仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい

投稿日:

仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい

仕事したくない、

会社に行きたくない、

就職したくない、その原因はいったいなんなのでしょう?

実はその「仕事したくない行きたくない病」は、

心理学でも完治が難しい病気なのです。

この病気を、

私たちは「認識疾患」と呼んでいます。

 

 

 

 

仕事したくない行きたくない

そう認識してしまう原因が存在するから、

あなたは仕事したくない行きたくないと思ってしまうのです。

 

 

 

 

しかし、

仕事したくない行きたくないと認識してしまう原因を発見しスッキリ抜き取るには、

心理学的アプローチでは不十分です。

やはり「nTech(認識 technology)」を使って、

仕事したくない行きたくないと認識してしまう原因が存在しない領域から、

仕事したくない行きたくないと認識してしまう原因を発見し、

スッキリ抜き取る必要があります。

 

 

 

 

仕事したくない、会社に行きたくない、就職したくない

退職したい、転職したい、でも理由が見つからない

退職するおすすめの方法、転職するおすすめの方法を探している

職場の人間関係がしんどい

無駄に会社の労働時間が長い(早く帰らせろ)」という人は、

是非、nTech(認識 technology)を使ってる人たちの体験談を参考にしてください。

仕事したくない行きたくない病を治すヒントが得られると思います(^^ゞ

 

 

 

 

※匿名掲示板2chでも「以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 」という投稿者名で仕事の愚痴が書かれてますよね。仕事の悩みはホントに尽きません。だからこそ、この問題を全てnTech(認識 technology)でクリアできれば世界はもっと幸せになるはず!



仕事したくない行きたくない病を完治させる方法

  • 私は仕事をたくさん経験して来たほうだと思います。介護職、飲食店、看板屋、保育士……短大生の頃のバイトを含めると本当にたくさんの仕事を経験しました。そんな中、仕事したくたない、行きたくないって思った時、どうすることも出来ず我慢の連続だったんです。でも、nTechにであってから身体と心の声に耳を傾けられるようになりました。だから、仕事もその時の体調に合わせて量を調整することができるようになったんです。仕事に対するストレスが減りましたね。

  • リョーマ

    「仕事したくない行きたくない」
    私も毎日働く会社の仕事にモチベーションが持てない人間でした。
    自分のやりたい事と会社の仕事が繋がらなかったんです。
    しかし、nTechに出会って、本当に自分のやりたい事、自分のミッションと出会いました。人間の望むことは小さいです。器が小さいからです。その器を広げるのがnTechです。器が広がれば入るものも多くなり感動多い人生に変化します。nTechを身につけたら「仕事したくない行きたくない」なんていうことは有り得ないのです。

  • さかなゆう

    仕事って何のためにあるのでしょうか?
    働きながら何故働くのかわからず悶々としながら働いていました。
    仕事したくない行きたくない。

    現代は、そんな考え感情が溢れてると思います。

    わたし自身、一応働くけども、心の中では、何故働く必要があるかわからないから
    やる気に溢れてはたらけず行きたくない、働きたくないと思う気持ちが漏れていたと思います。
    こういう気持ちのこと、同居してた戦後生まれの祖父母には到底わかってもらえなかったため、苦しみもありました。

    だけどnTechを学びたい時代の整理ができたとき、
    この気持ちが何故生まれたのかの理解もできたし、
    今の時代のミッションもみつかり、
    そこと繋がった仕事を今、ワクワクでしています!

    時代すべてを洞察できる力をnTechで手に入れたことで、仕事したくないという気持ちからは自由になりました!

  • eri567

    わたしも仕事したくない行きたくない病にかかったことがあります。家から徒歩5分の職場(←これものちにストレス 笑)なのに、心が抵抗して5分で着かないんです。事務所への階段も15段くらいなのに、どれだけ長く見えたことか。1段上がるのも精一杯。

    仕事したくない行きたくないと言っても、理由は人それぞれ。私は、ほかの同期といつも比較しては、無能な自分を責めていました。

    でもnTechに出会って分かったのは、何をやっても、うまくいっても行かなくても、結局は自分は無能だと思ってしまうパターンがあったこと。つまり、どんな結果であれ自分に満足することが無いんです。

    これがわかるだけでも、仕事したくない行きたくない病が軽減していったし、楽しさを感じるようになっていきました。

    さらに脳の癖や観点の問題を理解していくと、そのパターンを手放せるようにもなっていくので、仕事したくない行きたくない原因からの解決は、nTechだからできることだと思います♫

  • 川名哲人

    毎日毎日同じようなことの繰り返しで感動がない、やっても成果を認められるよりは、文句を言われてばかりで尊厳を感じられない!もう仕事したくない行きたくない家でのんびり過ごしたいと思っていました。
    しかし、nTechを通して、マンネリや認めてもらわなければ満足できない自分の認識パターンに固定されていることに気付き変化させることができました。
    今は自ら感動を生成すること、自らの尊厳は自らが守ることができることに気付き実践中です。

  • Teruhiko.Nakagawa

    仕事を行きたくない病に限らず、心の傷を癒すのに心理学など、知識レベルでは完治は難しいと感じています。
    5年前私は学生の頃、精神的に病んで仕事ができなくなり、引きこもっていた時期がありました。
    心理学をとおしてかいぜんしようとしました 。しかし知識は知識でしかなく、対処療法でしかなく
    根本解決にはならなかったのです。仕組みがわからないからまた繰り返すのです。

    ntechに出会ってから、ここが綺麗に解決されました。
    仕事に行きたくない原因を心の仕組みで理解し、実践行動をとおして確実に変化させることができたのです
    nTechで働く意味が明確に自分とつながります。
    自分とつながって理解できるnTechだからこそ完治可能です。

  • たま

    「仕事したくない行きたくない」これは我慢するのが当たり前で、我慢できない人がなんとか努力するか、その人にあったことをするしかないと思っていました。とにかく日本という国の中で、適応してそこそこ楽しくすごせたらいいなと思っていましたが、それも難しい・・。時代の変化も激しくて、合わせることすら難しいのが現状ではないでしょうか。疲れる→癒す→疲れるを繰り返してるだけですね。そんな中、nTechに出会って、人間とは何か、何のために生きるのかが見えた時に、仕事とは何かを考えられるようになりました。人間の仕組みがわかることで、仕事とは何かがわかる。答えを学ぶことではなくて、質問を持つことができるようになって、仕事もうみだせるようになりました。自分の生き方、意思決定ができてスッキリです。

  • こましょー

    仕事なんてしたくない!
    なんのために仕事しているかわからない!
    仕事しても変化のない生活の繰り返しでつまんない!
    そんな感情が積もりに積もって溜まってついには体が動かなくなってしまって鬱などになるんだなぁって思いました。
    ただ、生活しての為に奴隷のように働かさせられて生きている意味って何だろうと、考えていた時nTechと出会いました。
    人間の根源、人間のミッション、今の人間の状態を明確に理解でき今では毎日ワクワク夢ビジョンに向かって仲間と走っています。

  • 大場龍夫

    仕事が楽しくて楽しくてしかたないと思って、仕事ができればよいのですが、実際は、「仕事したくない行きたくない」と思うケースが圧倒的に多いのではないでしょうか?
    そもそも「仕事したくない行きたくない」となってしまうのは、どういう仕組みなのでしょうか?
    まず、その仕事の意味とか価値というものをどのように認識しているか?が重要ではないでしょうか?
    その仕事の意味価値を感じられない、理解できないとなれば、そこに自分のエネルギーを注ぎ込むことがそもそもできないですね。
    だからしっかりと感じる、理解することが必要なのです。それならば、その仕事が感じられ、理解するためにはどうしたらよいでしょうか?
    感じられる、理解できるというのは、自分との関係性、自分との繋がりを感じられる、理解できるということですね。それは、自分の中の欲望が叶えられる、欲望が達成できることがイメージできることですね。そのためには自分が成し遂げていきたい欲望が何かということを知る必要があるということですね。その欲望とは自分が何者なのかということから自分の欲望が生まれてきますから、結局は自分が何者なのか、本当の自分とは何なのかということを知って理解することが重要となります。
    その根本問題である自分とは何者なのか、欲望とは何なのかを知って理解していくのがnTech認識技術です。

  • 島崎信也

    資本主義社会では、仕事をしないといけません。独立していないのでしたら、仕事するには職場に出向かなければなりません。ただ多くの人は今、仕事をしたいとは思わないですし、職場に行きたくないと言います。仕事したくない行きたくないと言っている事、そして思っている現象がある事は理解出来なくはないですが、しかしある種の病気と言っても過言ではないですね。仕事したくない行きたくない病。

    自分がいなくても社会は変わらないだとか、自分が仕事をしても社会は変わらないだとか、思い易い社会です。私は、自分がいても、いなくても、仕事をしても、仕事をしなくても、自分も周りも何も変わらないと思っていました。随分と心が荒んでいた時の事です。nTechと出会って、一体どうして心が荒むのかも分かりましたし、自分も、身近な環境も、仕事も、社会も、何も変わらない様に思えた理由が分かりました。

    変化を感じる認識センスが鈍っていたからです。変化を認識する事が出来なかったからです。自分自身が変化そのものでなかったからです。nTechで認識できるようになった時、今までは認識出来ていなかった事がよく分かりました。認識疾患という病気。この事に気づけば、nTechをより多くの人に知ってもらい、仕事したくない行きたくない病は実は認識疾患から来ているという事を明らかにしたいと思う様になりました。nTech、学んでみて下さい。他の様々な病気も、認識疾患から来ている事を知ります。

  • おがじゅん

    仕事したくない行きたくない・・・

    僕の場合は「仕事したくない行きたくない」をすでに通り越して、「会社の奴隷になるものか!!」だったので、そもそもモチベーションがありませんでした。

    なぜこうなったのかも、nTechに出会って分かったんです。

    教育も自分と繋がらないし、仕事も自分と繋がらないし、さらにAIも台頭していて、今ある仕事も奪われるし、意義も感じられないので、「仕事したくない行きたくない」のはむしろ心が健康だということでした。

    さらに、nTechを通して自分が本来やるべき仕事に出会えたので、「仕事したくない行きたくない」から無事に卒業出来ました!!

  • 吉田純

    仕事したくない行きたくない、こんなことは毎日のように考えていた時期がありました。

    まさに無気力の極みでしたね。

    自分の中に原動力がないと、モチベーションが外にあるので自然と弱くなります。

    さらに、nTechと出会って大きく変わったのは、仕事そのものの概念が変わったことと、したいかしたくないかに囚われること自体がなくなったことです。

  • 村田優子

    いま、世の中でニートという言葉や、閉じこもりしてしまう人が多いことを聞くたびに、今の教育の限界が来ているのに、どうしてそれを解消できるnTechが広まらないのかなと思います。

    仕事をしないといけないから、働くというのではもう働くことができない人がとても多くいらっしゃる。

    これは、何をするかばかりの情報では、成り立たない社会だと叫んでいる状態ともいえると思います。

    「どんな人間になって、何をするのか?」

    この人間が何なのか、どれほど素晴らしい存在であるのか?

    そこに明確な答えがある教育であるnTechに出会ってほしいです。

    それから、この社会で何をするべきなのかが、自分で気づいて創造性を発揮したくなる道が見えてくると思います。

  • 高橋恵

    仕事したくない、行きたくない…。
    そんな事はずっと思ってたし考えてて、その考えがずーっと止まりませんでした。
    しかし、どこにも口に出すところがらなくて
    たった一言仕事行きたくない。が言えなくて随分苦しみました…。

    本屋さんによくある心理学の本とかも読んで変化しょうとして本も買うのですが、中々変化せずそんな自分にも疲れてしまった時期もありました。
    そんな時にntechに出会い、変化の仕組みを知りました。

  • 中西豊

    日曜日の夜・・・

    明日仕事に行きたくない、嫌だ!辞めたい!と月曜日からの仕事に対して、
    苦しい、悩んでいる人は多いと思います。

    「仕事したくない、行きたくない。」病にかかってませんか?

    仕事自体が嫌なんでしょうか?

    根本原因を深掘りしていくと、やりたくないことを我慢してやる、ことにストレスを感じているのが現状じゃないでしょうか。

    仕事してようが、楽しくキャンプ、バーベキューに行ってようが、実は・・・

    人間は自己否定、他者否定するという機能、仕組みがあるので、仕事が嫌じゃなくて、

    私が存在している、という思い込みからくる苦しみ、悩み、悲しみが悩みの究極の原因になります。

    その究極の原因である脳の観点というものを超えるイメージかきたときに、仕事で嫌なことをする、ということ「すら」も楽しめる境地になるのです。

    「仕事で我慢して嫌なことをする」

    このことも、楽しめるゲーム感覚になるのが認識技術の素晴らしいところですね。

  • elly

    今の日本は少子高齢化社会で新しい産業や景気も活性化しないため、未来が見えず仕事に精が出ない人が多いのも当然のことだと思います。
    私は比較的仕事は好きで、仕事したくない行きたくないことはなかったのですが、過剰な業務量や人間関係が原因で仕事を休みがちになった時期もありました。
    nTechを学んで、仕事を通して自らの限界突破を通してチームの成長や売上アップにもつながるので、仕事が楽しくて仕方なくなりました。

  • 不知 航

    私は20代の時はとにかく、仕事したくない行きたくないが続いていました。
    決められた作業。うまくいかない人間関係。先の見えた会社の構造。仕事が嫌だと思っても、自分で仕事を興す勇気はない。
    だから文句を言いながら我慢しながら行く。そんなつまらない人生でした。
    でもnTechに出会い、その全ての原因が自分の認識にあることを知り、それを突破することが出来た時に、仕事が楽しくなりました。今はどんどん色んな仕事にチャレンジしてみたいと思っています。

  • 熊倉恵子

    そもそも、「仕事したくない行きたくない」と思う原因は何か?を考えたことはありますか??
    仕事を楽しんでいる人もいるのに、やりがいを持っている人もいるのに、なぜあなたは、仕事をしたくないのでしょうか??
    それには、必ず原因があります。あなたを動かしているエンジン(原動力)があります。
    これを無意識エンジンといいます。精神エンジン、生命エンジン、物質エンジン、光エンジン、エネルギーエンジン、心エンジン。深さはありますが、一番影響が出やすい、精神エンジンと向き合ってみてほしいです。
    無意識エンジンが原因となって、仕事をしたくない病にかかっていますので、ぜひ、原因から取り除いてみてください。

  • sumitomo

    仕事したくない行きたくない、という気持ちに自分もよくなりました。なんだか分からないけどだるかったり、マンネリしすぎてやる気が出なかったり。同じことのルーティーンって、それがあるからシステムが成り立つものでもあるけど、機械じゃないんだから!って言いたくなる時がある。でもnTechを学んだことで、この現実は実在しないこと、主体的に生きるという事がどういう事なのかを知ることができました。仕事をしたくない行きたくない理由は人それぞれですが、私はnTechと出会い、習得することで、自分の人生を主体的に生きることができるようになり、今では新しいチャレンジを仕事を通してすることができ、楽しい人生になりました。

  • やぶ

    仕事したくない行きたくないと思うのは当然です。なぜならば、人間は自由を希求するからです。仕事に行って時間や行動を縛られたくないと思うのです。
    しかし、仕事をしなくなり行かなくなるとその気持ちの問題は解決するのかというと、そうでもありません。
    観点の問題を解決しない限り、その気持ちの問題は解決しません。

  • masaco

    仕事したくない行きたくない病、患っていた。評価されていないと思った時、仕事がたまってきた時、上司が嫌になった時、そんな条件が整うとよく発症した。評価されようとさらに頑張ることも、さくさく仕事をこなそうとノウハウを身につけようとも、コミュニケーションや思い方を変えても、多少症状はよくなっても菌はくすぶっていた。
    根本治療には、nTech。菌を根こそぎとる技術。

  • 山口禎子

    仕事は好きで、残業も苦痛ではなく、とにかく一生懸命働いていました。
    でもnTechに出会って気づいたのは、「仕事したくない行きたくない」という気持ちを麻痺させて、
    そうじゃないと思い込んでいたのでした。
    それは無意識にあって、いつも自分の意識とは裏腹に働くので、いつの間にか重くなったり、気持ちがしんどくなったりしていました。何が原因かもわからないまま頑張るので、余計疲労もたまって解消されず、悪循環を続けていました。

    nTechに出会って、「仕事したくない行きたくない」と思っている気持ちをまず、言えるようになりました。
    次の段階として、「したくない、行きたくない」というその考えが、どこから来ているのかの原因を突き止めました。
    そして、その原因から解決する道具を手に入れ、原因になる「固定」のイメージの発見や、
    そんなこと考えていたのか!?という自分の発見などにもつながり、楽しく自分と向き合っています。
    今では、そもそも「仕事したくない行きたくない」と思うことがなくなりました。

  • だいとう おりえ

    そもそも「生きることがしんどい」と感じていたので、就職なんて考えられませんでした。そんな中で何とか仕事を見つけても、仕事したくない行きたくないというのが基本でしたね。そんな仕事先で話すようになった人達が、私より素敵に見えると私は比べて「落ち込み」、珍しく「私の方がマシかも」と思えた時は嬉しくて少しやる気になれました。
    そんな状態では、圧倒的に落ち込む時の方が多かったので、鬱々としていました。
    今は、仕事に行くことももちろん、生きること、お金を稼ぐことも楽しめています!
    nTechと出逢い、誰かと比べる必要がないとわかり、生きること、働くこと、稼ぐこと、鬱々とすることにまで奇跡を感じ、楽しめるようになりました!

  • SAKI

    私も仕事へ行くのはいつも憂鬱さや虚無感がある時期がありました。何のために働くのか、どう生きるのか、深く考えて答えがないと納得しないタイプだったので、そこに価値が見出せないと本当に仕事へ行きたくない。はじめはよくても、段々朝起きれなくなり遅刻なども出始めて我慢の限界になると辞めるというパターンでした。でも、大きな目標や向上心、変化したい心は常にあったので、また違う仕事に就ては同じ状態になることを繰り返していました。
    nTechで疑問や悩みが一掃される世界へ出会ってからは、仕事や組織に左右されるのではなく、自分が仕事を生み出す事もできることがわかり、今ある仕事も楽しめるようになりました。仕事は可能性を発揮できて自分も進化できる道具ときて、楽しいものだという意識へ少しずつ変化しています。

  • miwa

    月曜日の朝はいつも「仕事したくない行きたくない」と思っていました。
    他にも嫌なことがあるとそう思っていましたし、できることなら行きたくないと実は心の奥底では思っていました。

    私は常々人の役に立たないと自分には価値がないと思っていましたから、無理やりポジティブに自分を奮い立たせてやっていました。

    nTechを通して虚無感も認識疾患だし、本当の自分がわからず無理に前向きにしているのも認識疾患だとわかりました。

    本当のやる気モチベーションはどこから来るのか。それはやる気があるないといった条件の外、人間の思考の外からです。

    nTechを使うと「仕事したくないけどやらなきゃ」のループから完全に卒業できますよ。

  • みなみか

    会社員だったときは入りたい会社に入ったにもかかわらず、自分のペースで仕事ができないので仕事したくない行きたくないと思っていました。退社して今度は自営業でやりたかった事を仕事にしました。さぞかし楽しくできると思ったら、〆切に追われると好きな仕事でもしたくない!と同じ状況になりました。仕事も自分の人生も自分で選んで進んでいるつもりでいたけど、nTechに出会い、本当の意味で仕事、人生でも自分で意思決定した事が一度も無かったことがわかりました。だからモチベーションが上がらなかったんだとようやくわかりました。

  • Reriser tae

    仕事って、人間が生きていく上で、生活に張りが出る様に切り替え出来て、自分が仕事をやりきる達成感が楽しかったり、社会に貢献出来てることに生きがいを感じるものだと思っていました。

    学校を卒業してから何十年と仕事をするのが当たり前だと思っていたのに、仕事したくない行きたくないと思ったことが何度もありました。

    何をやっててもマンネリ化する時間の経過に飽きたり、給料が上がることがなかったり、別に私じゃなくても誰でもが出来る仕事だと分かったとしても、お金がないと生活出来ないから我慢するしかない人生を考えた時、社会人になって初めて気付いた時、絶望的になりました。

    そうなると、心は仕事したくない行きたくないと思って行くのが何年も続くと、当然心は病みますね。

    鬱が今や脳の病気と認知されてきたから心療内科に通えるのでしょうが、心理学ベースに改善しようとしても、本当の原因が分からないと完治は難しいのです。

    我慢することしか出来ない自分自身の背景が分かり、自分がそうなってしまうパターンを自らが認識理解出来ないと一生そのループから抜け出せません。

    私は考えが止まらずどこの病院に行くかとか、催眠術をかけてもらおうかとか真剣に考えたことがありましたが、『nTech』に出会えてホントに良かったです!
    原因を明確に掴んでスッキリ自分のループから抜け出すには『認識を変化させる技術=nTech』しかないでしょう。

  • 波多江めぐみ

    何のために仕事をするのか?が、自分自身の夢と繋がっていなければ、仕事したくない行きたくないと思いやすいものです。
    心理学をいくら勉強したとしても、根本のモチベーションや在り方を変化させることはできないので、一瞬の心の持ち様を変化させるレベルの変化にとどまってしまいます。
    私はnTechに出会ったことで、夢が明確になり、仕事はあくまでもその夢を叶えるための道具となったため、以前あったストレスが綺麗になくなりました。

  • まる

    仕事したくない行きたくない。そんな心にとらわれるときは、なぜ仕事したくない行きたくないと思うのか、自分の内面を見つめてみる事が大事だと思います。上司との関係性にストレスがあるのか、仕事そのものにやりがいがないのか、様々な原因があると思います。そのように思っているのは自分の認識です。自分の思い方の癖を自覚し、そこから自由になることで、仕事したくない行きたくない病を解決することができます。

  • えみる

    なぜ仕事したくない行きたくないと思うのか。その根本原因を理解しなければ、自分のパターンを繰り返しているだけなので、何も変わりません。

    私は、人に何か迷惑をかけたらどうしよう、失敗したらどうしようと思って細心の注意を払って仕事をしてきました。

    時には仕事の時間以外も、ずっと家でやって、仕事をこなすことに恐怖を感じてました。

    頼まれたことが出きなかったらどうしよう、だめと言われたらどうしようと、心配ばかりして、夜も寝ることができませんでした。

    なるべくなるべく話さず、言われたことを一生懸命にやる。この繰り返しだけ。なのでものすごく疲れました。風邪も引いちゃいけないし、熱も出しちゃいけない、緊張状態が続きました。

    安心感ゼロの場所に行きたいわけありませんでした。

    nTech技術と出会って、自分が何者かわかったので、今では安心感しかありません。何かしなくちゃ、期待に応えなくちゃと、焦るのではなく。

    もっと大きなビジョンを持ったので、仕事という枠に囚われず、今では働き方と生き方のバランスをどう整理していくのか、枠の外に出た視点で観ることができるようになりました。

    自分がどう生きたいかですね。

  • Haruko

    以前は、「誰もが仕事をしたくない行きたくないもんでしょ」と思っていたのでnTechを活用している人たちが嫌々ながら仕事していないのを感じた時にとてもびっくりしました。
    普通は時間外の仕事をさせられると怒りますし、お金をもらえるから働くのが現代の常識なので、それとは別の概念を持っているように感じて、どんな原動力で動いているのかとても興味深くて、私もそんなふうになりたいと憧れでした。
    そんな私もnTechを通して外からの力で動く人生ではなく、自分の中からモチベーションを生み出せる自分になっていることがびっくりで何より嬉しいことです。
    今は仕事するって本当に嬉しいことなんだなって感じてます。

  • まい

    仕事したくない行きたくない。そもそも何のために仕事をするのかわからない。
    そんな話、今の世の中当たり前に溢れていますよね。頑張り続けてきたけど、何かのきっかけにプツっと糸がきれてもう無理って、仕事したくない行きたくないの状態が、仕事ができない、もう行けない状態に変わってしまいます。心が拒否してします状態。
    この状態はどうしたら解決できるのでしょうか?いわゆる鬱の状態ですよね。薬を飲めば治るのか。治りません。心理学でどうにかなるのかありません。
    でも、nTechの認識技術を使うとその問題を解決する事が可能になるんです。問題を一掃させること、そして本当の問題解決に取り組むこと。それができるのがnTechです。自らの意志によって生きられるようになるので、そもそも仕事は自分で選択することができるし、楽しく取り組むことができる状態にもなります。問題解決に取り組む楽しさも手に入ります。
    自分の人生を主人公として生きてみませんか。

  • ちぐちぐ

    仕事したくない行きたくない…って思いたくなかったので、とにかく仕事を詰め込んで忙しくしていたことがあります。

    少しでも暇ができると、仕事したくないな~とか、仕事行きたくないな~と思って、仕事の効率が下がったり、自分が思うようなキャリアが積めなくなるのではないかと不安だったからです。

    自分らしさを活かせる仕事の仕方、モチベーションを保てる方法は、自分の認識の変化によって創り出す事ができます。

    認識が変化すれば、仕事したくない行きたくないと思う必要もなく、今ここを楽しめると思います!!

  • macha

    仕事したくない行きたくない!
    多くの人が1度は思うことではないかなーと、思いますが(^-^;
    これってどうしてなんだろうって思った時に、やっぱり、自分が心からしたい、命かけてやりたいと思える仕事じゃないから。ではなかろうかと。
    いくら心理学を学んだところで自分のミッションと出会えるのか??
    本当の自分、可能性しかない自分に出会った時に、仕事が楽しくてたまらなくなるのかなと、思います

  • yukachin

    私は自分がやりたい仕事をしたにも関わらず、仕事に行きたくないになりましたね。
    いつも同じことの繰り返しで、結局会社に合わせるしかない。いろんな事を諦めていたようです。一番は自分の目的と会社の目的は一致しないことかもしれませんね。
    自分の本当の欲求も分かっていなかったので難しかったのだと思います。皆が一つの方向性で協力することも難しいし、会社内は連携が上手くいかない状態だったりすると、頑張っても何だかなになったりしていました。nTechと出会って、自分のイメージも仕事のイメージもあらゆるイメージが変わり、自分のモチベーションは自分で創れるようになるし、仕事にも段階があるのが分かったりして、変化の仕組みを使いながら日々を楽しむ事が出来るようになりました。

  • 見並圭一

    仕事したくない行きたくないという気持ちは本当によくわかります。私もサラリーマン時代は、月曜日がくるのが本当に嫌でしたし、平日、次の日の朝がくるのも嫌でした。その状況を打破することもできず、何かに縛られているようなどうしようもない感覚をいつも覚えていました。nTechに出会い、それもこれも全て観点に縛られていたんだと気づくことができ、またそこから自由になる技術を手に入れることができました。

  • あやか

    今思えば、「仕事したくない行きたくない」と思いながらも人には言えず、毎日自分を奮い立たせて会社に行っていました。
    こんなことで弱音を吐いちゃいけない、ダメな人間と思われたくない、という気持ちが強くて、根性大好きな人間だったなーと思います。仕事で成功している人には、そうやってひたすら頑張ることで成果を上げている人が多いので、今の社会では頑張れる人が◯で、頑張れない人が×な風潮がまだ根強いですね。その固定した観点が自分や周りを追い詰め、鬱や自殺が増加しつづける、息苦しい世の中にしてしまっているのだと思います。固定した観点から自由になった人が増え、いろんな立場の人に寄り添える人が増えることで、もっと楽しく仕事ができる社会になっていってほしいですね。

  • 山中 浩司

    仕事をしたくない、行きたくない昔の私はそう思いながらも嫌々仕事に行っていました。

    この事は、良く心理的などを使って解決しようと言われていますが、実際には心理学では解決は難しいと思います。

    それは、なぜ仕事をしたくない、行きたくないという自分を存在させてしまっているからです。
    nTechでは、そんなある出発のアイデンティティから解いていき、心しかない世界までオールゼロ化させ、自分の意思で全く新しい認識画面を立ち上げていく事ができるようになります。

  • 吉村真奈美

    本来、仕事は生きる希望であり、喜びであると私は思っています。
    考えてみてください。仕事が全く無い日常を。
    なのに、現代人は疲れ果てて、休みとなれば兎に角寝る。寝る事だけが喜びになっているように思えます。

    なぜ、仕事したくない行きたくないという心が生まれるようになってしまったのでしょうか?
    それは、物質社会から情報化社会に変化した事が大きいと思います。その背後には資本経済の循環が一部分に集中していく片寄った流れになっていることが、より、人の意識をお金・富に集中させ、人の繋りよりお金を産み出す事に必死になって働いている状態をつくりだしています。
    ですから、競争もかなり激しく、まるで目に見えない戦争があちらこちらで起こっているようです。
    情報過多に疲れ、競争に疲れ、人間関係に疲れている現代。頭の中がいつも考えでいっぱいです。実は、寝ていた としても本当に安心して質のよい睡眠は取れていないと思います。

    nTechを取入れる事で、自分と自分の宇宙がオールゼロ化され、安心感を取り戻せるようになります。そして、宇宙の仕組み、人間の仕組みが分かることで人類の現在地がよく理解でき、何が問題なのかが明確になります。そうすると、何を解決していかないと行けないのかが分かるので、自分の仕事、役割りを作り出すことが出来るようになるため、お金のためにモチベーションが上がらない仕事をして疲れるのではなく、時代の流れの全体とつながった役割りとして自らが仕事を産み出すのでやる気に溢れ、もっともっととクリエイティブしていけるようになります。

    仕事したくない行きたくないとなるのは、当然の事ですし、本気で生きるきっかけ、チャンスが来ていると言うことでもあります。

  • かなえ

    「仕事をしたくない、行きたくない」
    実は、しょっちゅう思っていたけれど、口に出さずに、必死に仕事に行ってやるしかない。
    まさに根性精神で・・・心ここにあらずという感じでしたね。
    nTechを通して、やる気を創り出せることが分かりました。
    仕事をしたくない、その根本原因を、やる気のエンジンに根本的に変えられるんですよね。
    今は、新しいエンジンを装着して、本当にやるべき仕事に集中しているところです。

  • morphie

    仕事したくない行きたくない病、私はベテランになって結果も出して、責任のあるポジションを任されて、もっと楽しんでもいいはずなのに行きたくなくて疲れていました。

    自分でも何故か分からなくて。何故ならば意識では楽しい楽しいと言って働いているのに、

    何故か自宅に戻ると途端に疲れてボッとアロマキャンドルの炎を眺めていたくなるのです。

    たくさん眠っても何故か起きる時には酷く体が疲れていて、目覚めた時の気分は会社行きたくない、このままずっと眠っていたいというものでした。

    今はnTechと出会い仕事したくなくなる背景にどんな考え感情が生まれているのか、

    さらにその考え感情が生まれる背景の仕組みも理解して、働くこと人と毎日たくさん出会って仕事することが本当に楽しいし幸せで

    仕事したくない行きたくないという考え感情に出会うことが残念ながらなくなりました。

    仕事や働くという概念自体も大きく変化してしまったのを感じます。仕事も頂くより作る側になっていると思いますし、すべて自分で作れることがわかったら、行きたい行きたくないという概念さえ消失してしまった感がありますね。

  • naomi joy

    仕事したくない行きたくないって相談されることがあるけど、本当に本当に辛いと思う。そんなことを思って、言ったりしたら人間として全否定されるんじゃないかって自分も思ってたし、相談してくれる人も結局そう思ってる。自分のせいじゃない、いや、自分のせいだって葛藤して苦しくなって、やり場のない悲しさや怒りが生まれる。仕事したくない行きたくないって思ったっていいし、言ったっていい。そんな風に心が自由解放されたから、逆に仕事に行こうかなって思えたこともある。そんな認識の変化、固定概念を自由にコントロールできるすっごい技術がnTechだと思うし、今自分でやる気あるって思ってる状態の10倍はさらにやる気を出させてくれる技術だと思っています。

  • クッチー

    サラリーマン時代、「仕事したくない行きたくない」と思うことが多々ありました。そして、仕事に対するモチベーションもあげられないけれど、会社を辞めることもできない、そんなジレンマに陥ってましたね。
    nTechと出会ってから、私がなぜ「仕事したくない行きたくない」と思っていたのかその背景がわかり、時代の流れがわかり、いくべき方向性がわかったので、毎日ワクワクで仕事をしています。

  • 相良真史

    仕事したくない行きたくない病。なるほど。確かに私はこの病気にかかっていました(笑)その度にどうやったら仕事を楽しめるか必死に考えていたし、その気力すらなくなった時には、どうやって仕事を休もうか、ばかり考えてました。
    nTechを学んでみて、仕事したくない行きたくないのは職場の環境や上司との関係性に原因があるのではなく、自分の認識(観点)に原因があることが重々にわかりました。逆にいうと、自分の認識さえスッキリワクワクすれば、上司との関係性や職場の環境すら楽しめるようになる。これは革新的です。まわりの人や外の環境を変える必要がないんですね。ぜひnTechと出会ってみてください。今までの変化のイメージが180度ひっくり返ってしまいますよ(笑)

  • こみず

    仕事したくない行きたくないって毎日思っていました。
    上司が嫌で嫌で、話すのも怖くて、朝の出勤が一番憂鬱でしたね。
    でもそれが、自分自身に対する自信のなさから来ていることをnTechに出会ってから知りました。
    脳の機能によりこの体の自分を存在させることで、自分を小さく無力にみてしまいます。
    そして自分と相手を分離するので、そんな相手とは絶対に分かり合えないって無意識のどこかで思っていました。
    原因がわかり、原因をゼロ化したところから新しく自由自在につくっていけるのがnTechです。
    朝が今では本当にすっきりな目覚めです。

  • Keizenke

    仕事したくない行きたくない、月曜日の朝、そう思う人はどのくらいいるのでしょう?
    1日の間でどのくらいの階数人は仕事したくない行きたくないを思うのでしょう?
    それでも人は仕事への行ってしまいます。そして、さらに仕事したくない行きたくないの思いを分厚く重ねていくわけです。そうさせてしまう観点を見ることが大事だと思います。
    nTechはその観点を見る事が出来て、さらにその観点を0化できるようになるので、無駄に考えなくて良くなります。
    月曜の朝朝もスッキリ。ワクワクしてきます。

  • ぽえっつ

    戦後のアメリカによる日本弱体化の政策の結果、仕事したくない行きたくない、と思ってしまう日本人たちが量産されるようになりました。

    nTechは本当の日本に出会える技術であり、nTechを通して、日本と日本そのものである本当の自分に出会えます。

    本当の自分を知れば、仕事したくない行きたくない、という自分と日本を見失った結果の悩みはなくなります。

  • ecco

    仕事したくない行きたくないという人が増えていると聞きますが、毎週日曜日の夕方頃になると、よく仕事に行きたくなくなっていました。
    nTechと出会ってわかったことは、自分の生きる意味や目的が分からず、ただ目先のお金や生活のために働いていたからというのがわかりました。そしてその状態が自分だけの問題ではなく、人間共通の原因であると知り、その仕組みを知ることで、本当の自分を知ることができ、本当の自分のミッションを見つけることができ、仕事に対するイメージも変わりました。

  • 安田真理

    3年ちょい前、まさに、仕事したくない行きたくない病なりました!笑
    無理していくと、吐いちゃうわ、全身に蕁麻疹でるわで、、、かなり大変でした。

    あのまま職場に行き続けていたら、確実に鬱だったと思います。

    今では、nTechを学び、病気のストレスの根本原因が明確に理解できたため、その原因をゼロ化し、新しく自分がつくりたい未来を創造できるため、仕事が楽しくなりました

  • 堀江直樹

    仕事したくない行きたくないという悩みの人も多いかもしれません。そうなったときそんな自分に責任や罪悪感を感じてしまうかも知れませんが、問題の根本原因を明らかにする必要があると感じます。人間はお互いが前提が違うため、物質的には同じ空間にいても、心の観点では同じ世界にいません。そのため集団や組織で活動するということはどうしても我慢を伴いやすいものとなっているのです。
    この問題を越えるためには、自分の中の境界線が外れることが鍵になります。どうしても経験の目から見れば、お互いの違いの出会いは我慢や摩擦、イライラの原因です。しかし決めつけから自由な心で出会えば違いは宝であり、知的好奇心が生まれるようになります。
    あなたの職場環境の中にnTechを導入できたらこんなに素晴らしいものはありませんが、まずはあなたの中の違いと出会うイメージが変化することが今後の生き方のためにも第一優先になります。

  • 明楽

    仕事したくない行きたくないって、どの仕事をやっていても1度は考えたことがありました。
    むしろ、1度も思ったことが無いって人は相当すごいと思います!例え最初はどれだけ好きな仕事でも、しばらくすればマンネリ化してしまうし、仕事で嫌なことがあったら明日は行きたくないな~、来週から頑張ろう!とか、条件状況でモチベーションが変わります。そんなことも、nTechを学んでからは思うことが少なくなりました。条件状況で左右されない世界が分かったからこそ、今ここを何があっても楽しめているからだと思います。さらに私は本当にやりたいことを見つけて仕事にしているので、相乗効果大!色々悩まれている人は、まずはnTechが何なのかを聞かれてみるといいですよ。

  • htakamura

    仕事したくない行きたくないって、結局モチベーションも上がらず、ただ日々をこなすだけになってしまったら、当然、自然に思う事だと思います。昔の私は、何故仕事をするのか?仕事に対する意味や価値、また自分自身についての役割や使命感も何も無かったので、低いモチベーションで転職を繰り返していました。
    しかし、nTechを学び全ての仕組みを理解し使う事で、認識の幅が広がり、私自身の仕事に対する意味や価値、そして自分自身をどう思うのか、アイデンティティからの変化が起きる事で、モチベーションも上がりストレスも無くなり、心の状態も常にスッキリ安定しています。自分の本来の力を発揮できる技術(nTech)かなりオススメです。

  • イワミユカ

    仕事したくない、行きたくない病。まさにこれでした!お金のために無理して仕事しているので、もう無理!ってなって、当日欠勤をしてしまう。お金も無くなるし、信用も無くなることを自らしていました。でも、それでもいいと思っていました。だって、それ以上頑張ったら、何か大事なものを失う気ぐしていたので。それも、なかったんですけどね。笑
    そこからスタートしたら、楽になりました。

  • さやか

    仕事したくない行きたくないって思う人いますか?心理学とは違いますが、かつて私はポジティブシンキングで、これは楽しいことなんだ!自分も成長できるし!などなど言い聞かせていたんですが、最初は自分をごまかせても時間が経つと、我慢が限界になりもう無理!!!!といきなり会社休むってことよくやってる時期がありました汗
    しかし、その時とうってかわって今は会社に行くことの苦痛が軽減され、楽しいと思えるようになったんです!
    観点のこと理解することが根本からの変化する一歩だと思います!

  • やなぎ

    仕事したくない行きたくない。こんな思いは日常茶飯事で特に日曜日の夜に思っていたように思います。思いかたを変えて、お金をもらいたいから我慢して気持ちを圧し殺して行っていました。
    モチベーションは下がる一方だし、それで具合が悪くなっていたように思います。ビションがまずもてないし組織としてのビジョンに一転集中も作れず何のために仕事をしているのか?模索しているうちは仕事したくない行きたくない病でした。
    その病を的確に改善していき、その病がどうやって作られるのか?がわかるから自ら変化させていくことができます。

  • midan

    仕事したくないという話、頻繁に聞きます。
    たまにそんな気持ちが出ることは誰しもあると思いますが、毎日、行きたくないという考えが出てくると、さすがに心が重くなるかと思います。
    どうして心が重くなるのでしょう?
    そもそも心とは何でしょう?
    私はnTechをを学んで、心が何かがわかりました。
    仕事行きたくないといった事象に限らず、私達の中から生まれる無意識の考え感情がどうして生まれるのか、心が何かわかったからこそ明確になりました!
    心理学も良いですが、明確に心とは何かがわからないのに人の変化はつくれません。
    心がわかり統制できない考え感情から自由になれるnTechは本当に便利です!

  • mizu

    仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい
    仕事って前まで楽しいイメージ0でした。苦しいイメージしかありませんでした。自分にうまくできるわけがないという思いこみもありましたし、仕事に対して意味を感じられませんでした。
    でもnTechと出会って、自分の認識が変わったことで、自分がいかに無限の可能性そのものなのか、人間は本当はめちゃくちゃすごい!ってことが分かり、仕事もgameのように楽しめることができました!

  • こまったちゃん

    昔「仕事したくない行きたくない。」って言ったら怒られました。「仕事だから我慢してやれ。」よく我慢してやれるなぁと思ったものです。仕事を好きになりなさいって言われて仕事の良い面を見ようとしても、感情が先に立っちゃって良いとは思えないし。でも、ふと気付くと「何故したくないのか」をしっかりと掘り下げたことは無かったんですよね。
    そこを観ていった時に自分では思いもしなかった家族とのエピソードが原因だったのでびっくりしました。でも、そうだと気付いた時にスッとしたんです。
    そうしていく内に色々と目の前の仕事もいろんな事と繋がって捉えられるようになっていきました。仕事をとても部分的なところだけ、自分の決めつけで観ていたのが分かりました。それからは自分から仕事の意味価値を創造するようになって、楽しみながら仕事しています。

  • ピュア

    みなさんは、「今日は、仕事したくない行きたくない」と思ったこと

    ありますか?

    私は、あります。

    社会人であれば、一度や二度は「仕事したくない行きたくない」と

    思ったことがあるのではないでしょうか。

    もし、これが病気だとしたら・・・

    頭痛薬のように何か薬を飲めば、「仕事したい行きたい」になるのであれば

    売れそうですよね。

    しかし。。。

    心理学でも完治が難しいと言われ、本人の意志というか努力に任されて

    いるというか。

    nTechと出会い、「仕事したくない行きたくない」だけに単にアプローチ

    するのではなく、そのように思うようになるには一人ひとり違った背景が

    あること + 人間共通の仕組みがあることを知り

    「仕事したくない行きたくない」を固定のイメージではなく、その時の

    ポーズととらえ、必ず変化するイメージができるようになったことで

    「仕事したくない行きたくない」を問題に思わなくなりました。

  • vosaraicesara

    多くの人が、「仕事したくない行きたくない」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。私は、毎日のように「仕事したくない行きたくない」と思いながら通勤していました。それもそのはずです。なぜならば、心の底からその仕事をしたくてたまらない、とは思っていなかったからです。もちろん、好きな仕事をしていたつもりですが、条件に過ぎなかったと今では思います。nTechに出会って、自分の気持ちに素直になることができました。できる・できない、とか、自分に向いている・向いていない、というような条件的なものではなく、「とにかく絶対この仕事をします!」という”意志”みたいなものに出会ってから、「仕事したくない行きたくない」は無くなったと言っても過言ではありません。素直な自分の気持ちに出会うことが1番です。

  • Mami

    私も以前は自分がやりたいと選んだ仕事のはずなのに、次第に「仕事したくない行きたくない」と未来のために我慢する今になってしまうことに対して、何でこうなるんだろうと違和感を感じてました。心理学や自己啓発など本を読んで、モチベーションを上げてもまた下がるを繰り返し、自己否定やあきらめも蓄積しました。
    でもnTechに出会ったら、もっと根本的なところからリセットされました。
    自分とは何か、この現実とは何かがわかり、人生かけて取り組みたいVISIONに出会うと、仕事に対する認識も全く変わりました。

  • aiko

    仕事したくない行きたくないという言葉、すごく分かります。行きたくないだけじゃないんです。したくもないんです。そんな自分にも嫌気が指す。でも休んだら、次の日が気まずいし迷惑かけるし、そんなことを考えてしぶしぶ行く。こんな人生、楽しくないですよね。nTechを学んでからはなぜ行きたくなくなるのかの仕組みが分かるようになりました。何をストレスと感じているのか、どこを変化させたらいいのかが見えるようになるので、ストレスが本当に少なくなりました。

  • クマ

    3,4年前くらいでしょうか。実際に、仕事したくない行きたくないって思っていました。
    朝起きるのが嫌で、月曜日が憂鬱で、通勤が嫌で嫌で。
    でも、直接的な原因を変えることができず、酒、スポーツ、娯楽で溜まったストレスを発散して、また嫌な仕事に行くの繰り返しでした。

    nTechを学んで、何故・どんなとき仕事をしたくないかが、分かるようになりました。
    その仕事をする理由が明確に自分の中に持てるようになりました。
    何故自分がこの場所に存在しているかが分かるようになって迷うことが無くなりましたね。

  • たのしみず

    仕事したくない行きたくない、こういうことは誰でも一度は考えたことはあるのではないでしょうか?
    私は新入社員の時そうでした。最初は知らないこともあり、新鮮だったんですけど、だんだん仕事に慣れてきて、毎日が同じことの繰り返した時につまらなくなってしまいました。
    こんな同じことを繰り返すのであればロボットでもいい。私が仕事をする意味は何?と考えていました。
    つまらないから仕事したくない行きたくないとずっと考えてて、でも仕事はしないといけない。仕事に追われる日々でした。
    nTechと出会い、なんで新鮮であった気持ちがなくなっていくのかを理解ができた時に、今ここスッキリワクワクで生きられ、仕事をバンバンしたくなったのです。ぜひその変化を体験してもらいたいですね。

  • 由佳子

    仕事したくない行きたくない。
    そんなこと、よく思ってました。
    もともと自分が何がしたいのかわからずに、仕事自体にプライドも持てず、生活のために仕方なく働いていたので、仕事したくないのも、行きたくないのも、ある意味当然かと…。
    そんな中、付きまとうのが人間関係…。
    学生の頃からもそうだけど、人間関係が悪くなると一気に行きたくなくなり…。
    ストレスで辞めたくなっていました。
    nTechは固定された認識をゼロ化させる事が出来る技術なので、どんな人間関係にも活かせる技術で、使えば使うほど円滑になり楽しくなります!
    それだけでなく本当の自分と出会い、1番深く大きなミッションと出会えたので、今では誇り持てる仕事を無限大楽しみながら常に新しいチャレンジを沢山の仲間達とできて生き方の質が次元上昇しました!

  • 亀井 薫

    生まれて20数年ですが、週末になると、サ○エさんシンドロームなるものが必ず襲ってきた大学、社会人。

    仕事したくない行きたくないという気持ちを一度は、皆さんもったことがあるのではないでしょうか?
    なぜなんでしょうね。皆さん持ちたくて持っている気持ちでしょうか?
    そうではないが、結果的に生まれてしまっている気持ちなのではないでしょうか。
    誰だって仕事は楽しくやりたいし、ルンルンで職場に行きたいはず。

    巷には、仕事したくなる〇〇、仕事に対して楽しくなる〇〇な方法なたくさんの書籍や、また心理学的な観点から
    治す方法なども紹介されていたりします。でも、解決出来ない。

    皆がそうではないかもしれませんが、多くの人がそうなってはいない現状に、
    自分と属する組織のなりたい姿の方向性の不一致があると思います。

    人間は束縛を嫌う生き物です。ですが、組織に属する以上、従わないと行けない。お金ももらっているし・・・と。

    元々有るものに所属するということは、複雑な荒波の中に、一匹の魚がダイブするような現象です。

    そこを解決するのが、All Zero化技術、nTechです。
    複雑な荒波をZeroかさせる認識を手に入れることで、常に5歳児の様な常にワクワクドキドキな気持ちで仕事が出来るようになります。
    さて、今日はどんなワクワクが起こるかな?という認識から始まる人が集まった、組織はどんなにワクワクだろうか??

  • 高橋美里

    4年前は朝起きて「仕事したくない行きたくない」と何度布団の中で憂鬱な思いをしたことか。カウンセリングに通ってみたけど、カウンセリングの先生が憂鬱そうな表情と疲弊した様子で、カウンセリングでは解決しないのかも、と思った経験があります。そもそも仕事が何なのかがわからず仕事をするのはしんどいと思います。nTechでは、自らが映画の主人公となり今ここ意思決定ができる技術です。なぜ仕事に行きたくないと思ってしまうのかは、過去の経験体験によってつくられたアルゴリズムが関係しています。それを解除し、仕事とは何なのかを自らDefineできるのがnTechなので、自分が自分のお医者さんとなることができます。

  • Hiromi

    私はどちらかというと、「仕事したくない行きたくない」と思っても、他の人に迷惑がかかるから何とか我慢して仕事に行くタイプでした。自分の心の声を聴かずこんなことが続くと、心身ともに疲れてしまいますよね〜
    それが、nTechに出会ってからは、今「行きたくない」と感じている結果をつくりだす原因が何なのかが分かるようになり、更にその因果を超える世界まで行けるようになりました!
    凄くないですか⁉︎
    因果を成り立たせる仕組みまで解るようになると、全てをワクワクで愉しめるようになります!ぜひ、nTechに出会ってみて下さい。

  • miisan

    仕事したくない行きたくないと思うことが良くありました。週末は日曜の午後あたりから憂鬱になったりしたものです。nTechに出会う前は、自分が人生をかけてやりたいことに出会えていなかったからというのもあるけれど、人間共通の脳の機能の限界を知ることで、仕事したくない行きたくないという、どうしていつも同じ考えが出てしまうのか、その原因が分かってしまうんです。過去のつまらないイメージの固定を取っ払って、毎日が新鮮な新しいイメージから始めることができるってすごいと思いませんか?

  • あさりー

    やりたかった仕事につけたとしても、仕事したくない行きたくないと思ってしまう方が増えてるのかなーと思います。
    どんなに理想を持って仕事に就いたとしても理想にがっちりハマる職場はない。理想を持ってあるほど、理想と現実の差にがっかりする。
    結果、独立して一人でやる方が増えたり、そのまま社会や組織に絶望して仕事したくない行きたくないと思うのかなと思います。
    私もそうでした。

    nTechを使うと、時代の流れや方向性が、全体性と部分性を持って認識出来ます。
    細かい部分にハマらなくなり、自分の問題と社会の問題が繋がり、自分が生きる意味価値もわかります。
    結果、仕事をする意味価値もわかり、自然と毎日がワクワクになりますよ!

  • しげみ

    学生であれば何の為に勉強するんだろう?これが一体自分の人生の何になるの?そんな疑問を持つように、仕事に関しても、一体何の為に働いているのか、この仕事をするこで自分の人生の何につながるんだろう。。。そんな風に感じることってありませんか?私はそう感じていました。周りの上司をみれば自分の未来のイメージができてしまうし、そもそもこの仕事が本当に自分のやりたい仕事なのか?自分の人生の多くの時間を投資したいものなのか?そんな事を感じていました。そんな状態だったので、仕事したくない行きたくないそんな気持ちにもなります。でも朝起きて時間がくるから出勤して、会社にいけばやる事があるからそれをこなす。この毎日に疑問をもって誰かに相談しても答えを持っている人なんていなくて、同じように思っている思いを出し合って終わりとか、そもそも相談する事ができる人もそんなにいるわけでもないし、話す事もできない。そんな状態。
    でも、nTechに出会ってその問題が解決してしまったんです。今自分がしている事が自分の人生とどうつながるのか、そしてどうしたいのかが明確になるので、仕事したくない行きたくないではなく、仕事したい行きたいになるし、そんな仕事を自分で選ぶことができるようになります。悩んでいる方はnTech活用して解決してみてください!

  • みもざ

    仕事に行きたくないしたくない。それは、涙が出るほど…そんな投稿をネット上で見かけました。
    傾向として、日本人は真面目で責任感があって、迷惑をかけるから休めないとか、休むと後々面倒だとか、休む正当な理由がないと休めませんね。

    そして、世の中にある対処法は、考え方を変える、ゆっくりしてみる、少しずつ自分を出していくなど。そのようなことで改善できるのでしょうか?

    本当に行きたくないしたくない、その心が出てしまってどうしようもないときには、根本から変化させないと同じことを繰り返してしまいます。
    対処療法で安心せず、ぜひnTechに出会っていただければと思います。

  • とみざわりょうた

    毎日やる気にあふれて人生が楽しくて仕方がない。そんな状態で生きてみたいと誰もが思うと思います。しかし現実は「今日も仕事か」「仕事したくないな」「職場に行きたくないな」などそんな心を出すごく事のほうが多いと思います。ではなぜ毎日がやる気に溢れた人生を歩むことが出来ないのでしょうか。それは人間誰しもが観点・判断基準が固定してしまっており、その固定によって毎日がマンネリしてしまい、自らモチベーションを生み出すことが難しくなってしまっているのです。nTechでは、観点・判断基準の次元上昇を通して、誰もが自ら観点・判断基準を変化させることを通して、自らモチベーションを生み出すことを可能にしています。ぜひ皆さんもそのような悩みがあったらnTechを取り入れてみてください!

  • YOKO

    仕事したくない行きたくない!そんな思いは誰もが一度は思うのではないしょうか?
    私もそんなひとりでした。頑張りたいけど、頑張れない自分が嫌になり、そんな自分を見なきゃいけない苦しさから逃げたくて、いつも逃亡したくなってました(笑)
    身体ではなくて心理的にきつかったですね!病院に行くまではななかったけどかなり苦しくて、どうにかしたい思いで心理学・スピリチュアルの本を読みあさりました。ですが、その気持ちが少し軽くはなってもなくなることはありませんでした。
    nTechは心理学より深いものでした。目の前の現象を作り出してしまう人間(自分)のアルゴリズム(メカニズム)が理解できるのです。人間のアルゴリズムと自分のアルゴリズムが理解できたときにかなりスッキリしましたね!
    今では仕事以外にもやる気が出ないときにnTechを使ってスッキリできるようになり毎日を楽しく過ごしています☆

  • そのだ

    仕事をしたくない行きたくないと思うことってありませんか? 特に月曜日は仕事に行きたくないなぁと思う人も多いのではないかと思います。なぜ仕事をしたくない、行きたくないと思ってしまうのでしょうか? そこにはいろんな原因があるかと思いますけど、一番の原因として、自分のやりたいことと、仕事としてやらないといけないことが合致していないことが原因ではないかと思います。自分が本当にやりたいことができないから積もり積もってストレスになってしまうのです。だから、そんなときは自分が本当にやりたいことが何なのか、自分を見つめる時間をつくってみることが必要です。

  • 澤田祐子

    仕事したくない行きたくない...。今は仕事が楽しくて仕方ない人と仕事に行くことが苦痛でしかない人の差が顕著かもしれません。

    "この仕事は長く続かないだろう"
    "この仕事は私でなくても出来る"
    "職場の人間関係が面倒くさい"

    こういった考えや感情をもった状態で生活や教育費もろもろ必要経費づくりのための仕事を選択する方は多いと思います。私は福祉や医療現場を自ら選択したときに、高い志に反して沢山の"難しさ"に出会いました。"若かった"という一括りで流してしまうこともできますが、職場が病床のようで仕事に意気込めば意気込むほど自信のなさや、諦め、無力感に襲われるようになりました。そんなときに出会ったのがnTechです。nTechを使っている皆さんに出会って、私は"こういう風になりたい"と思いました。目が本当にきれいで"給料をもらうための仕事"ではなく、もっと"大義をもった仕事"をされているような意志を感じました。その出会いがあってnTechをインストールしてからは、どんな現場、どんな人間関係に遭遇しても諦めず相談したり、現場に働きかけたり主体的に動くことが出来るようになりました。今は目指したい大人のモデルが無いと言われますが、nTechは目指したい人間モデルとコミュニティづくりのモデルを生み出す根本土台をつくる技術なので、今の仕事にプラスワンして、日本の職場に新風を吹かせることが大事かなと思います。仕事をしたい!職場が大好き!を言える人たちを増やしたいですね。

  • 白鳥健

    父は教師でした。家では仕事の愚痴は一切もらさず、しかし研究授業の前日には毎回意を痛めている姿を幼少より見ながら、仕事とはつらいものだ、仕事したくない行きたくないのは当然のことだ、と思って育ちました。だから抵抗があったのです、それを病気だと言われるのが。それでも仕事する、それが尊いんじゃないか、と。それが全くの間違いとは言い切れないかもしれませんが、そこに「なぜ働くのか」という動機と、「仕事とは何なのか」という追及、そして「仕事をする私とはいったい何者なのか」という主体の観察がなければ、未来を切り開く挑戦を阻害する悪弊であると言わざるを得ない。「なぜ働く」「仕事とは」それらには今までの道徳や哲学がある程度こたえてくれるが、「私は何者か」に具体的・科学的な答えをくれるのはnTechしかなかったのが私の事実です。

  • Maimai

    以前は、ほぼ毎日のように、もう仕事したくない行きたくない。と思っていました。
    なんでこんな思いまでしながら働かなくちゃいけないんだろう?いつまで働き続けなくちゃいけないんだろう?って思い悩んでいましたが、nTechと出会ってからは、仕事もゲーム感覚で楽しめるようになり、やる気エネルギーもドンドン生成されるので、今までの2,3倍の仕事を楽に片づけられるようになりました♪

  • 大川 真

    これは私も思うことがあります笑
    思うことがあるというのは、以前はそれしか思っていませんでした。仕事をしたくない行きたくないというのは、仕事=つまらない、きつい、苦しい、という前提があるからです。これは多くの人が持っている前提だと思います。もし、この前提が変わったらどうでしょうか。日々の仕事の中で、新しい発見や気付きが溢れて、自分自身の成長をいつも実感することができたら、楽しそうではないでしょうか。自らの意思によって、やっている事は同じだっとしても、その環境を大きく変えることができるのがnTechです。私はこの技術で、仕事とは何なのか?という問いから答えをだし、仕事の前提を変化させることができました。そうなると、仕事に対する姿勢、感じ方も一変していきます。

  • こうた

    仕事したくない行きたくない病に私もかかってました。
    そのときはわからなかったですが、今思えばやらされてる感でいっぱいだったからだなと思います。学校の授業が眠たくなるのと同じように、受け身の姿勢だとやりたくなくなるんですよね。
    nTechでは、自らやる気を生成できるので、主体的な生き方ができます!全てを自分で選択することができます!

  • ちは

    「仕事したくない行きたくない病」
    毎朝発動していました(笑
    朝、会社に行くのが気が重い。出来れば行きたくない。そんな自分を奮い立たせて仕事にいくけど、ため息が出る。
    私がこの仕事を一生やったとして、何の意味があるんだろう?
    全く意味が無い訳ではないけれど、自分の人生の大半の時間とエネルギーをそこに投資する程の意味や価値は感じませんでした。
    nTechを学んでからは、仕事のイメージが全く変わり、どんな状況環境だったとしても、自分が仕事をどう認識するかによって、自分が心からやりたい仕事ができることがわかり、毎日の仕事に意味や価値を感じながら取り組めるようになりました。

  • Callinger帆足

    どんな仕事でもマンネリしますよね。
    そして「仕事したくない行きたくない」という気持ちになってしまう。
    昔、仕事はお金を得るために我慢するものだというイメージになり、働きことが全然楽しくない時期がありました。
    nTechと出会い、生き方と働き方が繋がり、やればやるほど楽しくやりがいを感じながら働くことができるようになりました。

  • 原田卓

    僕は大学時代に心理学を専攻していましたが、仕事したくない行きたくない病の完治は難しかったです。だって、自分自身が学校に行きたくない勉強したくないと思う時があって、それが心理学で解決はしなかったから(笑)
    心理学では、整理が難しかったことは、「感情、考え、心、精神」を区別してイメージすることでした。特に、「心と感情の違い」がよく分かりませんでした。
    nTechでは、「心と感情の関係性」や、「心から感情が生まれる仕組み」が理解できました。そうすると、仕事したくない行きたくない心がなぜ生まれるのか?の仕組みも理解できるので、仕事しくない行きたくない感情から自然と自由になれます。

  • あかり

    「仕事したくない行きたくない」以前は頭の中が常にこの考え。
    やる気モチベーションが続いたらどんなにいいかと思っていました。
    nTechと出会い、なぜしたくない行きたくない考えが生まれるのか、モチベーションが続かないのかを仕組みで理解しました。
    nTechを活用し、どんな仕事でもスッキリワクワクの心を持てるようになりました。

  • KiJi

    仕事したくない行きたくない。これって仕事をしてる人なら誰でも感じることだと思います。まあやりたいことや楽なことだけやっていては人間成長しないので、ある程度の苦難苦痛は必要だと思いますが、あまりにも心を痛めて人生を断ってしまう人も出て来ているので、別のことも考える必要はありそうです。こんなにも仕事や会社に対する抵抗値が生まれてしまうのは、私なりには、情報の洪水による無意識のストレスプレッシャーと激しい変化の中で自分が見い出せない存在不安からきているのでは無いかと思います。好きなこと、やりたいことを自由にやったら良いと先導をかけるパートもありますが、そもそもやりたいこともないのたがらそれだけでは不十分ですよね。自分が何者か知りたい。その深い欲求からつなげて生きる意味をわかり、仕事を選べるようになることがnTechでは可能です。

  • EMI

    仕事に行きたくない、仕事をしたくない、仕事が楽しくない、このようなことを考え始めたらきりがありません。
    そして、考えれば考えるほどドツボにはまってしまいます。

    それは、おそらく、「お金を稼ぐための仕事」になってるからではないでしょうか。

    nTechを理解して、人間やこの世界の仕組みを理解すると一気に解決しますが、

    まずは、「そもそも」なぜ働くんだっけ?「そもそも」この仕事ってどうやって始まったんだろう?「そもそも」・・・に考えを巡らせてみませんか。

    少し違った角度から日常が見えてくると思います。これも、nTechの第一歩ではあるのですけどね。

  • けんご

    仕事したくない行きたくない気持ちは自然なこと。脳の限界を補って上昇させる認識技術で、ストレスやプレッシャーから解放されるだけでなく、それらを道具に進化していけるメカニズムと仲良く楽しく付き合えるようになります。自分次第でどんな自分にもなれるんですね。仕事したくない行きたくないという、心のNoはYesになる時を待っています。初めからうまくいくストーリーはありません。バッドエンドで終わる現実に、超ハッピーエンドをつくれる認識技術でリベンジして、人間こんなもんじゃないことを確認しましょう!

  • kenmiura

    現代人の多くは「仕事したくない行きたくない病」といえると思います。
    小学生のなりたい職業ランキング3位がyoutuberなのですから、
    「今までの働き方では人の心が満足しない」ことの象徴といえるのではないでしょうか。

    過去のトラウマ体験から現在の行動、感情の原因を整理して課題解決しようとする
    ユングやフロイトのような古典心理学や、近年よく取り上げられる理想や目標ビジョンなどの未来から現在の行動、思考を統制して課題解決をしようとするアドラー心理学
    など色々ありますが、
    nTechは脳科学、量子力学、最先端理論物理学とも整合性がとれる全く新しい教育(認識工学)と言えますので、今までの心理学では解決できなかった部分も全て補えてシンプル、スッキリに整理されます。

    人類が、今まで愛、自由、尊厳、創造力、協力関係が不足、不満足になるのは、自然認識のみに依存している認識疾患という病気として診断できることも納得できます。

    これからのAI時代は、nTechで人工認識をマスターすることによって、認識疾患を完治してAIを越える人間モデルが明確になり、今までの人類の悩み・課題がすべて解決できることにめちゃめちゃ希望を感じています♪

  • 美峰

    仕事したくない働きたくない。
    昔の私は、いつもそう思ってました。
    出来ないことばかりに意識がいってたので常にまわりの人と比較してなんでこんなに自分は駄目なんだということばかり考えていました。全く満足感がないのでストレスしかありませんでした。
    しかし、nTechと出会い働くことが楽しくなりました。自分の小さな変化を喜ぶことが出来るようになり、人との比較で悩まなくなりました。何より人との関係性の変化を実感出来るようになったことがとても嬉しいです。

  • はるころり

    私は元々気分屋なので、仕事したくないとか行きたくないときがよくありました。そこに問題を感じて、責任ある立場になったり、自身で経営してみたりしたものの根っこにあるその気分というのは無くなることはありませんでした。しかしnTechで気分が発生する根っこをオールゼロ化し、新しい生き方をいつもスタートできるワクワクな気持ちで物事に取り組めるようになりました。

  • cheerwave

    目的や目標の為に自分をある程度しか発揮できない時代や社会のエネルギーに影響を受けているので、個人主義のプレートで選択した仕事をしていれば、ツライ、シンンドイ、苦しい、どうすればいいのか考えることさえ面倒くさい。仕事したくない行きたくない。と心が折れてしまうのは当然です。自分の心がいちばん願っていることをできていないことに、諦めざるを得ない環境だから。nTechはそんな環境でも今まで頑張ってきた全てが成就して幸せになり、心が治癒される時代をつくれる。奇跡をみれる、奇跡をつくれる、奇跡を経験できる。誰もがヒーローになれる。自分が思った以上の気づきや感動を経験できます!!ひとりきりではなく仲間と共に。

  • Natsuki

    仕事したくない行きたくないと思うことはよくありました。仕事の内容が自分に合わないからワクワクしないんだと思い仕事内容を変えたり、職場の人が苦手な人が多いから行きたくないんだと思い苦手じゃない人が多い職場に変わったり、色々やりました。でもまた行きたくなくなるんです。それは、何かしら条件が変わると、悩みが増え、自分のエネルギーが落ちてやる気がなくなるからでした。nTechと出会いそのことがわかって、条件によって変わらない不動心を得ることが出来、自らエネルギーを生成できらようになってからは、仕事したくない行きたくないなんて思ってた頃が懐かしくなってしまいました。

  • のぶりん

    いつも、仕事したくない行きたくない!
    って思ってました。

    仕事に行ってもやり甲斐をなかなか感じられなかったり、やり甲斐を感じても、プレッシャーに負けてしまいそうになったり、私の心はいつもせわしなく、大変でした。

    nTech を使ったら、なんと仕事から、ミッションに、変わったのです!

    ネバベキではなく、やりたくて仕方ない事を出来るようになりました!

  • hiro

    仕事したくない行きたくない。昔はよく思っていました。何の為に働くのか。好きでもないことを1日の大半の時間しなければならない。とても苦痛でした。しかしnTechと出会ってからは人間とは何なのか?生きるとは何なのか?本当に知るべきことを知り、自分で自分の人生を経営できるようになり、今では仕事したくない行きたくないと思うことはなくなりました。

  • bonatakato

    仕事に行きたくないと思い、仮病をついてサボる。

    その根本原因から直すのには、

    nTechが最も効果的だと思います。

    いつも出てくるネガティブな考えを、どのように統制するのか、そのアンサーを教えてもらえます。そして、いつもワクワクの心で仕事をできるようになります(^^)

    ぜひぜひ、おススメです(^^)

  • 磯原正行

    仕事したくない行きたくないと思っても、理由がよくわからないし、わかっても解決の仕方がよくわかりません。
    結局自分が弱いからだとか責任感がないからだと理由をつけて、無理やり考え方を変えようとしてました。
    そうするうちに、自分の本音と行動がどんどん乖離するので、自分で何がやりたいことなのかが余計にわからなくなり、表面的な苦しさはなくなりますが、無意識でどんどん自分を追い込んでいき、急に爆発してしまいます。
    実際、何も不満を言わずに明るく仕事をしている方も、心の中で苦しみをどんどん抱えてしまっているので、ntechをそこから解放されることを知ってもらえたらと思います。

  • ナガ

    仕事したくない行きたくない。
    私も自分が何のために働いてるのかも分からないし、未来に希望もない。
    同じことの繰り返しで嫌になってしまっていました。

    nTechにおける仕事の解析を聞いたときに、仕事をすることにも色々な段階があるし、自分が今ここに生まれてきた意味を無限大活用しながら仕事をすることもできるんだと言うことが分かりました。
    nTechを学んでいく中でずっと悩んできた何のために働くか分からないということが、より広く深いところからスッと解決しましたね。

  • みかり

    定期的に、会社に行きたくない状態に陥っていました。これって不思議なもので、なにか特別に嫌なことが起きたわけじゃなく、ただ猛烈に『仕事したくない行きたくない!』と思ってしまうです。
    もう、こんな自分が嫌で嫌で。
    なんでこんな仕事に行くという単純なことができないんだろう?自分は欠陥品なんじゃないか?
    そんなふうに落ち込んでいました、

    でも、nTechを学んでびっくり。
    私だけの問題じゃなくて、みんな共通の、『熱くなれない仕組み』があっただけなんだということがわかり、、目からウロコでした。
    今では仕事したくない行きたくない状態も可愛くみえます。笑

  • みなも

    仕事したくない行きたくない。
    サザエさんシンドロームとかって昔はいったりしましたが。
    休みの日が終わり、明日から仕事だ〜っと思った瞬間,憂鬱な気分になる。

    実は無意識にかなり、我慢をしてるんだと思うのです。

    人間関係、仕事内容、もそうですが、もっと深くを観ていくと、
    人間の尊厳がお金で縛られてしまう。
    時間で縛られてしまう。
    ルールによって縛られてしまう。

    人間の尊厳、無限の可能性から観た時に
    どこにも自由がない状態。

    やりたいことより、やならければいけないという、
    大袈裟かもしれませんが、どこにも主体性がない、奴隷状態。

    そこから自由になる為にに、さらに、お金、時間、人脈を得ようと
    頑張るのです。が、マイナスを無理矢理プラスにしようとしても
    モチベーションは続きません。

    nTechでは、外的な条件によって得られる自由やモチベーションではなく
    自ら持続的にモチベーションを生み出すことが出来る技術です。

    なぜならば、この宇宙は自分自らがつくったパーソナル・ユニバーサルであることが
    仕組みとして理解し、その理解のバックアップによって、実践ができるようになるからです。
    是非、あなたの自身が創ったあなたの宇宙の仕組みに出会ってください。

  • 小畑多美子

    仕事したくない行きたくない人は、大体、人間関係の問題の悩みか、毎日、毎日同じことの繰り返しでマンネリしているから、仕事に対してやる気も起こらない状態になっているのではないでしょうか?私も以前クリエイティブな仕事をしていても、結局ルーティンワークな面がどこかあって、マンネリ感を感じていた時期がありました。

    nTechを通して、そのマンネリ感がどこから来るか分かり、自分の生きる意味や価値と仕事がつながっていったときに、変化を作り出せる自分に変わっていき、マンネリ感を感じるどころか、どんどんやる気やアイディアが出る状態になっていくので、自然と仕事したくない行きたくない心はなくなり、どんどん楽しくなっていきました。

  • まきのみ

    仕事したくない行きたくない。
    昔はよく思っていました。
    でも今は仕事が好きで、人間関係も良好。
    とても良い職場に恵まれたと思えるようになりました。
    なぜ仕事したくない行きたくないと思っていたのか?
    それは仕事が辛いもの、辛いからお金をもらえるものだと思っていたからです。
    だからわざわざしたくもない仕事を選んでしまっていた。
    仕事したくない行きたくない原因がわかって、ちゃんと自分のしたい仕事を選べるようになりました。

  • 小池拓也

    なんで今まで、仕事したくない、行きたくないなんて思うのかは、皆が思ってて当たり前のことだから、そもそもそういうもんだと諦めて我慢してやるのが仕事だと割り切ってました。でもテレビや本を読むたびにそうじゃない人もいるし、自分もなれるかもとチャレンジしてみてもなかなか、変化できず結果諦めてました。しかしnTechに出会ったらなぜ変化できなかったのか、それは、自分がなんでそうなってしまうのか原因が明確でなかったこと。そしてその原因を根こそぎとって新しい習慣を身に着けることが出来るようになってから仕事が楽しくなりました!

  • あさみ

    仕事したくない行きたくないって多くの人が悩むことなんじゃないかな。
    ただ、それを言うと怠けているように聞こえたり、非難されたりするから、言わないし、思ってても実行しない。
    でも、やりたくないと思うからには、原因がある。それを無視して無理矢理やろうとするのは辛いし、その辛さを感じたくないからマヒさせる。

    仕事したくないし行きたくないって、別に責めるべきことじゃない。本当にやりたいことと向き合うチャンスなんじゃないかな。

    nTechは、マルもバツもないところから、自らが選択できる技術。だから無理がないし、自分に素直に、仕事も人生も心から楽しむことができるようになるんです:-*

  • なっちゃん

    仕事したくない行きたくないって、よく昔はなりました。
    なんでかというと、めんどくさいんですよね。
    とにかく仕事行くまでがめんどくさいんです。
    行ってしまえば仕事するんですけどね。
    nTechと出会って、このめんどくさいという感情が自分のエゴからではなくて、違うところから生まれいる感情だとわかった時に、めんどくさくなくなりましたよ。

  • sara

    現代の特に若者の中で仕事をしたくない行きたくない人が増えています。
    その理由の中には会社の仕事にやり甲斐を持てなかったり、そもそも何の為に働くのかわからないという声を聞きます。
    自分自身が何者なのか、何のために生まれてきたのかがわからない、自分のアイデンティティが不明確な状態では、大きな夢やビジョンも持てないでしょうし、会社や仕事の中身を変えたところで行き詰まりを迎えます。
    nTechではその人間自体のアイデンティティにフォーカスします。そこが明確になることで自分の軸をしっかり持つことができ、何をやるにも夢や希望、やり甲斐を持てるようになっていきます。

  • ろい

    5月病とも言われる仕事したくない行きたくないという現象。
    入社するときは、あんなに希望に満ち溢れていたのに・・・と急激な変化を起こす人もいるみたいですね。
    これは、個人にとっても悩まさせる問題ですが、企業にとっても頭を抱える問題ではないでしょうか?なぜなら、こういう状況になってしまうと医者に頼るしかなくなるのですが、問題が解決するかといえば、問題の原因をつかめないことが多いからです。

    この問題の表面上はさまざまな問題があるように見えますが、問題の根本原因は、“安心感の欠如”ではないでしょうか?

    もし、安心感があれば、こういった現象になる前に誰かに相談できますし、解決もしていけると思います。
    では、どうやってその安心感を増やしていくのになるのですが、実は、自分と他人が分離している状態では、常に相対比較が起こってしまいます。

    自分と自分の宇宙を消すことができ、自分と他人がひとつのイメージでみることができるようになれば、解決していくことでもあるのです。

  • ぬくこ

    仕事したくない行きたくない。
    誰しもが1回は考えたことあるのではないでしょうか。
    生きるだけで苦しい時代ですから。今の時代。
    仕事したくないと思うことも、いきたくないと思うことも当然だと思います。
    そんな中でがんばってることのほうがすごいな、と。
    しかし、なぜ、そんな状況に陥っているのかもわからないから、余計苦しいのだと思います。
    なぜ、仕事したくなくなるのか?いきたくなくなるのか?
    それはあなたの生まれ育った環境も関わりますが、時代、日本、と深く深く結びつきます。
    理由が知りたい方は、ぜひNohJesu1day行かれてみてください。



⇒仕事したくない行きたくない人が激減する組織「ティール組織」とは?

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現にも使えて、仕事したくない行きたくない病も治せる最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-, ,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.