!

  • 高橋恵

    働きたくない若者が増えている…。
    そう段々働きたくない人が増えているように思います。
    情報が多いこの社会の中で、AIもどんどん出てきて便利さが追求されて、仕事の種類も減る中で
    先の見えない不安を一番感じているのは若者ではないでしょうか?
    SNSが発展しているのに人との疎通がうまくいかない、余計ストレスが溜まる一方で解決する策もない。
    諦めざぜつを蓄積している人が多い。
    しかしその問題とみえるものが実は1番の気づきであり答えであることがわかる技術なのです。

  • あかり

    働きたくない若者ってテーマにあるけど、働きたくないを感じるのは若者に限ったことではないなーと思います。
    実際に私も働かなくてよければ、働きたくない!仕事やめたい!と思ってたし。
    環境や人に合わせるしかできない人生は不自由で、ずっと自由を求めてた。
    だから、お金と時間と仲間を得て隠居した人生を送りたくて、ネットワークビジネスを選んでやっていました。
    でもね、「自分はこういう人間だ」という固定したアイデンティティーからは抜けることはできずに苦しかった。nTechで自分は何者なのかを知った時に、その固定がはずれ、本当の自由を手に入れましたよ。
    その働きたくない心になる明確なしくみも、nTechで分かります。働きたくない若者に限らず、本当の自由をnTechで出会ってほしいですね。

  • 働く=楽しい
    今の若者たちにこの図式は当てはまらない気がします。
    だから"働きたくない若者"が増えているんだと…表面的に楽しそうに馴染んでいるように見せないととかいう気持ちも無意識のうちに作り上げられてるから「アタリマエ」にその場に合わせようとしてる若者たち。
    それじゃあ!疲れていることも「アタリマエ」そんな無意識が積み重なってって無気力にもなると思います。
    nTechを知るとその仕組み、そう思う仕組みがわかります!
    アタリマエはキセキだらけなんです!

  • miisan

    働けば働くほど自分の夢を実現できたり、更に大きな夢を持ってそれを目標にがんばってこれた時代がありました。でもその時代は終わってしまい、今若者が見ている現実は働くことに夢を持てないし、心に余裕のない大人たちの姿なのではないかと思います。夢を持てるモデル不在だったら「働きたくない若者」が増えるのは当然のことだと思います。nTechに出会って、人間はその生まれた時代、環境に知らず知らずに影響を受けているということが分かりました。実は知らず知らずに世の中の価値判断基準に合わせて物事を選択しているんですよね。これが分かったら、実は本当に自分がやりたいこと、成し遂げたいことに出会えてしまうんです。是非知ってほしいと思います。

  • Mami

    働きたくない若者が増えているって、今のままの社会だと当然だなと思います。
    戦後、父や祖父の時代は心を置いて、とにかく必死に働き、戦後の焼け野原から豊かな日本への復興を果たしてくれました。今の時代は物も情報も溢れ、競争や格差も激しくなる一方。尊敬できる親や上司も少ない。むしろこんな生き方したくない、従いたくない、GAMEの世界の方がよっぽど楽しい。労働もAIで代替できるような仕事なら、働く意味も生きる意味もわからなくなって、無気力になるのは当然だと思います。
    若者だけでなく、大人もそうだと思います。
    nTechを通して、自分が人間が、どれだけすごい存在かを知り、何が本当の問題なのかをわかることで、本当の生き方が始まりますよ。

  • YOKO

    「働きたくない若者」私も以前はその一人でした。働く意味もわからずに大人になったら自立しなくてくてはいけない、働かなくてはいけない、ただそれだけの理由で働いていました。最初は覚えるのに必須でしたが毎日、同じことを繰り返すだけの日々はつまらなくなりマンネリしていました。
    私の周りをみても働くのが楽しくてたまらない人は一人もいませんでしたね。
    だけど、nTechを学んでみたら自分のやりがいある事を見つけられない「自分」が原因だった!これを知らなかっただけだった事がわかるんです!
    つまらない原因・働きたくない原因=本質的な根本原因が何かがわかり、それを解決出来るのがnTechです(^^)
    少しでも人生を変えたいと思うなら年齢関係なく、出会って欲しいですね☆
    今、ここが本当に変わります♪

  • morphie

    私の中で、最近の世代若者は働きたくないから楽したがる、自分が意味がないと感じることは例えお金払ってもやらない人が多いと思っていましたし、周りに経営者をしている友人が多いので、彼らも若い世代の人たちは何考えているかわからないと話していました。

    物質文明が進化して生まれた彼らは、もうなんでも物は溢れている環境で育っているので、欲望も全く違うのを感じます。

    だから、お金ややりがいをと思って引っ張ろうとしても、それだけでもやる気にならない若者が多いのではないでしょうか。

    nTechを学んで変化した若者たちをたくさん見てきました。こちらがビックリする程の変化をして前が思い出せないくらいです。

    繊細で感度の高い若者が反応するnTechはやはり何かがあるからだと思いますね。

  • だいとう おりえ

    世の中には働きたくない若者はきっと溢れています。

    3年前「オレ、仕事してて一度も楽しいと思ったことがない。」とカフェで隣りの席の若者達が話していました。、
    「オレも」「オレも」とそこにいた数人がみんなそう話していて、当時の私はビックリしました。

    nTechを学ぶ中で、その若者の心理がとてもよく理解できました。

    また、nTechには元気な若者がたくさん活躍しています。その理由もわかりました。

    完全観察ができるのか?部分観察で終わるか?
    の違いで、まるで世界がかわります。

  • そのだ

    今の時代に生まれてる人、特に若者はとても感性が豊かな人がたくさんいるのではないかと思います。
    働きたくない若者が増えているのも今の社会に対する違和感の現れではないでしょうか?
    会社のために働くこと自体が何か違うと思って、会社で一度は働いてはみるものの辞めてしまうという人が多いのも違和感から来るものではないかと思います。
    AIの時代がもうそこに来ていて、そうなると人間にしかできない仕事が求められる時代になってるし、そこに若者も希望を感じていきいきと働くようになるのではないでしょうか?

  • cheerwave

    働きたくない若者の心の叫びに本気で耳を傾けて、寄り添いながら一緒に解決して乗り越えていこうとする日本の代表を私は今までに一度も見たことがありませんでした。嫌韓論の海のなかで、韓国人でありながら日本の可能性を23年間一貫して伝えているnTech開発者のNoh Jesuに先ずは出会ってみて欲しい。「日本の若者は希望」と言っているそのメッセージにぜひ出会ってみてください。

  • Mami

    働きたくない若者が増えているって、今のままの社会だと当然だなと思います。
    戦後、父や祖父の時代は心を置いて、とにかく必死に働き、戦後の焼け野原から豊かな日本への復興を果たしてくれました。今の時代は物も情報も溢れ、競争や格差も激しくなる一方。尊敬できる親や上司も少ない。むしろこんな生き方したくない、従いたくない、ゲームの世界の方がよっぽど楽しい。労働もAIで代替できるような仕事なら、働く意味も生きる意味もわからなくなって、無気力になるのは当然だと思います。若者だけでなく、大人もそうだと思います。

    nTechを通して、自分が人間が、どれだけすごい存在かを知り、何が本当の問題なのかをわかることで、本当の生き方が始まると思います。

  • あさりー

    働きたくない若者。まさに以前の私はそうでした。

    働きたくない。働く意味がわからないしエネルギーも湧いてこない。なぜ働かなければいけないの?
    右へ倣えなんてしたくない。
    せっかく生まれてきたのなら意味価値あることをしたい。でもそれが見つからない。
    何をしても一緒にみえる。
    自分を発揮出来るところはどこなんだろう?
    そもそも、自分とはなんなんだろう…?

    こんな考えのループでした。
    結局働かず引きこもりになっていました。

    nTechに出会ってそれは全く変わりました。

    nTechは、自分の生まれてきた意味価値も生まれてきた意味も働くことも、全て自分とつながり、論理とイメージで誰でも理解が出来てしまいます。
    本当の自分と出会うことが出来ます。

    おかげで毎日スッキリ、働くことの意味価値もわかり、エネルギーが満ちた状態で過ごすことが出来ています。

  • Natsuki

    働きたくない若者が急増してるのは、現代の資本主義プレートでは働く目的がお金を稼ぐためだからだと思います。今の若者は物欲も無いし金銭欲もありません。
    お金を稼ぐためという古いエンジンがもう通用しなくなったのなら、全く新しいエンジンが必要です。
    nTechは、これまでの資本主義プレートからお金よりも人や人間関係が価値を持つ時代を開くことができる技術です。若者たちは豊かな人間関係をつくることができたら、いくらでも働きたいと思うのではないかと私は一若者として思うのです。

  • ぽえっつ

    働きたくない若者というのは、今の世の中に対するNO!の心の声だなと感じます。

    毎日つまらなそうな顔をして大変そうに働く大人を見て、働きたいと思うわけないですもんね。

    こんなつまらない世の中、何かつきぬけたい
    そんな想いがあるように感じます。

    nTechは、働きたくない若者がめちゃ元気になっちゃう。
    働きたくない若者!それはあなたのせいじゃないんです。
    正しく全てをわかれば、実は生きること、人と繋がること、働くことはめちゃ楽しいんですよね。

  • 相良真史

    働きたくない若者の心理はめちゃくちゃ共感できます。なぜなら、私がその1人だったからです。「仕事とは大変なものだ」「まずは我慢して働いてみろ」大人の人たちから仕事に対していろんな言葉をかけてもらいましたが、心からしっくりくる言葉は一つもありませんでした。
    それがnTechを学んでみて、自分がなぜ働きたくないと思うのか、その心理的な構造が暴かれたんですね。なるほど!と。
    それが理解できると同時に、働きたくない心理の裏には、強烈な意思が隠されていたことも認識できました。
    今ではこれがやりたい仕事だと、心の底から言えます。nTechを通して、若者の誰もが心の底からほんとうの仕事をしたいという強烈な意思があることを深く認識できました。

  • midan

    働きたくない若者が増えています。
    ひと言で言えば働くことが楽しくないから…。
    働くことが楽しくない原因の一つは人間関係が循環しないことです。
    若者は上司に失望し、上司・先輩は若者に期待しない。そんな構図が出来てます。nTechを使うと、互いの背景がみえていきます。各々のイメージがしっかり疎通できるようになるので、日々の誤解、ストレスも格段に減っていきます。人間関係が円滑になれば仕事はどんどん楽しくなっていきます。

  • 磯原正行

    はたらきたくない若者というのは、最初は現実から逃げているだけと思っていました。
    私は働きたいとは思いませんでしたが、他にやりたいことがなかったですし、働くことに何も疑問がありませんでした。
    ただ、働く理由や現実の意味がわからないのに働けていることのほうが何かから逃げていたのかなと感じるようになりました。
    そのうちに世間体や立場を気にして受動的に働いていただけだということにきづきました。
    nTechはその意味を明確にしてくれたので、何かとらわれず自分やりたいことを選択できるようになりました。

  • クマ

    働きたくない若者が増えていますよね。私も以前は会社に行きたくないと思う人間でした。毎日のことに疲弊して、働くことに疲れ切ってしまっていました。
    nTechを学んで変わったことは、現状を診断できるようになったこと、つまり何が問題なのかが分かったことが一つと、もう一つは希望を持てるようになったことです。
    働きたくないのは日々の積み重ねの先に未来が見えなかったから。成し遂げたい未来を持てるようになったことで、働きたくない思いから卒業することができました。

  • のぶりん

    働きたいのに働きたくないのではなく、
    働きたくない若者たちは、働く事自体に意味を感じられて無いのでは無いでしょうか?

    働いても働いても職場の中のコマにしか過ぎないという事が分かって更に働く意欲を出していくのが難しい時代になってきました。

    そんな中で、nTech は、AIにもマネできない唯一の技術であると確信してます。

    nTech を学び、令和状態になる事で今ここをスッキリワクワクで過ごせる、働きたくてしょうがない状態になれるのです。

  • こまったちゃん

    かつては働きたくない若者がいれば、その若者に問題があるというのが多かったように思います。そうして、彼らを切り捨てて別の働きたい人やロボットを導入する流れでした。未来を担う若者が心の底から希望と誇り、そしてワクワクの冒険心に溢れた心で生きられたらどんなに素晴らしいでしょうか。本当に深いところで日本の若者はもっと大きな意義深い生き方をしてみたいと思っているはずです。その気持ちは上の世代も同じはずです。今は世代の観点の違いを超えられず、応援・協力することができていません。でも、nTechを通して観点の障壁を超えて人類として共通の本心で一つになれた時、この日本の若者たちが生き生きと働き輝く人類希望のモデルとなるという未来が来るのを感じています。

  • 高橋美里

    働きたくない若者代表だった私。
    表面的にはやる気ある風だけど、心の中はやる気ゼロ。モチベーションが安定しない。なにを目指して、どんな自分になりたくて働くのかもわからず、27歳の私は環境を変えることでなんとかモチベーションを保とうとしていました。nTechではモチベーションを保てない原因が脳の認識のクセにあるとDefineし、さらに歴史と自分を繋げながら働くとはなんなのかを自らで意味づけ価値づけしていける技術です。

  • みなも

    今、日本で働きたくない若者が増えていると問題になっていますが。
    働きたくないわけではないんだと思うのす。
    自分の欲求がらわからない。何をしていいかわからない。というのが本音ではないでしょうか。
    私自身も20代はイラストレーターになりたくて、専門学校に行き、デザイン会社に入り、上京してやりたい仕事をしようと頑張ってきましたが、それはあくまでプロセスであり、目的ではありませんでした。周りがらみたら好きなことしてるように見えるし、私自身もやりたいことをらやってきた末に、本当に自分が何をしたいのか?どんな生き方、どんな存在になりたいのか?
    分からなくなりました。それは、自分が、何ものなのか?何の為に生きるのか?という本質的な問いに対する答えへの欲求でもありました。
    その時にnTechと出会い、その答えを得ることが出来たと同時に、自分のミッションを探すのではなく、自分の中から自然に生まれてきました。
    急がば回れ。まずは本当の自分を知る事から始めることをオススメします。

  • さやか

    働きたくない若者についてですが、私も働くのが辛かったです。大学でてすぐ、契約社員として働きはじめたのですが、仕事に行くのも辛くて会社の近くまで行ったのにUターンして帰ってきてしまうこともありました。中々営業成績もでず、そうするとやる気もなくなり、結果が出せないことに罪悪感でいっぱいになってしまったり。仕事を続けることがままならなかったです。でも、nTechを活用するようになってからは、精神的にも安定したおかげで、会社で働くことが安定しました。そして、職場の人との関わりも変化が生まれ、今まで職場の人とは仲良くならないと決めていた私も職場にいるのが楽しくなりました。

  • 安田真理

    働きたくない若者によく出会います。自由を求めて、旅行したり好きなことだけして生きたいと。しかし、それをやってもやっても一時的な満足があっても、継続的に心は満たされないから、どうしたら自由になれるんだろうと苦悩してる若者にもよく出会います。
    現代は情報過多で刺激中毒になりやすく、一つやりたいことクリアしたら、もっと強い刺激を求める。終わりなきラットレース。
    働きたくないけど、自由になりたいからお金ためるために頑張って働くといったループ。終わらない欲求。それに疲れてしまう人。

    nTechでは、自分の外に自由や解決策があるのではなく、実は今ここ大自由の心が自分の中にある仕組みを理解できます。
    大自由な心から、毎日ワクワクと自分で仕事もクリエイトできますから、働きたくないってことはなくなります( ´ ▽ ` )仕事も遊びゲームになるため。

  • こうた

    働きたくない若者が増えていますが、例に漏れず私もそうでした。
    働く意味がそもそもわからない。お金を稼ぐためにやるの?お金がないと生活が困る。でも、お金持ちになりたいわけじゃない。最低限あれば。働くのも我慢の連続で、意欲なんてありませんでした。
    nTechを活用することで、そもそも働くことのイメージが変わりました。
    自分というIDがどんな人間なのかが分かることで、働きがわかり、対価としてのお金をある意味もわかりました。

  • bonatakato

    働きたくない若者は、僕の周りにも沢山います。というか、そもそも僕もめっちゃ働きたくなかったです(笑)

    社会人なんだから働いて当然だろ!

    と言われても、全くもって心が動かないんです。

    なぜならば、僕ら世代は、生きること自体に意味価値を感じず、どんな大きなことを成し遂げるのかに意味価値を感じるからです。

    社会問題を解決したい、世の中をもっとよくしたい。そうした問題意識を持ってても、解決策がわからないから動けない、働きたくない。

    このような現状になっています。

    しかしながら、nTechは明確な解決策を提示しているので、若者のハートが動くのです。

    nTechを学べば、自分のやりたい仕事はこれだーーー!!!と魂が叫び出します。

    時代の限界を繊細に受け取る若者だからこそ、最先端技術との出会いを待ってるのです。

    ぜひ、若者で働きたくないと悩んでいる人がいれば、nTechを紹介してあげてください^_^

  • Callinger帆足

    ただお金を得る為に働くのは楽しくないですよね。
    自分の働きが日本に、時代にどんな影響を与えているかを認識できていないと、どんな仕事でもやればやるほどマンネリし楽しくなくなってしまいます。

    働きたくないと思っている若者にワクワク働く大人たちの姿を見せることが大事です。
    希望のモデルがあることで、働くことに対する姿勢が変わり、やればやるほど楽しくなっていきます。

    nTechを活用し、この仕事をする為に生まれてきたんだと思えるほどの強烈なVisionと仕事に出会うことで生き方、働き方が変わります。

  • みもざ

    働きたくない若者が増えているといいます。
    おそらく若者だけではなくて、働きたくない人は確実に増えています。
    満員電車や意見の異なる上司や部下、仕事ができるできないに左右されたりと、いろいろありますよね。ありとあらゆる環境に影響を受けてしまうのが私たち人間です。

    人間が本当にやるべきこととはなんてしょうか?家族のためにお金を稼ぐことでしょうか?資格を取ってそれを活かして優秀だと褒められることでしょうか?

    nTechを知ればわかります。

    働きたくない気持ちを抱えて多くの人たちが日々を過ごしています。
    そこから抜け出すためにもいち早く変化することが大事ですね。

  • eri567

    働いている大人たちが幸せそうだったら、働きたくない若者は増えないかもしれませんよね。

    わたし自身、仕事=大人になれば誰もがしなければならないもの、そのイメージが強くありました。働かない選択もできるけど、したところで生きられないから、やるしかない。
    つまり、世の中にただ合わせる生き方。この時点で主体性ゼロ。同期に比べて仕事を覚えるスピードも遅いし、周りに合わせることに精一杯で、次第に仕事が苦痛になっていました。

    nTechに出会ってからは、自分というものをしっかり見えてきたし、合わせるのではなく自分がやりたいことと繋がったワークスタイルを選べるようになったのが1番嬉しいです。

  • miwa

    私がnTechの価値を感じることのひとつが、若者がどんどん元気に輝いていくことです。

    先日経営者の方とお話した際に、バブル前とバブル後では明らかに考え方が違うとおっしゃっていました。私自身はバブル後の世代ではありますが、年々若者が抱える悩み問題はさらに深刻になっているように感じます。

    働きたくない若者が増えていることは、社会の方向性が混迷している証拠です。実際に若者の話を聞くとうなづくことばかりです。あまりにも情報が多すぎて軸を定められないのです。彼らだけのせいではない、社会全体で考えるべき問題です。

    nTechは最もシンプルにこの世界を観ることができる技術です。究極の自由、存在する喜びを理解した若者が輝かないはずがありません。

    ぜひnTechで変化した若者に会ってみてください。びっくりすると思いますよ!

  • なっちゃん

    働きたくない若者がいるのは今の世の中では仕方がないと思います。
    若者を育てた親達が毎日しんどそうに仕事に行く姿を見たり、仕事のグチを言ったりしているのを聞いたりしたら、そこに夢も希望も持てなくなりますよね。
    しかしそれは親の責任ではありません。
    社会の仕組みがそうなってしまっているからなので、社会の仕組みを変えなければなりません。
    nTechを使えば一人一人のアイデンティティが変わり、社会の仕組みも変えることができるようになります。

  • 丸山陽子

    日本の若者とふと思った時に思い出したのが、第二次世界大戦の場面です。

    働きたい、人の役に立ちたい、日本の役に立ちたい、世界の役に立って働きたいと思っていた沢山の若者が、

    死を決意しながら、きっと後世の若者が、素晴らしい日本を立ち上げる、きっと後世の日本が幸せで繁栄して世界に貢献する国になっていると信じて、覚悟して、移行されました。

    今の日本の若者は、その意志を深いところで継いでいるので、真の働きが出来る場を求めているのだと思います。

    Ntecと出会った若者たちが、意識が変わり、素晴らしい平和な世の中、人間が今ここ尊厳で溢れる日本を築いていこうと、立ち上がっていく姿を私は何度も観ました。

    若者が働きたくて働きたくて、そんな夢とビジョンを共有しあえる土台を創る事が、令和の時代の日本の天命でもあると思います。

    世界中の、素晴らしい素晴らしい若者がNtecに出会う事を楽しみにしています。

  • ぬくこ

    今の世の中、働きたくない若者ってすごく多いじゃないですか。
    けど、私、20前半のころは、まじめだったので笑 働きたくてたまらなかったんですよね。

    だけど、自由はほしかった!
    自由になりたくて、いつでもお金と時間がある環境を作れるようになれば・・・
    そんなことから、働いていたんです。

    が・・・ nTechに出会って気づきました。
    自由になりたいと思っている自分は自由になれない自分につかまっているんだ。と。
    本当の自由は、すでに自由という境地までいかない限り自由になることなど不可能だということに。

    もう、その境地と出会ってからというものお金からも時間からも自由すぎる日々に、なったことは言うまでもありませんし、
    感動あふれる一瞬一瞬に喜びでいっぱいです。
    自由を求める方、ぜひ出会いたいですし、ぜひnTechに触れていただきたいです!

  • kenmiura

    働きたくない若者は、なぜ存在するのか?
    それは、働くことが「楽しいと思えない=ワクワクしない」からだと思います。
    私もずっとそうでした(苦笑)

    以前、小学生の男の子に聞かれたことがあります
    「楽しくてワクワクする仕事ってなに?」

    「とてもいい質問だね、自分で探してみるとよいね」とその時は答えました。

    受け身や依存型、インプット型ではワクワクできないと思います。
    両親、先生、経営者、政治家、国会議員は働くことにワクワクしてそうですか?

    nTechは、日本人を世界72億をワクワクさせる英雄集団に変化させられるすごい教育技術です!

    「主体性、能動性、自発性、創意性、個性をアウトプットしながら日々、
    常に新しいチャレンジができて、個人も関係性も変化進化し続けられてワクワクと情熱が止まらない!」
    そんな生き方したい人は、nTechをマスターすれば大丈夫です♪

  • はるころり

    私は以前就職支援事業に携わり。高卒生と会社の橋渡し教育をしていました。その時に働きたくない若者の現状を知りとてもショックを受けました。働きたくないという気持ち以前に生きる気力がないのです。それは本人の根性努力がほんとの原因ではなく、目をあけたら見える大人の在り方に絶望しています。仕方なく、生活のため、大きな夢は持つな、そんな希望を遮断するような思考が当たり前になっている大人たちの環境の中でどうやって働くことに希望をもてるのか。そう思った私は、nTechで人間とは何か、生きるとは何かを知って、燃え上がる生き方ができるようになってからこのnTechで大人から社会を変えていけると確信しました。

  • 西山美峰

    昔の私は働きたくない若者でした。
    とにかく自分に自信がないので、仕事も他の人と同じように上手にこなすことが出来ず、働けば働くほど駄目な自分ばかりが目につくので働くことは苦痛そのものでした。さらには、雑貨屋で働いていたんですが、雑貨屋で働くことにも限界を感じてました。雑貨屋で働くこと自体にも環境破壊を進めてる気がしてプライドを持つことが出来ませんでした。
    自分がどう生きたらもっとわくわくすることが出来るのか。そんなことを考えてた時にnTechと出会いました。

    nTechと出会うことを通して、生きてるだけでも奇跡であることをイメージと論理で理解することできら仕事の出来ない自分も受け入れ小さな変化を楽しめるようになりました。小さな変化を楽しめるようになったら、働くことも楽しめるようになりました。
    働くことは、たくさんの学びがあります。仕事に優劣をつけるのは、勝手に人間が作った概念であって優劣は実在しません。今までの当然を破り新しい意味価値を構築出来るのがnTechです。

    本当の自由とは、今までの人間の自分の固定観念から自由になって新しい意味価値を生み出すことだと思います。
    それが出来れば自分の選択に責任を持つことができ、働くことも楽しくなります。

  • ちぐちぐ

    働きたくない若者。
    自由でいたい。
    何にも縛られたくない。
    いつの時代も、そんな考えの人はいると思います。

    若者のやる気がない。
    主体性がない。
    積極性がない。
    責任がない。

    社会に出れば褒められることよりも、欠点ばかり指摘されることが多いです。

    「働きたくない」と思うのは、若者だけではないと思います。

    どの方向性に向かえば良いのか、大人も知らないことが原因だと思います。

    nTechを使って解析すれば、人間の変化するべき方向性も、新しいモチベーションの生み出し方も分かっちゃいます!

  • KiJi

    働きたくない若者は本当に増えています。可能な限り欲望は小さく、雇われるのが嫌で独立する意志がある人はとても元気な部類でしょう。多くの人が不労所得に憧れています。正社員にもこだわりがないし、同じ業種や業界にもこだわりがない。働くことの面白さを教えたところで彼らの目には夢希望は映りません。必要なことは強烈な問題意識と渇望でしょう!!それが作られる日本になることが、若者を元気にさせることと繋がりますね。

  • りん

    働きたくない原因は人それぞれだと思いますが、特に人間関係を原因に挙げる人が多いんじゃないでしょうか?
    上司や部下、同僚など会社内部はもちろん、取引先やクライアントなど外部でもコミュニケーションはつきもの。
    たとえ嫌味を言われたとしてもなんとか関係性を維持するために我慢しなければならず自分自身が疲弊してしまう。
    そうなっては働くことがどんどん楽しくなくなるし、そんな大人の姿ばかり見ていれば働きたくない若者が溢れかえるのも当然です。
    nTechは、コミュニケーションのずれから来る人間関係の弊害を解決することができます。
    関係性が変われば働き方も変わって、働くことが楽しめるようになっていきますよ!

  • hiro

    働きたくない若者が増えているという事は、ニュースなどでもよく聞きますし、周りの友達を見ても増えているなと思います。
    私自身も昔はそうでした。自分は何をしたいのか?何故働くのか?答えが見つからず、ご飯を食べなければならないから働いていました。
    しかしnTechと出会い、様々な疑問に答えが出て、働くことに対する見方が180度変わりました。

  • EMI

    今の若者にとって、今の日本、今の社会はどう映っているのでしょうか。私は昭和の最後あたりの生まれですが、両親は昭和の真っ只中。「とにかく頑張れば成功できる」という世代だと思います。
    しかし、科学技術の発達により、誰もがスマホを持つ時代。勉強ができなくてもスマホが全部教えてくれる、ちょっと成功したお金持ちの人なんていくらでもいる、かわいい人もかっこいい人もネットで検索したらいくらでも出てくる、そんな時代です。私自身、もし子どもを産んだなら、どう育てればいいのかわかりませんでした。
    こんな時代の若者は、何をどう頑張ればいいのかわからないのです。仕事にやる気がないのは、若者が悪いわけではありません。

    では、何をどうすればいいのか。

    まず自分自身が何者なのかを理解する必要があります。
    宇宙自然・歴史文明から見て、今自分がどこにいるのか。なぜここにいるのか、それが見えた時に生き方がわかります。若者こそまさに、爆発するべきです。刺激を求めて、ISに入る若者もいると聞きます。

    より、魅力な日本社会にしたい、そう思っています。

  • まきのみ

    働きたくない若者が増えているのはなぜでしょうか?
    それは人間にしかできない仕事が明確になっていないからです。
    2029年には人間の頭脳をAIが超えてしまうということが高校の保護者会でも言われるような時代です。
    ロボットAIにとって代わられてしまう仕事では働く意味も、自分の存在意義も感じられなくなってしまう。
    それを若者たちは敏感に感じています。
    nTechは人間の素晴らしさを明確にすることで人間にしかできない素晴らしい仕事を提供することができます。

  • けんご

    働きたくない若者の本心には、本当に熱くなれるものがないというだけのことだったりします。今の若者は10代でも驚くような実績を持っていたり、ハイセンスで賢さ溢れる人材も沢山います。彼らは太陽系を飛び出して、あらゆるテクノロジーを使いこなす未来人なので、現代の社会では収まることが難しいのだと思います。働きたくない若者が、蚕の繭を破って大きく羽ばたくにはnTechが重要な役割を果たせると確信しています。

  • 小池拓也

    働きたくない!めっちゃその心共感します!何のために働くのかよくわからない。ただただ、世の中の流れにいつの間にか巻き込まれて親から言われ、友達も皆働いてるから自分もやらなきゃとなりますよね。人間が何のために生きているのか。このテーマがわからない限り本当に意味で働くことが楽しくなるのいは難しいのではないかと思います。我が強く自分哲学をお持ちの人なら知らず、多くの特に日本人はこの課題に多く共感できる若者がいるんじゃないでしょうか。nTechはそのかゆいところにめっちゃ手が届く技術ですね。ぜひ学んでみて欲しいです。

  • あさみ

    働きたくない若者たちは、なぜ働きたくないのか?
    私は、自分が役にたつことができないと思っていたから、働きたくなかった。
    なぜならば、「新人なんて給料泥棒」という雰囲気や発言が職場に蔓延していたからだ。わからないことは聞いてという割に、聞けばなぜ勉強していないのか責められるという理不尽さ。
    周りに決めつけられて、自分もそう思い込んでしまう。
    「役立たずな私なんだ」って。

    これ、人類共通の仕組みなんです。
    勝手に決めつけ合っている。
    人それぞれ思いこみやすいパターンがあって、そこから自由になれないことが苦しい原因です。
    そして原因から解決できるのが、nTechです。
    私は役立たずの思い込みから自由になって、今では毎日楽しく働いてます!

  • 大槻剛史

    今の若者は本当に賢い人多いと思います。スマホも当たり前の時代、価値観がコロコロ変わるのが当たり前の時代に生まれて、情報の取り扱い方を肌感覚で心得ているのでしょう。

    AIが台頭する近い将来を目前に、今の仕事場で若者は「こんな仕事してなんの意味があるん?」て無意識で感じてるんだと思います。そりゃやる気か出ません。

    でもnTechはどんな現実と出会ってもAIを超えるディープラーニングを可能とするので、今目の前にある仕事に∞の意味価値つけてワクワクさせちゃうこと可能にします。
    それでさらに環境に支配されず、もっと素晴らしい仕事を自ら創っていこうという全能感も湧いてきます。

    未来を担うもっと多くの若い世代にnTechが拓く人間の無限の可能性の世界に触れてほしいです。

  • 吉村真奈美

    nTechは働きたくない若者に大きな貢献が出来ると思います。
    何故なら、彼らの涙が歴史と繋がって理解出来るから。それは、古い価値観で物事のあり方を押し付け、強要する大人たちへの反発と希望が見えない社会にたいする諦めと絶望。
    生き生き楽しく仕事をしている大人の姿を見たことがない。みんなストレス抱えながら嫌々働いているのは目を閉じても聴こえてくる。

    こんな、地獄のような世の中に希望をもてるビジョンがあるのだろうか?
    若者も大人も子供も、みんながワクワク楽しく、協力しあいながら生きる、働ける社会が作れるとしたらどうですか?

    それが可能になるのがnTechです!



⇒働きたくない若者の心理を大きく変える組織「ティール組織」とは?

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現し、働きたくない若者の心理を大きく変える最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.