組織本の神様「ティール組織」とは?

投稿日:

組織本

引用元:ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

この記事では、

いま話題の「組織本

ティール組織(著者: フレデリック・ラルー、 鈴木立哉、 嘉村賢州)」を紹介しています。

※まだティール組織を読んだことがない人は「8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法」をご覧ください。

おすすめの組織本を探している

ビジネス書や組織本を自分の会社のマネジメントに役立てたい

自民党議員など日本組織を変える重要な役割を担っている

Amazonで売られている組織本の中で、どれを買えばいいか迷っている」など、

組織本に興味がある人がいれば、

是非、ティール組織を読んでみてください。

ちなみにこの記事では、

ティール組織を実現する最新技術「nTech(認識 technology)」を使ってる人たちから、

組織本の神様「ティール組織」に関する口コミをもらっています。

是非、そちらも併せて参考にしてください。



おすすめ組織本「ティール組織」とは?

  • 島崎信也 

    日本人は、大きな視野で物事を見る事がとても苦手です。大局観が大事な時代となった今でも、まだまだ目先の事を追いかける傾向にあります。とりわけ、歴史の流れから時代の推移をもってこの国の現在地や企業の現在地を見る目に欠けています。おすすめの組織本としてティール組織を挙げる理由が正にここにあります。日本人の弱点を補う上でおすすめの本。過去から現在の脈絡と、現在から未来の脈絡、それから世界的な視野で書かれている組織本なのでおすすめします。おすすめはもう一つあります。ティール組織を読んだら是非、この質問をご自身に投げてみて下さい。ティール組織をどの様に創れば良いのか?この質問をご自身に投げられたら、組織本はティール組織一冊で学び終えて構いません。

  • 不知 航 

    このティール組織の本は、今までの組織本とは違います。明確に今までの組織がどんな組織で、今からはどんな組織が必要とされるのかが書かれていますし、時代のニーズにも合っています。しかし、そのティール組織の創り方は書いていません。その裏付けを行える技術がnTechです。nTechでは明確になぜ今までティール組織を創ることが出来なかったのか、そしてなぜ今からティール組織が創ることが出来るのかが明確になります。

  • だいとう おりえ 

    組織本と言えばフレデリック・ラルー氏の「ティール組織」。

    この本を読んでみて、今までの人類の涙を無駄にせず、理想の組織を描いていきたいと思いました。

    「本当はこんな組織創りたいよね!」って真剣に行動していく人がいる限り、その理想は現実にしていけます!

    そう思いませんか?
    何より、「nTech」という新しい教育技術では、今までの人類を「1」で規定して、新しい「外」を取り入れて「進化」を生み出す事が可能となりました!

    この組織本の神様の登場のお陰で、より具体的に理想の組織をイメージして、完成させる事ができるでしょう!

    楽しみです!

  • ちぐちぐ 

    世の中にはたくさんの、ノウハウ本があります。

    その中でも、経営される方や組織をマネジメントされる方は、
    「組織本」に注目されると思いますが、
    ティール組織は、人間誰もが望む組織のあり方を書いていると思います。

    だけど、本当に実現するためには、クリアしなければならない人間の課題があります。

    nTechでは、ティール組織を実現するためのノウハウを学ぶ事ができます!

    形だけのノウハウではなく、深い心と繋がったノウハウで新しい組織創り始めませんか?

  • elly 

    私も生まれてから、家庭や学校、企業など大小問わず様々な組織に携わってきました。
    理想とする組織を探していたときにnTech(認識技術)と出会い、すでにティールを実践している組織と出会いました。
    ティール組織はこれからの時代に人間が人間らしく、チームプレーが出来るために、是非オススメしたい組織本です。

  • こみず 

    組織をどう作るのかに関心ある方にオススメする組織本はフレデリック・ラルー著の「ティール組織」です。
    人間は、普段自分で考え、選択、決定しているようで、実は違うんです。それは、組織の考え、選択、決定です。
    私たち人間は、必ず組織を選択し、その組織のルールを学び、組織の中で生きていきます。
    ですから、個人の考えなどはなく、組織の考えがベースにあるのです。
    そのことに気づかないと、自分がなぜ、何を基準に考えているのかが結局わからないということです。
    「ティール組織」を読むと、人間がいかに組織をつくり、開発し、組織の中で生きてきたのか、どんな組織の変化があったのかがわかります。それによって自分の現在地もよく見えてきます。ぜひ読んでみてください。

  • 熊倉恵子 

    私達人間は、誰もが例外なく、どこかの組織に属していると思います。家庭、企業、地域、学校、国家。自分ひとりで生きているという人は、居ないと断言します、組織と言うものも、二名以上の構成員で成り立っているものだと規定したときに、どんな相手と、どんな組織をつくるのか。これがとても重要で、自分の可能性が無限大発揮できる組織が良いと思いませんか??
    この、ティ-ル組織という組織本は、本当に理想の組織形態が書かれています。このような組織が良いと思う人が増えたら、組織がもっと楽しく、個人を活かしていくと思い、まずは読んでみる事をお勧めしたいです。

  • aiko 

    私はnTechを使うようになってから、組織について関心を持てるようになりました。今までは、自分の考えや感情や、周りの現象に振り回されて、個人のことで手一杯だったからです。
    組織本の中でオススメなのはティール組織という本です。実は私が組織に関心を持たなかったのは、言い換えると脳の機能自体が全体性を取れないようになっているため、自らの考え感情がどのようにして生まれているのかも分からないまま、翻弄され続けてきたのです。
    なぜ今の組織では限界なのかが分かるので、一度読んでみられるといいと思います。

  • 吉田純 

    組織本と聞くと、なんとなく抵抗感があったのが以前の私でした。

    小難しそうだからです。

    しかし、組織をnTechの観点からみることで、組織本であるティール組織もシンプルに解析できるようになりました。

    組織=意識でしかありません。

    意識が生まれる仕組みがわかることで組織に対する観方も変わってきます。

  • おがじゅん 

    現在、全世界で最も注目されている組織本が「ティール組織」です。

    何故ならば、今までの歴史の中で様々な組織モデルの課題を克服したモデルとして提唱されているからです。

    この組織本の中では、モデルまでは提唱されているものの、具体的な創り方までは語られていないのです。

    いや、語れないのです。

    何故ならば、ティール組織を成り立たせる為の3要素として、
    ①進化する存在目的
    ②自主経営
    ③全体性を持てること
    があるけど、人間5感覚脳で認識している限り、全体性は認識出来ないし、自主経営も不可能であり、ましてや存在目的など分かりようがありません。

    この組織本の中で提示されているティール組織を実現させるのに、①②③が必須であり、これを満たすには、nTech(認識技術)を道具に、今までの認識の限界を補うことが必須です。

    逆に補うことが出来れば、理想とするティール組織が実現出来るのですね。

    最後になりますが、ティール組織が無いままだとどんな時代・社会になるのか、またティール組織が実現出来た時にどんな時代・社会になるのか、を一緒に考えましょう。

  • えみる 

    理想的な組織をつくるには、何が必要なのか。組織本として見本となるティール組織には、人類の歴史を協力の進化の観点から整理して、その理想をつくるのに1人1人に必要な能力が書かれている。

    一見すると、実現するのは難しそうですが、nTech技術ならそれが可能です。1人1人の能力を開花させ、ティール組織に必要な人材を作ることが可能であり、また23年間、nTech技術を使って実践している組織でもあります。

  • SAKI 

    組織の理想モデル『ティール組織』は組織本を探してる人にはぴったりです。今までどんな組織形態があったのか、現在の組織の型、どうしたら理想の組織になるか、理想の組織について深まります。多くの経営者が読んでいるようですが、人間が生まれて必ずやる事は組織をつくることです(家族や1:1関係も)。
    1人で生きる人間はいないし、何かしらの組織に属しています。この本を読めば、個人と組織が繋がるし、では実現するためにどうすれば?と思うと思います。nTechはティール組織をつくりたい人にこそ活用できる技術だと感じます。
    ストレスばかり溜めてる日本の企業、家族が生き生きし始めたら日本も変わりますね。

  • sumitomo 

    「組織本」として、『ティール組織』はとてもいい本だと思っています。というのも、小さい単位でいえば家庭、そして企業組織にしても、国家にしても、これまで家庭にまつわる本はこれ、企業組織は、国家は、といって、それぞれのカテゴリーに分けて本が出版されていると思っていました。だけど、本当は組織を構成しているのは、個人。その個人個人、人間共通の限界をこえ、全体性、主体性を持った人たちで集まる組織こそがティール組織。ティール組織を構成するメンバーは、これまでの人間共通の限界を越えることができているので、その人が家庭、企業、国家に溢れれば、これまでの組織とは次元の違う組織を作りながら個人の夢も叶えることができる。そうなれば、日本も世界ももっとワクワクした平和な世界になると思っているので、ティール組織を作れる人たちで溢れた世の中になる事を願っています。

  • keizenke 

    世界でベストセラーになった組織本「ティール組織」AIが台頭してくる今、組織の在り方、人間のあり方が問われているからこそ、ベストセラーになった組織本だと思います。
    今まで、人は力を使って組織を作ってくることしか、組織を作る方法はありませんでした。
    神のちからであったり、暴力であったり、お金であったり。そこには必ず格差がうまれます。支配するもの、されるもの。そして、大多数の人が必ず小さい人間を選択してしまうシステムになってます。
    その格差を無くしてるのがティール組織であると思います。
    フラットさ。そして、更に深さにいくnTechがあれば、ティール組織で書かれている理想の組織が実現できるのです。

  • Rerisertae 

    組織本ってたくさんありますよね。内容の全体像を見れて取り入れられるか、逆に部分だけ取り入れても、また、新たな組織作りの壁が立ちはだかるので、今までのやり方でなんとか上手くいってるからいいか、と、なかなか組織改革をすることに抵抗がでるかもしれません。
    部分を取り入れることにも社員の人数が多ければ多いほど、かなりの決断がいると思います。組織の変革は組織をトップダウンで変えることも出来なくはないですが、それだと半強制の様になりバラバラな個人をひとつにまとめることが至難です。それよりも、一人一人の意識を経営者意識に変革出来たら、遠回りの様でも、確実ではないでしょうか?それが出来たら自然にティール組織になっていきます。
    一人一人の意識の大変革が可能なのが『nTech』です。

  • やなぎ 

    組織というと脳裏に浮かぶのは、会社組織や仕事など働くことで代かを得るために所属するところのイメージをするかたも少なくないのではないでしょうか?!多かれ少なかれ人間はどこかの組織に属しています。会社、国、市区町村、家庭、学校、習い事、等々沢山あります。何個も所属していると思います。
    そのどの組織にも応用可能な組織本は「ティール組織」といえるのではないでしょうか?実現するためにはnTechの技術が必要となりますが、組織を運営するための参考書となる組織本だと言えるでしょう。

  • naomijoy 

    「組織本」というと堅苦しさを感じる人も多いかもしれないですね。でも、この本は絵や色をふんだんに使うし、出だしからかなりイメージ破壊を起こすストーリーが入るのでのめり込みやすいです。分厚いので買うのに勇気がいる人もいるかもしれないですけど。時代や国を超えて素晴らしい詩的な表現も用いながら構成されるし、偉人たちの説得力のある言葉も用いながら展開していく。ただ淡々と自称をまとめるだけでもなく、著者の主観だけを採用していることもないのがベストセラーの要因の一つと思います。

  • 白鳥健 

    実用的な組織本とはおおよそにして、まず論じる範囲を区切ります。たとえば「国家とは?」「株式会社とは?」「総務部とは?」そのように区切ったものの概要を述べ、機能を述べ、目的を述べ、実例を述べる。これに対してティール組織は「組織」そのものを広範な視点でとらえ、組織が進化してきた歴史で整理するというアプローチから始まるものでした。だからこそ誰もが納得する組織の理想形を論じるに至ったのでしょう。理想で終わらせまいと取り組む多くの方の努力が、この本をより価値高いものにしていくことと思います。

  • 原田卓 

    組織本としてティール組織が発売される前に、海外経験の豊富な友人からティール組織という概念を耳にしたことがありました。
    「こんな組織だったらワクワクする!」そんな第一印象でした。なぜかといったら、個人と組織全体がウィンウィンの関係が実現される組織モデルだったからです。個人なのか組織全体なのか、どちからが不利益を被るスタイルではなくて両立されている理想的なモデルでした。
    ティール組織のような組織が実現されたら、どれから世の中が良くなるのか。理想のままではなくて実現させたいと心から思います。

  • 見並圭一 

    日本では組織本が多く読まれています。ティール組織の本も日本がいちばん多く読まれているという話を聞いたことがあります。それ
    だけ日本は組織に注目をしているし、組織に対する問題意識も高いのだろうと思います。日本発のnTech(認識技術)を活用することで、
    組織本の神様とも言えるティール組織を実現させることができます。

  • hiro 

    今、ニュースで取り上げられている吉本興業の問題を見ても、組織がどうあるべきか。とても大事なテーマだと思います。そんな中で今までの概念を超える全く新しい組織を提唱しているのが「Teal組織」と言う組織本です。私もこの本を読みましたが、こんな組織ができたら本当にいいだろうなと素直に思いました。ただこの理想の組織をどう作るかは、大きな課題です。そんな中で私が注目しているのがnTechです。この技術があれば日本から全く新しい組織モデルを世界に広めることができるのではないかと思っています。

  • 磯原正行 

    組織というと、私はどうしても形だけ合わせるとか、我慢するというイメージがありました。
    今まで読んだ組織本でも、リーダーならこうするべきだとか、マネージメントは計画性が大事などやり方の理屈はわかるけどなんか気持ちがついてこないという内容がほとんどでした。
    そんな中、組織本でティール組織という本は、それぞれが自分の個性を活かしながら、全体のイノベーションを起こせる夢のような内容で、これが実現できたらみんなが我慢しない素晴らしい組織ができると思いました。
    まだ、実践できている組織はありませんが、今までの組織の限界やこれから求められる組織のイメージが深まる素晴らしい本だと思います。

  • miracle369 

    官僚的、機械的な組織はもう古いことを証明したのが、このティール組織という組織本だと思います。作者のフレデリック・ラルー氏は「意義」についての問いかけをしたといいます。「このすべてにどんな意義があるのか?」その問いに答えられないままにルーティン的にこなしている作業を仕事だと思っている人がいかに多いか。より良い未来に貢献できるのか?その問いかけに対して明確に全員が誇りを持って答えられ、その共有がされた上で協力体制が自発的に生まれる組織。まずは本来の組織の作り方に疑問を持つことから始めませんか。

  • yoshiko nishio 

    組織本で読むといいなと思うのは、ティール組織です。

    今までの組織の特徴、進化の過程と、これからの理想的な組織の在り方について書かれています。

    ティール組織、理想的だけど、実際は難しそう・・というところを、nTechを取り入れてみると、全部繋がってシンプルに整理することが出来ます。

  • Ayaka 

    いい組織をつくるためには、まず組織とは何なのかを知る必要があります。
    そこで登場するのが、組織本の神様である「ティール組織」です。
    ティール組織は全く新しい組織の形を提唱するものでもありますが、実は本来あるべき組織の姿とも言えます。
    ですので、ティール組織を理解することで組織とはどういうものなのか?
    逆になぜ今までの組織の成功と限界が何なのか?が見えてきます。
    組織を知り、より良い組織を創って実現させるための第一歩として「ティール組織」はおススメです。

  • 中西豊 

    組織を形成する。

    そのためには、たくさんの組織本があると思います。

    組織とは一体何のために存在するんでしょうか?それは今までに解決出来なかったことを解決するために組織は存在しています。

    1人じゃできないことを多くの人達との結集によって不可能が可能になる事件を起こせます。

    組織本の王道を行くティール組織ですが、
    そこに書かれていることを補えるイメージが
    nTechという認識技術によってクリアできます。
    それは簡単に一言で言ってしまえば、全体を認識することが出来ることで部分を活かし合うことが出来るのです。

  • yukachin 

    組織本は今まで興味があって自分で購入しようと思った本はありませんでした。
    でも、大きさは色々ありますが、人間と組織は切っても切り離せない関係です。
    今は組織の理想形は「ティール組織」だと思っています。nTechを学んで自分の認識の変化と共に、同じビジョンに向かってチームプレイしていくことや、その中で関係が育まれて、自分も育っていくのが楽しいですね。
    なので、組織本は「ティール組織」がいいですね、そしてnTechがあれば実現可能だと感じています。

  • Haruko 

    今の時代に生まれている私たちにとって「組織」というとビルの中にある企業のようなもので、そこには決まったルールがあってみんなが従うべきというふうなイメージがあるのではないかと思います。だから組織が嫌いと思う人も多いですよね。私も本当は嫌いだけどそこに従わないと生きていけないから我慢するものだと思い込んでいました。
    いまや組織本の代表となったTeal組織を読んで、そんなイメージや固定観念をどれだけ崩せるかが個人も組織もwinwinしていく道だと思いました。本来私たちが望んでいる方向をどれだけ受け入れ、備えている力をどれだけ発揮できるか。そんな今までだったら精神世界として分けて来られた分野とも繋がった全体的なイメージを持つことができて、経営者でなくても女性や普通の会社員でも家庭や職場で活かせるような「それいいね」っていう事例がたくさん載っているので読んでみることをオススメします。

  • きんめ 

    世の中にはたくさんの組織本がありますが、その中でもおススメなのがティール組織です。これまでの組織はピラミッド型の奴隷のように働く企業や、目標達成をモチベーションにする企業、目標達成は聞こえはいいのですが、達成できなかった時の恐怖感情を蓄積し、そのエネルギーから達成しなければならないという恐怖で動く、例えばそんな企業でした。AIがどんどん人間の世界に進出してくる時代。今までの企業、今までのやり方では限界がくるのは考えたらわかりますよね。そんな世の中だから、組織の在り方を見直す必要から、たくさんの組織本が出回っています。ティール組織は今までの組織の限界を突破する組織であり、人間一人ひとりの主体性を育て、一人ひとりの意見の違いを活かすことができる、そして進化発展を続けることができる組織です。でも残念ながらティール組織は今の世の中にはまだ存在しません。それは、今までの組織の限界と、その限界を突破する事ができる解決策の提示がないからです。そして、その代案をだしているのがnTechです。nTechとティール組織とても相性がいいです。取り入れてみてください。

  • やぶ 

    今までの組織本と「ティール組織」の本の違いとしては、「ティール組織」はただ単に組織運営の手法が書かれている本ではなく、組織の在り方から提示されているということです。
    そして、今までの組織モデルを脈絡に沿って解説し、ティール組織というこれからの組織モデルを提示しています。
    そのように、まるで神のような視点から書かれている本です。

  • たのしみず 

    今までの組織のイメージを超える組織本が「ティール組織」です。
    この本は人間が今までどんな組織をつくってきたのか、についての整理をしています。
    組織とは人間の協力関係の進化の形でもあります。この本を読むと次の時代に必要な組織のあり方がみえてきます。

    組織の限界をこえることができたら、今の個人の関係性、家庭、企業、社会など全ての限界を突破していけると思います。
    その限界を突破できるのは、日本から始まります。

  • かなえ 

    組織本と言ったら、「ティール組織」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。何らかの組織に属し、葛藤している人も多いかと思います。今までの組織の歴史や限界も、個人も全体性も活かせる理想的な組織を求めているのだと思います。ティール組織を読んだところで、実際にどうつくったらいいの?どこにあるの?と疑問に思われる方も多いかもしれません。実際にティール組織のつくり方は書かれていないからです。ティール組織が実現できる鍵が、nTechと出会うことで見えてくるはずです。

  • mizu 

    組織本で是非読んでいただきたいのがティール組織です。ティール組織は今までの組織の限界とこれから必要とされる組織のあり方をわかりやすく説明してくれています。
    人間は組織に所属したくなくてもいつの間にか所属しています。
    家庭や会社、学校、サークル、地域などなど。。組織があるから大きいことがチームプレイによってできるのは確かです。しかし組織があるから苦しめられることもたくさんあります。その組織による苦しみを超えることができる技術がnTechです!

  • さかなゆう 

    世界の中でも、日本ではたくさんの組織本が売れており、『ティール組織』も日本で、とても売れている本です。
    組織を良くしたい!
    人目が気になる日本人、チームプレー大好きな日本人にとって、無意識で組織本への関心が高いのでしょう。

    わたしも、そうです。
    『ティール組織』はとても良い本です。
    そして、それを実践するときにはnTech創始者のnohJesu氏著『宇宙一美しい方程式0=∞=1』をセットでぜひご購入ください。
    nTechのバックアップによりティール組織は理想ではなく、現実になるからです!

  • けんご 

    組織本と言ったら、ティール組織。組織に関心のある人なら、目を通していない人はいない、そんな組織本がティール組織です。組織の限界と、次に目指すことになっていくであろう組織モデル。その構成要素は、そのまま現代を生きる私たち「人間」一人ひとりに重要なテーマを投げかけてくれています。組織は、人の集まりであり、人と人との間には関係性があります。ティール組織はじめ、これからの組織を見つめる時に、人間力、人間関係力もまた、同時に考えさせられるのは明白です。

  • macha 

    色んな組織本があると思いますが、2018年から注目を集めているのが「ティール組織」。
    ティール組織は「生命体」と比喩されるそうです。組織は社長や株主だけのものではなく、組織に関わるすべての人のものととらえて、「組織の目的」を実現するために共鳴しながら行動をとる組織のことを言っています。
    本当の意味での共鳴は、nTechを取り入れないとなかなか難しいのではないでしょうか?
    人間のegoは強烈です。それを超えたときに本当のティール組織がつくれると思います。

  • あさみ 

    今まで様々な組織本が発売され、多くの人が読んできたと思います。組織というのは、社会性のある人間にとって欠かせないものであるからです。
    それを学ぶ上で、現在もっとも注目されているのが、「ティール組織」だと思います。ひとことで言うならば、内容が素晴らしいです。
    「ティール組織」を読むだけでもかなり世界が変わると思いますが、nTechを学びながら読むとますますイメージが広がるのでおすすめです!
    人類の夢であるティール組織を理想で終わらせないために、nTechという最新技術を活用していきたいと思っています。

  • halucan 

    組織本のなかでもこの『ティール組織』は、組織のイメージを大きく変化させてくれる一冊だと思います。

    今まで組織というものに抵抗があったり、苦手意識があったり、属したくないと感じてきた人にもおすすめしたい1冊です。

    なぜなら、これまで人間が作ってきた組織体制の整理がしてあるので「あ、だから組織って嫌だったんだな」というところも見えてくるから。

    そして「あー、こういう組織は確かに良さそう」と希望が見えてくるのではないかと思います。

    ただ、まだ世界的にも創ることに挑戦中の段階なので、明確に完成させた事例はないようです。

    なぜ、ティール組織を完成させることが難しいのかを明確にしているnTechは、同時にどうすればティール組織を創れるのかも明確に提示しています。

    なので、両方を学ぶことが重要だなと!

  •  

    そもそも、組織って何なの?って考えたことありますか?
    私は組織って聞いてすごく型にはめられるイメージがきて"堅苦しいなぁ""窮屈だなぁ"と感じていました。しかし、今ココ、私達は組織の中で成り立っていることに気づきました(地球、家族、カラダもひとつの組織だからです)。組織から離れて生きることはできません。そこで、理想の組織の在り方についての組織本『ティール組織』は働くに焦点を当てて書いてあるとしても、今みなさんを成り立たせている組織がそれぞれのいいところを活かしあい、補いあって成り立っていることに気づかさせてくれる組織本でもあるといえます。

  • 村田優子 

    組織と聞いて最近よく「組織に入るのは嫌だ!」とか聞きます。確かに組織に入るといろいろ自由がきかなくなったり、面倒なことになりやすくて、その気持ちもわかります。けれど、それは今までの組織のイメージしかないからです。ティール組織という本の内容が実現されれば、一人よりもやはり組織としてチームプレーがしっかりできればできる事も大きなことができます。その理想の組織を作るのに大切なのが、脳の機能を超える事なのです。それはnTechで実践しています。実現が難しいと言われるティール組織を実践できるnTechにぜひ出会ってみてください。

  • cheerwave 

    マネジメントやチーム作りの組織本として話題のティール組織。従来の組織ではピラミッド型の階層組織のヒエラルキー構造が存在することで、最終的に管理者や経営者など権限を持つ者が意思決定を行っていたため、全従業員は意見を取り入れられることを諦め、ぶつかり合うまとまりきれない意見の対立は、それらのポジションの人たちに委ねられ意思決定が行われている。けれども、ティール組織は上下関係を持たないので、フラットな組織構造ではあるけれど、意思決定が遅くなる。組織の前に、人間ひとりひとりがどのぐらいすごい存在なのか?をnTechでは伝えてくれます。持続的に進化し続け意思決定スピードも圧倒的に速くなる変化をつくれる個人の変化と集団の変化を同時に得られる繊細でかつダイナミックでワクワクするコンテンツは、ひとりひとりの魅力を発揮できる唯一無二のもの。

  • vosaraicesara 

    組織本である「Teal組織」が今、話題です。人間は組織に属したい、という根源的な欲求がありますが、実際には組織を敬遠する人も最近多いようです。その理由は様々ですが、組織に属することで束縛感を感じたり、人間関係の複雑化により心が疲弊したりすることが多いからではないでしょうか。Teal組織は、個人の個性を最大限表現することができ、誰もが主体的に動くことができる組織体系と言われていますが、バラバラのエゴを持っている人間を一つの組織体系の中に入れるのはなかな難しいと、簡単に想像できると思います。しかし、nTechという技術を入れることで、エゴを超え、自分自身の中にある深くて純粋な思いに気づくことができ、その人間たちが組織を作ることでTeal組織は完成させることができます。

  • midan 

    組織の本と言えばティール組織ですね。
    沢山の本が世の中に出回っていますが、最新の情報が書かれているのはティール組織だと思います。
    何より今までの組織の歴史がわかるので、その歴史の脈絡から納得いく次世代組織のイメージまでつきます。
    ティール組織の本だけだと、何をどうしたらティール組織がつくれるかまではわかりませんが、組織を勉強する人にはかなりオススメです。

  • 森本柾人 

    世の中にはいくつかの組織論がありますが、ティール組織は間違いなく次の時代の組織の象徴になっていくし、世界中がティール組織を目指していくと思います。
    その先駆けとなる国が日本じゃないかと僕は思います。
    昔から集団やチームプレーを大切にして来た日本が一番ティール組織に近いと思っています。なので特に日本人にオススメの組織本はティール組織です。

  • 堀江直樹 

    組織本として最近話題になっている書籍にティール組織という本があります。実はこの本は日本でも発刊されて2年以上経ちますが、新しい組織のあり方を提案する本です。
    世界中の新しい組織の形体を解析し、まとめた書籍でこれからの組織の方向性について書かれたロマンのある本です。
    是非、興味のあるかたは手に取って欲しいですし、nTechとの相性もとても良い内容になっています。

  • 小畑多美子 

    色んな組織本が世の中には出回っていると思いますが、その中で特に日本ですごく売れている本が「ティール組織」です。

    特に、経営者やマネジメント層の方にかなり人気の本だそうです。

    一瞬、経営者やマネジメントをしていない人には、自分とは関係ない本だと思いがちですが、家族もある意味組織なので、そういう意味で言うと、組織に所属していない人は1人もいないと思います。

    その組織に所属している個人、個人の意識がティール意識になっていくことで、組織もティール化されていきます。

    しかし、理想のモデルは描かれているものの、実践が難しく、一長一短には出来るものではないことも事実としてあると、講演会で関係者の方が話されていました。

    nTechは、23年かけてそのティール組織になれる要素の根幹を技術として、誰もがティール意識を持つことができる教育コンテンツを提供しています。
    そして、それを共通土台にして、個人の尊厳も守りながらノウハウの実践をやっています。
    ぜひ一緒に現場でそのノウハウを共有しながら、ティール意識をもった個人が増えて、色んな所に尊厳が入った、ティール組織をどんどん作っていきたいと思っています。

  • しげみ 

    未来型の組織の在り方を表現した組織本ティール組織。このティール組織が実現し、世界に当たり前に広がっていった時に今組織が抱えている問題は大きく解決されていくのではないかと思います。そして、組織の問題解決に留まらず今世界で抱えている問題の解決にもつながっていくものだと思っています。そして、その実現にはnTechの認識技術が大きく役立ちます。人間個人の問題から組織の問題、そして世界で起きている問題までひとつにつながった観方ができるのがnTechだからです。ティール組織の実現。それは今の時代に生きる私たちには必要不可欠なものだと私は感じています。

  • 山口禎子 

    nTech(認識技術)は組織づくり、人間関係、チームプレイには欠かせない道具ですが、
    組織づくりの限界と併せて理解すると、解りやすいです。
    世の中で話題になっている組織本としては、「ティール組織」です。
    ティール組織という新しい組織体系の概念ですが、それを現実化するためには、必ず突破しないとできない難問があります。
    それは「観点の問題」です。人と人が協力関係、チームプレイをする時に、必ず意見の違い、価値観の違い、
    判断基準の違いが生まれます。その違いをどうするのか?そこは人間がこれまでの歴史でずっと課題にしてきたことです。
    これからの新しい組織を現実化するためには、避けては通れない問題です。
    その問題を解決できる技術がnTech(認識技術)です。

  • こましょー 

    組織本の神様「ティール組織」
    今多くの企業で取り入れられています。
    この本は今人類の生き方を見直させてくれる本で、企業のあり方を見直させてくれる本です。
    不安解消の為高さの成功を求めて自社の利益ばかりを追い求める企業ではなく、出会う人全てを幸せにする深さの成功を求める心の豊かさを持った企業を実現するティール組織。
    これを実現するにはnTechは欠かせません。個人主義から組織主義集団を目指しませんか?

  • Natsuki 

    組織本といえば、ぐらいに一番注目を集めている「ティール組織」。様々なところで読書会やティール組織を体験したり理解を深めたりするセミナーが開催されていますね。人間の意識の変遷と組織形態の変遷や、これからの新しい組織モデルを提唱している本です。
    というのも、今まではヒエラルキー型で、トップダウンかボトムアップ型の組織体系が当たり前でした。ですが、ティール組織は基本的にフラットな組織形態です。
    でもそこで問題となってくるのは、形だけフラットになっても、人間の意識が上下を作ってしまうままではいくらフラットといっても、見えない上下関係が生まれてしまいます。だからこそ、nTechは人間の上下を作ってしまう認識そのものを変化させることができるので、根本的な変化からティール組織を実現できるのです。

  • YOKO 

    組織本と言えば「ティール組織」。世界中で多くの人に読まれています。人間の最終目的とは?チームプレイ(関係性)の進化。
    組織を考える上で能力と同様、いやそれ以上に関係性を作る能力が必要とされる時代になりました。
    個人で頑張る時代が終わり、次世代組織は人も目的も進化する組織に変化していきます。
    AI(人工知能)の進化により、人間が何をするのか?人間の再定義が必要な時代です。
    そのためにも科学技術を補う事が可能な日本初の新技術nTech(認識技術)がティール組織に欠かせません!

  • 古川いずみ 

    いつの時代でも組織に属している以上、雇用される側は個人の利益を追求し、雇用する側は組織の利益を追求するので折り合いがつかず、折り合いつかせるために、本屋の店頭にはさまざまな組織本がならびます。
    90年代以降は「学習する組織」がお手本となり、今は「ティール組織」が組織本として主流になってる傾向があります。
    ティール組織が今売れてる理由は、これからの混沌とした時代に必要な組織体系だと言えると思いますね。これからもnTechを使いながらティール組織のすごさを実感していきたいですね。

  • みなも 

    もともと、組織にたいして、既にあるのもに所属するというイメージだったので、必ず、自分の主義主張はおさえて、組織側に合わせるとうヒエラルキー型の構造から自由になれませんでした。

    ですが、組織は創るもの、というイメージに変わった時、組織本のお手本となるティール組織は凄く画期的で、面白いと思えるようになりました。

    組織のイメージの大前提が、変わったのもnTechのお陰です。自分の認識が、固定していれば、変化はつくれません。nTechは組織をつくる前段階のそれぞれの認識の違いが生まれる原因とそれを、解決できる技術なので、組織創りには欠かせないものだと確信しています。

  • Hiromi 

    世の中には、たくさんのビジネス本やノウハウ本がありますよね。そんな中、とても注目されている組織本が「ティール組織」です!

    人類が今まで成し得なかった、個々が主体性を持ち輝きながら、全体もまるで生命体のように進化し続ける理想の組織が書かれています。読み進めていくと、どんどんイメージが広がっていきます。
    その理想の組織と、それを成し得るための人間教育のツールnTechが合わされば最強だと思います。

  • ピュア 

    皆さんは、組織本といえば何が浮かびますか?
    私は、最近の中では「ティール組織」の本です。
    組織についての事例を交えながら、組織の変遷を語ってあり
    人類の涙を感じます。
    nTechと出会ったことで、組織の変遷の背景が理解できるように
    なり、なるほど!!と思うことが増えました
    今一人ひとりがパソコンを持ってる時代ですが、これからは
    一人ひとりが宇宙をもっている時代になると言っています。
    宇宙?と思われるかもしれませんが、別の宇宙に住んでいる人
    同志が何かしようとするとうまくいかない。
    そりゃそうだよねと納得です。
    それが、観点の問題に集約できるんだと知りました。

  • masaco 

    話題の組織本「ティール組織」。これからの時代の進化型組織モデルを提示していて、時代が変わる今、これからの組織のあり方を模索している方々には非常に参考になる本。
    今までの組織の限界を超えていく、希望を示している。実現が難しいという声があるが、たしかにそう。具現化するには、認識技術nTechが必要となる。

  • ぬくこ 

    組織本。昔は読みもしませんでした。自己啓発本は読み漁っていましたが、組織となるとすごく堅苦しいし、縛られるようなイメージですごく嫌だったから。

    しかし、nTechに出会った今、組織の観方が一段と変化したのはいうまでもありません。
    そして、このTeal組織には今までの時代とともに今までの組織体系が色別で整理されています。ここまで見事に分析し、記載されている本はおそらく探してもないと思います。それほどまでに美しい。組織について知りたい方はぜひ、読んでみることをお勧めします。

  • 高橋美里 

    組織本といえば世界中でベストセラーになっているTeal組織。組織は1:1の関係性の集合体で成り立っていますので、お互いの個性が発揮できると、組織が活性化し安定していきます。Teal組織はどの組織のモデルになりますが、現実的に実現させている組織はありません。それは、人間という境界線があるところから出会っているからです。人間がなんのかがわかり、自分のことがわかり、相手のことがわかれば1番深い共通から出会い、尊厳関係を築いていけます。それを可能にするのがnTech(認識技術)です。

  • 相良真史 

    今までの私の組織のイメージは、目標を達成するために、個人じゃ限界だから、組織が必要になるというイメージで、即ち目標を達成するための手段だと思っていました。
    しかし、組織本ティール組織では、目標達成の手段という機能を超えて、組織そのものがあらゆる問題を解決していける有機体であり、組織をつくること(完成させること)そのものが目的になるというイメージでした。
    ティール組織が完成し、どんどん広がっていくことによって自然とあらゆる問題が解決されてゆく。新しい時代は、組織づくりそのものが価値になる時代です。未来に向けて、あなたはどんな組織をつくりたいですか?

  • みもざ 

    組織本(マネジメント)で過去にない売れ行きを見せている『ティール組織』は多くの組織を運営する方々に読まれています。今までにない目からウロコの内容ですが、実際にできるものでしょうか。未来型組織なので、数は多くないとは思いますが、しかし実際に稼働しているところもあります。
    なぜそのような組織が成り立つのか。
    一人ひとりの尊厳を無視せず、個々が主体的に動ける組織。これからの生き残る組織においては、nTechを使う尊厳ティール組織がこれからのスタンダードになると考えます。

  • eri567 

    人間とは何か、自分とは何か、これからの人生を考える上でも、完全な一人として生きてる人は誰一人いないので、「組織」って切り離すことができませんよね。

    組織になんて関心がなかった私ですが、nTechを通して個人主義と全体主義の限界をよくわかったからこそ、これからの組織がどうあるべきか関心を持つようになりました。

    ティール組織は、組織だけでなく人間の意識の変化、ライフスタイルの変化もわかるので、これからの人生を構築する上で良きヒントになると思います。

  • 安田真理 

    組織って聞いてどんなイメージがきますか?私は、なんか固い、めんどくさい、ヒエラルキー、気を使う、関わりたくない、自由でいたい、枠にはめられるetcのイメージがあり大嫌いでした。
    しかし、そのイメージは、幼少期につくられた過去の経験体験とつながって、脳のクセによって生み出されていた思い込みであったことがnTechを学び理解できました。
    固定された、ものの観方に気づかないと、つまんない人生で終わるなぁ〜って日々実感してます。
    そんなこんなで、今は、まさかの組織をつくる側の生き方が楽しくて仕方ない日々になりました。おすすめの組織本はティール組織です^ ^是非、この時代で共に具現化していきましょ〜〜

  • あかり 

    ティール組織の本は、これまでの組織形態、そして今どんな組織が求められているのかが詳しくかかれており、今理想の組織をティール組織と定義しています。今までにない視点での面白い組織本だと思います。
    ただ、誰も実現した事がなくどのように実現するのか?は未知の世界です。
    私はnTechを学べぶことで、ティール組織は実現可能だと明確になりました。ぜひ組織作りに興味関心がある方はnTechを取り入れてみてください。

  • みなみか 

    ティール組織が組織本の中では今の社会の流れと合ってベストセラーになっています。もっと一人一人が活かし合う伸び伸び輝ける組織が望まれていて、そのモデル組織の姿が書かれています。ですが理想の組織の姿はあるのに実際の人間関係ではわかり合うことが難しい、違いを個性と楽しめない。小さい単位でのティール組織化ができないのにいきなり大きい単位は無理だと思います。
    なぜ願っているのにできないのか、その根本の原因を皆が着目する時代にきているんだと感じました。

  • はるころり 

    組織本の神様「ティール組織」は、人類のパラダイムと組織の発達段階を色で5段階に分けて説明している。その五つ目がティール(進化型)である。これまでの流れを理解することで次世代必須の組織スタイルが決定、納得できるものです。変化の激しい時代における生命型組織の時代へ、私たちも全員進んでいくなかでこの本の理解なしに社会生活は難しいともいえます。

  • 山中浩司 

    組織本の神様的存在である「ティール組織」をご存知でしょうか?

    ティール組織とは、全体性、経営者意識、存在目的の進化といった3つの柱を持ち、上司や部下といったものが無いのです。必要時には誰もがリーダーやフォロワーになる事ができる自主性や主体性があります。
    さらに個人のエゴ=観点にハマる事なく常に全体を観察する事が可能で、やる気がやればやるほど増大していく従来にはない未来型の組織です。

    そんな組織を作れたら最高じゃないですか?

  • こうた 

    時代の最先端をいく人はわかっていると思いますが、今は個人ではなく組織の時代です!
    どのように生産性の高い組織をつくることができるのか。人類はその課題と向き合わなければなりません。
    組織本としてまずおさえておく必要があるのがティール組織です!
    ティール組織を唯一実践できるのがnTechを活用しているRe・rise協会です!

  • 澤田祐子 

    「ティール組織」は人類が歴史の進化の岐路において開発してきた組織モデルを網羅した組織本だと言えます。レッド、アンバー、オレンジ、グリーン、ティール、それぞれ歴史的背景に沿ってそれを越えて行くときに生まれた組織形態であることがわかりますし、自分が組織づくりをしていくときにどの型を採用しやすいのかのチェックにもなります。nTechを使ってティール組織を実現しようするときに今までを整理する棚卸しにも繋がるなと個人的には感じています。人間、歴史・宇宙自然の全体像を理解して持続可能な組織づくりをしていきたいと思います。

  • morphie 

    「ティール組織」って、ホント読めば読むほどnTechの必要性を代弁してくれている方にしか見えないですね。書いてあることはごもっとも!!だし、でもそれは現実的に非常に難しいから課題が残るし、未だかつてティール組織の実践モデルはどこにも生まれていない訳ですよね。

    では何故それが難しいのか?!と言うと、それが可能な人間を育成できる認識の教育がないからですよね。ではその教育はどこで学びインストールできるのか?というと、nTechでしかないとなります。

  • まる 

    今最も注目している組織本。それは「ティール組織」です!今までにない、確信的な組織論についてしっかり書かれています。ですが、この内容を実現する為の方法は模索しましょう、という提案で終わってます。どのように実現していけばいいのか?それが書かれていないのです。ティール組織の実現を可能にする方法。それがnTechでもあるのです。

  • miwa 

    組織本として組織についてこんなに事例がたくさん書いてあり、これからの組織に必要な要素が記述されている本はなかなかありません。
    「ティール組織」はnTechを活用している者としてとても楽しく読むことができました。なぜならば、組織に必要な要素がどれもうなずくものばかりで、本当にその通りだと思ったからです。日本で「ティール組織」が注目されていることこそ、希望だと思います。

  • misa 

    組織本ってなかなか売れないのになぜこんなに話題になったのか?をみてみると
    やっぱり人間って1人では生きられない生き物。だから何らかの組織に属する(フリーの人だって、例えば地域や日本とか国とかね)。
    で、そのときに感じるのが組織での窮屈さとか不自由さとか。。。だから組織嫌いがあまりに多い。
    組織に属さないとだけど、組織はイヤ。この矛盾、ジレンマをどう解消するのかは人類の課題。
    だから、これまでにない組織本「ティール組織」が注目を集めるんだろうな。。

  • erina 

    企業のコンサルティングや社員研修などに携わっていたり、興味のある人は、「ティール組織」を知っている人も結構多いと思います。組織本として、かなり売れていて、企業が持続的に成功するためにどうすればよいか、指針となる内容がたくさん書かれていておすすめです。
    個人と組織の意思決定を高めるnTechは
    、ティール組織を具現化するツールとしてとても使えます!

  • mikity 

    数多くある組織本の中でnTechを学んでいる私がおすすめするのが「ティール組織」です。おすすめの要素はたくさんありますが、1番のおすすめポイントは、やり方(how to)だけでなく、実際私たち人間が作ってきた組織のあり方がわかりやすく整理されているのが面白いですよ。過去どうだったか、どんな特色があったからこういう組織が成り立ってきた、という事実を知ることで、未来どうするべきか、なぜ新しい組織がが必要なのかも見えてきます。「ティール組織」を学ぶことと併用してぜひnTechにも出会ってみてください。より深く人間とは何なのかを理解することができ、新しい組織を作る重要性が見え、実践に大いに役立つでしょう。

  • めぐみ 

    組織本の中でも今注目されている本が、「ティール組織」。
    人間が誕生してから起こしてきた組織の変化が、人間の歴史と言えると思います。
    今までの組織の限界を補う新しい組織体系を理解し、本来持つ人間の可能性を無限大花開かせることができる組織の中で、今の時代の限界を突破できる大きな変化を作っていきたいですね。

  • chiha 

    組織マネジメントに課題をお持ちの方で、組織本をお探しの方は、ぜひ「ティール組織」を読んでみてください。この本は、今までの人類の歴史を「組織の進化」という切り口でまとめていおり、それぞれの時代の組織の限界をどのように越えてきたのか、がわかりやすくまとめられているので、大きな俯瞰した視点で今後の組織が行くべき方向性を整理することができ、世の中のビジネス書や組織マネジメントのHOW TO本とは一線を画する本です。この本を読むことで、歴史の流れを把握し、組織進化の本質に目をむけることができるようになると思います。

  • のぶりん 

    組織本と言えば、「ティール組織」です!
    ティール色の組織になっていくために、全体性を持って、存在意義を持ち、自主経営出来る様になる事が重要です!
    この3つが出来る事が、ティール組織の条件だからです。
    この新しい概念の組織、今までの組織とはちがうので、是非一度手に取って読んでみてください!
    とってもお勧めです。

  • 由佳子 

    数多くある組織本の中で、今注目されている「ティール組織」は、今までの組織の限界を超える理想的組織モデルが書き示されています。
    誰もが、それ欲しい!と思う組織モデルだけど、どうすればそんなティール組織をつくる事が出来るかの答えはありません。

    ティール組織にnTechが裏付けされる事で、なぜティール組織が理想論になってしまうかの問題を一点に集約させる事ができるからこそ、それを突破できる答えと出会えます(^^)

  • クッチー 

    今、「組織本」と言えばティール組織ですよね。その概念を始めて聞いたときは本当に驚きました、なんと言っても、ヒエラルキーバリバリの古い体質の会社に勤めていた私からすると、フラットて売上目標もないなんて、楽しすぎる〜!!
    そんな夢の組織をみんなで作る、そんなワクワクのプロジェクトがリライズムーブメント!観点の障壁を越えて共通土台を持てるnTechがあるからこそ、フラットな関係性のティール組織のシステムが作れるのです!

  • 西山美峰 

    組織本である、ティール組織。
    組織で限界を感じている人はぜひ読んで見て下さい。とても興味深い内容が書かれています。

    今までの組織の歴史とこれからの理想的な組織について欠かれています。今、私達が、どうゆう時代にいるのか。今、何について考える必要があるのか。とても考えさせられる本です。

    私達人間は、様々な技術を進化発展させてきてそれに伴い組織も形を変えてきましたが、今までの変化では限界でこれまでとは全く違うアプローチが必要になってきます。そのアプローチが出来る技術がnTechです。
    nTechによってティール組織の実現が可能になります。

  • ろい 

    よく本屋に行くのですが、近ごろ、増えてきたなと感じるのが組織論やマネジメント本ではないでしょうか?そして、組織本でブームのきっかけになったのがTeal組織ですね。数年前からジワジワと経営者の中で話題になり、経営本の中では珍しく1位をとり続けた本でもあります。そして、実際に読んでみるとわかるのですが、たしかにこの本は、これからの会社の中での働き方や生きがいなどにも関係してくる名著だと思います♪

  • 高橋恵 

    組織本と言えば、「ティール組織」ではないでしょうか。
    こんな本があるのだととても感動でした。またこの本が売れているのが時代が求めていることなんだと実感します。
    しかし、このティール組織の本がまだ研究段階であり、まだ一つもティール組織ができてないことがわかることと
    そしてみんなで超えていけることがワクワクのビジョンであることを希望に思います。

  • 亀井 薫 

    「ティール組織」という本はご存じだろうか?
    次世代型の組織モデルをうたっている本で、必ずといって良いほどこれからのスタンダードな組織モデルとなる方向性を示している。
    組織本としてのこの本にnTechという、
    人間本来の可能性を目覚めさせる技術により、
    皆が1組織に属する個人であっても、組織と個人が繋がる、歴史初の企業が作られるであろう。

  • あさりー 

    本屋さんに行くと、様々なジャンルの本が置いてあります。
    その中でも、組織本はいろんな本があるなーと思っています。
    その中でもおススメは、やはりティール組織。
    まさに理想の組織形態です。
    ですが、ティール組織を成り立たせるには、nTechの学びが必要不可欠。
    組織本を探しているあなた、ティール組織とご一緒に、nTechはいかがですか?

  • miisan 

    今、日本の経営者の間でよく読まれている組織本が、「ティール組織」(フレデリック・ラルー)なんだそうですね。確かに読んでみるとほんとに理想の組織の形だと思いますし、このように日本で話題になるということは、組織運営に限界を感じている経営者の方が多いということだと思いますが、本には実際に作り方が載っているわけではないんですよね。ですが、その日本で、ティール組織をつくるのに必要不可欠な人間の機能を上昇させるnTechという技術が開発されているということに、ものすごい運命を感じています。

  • まきのみ 

    様々な組織本の中でもティール組織の本が一番人間の本質をついた美しい組織作りを提唱しています。
    この本は今までの組織の限界とそれを時代超えていく人間のチームプレイ、組織力についてとても深く言及しているからです。
    そして、本当の人間のチームプレイを実現するためには究極の共通の土台が必要にです。
    知っている世界から全て自由になれるnTechとティール組織本で今までに無いような美しい組織を実現することができます。

  • Teruhiko.Nakagawa 

    組織本の神様であるティール組織とは、
    見事に組織というものの歴史的全体像を整理整頓し記述し、

    それだけではなく、
    これからの組織に必要で重要な文化特性4つについて綴っている。

    その要素とは
    ①自主経営(セルフマネジメント)②全体性(ホールネス)
    ③人間関係の構築と対立④存在目的

    文化特性とは、目に見えないけれど強い影響力をもつもので、
    多元型組織の前身である達成型組織まではこの内面的組織文化特性を軽視してきたが、

    多元的組織から内面的特性である文化の重要性を理解しはじめて力を入れてきた。

    多元的組織の次の組織モデルであるティール組織における文化特性について主に綴っている。

    ティール組織は今までの組織の不完全性を補うあり方を示している。
    組織の進化の方向性をわかりやすく説明している。

  • Callinger帆足 

    2018年に多くの注目を集め、特に経営者が読んでいる組織本と言えばティール組織ですね。
    人類の進化と合わせて組織の体系を分かりやすく書いてあります。
    IT革命により働き方も大きく変化している時代だからこそ組織の変化も求められています。
    ティール組織の実現によって、個人も組織もWin-Winになるでしょう。

  • Maimai 

    組織というと、会社組織や団体組織のイメージが強いと思いますが、家族や学校、地域や国等も組織であり、人は必ず何かしらの組織に所属していますよね。そんな中で、誰もが求める理想的な組織を提唱している組織本がティール組織です。組織の大きさにかかわらず参考になる内容ですが、肝心の創り方は書いていないため、ティール組織作りのノウハウを知りたい方は合わせてnTechをお勧めします♪

  • みかり 

    組織本といえば、今話題なのはティール組織ですね。この本でキーになってくるのは、『いかに全体観をもって組織運営するか』ということだと思います。
    たった1人が全体観を意識するだけではなく、組織に属するすべての人にその目を持ってもらう必要があるため、難易度は高いといえます。
    ですがそれだけ、実現できれば今までにない組織を運営できるということでもあります。
    ティール組織をつくるためにも、ぜひnTechを取り入れることをお勧めします。

  • 吉村真奈美 

    タイトルが《組織本の神さま「ティール組織」とは》になっていますが、実は、神さまになるにはひとつ足りない観点があるのです。

    どういうこと?
    と、思いますよね!

    ティール組織は本当に素晴らしい形だと思います。しかし、神さまと呼ばれるためには、誰もがこの組織をつくれるようになることですよね。それが、今のティール組織では、「出来そうな部署からやってみよう。」とか、「この部分だけやってみよう。」になっていて、ちゃんと運営しているところはものすごく少ないのが現状です。

    なぜでしょう?

    それには、3っつの特徴の3番目「ホールネス」が共有できないからです。何故なら、人間は部分認識しかできない観点の問題があるからです。

    この問題を突破して、神本になるには観点を上昇させるnTechのペア付けが必要です。
    nTechを入れて、世界がティール組織で運営する社会になれたら素敵だと思います!

  • bonatakato 

    現代の若者が最も求めるものは何でしょうか?

    それは、繋がりです。それも今までにないような。

    ただ、人脈を増やすだけでなく、深さも大事なんです。共に人生を楽しめるようなパートナーをどれだけ作れるのかが大事なんです。

    そして、対等であることも大事です。先輩後輩のような上下関係ではなく、一人一人が大切にされる平等になってるかも眉をひそめるポイントです。

    それはまさに、組織本でいうとティール組織なんです。

    一人一人が主体性を持って、かつ全体で繋がり、目的を持っている。

    こんな組織をつくりたーい!!!

    今の若者の多くが思う理想の組織像のイメージは、ティール組織だと思います(^^)

  • さやか 

    組織本ということで、新しい組織モデルであるティール組織の本が面白いですね!エゴからでるのも段階がありますが、エゴからでて視野が広くなればなるほど、組織もそれだけ進化すると書かれています。組織をつくりたいのであれば、人間の進化にも目を向けることで、よりティール組織をつくっていく道が拓けると思います。

  • kenmiura 

    ここ近年で、
    youtuberがなりたい職業になっていたり、起業家を目指す若者が増えていたりと
    組織に対するイメージが良くない人は多いのではないでしょうか?
    私もそのように感じていた一人です。

    しかしティール組織などの組織本も話題となり売れていたりもします。
    個人起業家も必ず、誰かとどこかとの関係性や連携をして成り立つものですし
    たった一人で完結する経済活動もあるでしょうが、人は必ず出会いや繋がりも求めています。

    結局、誰もが組織に束縛されずに個性を活かしたい、けどより影響力や影響範囲を
    広げていく為には、組織や集団の協力も必要であるということですよね。
    ティール組織は、その二つの矛盾を解決できる新しいものと思います。

  • イワミユカ 

    この本が出たことは革命だと思います。組織本の中でも理想を書いてくれてそれを人類は望んでいるのだと世間の反応をみて感じます。理想をカタチにしていきたい、その組織を現実につくろうとしている人たちがいる。そのことを是非知ってもらいたいです。人類の痛み悲しみ苦しみを全て知りその上で世界の人類が幸せになる道を構築中です。

  • Mami 

    チームやマネージメントや組織本ってたくさんありますが、やはり今年話題の「ティール組織」が最先端の組織本ではないでしょうか?
    今までの組織形態の特徴と課題がわかりやすく、新しい理想の組織のあり方として、「存在目的」「自主経営」「全体性」という3つのポイントを提唱されている点は素晴らしいなと思いました。

    nTechではさらに明確に、人間の機能的限界とエゴを超えるDigntyティール組織を創っていく教育実践をしているので、合わせておすすめです。

  • とみざわりょうた 

    なぜここまでティール組織が騒がれているのでしょうか。

    いままでにも組織においては学習する組織やホラクラシー組織などさまざまな概念が存在しました。しかしそれらはあくまでも理想の組織に対して記してあるのまで、ティール組織ほど詳細にこれまでの組織について体系づけられてはいませんでした。

    故に、それらの弱点を補ったティール組織という意味でとてもわかりやすく整理させています。

    ですのでティール組織は多くの人に受け入れられやすい概念になったと思います。

  • クマ 

    世界的にヒットしている組織本である「ティール組織」。
    このタイミングでヒットしているということは、それだけ世の中で求められているということであり、既存の組織の限界を感じているからでしょう。
    ティール組織で語られている理想的な組織の形を実現する為には、人間の脳機能の限界、つまり部分知の限界を突破する必要があります。
    そこにnTechという技術が貢献できるものと思います。

  • sonoda 

    数々の組織本が書店に並んでいますが、組織本の中でもティール組織はかなりこれからの組織を運営していくのに大切な本になっていくと思います。これからの時代はますます、仕事をする上でも自分の存在意義を感じながら仕事をしたいという人が増えてくるだろうし、そうでないと辞めていく人や転職していく人もますます増えていくことでしょう。

  • 大槻剛史 

    ティール組織』はその時代、時代で組織のあり方がどのように変遷してきたか、が纏まって書いてあります。

    組織体制は人間の意識の在り方の変化ともリンクしており、どのような時代の海で、どのような人間の意識が生まれ、どのような組織体制が構築されたのか?という観点で読むと組織論に興味のない方も自分と繋がって面白く読めると思います。

    今の時代は人類史上類を見ないほど、様々な個人の価値観、判断基準が入り乱れてる時代です。
    その中で本書の掲げるティール組織は、個人が自由に動きながらも、生命体のように全体が統率が取れている、夢物語のような組織体制を掲げています。

    しかし、時代の脈絡、要請を観れば、間違いなくティール的な組織の構築の方向に人類は向って行くでしょう。

    時代の大きな流れを組織体制という切り口で俯瞰できるこの本は、、どのような組織を構築すばいいか悩んでいる経営者の方にも、どのようなビジョンを持っている組織を選択すればいいか決めあぐねている方にも、オススメの本です。

  • EMI 

    日本人は、どうやら「組織」という単語を毛嫌いするようです。私も「組織」という単語はあまり好きではありませんでした。なぜかというと、そこに従わなければならないような気がするからです。もちろん、会社に所属するのは対価として給料をもらってるから仕方ないと思っていました。
    しかし、「人間は一人では生きていけない」というのは誰でも思っているはず、組織は必ず所属しているものなのです。家族も夫婦も組織。避けては通れないものです。せっかく所属するなら、クリエイティブ溢れる楽しい場所にしたくありませんか。それを可能にするのが「ティール組織」です。一度この本を手にとってみられてください。

  • ナガ 

    組織本「ティール組織」で語られているのは、ただの組織の形に留まるものではありません。
    今の時代の限界は組織・チームプレーの限界です。
    組織・チームプレーの限界をつくっているのは、1:1の人間関係の限界。
    そして、1:1の人間関係の限界をつくっているのは、個人の限界です。
    これからの組織のあり方を示しているのと同時に、人間のバージョンアップの必要性を示しているのが組織本「ティール組織」です。

  • KiJi 

    組織本という本のジャンルが定立されるほど、ビジネスの世界では組織が注目されていますね。もはやチームビルディングや組織運営というのは、パソコンスキルのように必須科目になる時代ではないでしょうか。では、どんな組織モデルを目指せばいいのか?その答えになるのが、ティール組織でしょう。理想としてはバッチリです。具現化不可能な理由と、その解決策はnTechで。

  • htakamura 

    組織本である「ティール組織」とは、今までの人類歴史の中での組織の変化が分かりやすく、今の組織の限界も理解できるので、これから作る組織のモデルのイメージはできると思います。しかし、イメージができてもどう現実の組織モデルを完全させるかは、難しいと思います。理想で終わらせるのではなく、具現化させるのにnTechは使える道具となります。技術を活かしてこれからの組織であるティール組織を作っていけたらと思います。

  • 大川 真 

    今、世界中で大ヒットとなっている組織本をご存知のでしょうか?
    それは「ティール組織」という本なんです。書店に行って目にされると分かると思うのですが大変!分厚い本です。
    そんな一瞬読むのを躊躇ってしまいそうな厚さの本の中にはステキな組織の在り方について書いてあるのです。
    上下関係も、売上目標も、予算もない………と本の帯に書いてあります。
    そんなステキな組織の在り方!気になりますよね!それがnTechを知るとより明確に理解することが出来るんです!

 



⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【約17分の図解動画】ティール組織を実現する最新技術「nTech」とは?

【当サイト限定】ティール組織のイベント開催中

ティール組織のイベント

⇒ティール組織のイベント詳細

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新事例をお届けします♪



友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください



おすすめ記事

組織本 1
ティール組織のセミナー 2
ティール組織のイベント 3
組織本 4
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 5
ホラクラシー型組織 6
組織本 7
組織本 8
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 9
ティール組織の実践モデル 10
おすすめのマネジメント(経営)本 11
組織本 12
組織本 13
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 14
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 15
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 16
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 17
キングダムのビジネス書 18
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 19
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 20
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 21
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 22
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 23
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 24
誘いを断れない女性 25
言いたいことが言えない女性 26
友達がいない不安に襲われている女性 27
仕事を辞めたいけど辞められない 28
会社(仕事)や 学校を休みたい… 29
つい気を使ってしまう女性 30
やることが多い人におすすめの思考整理術 31
AI(人工知能) にできない仕事 32
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 33
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 34
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 35
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 36
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 37
分かり合えない 38

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.