人付き合いが苦手だから避けるのは逆効果

投稿日:

人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話

人付き合いが苦手なので克服方法を探している

人付き合いが得意な人の特徴を知りたい

恋愛や仕事でも人間関係が上手くいかない

人見知りでコミュニケーションが下手

女性が苦手。男性が苦手」 など、

人付き合いが苦手な人には、

nTech(認識 technology)という最新技術をおすすめします。

 

 

 

 

この記事では、

実際にnTech(認識 technology)を使って人付き合いの苦手意識を克服できた人たちの体験談を紹介しているので、

是非、参考にしてください。



人付き合いが苦手だった人がnTech(認識 technology)で人付き合いが得意になった話

  • misa

    人付き合いが苦手とありますが、苦手なんてものじゃなかったです。
    そもそも、コロコロ豹変して信じられないしコワイしで、自分から声をかけることもあり得なかったから、
    当然、友達もゼロと言っていいくらいいなかった。
    さらに、人に合わせて誤魔化すことの気持ち悪さもあって、ゴマすることもできず、でもそうすると相容れることがないから、
    当然、敵も自然と多くなって。

    社会人になると、一匹狼では仕事の支障がヤバイことになるなと、人と合わせないポリシーも断念。
    合わせることで、一時的には周囲に受け入れられたように錯覚するけど、またさらに人が怖くなる始末。
    ということで、路頭に迷っていたときに出会ったのがnTechでした♪
    そこでは本当に驚きで!人付き合いが苦手になる原因が、あまりにもシンプルで簡単にわかっちゃって、
    え?そんなこと???と、目から鱗とはまさしくこのこと

    人付き合いが苦手だ…と悩んでいる方、どうにもできないと思っているかもしれないけど、どうにかできるすべを知らなかっただけですよ。
    ぜひ、悩んでいる時間をnTechに投資してみてはいかがですか?

  • たのしみず

    そもそも人間が嫌いでした。両親の不仲や、兄も仲が良かったんですが、私が10歳の頃から家庭内暴力を振るい、人間は最初は良くても、悪い方にしか変わらないという人間に対する不信がありました。それもあり学校に行っても、何を人と話したら仲良くなるのかのイメージもないので、人付き合いが苦手でした。関西という土地柄もあったので笑いがとれたら、なんとかなるというのもあり、必死で話をしましたが、自分が思っていないことを言う時もあり、だんだん疲れていきました。

    そんな時に、nTechと出会いそもそも「人間がなんなのか」を論理とイメージで理解することができて、今まで何で自分が人付き合いが苦手なのかの根本原因がわかったのが大きかったです。

    それがわかった時に、私だけでなく人間5感覚脳を持っている人間なら誰しもが陥ってしまう問題の根本原因を知ることができて、人間に出会うのも前より、安心するようになりました。
    他にも色々気づきはありますので、ぜひnTechに出会ってもらいたいです。

  • 木村明日菜

    私はとにかく人付き合いが苦手でした。人と一緒にいる時この人とはどんな自分にらなったら合うんだろうと考えて、カメレオンのようにコロコロ自分を変えていました。その結果どれが本当の自分かわからなくなったんです。いやそもそもこの人にとってみたらどんな私が都合がいいかを考え、その自分を振舞っていたので、人といる時は自分らしくいられないのが悩みでした。人と一緒にいるくらいなら一人でいようというパターンを繰り返していたのですが、nTechを学び始め、どんな相手でも相手によって条件状況によって変わらない自分になり、どんな時でも自分らしくいられるから人といるのがとても楽しくなりました。人付き合いはかなりよくなりましたね。

  • 森本柾人

    人と出会あのが正直めんどくさかったです。
    相手の目を気にしたり、気を使ったりするのがめんどくさいし、どうせ分かり合えないのに、なぜわざわざわ苦しい思いをして会う必要があるのか。と思っていました。なので人間関係に対してかなりの諦めがありました。
    でもnTechに出会うことで自分が見ている世界がひっくり返り、全ての存在が最高に美しく神聖になりました。
    自分の外だと思っていた世界が自分の中になって中だと思っていた世界が外にひっくり返りました。
    絶対の安心と感動で人を観れるようになり、相手の言葉や行動が生まれる仕組みがわかるようになりました。

  • erina

    以前は、知らない人と会ったり話したりすることに対して、心の底ではかなり不安を感じていました。傷つきたくない、悪く思われたくないとか、受け入れてもらえなかったらどうしよう、という気持ちがあって、調子のいい時は、明るく振る舞えるけど、いまいちな時は、約束していても会うのが面倒くさくなったり、会っても猫をかぶって大人しくなってしまったり。
    人付き合いが苦手と思ってる人は、きっと、似てるとこがあると思います。
    わたしはnTechに出会って、自分と他人の境界線がなくなって、人との出会いが大きく変わりました。不安は自然に消えていって、知らない人と会うのが楽しくてたまらなくなりました!

  • 見並圭一

    私は人付き合いが苦手な方でした。大人しい性格ということもあり、最初は特に人に馴染むのには時間がかかりました。一人だけポツんと孤立することも多く、そんな自分が嫌でした。頑張って仲間をつくろうとしても難しく、そんな悩みをずっと持っていましたが、nTechに出会い変わりました。何よりも自然体の自分というか、本来の自分を知れたことが一番大きなことです。自分に自信がつき、生き方が定まってきたときに自然に人付き合いが苦手だった自分は気にならなくなり、周りにも同じような志をもつ仲間がたくさんできるようになりました。

  • 川名哲人

    私は人付き合いが苦手でした。
    つまらない奴だと思われるのが嫌で、誰かと一緒にお茶を飲みに行く。
    または、ご飯を食べに行くと何を話していいか分からず、一生懸命考えて疲れ果てていました。
    nTechと出会い、自分がどう思われるかの呪縛から解放されました。
    今は目の前の相手とどんな未来がつくれるだろうかというワクワクした気持ちで出会えるようになりました。

  • リョーマ

    子どもの頃から、虐められたり仲間外れにされることが多くて人付き合いが苦手。
    極力、人とは付き合わず一人でゲームなどして過ごす根暗人間でした。

    そんな僕がnTechと出会って、人に対する無意識に構築されたイメージが一変し、
    今までは軸が他人でしたが、今は軸が自分になり、自分の認識からこの世界を観ることができるようになり、
    コミュニケーションの本質を理解することで人付き合いが一気に好きになりました。

  • 山下恵未

    子供の頃は人見知りで、自分に自信がなく「つまらない人間と思われるのではないか」とビクビク。傷つきたくない、付き合う価値がないと思われたくないから、憧れの人を真似してキャラを作ってその場をしのぎ、一人になって疲れるという有り様。
    それがnTechに出会って、他人との境界線は自分が作っていたということ、自信があるように見えていた人も結局孤独だったということを知り、肩の荷が降りたような気がしました。そのことに気づいただけで、人との出会いが大きく変わりました。今はどんな人に会っても臆することなく話せるし、観点に出会うのが楽しいです。これは仕事にも活かせているので、nTechがあってこれからの人生が本当に楽になったな~と思います。

  • 澤田祐子

    人づきあいは見事なほどに苦手でしたね。学生のときは友人同士やサークルの飲み会とか遊びとか本当にストレスでした。だって私飲まないし、遊びに行くくらいなら勉強しに行ったり、歌とか発声練習してた方がいいくらいの感じで、必要最低限の人間関係に抑えて極力人を避けていたと思います。

    当時は過去のトラウマにハマり込んで自分を他には理解できない逸脱者だと思い込んでいたので、そんな私はみんなの輪の中に入れない、普通の話についていけないと多分に思い込んでいたんですね。

    nTechに出会って、そのトラウマが解除されて虚構が0化したのは非常に大きいです。大分柔らかくなりました。

    今でこそこんな感じであっけらかんとしてますが、出会う前は本当にカッチンコッチンでした。なので、人づきあいが苦手な人も安心して捉えてみてください。人生がびっくりするくらい変わります^^

  • soramame

    八方美人だった私は、「常にいい人でなければならない」と、”無意識で”強く思いすぎていたため、家に帰って一人になると、ぐったり疲れてしまい、休日はもうどこにも行きたくないし、人と会いたくない、そんな人間でした。周りからは、「人付き合いが苦手」とは全く見えていなかったと思います。でも、自分の心はとにかくヘトヘトでした。そんな私でしたが、nTechと出会い、まず、自分が「いい人でなければならない」と思い込んでいたその無意識に気付き、そして、同時に「いい人でいる必要もない。けどいい人にもなれる。選択は自由!」となったことで、余計な力が抜けて、人生が本当に変わりました。

  • morphie

    自分が付き合いたい人とだけ付き合うというのが私のポリシーでしたので、他は広く浅く上手く社交的に振る舞って関係性を作っていました。

    基本は人に対して自分以上に興味がなかったので、好きでもない人と時間使って過ごすより、お金使って1人の楽しいリッチな時間を過ごす方が何倍も好きでしたね。

    今は基本どんな人も好きだと感じられる自分に驚くし、自分1人で過ごす時間以上に仲間たちや人と一緒に場を作ったりチームプレーする自分の方が楽になりましたね。

    自分で解決できないことがあっても、人に相談したりすることはあまりなかったのですが、普段の関係性の中で何でも話してお互いにシェアできる関係性が作れるようになりましたね。

  • kenmiura

    本当に安心できる人でなければ
    一人のほうが楽と思うときはよくありましたね
    社会人になって
    人とお酒飲んでワイワイするのも嫌いではなかったのですが
    疲れたときには、いつも一人が楽でした
    けど寂しさもあったり、いつもジレンマに悩んでいたように思います。
    「人付き合いが苦手」といえば苦手だったのかもしれません
    nTechを学び、一番変化したのは、ジョハリの窓でいう
    「自分も知らない、相手も知らない自分(未知の自分)」
    を鮮明に理解できたことでした!

    同様に人に対して、深い理解ができるようになり、
    そのおかげで人付き合いが苦手と思うストレスが無くなりました!

  • 由佳子

    人間関係の中で、いつも人に合わせて気を使ってしまう私は、気づいた時には人付き合いが苦手になっていました。
    結婚し、子供が生まれてからは、子供の関係性での人付き合いも始まり、茶話会に行っては、どう思われたか?など、色んな事が気になりしばらくか寝込みたくなるほどでした。
    ですが、nTechに出会ってからは、自分自身がどうしてそう思うのか?や、相手がどう思ったとしても、すべて仕組みで観れるようになったので、今では人付き合いがとっても楽しくなりましたし、人に関心が持てるようになって、人生彩りができ、とっても楽しくなりました!

  • asari ken

    私はずっと人付き合いが苦手で、人と仲良くなりたいのに、人と会うのが嫌になっていました。周りからは、「人付き合いが上手そうだよね」と言われることも多かったですが、実は人と一緒にいるときは、否定されないように、相手の顔色を伺って、相手に合せることに精一杯だったので、心は落ち着かず、疲れるなんてことが当たり前でした。
    しかし、nTechに出会ってそもそも人に対するイメージが全く変わってしまいまいました。目の前の相手は自分が認識して存在させている結果だとわかり、相手の言葉や行動などに右往左往されることが減りました。相手との関係は自分の認識の結果。どう解析してどんな関係性を作るのかを想像していけるとわかったんです。相手にも相手の認識の仕方があるから、それを理解して、繋ぎ合せて、関係性を想像していくということをスタートさせることができました。

  • ゆんべ

    人付き合いが苦手…………

    そう苦手な原因が、人と話すのが苦手で、話が盛り上がらないと無理して沢山話し過ぎたり
    話しの話しの間が短いと『私の話が面白くないのかな? 相手が楽しめるようにもっと話さないと…』

    今思えば、脅迫観念の塊でした!
    楽しく話せる人が、人付き合いが上手いとか
    けどnTechを学ぶことを通して、そう思い込んでしまっているのが、自分の中の思い込みということを気づかせてもらったり
    そんなに 話を盛り上げなくても、相手は盛り上がってないし、そんな盛り上がりなんて求めていませんでした笑

    観念の思い込みから抜け出して、心スッキリで話せる今ここ、心スッキリじゃなくてもいいんですが
    色んなパターンで人と交流出来るのを楽しんでいます!

  • ゆんべ

    もうひとつのパターンもあるのですが
    なかなか楽しい話が出来なくて、ある時、聞き上手が話し上手っという事を聞いて
    話しを聞いていたのですが、いえ話しを聞いているというより、話しを相手の状況に合わせてしまって
    それが相手に良かったのか、ついつい相手に喜んで欲しいと思い、話しを合わせ過ぎて
    ある日、その人に会うのが苦痛感を感じてしまって、自然と距離を置いてしまったことがありました。

    そして だんだん人と会うのがどんどん億劫になって、休みの日は、ひとりでゆっくり過ごす時間が多くなりました。
    私は、人付き合いが苦手だから、しょうがないよね!って

    けどnTechを学ぶ事を通して、私の人と話を合わせてしまう癖が実は、人間だったら 誰でもやっちゃう脳の癖のパターンと繋がり、原因が理解出来て、今では、人に合わせるだけじゃなくて、ちゃんと自分の意見を相手に伝わるように、コミュニケーションのズレを確認し合うことが出来るようになりました。
    コミュニケーションの上手くいかない原因のほとんどが、相手との伝えるイメージと受け取るイメージのズレだったんです。
    それが分かってから、まず相手や自分を責めることが柔らかくなり、友人から話しやすくなったって言われるようになりました!

  • やなぎ

    人付き合いが苦手とありますが、そもそも自分の好きな人付き合いやすい人以外は排除的に関わらないようにしていたので、苦手意識はなくむしろ人付き合いはそつなくこなしてる。と思っていました。まあ、関わらないことでそつなくこなしてはいますがこのような解析もnTechを学んで日常生活するなかでわかってきた自分自身のことです。
    その今断言して言えますが、「人付き合いが苦手」になってしまう最大の根底にある問題がわかることで世界が一変しました。
    良く他人は変えられない!自分を変えること!!というが、自分の何をどのように変化させるのかがわかったときは衝撃です!人付き合いが苦手な自分もいとおしく思えますよ。

  • だいとう おりえ

    人付き合いが苦手だと感じ始めたのはいつだろう?
    中学生の頃はすでに感じていましたね。
    部活の先輩や先生が恐ろしすぎて縮こまっていました。
    同級生までもが敵にみえるというか、味方なんか一人もいなかったなって思います。
    みんな、自分を守ることで必死だったように感じます。
    小学生の時も、流行りとかに興味が持てない私は、なかなか話題についていけず、会話するのが辛いと感じるときがありましたね。
    そんな私が大人にもなって、ますます人付き合いがわからなくなり、地獄でした。とくに、『飲み会』は楽しくなくて、なぜ強制的に一気飲みをしなくちゃいけないのか?
    しかも、その後強制してきた人が食べた物を吐く。
    その人にみんなは優しくするけど、私は腹が立っていました。でも、若かった私は我慢して心配するフリをするしかなかったのです。
    人付き合いは色々嫌なことばかりでしたが、やはり、パートナーと幸せになりたいとも強く思っていました。
    けれど無理でした。
    なぜ無理だったのかはnTechに出会って初めてわかりました!
    なるほど!誰も悪くなかったんだ!とわかり、とーーーっても楽になりました!
    人付き合いこそがだんだん楽しくなってきています!

  • eri567

    人付き合いが苦手で、どーしたものか困っていました。一人は嫌だけど、人といても疲れる。

    人に合わせてしまうかと思いきや、場合によって人に合わせられないこともあって。自分は悪気がなくても勘違いとか誤解されたり。その誤解を解くのもいちいち面倒くさいと思うようになったら、人付き合い自体が面倒になって。人なんていなくなったらいいのに!と思うことも。

    人付き合いが苦手じゃなかったら、かなり楽に生きられるだろうなと思ってたときにnTechに出会ったので、衝撃でした。

    人に合わせずに思ったことを言えるようになったし、逆に合わせられずに衝突したり相手を不快な気持ちにさせることもあった私が、合わせないけど共感したり、相手を認めることができるようになったので、合わせないけど衝突をしない私にもなっていくのを感じてます。nTechを活用すればするほど、人付き合いの楽しさを味わえるようになっています♫

  • ちぐちぐ

    人付き合いが苦手だったか?と聞かれると、ピンとこない感じがありますが、
    誰とでも仲良くしているように見せて、心の中では「この人苦手だなぁー。あんまり関わりたくないなぁー。」と思っている事がありました。

    この人苦手だなぁーと思ってる時ほど、チーム分けで一緒になったりするんですよね(笑)

    人付き合いが苦手なんて、私のプライドが許さないから平気なフリして、当たり障りない程度のコミュニーケーションしか取らないようにしていました(´-`)

    nTech学んでからは、なぜ苦手だと思う人が存在するのか?も明確にわかって、どんな人にあっても、背伸びしたら、平気なフリする事なくコミュニーケーションが取れるようになったので、人付き合いが楽になりました!

  • yukachin

    人との付き合いが苦手でした。疲れる。だけど1人は嫌。矛盾だらけでした。
    私は、言いたいこと言えば相手は引いて微妙な空気になる。だから周りを伺いながら合わせていました。もっと人と本音で話したいけどどうしていいのかわからない。人とどう付き合えばいいのかわからず、困ってました。もっと人生楽しくしたいし、いい人間関係創りたい。そんな時に出会ったのがnTech。人に対する認識が自分のアイデンティティを通して変化します。面白いですよ。お試しあれ!

  • えみる

    そもそもコミュニケーションが100%ズレるということを知らなかったので、人付き合いが苦手でした。

    なぜ、私の言っていることが伝わらないのか、そして伝えられないのか、さらに頭の中のイメージ全てを言語で伝える難しさがありました。

    人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になったのは、

    コミュニケーションが100%ズレることを仕組み、メカニズムで理解したことです。

    人それぞれにも歴史があり、言葉行動考え1つにそれぞれの背景がある。コミュニケーションのイメージが変わった。そして、nTech技術のイメージ言語を使うことにより、深いところからの思いやイメージをもっと人に伝えることが可能になりました。

    なので、人付き合いと変わり、人生も劇的に変わってきています。

  • おこめ

    人付き合いは比較的抵抗もなく、初めての人でも仲良くなることができるタイプです。でも苦手・嫌いと思った相手に対しては人付き合いが苦手。。。という言葉がとてもあてはまります。好きな人はとことん好き!逆に嫌いな人はとことん嫌い!そんなパターンを持っていたので、人からの反応も好かれる分、嫌われる事も多くありました。でも、nTechの認識技術を使うようになった時、嫌いな相手も理解できるようになっていったんです。理解ができると相手に対しての観方もどんどん変わっていくことを経験し、嫌いだと思っていた人とも嫌いという感情なしに付き合えるようになっていきました。今では、好き、嫌いという感情に振り回される事もないし、自分の思い込みで人に出会う事もなく人付き合いのイメージも大きく変わりました。どんな人とも出会いも本当に楽しみで仕方がありません。

  • みかり

    人付き合いが苦手かどうか、と聞かれたら苦手だとは思っていませんでした。むしろ人に好かれるほうだし、コミュニケーションで悩んだことはなかったです。
    ですが、、nTechと出会って衝撃を受けました。
    『私は人付き合いが苦手じゃないわけではなくて、ただ相手に合わせることが得意なだけだったんだ…』ということに気付かされたからです。

    たしかに、相手から好かれることはあっても、いつも合わせすぎることが理由で疲れてしまって、自ら相手から離れていく…ということを繰り返していました。
    そのため、友だちは多くても浅い関係性にとどまってしまいがちでした。

    これに気付いたときは認めたくないくらいショックだったのですが、その自分のクセが明確になったことで変化が起きました。
    nTechを使った『0と無限大のコミュニケーション』ができるようになりました。お互い伝えたいことを伝えても、傷つけ合うことなくむしろ楽しく循環していくコミュニケーションがあったなんて!
    今ではnTechを活用したコミュニケーションをいつでもしているため、人と深い関係性が築けるようになりました。

  • Hiromi

    子供の頃は、女子は陰でコソコソ内緒話で盛り上がるので、付き合うのが面倒くさく、いつも気心の知れた女子以外は男子とよく遊んでいました。
    大人になってからも、好き嫌いがハッキリしていて、波長の合う人としかお付き合いしていませんでした。
    なので、付き合う範囲も限られ知らない人に会うのはストレスでした。かなり人付き合いが苦手なほうだったと思います。

    それが、nTechでなぜ人と分かり合えないのかの根本原因が仕組みで解ってからは、知らない人に会うストレスも無くなり、出会いそのもの、またそこからのお付き合いが楽しくてたまらなくなりました!

  • Reriser tae

    私は人付き合いが苦手だと思っていました。人とは繋がっていたいけどドライな関係というか、ある一線を引いてないと互いに踏み込み過ぎた関係は色々と面倒臭いからです。
    だから、社交的に交友関係が広く付き合ってはいましたから、友達たくさんいるよね!と思われています。
    確かに幅広い知り合いはいると思います。

    けれど、いつも心が何か満たされることの無い孤独を感じていました。

    nTechに出逢ってからは絶対安心の心をもつ仲間が沢山できたから、友達たくさんいるよ~と心から言える様になりました。
    その変化が大きいと感じるのは、今までは心から繋がれる友達がいないと感じていたことは全てのものと完全分離させていたからであり、本当は自分も無い所から深く深く深く今を創り出した自分と繋がっている事が分かった(理解出来る技術)からです。

    その客観的解析が出来る技術によって
    人付き合いが苦手な自分が作られた仕組みが分かり、0化することが出来るので
    人との出会いが得意になれました!

  • てる

    ずっと人付き合いが苦手でした。いつも1人を選択して言葉を発することがほとんどなかった私。もともと父親ともほとんどコミュニケーションを交わさなかった。人といても沈黙が当たり前。こちらから話を始めるなんてほとんどなかった私。でも、歳を重ねるにつれて、人と共存するにはコミュニケーションが欠かせないことを悟った。その限界を超えていくために、自己啓発セミナーに数百万円投資し書籍も毎月数万円以上買いあさって読んだり、たくさんの人と出会ってコミュニケーションを経験蓄積したり、宗教もやってみた。あらゆるチャレンジをしてきたけれど、結局、根本的な解決にならなかった。そんな時にnTechがすべての限界を突破させてくれた。なぜ、自分がコミュニケーションが苦手なのか。そのことの原因は、観点の問題にあった。この問題がわかってから、コミュニケーションができない仕組みが論理とイメージで理解できて、同じ動きしか繰り返さない仕組みがあることがわかって、ようやくこの無限ループから抜け出すことができるようになった。人付き合いが苦手だったことは自分の責任ではなく、人類共通の問題であることがわかった時に、自分を許すことができて、出会う人すべての人の抱えている涙を見ることができるようになり、すべてが愛しくなりました。

  • 小池拓也

    昔は本当に人付き合いはかなり苦手な方でした。気を使うタイプなので、人とコミュニケーションが面倒くさくなり、どんどん疎遠になっていきました。でも一人はやっぱり寂しいし、何かとチャレンジするんですが気疲れ問題は解決されず結局いつもの一人を選択していました。nTech学んでからは、まずそういう気疲れが徐々に減っていき今では気の合う人だけでなく、昔なら気が合わなかった人とでも楽しく交流出来るようになりました。全ては観点の問題をどうクリアするかだけだったんですね。この技術はコミュニケーションだけでなく、仕事でも色々と活躍するので更に交流の幅や仕事のバリエーションも増えとても充実したライフワークになってきました。

  • 吉田純

    以前の私は人付き合いが苦手というか、人に興味がありませんでした。

    全部が自分を中心に展開し、何でも自分でやるのが当たり前で、それが当然くらいに思っていました。

    体が自分という意識が強烈にあったのです。

    nTechと出会い、体の範囲が本当の自分ではないことが理解として腑に落ちました。

    だからこそ、チームプレーを楽しむことができるようになったのです。

  • みなみか

    人付き合いが苦手とは思っていませんでしたが、どんな人といても楽しくて時間を忘れると言うことはなくて「もうそろそろ帰って自分の時間にしたい」と思うことが多かったです。家族以外の人とは、会ってメリットがあるのか・ないのか、という損得勘定で出会っていた気がします。nTechで人間が何なのか、出会えるという事がどんなに凄いことなのか大ショックが入り、人付き合いの意味価値が大逆転しました。

  • イワミユカ

    人付き合いはできてると思ってました。ソツなく人を大事にして言いたいことは言ってると思ってたんですよね。でも、周りに人はいないしお金もまわらない現実になんでだろ?と思っていたら、私、実は人が嫌いどころか「敵」だったことがわかりました。これがわかったのがnテックでです。だからか!あのシーンもあのシーンも全て合点がいく!自分が何者かがわかりスッキリです。あとはその原因を一個ずつ解いていくと、人に対しての気持ちが変わっていきました。何を知るのか!本当、これに着きます。

  • 不知 航

    私は話を聞いて友達を作るコミュニケーションは得意でしたが、自分から話し掛けるのが苦手で、全く知らない人達の場での人付き合いが苦手でした。話し掛けた時に、この発言で嫌われたらどうしよう、この発言で空気が壊れたらどうしようと思うととても怖くて話すことができない。自分から話し掛けることができる様に色々試して見ましたが、何をやってもそれを突破することができませんでした。でもそんな時にnTechと出会い、自分から話し掛けるのが苦手な原因を知り、それを解決することで、自分から話し掛けることができる自分になることが出来ました。今は知らない人達の場に行くのがワクワクします。

  • おがじゅん

    「人付き合いが苦手」を通り越して、そもそも「人付き合いが大嫌い」でした。

    人付き合いをするとなると、パワーバランスによる上下が発生したり、どこかで我慢したり意に沿わなくても合わせないといけなかったりで、これらが無茶苦茶イヤでどうしようもなかったです。

    人付き合いはストレスでしかありません。

    なので、基本は一匹狼で、たまに寂しくなった時だけ、人と関わるレベルなので、人との関係の築き方も人のコミュニケーションも当然出来ません。

    そのくせ、「人付き合いが苦手」と周りから観られバカにされることも無茶苦茶気に入らなかったのです。

    何故ならば、人よりもチカラがあり優れた自分でなければ、自らを認めてはならないという思い込みもあったから。

    こんなどうしようも無かったけど、nTechに出会い、相手の背景を理解出来たりなど、人に対して愛を持てるようになったのと、相手をマルバツ無しに受け入れられるようになったことで、もちろんあり方が変化したけど、関係性が変わり、コミュニケーションが変わったことで、「人付き合いが苦手」を通り越して「人づき合いが大嫌い」だったところから、「人付き合いが大好き」になれました!!

    こんな救いようも無いくらいどうしようも無かった僕が、ここまで変化出来るnTechのパワーは凄まじいです!!

    皆さんの中にも「人付き合いが苦手」という人もいるかと思いますが、nTechで必ず解決出来るので、「人付き合いが苦手」だけどどうにかしたい人は、是非nTechに出会って下さい!!

  • miwa

    人からは全然そう見えないと言われるんですが、実は人付き合いが苦手でした。

    携帯電話がかかってきてもとりあえず見なかったことにする、
    会社の同期とお昼ごはん一緒に食べるのが面倒くさい、
    同窓会行きたくない、結婚式の二次会は大の苦手などなど

    安心できない相手と会話することがとてもストレスだったんです。
    心のどこかで常に我慢していたんですよね。

    nTechに出会ってからは、まずそれがすべて自分の思い込みだということを納得しました。だんだんどんな状況でも楽しめるようになってきました。そして気が付いたら自然と相手に興味津々の状態になってました。
    できれば遠ざけたかった人間関係が、今度はどんどん近づきたくなるなんて、真逆ですよね。楽しいですよ!!

  • 吉村真奈美

    人と付き合うことが、心の中ではすごく怖がっていましたが、表面上はとっても人が好きなように見せていました。その理由は、自分が傷つきたくなかったからです。

    何故、怖かったかと言うと、幼い頃に両親や親戚たちの関係性が怒鳴ったり、罵ったりと言葉の暴力がひどいのを見て育って来たからです。なんで人と人は争うのか。傷つけ合うのか。人間に対して不信と不安と怒りがあり、これらをまとめた感情が恐怖です。
    安心出来る場所がどこにもないから、自らが仮面を被り、恐怖を感じないようにしてきました。その仮面は、明るく楽しい、親切である私。
    だけど、仮面は所詮、仮面なので、人に嫌われないように傷つかないように相手に合わせた関係性を構築すればするほどストレスが溜り、怒りが溜まり、心の中に鬼が出来上がるのです。それが何かのきっかけで表に出て、結局はひどい言葉と態度で人を傷つけ、最後は自己否定するのでした。いつまでたっても人付き合いが苦手だし、めんどくさいものでした。

    そんな状態がnTechによって反転したのです!
    実は、端から見ると人付き合いが上手で問題ないように見える人でも、心の中は不安と恐怖で溢れており、人間の現在地が瓶の中に閉じ込められた鳥のように孤独なのだということを知り、
    すごく癒されました。そして、同じラインに立つ人間同志として相手と出会うことが出来るようになり、愛することができ、癒しあえるようになりました。まさかのびっくり!!

  • 山中浩司

    私は人付き合いが苦手どころか人間不信がバリバリで相手を全く信用していませんでした
    それなのに相手から嫌われたくないという思いで顔色や態度を伺い他人に合わせる人生を送っていました
    他人に合わせるから周囲からは良い子扱いされるので、どんどんと仕事が舞い込みはっきり言ってキャパオーバーで毎日疲れてもう嫌だ!と思っていた中でnTechと出会えました
    嫌われたくないというのは自分の思い込みでしかなく、そこを突破した先に本当の自由。捉われない自分を見つける事ができました。nTechと出会ってからは人と話すのが楽しくなっていきました。

  • vosaraicesara

    私は、人付き合いが苦手でしたし、そもそも面倒くさかったです。親子関係も、友達関係も、同僚・上司との関係も、全てが面倒くさいイメージしかありませんでした。人の心も自分の心もコロコロ変わってしまうから、昨日まであんなに仲良くしていたのに、今日は機嫌が悪くて八つ当たり・・など、どう人と付き合っていけば良い関係を維持できるのか全く分かりませんでした。なので、面倒くさくなって、人付き合いを必要最小限にしてきました。nTechに出会って、自分が相手に求めている「無意識の期待」があることを知りました。その期待が、常に働いている状態で人と接しているので、期待通りであればOKだけど、そうでなければ、相手に対して嫌な感情を持ったり、「裏切られた!」と傷ついていた事に気付きました。私が無意識に抱いていた期待からまず自由になることで、人付き合いが純粋に楽しめるようになりました。そして、不思議なことに、気づいたらその「期待」も同時に満たされるようになりました。

  • 亀井 薫

    「人付き合いはわりと得意です。」

    これは、私の口癖だったので、特に人付き合いか苦手という認識はなかったかもしれない。

    しかし、本当の意味での人付き合いを考えたときに私はかなり苦手で、人に対しても諦めの気持ちで付き合っていました。

    nTechと出会い、わかったのです。
    私自身か常に相手は私のことを認めてくれない、特に女性は相手にしてくれない!!という強烈な決めつけがあったのです。

    これを理解し、0化するnTech。これだけでもかなりびっくりでしたが、同時になんと私のこの決めつけと日本が繋がるということが起きたのです。これはびっくりでしたが、同時に自分の問題が日本の問題なんだということを気づいたときに、人付き合いの問題解決が日本の問題解決になるんだということでめちゃくちゃ人付き合いが好きになりました。

  • 小畑多美子

    昔は、人付き合いが苦手でした。
    親や友人たちの建前コミュニケーションにかなり嫌悪感を感じていたので、
    自分の心に建前してまで人に合わせていきるのは嫌だと思い、
    自分とは合わない人と感じた人とは付き合わないようにしていました。
    しかし、社会人になるとそういうわけにはいかなくなり、
    どう人と付き合ってよいのかよく分からず、
    とりあえず仕事は相手に合わせるしかないと思っていたので、
    かなりストレスを感じることもありました。

    nTechに出会って、建前することになぜ嫌悪感を感じていたのか、
    合わせる事のストレスの原因がセッションではっきりわかり、
    その原因が変化してからは、人と付き合うことが楽しくなってきました。

  • 島崎信也

    人付き合いが苦手な人は、頑張って外に出かけたとしても、そして繋がりが出来たとしても、そこには人付き合いが苦手な人が集まります。類は友を呼ぶと申しますか、人付き合いが苦手な集団が出来上がります。しかし、人付き合いが苦手なものだから、集団にも成りきれず。私は、その様な事にはたと気づきました。

    キッカケはnTechとの出会いでした。人そのもののイメージが変わる事がとても大きいです。私たちが人だと思っているのは実は人ではありません。それは虚構。実際、人はそれではありません。nTechによって自分と自分の宇宙が実在しない事を分かった後に、人そのものが何であるか分かる様になります。人付き合いが苦手な人ほど、nTechを活用する事でその後の人付き合いが激変していきます。

  • クッチー

    わたしは、人が好きだと思っていたけれど、実は人付き合いが苦手で。
    特に、上司!必ずと言っていいほど、ウマがあわず、バカにするか、恐れ多いかで、本音が話せないから信頼関係が作れないんです。
    人間不信でも、表面的にはニコニコギャップが激しいのでストレスも多く、土日は疲れて引きこもり、電話線も抜いてました。
    でも、nTechに出会って、360度以上変化しました。それは人間関係で何が起きているのか、明確に仕組みで理解できたのと、リセット力がついて!
    今は自分の気持ちも伝えられるし、相手のことも理解が深まり、人間関係のストレスが激減し、土日も元気に好きな事やってます!
    人付き合いが苦手な方、nTechめっちゃオススメです!

  • mizu

    私はもともと自分は人付き合いがうまい、世あたり上手だと思っていました。でも今思うとそれは、建前がうまかっただけで、薄っぺらい人付き合いでしかなかったのです。人付き合いが苦手でした。だから、当時は人が好きではありませんでした。私にとっての人間関係は疲れるものでしかありませんでした。そして私が一番人付き合いで恐怖だったのが、「嫌われること」でした。嫌われないようにと相手に合わせてばかりいるので疲れるのです。
    nTechと出会って、自己アイデンティが明確に変化し、全てが愛おしく感じられるようになり人付き合いへのストレスがぐんとへりました!
    また、nTechのすごいことが先入観を破壊し、いつも新しい相手、今ここの相手と出会えることができることです。
    そうすると、相手を決めつけることも減って人からの信頼度も上がってきたように感じます。

  • とみざわりょうた

    nTechと出会う前の私は、人付き合いがとても苦手でした。例えば人がいる空間では緊張しすぎて、自分が何を考えているか分からなかったり、逆に自分が思っていることを出しすぎると、周りと調和が取れず独りぼっちになったりしていて、どの様に人との距離感を掴んだり、交流したらいいか分かりませんでした。

    しかしnTechと出会って、無意識の仕組み、人間関係の仕組みを理解してからは、インプット・アウトプットのバランスも上手に取れるようになりましたし、なにより相手の深い感情を感じることが出来るようになりました。

    ですのでぜひ私と同じような悩みを持っている方はぜひnTechを取り入れてみてください!

  • かなえ

    人付き合い。苦手でしたね。
    相当な八方美人だったので、周りからは笑顔だし、人付き合いが上手なように見られることは多かったですが、人に気を遣いすぎて物凄く疲れていました。飲み会でも楽しそうにしているけど、家に帰ってから疲れて・・の繰り返しでした。どうしたらリラックスできる人付き合いができるのかは追求テーマでしたね。nTechを学んでからは、自らリラックスできる状態を創り出すことができるようになってきましたね。どうして気を張っていたのかも原因がわかって、人付き合いがぐっと楽になりました。

  • こまったちゃん

    小さい時はそうでもなかったのに、段々と人との交流が面倒で気疲れするようになってましたねぇ。10代後半には自分は人付き合いが苦手だって完全に思ってました。なんだかいつも他人と比べてしまって自己否定したり、他人から評価・採点されてるような気がして辛かったです。nTechに触れて理解していく内、自己否定、他人との比較なんか出来ないくらいの自分と出会ってしまいました!今では無理して疲れる事もなく、むしろ元気を貰えるようになりました。

  • りん

    みなさんは、こんなことってありませんか?
    何を話していいかわからない。言ったことに対して相手がどう思うのかが不安になる。
    特に、関西に住んでいると、話のオチやボケとツッコミを求められたりと難易度の高い会話を要求されて、そんなの無理だあ!と思う。
    nTechを学ぶ前の私はまさにそうで、人と接するといつも気疲れしてしまって人付き合いが苦手でした。
    でも、nTechを学んでからは、テクニックではないところで交流ができるようになり、相手がどんなことに興味を持っているのか、どんなことを感じているのかといったことを純粋に知りたいと思えるようになりました。
    今では、不安になることなく人との交流を楽しんでいます。

  • macha

    そもそも昔は人見知りで、大人になっても、人の目を見て話せなくて、人付き合いが苦手でした。
    苦手もあるし、嫌いでもありました。
    自分の本音を言えないコミュニケーションばかりしていたので、常に気を使って相手の顔色を伺うとこしかやってきませんでした
    でも、nTechと出会って、人の目を見て話せるようになり、本音も出せるようになりました☺️
    人付き合いが苦手な理由がわかるので、オススメです✨

  • ぽえっつ

    子どもの頃から、「人と分かり合うことは絶対無理」と思っていた私は、
    “分かり合えない相手”と、会って話して一体何をするんだろう、と思っていました。
    でも何事にも人間関係は発生するから、何とかしなければ、と、ジタバタとジレンマの中でものすごいエネルギーを使って空回りしていたなと思います。
    今は、人と人は分かり合えるということが意識からも無意識からもわかって、人付き合いでムダなエネルギー浪費をすることがなくなりました!

  • 波多江めぐみ

    nTechに出会う前の私は、人付き合いが苦手でした。苦手というかストレスの原因でしかなかったです。
    自分の感情は無視し、相手の顔色に左右されて我慢し、溜まったストレスは大事な家族に発散するというパターンを繰り返していました。

    nTechに出会って、目の前の人に出会っているように思っていたけど、実は自分の考えの中での相手に出会っているだけで、本当の意味での出会いはできてない事を知りました。
    その現状を知る事を通して、人との付き合い方が変化しています。

  • 西山美峰

    昔の私はとにかく人付き合いが苦手でした。そもそも人とどうせっしたらいいか距離感が全く分からず、とりあえず話かけられたら、笑顔でうなずいて適当に相手に合わせるようなコミュニケーションをとっていました。誰にも自分の本音をつたえることが出来ず、人といること自体が私にとってはかなりのストレスでした。
    そんな私でしたが、ntechと出会ってかなり変化しました。自分のことがよく分かるようになり、人に自分の気持ちを伝えられるようになったり、相手の考えてることも分かるようになり人といることが楽しくなりました。

  • htakamura

    昔は人付き合いが苦手でした。どうせ私が話す事なんて誰も聞いてくれない!ってずっと思っていたので、人と話す事をなるべく避け、そうすると当然人とコミュニケーションが取れず、誰とも分かり合えないと諦めていました。でも、nTechと出会って仕組みが理解できると、自分のパターンがよく観えて、更にその根本の原因からの解決ができるので、自分の勝手な思い込みからも抜け出せて、今では日々、人との会話も楽しめて関係性の構築も変わりました。この技術オススメです。

  • 私はおばあちゃんっこだったんです。私のおばあちゃんはとってもお茶目なでかわいくて、優しい人好きな人でした。だから、私もおばあちゃんにくっついてあちこちに行っていました。そして、人と会うのが好きなこどもだったんです。だけど、社会人になってなかなか疎通が出来ない人と出会ってくじけましたね〜。人付き合いが苦手だって思いたくないけど…なんでこんなにわかってもらえないの?なんでこんなに怖い顔なの?…なんで?…なんで?…自問するも答えは出ずでした。
    nTechに出逢ってその根っこにある自分の感情のパターンを知りました。そして、それは人類が共通にもってるパターンだということも。今ではそのパターンに気づいて客観的に自分の行動も相手の行動も見れるようになってきました。

  • 大場 龍夫

    私は、初めての人に会うと、「どんな人なんだろうか?」と緊張するので、何をいっているのか分からなくなったり、地位の高い人に会うと自分が小さくなったような気がして、気が引けて、「あまり会いたくない」と感じて、そのような方を避けている自分がいました。それを無意識にやってしまっていたのですね。ところが、nTechの認識技術に出会って、自分がどんな状態なのかが分かり、どのような仕組みで、何を目的にしてそうなっていたのか、自分がなんなのかということが理解できた時に、自分と他人に分けていたものが変わってしまい、認識の仕方が変化していきました。それから、初めての方に出会うのも楽しくなりましたし、立場に違い地位の違いというものに自分の感情が上下してしまうということがなくなっていったのです。

  • やぶ

    以前の私は自分が好きか嫌いか、自分の利益になるかならないかなどが人付き合いの基準でした。
    そんな基準がある私が人付き合いをするのはどこか相手の人に対して失礼だという思いがあったので、なるべく人との関わりを避けていましたし、そもそも人付き合いが苦手でした。
    しかし、nTechを学ぶことで自分の判断基準から自由になることができ、人付き合いが楽しくなることによって、人付き合いがどんどんしたくなりました。

  • 高橋美里

    そもそも人付き合いがほんとうに苦手で、めんどくさいことの上位でした。
    合わせなきゃいけないと思ってたから、人といると自分のやりたいことができないから嫌でした。
    nTechと出会ってわかったことが、それが自分のおもいこみであり、アルゴリズム(機械的条件反射)だったんだということでした。nTechはアルゴリズムを解除する技術なので、自らのアルゴリズムを理解し、解除することで人付き合いが楽しくなり、人と過ごす時間を愛おしく思えるようになりました。

  • midan

    人付き合いが苦手という人たくさんいると思います。
    私は人自体は嫌いではなかったのですが、人と出会って何を話したら良いのか全然わかりませんでした。
    だから、人と出会って、特に二人きりだと話すことを探して、自分が勝手に焦ったりはありました。
    何か話題を探さなきゃって(笑)
    そうなると人と出会うのも楽しくありません。
    nTechを学んでからは自分の焦りがどこから生まれてくるのかもわかり、勝手な不安からは完全に自由になりました。
    そして、相手の話す言葉一つ一つの背景が深く認識できるようになるので、交流が楽しくて仕方なくなりました。
    話題を探さなきゃいけないから、自然と質問も生まれるし、時間も忘れて話すぎることもしばしば増えていきました。

  • 泊由美子

    人付き合い、面倒くさいですよね。気を使ったり、誤解されたり・・・
    私はntechで人付き合いが苦手な自分をどう変化したかというと、コミュニケーションに対するイメージが変化したことが大きいです。脳の認識の癖を理解して、コミュニケーションの誤解が生まれるしくみ、ズレるしくみが見えたときに、誤解やズレが起こっても失望感や諦めではなく、余裕が生まれ、相手を理解しようと背景を聞くようになりました。すごい革命的な変化だった。

  • Haruko

    以前の私は人付き合いが苦手だとは気付いていませんでした。今思うと恥ずかしいのですが、むしろ得意な方だとすら思っていました。
    なぜなら人とぶつからないようつかず離れずの距離を保って、一見問題無いようにすることにエネルギーを注いでいましたから。
    でも、人といると疲れる、大好きな人でもその人のたった一言で傷ついて恨んでしまうということがいつもあり、今思えばものすごく孤独で寂しかったです。
    なのてずっと、人付き合いが苦手というより人付き合を始められなかったという感じでした。
    nTechで人と人が分かり合えない原因を知った時、幼い頃に心で泣きながら人と関わることをあきらめた瞬間を思い出し涙がとまりませんでした。
    そこから人との出会いが変わり、あきらめることなく向き合って行くこともできるようになりました。ぶつかったら最後だと思っていたのに、関係性が切れるよりは相手を深く知ることになるので毎回びっくりしています。
    人付き合いが苦手だと感じている方は、なぜ苦手だと感じるようになったのかnTechで背景を知ることで毎日がびっくりするくらいあったかく豊かに変わって行きますよ。

  • 明楽

    小さい頃から人と接することも多く、どちらかと言えば人付き合いは得意な方でした。でも、ある条件下で人と接することで、もう誰とも会いたくない!1人になりたい!と思うときもあって、実は人付き合いが苦手だったのかもしれません。nTechを学んでからは、自分がなぜ1人になりたがっていたのかの仕組みが理解でき、今ではそのパターンはきれいに出なくなりました。

  • elly

    私は以前、人付き合いが苦手でした。
    物心ついた時から、人と話すときに緊張することが多く、コミュニケーションを頑張っても逆に人に合わせてばかりで、疲れることが多かったです。
    nTech(認識技術)を学ぶ中で、コミュニケーションがうまくいかない原因、観点の問題を知ることを通して、なぜ今まで人付き合いがうまくいかなかったが理解でき、スッキリしました。
    さらに、今ここスッキリの心の状態で人と出会うことができるため、人との出会いやコミュニケーションが楽しくなりました。

  • 熊倉恵子

    自分がどう見られるか。人からよく見られたい。そればかりをずっと気にしていました。人目を気にするから、堂々とできないし、自分の意見も言えない。目の前の人の事を本気で考える事が出来ない。だから、とても人付き合いが苦手でした。nTechと出会って、5感覚と脳によって認識する世界はすべて錯覚だと解り、自分という境界線の範囲が明確に変わったんですね。そうしたら、自分がどう見られるかという関心が無くなり、いかに感動を生み出すことが出来るか、WinWinをどうつくるか、そこに意識がいくようになったんですね。そうしたら、自然と人から信頼されるように変わってきました。自分の認識で、人付き合いはどうとでも変わるので、ぜひ認識に関心を持ってもらえたらと思います^^

  • ちは

    私は以前、自分は人付き合いは得意な方だと思い込んでいましたが、恋愛で相手と全くわかりあえないことを経験した時に、実は自分は今までも人と距離を置いてきたからぶつからなかっただけで、ずっと人付き合いが苦手だったことに気が付き、愕然としました。今は、自分だけではなく、そもそも人間は皆、価値観、判断基準が違うから、誰もが孤独であることや、そうなってしまう人間共通の仕組みを理解することで、自分が人との間に置いていた距離がなくなり、心から人との出会いを楽しんではぐくめるようになりました。

  • 相良真史

    とにかく相手に気を使いまくってました。もう自分が気を使ってるのかどうなのかもわからなくなるぐらい(笑)
    それで人をそんなに不快にさせなかったので、自分は人付き合いがうまいと思ってましたが、気を使ってただけで、内心は人付き合いがめんどくさいし、疲れるので嫌でした。
    nTechを学んで、自分の無意識のパターンが整理できるようになってから、自分の根本に強烈な恐怖感情があることに気づきました。nTechの凄いところは、それを100%認識し、100%解くことができることです。今では気を使ったり、人付き合いで疲れることが全くと言っていいほどなくなりました。

  • Natsuki

    私は、人付き合いが苦手と思ったことはなく、むしろ得意だと思ってました。でも、nTechと出会って、今まで人付き合いにめちゃくちゃストレスかかってたんだって事に気付きました。
    無意識の当たり前すぎて気づかなかったけど、
    「相手が何を求めてるのか」に答える事ばかりに一生懸命になって、自分が思ってる事を感じることも発することもしてこなかったからです。相手がどう思ってるか感じてるのか、それが気になって自分をなくして、ストレス抱えて、それで人付き合いが苦手じゃないと思っていたことが恐ろしいですね。
    nTechと出会えて自分の無意識を知り、そこから自由になってからは、初対面でもすぐに本音を話せる自分になって、人間関係がとても深まっています。

  • masaco

    人付き合いが苦手だという意識はなく、むしろ得意だと思っていた。が、実際は、人いることに疲れを感じることも多く、一人の時間が好きだった。
    nTechと出会って、私が得意だったのは、人に合わせて波風立てずに付き合う“人付き合い”だったことがわかった。思ったこと、言いたいことも言わずにいる“人付き合い”。それは、疲れる。
    本当のコミュニケーションとは何かを知って、楽になった。

  • 村田優子

    私は、一人が好きでした。人と出会っても、何を話したらいいかわからないし、人と一緒にいても楽しくない。という関係性をよく作ってしまう。なので、気が付いたら一人でいることが多くなっていた感じです。
    けれど、nTechを学び、どうして一人が好きなのかがわかりました。本音で人と話せなかったのですね。なので、人と合わせてばかりだったので、周りの人も私の本当のニーズがわからないから楽しくなるはずがない。そして、ものすごく小さいことにとらわれやすい私のパターンがありました。ふつうそんなこと気にするか❔というようなことを気に病んでしまうのです。そして、人と出逢えば悩んでしまい、人が怖くなり、ますます一人でいるほうが好きになってしまう。
    今では、そんな自分のパターンを理解して無理なく人と本音で関われる関係性が広がっています。nTechとの出会いがなければ、孤独でかなり大変な人生になっていたと感じています。

  • 白鳥健

    私は基本的に空気を読めない人間で、人間関係がうまくいかないこと、思うように関係性を作れないことは小さいころからたくさんありました。しかし空気が読めないだけに、人付き合いが苦手であるということを自覚したり反省したりするタイミングも自ら失っていました。自分としては他人に気を遣っているつもりだし、考えて、行動している。そう思ってはいました。そんな私がnTechを学んで数か月のころ、母から言われて鮮明に覚えていることがあります。「やっとお前とまともに話ができるようになったね」そう言われたとき、それまで、最も近い家族、母親とすら人付き合いができていなかったのだと知るとともに、そこから変化してみないとどのようなありさまだったかはわからないのだ、と身に沁みました。

  • aiko

    人は何を考えてるかわからない。笑顔してても本音はわからないし、いつ気持ちが変わるかわからない。だから人付き合いが苦手でした。衝突しないように我慢しすぎて、時に誰も私のことを知らない場所に行きたい、と思うこともありました。
    nTechと出会ってからは人間とは何か、大前提がわかるようになり接し方が分かるようになりました。とても人間関係が楽になりました。

  • halcan

    私は人付き合いが苦手だとういう意識は全くありませんでした。むしろ、上手くやっている方だと思っていました。
    それがどういうことかと言うと、「相手のために」をスローガンのように、相手が喜びそうな言葉や表情、行動を徹底してきたんですよね。そうすることで、相手が笑顔になってくれるのが何よりの喜びだったんです。でも、なぜそんなにも「相手のために」したくなるのかわからないまま、機械のようにそればかりをしていると、度々仲裁役のようなポジションになってしまうことがありました。この時はいつも困っていましたね。両方から「あなたはどう思うの!」と迫られて、答えられないんです。なぜならAさんの喜ぶことはBさんにとって嫌なことだし、Bさんの喜ぶことはAさんにとって嫌なことだから。あっち立てればこっち立たず…そんな時、人付き合いの難しさをとても感じていました。
    nTechを活用すると、自分の人付き合いのパターンと、無意識深くにあるその原因を理解することが出来ます。理解して納得できれば、そうではない新しいパターンを自らの意思で自由に構築していくことができます。
    もちろん、今までの使えることは使いながら。私の場合は「相手のため」と思い込んでいたものがいかに自分勝手な判断だったのかも解り、その固定された出発点を変化させることができたので、自分の素直な気持ちを表現でき、相手の素直な気持ちとも交流できるようになりました。そのことで「相手のため」を強烈に意識していた頃よりも自然と行動でき、互いのためのシナジーが起こる関係性を作れるようになったなぁと実感しております^^

  • まきのみ

    昔は人付き合いが苦手でした。
    人が何を考えているかわからない。
    人がどんな気持ちなのかわからない。
    この二つが人付き合いが苦手になる原因でした。
    その前にそもそも自分が何を考えているのか、何を感じているのかがさっぱりわからない状態。
    nTechを学び人間の感情、思考の仕組みがわかり、この悩みは解決しました。
    仕組みがわかることで、自分の感情も相手の感情も美しいものと感じることができるようになったからです。

  • 大川真

    私はとても人にアウトプットすること自体が苦手でした。それは、相手に対して何かを言えば、絶対思ったとおりに伝わらないし、何かしら勘違いされるからです。それはそうじゃないし!っていつもイライラしてしまうので、最終的に何も言わないのが無難だなって思っていました。でも黙っていても結局相手から好き勝手に解釈され、それに対しても腹が立つし、もうどうしたらいいんだろ…って、本当に人付き合いが苦手で悩んでいました。そんな悩んでる自分にも嫌気がさしてさらに悩むという…。
    ntechと出会ってから、それが私個人の問題ではなく、人間共通の脳の機能的限界だということがわかりました。それはもう本当に衝撃で、それを知っただけで毎日がものすごく楽になりました。そしてその機能的限界を補うntechを学び続けることで、徐々に人にアウトプットできるようになり、私の意見や思いを人に正しく伝えられるようになっていきました。今では問題意識やvisionに共感してくれる仲間が増え、人に恵まれるようになって嬉しいです。

  • あさりー

    私は、人付き合いが得意だと思い込んでいました。
    人の話はよく聞くし、感謝されるし、争いごとは起こさないし。
    でも、nTechに出会って、実は人付き合いが苦手で、常に人付き合いで悩んでいたということがわかりました。

    常に人に合わせ、相手の望んでいることをする、ということはしていても、自分の意見を言って、コミニュケーションを取ることはしていませんでした。
    自分が人付き合いをしていたと思っていたことは、人付き合いではありませんでした(笑)
    自分の言いたいことは言えず相手に従うばかりでしたので、ストレスでいっぱいでした。
    nTechに出会うまでは自分がストレスいっぱいということにも気がつけませんでした。
    nTechを使うと、自分の正確な癖や本当は自分がどうしたいかなどの思いに気づくことが出来ます。
    本当の自分と出会いなおすことで、自然と人付き合いが得意な自分になることが出来ます!

  • クマ

    小さい頃から人付き合いが苦手で、学生時代から友人があまり出来にくく、そして深い関係を築くことが難しい人間でした。明るく振る舞うように努力したり、流行りやファッション、周りに合わせたり、コミュニケーションの本を読んだり、色々試みてはみたものの人付き合いが改善することは中々ありませんでした。
    nTechを学んでからは、自分のこと、相手のことがよく分かるようになり、また出会いの感動を感じることができるようになり嘘のように人と出コミュニケーションをすることが楽しくなりました。

  • はるころり

    私は愛想が良く世渡り上手だと思っていました。人付き合いが苦手とは思ったことはありませんでしたが、nTechを知って自分は人に合わせるプロなんだと気付き、安心して本音を言わない習慣が平気になっていただけでした。そこで人間とは何か?その関係性とはどんなものか?をイメージができたときに愛想や人に合わせる方法ではなく、本当に相手の気持ちになって交流ができ自分の本音を言うことができる尊厳ある関係がつくれるようになりました。

  • みなも

    「私、こう見えて、人見知りなんです。」ってよく聞きませんか?一見明るくて誰とでも仲良くできそうな人でも、
    誰も知らない所にいくと、急に消極的になってしまったり、自分から積極的に声をかけることが出来なかったり。。。
    以前の私もそういう状態でした。なので、人付き合いが苦手な人の心情は良く分ります。

    いろんなパターンがあると思いますが、私の場合は、相手に会わせて、本音をいえず、表向きは上手くいってるように思いますが、自分の中では無理をしてるのでフェイドアウトしてしまうということもありました。

    今はコミュニケーション障害の人が増えているといわれますが、正確にいうと、コミュニケーションはそもそもズレる物なのです。その原因と構造を知らない限り、本当に人と人が分り合うことは出来ません。

    nTechはそのコミュニケーションが上手くいかない根本原因を解決する技術でもあります。
    私自身はnTechによって、人の対してのイメージが大きく変わりました。そうすると関係性も自然と変わり、頑張らなくても、良好な人間関係が創れるようになりました。

  • sumitomo

    以前の私は人付き合いが苦手でした。苦手というより、何をどうしたら人間関係が良くなるかわからず、むしろ面倒な為、例えば親戚の家に行っても話をせず、ただひたすら本を読んでいました。親の言う事を聞きすぎて、ある時「2度と人の話は受け入れない」と決断したが為に、更に人の話は聞けなくなり、相手が話す目的や意図を汲み取れず、勝手に思い込んだコメントを話し、周りを辟易させていました。また、話を聞いてくれる大人は習い事の先生一人しかいなかったので、深くアウトプットするイメージも、安心出来る関係性を築いた事もなく、完璧に人間関係に諦めていました。
    でも、nTechを学んだ事で、人付き合いが苦手な原因が分かり、自分が悪かったわけではなく、脳の機能の問題で、誰もが同じ機能を持っていること、そしてその機能に固定している為、どんなに人付き合いが上手でも必ず限界はあり、みんな同じである事を知りました。今では安心して、関係を築けるようになりました。

  • miisan

    人付き合いが苦手でした。それは人と付き合えば付き合うほど、疲れていったからなんです。なぜなら、私にとって人と付き合うこと=自分が思う(ここがミソ!)良いは人にならなくてはいけないから。それは、相手に合わせて、いつも笑顔。例え腹が立っても怒らない、何でも受け入れて物わかりの良い人にならないといけないから。好きな人と意見が違ってしまったら、仲良く出来ない、合わせなければ一緒に居られなくなる、そんな思い込みの恐怖があったんです。nTechに出会って、思い込んでしまう仕組みがわかったので自分は自分の意見を持っても大丈夫なんだと思えるようになったんです。さらに、意見の違いがあるからこそ、生み出される気付きや感動があることを知り、人との交流を楽しめる自分になりました。

  • mikity

    人付き合いが苦手というかnTechに出会う前は誰かと一緒にいることの煩わしさがありました。一人っ子だったこともあって、一人の方が何をするのでも楽だと感じていました。でもnTechと出会って人と出会うことがとても楽しくなりました!今までは人と自分との「違い」が煩わしかったけど、今では「違い」を楽しめるようになりました。それは見たままの相手と出会うのではなく、相手の人生のバックグラウンドも含めて出会うことができるようになったことが大きいと思います!

  • 大川真

    私はとても人にアウトプットすること自体が苦手でした。それは、相手に対して何かを言えば、絶対思ったとおりに伝わらないし、何かしら勘違いされるからです。それでそうじゃないし!っていつもイライラしてしまうので、最終的に何も言わないのが無難だなって思っていました。でも黙っていても結局相手から好き勝手に解釈され、それに対しても腹が立つし、もうどうしたらいいんだろ…って悩んでいました。そんな悩んでる自分にも嫌気がさしてさらに悩むという…。
    ntechと出会ってから、それが私個人の問題ではなく、人間共通の脳の機能的限界だということがわかりました。それを知っただけで毎日がものすごく楽になりました。そしてその機能的限界を補うntechを学び続けることで、徐々に人にアウトプットできるようになり、私の意見や思いを人に正しく伝えられるようになっていきました。今では問題意識やvisionに共感してくれる仲間が増え、人に恵まれるようになって嬉しいです。

  • しげみ

    振り返ってみると私は人付き合いが苦手でした。今自分の周りの中の良い友達から広げていきたいなんて思っていませんでした。だから、飲み会に誘われたらいく事もあるけど、全く知らない人と話す事は苦痛でしかありませんでした。何を話したらいいかもわからないし、相手が話てくれたらいいけど、基本どう関係を作っていいかわからなくて大人しく座っている。そんな頃もありました。昔から人見知りするタイプで本当に初対面の人に対してはいつもドキドキしていました。nTechと出会ってからは人見知りするの!?ってよく言われます。出会いに対するイメージや、そもそもの人間に対するイメージの変化から一つひとつの出会いをよく楽しめるようになったのは確かなことです。初めての人でも抵抗なく話せるようになったし、今の交友関係から広げたいなんて思っていなかった私が、たくさんの人と出会いたい!関係を築きたいと思うようなったのは本当にすごい変化だと思います。この出会いの喜びや感動はnTechと出会ったからこそ感じられるものだと本当に感謝しています。

  • みもざ

    人付き合いが苦手というよりも話すことが苦手なので自然と人付き合いも縁遠くなりますよね。でもそもそもなぜ話すことが苦手なのでしょうか?

    小さい2歳頃の写真を見ると、スキップしているような天真爛漫な子供がいました。しかしながら、幼稚園に入った4歳くらいの写真は、人生の絶望を噛み締めたようなどんよりした顔で写っていました。

    なにこれ?!見たときは驚愕でしたが様々な環境や状況やショックな事件によって影響を受けてしまうのが人間です。
    予想できるのが、うるさい!とか喋っちゃだめ!大人しくしなさい!とか言われていたような気もします。

    人間を理解すること。
    これこそがこれからの人生を歩んでいく中でも大事になっていきます。

    nTechは人間の生も死もないところから生きるならばどんな人生を歩むのか?
    人付き合いが苦手からだいぶ遠くなってしまった感はありますが、人付き合いも人間を理解することで、大幅どころでなく改善されますよ。

  • こみず

    とにかく人付き合いが苦手でした。何を喋ったら良いかわからないし、変に盛り上げようとして空回りするし。とにかく人といるとリラックスできない、疲れる。でもなぜかわからなかったし、心理学の本やビジネス書を読んでも全然解決できませんでした。

    それが、nTechを知ってから、人付き合いは苦手で当然だということがわかって、肩の力が抜けました。自分と自分の宇宙を存在させて、自他を分離して、共通土台が0の状態で人付き合いするから、うまくいくわけがないんですね。
    原因や仕組みがわかってスッキリしました。

  • KiJi

    以前、私が人付き合いが苦手だなと感じていたのは、人と会って楽しくお喋り出来るけど、沢山人と会うと疲れてしまうという事でした。会ってる時は気になりませんが、別れた後はどこか疲れてしまい、また人と会うのが億劫になってしまうことです。関係性を続けることが難しいからあまり多くの人関わりを持ちたくないと思っていました。しかしnTechを学んでから、関係性のイメージが変わり、出会う人も変わり、人付き合いのイメージが変わることで、苦手意識がなくなっていきました。

  • さかなゆう

    人と、どう付き合うのか。
    なんのために、人と付き合うのか。
    友達ってどこからどこまでなんだろう??
    人間関係のことがわからなくて、色々考えすぎてる子供でした。
    そんな風に常に考えながら行動する子供なので、気軽に何も考えず声をかけて友達を作るなどはできず、人付き合いが苦手なタイプになってました。
    だけど、人付き合いが苦手だと思われるのもいやで、一生懸命、笑顔で人目を気にしながらコミュニケーションをとったりもしてました。
    そうこうするなかで、nTechと、出会い、根本的なところから、人間とはなにか?がわかり、ずっと知りたかった答えと出会えたことで、無駄な考えがなくなり、純粋に人付き合いを楽しめる自分になりました!!
    本当に知りたかった矛盾のない答えと出会ったところから、すっきり、友達付き合いをする!まさにこれをずっと求めていました^_^

  • ピュア

    人付き合い、みなさんは得意ですか?
    恥ずかしい話ですが、数年前まで私人付き合いが得意だと思ってました。
    自分がこの人と仲良くなりたいと思った人に対して、相手に合わせるのが得意で、相手がOKとなるように行動していました。
    だから相手からは都合の良い人だし、表面上付き合うには何の問題もおきませんでした。
    しかし、共通のビジョンに向かって何かしようとすると思うようにいきません。相手も選べないし。職場がまさにそうでした。
    しかし、nTechと出会って人付き合いが楽になりました。相手のOKに合わせるだけが人付き合いじゃないと知ったからです

  • 古川いずみ

    過去、人付き合いが苦手でした。スーパーなどで知ってる人を見かけたら、その人に見つからないようにコソコソと、その人が来なさそうな陳列棚にいって、その人がスーパーからいなくなるまでそこでじっと身をひそめてやりすごしたりする人でした。なんで人付き合いが苦手だったか、というと本音を誰にも出すことができず、常に建前ばかりをして、人に合わせたコミュニケーションしかできず、それが苦しかったからです。建前ばかりしていると結局当たり障りのない会話しかできないので、人に興味を持つこともなく、ゆえに誰かと話をしたとしても全然ちっとも楽しくなかったんです。そんな私がnTechと出会って、心の仕組みをしることによって、相手がどんな背景からその言葉を言っているのかなど、人に興味を持つことができるようになりました。これって本当にすごいことで、これから先の人生、人間関係で苦しむことなく、むしろ人のことが好きになっていろんなところでいろんなチームプレーができるようになった自分の奇跡の変化にびっくりですし、この技術はだれでも再現可能なので、人付き合いが苦手なあなた、一緒に変化を起こしていきませんか?

  • 山口禎子

    私はもともと、人見知りで、人の目が気になって、とにかく人を観察して、人から嫌われないように、
    悪く思われないように生きていました。そんな状態で人と付き合おうと思っても、うまくいくはずがありません。
    人付き合いが苦手という苦手意識すら、意識できない程、人といる時には緊張状態で接していました。
    そんな私がnTechと出会って、なぜ、自分がそんなに人に対して緊張状態で、
    人から嫌われないように頑張っていたのかがわかりました。その根本には、相手からのジャッジが怖かったのです。

    人それぞれが持っている判断基準。これは生まれてから育った環境や、経験、体験を通して作られていきますが、
    人間という共通の機能の限界=脳の認識のクセをわかった時、◯×、好き嫌い、正しい間違っている、と
    「分けて」しまう仕組みがわかって、その脳のクセの外の世界と出会って「分ける」世界から自由になりました!
    人からジャッジされること、自分が相手をジャッジしてしまうことで、自分も相手も傷ついたり、傷つけたりすることがなく、すっきりしました!

  • なっちゃん

    私は営業や接客といった人と関わる仕事が得意でした。
    でもそれは仕事だからできていたことで、プライベートは人付き合いが苦手でした。
    なので、仕事の休みの日は誰とも会いたくないし関わりたくないので、ずっと自分の部屋に閉じこもっていました。
    そんな自分を変えたくて色々自己啓発セミナーなどに行きましたが、どれも最初は良いのですが、しばらくすると元の自分に戻ってしまう。そんな時に友達からnTechの話を聞きました。
    そこで元の自分に戻ってしまう仕組みがわかり、今まで学んできたことは一時的な対処方法で、nTechこそが根本解決方法だと確信しました。

  • こうた

    私は人付き合いが苦手でした。というよりも、付き合いやすい人を選んで付き合っていました。
    私にとって付き合いやすい人は否定せず、一定の距離感があり、応援してくれる人です。
    相手を選んでいるつもりなんてありませんでしたが、条件づけられた関係性に飽き飽きしていた私は、だんだんと自分のことも嫌いになっていきました。
    nTechを使い始めてからは、自己肯定感も感じ、相対的な比較もなくなり、始めましての人でも安心感を感じて付き合うことができるようになりました。

  • hiro

    表面的な人付き合いは問題なく、ある程度色んな人と仲良くなれたが、深い関係性を築くことは難しかった。
    自分自身のことをどうせ誰も関心ないと思っていたので、なかなか本音で付き合えなかった。しかしnTechに出会って、自分自身に対する思い込みが解け、人間関係のつくりかたもガラリと変わった。
    深い人間関係が築けるようになりました。

  • 中西豊

    昔、自分は対人恐怖症でしたが、
    今では人と会うのが好きになりました。

    それと言うのもnTechに出会い、人間共通の不幸になる原因が明確に分かったからです。

    それが人間が全体を捉えることが出来ず、
    自分も含めてわずかな部分しか捉えることができない機能になっているので、

    孤独、寂しさを常に抱えているのが人間ということが明確に分かったからです。

    それが分かれば、それをクリアするだけなので、対人恐怖症というのも思い込みだったんだ、と理解、納得、確信できたんですね。

  • cheerwave

    人見知りも激しくて、人付き合いが苦手で、通勤のため家を1歩出たらもう早く帰りたい。いつもそんな繰り返しをしていました。人間とは?自分て何?て答えがないままいつも疑問に思っていた。自分に対する答えを持ってない自分に自信がないから、人と話すときも笑顔して誤魔化しては自信がない自分がちっぽけに醜く思えて..心はしんどくて、本当はそんなことも気にしなくて話をしたりしたいけど、でもできなくて。結局自分が我慢して誰とも話さない方が楽チンだと思い耐えることを続けていました。
    そんななかでもnTechを案内してくれた方はそんな私でもいつもジャッジすることなく話を聞いてくれました。そして必要なことをシャープにスッと、まるで侍の剣のように一瞬間。え?今なにが起こった??そんな鋭さと柔らかさで深いコミュニケーションと安心の関係性をつくってくれました。そんな関係性をわたしもつくりたいし自分も変化したいと思いnTechを学ぶようになりました。安心の関係がベースで深い交流までもできる。人付き合いが苦手と思っていたわたしが、今は年齢や性別に関係なく、日常の何気ない交流や会話のなかで生まれる気づきや感動が生まれることにワクワクするし、そんな関係性をどんどん拡げていきたいとまで思えるようになりました。

  • sara

    自分では人付き合いが苦手とは思っていなかったのですが、nTechと出会ってから、それ以前は人の好き嫌いが強かったことがわかりました。無意識に苦手、嫌いなタイプと思った人とは付き合わないので、狭い人間関係になっていましたね。
    nTechを使うことで、条件なしにみんな素敵な人だと真底思えるようになったので、結果的に人の好き嫌いもなくなって、人付き合いも変わりました。

  • YOKO

    私は昔から人付き合いが苦手でした。一番の理由は自分が引っ込み思案で何を話していいかわからず、そんな自分といても相手は楽しくないだろうと思っていたのです。
    なので特定の仲良い友達以外は話さないし、むしろ人付き合いが苦手意識から友達がたくさんいる相手を妬んだり、自分が悪いんだと自己否定したりと自分の気持ち・感情が環境によってコロコロ変わるので自分が嫌になってました。
    そんな私はnTechと出会って人間がやってしまうメカニズム・自分のこころがなぜコロコロ変わってしまう原因がわかりました!
    なぜかがわかると自分の心が安心できるようになり、人付き合いの苦手意識がなくなり、今では人付き合いが楽しくなった自分に自分自身が一番ビックリしています(^^)

  • 堀江直樹

    もともと自分は人付き合いが苦手で、どっちかというと人と一緒にいることが面倒くさいタイプでした。nTechと出会って自分が面倒くさくなる背景が過去の経験イメージでつくられたエンジンであったことがわかったり、未熟な現実をそのまま愛することができるようになったお陰で人付き合いがとても楽になりました。

  • すっちゃ

    僕の場合は、人好きで、人付き合いが苦手だと思ったことがないタイプでした。でも正確には、自分と気が合う人としか友達付き合いをしていなかったんです。苦手な人を自然と避けていました。
    nTechを学んでからは、人を苦手だと思う理由と原因がはっきりしたので、苦手な人を避けることがなくなりました。自分と気が合う人とだけじゃなくて、自分と正反対のタイプの人のことも理解できるので、人付き合いが苦手という無意識が自然となくなりました。

  • Mami

    子供の頃から人見知りで、本当に人付き合いが苦手でした。そもそもベースに人間不信が強烈にあり、積極的に自分から交友範囲を広げていくこともできず、狭い範囲で心開いた人とだけ繋がるような感じでした。
    でもnTechに出会い、なぜ人間関係が上手くいかないのかメカニズムがわかり、本当に人と人がわかり合えない原因がわかったと同時に、本当の人間像がわかると、人間に対するイメージや愛が変わりました。
    今では出会いが楽しくてうれしくてたまらなくなりました。

  • SAKI

    人付き合いが面倒くくて、全然楽しくなかった過去の私は、誰とも理解し合えないと諦めていました。諦めてる事さえ気づいなかったのですが、信頼や友情、愛は幻想だと思っていました。そんな私が人付き合いが楽しくなってきたのは、ntechに出会い人間が分かり合えない原因が明確になったこと、人間の可能性がまだ発揮されてないので、相手や自分の観方がかわりました。本当は全て繋がってるのに分離して出会いる素晴らしさ、出会いがあるから感動が生まれることを感じ始めたからです。

  • miracle369

    人と出会うことで価値観が広がるので人と会うことは好きでしたが、何か価値を与えられる存在にならなければと無意識で緊張感があり、すごく気を使っていました。nTechで自分のアイデンティティのパターンに気づき、価値がない存在の大前提があったことを認識し、そこから変化が起こったので、不動心で出会うことができ、自然体で交流できるようになりました。相手のパターンも観えるようになると本当に観点が違って面白いですよ。

  • ecco

    人は好きだけど、相手が何を考えているのかどうやって接したりコミュニケーションをとっていいか分からず、人付き合いが苦手でした。相手の表情や状況を見ながら合わせるという感じで、いつも条件・状況に合わせて疲れてしまっていました。
    nTechに出会ってからは一人一人が、持っている観点の問題や自分のクセやパターンを知ることができた事と、人間の仕組みを理解することができたので相手人付き合いが楽になり、深い関係性を築けるようになりました。

  • のぶりん

    元々とっても人付き合いが苦手でした。
    いつも相手に合わせて顔色を伺って、
    自分が本当に言いたい事も言えずにいました。
    そんな私がnTech と出会って、自分が本当に思っている事を伝える事が出来るようになったんです!相手がどんな反応をしても、そこから融合していける事が分かり、凄く人間関係を作っていくこと自体が楽しくなりました。

  • naomijoy

    一見人付き合いが苦手に見えない方でしたね。でもいつも人付き合いでトラブルが起きたり、ストレスを感じていました。結局仕事や趣味も人付き合いなしには完結しないし、何をするにもかかわってくるのが人付き合い。ある集団ではうまく言ってても、ある集団ではうまくいかないタイプでした。その原因もよくわからないまま「空気を読もう」「相手のためになることを率先してしよう」といい人ぶって、疲れちゃってました。nTechを使うようになって、無駄な自己否定はコミュ障が消えて、ストレスなく人付き合いをするのが当たり前になりました。SNSとかでもめんどくささも感じないし。ほんと変わった自分からすると、前の自分はあり得ないですね。人付き合いが苦手なまま、人生過ごしたら無駄が多いなって思います。

  • まる

    昔、私は人付き合いが苦手だと思ったことはありませんでした。誰とでもうまくやっていける自信がありました。しかし、人とずっといたりすると疲れてしまったり、一人が楽だと感じることもありました。

    nTechと出会って、無意識ではむちゃくちゃ人に気を使っていて、その疲れが蓄積してしまうんだという事に気づき、そのスパイラルから抜け出すことができたので、今では疲れ知らずでどんどん人に出会っていく事ができるようになりました。

  • 安田真理

    人間関係にはあきらめしかなく、いざとなったら人は裏切るし自分のことしか考えてないと思ってました。いつも、無意識では人を疑い斜めからしか出会えずにいたため、人付き合いが苦手でした。。。
    しかし、nTechに出会い、人間や人間関係に対して固定された過去のイメージを明確に理解し、自らの思い込みであったことが意識化できた今では、
    やっと新しい関係性を、0から仲間とともにつくっていくことができるようになりました。今では、毎日がクリエイティブな出会いにあふれています。

  • 高橋恵

    以前の私は人付き合いが苦手かと言われると、きっと『わからない。』と答えてたかと思います。
    なぜなら一人でいることが多く最低限の人間関係しかしないと自分で決めていたからです。
    しかし、私の中で本当は多くの人と関わって大きな事を成し遂げたいという思いがあったことがよくわかりました。
    人間がなんのかわからないと人とつながって生きる生き方なんて到底考えなかったでしょう。

  • けんご

    かつての私は人付き合いが苦手でした。

    傷つけたり、不快な思いをさせたりしたくないという気持ちが強かったので、それなりに良い関係はつくれるのですが、それ以上に関係が深まらず、物足りなさや孤独感を感じていました。

    しかし、nTechに出会ってからは自分自身の【考え、感情、言葉、行動、関係構築】が仕組みでわかるばかりでなく、相手の【考え、感情、言葉、行動、関係構築】も仕組みで観えるようになってくるので、自分のことも相手のことも責めることなく違いを認め合い、また融合していける方向が見出せるようになりました。

    するといつしか「人付き合いが苦手」という概念自体が自分から消え、
    自然と人との出会いを楽しめるようになっていました(^^)

  • EMI

    人付き合いって、面倒ですよね。気を使わないといけないし。
    人に会ってる時は楽しいけど、家に帰ったらどっと疲れを感じていました。あと、あの人にこんなこと言ったから、この人にはこのこと言わないようにしなきゃ、とか。人付き合いとは面倒なものです。
    実家の母もご近所づきあいは、交流が少ないとはいえ大変そうでした。

    しかし、生きて行く上では必ず人付き合いは必要です。
    だからこそストレスなく人付き合いしていきたいものです。nTechは本当にすごい技術で、人付き合いの仕組み、コミュニケーションの仕組みを理解することができます。
    仕組みを理解できるということは、応用が効くということです。

    今ではだいぶストレスフリーな人付き合いを楽しんでいます!

  • こましょー

    私は人付き合いと言うと合わせると事しか考えられず、ただ風のように流される人生でした。自分の思ったことがあるけど、いつも我慢して思ってないことを言って合わせてその場を丸く収める事しかやってませんでした。
    そしたら、自分が今どう思っているかも分からず、自分のことが全くわからないまま大人になってしまい、人に迷惑ばかりかけていました。
    ですが、nTechと出会って本当の自分は何者か明確に理解できて、しっかりと人と向き合って付き合っていくことができるようになりました。

  • bonatakato

    人付き合いが苦手って、超思ってました(笑)

    人と目が合うと、何を話せばいいのか分らない。
    すごく気を遣い、疲れてしまう。
    バカにされてるんじゃないかと思ってしまう。

    こうしたパターンをずっと繰り返していた私でしたが、nTechと出会うことで、このパターンがどのようにして生まれるのか仕組みで理解できるようになり、どうしたらこの仕組みを手放せるのか分るようになりました!!!

    旧パターンを手放すトレーニングを行うことで、人付き合いが苦手な自分がなくなっていき、
    自分から積極的に人間関係を築くことが出来る様になりました!

    同じような悩みを持った方がいれば、nTechを学ばれることをお勧めします^^

  • Maimai

    もともと人付き合いは得意な方で、人と話すのも好きでした。しかし、段々と付き合いが多くなるに連れて面倒くさいと感じるようになり、いつしか人付き合いが苦手と感じるようになっていました。
    人と会うと気疲れしたり、楽しくなかったりすると無駄な時間を過ごしたと感じたりして、付き合いの範囲は狭まる一方でした。
    そんな中でnTechに出会い、心の仕組みを理解した事で、気疲れしたり、面倒に感じてしまうのは、自分の脳の観点にある事を知り、そこから自由になった今では人と出会うのが楽しくて仕方ありません♪

  • あさみ

    人付き合いが苦手って、まさに私のことでした。
    人見知りだし、面白いこと言えないし、暗いし、こんな私と誰が友達になりたいんだろうって、本気で自分が思ってました。
    nTechのすごいところは、そんな自分のアイデンティティから根こそぎ変化させてしまえることだと思います!しかも今までの自分をバツするわけじゃないっていうのがミソですね。
    人見知りで暗い自分でも全然オッケー!でも、せっかくだから人付き合いが上手な私で楽しもう(*^^*)みたいな感覚です。
    なので、今では人付き合いのストレスが激減しました!自分で自分が信じられないくらい、変化したなって実感する日々です。

  • 磯原正行

    私は損得勘定で人づきあいをしていたのかと思います。
    自分が嫌な思いをしないようにそのときに必要な人と仲よくなろうとします。
    ただ仲よくなりすぎるとしんどいので、一定距離を保ちたいんです。
    そんなふうに他人をみたくないと思いはしますが、全然かえられませんでした。
    自分一人でいるときが一番ストレスがないので楽になります。
    本音はわかってほしいが、そんな考え方が受け止めてもらえるとは思っていませんでした。
    我慢して偽るしかないと思っていましたが、ntechを学ぶ中で自分以上に自分のことをわかってくれる方に出会えました。
    自分が今度はそんな人になれたらと思いました。

  • さやか

    私は、今まで人付き合いが苦手で、人といることの何が楽しいのか全く不明でした。中学生時代は、何が楽しいという感覚なのか、が全くわからず、、、。それを知りたかったのですが、聞ける人もいないのでネットで友達 楽しい 遊びとキーワードで検索をかけて世間一般の人たちの楽しいとは何なのか調べていたことがあります。しかし、検索で引っかかってきたのはパーティーするなどでした。パーティーなんて参加したら、逆に1人孤独にみんなが楽しんでるのを眺めているだけになるのが目に見えていたので、さらに、人といて楽しい感覚が人とずれていることを思い知り、諦めましたね。笑
    しかし、nTechに出会って何でも安心してアウトプットできるようになって人と交流するのって楽しいんだ!と思えるようになりました。個人主義で1人で生きた方が楽だ!と思って生きてきましたが、今はほんとのほんとは、人と交流したかったのだと心底感じています。

  • ろい

    私は、幼少時より自己否定が強くそのため人間不信も強かったので学生時代は限られた人としか付き合ってこなかったです。そのため、人付き合いが苦手でどうつきあっていけばいいのかわからないまま、なんとなくその場に合わせてうまくやっているようにしていました。それがnTechと出会い、本当のコミュニケーションは、上辺でするのではなく心の底からすることを実感することを通して、コミュニケーションの楽しさを覚えると同時に人付き合いも自然に変化してきました。いまでは、初対面人でも緊張することなく楽しく話せるようになりました。

  • sonoda

    以前の私はとても人付き合いが苦手でした。
    知らず知らずのうちに人と合わせて話すのが当たり前になっていて、本音がわからなくなり、関係性を築くこともできませんでした。ntechと出会い、学びを深めていくうちに自分が本音を話していなかったということに気付かされ、自覚ができるようになり、変化が起きて、それから自分や相手のいいところが見えてくるようになりました。
    今では人と話すのがとっても楽しいです。

  • 森本柾人

    人付き合いに対して深いところでは、恐怖心を感じていました。結局人と繋がれない。裏切られる、うわべだけの関係になるという思いの蓄積がありました。
    だから人と会うのがめんどくさくてしかたありませんでした。ストレスでした。
    だけどnTechと出会うことで、本質的な不安は全て一掃されました。
    本当は人間は分離しているものではなくて全てが繋がっているし存在は存在しないことが論理とイメージで理解できたことで、心が安定して、心に平和が訪れました。

  • あかり

    私はもともと人付き合いが苦手でした。会話がうまくいったかは相手の反応次第だったので、全て相手軸。色んな人と付き合うにつれて、どんな自分だったら認められるのかが分からなくなり、人付き合いを億劫に思うようになりました。nTechを学ぶでなぜ自分がそうなっているのかを仕組みで理解でき自分を表現怖さがあるのだと分かりました。だんだんnTechが深まるにつれ自分軸からの会話が出来るようになり、自己表現も人付き合いもどちらも楽しめるようになりました。

  • Callinger帆足

    人にどう思われるんだろうと思ってしまい、自分のことを表現することが苦手でした。
    人付き合いが苦手で人といると気を使うし、緊張するし、全く楽しめませんでした。
    nTechと出会い、自分がどんな判断基準で生きてきたのか、なぜその判断基準ができたのかを理解できたことによって気を使うことのストレスがなくなりました。
    人と付き合いが楽しくなり、色んな人と関係性を築くことができるようになりました。

  • Moooriii

    私は、人付き合いが苦手でした。人と仲良くしようと思っても、どう接して良いかわからないし、人と何かするってこと自体が苦手で、意味が分かりませんでした。nTechを通して人が大好きになりました。人と協力して何かをすることが楽しくて仕方がなくなりました。また、人と話すのが好きになるので、自然に友達が多くなっていきました。



⇒人付き合いが苦手でも安心して働ける組織「ティール組織」とは?

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現する最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.