職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法

投稿日:

※文字数が多い記事は、ブックマークして分けて読むことをおすすめします。

職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法

なんでうちの上司は分かってくれないの!?

もうあんな人と話したくない!

こんな職場、もう辞めたい、、、

誰もが一度は経験する、

職場の人間関係のストレス。

あなたも経験したことはありませんか?

あるデータによると、

退職や転職の理由の多くは、

人間関係のストレスによるものだそうです。

ストレスが強くなれば、

いじめによる自殺、

恨みによる窃盗や殺人まで発展する可能性もあります。

 

 

 

 

職場の人間関係のストレスは中々目に見えないため、

すぐに対応できないことも多く、

また、

職場の人間関係のストレスに対応しないといけない上司が部下を怖がり、

先生が生徒を怖がるなど、

上の者が下の者をどう扱えばいいか分からず対応できない」ケースも多いそうです。

 

 

 

 

そんな繊細で扱い方が難しい職場の人間関係のストレス。

放っておいてもダメ、

対応しようとしてもダメ、

じゃあ一体どうすればいいんだ?

そう頭を抱えている人もいるかもしれません。

そこで、

コーチングやカウンセリング、

セミナーなどでより良い職場作りを目指す意識の高い人もいます。

ただ、コーチングやカウンセリング、セミナーの種類は幅広いので、

どれを選べばいいか分かりませんよね。

それに、高額なお金を払って受けても、

一時的な効果しか表れないことはよくあります。

 

 

 

 

そんな中、

世界中にある「職場の人間関係のストレスを解消するコーチング、カウンセリング、セミナー」の中で、

nTech(認識 technology)はその全てを1つに結集した技術」になります

 

 

 

 

西洋の量子力学や素粒子物理学などの世界最新の科学から、

東洋の禅や空、

スピリチュアルなど、

世界最古の哲学などを1つに統合し、

人間の構造を深く知ることで、

職場の人間関係のストレス解消に活かすことができます。

 

 

 

 

なんで、あの人はあんなことをするんだろう?

という「相手がわからないことから生まれる疑問やストレス」が、

だから、あの人はあんなことを言ってたんだ!

ということが分かり、

疑問やストレスの原因が分かることで、

職場の人間関係のストレスが解消されていくでしょう。

 

 

 

 

人間関係の問題は「観点の違い」によって起こります。

一般的な解決策では、

観点を変えれば解決すると思われがちですが、

観点を変えても、

根本的な解決にはなりません。

一時的には楽にはなりますが、

解決したと思ったら、

次々と問題が出てくるので、

根本解決にはなりません。

※既存のコーチングやカウンセリング、セミナーも"観点を変えること"しか教えていません。

その点、nTech(認識 technology)は、

なぜ観点が生まれるのか?」という根本原因の方を観ていくため、

職場の人間関係のストレスの根本原因を発見し、

ゴッソリ抜き取ることができます!

 

 

 

 

これからは、

人間の仕事をAIが変わるようになり、

雇用の先行きが不安な時代とも言われます。

だからこそ、

AIでは作れない人間と人間の心のつながりを作る技術nTech(認識 technology)が、

これからの社会で求められる「人材教育の道具」になると私たちは考えます。

※この記事では実際にnTech(認識 technology)を使ってる人たち職場の人間関係のストレス解消方法に関する口コミをもらっています。職場の人間関係のストレスを改善したい人は、是非参考にしてください。



職場の人間関係のストレスをnTech(認識 technology)で改善した人たちの体験談

 

  • 職場の人間関係のストレスみかり

    私は人の好き嫌いが激しいところがありました。
    この人、苦手だなあと思うと露骨に関わりを避けてしまったり。

    でも、職場だとそうもいかないことが多いです。
    いくら苦手な人でも、業務上関わらなくてはいけなくなってしまうことはどうしてもあります。
    いくら仕事だからと割り切りたくても、職場の人間関係のストレスは溜まってしまう。。

    でもそんなストレスも、nTechと出会って大幅になくなりました。
    特に変化したことは、相手の立場から物事をみれるようになったことです。
    相手の伝えたいことがとてもよく理解できるようになったので、今までならムカついていた言い方ひとつにも囚われなくなりました。
    職場の人間関係のストレスがなくなっただけでなく、冷静に話が聞けるようになり、仕事の効率もアップしています。

  • 職場の人間関係のストレスTeruhiko.Nakagawa

    「苦手な人がいる」これはもしかしたら、ほとんどの人に当てはまることなのかもしれません。わたしにも、苦手な人はいましたし、今も苦手だな〜って思う人が現れます。苦手な人ってものすっごくストレスですよね?自分なんて口もききたくない!ってくらい距離をとったりしていました。けど、nTechをまなんでから、その現象がほとんどなくなりました。もちろん、苦手だって思う瞬間がありますが、次の瞬間には、その苦手な認識は消えています。

    苦手だ!と思ったらnTechを使って、なぜ、そう思うのかを思い直すからです。どんな背景があってそう思うのか。
    そしてその背景を紐解いていくと大体、幼少期の頃に経験したショック体験が原因であることが多いです。

    だからその背景をみてあげることで、なぜ自分が苦手なのかが理解できるようになるだけではなく、
    相手に対しての認識が再構築することができるのです。
    認識は一瞬なので、自分の認識画面が変われば相手に対しての認識も一瞬で変わってしまいます。

    だから、苦手な人は存在しないのです。

  • 職場の人間関係のストレス島崎信也

    nTechは観点を発見する事から始まります。もしあなたが職場の人間関係のストレスに悩んでいるのなら、観点を発見する第一歩をもう歩み出しているかも知れません。私は前職では、好きな上司と、苦手な上司が鮮明に分かれていました。好きな上司を好きになればなるほど、相対的に苦手な上司は更に苦手になります。その逆もありました。そして、苦手な上司にはどこか窮屈さを感じていたので、好きな上司を好きになる程、窮屈さも増していきました。その窮屈さを自分から変える事はとても出来ません。

    nTechと出会い、好きな〇〇、苦手な〇〇という事がどこから来ているのかが観点の発見と共に明確に分かりました。好きも観点、苦手も観点、窮屈も、上司も観点、職場も観点、人間も観点、関係も観点、何もかも観点。観点を発見してからというもの、観点とどの様に付き合えば良いのかよく分かり、ストレスはなくなりました。観点をみて下さい。nTechはとても役に立ちます。

  • 職場の人間関係のストレス大場龍夫

    職場の人間関係のストレスは、仕事をする上で問題になりやすいですね。その原因が、自分に苦手な人にどうしたらよいのか?ということだと思います。そもそもなぜ苦手になるのでしょうか?苦手になる原因がありますね。ある考え、ある感情が生まれてきてしまうパターンがあると思います。ある条件状況の時に苦手を感じる、ある表情、言葉、仕草、行動を見た時に、苦手が出るという特定のパターンですね。その特定のパターンというのは、誰にでも同じように現れるわけではないのですね。だから、誰でもがそのパターンになるわけでないということは絶対的なものではないということであり、特殊的、個性的なものということです。そのように誰でもその人固有の認識の特徴、癖をもっているということです。
    この固有の特徴、癖から自由になれれば、「苦手な人」という人もいなくなります。苦手な人という人がいるわけではなく、自分の認識の特徴、癖がそうさせているだけですから。
    その特徴や癖から自由になる技術がnTech認識技術でもあるのです。

  • 職場の人間関係のストレスkeizenke

    元々人と話すことをあまりしてこなかったので、人間関係が築くのが下手でした。それなのに仕事は営業や販売という仕事。その職場での一緒に働く人との人間関係のストレス+お客様と出会うストレスがありました。また役職がついてしまったりすると、言いたくないことも言わないといけないということにストレスを感じていました。そして、上司になる人が嫌なタイプの人だともう毎日がストレスだらけ。今思うとよく働いていたなと思います。
    nTechを使っている今から観ると、全て私の観点の中のこと。私の無意識エンジンが全てに働き、職場の人間関係のストレスをつくってました。もっとこうなればいいのに、あの人がいなくなればいいのにと周りが変わることを望んでいましたが、変えるべきは自分の認識でした。

  • 職場の人間関係のストレスちぐちぐ

    前に働いていた職場で、AさんとBさんが仲が悪く、板挟みになって苦しい事がありました。

    Aさんもと私、Bさんと私、1対1でいる時は何も問題がないのですが、3人でいる時は険悪なムードが漂う事もあり、仕事がし辛かったです。

    出来るだけ、職場の人間関係でストレスを感じたくなかったので、AさんとBさんのシフトが被らないように調整していました。

    そうすると、自分にしわ寄せがくるので結局ストレスを感じるという…。

    AさんかBさんのどちらかが辞めたとしても、本当の意味で解決はしません。

    人それぞれ、価値観・観点が違います。
    観点の問題を解決して、ストレスフリーな人間関係で仕事楽しみましょう!!

  • 職場の人間関係のストレス熊倉恵子

    観点に縛られていると、違う観点にものすごくストレスがかかります。なので、職場の人間関係のストレスが終わりません。しかし、nTechでは、観点が無いところから、どんな素材で、どんな仕組みで、どんな目的で観点が生まれるのかが理解できます。理解できたときに、観点によって生み出される現実がいかに美しいのかに転じるのです。だから、出会いが楽しいし、出会いに神聖さが生まれます。観点との出会いがクリエイティブになります。これからの時代、チームプレイ、組織改革がとても必要です。そこに行くには必ず観点の障壁を超える必要があります。ぜひ、nTechを道具に美しいチームプレイをつくって行きましょう!

  • 職場の人間関係のストレスだいとう おりえ

    職場の人間関係のストレスと言えば
    「苦手な人」の存在です。

    今までは、苦手な人について共感できる人を探したり、作ったりしてなんとか耐えてきました。

    そもそも、1箇所に長くいないので、苦手な人がいても、その職場を辞めてしまえば、その苦手な人とは関わらなくて良くなるので解決したような気がするのですが、苦手な人は場所を変えてもまた形を変えて現れます。

    最終的には、人間関係が少ない場所に行き着き、快適ではあるけど、ふと孤独感を感じることも同時におこりました。

    でも、そんなもんだろうと諦めていました。
    nTechを使うようになってからは、苦手な人が現れても、その人から離れようとするのではなく、なぜ苦手と思うのか?と自分を観察するようになりました。また、なぜ相手はあの様な言動をするに至ったのだろう?と背景に関心が向くようになりました。
    そんなことをしていると、自分や相手の深い涙を知ることができ、たくさんの気付きが溢れてきます!
    苦手な人が現れてもそれを味わうことも楽しめるようになりました!

  • 職場の人間関係のストレスReriser tae

    職場の人間関係のストレスの最大の原因は
    必ず自分が苦手な人なんです!

    最初は分からなくてもだんだん長い付き合いになってくると、私は言い方が気になるので相手の傍若無人な態度だったり圧が強い人ら自分のことアピール強い人はかなり苦手で避けてきました。
    集団の場に行くと必ず苦手な人がいるのです。特に職場は毎日行く場所なので苦手な人とも接しない訳にはいきませんよね。

    よく、人の嫌な部分を見た時は自分にもそういうことが無いか見せられてるから自分を正して気を付けなさいというメッセージだと知ってはいたものの、自分を戒めは出来ても苦手な人は苦手な人なんですよね。
    自分のモヤモヤやイラッとした感情をどう
    解決したらいいか分かりませんでした。
    だから、苦手な人っていないという人が羨ましかったです。

    このままではストレスで自分がおかしくなると悩んでいたので、心理学の本を呼んだり自己啓発やスピリチュアルを学んだりしたけどなかなか理解することが難しいな~と思っていた時に『nTech』に出会えました!

    『nTech』は私が疑問に思っていたこと以上のあらゆる学問の見地から全てをシンプルに集約された論理とイメージがすんなりと入ってきて、自分の固くて絡まった考え方が解けるのが気持ち良かったんです。
    苦手な人を作り出しているのは自分の認識であることをすんなり受け入れられたのです。

    学んだことが即、実践、応用出来ることで
    苦手な人が可愛く思えて毎日が楽しくなりました。
    自分の認識が変化するだけでこんなにも心がスッキリ、のびのびと自分を出せることと人間関係の悩みが無い人生を手に入れられたことに感謝しかないです。

    苦手な人を作り出す自分のアルゴリズムパターンをしっかり掴むことが出来たので、
    新たな人間関係が構築出来ること毎日楽しくなりました!

  • 職場の人間関係のストレスみもざ

    仕事をしていて一番困るのが職場の人間関係のストレスじゃありませんか?

    この人嫌だなぁ〜と思っても相手に伝えることも難しく、どうあがいても怒りしか出てこないなら言わないでおこうと黙っておくと積もりに積もって別のところで爆発したり。
    嫌だと思う人一人いるだけで一日気が重いとかありますよね。

    私はそんな時がたくさんありました。
    その度に気が重かったのですが、nTechを学ぶと全てわかります。嫌いな人なんていません。それがわかります!

    そんな解決策なんて嫌だ〜というあなた。
    それすらも思い込みです。

    今は嫌な人がほぼいないので、仕事もサクサク進むし、ストレスからの肩凝り、頭痛などに悩まされていましたが今はありません。
    とっても楽になりました。

  • 職場の人間関係のストレスおがじゅん

    皆さんは「職場の人間関係のストレス」を感じる方でしょうか?
    それともあまり感じていない方でしょうか?

    nTechに出会う前、僕は「職場の人間関係のストレス」は付き物だと感じていたので、避けられるなら徹底的に避けていました。

    そうすれば、一時的には回避は出来るけど、ストレスだと感じる人と話さないといけない場面になると、毎回強烈なプレッシャーが襲って早く終わらせたくなる、その無限ループでした。

    しかし、nTechに出会ってからは、相手の立場や背景を理解出来るようになったので、同じような場面に出くわしても、プレッシャーに感じることは大きく減ったし、何よりも僕がどの観点にハマり、相手をこういう人間だと決めつけて観ていることにも気づけるようになったのです。

    もし「職場の人間関係のストレス」に直面している人は、是非nTechに出会って下さい。

    あなた自身がどの観点にハマり、相手をどんな思い込みで観ていたのかが分かるだけでなく、自分の観点すらAll Zero化出来るようになるので、結果として「職場の人間関係のストレス」から自由になれますよ!!

  • 職場の人間関係のストレス波多江めぐみ

    仕事をする中で、職場の人間関係のストレスは一番の問題です。いくらやる気があっても、人間関係がうまくいかなければ働く意欲さえも半減してしまいます。
    人間関係は、全て判断基準と判断基準との出会いです。
    苦手な人が悪いのか?または自分が悪いのか?などと責める気持ちが湧きやすいですが、実はそういう事ではなく、ただ自分と相手の判断基準がぶつかってしまっているだけです。
    なので、nTechによって判断基準の作られ方や働きを理解することによって、自分のことはもちろん、相手のことも理解できるようになり、目の前の現象にとらわれずどんな相手でもストレスにならず出会いを楽しめる自分になることができます。

  • 職場の人間関係のストレス小畑多美子

    「職場の人間関係のストレス」は、かなり感じてましたね~。
    基本的に仲の良い人間関係でしたが、仕事相手の人で、自分が認めてもらいたい、受け入れてもらいたいと思う相手に対して、緊張しすぎて思うように気軽に話せず、いつもストレスフリーの状態でした。
    自分でも何とかしたいと思うけど、どうにもならず、そんな自分自身に嫌気がさしていました。

    nTechに出会ってからは、自分が認めてもらいたい、受け入れてもらいたいと思う相手に緊張してしまう無意識の原因をセッションで発見し、それをAll Zero化感覚という新しい感覚を使って、原因から根こそぎ消しゴムを消すように、その原因にとらわれなくなるので、本当に心から自由になり、ストレスからも解放されました。

  • 職場の人間関係のストレスyukachin

    この人嫌だ!と思うと一緒に仕事をするのが嫌になりますよね。昔は嫌な人と同じチームで心が苦しくなり、おおきな寝言を喋ってました。大変だったのです(笑)
    一緒に仕事をする一日が苦痛でたまらない。そんな日々を過ごしていた時がありました。
    でも、nTechを学んで使って行くうちに、自分の認識に変化が起こり、寝言でうなされる事は無くなりました。自分の観ている世界なので自分で統制出来るようになります。
    自分が何者なのかもわかるので、認識の仕方も変わるので、人間関係が楽になって行きますよ。コミュニケーションも変わるし。こんな技術があることに感動です。

  • 職場の人間関係のストレス川名哲人

    学生の頃は成果よりはいろんなことに取り組む姿勢態度が評価されることが多々ありますが、職場となると成果が問われます。頭では分かっていても一「生懸命やっているのになぜ認めてくれないのだ!」みたいな感情が職場で常に渦巻いていました。
    そんな私は職場の人間関係のストレスの原因は行き過ぎた成果主義だと感じていました。
    しかし、それは一つの要因であってもっと深い根本原因が「観点」であること、そして、それを変化できることがnTechを通して分かりました。
    今は職場に限らずストレスフリーな人間関係を自分の周りからつくっていきたいと思っています。

  • 職場の人間関係のストレス澤田祐子

    この人がいると仕事にならない、この人がいると仕事に行くのがしんどい。よくよくありますね。私もnTechに出会う前は、職場の人間関係のストレスはマックスだったと思います。たとえば、仕事で一緒に組む相手が誰なのかをチェックしては、"明日は●●さんが一緒だからこういう風にやろう"とシュミレーションをしたり、一週間のスケジュールを立てたりしていました。ただ、これは非常に無理がありますね。自らストレスを助長させて免疫力を低下させ、休みの日は寝るしかない状態を作り出したりしていたので。

    nTechに出会ってからは、人間関係がまざまざと変わっていきました。それまでみてこなかった自分自身の内部構造、○×の判断基準で傷だらけになっている自分であり、人間共通の傷みや涙にも出会うのですが、そうすると、職場の嫌な●●さんの背景や涙にも気づけるようになっていって、"嫌な人"とか"苦手な人"というのが、ずーっと続くわけではない賞味期限つきというのが理解できるようになっていくんです。それから楽になりましたね。苦手と思う自分を観察するようになりますし、心に余裕が生まれるので、苦手な人にとらわれなくもなります。nTechは一番深い心を訓練できる技術なので、心穏やかに日々を過ごせるようにチャレンジしたい皆さんにはオススメです。

  • 職場の人間関係のストレスmiisan

    職場内の苦手な人と毎日接触しなければいけない状況は気が重くなりますよね。その人に囚われて消費する時間や感情は、それだけでエネルギーの無駄遣い。最悪職場の人間関係のストレスが原因で体調を崩したり退職してしまったり、、。この問題、解決できちゃうんです。nTechを使ったら、苦手な人がどうして存在するのか、その秘密から分かってしまうんです。nTechに出会う前は苦手な人に対応することに追われる毎日でした。そうなってしまう仕組みを自分で客観的にみることができると、本当に解決のヒントは自分の外ではなく自分の中にあるんだ、ということに納得できます。あの人さえいなければ楽しく仕事ができるのに、なんて思っているあなたにおススメです。

  • 職場の人間関係のストレスelly

    職場の人間関係のストレスの原因は苦手な人が社内にいることですよね。
    けれど、苦手な人を変化させることは実際に不可能に近く、自分の認識を変えることが早道です。
    実は苦手な人は自分自身が苦手だと認識しているから苦手な存在になっていて、他の人から見たら全く違う観方であることが多くあるからです。
    では、どのように認識を変化させれば良いか、それは自分の無意識エンジンを発見することです。0〜12歳ぐらいでつくられたパターンを手放すことができず、それが人間関係にも影響しています。
    嫌だなと思う対象がいたら、逆に自分が認識を変化させるチャンスだと捉えていくことが大切だと思います。

  • 職場の人間関係のストレスとみざわりょうた

    皆さんは苦手な人と出会った時にどうされてますか?私は例に漏れず、とにかく避けるようにしていました。どうせ一緒にいても問題が起こるか、お互いの気分を害するだけなので。

    しかしどこにでも苦手な人と言うものはいるもので、そういう人がいると突如私は集団の中にいても会話をしなくなり、その集団から少しづつ離れるようになります。そんなことを繰り返していくと、いつまで経ってもほんとうの関係は誰とも築けません。

    そんな時にnTechによって人間の仕組み、人間関係の仕組みを理解して、私がなぜ苦手な人を苦手と思うようになり、なぜその人がいると避けるようになるのか、の仕組みがわかるようになり、今では人間関係がものすごく楽になりました!

  • 職場の人間関係のストレスmidan

    苦手な人に対してどんなふうに対処していますか?
    関わりを少なくしてみたり、直接話さないようにしたり、気持ちを隠して話してみたり、みんな色々工夫して克服しようとしてるかと思います。
    ですが、どんなに工夫しても限界はあります。
    大切なことは苦手な人が存在している状態で、どうこうするのではなく、その手前です。
    そもそも苦手な人がどうして存在しているのか?
    本当に存在しているのか?
    nTechは苦手な人にどう対処するのではなく、苦手な人がそもそも何なのかにアプローチするので根本的な解決ができます。
    自由度が上がる解決策でいつもスッキリな心で働けるようになります。

  • 職場の人間関係のストレスhiro

    職場の人間関係のストレスが全く無くなったら楽しく働けそうですよね。
    人間関係で悩んで鬱になったり、職場を辞めてしまう人も多くいます。
    それくらい影響力が大きいのが人間関係のストレスだと思います。

    nTechは人間関係のストレスの根本原因を明確にクリアしてくれるので、とてもオススメです。

  • 職場の人間関係のストレス原田卓

    職場の人間関係のストレスを解消するためには、「人間の認識の仕組みを理解すること」が大事です。仕組みが分かると、なぜ職場の人間関係のストレスを感じるのか、自分の中にある理由がハッキリします。
    僕の場合は、「頼まれたら断れない」「責任を持たないといけない」「相談できない」というパターンがあり、仕事を一人で抱え込む癖がありました。こんなにオレは大変なのに誰もオレの大変さを理解してない!と思って、仲間を信頼できず不満と怒りを溜め込むパターンです。
    nTechを使って「人間の認識の仕組み」を理解すると、自分のパターンを外側から俯瞰できるようになって、職場の人間関係のストレスは自然と解消されました。

  • 職場の人間関係のストレスmacha

    どこにでもあるストレスのひとつ。
    職場の人間関係のストレス。
    必ず?と言えるほど一人は苦手なタイプの人がいる職場(><)
    どう克服するか。
    視界に入れない、かかわらないようにする。これができるならよいのですが、なかなかこれも難しい。
    いっそのこと辞めてしまう!!
    これ、解決法になりそうですが、結局また苦手な人は次の職場でも現れる!
    じぁ、どうする⁉️
    自分がどんなパターンの人を苦手なのか知ること、そして更には、その苦手な人と自分を分けてしまう脳の認識のくせを知ること。自分を知ること、人間を知ること、そして、人間を越えることかなと思います(^^)

  • 職場の人間関係のストレスえみる

    人が集まって組織が生まれてくる中に、人が集まれば苦手な人との人間関係の問題も生まれますよね。

    脳の癖によって、人間が見る範囲にどうしても制限がかかり、自分と違う部分だけをとって過去のイメージ相手を存在させ、好きだ嫌いだとジャッジしています。

    職場の人間関係のストレスは、仕事を進めるにあたり出てくる、お金のことだったり、付き合いだったりと、本当はこうしたくないけど、やらないとプロジェクトが動かないことも多々あります。

    またリーダーである上長により、環境はいかようにでも変化します。すべて自分の外の環境で起こることのように思えます。

    だけど、その環境を外として分離させて見ているのは自分です。

    nTech技術がわかれば、すべての現象を創り出しているのは、自分の判断基準から生まれた認識のパターンだとわかる。そして、苦手か得意かではないところから観ていけるようになるので、結果的に苦手な人とのコミュニケーションも変わるのです。

    それには、外側を問題と観るか、内側である自分の認識パターンと観るのか。自分のことを知ることから全てははじまると思います。

  • 職場の人間関係のストレス吉村真奈美

    人生の大半を仕事場で過ごすと思うのですが、職場の人間関係のストレスって、楽しい人生を送れるか送れないかに大きく影響しますよね。
    私も苦手と思う人が居て、「この人と離れられさえすれば、楽しいのにな。」と排除したくなる考えがよく出ていました。
    まぁ、この気持ちって職場だけでなく、集団の中に入って行けばどこでも起こることではありますよね。特に、何度も会う頻度が高いと「この人苦手。」と思うような事はよくあることです。

    この苦手な人が無くなればストレスなく、どこでも楽しく人間関係が作れて、人生もHappyですよね!
    それが出来ちゃう技術がnTechです。

    実は、「苦手」は自分自身の中にある過去の体験・経験による判断基準が作り出した結果体です。目の前の人自身を見て苦手だと言っているのではなく、過去の体験から、「こんな言い方する人、こんな雰囲気の人は私に危害を与える存在だ。」って決めつけてしまった世界があるのです。
    私の場合、母親がヒステリックで幼少期に、ちょっとした間違いを拾っては大声で怒鳴り散らされ、酷いときには頭や頬を叩かれた経験があり、形相や言い方に怒りが乗っている人を目の前にすると逃げたくなる苦手意識が働きます。トラウマとも言いますね。だから、本当に解決すべきは目の前の相手を変化させるのではなく、自分の中に決めつけた固定観念をほどくことなんです。それには、脳のクセ、脳の仕組をまず、知ることが必要です。決めつける自分自身が悪いわけではないのです。人間だったら誰もが陥る現象であり、その原因を持っていることを明確に知ることで、自分も相手も許すことの出来る愛そのものに立ち返る事が出来ます!
    是非、nTechでストレスフリーで愛溢れる人生を送れるようになって欲しいと全人類に伝えたいです!

  • 職場の人間関係のストレスeri567

    職場の人間関係のストレスはつきものですよね。わたしは苦手な人とはそもそも関係性を
    築こうとしなかったのですが、とは言っても職場はそうはいかないので、合わせる、我慢の連続。苦手じゃない雰囲気を一生懸命出そうと頑張るから余計疲れるしストレスがたまる。

    けどnTechに出会ってからは、ひとの嫌なところのり良さを見れるようになったので、苦手だと感じる人が断然減ったし、苦手だと感じても、苦手な気持ちになってしまう仕組みをしってるので、そこに振り回されなくなり職場の人間関係のストレスが減りました。

    ストレスを感じたとしても、そういうのも話せる関係が増えていくので、克服不可能だったものが克服可能になることにびっくりしてます。

  • 職場の人間関係のストレスきんめ

    苦手な人って誰にでもいますよね。その苦手な人が職場にいると大変です。なぜなら仕事を進めるために嫌でも関わらないといけないのですから。でも、苦手だと思う気持ちが強くなればなるほど、苦手の度合いがあがってしまって、正常な状態でいられなくなったり、少しの事でむかついてしまったり。。。そんな状態になります。仕事の事を思えばこの自分の感情に左右される事なく、サクサク仕事を進めたいのに。。。なかなかそんな事もできなくて、職場の人間関係のストレスは自分自身に相当な影響を与えてきます。
    でも、そんな苦手な相手に囚われてどうしようもなかい状態を変化させることができるのがnTechなんです。nTechの認識技術を使うと相手の事を理解する事が可能になるんです。そして、不思議なのが相手の事を理解できるようになると、相手に対して感じていたイライラやむかつきが自然となくなっていくんです。そして、理解ができると相手の苦しみもわかるようになるんです。そうする事で、苦手な相手が愛おしい相手になることだってあり得てしまうんです。好きな人を嫌いになる事は、きっかけがあればある意味簡単に嫌いになれます。その逆で嫌いな人を好きになるって実はとても難しいんですよね。でもそれができてしまうのがnTechです。おかげで私は人間関係のストレスが職場に限らずどんどん減っています。相手を理解できること、そして自分の固定したイメージをゼロ化して相手と出会う事ができる技術は本当にすごい技術です。是非、味わってみてほしいです!

  • 職場の人間関係のストレスnaomi joy

    私がnTechを学ぶ大きなきっかけは職場の人間関係のストレスでした。上司は威圧的な人や怠惰な人、部下は生意気で仕事は手を抜くし、自分も後輩教育が苦手で申し訳ないし本当に働きにくかったです。全員が質が悪いながらまだしも、他のチームはすごく良いように見えて自分だけが貧乏くじを引いたように見えてしまっていました。
一人だけ嫌ならまだしも、数人いると本当にストレスは何倍にも膨れ上がり、毎日泣いてました。でも、nTechを学び自分自身が生まれ変わったように人間を見る目が代わりました。そんなきっかけをくれた職場の人たちに今でも、ものすごく感謝をしています。

  • 職場の人間関係のストレスかなえ

    職場の人間関係のストレスは、もう連日そうでしたね。もはや人間関係のストレスは当たり前で、我慢して働くしかないと相当に諦めていました。特に、上司とは関わりたくないくらいで、顔も見たくないし話もしたくない、消えてもらいたい!と正直思っていました。でも、仕事をする上では交流しないといけないし、相当にストレスでした。何か言えば文句を言われるのではないか、相談したいのにまた激しく怒られるのではないか、いつも恐怖してプレッシャーと戦いながら毎日必死で働いていました。nTechを学んでからは、恐怖へと反応してしまう自分の認識がどうして生まれたのかが理解でき、今は落ち着いて関われるようになってきました。人間の限界を一緒に越えていきたい。そうしたら、愛おしくも観えるようになってきました。

  • 職場の人間関係のストレスHaruko

    以前は仕事は好きなはずなのに、終わるといつもぐったりして、買い物したくなったり、何か食べないと落ち着かないという日々でした。だんだんその頻度がおさえられなくなりお金も失くなるし不安で不安で夜寝れず朝起きれなくて、ついには会社を辞めるしかないという状況にまでなってしまいました。みんな良い人たちばかりで職場の人間関係のストレスのせいだったとは思いもよらなかったのてすが、nTechを活用して本当の自分、本当の人間関係について考えた時になに一つ自分の意志で決めたことがなく、全部従うだけ、合わせるだけだったからあんなにストレスを感じていたんだと気付きました。
    相手の何が嫌だ、悪いというレベルではなく、本当に自分がなし得たいことがあって人と関わることがなければ人間関係はストレスでしかないと分かり、今はビジョンに向かった仲間づくりに毎日邁進しています。

  • 職場の人間関係のストレス見並圭一

    ストレスの大半は人間関係からくるものなので、一日の大半を過ごす職場内での人間関係はとても重要になります。いわゆる「苦手な人」というのは誰にでもいるものですし、その人と一緒に仕事をしなければならない状況になったときには、もう大変です。職場の人間関係のストレスの問題は本当に大きいと思います。nTechに出会い、人間が5感覚脳を基準にした今のままの認識方式をしている限りは、実は誰しもがこの問題からは逃れられないということを知りました。認識の変化は全
    てをひっくり返せます。

  • 職場の人間関係のストレスmorphie

    グーグルがプロジェクトアリストテレスでチームのパフォーマンスが最大化される条件をリサーチし、第1位が心理的安全性となっていますが、職場にいて心理的安全性が担保されていると感じられることは先ずないと思います。
    安心安全な環境の海を泳がなければ、人は判断審判なく人と関係性さえ作ることが出来ないし、共通土台のない人間関係の中では、ストレスプレッシャーは無意識に蓄積され、関係性の出発は不安恐怖になってしまいます。
    逆にそんな中で良好な人間関係を構築できる方が、自己内分離格差が激しくなり脅威です。我慢した結果、もう我慢できなくなる時が必ず来るからです。
    人間関係のストレスをなくしたければ、それを生み出しす仕組みを理解して認識技術を使って解くのが一番スマートです。
    人間関係のストレスプレッシャーから無縁なライフスタイルって楽だと思いませんか?

  • 職場の人間関係のストレス大川 真

    職場の人間関係のストレスで悩む人が多いため、本やセミナーなどで様々なテクニックや考え方が広まっています。nTechは新しい何かを身につけて解決しようというアプローチとは違いました。私はnTechを学ぶ中で、そもそもなぜ、こんなに人間関係の問題が社会に蔓延しているのか?なにが根本的な原因なのかを深く考えるようになりました。その中で、1つの答えにたどり着いていきました。この記事を読んだ方は、これを機会にぜひ、この事について考えを深めてもらえたらと思います。今はもう、人間関係の問題で深く悩み、動けなくなったり、人間不信になることはなくなりました。わかってしまえば、すごくシンプルです。

  • 職場の人間関係のストレスやなぎ

    私は女性ばかりの職場だったからか?派閥争いが絶えずそれが嫌で職場で働く総数が少ない小さな職場を選んで勤めていました。それでも同僚や経営者である上司との対立は毎日で職場の人間関係のストレスは絶えずありました。
    上司との対立がほとんどで、こんな上司だから、こんな経営者だからつまらない職場なんだ!と思って生意気な言葉を発していました。そりゃあ、全く可愛げも何もなかったでしょうね。
    nTechを知ってから、人間関係のストレスがどのようにして生まれるのか?がわかるようになってから、そりゃあストレスになるわーと納得し笑えるくらいに対人に対して力が抜けてきました。

  • 職場の人間関係のストレス堀江直樹

    職場の人間関係のストレスで悩むときにどうしても苦手な人がいるという方は多いと思います。
    苦手な人がいる時にnTechを活用すると大きく変化することは『理解できる』という点です。
    相手が何故そういった反応をしたのか、自分が何故こんな反応をしたのか?仕組みを理解することで、心に選択する余裕が生まれます。どうしても感情と一緒に動いてしまうと、自分も相手も見ることが出来なくなってしまいます。
    行動を変えることではなく、理解が変わることで結果として自然に行動の変化にも繋がる。その技術がnTechになります。

  • 職場の人間関係のストレス不知 航

    私は何度も、職場の人間関係のストレスによって仕事場を変えました。
    上司が意見を聞いてくれない、理不尽な仕事が沢山振ってくる、残業が増える一方。初めは良いなと思う環境でも段々と悪くなり、我慢できなくなってやめるパターンが何回もありました。
    でもnTechに出会い、観点の問題が理解でき、その問題を解消することが出来た時に、自分の抱えていた問題は解消し、今まで苦手だと思った人とも今は話せることが出来る様になりました。

  • 職場の人間関係のストレスぽえっつ

    仕事をふつうにしたいだけなんけど、何が問題かって、苦手な人が必ず登場すること。それが問題ですよね。
    職場の人間関係のストレスによって、仕事がスムーズにできなくなっちゃう。気を遣ったり、ムダなところにエネルギー浪費しまくることで、職場の人間関係のストレスがどんどん溜まっていくという。。
    nTechはそのエネルギーのムダがなくなるから、時間短縮、ストレスなくなるし、なんでも楽しめるようになるし、最高の技術だと思います。

  • 職場の人間関係のストレス村田優子

    職場の人間関係のストレス、これってかなり厄介ですよね。
    人間関係って、見える範囲でしか相手を知ることができないからなんだって気づいてからは、言葉だけでなくどんな背景からその言葉が出ているのかを気にしていくようにすると、案外相手の人は不安からそういうことを言う人なんだって理解できたり、人のためを思って注意してくれる人だと思えたり、相手の深い価値観などに出会えると、ストレスではなく可愛く見えてきてしまうことがあります。

    この見方を学べるのがnTechの良さだと思いますので、ストレス感じている人には、お勧めです。同じ人と出会っても、ストレスに感じない自分になれるって、すごい技術ですよ。

  • 職場の人間関係のストレスあやか

    職場の人間関係でまったく悩んだことがないという人はいないのではないでしょうか?
    学生の時や趣味で集まる関係性であれば、気の合う人や自分と似たタイプの人だから団結しやすいでしょう。
    でも、職場という環境では経験も年齢もバラバラな人が集まり、異なる観点を持つ人たちでチームプレイをしなければならない。
    そんな中で、職場の人間関係のストレスに悩むことは当然だと思います。
    だから、人間の観点がどのように生まれるのか、どのように観点を融合させていくのかを知ることは、これからの社会人としての常識になっていくのではと思っています。
    nTechを使ってクリエイティブな人間関係をつくっていきましょう!

  • 職場の人間関係のストレスerina

    職場の人間関係のストレス、わたしも以前悩んでました。上司の考え方や職場の雰囲気に合せるのが苦痛だと思うこともよくありました。もちろん、学ぶこともありました。でも、グループや派閥のようなものができて、気を遣わないといけなかったり、エネルギーが強いリーダー格の人に従わなければならない雰囲気だったりしても、それを解決できる人はいませんでした。
    nTechと出会って、そういう問題の根本原因と解決方法が明確にわかり、早く知ってれば良かったと思いました。今悩んでいる人には早く知ってほしいと思います。

  • 職場の人間関係のストレスmizu

    私も以前まで職場の人間関係のストレスに悩んでいました。それこそ苦手な人がいたからです。私は争いが嫌で怖くて傷つきたくなくて
    いつも笑顔していました。そんな中で人を否定ばかりするタイプの人がいて、すごく苦手でした。その人につぎあったら何て否定されるんだろう?あれをできてないって言われたらどうしよう。。とその人に会うのがとにかく嫌でストレスでした。
    でも、nTechと出会って、否定してくる相手が問題なのではなくそれを解析する自分側が変化することが必要だと分かりました。そしてその解析を0化でき、今では相手が否定してきても傷つかずに、仕組みでみることができ、相手の涙も感じられるようになりました。

  • 職場の人間関係のストレスさかなゆう

    仕事って、人生の中で、とても多くの時間を割く場所なので、職場の人間関係のストレスによって行きたくなくなるとか困りますよね。
    人が嫌で仕事まで嫌いになったり、健康に害ももたらしたり。

    人間関係って、どんな仕事を覚えること以上に難しいと思います。

    じゃあなぜストレスになるのでしょうか。
    人間はマルバツするのを大好きな脳を持ってるからです。
    nTechで人間の機能を理解して、人間を超えていく技術を知ることで
    ストレスからフリーになり
    冷静に出会えます。結果、人間力、人間関係力もアップ!
    素晴らしい技術がnTechです。

    心深いところからの感動の人間関係がどんどん増えて行きますよ!

  • 職場の人間関係のストレスbonatakato

    苦手な人をどう克服するのか

    この問題の完全な解決策がnTechだと確信しています。

    職場の人間関係のストレスは、本当に大きな悩みだと思います。

    しかもこれが、自分個人の問題ではなく、みんなが悩んでいる問題であることが驚きでした。

    いかに、多くの人が建前の人間関係を創っているのか。

    誰もが本音で分かり合えて人間関係のストレスがゼロの世の中になってほしいです。

  • 職場の人間関係のストレス森本柾人

    僕は自衛官時代、激烈な人間関係の海の中で、いつ誰が攻撃してくるのか分からないそんな状態でした。
    なので、誰も信用せず誰も期待しない、自分以外の全員敵だという認識で普段過ごしていたので、極度の緊張感とストレスで、睡眠中もほんの少しの物音で目が覚めたりしていました。
    しかし、nTechを学んだらそんな問題はなくなってしまいました。それどころか、今まで敵だと思っていた人たちと良好な関係が次々と作れて行きました。
    何故そうなったかというと、自分の今までの判断基準や固定観念、意識的なものから無意識まで、その全てが解けて、そしてそれら観点が生まれる仕組みが精密に見えたことで、今まで感じていた不安、恐怖、ストレスプレッシャーは一掃されました。
    それ以降は職場でのPCを使った精密なストレスチェックでは周りの隊員と比べて数値が低く小隊長から「お前凄いな!ストレス全然ねーじゃん」と驚かれました。

  • 職場の人間関係のストレスこみず

    職場の人間関係のストレスってきついですよね。。。
    1日8時間が毎日続くわけですし。。。

    私も特に上司に対してイライラすることがありました。
    上司とは、しっかり全体を見て、仕事をがんばって、適切な采配を振って、部下のことをよく見て指示を出すべき、といった決めつけがあって、そうでない上司を見ると、「こいつ!」とジャッジがバリバリ働いていました。
    そうすると自分が一番ストレスで疲れるんですよね。

    nTechを知ってからは、自分と自分の宇宙を消せるので、自分が決めつけた「上司とはこうあるべき」から自由になることができましたし、上司がなぜそうなったのかの背景をみることができるようになったので、接し方が全く変わりました。

    職場の人間関係に悩んでいる人がいたら、nTechをぜひ学んでみてください。

  • 職場の人間関係のストレスさやか

    職場の人間関係のストレスはどこにでもあると思います。例えば私は、はっきり、キッパリものを言う人が苦手で指摘されると自分が悪いんだと萎縮してしまうことがよくありました。かなり繊細なので、ピリピリしてる人がいたり怒ったりしてる人を感じると自分が怒られていなくても、すごく辛いこともありました。nTechを学んでわかったのですが、実はそれに反応する自分の観点があるんです。傷つきやすくなってしまう原因。繊細で少し何か言われただけで反応してしまう原因。そのパターンはどんな観点、どんなアイデンティティーからなのかが理解できて外に出て、違う観点からみた時に今まで苦手だったと思ってた人が全く違う人にみえるようになりました。

  • 職場の人間関係のストレス中西豊

    職場の人間関係のストレスの根本原因は、

    人と人が分かり合えないことから始まってます。

    人と人が別であり、自分とは関係ないという自分とその他という存在を分けてしまう認識方式である5感覚脳が根本原因です。

    分離し、孤独、寂しくなり、その状態から人と出会うので、不信し、怒り、諦めてしまうんですね。

    その脳の認識を超えた全てがつながっている安心感を得ることができることが超重要ですね。

  • 職場の人間関係のストレス相良真史

    苦手な人はどの職場にもいると思います。その苦手な人が嫌で、職場を変えたとしても、その変えた先の職場で、また苦手な人がいる。その職場を変えても、また同じことを繰り返すだけです。それではなぜ苦手な人が生まれるのでしょうか?苦手な人はどうすれば克服できるのでしょうか?
    nTechを学んでみて、苦手な人をつくりだしているのは、自分の判断基準にあることが明確にわかりました。自分の判断基準によって好きな人、苦手な人を自らつくりだしている。そのことがわかったとしても、なかなかそれを変えることはできません。しかし、nTechは苦手な人をつくりだしている判断基準を完璧にほどくことができ、苦手な人もない自分になって、どんな人でも深く愛することができる自分になります。そんなほんとうの自分とぜひ出会ってみてください。

  • 職場の人間関係のストレス高橋恵

    以前の私は職場に一人は苦手な人がいました。
    その人が私の視界に入ると本当に嫌で、その人を観るだけで自分が怒られてる気がして…。
    攻撃される前に、こちらから攻撃を仕掛けているように思います。
    そのやり取りを起こしてしまう自分にストレスを感じていました。
    相手だけではなく自分自身も外から観ることができる技術がntechです!

  • 職場の人間関係のストレスみなみか

    人間関係のストレスが少ない方だと思っていましたが、ストレスを感じる前に意識からシャットアウトして関わらないようにしていたと後で気づきました。働くようになってからはそういうわけにいかず、職場の人間関係のストレスで心が疲弊しました。いつも同じタイプの人に苦しめられていたのですが、nTechを知ってから自分の認識が苦手な人を存在させていたのだとわかってショックでした。でもそれが人間共通のメカニズムだと言うことも知り、自分も他人も責めることなくそのメカニズムから自由になる事が出来ました。

  • 職場の人間関係のストレス大槻剛史

    全員100%大好きな人ばかりに囲まれてる職場にいることは滅多にないと思います。

    ほとんどの場合、苦手と感じる人がいるはずです。

    人は相手を変えることはできません。
    人が変化させることができるのは、自分自身の認識だけです。

    目の前の相手をどう思うのか?
    そこについては100%自分自身でコントロールできます。

    nTechは無理矢理思い込んで嫌いをを好きにするのではなく、

    好きや嫌いという判断が無い世界から、どういう仕組みで相手を嫌いと思う自分の感情が生まれるのか?論理とイメージを使って理解していきます。

    理解できれば、自分の想念を解くことができるようになり、目の前の相手を自分がイメージする通りに存在化させることができるようになります。

    それになれてくると、苦手だった相手も自分の描く脚本の中のキャラクターのように思えてきて、相手の存在意義・存在価値を愛せるようになっていきます。

  • 職場の人間関係のストレス吉田純

    職場の人間関係のストレスに苦しんでいる人は多いでしょう。

    私も職場に苦手な人がいました。

    感情的になる人です。

    幼いころから感情表現が薄いまま育ってきた私は、感情をあらわにする人に対して苦手意識をつくっていました。

    nTechと出会い、感情すら無いところから感情ができた神秘の目で感情的になる人をみることができるようになり、苦手意識から解放されました。

  • 職場の人間関係のストレス丸山陽子

    職場で苦手だなあと思う人、それが上司だと大変です。ちょっとした事が、コミュニケーションのずれで大ごとになったり、こちらの立場も言いたいけど、さらに大ごとになるのが怖くて、言えずにいる事がありました。

    Ntecを学ぶと、相手の表現の奥にある、もっと深い相手の判断基準が観えて来ます。そうすると、相手が理解が出来るようになり、自分を許し相手を許し、自分を愛し、相手を愛することに繋がります。

  • 職場の人間関係のストレス泊由美子

    扱いにくい人、苦手な人って絶対いますよね。
    でも私はnTechに出会って、それがなくなりました。
    言動だけにフォーカスしたら相手を受け入れられないこともありますが、その背景を理解することができることや、自分の決めつけや価値観をゼロ化できることが疎通の近道だと気づいて、変化できたことで苦手な人がいなくなりました。すごく大きな変化のきっかけになりました!

  • 職場の人間関係のストレス

    職場の人間関係のストレスってどうして起こるんでしょうね。相手の表情や言葉、感情、行動に反応して"イヤだ"と感じたり、モヤモヤしたり、ザワザワしたり…なんでそんな風な反応が起きるんでしょう?反応しなければ楽なのに…
    nTechを知って、学ぶとその反応のうらには自分が小さい頃に経験して決めたことが大きな影響を持っていることに気付きました。その反応を作り出している無意識に気付くことがまず大事だと感じました。無意識の感情を見つけて解くと、職場での人間関係も変わってくるはずです!

  • 職場の人間関係のストレスみなも

    生活のほとんどの時間を職場で使うことを考えれば、職場の人間関係のストレスが解消されないと、ストレス人生で終わってしまいますよね。

    私も凄く苦手な上司とほぼ1対1で仕事をしていたことがあり、その時はほんとに地獄でした。その時は、頭では相手が悪くないし、自分の心の持ちようだと思っていましたが、条件反射で上司に対する恐怖がやってきて、顔色を伺い、一喜一憂していました。

    その時にnTechに出会い、自分の置かれている環境が、自分のマイナスに反応してしまう条件にぴったりだっことが、客観的に理解することができました。

    上司との関係
    仕事の内容
    上司以外の人との関係
    職場での自分のポジション
    そして、自分自身の人間関係を作るときのパターンが、上手くいかくする構造になっていたのです。

    自分の能力のせいだとか、上司のせいだとか、仕事内容のせいだとか、上手くいかない原因にアプローチしていましたが、そもそも、何が問題なのかの診断が正しくできていませんでした。

    nTechは人間関係だけではなく、全ての上手くいかない原因を理解し、結果が生まれるプロセスをアルゴリズムで解析することができるので、客観的に精密な診断が可能になります。

    つい、現象を変化させようと思いますが、まずは、自分の認識構造を、理解することが大切だと感じています。

  • 職場の人間関係のストレス山中浩司

    職場の人間関係のストレスの最大の原因は苦手な人にあるかと思います

    ですが、そもそも苦手って何なんでしょうか?
    もしかしてそれは苦手な人だと自分で思っているだけなのかもしれません。
    人間が持つ判断基準は幼少期のショック体験が要因となっています。
    その時と同じような条件状況が揃うと人はオートでその時と同じ反応を無意識にしてしまいます
    これをnTechでは機械化された人間の心と言っています
    つまり、過去と同じ条件状況が、職場や学校などで揃うと機械的に「あ、この人は無理」と判断してしまいます。

    しかし、nTechはこの機械的条件反射を超える事ができ、自分の判断基準の外に出て新しく自分を再構築し、人間関係を作り直して行く事ができるのです。

  • 職場の人間関係のストレスvosaraicesara

    極度に職場の人間関係のストレスに悩まされていた時期がありました。ある1人の同僚との関係性がストレスでしかなく、転職しようかと何度も思いました。私から見ると、その同僚は私に対してとても敵対心を持っている様に感じ、私は恐怖心でいっぱいでした。その恐怖感から逃れたくて、私は様々はカウンセリングを受けました。しかし、関係性は一進一退を繰り返し、私はどんどん心が疲弊していきました。もう諦めようかなと思い始めた時nTechに出会いました。nTechを使う様になってから、いかにその同僚と自分が、全く異なる判断基準を持っているのか、そしてその判断基準ができる背景までよく理解できる様になりました。自分が当たり前だと思っていたことは、相手にとっては全く当たり前ではなく、むしろ私が持っていた判断基準の概念さえなかったりして、本当に違っていたのです。相手の言動の背景まで深く理解することができた時、その同僚と自分の距離が縮まり、関係性は劇的に改善されました。

  • 職場の人間関係のストレスMami

    仕事の内容以上に、職場の人間関係が良好かどうかで、気持ち良く仕事できるかどうか、チームプレーにもすごく影響すると思います。
    nTechで人と人がわかりあえない原因が観点の問題だとわかったら、職場で苦手な人も減り、職場の人間関係のストレスに感じることがほとんどなくなりました。
    誰かのせいでも自分のせいでもない、脳機能の仕組みなので、せひ観点の問題を知ることからおすすめです。

  • 職場の人間関係のストレス亀井 薫

    仕事をしてる人の多くがストレスを抱えて生きている。また、それが「人間関係」である人が本当に多い。
    「もうちょっと○○してくれないかな?もうちょっと〇〇だったら良いのに。。。。」と相手に思ったり、
    「これは相手に対する自分の思い方が悪いんだ。相手を自分の家族のように思わないと。。。」と自分に対して言い聞かせたり。

    過去の自分がそうでした。そんな自分を変えるために、コーチングやカウンセリングにお金を〇〇十万かけて行きました。
    コーチングのように思い方を変えることは、結局やり方であり、RPGで例えるなら、たくさん呪文や技を覚える段階。なので使う自分はレベルアップせず、要は変わらないのです。一方でカウンセリングは、自分がなぜ「相手を悪いと思うのか?自分を悪いと思うのか?」の整理をして行くのですが、結局、自分の根本的な部分が見えたとしても、その根本である杭を無くさないと、結局同じ自分の根本の癖を繰り返してしまう。

    話を戻して、仕事している人にとって「職場の人間関係のストレス」はどのように解消したら良いか。
    それはコーチングやカウンセリングでは出来ない、「オールゼロ化」して、今まで自分が作り上げて来た固定概念を無いところから
    、いまここ新しいあなた、新しい自分で出会うことが出来る技術を使うことが必要です。それがnTechであります。「固定概念をゼロ化?そんなの無理だよ。。」と思うかもしれませんが、絶対に出来ます、なぜなら技術なので。客観性があります。誰もが共有可能なのです。なので、「やり方」でも「思い方」でもない、と何も固定概念の無い「あり方」で相手と出会って見ませんか?

  • 職場の人間関係のストレスmasaco

    苦手な人に対しては、わかりあおうとはせずにどうやり過ごすかを考えていた気がする。当然心地よくはなく、職場の人間関係のストレスでけっこう疲れを感じていた。
    nTechと出会い、観点の問題を学んだことで相手を理解することができるし、仕組みを使って人間関係を創ることができるようになるので、ストレスから解放された。

  • 職場の人間関係のストレスイワミユカ

    職場の人間関係のストレスで悩みだすと仕事での悩み以上に苦しいです。その仕事をクオリティ高く仕上げようとするとチームは大事ですもんね。以前の私なら口をきかず仲が悪くてもしょうがないとしていました。n tech学んで、自分の考えや思いをみるようになりそう思ってしまう人間にフォーカスすらようになり、だいぶ楽になりました。自分が何に詰まっているのかがわかったらそれまでギスギスしていた相手と嘘のように普通に話せている私がいて自分でも驚きました。いい意味でテキトーになったのかもしれないですね。

  • 職場の人間関係のストレスクッチー

    会社員である頃の、職場の人間関係のストレス 私ほんと半端なかったです。でも振り返ってみての一番のストレスは「我慢」でした。仕事の依頼に、内心「やだな」と思ってるのに「わかりました〜!」と愛想よくしたり。その、表面と内心のギャップが多大なストレスを生みまくっていたんです。
    nTechと出会い、自分の内心と表現を一気通貫させられるようになり、ストレスが激減しました。あとは、自分の考えを事実と思い込みに分けられるようになって、人間関係の中で無駄な考えでクヨクヨすることもなくなりました。本当にnTechに出会えて良かったと思っています

  • 職場の人間関係のストレスしげみ

    昔働いていた職場に苦手な上司がいました。ある出来事がきっかけでいつもは自分の感情を出さない私ですが、その日は感情的になってしまいました。相手の良かれで言った一言なのはわかっているのにどうしても許せないというか、納得いかなくてもう無理!ってなってしまいました。でも直属の上司だったので仕事をする上ではこの人と関わっていかないといけないし、でも顔も見たくない、接したくない、関わりたくないそんな状態でした。
    感情的になっている時は正常な状態に戻る事が難しいものです。その時は一旦自分の中にある感情を全部受け止めてくれる人がいたので、全部ださせてもらいました。そうすると自分が何に反応してこんなに感情的になっていたのかも理解することができ、そして、相手の事を理解しようという気持ちにもなりました。ムカついて関わる事ももう無理だ。。。となっていたけど、自分から話しかけ仕事を進めることができました。自分の認識が変われば相手との関係性も自然と変化がおこります。この件で言えば、仕事をする上でチームプレイが大切なのに、上司が一人で何とかするという判断をし、一人で仕事を抱え込む。見るからにそれは無理なのはわかるのに、その選択をすることに腹が立つ!ていう事があったのですが、その問題も解決の方向に進みチームプレイができる状態になりました。nTechがなかったら、自分の考えをゼロ化することも、客観的にみることもできなかったので、接したくない上司への感情がどんどん大きくなり、チームプレイどころではなかったと思います。人間関係のストレスを解決したいのならnTechの活用をおすすめします!

  • 職場の人間関係のストレスクマ

    職場の人間関係のストレスはよく聞く話ですよね。実際に私も悩みました。
    職場の上司とどうしても良好な関係を築けず、何故自分にそんな当たり方をするのかが全く理解できませんでした。
    自分を責めたり、相手を責めたりもしましたが、結局は解決できず、精神的に落ちたり、それを別の場所で発散させたり。そんなことしかできませんでした。
    でも、nTechを学んでからは何故相手がそうしなければいけなかったのか。その背景を観ることができるようになりました。今まで自分が絶対だと思い込んでいたことが絶対じゃないと分かりましたし、人間共通の責められない仕組みからそうなっていたことも分かりました。
    今では職場で良好な関係を築けるようになって楽しく働けています。

  • 職場の人間関係のストレス明楽

    職場の人間関係のストレスに頭を抱える人は多いのではないでしょうか。自分自身が苦手な人の存在や、自分はよくても職場内の人間関係トラブルに巻き込まれたりして、どこの職場にいっても人間関係の課題がなくなることはありませんでした。しかし、nTechを学んでからは、その人の言葉、行動、人間関係のもっと土台になっている判断基準を観ることができるようになり、仕組みがわかって解決できるようになりました。
    誰でも学ぶことができるし再現可能なものなので、同じように悩んでいる人はぜひnTechを学んでみてください。

  • 職場の人間関係のストレスNatsuki

    仕事の悩みの1つで一番多いのが職場の人間関係のストレスと言ってもいいぐらい、そのことに困っている人は多いのではないでしょうか。
    私も苦手な人がいるとどうしても気分が下がってしまったり、緊張したり、ストレスが一気にかかってしまっていました。
    その人が問題だとか、自分とその人の相性が悪いからだと決めてしまえば、一旦落ち着くかもしれませんが、関係性の進化にはなりません。
    nTechでは、パターンで整理をし、そのパターンの原因を根こそぎ解決するので、
    1人苦手な人を克服できたら、同じようなタイプの人に困ることは無くなります。それだけではなく、人間関係以外の困りごとも同時に解決されていきます。

  • 職場の人間関係のストレスピュア

    皆さんは、人間関係でストレス感じたことありますか?

    もし、ない人がいたら

    それは、感じることを麻痺させてきただけだと思います。

    明確に悟り、差を取れるようにない限り

    自分と他人が存在し、戦争スタートなんです。

    nTechと出会い、人が何故 好きや嫌いとかの感情が

    創られるのか。その仕組みを知ったときに、仕組みさえ

    分かれば、感情に振り回されることもなくなるし、感情さえも

    自分で設計できるんだと驚きでした。

    人間関係のストレス、基本は嫌いだからストレスですよね。

    上司が好きでストレスで悩み、鬱になったというのは聞いたことが

    ありません。恋愛なら別ですが。。。

    仕組みを知ることで、好き、嫌いからも自由になり

    人間関係のストレスからも開放されます。

  • 職場の人間関係のストレス高橋美里

    感情の起伏が激しい人が苦手で、苦手だと思ったどうにか関わらないようにしていましたが、同じ空間にいるだけでなんか嫌な気持ちになり、嫌いな人ほど意識に入ってしまいストレスを感じていました。nTechでは、『好き』『嫌い』が生まれる原因は、5感覚で環境データを引っ張り、部分や違いをとる脳の認識のクセをもとにどんなアルゴリズム(機械的条件反射)をしているか理解するところから始まります。それが認識できたときに、消しゴム機能をつかって、◯×もない関係性をはじめてつくることができるのです。

  • 職場の人間関係のストレス西山美峰

    職場の人間関係のストレスってありますよね。
    私は、昔働いてところの店長がとにかく嫌いでした。普段は、優しくて気さくな人なんですが、仕事で出来ないところがあるといい方がきつかったり、割と感情をそのまま表情や態度に出す人でした。
    なので、いつも何か注意されるんじゃないかという不安を抱えながら仕事をしていたのでかなりストレスでした。

    ntechを学んでからは、自分の思い込みで相手とコミュニケーションしているということに気づき、いつも何か注意されるんじゃないか。というストレスはなくなりました。
    ストレスがなくなっただけではなく、相手のことをもっと知ろうと興味をもてるようになったので、店長との関係性も変化しました。

  • 職場の人間関係のストレス古川 いずみ

    「職場の人間関係のストレス」抱えてない人は少ないでしようね!! 仕事がつ
    まらない、という問題もありますが、仕事は嫌いではないのに、人間関係が嫌だから会社をやめる人も中にはいるでしょうねえ。
    ずばりお伝えすると「人間関係のストレス」、そこから自由になることはできます!! お金の囚われも全部仕組みがわかる事で、今までの杭をぽーんと抜けるって本当にすごい技術だなあと思います!!

  • 職場の人間関係のストレスmiwa

    「あの人苦手」「あの人のこういうところがちょっと・・・」
    社内の飲み会や休日の友人との会話など、色々なところで私も言ってました!
    職場の人間関係のストレスは本当に多いですよね。
    ストレスを解消できないので、とりあえず言うことで発散して気持ちを落ち着ける。
    自分を正当化しながら人を否定して。
    ずっとそんな生活を続けているともう心がトゲトゲです。

    本当はそのような一時しのぎよりも根本解決ができたらいいですよね~
    私にとってはどんなマインドを変えるツールよりも、ストレスがないところからあるようになる仕組みを知ることが一番の近道でした。
    nTechを使うと苦手な人が徐々に少なくなっていきますし、むしろ苦手な人と出会うのが楽しくなりますよ!

  • 職場の人間関係のストレスKiJi

    職場の人間関係のストレスは、仕事をする上で必ず出てきてしまう厄介なもの。仕事というのは人生でも多くの時間を使うことなので、その職場でのストレスというのは人生の大半を占めてしまうので、かなり問題になってしまいます。苦手な人というのは、実は存在しないんですよね。イメージをどんどん遡っていくと、ある時点の脳機能によって、苦手と思い込んでしまったイメージが苦手な人を存在させやすくしているだけです。一時的な感情のクリアリングではなく、そもそも存在は存在しないことを理解できてしまうnTechでなら、ストレスも解消できますね。

  • 職場の人間関係のストレスけんご

    職場の人間関係のストレスは、人生に大きな影響を与え、多大なるダメージをもたらすこともあります。かと言って、環境をどんなに変えても、自分にとって苦手な人というのは避けられないもの。そんな時は、理解が足りないのかも知れません。相手を知り、自分を知れば、苦手な理由がなくなります。では、なぜ理解が足りないなんてことが起こり得るのでしょうか。それは単に交流してないということもありますが、そもそも人間は理解し合うことが本当に難しいです。その理解に対する限界は、言語の限界に起因します。nTechでは、既存の言語の限界を補って上昇させる新言語「イメージ言語」を活用することで、職場の人間関係のストレスから解放されるだけでなく、出会いを楽しみ感謝と感動と希望を増幅していくことすら可能になります。

  • 職場の人間関係のストレスまる

    数年前、職場の人間関係のストレスに悩まされて鬱になりかけ、仕事を辞めました。その当時は、相手の人が悪いからやめてやると思っていましたが、nTechとであってから、嫌だと思う人が存在する仕組みがわかって、人間関係のストレスから解放されました。人間関係に悩む事が減ったので、仕事も毎日楽しく通えるようになりました。

  • 職場の人間関係のストレスこうた

    1日の多くを職場で過ごします。職場の人間関係のストレスが、日常的に感じるストレスの多くを占めます。
    休みの時にストレス発散して、平日で我慢して。そんな繰り返し。
    上司にも部下にも我慢。我慢以外に人間関係の作り方がわかりませんでした。
    nTechを使い始めてからは、自分がストレスだと感じる場面も、相手の立場になって考えることもできるようになりました。自然と理解ができるようになるので、余計なストレスを全く感じなくなりました!

  • 職場の人間関係のストレスecco

    職場の人間関係のストレスは必ずあるものだと思っていました。
    なぜならば一緒に仕事をする人は好きな人ばかりではなく、苦手な人もいるからです。実際に以前働いていた職場でも、苦手な人が隣の席で、その人の存在を気にすればするほどストレス値が上がっていき、体調を壊すところまで行きました。
    しかし、nTechと出会って知ったのは、苦手と思うのはその人が作り出している観点であり、自分が認識すればするほど苦手な存在が目の前に現れるというのもわかり、人に対する観方も変えることができら人間関係によるストレスもなくなりました。

  • 職場の人間関係のストレスろい

    よく仕事のことで相談を受けるのですが、その中で最も多いのが職場の人間関係のストレスです。部署を変わっても会社自体を変わっても一人は気の合わない人がいるもので気が合わない人が上司になったら毎日がストレスというのです。たしかに世の中の人間、全員と気があえば最高ですが、そんなことはできないことは誰でもわかることです。そうであるのなら、人間関係でストレスをためないようにするにはどうすればいいのでしょうか?シンプルにいうと相手を変えようとしないことです。ストレスは、相手を自分好みに変えようとするから起こるものだからです。自分が変われないのに相手に求めるていることを冷静に見つめなおすと意外とスムーズにいくものだと思います。

  • 職場の人間関係のストレス白鳥健

    少し前の職場で、大工さん・土方さんなどの職人さんと、大手から出向してきた現場管理役さんなどとの間で調整をする役割を担当したことがあります。職人さんは気に入らないこと、手順通りにならないことがあるとすぐ怒る、管理役さんは納期や工期ばかり気にして論理的に現場に圧力をかけてくる。その間に挟まれる職場の人間関係のストレスは計り知れないものでした。
    がしかし! 当時ちょうどnTechを学び始めたところでした。改めてnTechで状況を解析すると、実におもしろかったのです。
    職人さんが怒るのにも、管理役さんが圧力をかけるのにも、その現象に至る背景がある。そしてそれを認識するにあたり、「怒りっぽい人」と捉えるのか「感情表現豊かな人」と捉えるのか、「陰険で論理的な人」と捉えるのか「冷静で責任感ある人」と捉えるのか、目の前の世界に意味をつけているのが自分自身であることもよくわかり、そのパターンが見えるのです。
    それを日々発見し追跡し新しいパターンを構築する、まったく仕事と役割は変わらないのにその毎日が劇的に楽しくなる。不思議なものでした。

  • 職場の人間関係のストレスhtakamura

    職場の人間関係のストレスは、昔、働いていれば必ず起こっていました。
    私は転職を数回しているのですが、どこに行っても必ず苦手な人は現れて、それで人間関係に困っていろんな本を読みましたが、結局解決方法が分からず、どうしようもなくなってました。

    でも、nTechを知り、使うことで何故私が同じ様な人に出会い、同じ様な人間関係に悩むのか。全ての仕組みと私個人の仕組み(無意識に繰り返しているパターン)を理解することで、原因=解決策も分かって、今では人間関係のストレスは解消されました。会社のストレスは根本から解消できるnTechがオススメです。

  • 職場の人間関係のストレスmikity

    職場の人間関係のストレスって本当にどうしようもないんですよね。職場にいると絶対誰かと接点やコミュニケーションを取らないとできないので、こればっかりは本当にどうしようもないと思うんです。だからって転職を繰り返すのはキツイですよね。職場の人間関係のストレスなく、楽しく働くためには、自分の観点と相手の観点を理解することが重要です。nTechでは、「なぜ観点が生まれるのか?」という根本原因にもフォーカスするので、今までモヤモヤしていた人間関係のストレスにピリオドを打つことができるでしょう。

  • 職場の人間関係のストレスHiromi

    以前は、どこに行っても職場の人間関係のストレスはつきものだと思っていました!
    なので、極力苦手な人とは適度に距離を置いて、深く関わらないと決めていました。
    そもそも関わるイメージが持てなかったのが正直なところです。

    それが、nTechに出会ってからはびっくり‼︎
    絶対的に苦手な人が存在していると思っていたのに、何と私自身の認識が問題だったのです。
    こちら側の認識が変われば、オートで向こう側も変わり、苦手な人が愛おしい人に変わってしまいました!
    ぜひ、nTechというツールを使ってみて下さい。

  • 職場の人間関係のストレス安田真理

    職場の人間関係のストレスだらけで、職場にいくと全身に蕁麻疹が出て、吐いてました。このままでは鬱になる〈いや、今思うと、鬱だった〉と思い、なんとかしたい一心で探し求めたどり着いたのがnTechでした^ ^

    今では、人間関係ストレスの根本原因や自分のパターンが理解でき、自らの意志や環境を統制できるようになりました( ´ ▽ ` )

    セルフマネジメントができるって、ワクワクスッキリするから、おススメです。

  • 職場の人間関係のストレスたのしみず

    嫌いな人は嫌い。この状態がずっと続くと、苦しいですし、ストレスが溜まります。なぜなら自分がその人を嫌いと判断している判断基準を手放すことができずに、ずっと自分の判断基準に縛られ、嫌いな人を存在し続けるからです。この状態だと特にストレスを感じるのが、人生のうち長時間を一緒にいる職場の人間関係のストレスになりやすいです。
    自らの好き、嫌いの判断基準がわかり、もっと言えば、その基準がどのような素材、方法、目的によって誕生するのかをりかうすることができるのがnTechです。ぜひその技術に触れてもらいたいです。

  • 職場の人間関係のストレスはるころり

    職場の人間関係のストレスの最大の要因である苦手な人がいること。私もだいたい苦手どころが大嫌いで避けるようになる先輩などはいつもいました。心理学や引き寄せを学び、自己の変革を起こしたつもりでも湧き上がる一瞬の嫌な感覚。それを抑えて笑顔するテクニックは持ち合わせたがストレス。nTechは、そもそもの根本原因が、引き寄せより明確な根拠と共に理解できるから、自然と溶けていく関係を作れる技術です。

  • 職場の人間関係のストレスちは

    職場の人間関係のストレスを改善するために、私は自己啓発の本を読んで、相手のいいところを探すようにしたり、感謝をするようにしたり、いろいろしましたが、一時的にはストレスが解消されたように思っても、またぶり返す、ということを繰り返していました。nTechと出会って、今まで自分がやっていた解決策が表面的な部分しか変えておらず、問題の原因の根っこが残ったままだったため、またぶり返していたんだということがわかり、根本的な原因から取り除くことによって、本当の変化を手に入れました。観点がないところからあるようになっている仕組みを理解することで、今まで絶対許せなかった相手が許せるようになったり、人目を気にしてばかりいたことから自由になり、人間関係が本当に楽になりました!!!nTech万歳。

  • 職場の人間関係のストレスYOKO

    私は職場場の人間関係のストレスは半端なくあった一人です。
    医療職場で働いていたのですが技術を磨くにはひとりで勉強・研鑽すればよいのですが更に自分の部署の意識向上を図ろうとすると各個人の現在地(意識)がバラバラなので、必ず自分の意見に関して反対する方が出てきて、それが本当に嫌で苦手意識が出てしまい、コミュニケーションもうまく取れず仕事にもかなり影響及ぼしていました(><)
    そんな私がnTechを学ぶと苦手な人のイメージがガラッと変わりました!
    自分の「苦手と思ってる」判断基準が明確になりました。
    相手の何かに自分の無意識が反応してしまっただけだったんです。
    と言うことは相手も何かの判断基準で私のことに反対する。そのポイントがわかれば相手と共有できると思い勇気をもって反対する方とコミュニケーションを取ると一気に苦手意識が払拭されました!

    nTechでは判断基準を人間の仕組み
    で理解でき、人間関係(特に苦手な方との人間関係)に役に立ちます。
    職場の人間関係のストレスを感じてる方、ぜひnTechを使ってみてくださいね☆

  • 職場の人間関係のストレス由佳子

    家庭の人間関係のストレス
    学校の人間関係のストレス
    職場の人間関係のストレス
    所か変われど何処にでも似たような「苦手な人」は必ず現れ、つきまとう人間関係のストレス。
    人間関係がうまくいってれば
    家にも真っ直ぐ帰りたくなるし
    嫌な勉強あっても
    学校に行きたくなるし
    辛い仕事があっても職場が楽しくなる。
    人間関係を上手く保ちたくて気を使って疲れて当たり障りのない交流しかできなかった頃が今では懐かしいです。笑
    nTechと出会って、人間関係がうまくいかない根本の原因がある事がわかりました!
    それまでは自己否定したり他者否定したりと大変だったのですが、
    原因がわかるからこそ解決策が観えるし、それまでやっていた自己否定も他者否定もしなくてよくなり、大っ嫌だった苦手な人と今では仲良くなれました!

  • 職場の人間関係のストレスkenmiura

    わたしは職場の人間関係のストレスは、感じていないと思っていました。
    その背景には、上から目線でジャッジしたり、嫌だと思ったらすぐに関係性を切っていたからでした。

    理想は、どんな人ともフラットな関係性を創りたい気持ちはあるのですが、
    どうしてもジャッジしてしまったり、自分が絶対正しいと決めつけてしまったり、
    意思ではコントロール不可能でした 諦めるか妥協するしかなかったのです。
    しかしnTechを通して、職場の人間関係のストレスが全くなくなりました!!
    今では誰とでもフラットな関係性構築ができるようになり、毎日をワクワク楽しく過ごしています♪

  • 職場の人間関係のストレスEMI

    今まさに、職場に嫌いな人がいます。
    もう毎日、腹が立ってイライラしてしかたありません!

    唯一の救いだなーと思ったのは、私はnTechを学んでいることだと思いました。

    nTechのおかげで、そこで何が起こっているのかが理解できるのです。それを考えると、心置きなく腹を立て、気持ち良くイライラできる、のかもしれません。

    特に日本人は、我慢をする国民性です。人に迷惑をかけないように、嫌な気持ちにさせ内容に、嫌われないように、我慢して我慢して本人が鬱になってしまうのです。

    私は、どんな条件でも切れない関係性を作りたいと思っています。そんな関係性で作られる組織はどれほど強力でしょうか。そして、それができるのはnTechだけだと思っています。

  • 職場の人間関係のストレスのぶりん

    職場の人間関係のストレスって、毎日の事だからキッツイですよね。

    部下や上司と、全く考え方が合わなかったりすると大分悲惨な日々を送る事になりますよね。仕事を機械的にこなして、なるべく会話をしないとか、ついついってしまいまっていませんか?

    nTech を使うとイヤな上司というのは、存在しない事がわかります。
    でも、ムカついたり、イラっとしたり、バカにしたりという感情が消えるわけでは無いです。

    その感情が、どんなアルゴリズムで創られたのかを解析出来るようになり、その上司との関係性をつくり直す事が出来ます。

  • 職場の人間関係のストレスあさみ

    職場の人間関係のストレスの最大の原因は、苦手な人と関わることだと思います。
    「コイツさえいなければ」
    と思ったことは誰しもあると思います!笑

    相手を変化させるのは難しくても、自分を変化させることはできます。
    その人を「苦手」だと思う原因は何でしょう?
    そこに、自分の人間関係のパターンがあるはずです。
    その原因にアプローチして、変化させることができるのがnTechです。
    ストレスフリーの人間関係を実現すれば、仕事はもっとスムーズに楽しくなります!

  • 職場の人間関係のストレスCallinger帆足

    職場にはいろんな人がいますよね。
    年齢も性別も経歴も仕事の目的も違う人たちが集まっています。
    そして、職場の人間関係のストレスである苦手な人と一緒に仕事をしなければならない状況もあります。
    苦手な人を苦手と思ってしまう自分の中に何があるのか。
    nTechを活用し、自分が大事にしている判断基準を自覚することによって、自分の勝手な思い込みであったことに気づきます。
    自覚することで思い込みから出て、今ここ相手と出会うことができるようになります。

  • 職場の人間関係のストレスあさりー

    どこの職場にいても、職場の人間関係のストレス、ありますよね。
    人間関係さえ良ければ、支えあいながら頑張れる仕事は多いのではないでしょうか。
    人間関係のストレスはお互いのすれ違いから始まります。単語一つのイメージも一人一人違うので、仕事の指示なんかもらおうものなら言ったイメージと受け取るイメージは全く別物になっています。
    だから、私はこう指示したのに!と言っても言われた側はピンとこないことも多いです。
    それでお互いレッテルを貼り合い、人間関係は悪くなっていきます。

    イメージを合わせてストレスなくコミュニケーションするには、nTechを使うしかありません。
    共通土台からお互いがイメージ出発することでズレを認識し、修正し、ストレスなくコミュニケーションを取ることが可能になります!

  • 職場の人間関係のストレス磯原正行

    職場の人間関係のストレスでは、苦手の人と一緒にいるだけで嫌な気持ちになったり、イライラしたりしますよね。
    それが嫌で、相手の良いところをみようとか相手に合わせようとすると目に見えた変化はありますが、無意識で我慢してしんどくなってしまいます。
    ntechを知ると自分が苦手な理由がはっきりするので、無理せずに苦手な人とコミュニケーションを取ることができます。

  • 職場の人間関係のストレスmiracle369

    人間関係は疲れるもの。というのが基本スタンスでした。職場の人間関係のストレスは当たり前。いろんな考え方があって、どこかで誰かが誰かの悪口を言っている。それだけでなんだかいたたまれない感覚がありました。自分もいつ言われるかわからない不安もあり建て前だらけでした。
    nTechを使っている人に会った時になぜこの人たちの前ではこんなに安心感があるのかが不思議でしたが、その理由がわかりました!心の仕組みを理解した関係性は本当に奥が深く面白いですよ!

  • 職場の人間関係のストレスsara

    仕事を辞める人の9割が「職場の人間関係のストレス」が原因と言われているほど、人間関係は大きな問題です。
    そんなストレスを持った状態で毎日職場に行くのも気が重いし、楽しく仕事ができるはずもありませんね。
    そもそも「ストレスはなぜ起こるのか」ということが理解できないと、いろんなことでイライラして、思い通りにならないことの連続です。
    ストレスは、自分の判断基準が固定された状態で相手や物事を認識した結果、認識のズレから起こる主観的な感情です。特に人間関係で起こりやすいものです。この主観から、究極の客観へと視点を移動させることができるのが、nTechという認識技術です、

  • 職場の人間関係のストレスぬくこ

    ごめん。この人だけは本当に無理。
    就職して、ある日同期を助けるべく出た行動にたくさんの人の前で怒鳴りつけてくる先輩。あの日から、私は目も会わせたくないくらいほど大嫌いな先輩がいました。
    毎日仕事が一緒かどうか確認しては、一緒と言うだけで胃が痛くなるほどでした。
    しかし、そんな時、旧友との再会を機にnTechに出会い、商品のひとつでもある人間関係セッションをしました。
    そこで、私は何故その人のことが嫌いだったのか、そして、私は思っていた以上に先輩のことを何も知らなかったことを知ったのです。驚愕でした。
    大勢の前で大声で怒鳴りつけた先輩。その裏には、すごく私への思いと、愛情があったことを先輩と話す中で知りました。あんなに大嫌いだと思っていた先輩とは、いつしかすごく話すようになって、好きに変わってたのは、紛れもなくnTechのおかげだな、と感謝しています。

  • 職場の人間関係のストレスあかり

    職場の人間関係のストレスから「会社に行きたくない。」「あの人のこと・職場のことを考えただけで憂鬱になる。」という感情になること、ありますよね。
    かつて私も人間関係に悩み、人は変わらないから自分が変わればいいと思って関係性をつくっていましたが、本音と建前とのギャップで心はぼろぼろでした。
    nTechを取り入れるようになって、嫌な相手が存在させていたのは自分の認識だと仕組みで理解しました。かなり楽に働けるようになりました!

  • 職場の人間関係のストレスりん

    どこの職場に行っても必ず現れる苦手な人。
    nTechに出会う前の私は、そういう人が必ず1人はいました。ちょっとしたやり方や考え方の違いが気になり始め、次第に気に障るようになり、最終的にはこんな人辞めてくれたらいいのにとさえ思っていました。
    今思えば、何て勝手だったんだろうと申し訳なくなりますが、当時はどうすることもできず、職場の人間関係のストレスに辟易していました。
    でも、nTechを学んでからは、ある条件に当てはまると勝手に過去のイメージと繋げて「苦手な人」と認識していたことが理解できました。おかげで、条件反射で「苦手な人」と認識しても、そこに固定されることはなくなりました。

  • 職場の人間関係のストレスcheerwave

    「苦手なあの人に原因がある」と職場の人間関係のストレスの原因になっていると感じている人は多いのではないでしょうか。自分以外の外側に原因があり、自分ではなく相手に原因があるからと相手を変化させようとしてもそれは難しいです。なぜならば苦手なあの人を存在させているのは、苦手なあの人だと自分が認識するから存在している。
    例えば苦手なあの人の両親からすれば大切な子どもです。苦手なあの人になる為には全世界中のひとから苦手なあの人といわれないとなりません。
    以前ダンスチームで練習していた時のこと、何でみんなはバラバラな行動をして全くチームプレーがなってない!!とイライラしたことがあり、もうこのチーム最悪と..全員を嫌いになりそうになったことがありました。その時にチームの主宰に言われたのが「(いま起こっている現場は)ともみちゃんのなかだよね」そのひと言にハッ!!とさせられ、イライラしていた現象も自分の中にある「チームプレーとはこういうものだ!」の基準である過去のイメージに固定された基準から観てイライラしていたことに気づき、「認識するから存在する」を身をもって実感した経験でした。
    自分がイライラする基準やストレスになる原因をつかめれば、苦手な人によってストレスを感じる、条件によってストレスを感じるから→苦手な相手をストレスに感じるポイントがヒントとなり相手のコミュニケーションスタイルだったり、クセやさらに深い背景まで観察できるようにまで変化してしまうので、相手の涙まで感じられる深い洞察ができるようになります。自分の認識の変化で周りの変化もつくることができるnTechにはそんな魅力もあります。

  • 職場の人間関係のストレスSAKI

    私も仕事で嫌な上司は今までも何人かいましたが、自分がその仕事を辞めるとか、なるべく関わらないようにすることで回避していました。関係性がいいとは言えないので、職場の人間関係のストレスは常にありました。
    でもnTechで客観的に相手がそんな態度や言動になる背景を観ることができるようになると、人間みんな自分のパターンを持っていて、よかれでやっていたり、その方法しか知らなかったり、相手の中にも涙や孤独がある事を理解できるようになりました。そうすると、自分の観点にハマってることも気づき、自分の認識が変わることでこんなに見え方が変わるんだと気付きました。

  • 職場の人間関係のストレスなっちゃん

    職場の人間関係のストレスがある人、たくさんいらっしゃいますよね。
    私もその一人でした。
    隣の席の先輩は、仕事を全然しないくせに文句ばかりいつも言っています。
    それを聞くのが嫌だったし、だんだんと私にまでその矛先が向けられて、文句を言われたり無視されるようになりました。
    どうしたらいいかわからなくなった時にnTechを知りました。
    nTechを学びだしてわかったことは、先輩と私との境界線を私自身が作り出しているということでした。
    境界線を作っていることが先輩との確執を作っていたのだということもわかり、その仕組みがわかってから、先輩との境界線を作ることをやめれるようになりました。

  • 職場の人間関係のストレスまきのみ

    職場の人間関係にストレスを感じない人なんているのでしょうか…。
    私も以前はいろんな人に気を使い、それだけで疲れてしまう。
    職場の人間関係のストレスが生産性を下げているな、とは思いつつもそのストレスから自由になることはできない。
    苦手な人に無理矢理合わせて我慢して体を壊す。でも働かなくてはならない。
    職場の人間関係のストレスの原因は観点です。
    それぞれの人にそれぞれの観点があり、融合することができないから我慢して合わせる。
    我慢する事でストレスが溜まっていく。
    nTechではその観点から自由になることができます。
    全ての観点から自由になった究極の融合からバラバラの観点を見ることができる。
    融合が出発で見る事で、我慢して人に合わせることはなくなっていきます。

  • 職場の人間関係のストレスsumitomo

    以前働いていた職場には苦手な人が必ずいましたし、別の職場では「お局がいるから気をつけて」と言われることもありました。苦手な人に対しては、どう接したらいいか分からず、緊張し、相手の機嫌を伺うことばかりして、正直疲れていました。仕事よりも、人間関係にエネルギーを使っていたからです。でもnTechを通して、職場で苦手な人が何故いるのか、その原因と解決策が明確になり、自分自身から変化を作ることができました。結果、苦手だった人や、「お局」に対してのイメージがかわり、安心してコミュニケーションをする事ができるようになりました。今では職場の人間関係にストレスを感じなくなりました。

  • 職場の人間関係のストレスK Maiko

    常にどの職場にいっても、必ず苦手な人はいました。

    高圧的に指示をしてくる上司だったり、
    口うるさい先輩だったり、
    波長が合わない相手だったり、

    こうした苦手な人が、どの職場にもいました。

    極力接触を避けたり、間に誰かを介したり、
    自分がぐっと我慢して話を聞いたりして、
    常に職場の人間関係のストレスを感じていました。

    nTechと出会うことで、なぜ苦手な人が目の前に現れるのかの仕組みを理解することができ、
    自分の認識を変化させることで、苦手な人の涙や愛を感じることができるようになり、
    職場の人間関係が変化しました。

    今も苦手な人が現れることもありますが、
    その仕組みを活用することで、今までとは全く違う関係性になったので感動です(^^)

  • 職場の人間関係のストレスこましょー

    どこへ行っても苦手な人ってすぐ目に入って軽蔑してしまうわたし。
    どこのグループにも必ずしも1人はいて、距離を置いてしまうか、合わせて我慢をする。
    それはいつまで経っても解決をしない逃げの姿勢だと気がついた。
    そこで、大切なのはなぜその人の事が苦手なのか。その人のどんな部分をとって苦手と思っているのか。
    そこを観察するだけでどんな人とでも付き合っていける事を教えてくれたnTechに感謝しています。

  • 職場の人間関係のストレス小池

    人間関係でストレスを受けるのは今でもよく経験します。悪いのはそもそも、ストレスを受ける原因がわからないことでした。それがわかってからはめちゃめちゃ人間関係がわかるようになり、ストレスを受ける出来事と出会っても、それを道具に逆に関係性を深めたり、逆に感動が生まれたり沢山経験しました。職場で働くことご基本は楽しくなりましたね。

  • 職場の人間関係のストレスaiko

    職場の人間関係のストレスがないかどうかを重要視されている方が、ここ最近多いですね。1日のうち多くの時間そこにいる方と接するので、自分もそこの影響を少なからず受けてしまいます。しかし、自分自身をどんな状況下においても左右されないようになれたらどこに行っても安心です。nTechはそんな環境や状況に支配されずいつもスッキリでいられるようになれる技術です。

  • 職場の人間関係のストレスsonoda

    職場の人間関係のストレスってどんなストレスがあるでしょうか。例えば、うまく伝えても伝わらないということは往々としてあると思います。伝えているのに伝わらない。そういうことがつもりつのると、人間関係に諦めが生まれてしまいます。人と人とは観点が違うので、同じ単語でもそれぞれイメージが違うので、疎通を起こすことが難しいのです。根底では人間同士わかりあえると思っているけど、実は観点がバラバラだからわかりあえない、期待するのに期待通りうまくいかないのでストレスにつながるわけです。ntechは疎通を起こすことができる技術なので、人と人とが分かり合うことができるようになって、ストレスも解消されます。

  • 職場の人間関係のストレスやぶ

    いきなり突拍子もない話になるかもしれませんが、実は「苦手な人」はいません。
    「苦手な人」がいると思うと職場の人間関係のストレスを感じることが多く、この人さえいなければ、どんなに働きやすいだろうかと思うこともあると思います。
    しかし、実はあなたが「苦手な人」と自分で決めつけて自分で苦しんでいるだけで「苦手な人」など存在し得ないのです。
    認識と存在の関係性が明々白々に分かることで、「苦手な人」はいなくなります。

  • 職場の人間関係のストレス山口禎子

    昔の私の苦手なタイプといえば、自分の意見を押し通してくる強い人です。
    そんな人が目の前にいると、話してなくてもストレスを感じ、できるだけ関わらないようにして時間が過ぎるのを待つしかできませんでした。いかに自分の心が乱されないように、関わらないように、でもいつ災いが降りかってくるかもわからないような緊張感で、日々過ごしていました。
    職場の人間関係のストレスは、例え仕事を変えても、職場環境を変えても、尽きることがなかった私が、nTechと出会って、人間関係が楽しくて仕方ない、苦手と思っていた人の新しい発見や、思わぬ自分の無意識に気づいたり、交流する中での気づきや感動があり、今では、苦手と思う人であっても、仲良くなるか、苦手だけど関係を深めていけたりしています。
    そうなれたのは、自分の嫌だとか、苦手と思うポイントを明確にして、そのポイントがどのように作られたかを知ったことです。その無意識の仕組み、メカニズムを理解し、攻略できた時、人間関係によるストレスはなくなりました!



⇒職場の人間関係のストレスを大幅に解消できる組織「ティール組織」とは?

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現し、職場の人間関係のストレスを大幅に解消できる最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|持続的に進化し続けるトーラス組織のつくり方【nTech 1dayワークショップ】


nTech 1dayワークショップでは、3つのゲームを通して、ティール組織の組織経営に必要な「全体性を発揮した上での自主経営、組織内でのアイデンティティの確立、個の境界線を超えたチームプレー、Dignity(尊厳)を認め合える関係性」などを体験しながら「持続的に進化し続けるトーラス組織のつくり方」を学んでいきます。

◆ゲーム1【nGame(エンゲーム)】

コミュニケーションがズレる原因を知っていますか?
ゲームを楽しみながら組織や経営の本質の理解を深めていきます。
また短時間で読解力や論理力、プレゼンテーション能力を身につけるトレーニングができます。

◆ゲーム2【ファイブエレメンツ】

理想の会議を可能にする実践トレーニングゲームとも言えます。
自分が何を思って、どのような表現しているのかをいつも客観視できる習慣はとても大事です。

ファイブエレメンツ(相生・相剋の視点)のトレーニングにより、観点の移動、立場チェンジ能力、論理力、ファシリテーション能力を自然に身につけることが期待できます。

◆ゲーム3【マインドームゲーム】

資本主義の仕組みをいち早く理解して、チームで協力しながら、短時間でどのくらいの富を蓄積できるかチャレンジします。
判断力、決断力、提案力、交渉力、発想力、創造力、リーダーシップ力、フォローシップ力など、ビジネス現場で必要な視野・観点が広がりが期待できます。

ーーーーーーーー

nTech 1dayワークショップでは、以上の3つのゲーム体験を楽しみながらビジネス現場に必要な全ての能力をトレーニングすることができます。企業内での社員研修としても活用できます。

◎こんな人にオススメ

・会社の経営に携わっている
・企業の人事、マネジメント担当者
・仕事でチームプレーを発揮したい
・ティール組織に興味がある
・社員の可能性を生かしたい
・何でも本音で話せるチームつくりがしたい
・理想的なリーダーシップを発揮したい
・プレゼン能力を身に付けたい
・スピード感のある判断、決断力、提案力、交渉能力、クリエイティブな発想力を持ちたい
◆開催時間

9:30〜18:00(終了予定)

◆参加費  令和元年キャンペーン価格

・初受講:16,500円(税込)
・再受講:3,300円(税込)

※お振込手数料はご負担願います。

◆お申し込み方法

こちらのフォームからお申込みください!

※お申込みする際、紹介者欄に「教科書」と記入してください。

※今回、nTech開発者NohJesu氏が直々にリードする特別バージョンです!

⇒nTech 1dayワークショップの「開催日時・場所」「体験者の声」はこちら!

⇒脳の次元を上昇させティール組織を実践できる人を育てる特別セミナーも開催中です

nTechの教科書のお問い合わせ

◆お名前 (必須)

◆性別(必須)

◆年齢(必須)

◆お住まい(必須)

◆メールアドレス(必須)

◆本文

この内容でよろしいですか?よろしければチェックしてください。

※送信ボタンを押すとすぐに送信されますので、今一度、送信内容をご確認ください。

nTechの教科書のLINE@|登録すると、ティール組織やnTechに関する質問を自由にできます♪

友だち追加

nTechの教科書のTwitter|フォローしてくれたら100%フォロバします♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
ティール組織のセミナー 3
ティール組織の企業と会社 4
お問い合わせ 5
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 6
ホラクラシー組織 7
お問い合わせ 8
お問い合わせ 9
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 10
ティール組織の実践モデル 11
おすすめのマネジメント(経営)本 12
お問い合わせ 13
お問い合わせ 14
人間関係が悪い 15
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 16
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 17
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 18
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 19
キングダムのビジネス書 20
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 21
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 22
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 23
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 24
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 25
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 26
誘いを断れない女性 27
言いたいことが言えない女性 28
友達がいない不安に襲われている女性 29
仕事を辞めたいけど辞められない 30
会社(仕事)や 学校を休みたい… 31
つい気を使ってしまう女性 32
やることが多い人におすすめの思考整理術 33
AI(人工知能) にできない仕事 34
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 35
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 36
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 37
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 38
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 39
分かり合えない 40

-ティール組織の事例
-, ,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.