【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術

投稿日:

【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術

会社だけではなく、

家族や友達、

サークルや部活など、

2人以上集まると組織になります。

特に、企業は売上を上げないと命にも関わるということで、

組織の在り方を追求し続けてきました。

 

 

 

 

組織がうまく機能しない日本企業は、

売上悪化や信頼関係の悪化により、

規模の縮小はまだしも、

莫大な借金を抱えたり、

倒産するケースもあります。

 

 

 

 

  1. 衝動型:力でねじ伏せて組織を維持する日本企業
  2. 順応型:軍隊のようなヒエラルキー型日本企業
  3. 達成型:合理性や結果を重視する日本企業
  4. 多元型:成果よりも関係性を重視する日本企業

ティール組織の本では、

日本企業のこれまでの組織構造を4つに分けています。

自分の会社が現在どの組織構造に当てはまるか?」を把握することで、

これからどういう組織構造を目指せばいいか?」が明確にわかります。

※これら4つの組織構造を全て包括して進化した組織構造がティール組織になります。

※ティール組織についてさらに詳しく知りたい人は「8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法」をご覧ください。

 

 

 

 

今でも、力でねじ伏せて組織を維持する日本企業もあるでしょうし、

ヒエラルキーでは限界を感じ、

より進化した組織に移行しようとしている日本企業もあるでしょう。

また、成果より人間関係を重視しながら活動している日本企業もあると思います。

ティール組織は、

そうした多様な組織モデルの中で、

最も進化した組織といわれています。

 

 

 

 

組織は個人の集まりです。

つまり、個人の在り方が組織の在り方に直結するといえます

 

 

 

 

 

これまでの日本企業の進化を見ると、

個人が伸び伸びできる企業ほど、

パフォーマンスも上がる傾向があります。

 

 

 

 

nTech(認識 technology)は

人間が本来持つ、

脳の性質や判断基準の違いなどによって起こる認識のズレやエゴを払しょくすることで、

1人1人の可能性を大きく開花させ、

日本企業の底上げを実現します。

 

 

 

 

余談ですが、

資本論で有名なマルクスの言葉にも、

豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない

という言葉があります。

富を得たい」という気持ちの裏には「富がない自分」という認識から始まることも多く、

富を持っても「自分自身に富がない」という認識が変わることはありません。

大事なのは、

日本企業で働く1人1人が心から安心し、

やりがいを感じられる日本企業を作り上げること。

そして、

日本企業で働く1人1人に本当の富を与えることです。

 

 

 

 

そして、

それを実現してくれる最新技術こそが、

nTech(認識 technology)なのです。



日本企業のティール組織の実現にnTech(認識 technology)が欠かせない理由を聴いてみた!

 

  • Teruhiko.Nakagawa

    Teal組織を実現するnTech。
    そもそもTeal組織ってなんぞや?
    Teal組織には3つの条件がありますが、
    ひとつにセルフマネジメントができるひとが集まった組織のことです。
    セルフマネジメントとは自主管理のことで、自分という宇宙を管理する力と言えます。
    これを可能にするには、自分という人間の枠を超えて、自分が存在している地球とそして宇宙空間を超えて
    認識画面の外に出る必要があるのですが、それを可能にするにはnTechがいまのところ歴史上唯一の道具です。
    人間が何なのか、この現実が何なのかがわかった人たちが集まった集団
    それがTeal組織であり、それを可能にするのがnTechなのです。

  • 島崎信也

    ティール組織の必要性が分かる人は多いと思いますが、今から創ろうとして創れる人はいません。本来であれば、日本企業は最もティール組織を創れる筈ですが、機能的な限界を超えない限りは理想論に留まってしまいます。機能的な限界とは、人間一人ひとりの脳機能の限界を指します。日本企業がティール組織を創り上げるには、脳機能の限界を明らかにさせた上で、機能的な限界をどの様に超えていくのかを指し示し、その技術をもってして脳機能の外に出る事です。

    私はnTechを通して脳機能の外の世界が分かりました。脳機能の外は、判断基準の外でもあり、観点の外でもあるので、相手がどんな観点であっても、どんな判断基準であっても、その外から抱きしめる事をします。脳機能の人間が集まっただけでは集団に留まりますが、脳機能の外に出た人間が集まれば初めて、組織となります。脳機能の外に出れるnTechは、ティール組織を創る便利な道具。日本企業は、nTechから生まれ変わります。

  • 大場 龍夫

    本当のティール組織というのは、まだ世界に存在していないと思います。本当のティール組織が登場するのは、日本企業からだと思います。それは、なぜかといえば、ティール組織が持つ3つの特徴の内の一つが、組織の内外を把握理解して、意思決定を行い、最適な行動を有機的に発揮していける全体性がありますが、これが最大の難関です。全体主義でもだめ、個人主義でもだめなわけで、個性の自分というものがありながら、個性の自分を全体に融合させていくということを同時に行う必要があるのです。これが今まではできませんでした。それを可能にしていくのがnTech認識技術です。今までの人類史に無かった“集団知性体”とも呼ぶべき集団を生み出せることが可能になります。それは日本から世界に発信していく人類初の企業のモデルですね。

  • keizenke

    ティール組織というものを知り、いましたまでの日本の企業がどんな組織つくりをしてきたのかがわかった時、「そうだよね、このとおりだー」と思いました。私がいた企業は上下の厳しさ、目標達成バリバリでどんどんとやる気をなくすような、組織から抜け出したくなるような企業でした。(あくまで私の観点です。バリバリ働いてる人もいたと思います) 朝から晩まで、企業の利益を出すためにはたらくわりに、そこに生きがいを感じているかといったらそうではありません。
    これは組織そのものの仕組みを変えない限りどんどんと生産性もモチベーションも下がってきて経済も組織も人も病気になると思います。
    理想の組織ティール組織を実現するには、人間自身の能力をバージョンアップさせる必要があります。
    それは全体を観れて、出発する共通土台を持てる人となることです。そのためには認識の変化が必要で、その認識の変化をつくる技術がnTechです。
    今私はその組織をつくっていますが、人と出会う度に自分も組織も進化していき、凄い面白さを感じています。

  • ちぐちぐ

    日本企業の特徴はこれ!って言えるものがないように感じます。

    私が生まれた頃の企業と、今の企業では、大きな変化が起きていると思います。

    その時代ごとに、ベストな形を作ってきたと思うのですが、今の時代、多様性が認められているので、「日本企業」と呼べる組織モデルを創るのは難しいと思います。

    だけど、新しい組織モデル「Teal組織」を具現化できるのは日本しかないようにも感じます!

    nTechは、全てを底上げする事がでるきる尊厳(Dignity)から始まります。

    尊厳から始まるTeal組織!
    Dignity Teal組織が、これからの日本企業のスタンダードになります!!

  • 熊倉恵子

    今、多くの日本企業は苦しい状況だと思います。戦後何もないところから、モノづくりmade in japanでGDPが二位まで行きましたが、プラザ合意による円高をつくられバブル崩壊をし、その後、日本企業が世界に躍り出る事はなくなりました。本当は関係性を大切にし、企業に個人が守られていた日本。今は終身雇用もなくなり関係性も分断され、企業を信頼できない状態になってしまいました。そんな日本で、ティール組織の本がとても売れています。無意識で、日本の組織を何とかしないといけない。そう思ってる人が多くいるんだ思います。人と人が補い合い、可能性を活かしあう理想の組織は、観点の違いを超えないと実現不可能です。nTechを道具に、ティール組織を具現化させて、日本企業を元気にさせたい!心から願っています。

  • おがじゅん

    ティール組織は現代の日本企業において、とてもニーズがあるように感じます。
    世界的ベストセラーのティール組織の本は、日本が最も売れ行き部数が多いから。
    全体性を持ちながらも、セルフマネジメントが出来て、全体も個も生かされたらベストですよね。

    しかし、日本企業の現状を見てみると、バブル崩壊後はリストラが当たり前になり、会社内の関係性が崩壊し、個人主義・成果主義が蔓延し、これによって鬱になる人が激増しています。

    さらにティール組織を実現させるのに、最大の関門があります。

    これは、脳の認識のクセとして、部分しか取ることが出来ず、全体を認識出来ない、ということ。

    しかし、失望しなくても良いのです。
    この関門をクリアーするために、nTechがあります!!

    nTechは脳の認識のクセを補いそこあげ可能な技術であり、全体を認識出来るようになるのです。

    しかも、日本は本来最もチームプレイが得意な民族です。

    だからこそ、日本企業がティール組織を創るのに最も相性が良く、だからこそ日本からDignityティール組織を創ることで、日本が変わり、日本が変われば世界が変わります!!

    全世界を尊厳出発が当たり前になるよう、日本からDignityティール組織を創るので、一緒につくりましょう!!

  • 波多江めぐみ

    今の時代に理想とされている組織体制が「ティール組織」ですが、まだ成功モデルがないのが生まれていないのが現状です。
    nTechに出会うまでは、ティール組織なんて理想論にしか思えなかったと思いますが、nTechという技術によって、今まで組織の限界である観点の問題を理解し解決できる事によって、ティール組織を作る事が絶対にできると言えるようになりました。もちろんそう簡単ではないですが、可能な技術が日本で生まれているという事実が、未来にとってものすごい価値ですし、nTechが根付きやすい日本企業からティール組織のモデルを作り世界に証明していきたいです。

  • だいとう おりえ

    ティール組織のことを学び、まさに理想的な話だなと思いました。
    ティール組織が実現できたら、ジェラシーを越えて、人と人が協力し合えるなと思ったからです。

    しかし、5感覚に依存した人間のままだと、全体をとらえることができないし、目で見て相対比較してしまうので、ティール組織は実現できません。

    そこで、nTechを活用したら、5感覚から卒業できるので全体をとらえることができます。

    nTechを活用できるのは粘りNo1の日本企業からだと私は思っています!

    理想を現実にしていきましょ〜!

  • 小畑多美子

    「ティール組織」は、今、多様化している社会の中で、それは、会社の社長やリーダー、マネージメントをしている人なら誰もが一番必要と感じ、希望の組織のモデルですよね。
    しかし、こちらの著書の解説をされた嘉村賢州さんのイベントに参加した時に、彼が
    「まだ成功モデルがないのが生まれていないのが現状です。すぐに出来るものではなく、少なくとも5年ぐらいはかかります」と話されていました。
    それだけ、現実化するのが難しいものだと感じました。
    しかし、「ティール組織」は、「日本企業」から実現すると思います。
    なぜなら、ティール組織の核になる、①進化する組織の目的、②セルフマネジメント、③ホールネス(個人としての全体性の発揮)ができる個人を育てる教育がすでにnTechによってできているからです。
    特に一番難題と言われている、ホールネスこそnTechの技術を使うことで、誰もが認識できるようになれるので、共通土台を持てることで、意思疎通が半端なく速いスピードで行え、グリーン組織の難点である、意思決定スピードも速く行えるようになるため、実践行動力も通常の組織以上に団結し、実践できるようになっていくからです。
    個人も活かしながら、全体全部が底上げされていく事に、ワクワク感を感じながら一緒に作っていける喜びを感じています。
    この仕組みと技術がどんどん日本社会に広がることで、日本が活性化していき、世界全体も活性化していけるようにしていけたらと思っています。

  • 川名哲人

    近年だいぶ変化しましたが組織を家族のように思う風習が基盤の人間関係や伝統文化、社会的責任を重んじる日本企業はまだまだ結構多い気がします。
    同時に問題視されるのが、新しいものに対する反応の鈍さ、意思決定の遅さや大胆な組織改革の難しさなどではないでしょうか。
    その限界を補って進化させるのが「ティール組織」です。nTechを通して、これからの時代の理想とされる組織が具現化していけることが分かりました。
    日本から未来型組織を具現化していく道を開拓できるのは楽しいです。

  • elly

    今、高度経済成長期の大量生産大量消費の時代も終えて、日本が少子高齢化も進み超高齢化社会に入る中で、日本企業の変革が求められてきています。
    今までの消費社会はトップダウンの組織が効率が良い時代でしたが、これからは個人の主体性を伸ばせるボトムアップ型の組織が必要になってきます。
    ティール組織はこれからの組織のモデルだと思います。
    ティール組織を実現するためには、個人の観点が部分ではなく全体性を持ち、セルフマネジメントや自主経営できることが必要になっていきます。そのために最新技術nTechを習得することでそれが可能になります!
    人間の認識を変化できるnTechがあればティール組織を実現でき、日本企業の大きな変革を起こすことができると思います。

  • とみざわりょうた

    私は学生時代から何かの組織を任されることが多かったので、「なぜ組織はこんなにも上手くいかないんだろう」とよく思っていました。人と人が集まると、問題ばかり起き、地球の生命体が美しいほどのチームプレーをしているにもかかわらず、人と人はスレ違いを繰り返してばかりのように感じました。

    そんな中でnTechと出会い、人と人とが関係性を上手く築けない原因を理解し、今では最近話題のティール組織の実現も可能であることが理解出来ました。

    ぜひ組織に対して問題意識を持っている方はnTechを取り入れてみてください!

  • Reriser tae

    ティール組織はこれからの時代に求められる
    組織の形だと思います。

    組織を構成するのは人です。

    しかし、組織の中で
    1番何が問題かというと、人間関係なのではないでしょうか?

    日本企業に置いては日本人同士、言語も同じなのにコミュニケーションが取れず人間関係に苦しみ過労死や鬱などの精神疾患が増えています。

    そういう問題を解決出来て、
    多種多様な価値観をもつ人達が自発的能動的に一人一人が経営者の主体性を持ち協力し合いながら成果を出せる組織になる為には

    『nTech』がぴったりなのです!
    なぜなら、
    人間一人一人の無限大の価値が分かったところから出発出来る教育技術なのです。

    今までにない技術なので、いち早く取り入れた組織から、今までになかった組織モデルが誕生することでしょう!

  • midan

    ティール組織って調べれば調べるほど奥が深いです。
    そんな深いティール組織ですが、私の中の印象は個性と協調性を融合できた組織というイメージです。
    それぞれの個性を殺さず協調性を生み出せる企業は、察する文化で訓練を積んできた日本企業だからこそパイオニアとしてつくっていけると思います。
    nTechは最高のチームプレーを実現する技術。
    本来、日本人が持っている助け合いの心を、我慢で表現するのではなく、個性を生かした自由でかつチームプレーできる技術がnTechです。
    我慢せずに融合できる協力関係をnTechでぜひ実感してみてください!

  • みもざ

    私が勤めている日本企業を例に挙げてみましょう。大手企業のグループ会社で、社長や役員クラスは本社から出向しています。
    私達社員は、クライアントから来る多数の案件をこなさなければならず、社員は残業をしながらなすすべもなく働かされる現状です。

    上から降ってくる案件をただこなすことがこれからのAI社会にとってどれだけ意味のあることなのか。社員の思いも汲み取らないといつ爆発するやもしれません。

    近年、ティール組織を創るべく多くの企業が勉強したり、社員たちの意識改革、働き方改革を進めています。しかし、今いる人材を集結させ、同じビジョンを向かわせるその時間と暇はありますか?ワクワクしながら社員たちを一つに結ぶ方法は?

    nTechは様々な活用方法がありますが、日本企業の底上げをするための教育でもあります。一度確認してみることをおすすめします!

  • hiro

    Teal組織は理想の組織だと思います。
    ただその理想を実現するのはとても難しいと感じている経営者、リーダーも方も多いのではないでしょうか。
    私もそう感じていた一人でした。
    しかしnTechに出会って、明確にTeal組織を作ることができる確信を持つことができました。今では新しい組織づくりに取り組んでいます。

  • macha

    今、世の中で言われているティール組織。
    理想は語られるけど、実際に実現しようとしてもなかなか難しい。
    なぜ、難しいのか。
    人間の根本土台がバラバラだから。
    体の自分だけが自分。自分と他をわけて、境界線バリバリ引いたところからティール組織を作ろうとしても、絶対作れない!
    まずは、共通土台がしっかり繋がったところからスタートできることが大事だと思います。
    人間のバラバラな観点の問題を、突破してはじめてつくっていけるものだと思います✨
    それができるのがnTech。
    そして、本当のティール組織をつくっていけるのが、繊細な心、底力を持つ日本人、日本企業からだと思います。

  • 原田卓

    日本企業の底上げに大きく貢献する組織形態がティール組織だと思います。個人を優先するのか、組織全体を優先するのか。個人も組織も両方が満足できる状態が望ましいですが、なかなか難しいのが実情だと思います。
    ティール組織の3つのブレークスルー(①セルフ・マネジメント、②存在目的の進化、③全体性(ホールネス)の獲得)のうち、「全体性(ホールネス)の獲得」に大きく貢献する技術がnTechです。なぜなら、人間の脳の認識機能には限界があり、どんなに努力しても全体性の獲得は不可能に近いのですが、nTechは論理とイメージで「全体性」の理解ができるからです。
    人間関係を大事にする日本企業の良さを存分に発揮するために、nTechは大きく貢献する技術だと思います。

  • えみる

    私も日本企業に勤めています。外資系の会社では働いたことがないのですが、日本企業は、縦割りトップダウン形式の仕事のスタイルがまだまだ多いように思います。

    役職を持っていなければ、自分で判断し決済できる範囲が狭いので、何かをするとに特にお金がかかる時には、上長に許可を取る必要があります。実行スピードはかなり遅いです。

    日本企業専用はバランスを取り入れる、縦にも横にもなれる「ティール組織」の概念が必要です。

    負荷のかかること、条件付きのプロジェクトスタートではなく、予算も役職も縦割りもないところから、創り上げる組織です。

    そしてnTech技術でいうティール組織とは、Dignityを付けた「Dignity テール組織」です。

    どんな意識でつながった一人ひとりなのかをわかった上で組織をつくるなら、それは本当に魅力的な組織になると思います。

  • げん

    働けば働くほどにストレスを蓄積する今の日本企業。企業の在り方が変わる必要があると感じませんか?ひとつの例えとして、現代の民間企業の多くは達成型組織だと言われています。達成型組織というその言葉だけを聞いたら良い方向性の組織の様に感じるかもしれません。でも、実は成果を生み出す裏にたくさんのストレスやプレッシャー、恐怖感情などを蓄積しているのです。だから、毎日会社に行くことはプレッシャーとの戦いでもあります。そんな経験したことありませんか?もちろん目標の達成をした時には、達成感や成就感を感じる事もありますが、達成感を感じた次の瞬間に次の目標に対するプレッシャーがおそってくるのです。nTechを活用してのティール組織の実現となった時には、例えばこの問題はどのように解決されるのか。組織の存在する意味と自分自身の持つ役割や使命が一致するそんな状態を作ることが可能になります。そうなると、ストレス・プレッシャーからのエネルギー消費ではなく、常に自らの意志によってエネルギー生成することが可能になります。現に私は、毎日が楽しくて楽しくて仕方がありません。朝起きた瞬間からワクワクが止まらない、そんな状態になります。これ部分的な事に関しての部分的な例えでしかありません。nTechを活用したティール組織の実現。これは今の日本企業に、そして日本人が求めている組織だと私は感じています。

  • 吉村真奈美

    ティール組織は、海外より日本の方がかなり人気があるようですね。
    この話を聞いて、やはり日本!全てを生かすDNAはまだまだ生きている!って嬉しくなりました。
    今は、企業と聞けば冷たいイメージだと思いますが、私が子供のころは(今から30年くらい前)は企業と家庭がしっかり繋がっていて、終身雇用が当たり前で、企業が家族を支えている温かさがありました。地域との連体もしっかりあって催しものもそれはそれは賑やかだったと思います。それが日本企業でした。
    しかし、バブル崩壊後、物を売って回す経済循環が金融商品の登場により、お金でお金を回す経済が主流になり、いわゆる拝金主義的観念を作り出す企業体制になって行きました。お金がからだ全体を健康に保つ血液から食べ物そのものになってしまい、お金を蓄え、自分の体さえ守れればいいというような個人主義社会が蔓延して冷たい企業、冷たい社会、冷たいお金になってしまっています。
    本来、日本が求めている世の在り方、つくり方はこんな暗くて冷たい社会ではないはずです。何故なら、武士道精神、神道の世界観を持っている国ですから、いきとしいけるものの尊さを分かっているからです。だから、今、個人主義が蔓延させる冷たい企業の在り方に対してNo!をしたい日本が居て、ティール組織の登場により、生かされる道を見つけたのだと思います。
    ティール組織は、世界の中で日本が一番具現化しやすい国だと思います。八百万が大好きで、お祭りが大好きで、団結が大好きで、国民一人一人が他がために全力を尽くせる素質を持っているからです。
    その、ティール組織つくる上で一番難しいとされる全体性を持つ個人をどうつくるのか。ここに貢献出来るのがnTechです。組織の全員が全体性を持って個性を生かし合いながら役割を喜んで全うする個人の集団をつくるのは簡単ではありません。一人一人に判断基準があり、共通土台もバラバラなのが当たり前だからです。観点をひとつにまとめるのはダイヤモンドを割るより硬いと言われるくらいです。その、観点を個人の特性を殺さずひとつに融合し、ひとつにまとめる事が出来る技術がこの日本で生まれ、静かに広がって来ています。
    尊厳ティール組織で企業を甦生させ、日本オリジナルの全く新しい企業モデルを日本全体でお祭りのように量産し、世界中をアッと驚かせるプロジェクトをみなさんと共に創って行けることが楽しくて仕方ありません!

  • こまったちゃん

    ティール組織が日本企業で実現したら最高だなって思います。nTechのイベントで「組織は内外にどういう機能を果たすことが求められるのか」の話を聴きましたが、すごくわかりやすかったです。ティール組織を創るための必須条件と合わせて日本企業自体が世界的なブランドになるなって思いました。世界のモデルになる企業がたくさん溢れる日本楽しみです。

  • yukachin

    日本の企業の人事の方とお話しすることがありますが、何か人を活性化させるものを探していました。社員のモチベーションがかからない、みんな仕事しながら楽しそうじゃないとか、世代間ギャップのコミュニケーションのズレや分からないとこが沢山あるとか意思決定スピードなど問題は沢山あると思います。なのでTeal組織に関心が高い人が多いのではないでしょうか。人間は皆、持っている判断基準、観点がバラバラです。nTechは共通土台を創ることができて、全体性(ホールネス)を創る認識を獲得することができます。
    そして、今の日本人がどうしてこの状態になっているのかなども理解できます。
    日本の企業にすごく役に立つと私自身は感じました。日本を元気にしていきたいですね。

  • かなえ

    ティール組織は、日本企業をはじめ日本が成し遂げたい夢なのかなと思っています。日本は、戦後モノづくりに励み、高度経済成長を遂げることができたけれど、バブル崩壊後は景気が低迷し、現在に至ります。切磋琢磨やってきたのに、結局できなかった。その日本の誇りを誇りを復活できるのが、ティール組織なのだと思います。nTechという共通土台を通して、共通のVisionに向けてお互いの観点を活かしあうのは当たり前。やりがいがあり、達成に喜び合う、いつもチームプレイが進化していく。今ここで生きるnTehを通して、組織が変わり、日本が変わり、世界が変わる。そうやって、未来が開拓されていくスタートが、日本からなんですよね。

  • naomi joy

    ネット上にはティール組織は実現不可能という意見も見られます。でもそれは既存の日本人、日本企業の視点を用いたら当然だと思います。
上下関係もない、売り上げ目標もない、予算もない組織。考えられないと言う人がいても仕方ないと思いました。でも、nTechを学んで見て、それすら可能にしてしまうnTechだということがよくわかりました。nTechのティール組織のイベントと3日間のセミナーで理解したレベルですが、ティール組織としてひとりひとりが全体性を持つというのがありますが、それを超えることが通常はまず難しい。人間の脳は主観的客観性しか持てないように作られています。だからこそそれを超える技術としてのnTechが必要です。空を飛ぶのに飛行機が必要なように、全体を見るのにはnTechが必要だと私は理解しました。

  • 見並圭一

    日本ではティール組織が未だに注目されています。それだけ日本人の組織やチームプレーに関する意識は高いのかもしれません。日本企業がティール組織化されれば、日本や世界はあっという間に次のステージに上昇すると思います。しかし、残念ながら、このティール組織は今の人間の現在地では絶対に創れません。なぜならば、人間の脳機能の限界と相反する特性をもっているのがティール組織だからです。nTechはこの脳機能の限界を突破できる技術であり、ティール組織を実現できる技術です。

  • morphie

    Teal組織である、また実現する為に満たすべき条件は、全体性を持った個人であること、セルフマネジメントができること、永遠不変に進化発展し続けられる組織であること、の3つが挙げられます。
    つまり、初っ端の条件、全体性を持った個人の実現からして不可能だということです。
    私たちが五感覚と脳機能を使うホモ・サピエンスである以上、機能的に全体を観ることができない為、常に部分観点ですべての事象現象を理解し、分けて固定して存在させて見てしまうし、違いだけを取り過去と繋げて有限化して取る為、結果自分を否定するか、他人わ否定するか、環境を否定するかのお粗末な認識疾患しか生み出しません。
    そんな状態で自己マネジメントも、持続的な進化も無理でしょう。
    nTechを通して認識疾患を解決しない限り、話しを始めることができません。人間の機能的限界を知れば自ずとそうなります。

  • やなぎ

    外資系の企業と日本企業の特徴の違いがあり、それは日本独自の考え方や文化が反映されているといってもおかしくないと思います。その国独自の文化は時代とともに育まれています。
    今この時代求められている組織論のひとつに話題のティール組織があるようにティール組織の実現に必要不可欠なのがnTechであり、尊厳です。日本企業の特徴をフォローバックアップした新しいスタイルがnTechで可能になり、今までにないディグニティー(尊厳)ティール組織を育てていくことが日本企業の底力だということがnTechを学んで確信したうちのひとつです。

  • 堀江直樹

    最近、新しい組織の在り方として『ティール組織』という言葉がイベントやワークショップなどでも見かける時が増えてました。
    組織が生命体のように構成員一人一人が裁量を持ちながら、組織自体の存在目的を進化させながら成長していく組織の在り方。この概念をまとめたフレデリックラルーの著書では具体的なティールの作り方は書かれておりませんが、ティールもまだ進化の途上にあるとして、未来の方向性を提示しています。
    この新しい組織の形は日本企業から生まれてくると僕は考えています。もともと日本人が持つ集団や環境との関係の作り方、利他や共同体の感覚。これは日本人のDNAにも刻まれているものです。
    ティールを作るための要素として、全体性というものがありますが、エゴを越えて全体とつながること。これを明確に再現することは簡単ではありません。
    この問題を解決する技術が『nTech』で、日本発の技術として、23年前から多くの日本人と開発者の韓国人とで技術として編纂を重ねて来ました。
    宮本武蔵は求道の末に無刀という境地にまで至ります。自分を無くし相手と1つになることで、切られなくなる。これ可能にするのはエゴを越える全体性の獲得です。nTechとはこの全体性を獲得する教育。日本の悟り、侍の悟りを体現する技術です。
    多くの日本企業がnTechを活用したときに沢山のティール組織の誕生を迎えると考えています。

  • 不知 航

    夫婦も、家族も、日本企業も困っている大きな問題は、コミュニケーションのズレです。
    昨今では、ティール組織の本がビジネス書としてかなり売れているのですが、なぜ売れるのかを考えた時に、みんな組織創りに困っているからだと思います。
    ティール組織を完成させるには、コミュニケーションのズレの問題を解消しないと出来ません。それを解消させる技術がnTechです。コミュニケーションのズレが解消されることで、みんなが安心、安全、効率性の高い本当の組織が創ることができます。

  • ぽえっつ

    先日、あるフォーラムで、経済産業省の前田泰宏氏がおっしゃっていたのですが、

    “世界の企業の中で100年以上続いている企業は、日本企業が67%”なんだそうです。

    日本企業って、なんだかちょっとすごくないですか?

    今指針とされているティール組織では、
    セルフマネジメント、
    ホールネス、
    エボリューショナリーパーパス(進化する目的)が大きくあります。
    それらは、日本発祥のnTechが入れば、実現可能になるので、

    日本企業が、底上げされて最強になるイメージが来ますね。

  • 澤田祐子

    "仕事をしていて、閉塞感が半端ない。"
    "社長(上司)のワンマンが本当に嫌"

    日本企業で働く人なら一度は抱く悩みかなと思います。昨年から日本の企業の組織改革でブームになっているティール組織は、今までの日本企業には非常に理想的な組織体に思えると思います。しかしながら、上下の格差のない、個々のエゴ意識に留まらず全体を俯瞰して観察することの出来る個人が集う組織を作るのは半端なことではありませんよね。その半端でないことを可能にするのがnTechの最新技術です。

    nTechを使えば、上司や部下というような役割に固定させた個人で見ることはなく、自分自身を含む目の前の人を、完全に悟った個人として観ることが出来るようになり、個人の集合体である会社そのものを一つの生命体として維持存続するために活発にアイデアや意見交換をすることが可能になります。

    上司や部下、能力のあるなしというような判断から組織づくりをすることをストップし、平等な同僚という大前提を規定した上で、役割も一つのポジションゲームとして活用することが出来たら、日本企業ももっと活性化してくると思います。

  • erina

    いまの日本企業は、会社に入っても3年以内で辞めてしまう人がかなり多いと聞きます。それは、我慢なんてしたくないという気持ちの現れだと思います。
    人間関係の悩みは、どこから来るのか?なぜコミュニケーションがうまくいかないのか?なぜ心理的な安心安全をつくりだせないのか?その根本原因をわからないと、ティール組織は無理だと思います。nTechはその根本原因を理解できて、解決できる技術なので、これを取り入れた日本企業から本当のティール組織が誕生すると思います。

  • あやか

    新しい組織運営に関心を持っている経営者や指導者の方と話すと「ティール組織いいよね!」という声を聞きます。
    最近は日本企業や組織でも取り入れようとする人が多く、ティール組織がいかに今の社会に求められている組織なのかを実感しました。
    誰だってそんな組織がつくれるなら、つくりたいですよね。
    ティール組織を実現するためには、人間自身も変化が必要で、
    今までと違う人間観を手に入れる必要があると思っています。
    nTechは人間の脳の限界を知り、それを超えていくための技術です。
    ぜひ人間の脳機能の限界を超えたところから、全く新しい組織をつくっていきましょう!

  • mizu

    ティール組織を実現する最新技術
    個人が集まって、組織。どうしても会社員だとその会社員のアイデンティティになります。また、社長になると社長のアイデンティティになります。メンバーがリーダーのアイデンティティを理解したり、リーダーはメンバーのアイデンティティを理解するのは観点の問題もあることから難しいです。その観点の問題を突破しているのがnTechです!!!

  • bonatakato

    nTech開発者から、「日本企業とTeal組織の相性が良い」という話を初めて聞き驚きました。

    課題先進国の日本に生まれたことを後悔し、アメリカに憧れていた私でしたが、

    「日本ほどチームプレーで偉大な仕事をしてきた国はない」

    という話を聞いて、ショックが入りました。

    nTechを学ぶことで、何故そう言えるのかの理由が明確に分かり、
    日本に生まれて良かったと心から思いました。

    日本企業からTeal組織ブームをつくる、そのチャレンジをこれからもどんどんやっていきたいです^^

  • こみず

    人間は一人では生きられない。必ず集団を作りますし、組織に属します。だけどAIがきたり、全てがアルゴリズムで統制されようとしている今の時代に、今までの組織モデルでは通用しなくなっています。
    新しい組織モデルであるTeal組織をつくりたいと願っている人はたくさんいるでしょう。けれど、どうつくればよいのかわからないのが現状です。
    けれど、nTechは、Teal組織に必要な要素を満たすことができます。
    ぜひ日本企業がnTechを取り入れて、Teal組織を実現していってほしいです。
    そして世界に希望を見せてあげてほしいと思います。

  • さかなゆう

    わたしはnTechを学ぶ中で「ティール組織」というものを知りました。nTechが目指す組織、理想の組織を書いてある本だと知り、読みました。
    その本は日本でとても売れているとのことで、日本企業の深いところにはティール組織の概念が眠っているのかなぁと感じます。

    名前は違えど日本企業の根本にある目指す世界がティール組織。
    魂が求めてるのではないでしょうか。

    ものづくりにっぽんで世界第2位まで、経済の発展をしたことのある日本は、物凄いポテンシャルを持っています。

    日本企業のポテンシャルは、nTechを道具にすることで、物凄く広がると思います!

  • 大川 真

    「ティール組織」の本を読んで、組織の進化の段階がわかりやすく、とても面白いものでした。日本企業は全体的にどの段階にいるのでしょうか。そんな事を考えながら分析するのも面白いです。私の感覚では、上下関係はかなりしっかりしつつも、家族のような暖かさを持つ企業が多いのかなと思います。ティール組織の本で言うと、オレンジよりもグリーンよりですかね。そこからさらに、ティールへと組織が進化していくにはどうしたら良いのか、それは全ての組織の課題だと思います。nTechは、疎通交流が上手くいかない人間関係の限界を突破します。最も深いところから繋がれた人間関係は、シナジー効果を強烈に発揮します。そのように人間同士が繋がりあって生まれる組織は、急速に進化してティール組織へと変貌するでしょう。日本の全ての企業がそうなり、国の規模でのティール組織へと変わっていくことが、本当に実現して欲しいです。

  • 森本 柾人

    世界で1番ティール組織に注目しているのが日本みたいですね。ティール組織の著者がそう言っていました。
    日本人は元々個人のエゴを満足させるよりかは、集団で何を成し遂げるのか、どう共存するのかに重きを置いていたと思います。だから海外と比べるとチームプレーの習慣が自然とありますよね。あのイチローもそういっていますね。
    だからこそ、いち早くティール組織に着目できるのだと僕は思っています。
    しかし、人類は今まで本物の組織の創建には成功していません。
    組織のちからはまだまだこんなもんじゃないし、日本企業もまだまだこんなもんじゃない。nTechを通して観ればそれが明確に解ります。
    本当に早くnTechを学んで、組織活動に活用すればいいのに、いままでにないものにたしては中々受け入れる勇気がないのが日本の弱点だと思います。
    いつも海外で流行ったものばかりを後から取り入れて喜んでいるのがもったいない。

  • さやか

    ティール組織は日本企業から生まれると思っています。なぜなら日本はチームプレーする感覚、和の感覚が優れていると思うからです。ただ、今の日本は昔の日本と比べると、和を大事にするものの上部だけ見て空気を読もうとするような表面的な、個人主義的なものになってきているように思います。その個人主義で分断された日本ではなく、ひとつに繋がった日本の和心がこのエゴ、脳機能の限界を超えることができるnTechで開花して本当のティール組織が生まれるのだと思います。

  • 高橋恵

    『ティール組織』を企業の研修に取り入れてるところは多いですよね。
    すごく注目されていると思います。そして取り入れている企業はこぞってうちは車内が活性化してると言われます。
    果たして一人も残さず活性化してると言えるのでしょうか?
    そんな企業のモデルが一つでもあれば日本は世界を救うことができます!
    私達も世界を救済する日本を創るためにntechという技術でティール組織完成させます!

  • みなも

    時代が変化する中で、今、日本企業も変化を求められています。
    組織のモデルとしてティール組織は日本でも注目されていますが、実は、日本人が一番ティール組織を可能にする気質があると思うのです。nTechでは、個人と全体を固定してみるのではなく、個人でもあり全体でもある動きとして捉え、エゴに固執せず、自由にポジションを楽しむゲーム感覚をみにつけるこたもができます。

  • 相良

    「なぜ人と人は分かり合えないのか?」「どうすれば価値観や立場の違いを超えて人は協力し合えるのか?」その根本的な問題を解決するために、あらゆるものを探し求め、いろんなアプローチで試してきましたが、必ず人間関係でうまくいかずに崩れてしまう様をずっと見てきました。
    そんな中、nTechと出会い、学びを深める中で、人間関係の問題、協力関係(組織)の問題を解決する道が観えてきて、実践することで、実際的にどんどん解決することができました。そんな中、ティール組織の本が出て、今までnTechを活用して取り組んできたこと、nTechの技術によって解決できる問題そのものが、ティール組織をつくる鍵であることが理解できました。
    ハッキリ言って、nTechがなければティール組織は具現化できません。分離意識、上下関係を超えて、悟りの意識、尊厳関係になった時に初めてティール組織は完成します。ぜひnTechを学んでみてから、ティール組織の本を読んでみてください。

  • 吉田純

    ティール組織を実現するためにはnTechは必須です。

    なぜならば、部分しかみることができない脳機能の限界を補うためには、脳の外に出なければならないからです。

    日本企業は今、大きな変化を求められている時代です。

    価値観が多様化し、グローバル化によって競争相手が世界になったことによって、競争も激しくなっています。

    この時代を生き残るためには、人と人、組織と組織とのシナジー相乗効果が必須です。nTechはそれを起こす道具となります。

  • みなみか

    私が昔勤めていた会社は古くからある日本企業でした。不景気の時代も正社員をやとって社員教育してくれる、人を大事にしてくれる会社でしたが、ワンマン社長が君臨していたので人材が育たず、会社になんの愛着も持たない若い世代はどんどん辞めていきました。社長がなくなった後は外から経営にはいった別の新参企業によって、利益追求重視の、人に優しくない会社となってしまい、会社自体が消滅してしまいました。もしnTechが入っていたら色々なポジションや世代の観点を循環、融合させ、理想の組織の形である「ティール組織」をつくることが出来たのに、と残念です。

  • 大槻剛史

    ティール組織は、生命体のような組織と例えられますが、日本企業にはそれを実現する土壌が備わっていると思います。

    ティール組織はオレンジ型の垂直構造と、グリーン型の水平構造を包越し、ダイナミックに水平&垂直を行き来する動きそのものの組織です。
    それ故に生命体組織と比喩されると思います。

    日本には元々人間関係や和を重んじる文化があり、水平的グリーン的素養があります。
    かと思えば、天皇や大名を中心として垂直の秩序を保つオレンジ型にも馴染みがあるのです。

    相反する2つの組織構造を必要に応じて使い分けてきたバックボーンがあり、その特徴は企業という単位でみても少なからず踏襲されてると思います。

    日本人はそのタテとヨコの秩序を使い分けることを今までは肌感覚でやってきましたが、nTechが導入されればそれを論理的に整理、体系化することが可能に為ります。

    論理的に整理することができれば、それをどんどんブラッシュアップさせていくことも可能になり、結果的にティール組織の構築につながっていきます。

    そして世界に対してティール組織のモデルケースとして沢山の日本企業が紹介されていくようになると思います。

  • Teal組織って聞いたことがある方はたくさんいらっしゃるかと思います。今、日本企業でも取り入れようとされているようで翻訳された本がすごく売れたと聞きます。そんなTeal組織を実現するためには日本全体の組織が変わる必要があると思います。それは組織に対する認識を変えることにもつながっていきますね。その認識の変化を手っ取り早く!わかりやすく!出来るのがnTechなのです!認識が変わると組織の在り方が変わって自然とTeal組織のカタチが作られていくことでしょう。

  • 山中 浩司

    進化型と言われるティール組織は実在不可能かと思います。
    それはティール組織の特徴の1つに全体性を持つというものがあります。
    部分情報に囚われず物事を全体的に俯瞰しながら見て判断するというものですが
    マルクスガブリエルの著書の中でには人間は部分感を超えられないと書いてあります。

    という事は、2つの著書の話しを総合するとティール組織は実現は不可能という矛盾が生じてきてしまいます。

    しかし、nTechはそもそも人間の脳機能の限界を補い脳のくせの外、観点の外から全体を俯瞰しながら、個人の能力を最大限に生かしていける技術なのです

    進化型のティール組織となった日本企業が存在するためにはnTechが必須となると思います。

  • 丸山陽子

    ティール組織、最近話題によく上がります。組織に所属する事は、時には自分を無くし、組織のために生きるようなイメージを持っていました。判断基準が一人一人違うなかで、それを統制して、組織が方向性を持つ事、個人の可能性を成就させる事をどう繋げるのだろうと思っていました。Ntecを学び、それが可能になるビジョンと出会いました。一人一人を繋ぐ共通土台がある上で、組織も個人も共にwinwin出来る、新しい認識技術、今から楽しみです。

  • vosaraicesara

    ティール組織が最近話題ですが、日本企業とは基本的に相性がいいと思います。なぜならば、日本人は個を超えたチームプレーが好きだし、それを当たり前にできる素地があると思うからです。でも、だからといってティール組織が簡単にできるものではありません。理由は、人間の脳による機能的限界が誰にでもあるからです。それは、一人一人が持っている土台がバラバラであり、また不完全で、心からフラットな関係性を作ることができず、格差が自動的に生まれストレスプレッシャーが増すということです。その限界を補い、また補うだけでなく底上げしてくれる技術がnTechです。nTechを使うことで、バラバラだった個人の土台に共通土台が裏付けされることで、個性を花開かせながらwin-winの関係を作っていくことができます。nTechはTeal組織に必須な技術です。

  • Haruko

    大手日本企業で長い間働いていましたが、高度経済成長の成功イメージを手離せず、組織を変える必要性は感じても、なにをどうしていいか分かる人が一人もいなかったように思います。
    組織を動かす個人個人はただでさえ価値観や働くことのイメージがバラバラなのに、それを給料というお金の力で無理やり統制してきたことのつけが、お金も名誉も欲しくないという世代が生まれたことで成り立たなくなっているのを感じます。

    今人気のティール組織は、理想はそのとおりで一人一人が自主的なモチベーションのもと組織を創って行くことができれば今多くの日本企業が抱える問題は改善されると思います。
    ただ、じゃあどうやって?と思われている経営者やリーダーも多いのではと思います。
    その問いにはnTechが23年間日本企業として経営を続けながら、とてもシンプルな答えを教育体系化して伝えています。
    なぜ人類が組織創りに失敗してきたのか、その根本原因を知ること。
    目先の達成や成果を一旦全部手離して全く新しい概念を受け入れる勇気さえあれば、侍文化を活かした日本企業が咲き乱れるのは間違いないと思います。

  • masaco

    日本企業で終身雇用が当たり前だった時代は、ある意味会社が家族のようにまとまっていた印象がある。雇用形態も、目的意識も多種多様になった個人をどう生かして、まとめるのか。組織モデルの進化版ティール組織をどう創るのか。一人一人が富を持った状態で、共通の土台をもってチームプレーをしながら組織の力を発揮することができる技術がnTech!

  • イワミユカ

    この前ある会社の役員の方とお話する機会があり、やはり自分の所属する組織をオープンでやる気漲る、意見を活発にそれでいて縦の関係も疎かにせず、ちょうどいいバランスで仕事ができる環境つくりを目指しているんだと感じました。今言われてるティール組織だと思いました。日本企業もそこにチャレンジするベンチャー企業が増えて来ているのではないでしょうか。1番難しいところをみんなでチャレンジしていきたいですね。

  • miisan

    ティール組織の本が、世界の中で日本で一番売れていると聞いて、日本企業に今一番求められているということなのだろうと思いました。組織が健康的に発展し続けるには、その組織をつくっている一人ひとりもまた健康で自分の可能性を開き続けられることが必要だと思います。自分の見える範囲、ポジションとして与えられた責任の範囲だけでなく、組織全体として俯瞰し意思決定が可能な個人個人がチームプレイをすることで、ティール組織が可能になります。そのためには人間の感覚の限界を補うnTechが必要不可欠だと思います。

  • しげみ

    企業で勤めていて感じること。みんな本当はチームプレイしたいんだということ。それは一緒に働いている人からも感じるし、会社の役員の方の話を聞いていても現場に求めているんだなという事を感じます。でも、実際チームプレイすることは難しいこと。上から言われた指示に従う事はできるけれど、一人ひとりの可能性を発揮することは難しいし、指示に対しても一人ひとりの考え方やイメージが違うので、そこで無言の対立が起きたりします。誰かが何かを我慢してチームプレイをしないと成り立たないのが現状だと私は感じます。最近話題のティール組織。とはいえティール組織の作り方があるわけでもないし、今までにティール組織を実現した企業もありません。そんな中、問題の根本原因からの解決をするnTechを活用することが日本企業をティール組織化させることができる道なのではないかと思っています。問題の根本からの解決をすること。そして、今までの既存の組織の形からではなく新しい組織を創る事ができること。一人ひとりの可能性を発揮することができること。nTechにはたくさんの可能性がつまっています。今私たちが挑戦すること。それがnTechを活用したティール組織つくりそのものだと思っています!

  • 明楽

    経営者の方々はよくご存知かと思いますが、ティール組織の本を最近読んでいます。今までの組織形態の移り変わりが書かれていますが、まさにこれからの日本企業に必要不可欠な組織だと思いました。ティール組織をつくるためには、一人ひとりがセルフマネジメントができて、自分の範囲だけでなく全体性を発揮させ、持続的に進化し続けることが必要と書かれています。これができればそりゃあ完璧な組織ができそうですけど、今までの人類の認識方式ではなかなか難しいはずです。そこを補うことができるのがnTechだと確信しています。ティール組織づくりに関心のある方は、ぜひnTechを学ばれてみてください。

  • クッチー

    これまで続いて来た日本企業のヒエラルキー構造は大量生産、大量消費を促した高度経済成長期にはフィットしたけれど、経済成長も頭打ちとなり、これまでにはない新しい組織システムが必要な時代となっていると思います。
    ティール組織はアメリカが提唱する全く新しい組織モデル。組織に上下関係がない、自分が行きたい部署でやりたいことをやり、売上目標も自分たちで決める。全体性と主体性、自発性、自営性を持った個人が結集した全く新しい組織システムと言えます。
    このティール組織を作る上でもっとも重要な「観点固定の問題」とそれを解決する技術を提供しているのがnTechです。様々な人間や関係性の壁ともなる観点固定の障壁を取っ払った、全く新しい組織システム、チームプレーで、日本から世界を元気にしたい!是非、皆さん、一緒にやりましょう✨

  • Natsuki

    最近話題のティール組織、アメリカの方が提唱した組織モデルですが、日本企業が最も適していると言えます。
    それは全体性というティール組織の条件の1つが特に日本人の特性に合っているからです。
    日本人は個人の意識よりも、集団とかその場を意識する人が多いです。個人よりも全体への意識が強いのですね。
    ただ、日本人でもこの全体性を真に獲得してティール組織を作るのは難しいです。それは、人間共通の脳の認識が部分だけを認識する機能になっているからです。
    日本企業がこの脳の認識を変化させて全体性を獲得した集団になれば、世界のどこよりも素晴らしい組織モデルが誕生すると思います。
    nTechは脳の認識を変化させることができる画期的な教育技術です。ぜひ取り入れてみてください!

  • 古川いずみ

    日本企業の子会社システムって第二次世界大戦後って、海外から日本のイメージってすごく悪かったなかで、本当にすごい力を発揮したそうですね!! もともと日本は船民族で、連帯、チームプレーが得意だとnTech創始者のNoh Jesuさんはよくおっしゃいます。今は、その日本の良さが失われてしまったように感じますし、あるいは、昔のままの「我慢するのが美徳!努力と根性!!」スタイルでは今の時代に適用しにくいと思います。日本のチームプレーできる良い部分を教育体系化し、努力と根性なしに、自然と結果が出ちゃう、めちゃ画期的な教育技術です~!! 新しい職業として「自分が絶対正しいと思ってしまう」仕組みがしれるようなワークショップを開催できるマインドームインストラクターというお仕事も今年登場!! 今から日本の時代を一緒に創っていく仲間も絶賛大募集中ですよ~!!

  • 高橋美里

    組織は大きくなればなるほど、多様な観点が集まるので、それらを全て融合するのは難しく、我慢関係がゼロになることなはなかなか無いと思います。nTechでは、判断基準(観点)が生まれる背景をアルゴリズムで整理し、ALL ZERO化した共通土台から相手の観点と出会うので、相手の観点を尊重することができ、さらに融合させていくことができる世界初の技術です。

  • ピュア

    ティール組織、ご存知ですか?

    去年、日本では話題になりましたよね。

    日本企業は、ティール組織の本の中にある

    どの段階にいると思いますか?

    頑張っても多元型組織がせいぜいではないでしょうか。

    そこでも限界を補えるのは、ティール組織だということで

    話題になっている。

    人間の特徴もさることながら、日本企業の特徴も知って

    おく必要があると思います。

    私も何社か企業に勤めましたが、某企業は中身はTHE日本

    企業なのに、元が海外だからと外資系の人事評価などを取り入れ

    うまくいっていないのを何度もみてきました。

    日本人は、結果だけでなく人間関係とかチームメンバーとして

    どうかなど、単に仕事の成果物だけでなく、その人の人となりも

    含めて評価することが多いように感じています。

    nTechと出会い、なぜティール組織ができないのか、人類歴史で

    できなかったのかが、明確に理解できました。

    理解できたうえで、今ティール組織作りにチャレンジ中です。
    もちろん うまくいかないことだらけですが 笑
    楽しいです!!

  • miwa

    私が以前勤めていた企業はまさに日本企業そのもの、グループ会社を数多く抱える大手企業でしたが、あてはめるとすれば達成型だったと思います。
    ただし、一部のできる人に仕事が偏ったり、メンタルの病気でお休みする人も多かったり、ただ毎日会社に来て時間を過ごす働き方の人もいたりで、企業の目的ビジョンに向けて全員が生き生きと団結しているかといえばそうではありませんでした。

    ティール組織が実現したら本当に夢のようだと思いますが、実際にはどのような方法に取組めばいいかが悩みどころだと思います。
    nTechでは人間が理想の組織を作れないのがなぜかという明確な診断とそれに対する処方をしています。
    本物の人づくり組織づくりができたときにこそ、日本経済が再び活性化し世界を牽引するリーダーになっていくことは間違いありません。

  • けんご

    ティール組織に一番近いモデルが、実は日本企業という事実を知っているでしょうか。ティール組織より前の組織モデルは、時代が進むにつれ散見されるようになってきました。しかし、本当の意味でティール組織を具現化しようとしたら、それは日本企業から生まれてくるでしょう。世界的に見てもこの独特な文化を有している日本という集団は、唯一、ティール組織になる準備ができている集団です。それはnTechという最新技術によって、日本以外のところでも再現が可能になっていくでしょう。

  • まる

    最近日本企業の社長さんとお話をしたり、何かを立ち上げようとしている方とお話したとき、理想をきくのですが、その形はみんなティール組織に近いイメージのお話をされています。理想は語れるけど、どういう風に実現していけばいいのかがわからない。ティール組織を実現化するためにはnTechを使うしか方法はないと思います。その理由を知りたい方はぜひティール組織イベントに顔をだしてみてください!

  • KiJi

    ティール組織は日本企業が目指すべくモデルではないでしょうか。私も100年以上の歴史ある株式会社に勤めていたことがあります。長く続く実績というのは揺るがない評価だと思いますし、そんな企業で働けていたことはとても有り難いことです。しかし、同時に古い体質が抜けきれず組織が新しくなることに難しさがあるように感じていました。新しい人は当然若く、時代とともに組織そのものが変化していく必要があります。かといって常に全てが変化してしまっては組織を保つことができません。ジレンマにも見えますが、組織を作る一人一人の認識次元の変化があれば、それが可能になっていきます。それが日本企業が実現すべきティール組織です。

  • こうた

    混迷の時代、求められているのは問題が何かはっきりさせることと、新しいチームプレーの在り方だと感じます!
    チームプレーの在り方で言えば、ティール組織が人気ですよね!ティール組織を作るにあたって、どこよりも完成に近いのが日本企業ではないかと思います。
    日本は個人ではなく、場のことを優先的に考えますよね!ちょっと考えすぎではありますが。日本企業からティール組織!
    nTechによって、その完成が大きく近いています!

  • Mami

    ティール組織については私も勉強中ですが、一つの生命体のようにチームプレーができる組織は本当に理想だと思います。

    日本人や日本企業はもともと、個よりも国のためや社会のためと公のために大きな志を持っていたと思います。
    ただ、我慢やトップダウンのような全体主義ではなく、個人主義の限界も超え、個の主体性と能力を最大限生かしながら全体がひとつの生命体のようになるには、部分観という人間機能の限界を超えないと無理だとnTechに出会い気付きました。
    nTechの認識技術で人間機能の限界を補い、日本企業からディグニティ・ティール組織が溢れることを願ってます。

  • ろい

    数年前から話題になっているティール組織。かなり分厚い本のためなかなか完読できないという話を聞きます。逆にいえば、それほど厚い本であり、なかなかなじみがなくても多くの経営者が関心を寄せているということは、いまの日本企業に必要なのでしょう。実際に読んでみるとわかるのですが、これまでの企業の在り方からこれからの企業の在り方が書かれており、時代にマッチした本だと思います。

  • ecco

    今ティール組織が未来組織として話題になっていますが、日本の中でも組織はいっぱいありますが、うまく行っている組織は少ないと思います。一見うまく言っているように見えても、蓋を開けてみると力でねじ伏せたり、合理性を重視してメンバーの心が伴っていないこともよくあります。
    特に日本人は人間関係を大切にするので、思っていてもなかなか言えず、我慢をしながら組織に属している人も多いのではないでしょうか?
    nTechはなぜバラバラな観点を持ってしまうのか?論理とイメージで、人間機能の特徴や共通土台を持つことができ、個人の細かい観点でぶつかり合うのでは泣き、共通のVISIONを持つことができるし最高のチームプレーができると思うので、日本企業の底上げができる技術だと思います。

  • 白鳥健

    太平洋戦争中の、駆逐艦乗りの方の手記を読んだことがあります。襲来した敵機に恐怖しながらも、艦長の操舵に「たのんまっせ」と命を預け、遮蔽された船内で外の状況は全くわからなくても、そんなことは関係ないと忙しく動き役割を全うする砲兵の姿が鮮やかに描かれていました。それは乗員全員が、艦全体を一個の自分と捉え意識を一つにする、ティール組織に言う「全体性」が(限定的ではあれ)獲得された状態であり、その全体性は戦後日本企業に引き継がれたものでした。しかしグローバル化の波を経て複雑になった情勢の中、今後の組織はいったいどこまでを自分と捉えて全体性を獲得すればよいのか? 全体って、どこまでのことなのか?
    nTechの世界観・宇宙観によって獲得できる全体性がその答えになり、かつて船乗りたちが発揮した以上のチームプレーを発揮できる、そんな日本企業の進化を導けると確信しています。

  • htakamura

    日本企業は、戦後の荒地の日本を"物作り"企業戦士達によってここまで乗り越えてきたと思います。ですが、今、組織や企業ではいろんな問題課題があり、そんな中ティール組織が話題となっています。
    このティール組織を作るのには条件があり、全体性の発揮、セルフマネジメント、持続的に進化する目的、この条件をクリアできるようにする為に、人間の機能をバージョンアップさせる必要があります。そのバージョンアップさせる技術がnTechです。
    また、ティール組織を完成させることが出来るのが、本来チームプレイが大好きな日本にこそ発揮できる力があると思うので、日本から世界を元気にさせて行きたいと思います。

  • Hiromi

    今までの年功序列や終身雇用制度では、日本企業は上手くまわらなくなり、日本企業の変革が求められている時代だと思います。
    そんな中、特に日本では今話題の「ティール組織」が注目されていますよね!
    日本人はもともと舟民族でチームプレーが大好き。この民族性に、認識を変化させられるnTechが入れば、全体性を持ちながらそれぞれが輝いていき、持続的に進化し続けるティール組織の現実化は、間違いないと思います。
    まさに、ティール組織のモデルは日本からですね。

  • 安田真理

    ティール組織の要件として、1.時代に合わせた目的の変化2.セルフマネジメント(自主経営)3.全体性をもった個人と3つありますが、これらを具現化するにはやり方や思い方の変化では限界があります。
    nTechを活用することで、これら上記の3つは統制可能となるため、日本から新しい今までにない組織を創っていくことをしています。そんなクリエイトが毎日楽しくて仕方ありません。

  • YOKO

    ティール組織と日本企業が結びつくイメージはありますか?
    私はこの結びつくイメージが明確にあります!
    必ず世界のモデル企業となる日本企業がnTechを使う事できるの間違いないです。
    なぜならば、nTechは人間の脳から自由になれる「認識」を変化できる技術であり、それによって人間の再定義が出来るからです。
    問題の根本原因がわかり、それを解決できる者がnTechでもあります。
    日本企業の1番強みを発揮出来るのがチームプレイ、そのチームプレイを進化させていくのがティール組織。
    ひとり一人が尊厳をもって関係性を創りながら進化していく。
    ぜひ、多くの方に世界初の最先端技術・nTechを使って現実ティール組織を創っていきましょう♪

  • たのしみず

    今の日本企業は世界のトップにいるでしょうか?たぶん多くの人は日本企業は世界のトップとは言い難いのではないでしょうか?
    ですが約30年前は日本の多くの企業は世界時価総額ランキングでもトップを占めていました。なんで今の日本企業がそうなってしまったのか?
    それにはちゃんと背景はあります。どの背景もわかり、これからは日本から新しい組織モデルが誕生するときでもあります。今話題でもあるティール組織はまさに日本から誕生するもでもあり、さらに進化した組織づくりが日本が世界に誇れるものでもあります。ティール組織を実現する技術としてnTechが日本から誕生しています。その奇跡に喜びながら新しい組織を創っていきましょう!

  • はるころり

    近年は脱サラして個人事業を始めてみた人も多いのでは? しかし、やはり一人では出来ないこと、範囲にある頭打ちが来るも、また組織に入るのは抵抗がある。そんな人々の限界を超えてくれる希望の組織スタイルがティール組織。
    日本企業が発展して土台を作ってきてこのプレートも大事にしながら更なる新しいスタイル。
    それを可能にするのがnTechです。時代の視点、業界の視点、立場の視点、様々な視点においての全体性という未知の力をつけることで今までできないと思っていた領域を可能にします。

  • ちは

    3.11の震災の時に、非常時であっても商品が店中に散らばった店内の商品を拾ってレジに列をなす日本人の姿勢が海外から驚かれ大きな評価を受けたように、日本人は根本が「自分さえよければ」という意識が弱く、「自分だけ幸せでも本当に心から幸せに思えない。みんなが幸せなことが自分も幸せ」と思うDNAを持っていると思います。
    そういう意味でも、「全体性をもった個人」という要素が必要なティール組織は、日本企業から生まれていくと私は思います。そのバックアップをすることができるのが、「部分しか認識できない脳機能」を補うことができるnTech。この技術を使うことで、日本はティール組織の実践モデルをつくることができ、世界に大きく貢献できると思うと、ワクワクします。

  • ken miura

    ティール組織のモデルは、日本企業から生まれると私は確信しています。

    何故なら、ティール組織に必要な重要な鍵である「全体性を持った個人(一元性)」の要素は、日本の精神性と通じるものがあります。

    nTechを学び、二元性は人間の脳機能の特性(宇宙の仕組み)であることを明確に理解できて、尚且つ心が一元性そのもので生きることもできるので、いつもいつも感動が溢れる生き方ができるようになりました✨

    そして日々のティール組織モデルづくりにもとてもワクワクしてます♪

  • 由佳子

    全世界の中で最も多く日本で売れている「ティール組織」
    生き残る上でも組織力に関心の高い日本企業は多いかと思います。
    時代と共に組織の形態やあり方は変わり、今の時代に最も必要な組織のあり方がティール組織であると言われていますが、理想論と言われたり、ティール組織を実現させる答えもそこにはありません。
    nTechでは、なぜ理想論にしかなれないのか、人間共通の現在地である根本原因を指し示し、それを補う技術が完成されています。
    明確に誰もがティール組織を創れる技術がnTechなのです。
    nTechを取り入れ世界最高の組織を創れる日本企業がこれからどんどん生まれる事を確信してワクワクしています!

  • mikity

    世界的に大ヒットした「ティール組織」は、日本でも大いに注目されていますよね。私自身もティール組織をモデルに実践している日本企業の方に実際お話を伺ったことがありますし、人事系のイベントも開催が増えてきた近年、組織は個人の働き方とも直結し、たくさんの人が着目していると思います。
    人間の歴史を紐解けば、人間は集団を作ってきた歴史とも言えます。ティール組織は未来の組織ですし、今の人類には難しいことと感じられるでしょう。でも、nTechの技術を習得すれば、ティール組織を作ることはもちろん、その先のもっと発展的な組織を作ることも夢ではありません。日本企業を変えたい、組織を変えたい、もっと楽しい組織を作っていきたいと思っている方はぜひnTechの技術に出会ってみてください。

  • EMI

    先日、とある団体をリーダーとしてまとめてらっしゃる方にお話を聞く機会がありました。
    メンバーの自由な発想から、何かを創りあげたい!という趣旨のもと打ち合わせを重ね、企画を練り、イベントなどを開催しているとのことでした。
    とても素晴らしい取り組みだとお思ったのですが、何より「時間がかかる」というのがネックだとおっしゃっていました。
    日本は特に、自由な発想をするという教育を受けていません。自由と言うものを与えられると、逆に思考が働かなくなってしまうのです。
    ですが、物事に粘り強く取り組み、集団となればダイヤモンドより硬くまとまることができるのは日本の国民性の強みでもあるでしょう。
    nTechは、日本の国民性の強みを生かしつつ、「時間がかかる」というネックを一気に解決できます。最短で自由な発想を強固にまとめることができる、これからの時代を作るTeal組織はこのような組織なのではないかなと思うのです。

  • Callinger帆足

    日本企業から次の時代の組織モデルであるティール組織が誕生すると思っています。
    それはなぜかと言うと、日本にはnTechがあるからです。
    ティール組織の特徴である①進化する組織の目的、②セルフマネジメント、③ホールネス(全体性)の発揮
    これらの要素を可能にするのがnTechです。
nTechによって、一人ひとりの個性が爆発しながらも不和が起こるわけではなく、オーケストラのように調和し大きな影響力を与えることができる組織になります。

  • 亀井 薫

    本当のティール組織を実現させるのは、日本企業からである。 何故ならば、日本が一番強いチームプレー、和の精神、侍文化が新しいチームプレー組織の形を作るからである。

    2人以上人が集まれば、自分以外の価値観を持ってる人間がいれば組織です。
    そして、
    その価値観がたくさん集まったものが組織であるが、時代の流れと共に新しい組織が必要になってきているのです。
    身分や階級、上下関係、お金による統制がもはや限界になってきているのです。
    人間皆、縛られたくない!!!!

    という気持ちが根本にはあるのです。
    だから個人事業主という個人で働く火とが増えています。それを言えないで可能にさせているのがスマートフォン。ワンクリックでいってしまえば世界を変えて、繋がれる魔法を持っているので縛られない大自由を感じやすいのです。
    でもそうなってくると、仕組み化、ルール化が出来てないので常にカオスのまま生きる。そうなると…
    漠然とした不安という感情に包まれます。。。

    これは今の時代の特徴的な感情だと思います。
    その不安を根こそぎ解決するのが、nTechという共通技術を持った、Dignty teal組織なんです。
    大自由、不変の共通土台0をもった、∞の機能性が溢れ、多種多様の花が咲き乱れるように個性が咲き乱れるような組織がいま作っています。

  • のぶりん

    「ティール組織」世界中でベストセラーになっている本で、未来型の理想の組織について語っていて、一人一人が経営者感覚を身につけている人の集まりです。

    そんな未来型の企業を「日本企業」から作っていきたい!
    そんな熱い想いで23年間、尊厳から始まるティール組織を作り続けているのが、nTech です。

  • あさりー

    ティール組織、世界中でベストセラーになっていますね。
    特に、日本では人気が高いようです。
    それはなぜなのか。それは、日本が組織に対して一番限界を感じているからではないでしょうか。

    日本企業は、ものづくりで大成長してきました。しかし時代は変わり、今はIT、更にはAIも登場してきています。
    新しい時代にまだ順応出来ていない日本企業に勤めている我々は、古い組織形態に限界を感じ、新しいものを求めてティール組織に注目しているのではないでしょうか。

    しかし、ティール組織を現実のものにするためには、nTechが必要不可欠です。
    なぜならば、ティール組織を実現するために重要な全体性を持つということが、今のままの人間では不可能だからです。
    nTechを使って全体性を持つことによって可能になる世界があります。
    nTechを使って日本企業を元気にしていきましょう!

  • miracle369

    ティール組織っていま話題ですが、昔の武士道の名残があった頃の日本企業では、似たような要素を実践していたという話も聞いたことがあります。日本やアジアは、感覚が豊かで間の取り方や協力体制が得意だったようですが、近代化により西洋のルールを取り入れて個人主義よりの教育スタイルになったことも実は問題ではないかと言われてました。その背景には、東洋的な考え方と西洋的な考え方の、そもそもの思考方式の違いもあったんですよね。
    新たなワールドスタンダードをつくるには、東洋と西洋のどちらにも適応する哲学体系が必要です。
    そこから全体性をみた個性の活かし方が見えてくる。nTechを道具としてそんな実践場がいま、リライズ協会として誕生していることにワクワクです。

  • あさみ

    現代は共通をとりにくい時代です。様々な物、価値観が多様に溢れ、些細な違いに敏感になっといます。一見バラバラでたくさんに見えるものを整理整頓するのは、部分だけしかとれない脳の観点から観ると不可能に近いものがあります。

    組織を創るには、個人のバラバラな価値観を組織の方向性に一致させる必要がありますが、それが本当に難しい!!

    しかし、それを可能にさせる最新技術があります!
    脳の観点を超えて、全体を観ることができるようになる技術がnTechです。なので、この技術を使えば、ティール組織は実現可能です。
    そして、ティール組織を創る可能性が高いのが日本企業だと思います。なぜなら、日本人は本来大きいビジョンに向かって一致団結することが得意だからです。
    日本企業×nTech=無限の可能性!!
    日本から新しい組織モデルを創って、世界に発信していきましょう(*^^*)

  • 磯原正行

    日本企業の経営者の方で、なかなか現場の方と意思疎通がうまくいかないケースは少なくないかと思います。
    トップダウンの組織は意思決定が早いですが、現場の方が指示待ちで主体的に行動することが難しくなり、ボトムアップの組織では意思決定に時間がかかりますし、意見がまとまらないことも多いかと思います。
    ティール組織では、意思決定と主体性の両方を満たすことができます。
    ただティール組織を実現させるするためには個人が全体性を見ることが必要で、それを解決できる技術がntechになります。

  • sonoda

    今の時代達成型組織ではなくティール組織が求められているようです。今までの組織の限界がいろんなところで浮き彫りになっているのです。自分の役割や存在意義が明確にあることと、お互いの力を本当の意味で発揮できるチームプレーができたときに日本企業もたくさんの企業が元気になっていくのではないかと思います。ntechを活用した人材が増えれば、自分自らでモチベーションを高めることができ、お互いの疎通交流が深く起きるので、組織の生産性も確実にあがっていくことになると思います。

  • cheerwave

    次の組織モデルといわれているティール組織。それを実際につくるのは以外と難しいという声を聞きます。人間個人の脳機能の部分観の問題を超えない限りティール組織の実現は難しいからです。大手日本企業に勤める知り合いの方からも職場で実践しようとしてもなかなか難しいんだよね。と悩んでいる声を聞きました。
    全体性の発揮もセルフマネジメントも持続的に進化し続ける3つの要件を満たすには、脳の部分観を突破したひとりひとりの組織集団でないと調和が取りやすいといわれる日本人の日本企業であっても、いつまでも人間関係がうまくいかずまとまりきらないフラクタルで解決策がないまま、モデルである組織を生み出すことができない。
    日本人特有のすばらしさのひとつでもある「阿吽の呼吸」戦争時の極限の状態や組織においてはリーダーの考えていることが全員が常にわかっている状態、共通のイメージやその土台がある状態は強い。nTechは日本精神ともピッタリはまるので日本企業にもいち早く取り入れたい教育です!

  • まきのみ

    Teal組織のブレイクスルーの一つ、「全体性」は日本の和心に通じるところがあります。
    しかし、個人主義、成果主義が蔓延してしまった日本企業はこの素晴らしい概念をなくしてしまっているように感じます。
    それが日本企業の停滞と働くことへの絶望感につながっているのではないでしょうか?
    一緒に働く人たちを家族のように思う。
    私たち日本人がとても心惹かれる言葉だと思うのです。
    それはまだ私たちの中に和心が生きているからではないでしょうか?
    nTechを学びこの和心の秘密を明確にし、それが日本企業どれだけ救いなるかがわかりました。

  • SAKI

    ティール組織は理想の組織モデルですが、人間のバラバラの観点がある限り、実現は不可能です。今までは、暴力だったり資本の力で人間の秩序をつくり集団や組織をつくっていましたが、一人一人が自己マネジメントができて、みんながリーダー意識があり、観点や違いを超えて全体性発揮するためにはやはりnTechが必要だと思います。
    リーダーシップが弱く、協調性を大事にする日本企業は世界からみたら弱く見えるかも知れませんが、精神性高く和を重んじる文化だからこそ、違いを生かし合い、今までにないグループリーダーシップを発揮したり、ティール組織の型が実現しやすいと思います。

  • りん

    初めてティール組織のことを聞いたとき、何て素敵な組織なんだろうとワクワクしました。
    持続的な進化が可能で、働く誰もが活き活きと能力を発揮できてやりがいも感じられる。今の日本のどこを見回しても、そんな組織は見当たらないように思います。
    もともと和を大切にしてきた日本企業だからこそ、世界中のどこよりもいち早くnTechを使ってティール組織を実現できるように思います。

  • sumitomo

    以前は日本企業に勤めていましたが、今は外資系企業に勤めています。日本企業で働いているときは、人間関係が密で、お互いをフォローし合う事はよくありましたが、本音を相手に直接伝えず裏でアウトプットしている事をよく見聞きしていました。一方外資系では、お互いオープンに話したり、みんなの意見をよく聞いて改善するスピードが速いなど、日本企業にはない良さがありました。でも、ティール組織の本を読んだ時、どちらも限界であることを感じたのです。なぜなら、今の人間の認識では、ティール組織を作る事ができないからです。でも、nTechと出会い、人間の認識の限界を補うことができることで、今の企業や組織の限界をこえる事ができるからです。nTechはこれからの組織にとって、本当に必要な技術である確信を持っています。

  • sara

    人を生かすも殺すも組織次第ということはあります。実際、やる気をもって会社に入社したものの、夢や希望がだんだん小さくなってきて、組織の駒として働かざるをえない雰囲気に慣れてしまったとか、ひどい場合はうつ病になって、社会生活も難しくなるという事例もあります。
    組織は単に、生産性を上げて利益を出すだけが目的ではなく、そこに所属している人たちが連携して小さなことから大きなことまでやり遂げながら人間性を成長させながら、感動の連鎖を起こすことができるのが理想です。それがなかなか難しいということで、最近は「ティール組織」という本が話題になっています。その中に書かれている理想の組織を実現させるためにnTechは不可欠であり、日本企業はそれを実現させやすい土壌があると思います。

  • K Maiko

    長年日本企業に勤めながら、
    海外赴任も多かった私ですが、

    日本人は特に周りの人への配慮、
    気遣いが長けていると実感しました。

    しかしながら、世界における日本企業の影響力は低下しつつあり、
    日本企業で活躍していた人も、外資系に引っ張られてしまうのが現状です。

    けれど、nTechを通して、日本のチームプレー力こそが世界の憧れモデルになると確信しています。
    その憧れモデルとは、Teal組織を創り出すモデルです。

    生産性を上げるために個人の力に頼りすぎる個人主義だけでなく、
    チームプレーの力によって個人の不完全性を埋め、そして個性を活かしあえる、
    そんな未来型組織を創りたいと思っています。

    その未来型組織とnTechは相性抜群なんです♪

    ぜひ、みんなで日本企業からTeal組織づくりをしていきたいです(^^)

  • こましょー

    今有名なティール組織というワード。
    この事を書いてる本があるが、今の世の中良くてもグリーンが限界である。
    この体を通してティール組織を実現するには無理に近い。
    まずは、この身体の癖を観察し、理解した上で、共通の認識をもってからではないとまず、無理である。
    つまり、nTechを活用する事以外無理だって事も証明されている。
    組織メンバー一人一人な強い意志を持って身体の人間から離れたところから

  • あかり

    どんな組織に属するのかによって、人生左右されますよね。自分を活かせる組織なのか、そうじゃないのか。次の組織モデルは「ティール組織」と言われていますが、この中身を知った時はとても理想だと思いました!
    一人ひとりがリーダーであり、全体性を持ってビジョンに向かう。個人の能力や観点の違いを活かしあいながらチームプレーを起こせるのは、nTechを取り入れてこそできる。
    日本企業もこの組織モデルになっていくことで、日本がどんどん元気になっていくと思います。

  • aiko

    最近、ティール組織という本を読んでいる経営者の方が多いですね。人をまとめていくことは、お金だけではやはり難しく、リーダーだけでなくて全体像が観れるメンバー同士の集まりが必要だと気付いてる方が増えてきています。しかし、普通にしていたら人間は脳の機能的に全体を見ることは不可能なのです。この矛盾をとく道具がnTechだと私は確信しています。日本企業が代表して、新しい組織をつくることで、世界のモデル国家になっていくと思います。

  • 小池

    組織にとって必要なものは何かといえば、人材だと思います。ではどんな人材が必要なのか、逆に上手くいかない人材とは?これが明確になったとき、組織について希望が見えるようになりました。
    働く一人一人がどんな意識を持てるのか。これがとても組織に影響を与えますが、給料というシステムによって組織の理念の共有はなく、ただ働くという効率化を働く組織が組織の限界だととても感じます。nTechを学んだ個人が世に沢山いればもっと色々と幅の広い人材の活用や連携も可能になってくると思います。

  • やぶ

    日本企業の特色がよく発揮されてメイドインジャパン、ジャパンアズナンバーワンと言われる時代を築きました。
    しかし、バブル崩壊後は終身雇用制度の崩壊など時代の変化と共に日本企業の体質の問題も指摘されることが増えました。
    独自の組織モデルの成功も失敗も経験した日本企業が次に実現すべきはティール組織です。

  • なっちゃん

    ティール組織という本が世界中でベストセラーになっています。
    そして、特に日本で日本企業に注目を浴びています。
    一番新しい形であるティール組織。
    そこになぜ日本が反応するのでしょうか。
    それは日本の技術であるnTech無しではティール組織は完成しないからです。
    逆にいうとティール組織を完成させるにはnTechが不可欠です。
    では、そのnTechとは何なのか。
    nTechは認識技術です。
    認識技術は人間の認識を変える技術です。
    認識を変えた時に初めて人間がなんなのかがわかり、自分が何者なのかがわかります。
    自分が何者なのかわかって初めて、本当のチームプレーができるようになります。
    そして、本当のチームプレーができた時にティール組織は完成します。

  • 山口禎子

    日本企業で最近注目されている「ティール組織」世界の中でも、この本がブームになって反応している日本。
    それは「組織」に対して関心が高いことの現れと、問題に感じている企業や人が多いことの現れだと感じています。
    導入事例は増えているものの、なかなか軌道に乗せることが難しく、経営陣と社員との関係の溝が深まったり、
    方針に反対して退職したりということも少なくないようです。
    ティール組織を実現するためには、何が必要なのか?それは「全体性を持った個人」というティール組織の要件の1つであるこの項目を可能にする技術が必要です。その技術がnTechです。
    物理的なアプローチではなく、認識に対してのアプローチによるチームプレイ。それは、目の前で起こるすべての現象は、現象より先に認識が働いているからです。全体性を持てない認識、部分しか取れない脳の機能に支配された認識からは、その現実、現象しか生み出せません。
    まず、何よりも先に取り組む課題は、認識へのアプローチであることを確信しています。



⇒【日本企業は注目】8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術「nTech」とは?k【6分の動画】

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.