ティール組織の本の書評を105人に聴いてみた!

投稿日:

ティール組織の本の書評

引用元:ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

この記事では、

ティール組織の本の書評」をまとめています!

書評を書いてくれたのは、

nTech(認識 technology)を使っている仲間たち!

nTech(認識 technology)とは、

ティール組織を実現する最新技術。

そんな技術を駆使してる人たちから書評をもらったので、

今まで捉えられなかった視点から、

ティール組織を捉えることができると思います。

是非、ティール組織の本の書評を見てみてください♪



ティール組織の本の書評

  • 中西豊

    ティール組織は、この地球上にまだ存在してませんね。

    個人が活かされて、全体性も持っている。

    それは、同時に賄えるイメージなので、

    ティール組織の書評では、無理だ!という
    ことがまことしやかに囁かれている。

    ストレートにいうと、全体性を俯瞰できる悟りのイメージがあれば、

    ティール組織の現実化が出来ると思う。

  • 川名哲人

    目標や規則があればどうしたってそれに縛られます。それらを生み出す理念を共有していることが非常に大事だと感じたのがティール組織の書評です。
    理念を深く共有できればおのずと目標や規則、方向性が生まれ、関係性も深くなっていくように感じます。
    しかし、思想や哲学レベルでも他人と相容れることが難しいのに、理念となるともっと難しくなること、その根本原因と変化の仕方をnTechを通して理解できました。
    今はティール組織の実現化を挑戦中です。

  • 堀江直樹

    僕自身がティール組織の書評をあげるとするならば、ティール組織を書いたフレデリックラルーは夢とロマンに溢れている人だと感じました。
    人類がまだ見ぬティールという景色を描きながら、方向性を案内していく。そんなロマンを感じました。
    AIやテクノロジーが発達する時代のなかで、先端をリードするアメリカ。団結の魂をもつ日本が、ティールの本質に迫り、実行していくことには大きな夢があると感じています。

  • naomijoy

    nTechがなかったら自分がティール組織の書評を書くことは無かったなーと書きながら思います。組織が変わるってことは、人間が変わることだから。人間は変わらない、変われない。上下で見るし、争う生き物だから。でも、その概念自体を変化させることから、新しい組織づくりが始まること、そのためには今ある組織を精密に観察することが必要だと思います。前者をnTechで、後者を十分すぎるほど理解出来るのがティール組織だと思いました。これは古本屋にはしばらく持ち込みません!

  • 原田卓

    ティール組織の書評を書かせていただくなら、「個人と全体のジレンマを解決する組織モデル」だということが非常に納得したポイントです。
    組織や集団に所属すると、どうしてもつきまとうのが個人と組織全体のバランスをどう取るのか?個人の主義主張ばかりを優先したら組織は成り立たなくるし、逆に組織全体を優先したら個人は我慢して個性を生かしきれない。これが大きなジレンマです。
    このジレンマを解決でき次世代型の組織モデルがティール組織。
    訳者の鈴木立哉さんに直接お話を伺ったことがあります。鈴木さん曰く「自分が求めていた組織モデルの次の次がティール組織だ!」と思ったそうです。「次の組織モデル」ではなくて、「次の次の組織モデル」です。
    読んだら、なるほどでした!

  • えみる

    ティール組織の本の書評としては、まず、本の表紙の色が気になりました。グリーンティール、鴨の羽色だそう。

    Tealは、生命がうまれる海の色ともありました。そして本では組織を色分けし、Red、Amber、Orange、Green、Tealと表現しています。

    組織の進化を色で表現しているので、わかりやすく理解もしやすすくイメージとしやすいと思います。

    人類の進化は協力の進化、意識の進化なんだなと考えた時に、どんな人たちがどんな思いを持った集団=組織なのか、確かにその集団って色がありますよね。

    家族、学校、地域、国など色は様々。もっと俯瞰して物事を観察するための、ひとつの意識を広げる材料であり、人類に何が必要なのか、未来の方向性を示す本の1つでもあると思います。

    個人主義と言われる時代から組織主義に変わる、今からの時代を表現している本だと思います。

  • やぶ

    ティール組織の書評を読むと、セルフマネジメントと全体性というキーワードが出てきます。
    今までの組織は個人と全体が分断されていて、セルフマネジメントと全体性の繋がりと関係性が持ちづらかったですが、ティール組織においては個人と全体の繋がりと関係性が持てるところが違いとしてあげれると思います。

  • 大場龍夫

    ティール組織の書評をします。人類がこれまで作ってきた組織集団が進化してきています。その形態の進化が色でも表現されていて、とても分かりやすいと思いました。その進化のプロセスでは、リーダーシップのあり方が変化しますし、フォロワーシップのあり方が変化します。絶対性を使ったリーダーシップと支配されるフォロワーシップの時代から、相対性、多様性、多元性を生かすリーダーシップと相対性多様性多元性そのもののフォロワーシップに移行していき、最終的には、みんながリーダーになりフォロワーになるクリエイティブでイノベーティブな状態になっていくことを理想としています。方向性は正しいのですが、どのように到達できるのかは表現されていません。多様性、多元性を最大限に生かせるような組織の関係性をベースにしています。これを達成していくためには、お互いの基準点を合わせていく必要がありますが、一人一人の体験経験が同じにはなり得ないために、基準が同じになることがありません。その基準を合わせることに貢献するのがnTech認識技術です。
    それぞれ別々の基準点を解除することで、基準点を合わせることができます。

  • 吉田純

    ティール組織の書評としては、今までの組織についてと、これからの組織について、を両方ともうまくまとめているということです。

    ティール組織を実現する上では、人と人との協力関係をどのようにしてつくるのか?が需要な要素になってきます。

    しかし、この本ではそのティール組織に必要な要素についての言及はあっても、実現の手段(by)が無い点が残念です。

    どのようにしてティール組織をつくるのか、その実践モデルが求められていますし、その実践する人を大量に生み出せるのがnTechです。

  • 明楽

    ティール組織の書評としては、ただ単に読んだだけだったらまさに理想の組織体系だと感じたと思います。だけど、机上の空論のように感じてしまい、じゃあ実際ティール組織をつくるためにどうやったらいいのか、解決策が見いだせないままでいたのではないかと思います。まぁnTechを学んでいなかったら、この本を手に取っていなかったかもしれませんがね(笑)ティール組織とnTechは切り離せない関係だと思っています。

  • midan

    ティール組織面白いですよね!
    本を読むと確かに組織が成長していることが納得いきます。
    それぞれの組織の限界を補うように新しい組織のカタチが生まれてくるところが、人類の進化・時代の進化ともつながって整理されており、とても面白いです。
    ティール組織を読むと、時代の危機・社会の危機は、組織の進化によって突破できることがわかるので、自然と新しい組織・新しい集団に関心が向かいます。
    nTechで実現する新しい組織モデル。
    私も今の時代をワクワクしたものに変える新組織をどんどん増やしていきたいです!

  • Rerisertae

    ティール組織の書評はよく、ここまで時代の流れとともに進化していく組織を色で分かりやすく分類されているなと驚き、また組織の一部であった私にとっては時代が動く様が分かりやすかったです。これまでの組織から新しい未来の組織像がティール組織なんだ、というのも分かりました。こんな組織だったらどんなにか仕事が楽しいだろうかと思います。ただ、本文の中にもホールネス(全体性)を醸成すると書いてある部分をとっても、人間が全体を見れない、部分しか取れない致命的欠陥があることを知らずして、ホールネスをどう捉えるのか。それが出来ないことにはティール組織の実現は、ティール組織っぽい感じのものに留まるだけでしょう。けれども、そこにnTechが入れば、今までの人間を補い、あらゆる組織の底上げに貢献出来ます。

  • 不知 航

    ティール組織の書評としては、まずはあなたの組織作りをしてきて解決出来なかったり、困っていることが理解できます。そして、今までの組織がどんな組織だったのか、今の最新の組織が何なのか、そして今何に困っているのかが明確にわかります。客観的に組織の現在地がわかる様になるので、あなたが次に取り組むべきことや何にチャレンジすればいいのかの指針が見えるので、今方向性に迷っていたり、現在地がわからなくなっている方には特におススメです。

  • 亀井 薫

    ティール組織の書評としては、
    一番理想的な次世代型の組織であり、唯一の希望モデルであります。
    ただ一点、理想は掲げているものの、これは論文、報告書みたいなものであり、まだ現実に無いんです。
    達成されてないモデルで、一番難しいところが「全体性を持った個人の発揮」。
    私達は脳という機能を持っている以上、部分だけ取るという癖を持っている以上、全体性を持つのはとても難しいのです。

    ただ、唯一、全体性を発揮した状態で個性を発揮させる技術nTechという道具を持てば、
    ティール組織は実現可能だと明確に言えます。

  • 島崎信也

    ティール組織の書評。よくまとまっている本です。私たちにとって、今の時代、特にこの日本を知る上でも重要な本の内の一冊と言えるでしょう。今の日本人は、大局観に疎く、大勢を見る事に欠ける傾向があります。一体どれくらいの人が、世界情勢や時流の流れについて関心を持っているでしょうか?まして、時代の変遷や歴史の流れを整理しようとする気概を持ちにくい私たちでもあります。ですから組織論やチームプレーと言っても、多くの日本人が思う組織論やチームプレーは、文明歴史や時代精神までをも整理整頓したところから見る目が養われていません。ティール組織の本は、そうした日本人の弱点を補う上で、とても良い本だと言えます。

    一方で参考にすると良いのがnTechです。ティール組織を具現化する上で大切となるのが尊厳・Dignityです。Dignityティール組織を創る上でnTechはとても便利ですので、ティール組織の本と併せてnTechも学ばれてみて下さい。

  • こましょー

    ティール組織の本を見た時に、この現実の地球上にはまだ存在していないと思う。
    実現できたとしたら、最先端の企業であり、人類の希望でしかない。
    どれだけ、個人の時代をきって全体主義で動けるか。
    主体性の持ったリーダーの集団組織。
    いつも考えがクリエイティブで終わりなき問題に立ち向かえる集団と言えるだろう。

  • まい

    ティール組織という理想の組織。ティール組織の書評としては、今までの組織の在り方から、これから人類が求める組織の方向性について表現されているものだなという感じでした。今はまだ実現はしていないけれど、今までの組織にどんな限界があり、そして人間一人ひとりを活かしていく組織、今からの時代に必要な組織、それが表現されていることはすごい事だと思ったし、その表現した事についてここまで多くの人が指示しているというのは、時代が求めている組織の形なんだという事だと感じました。理想の組織であり、人々が求める組織。でも実現は難しいもの。実現が難しいというのは、何かの原因があるから、今までも今も理想の組織が出来上がらなかったということです。その原因が何なのかを明確にし、そしてそこに対しての代案を示しているのがnTechです。人類が超えられなかった一点の根本原因を突破することで理想の組織ができあがる。それは、今までにない美しさの追及だなと感じています。

  • Hiromi

    ティール組織の書評を書くとすれば、ラルーの構想は素晴らしいと思いますが、組織が変わるためには、それを構成する人々の変化なくしては成り得ないということです!
    でも、現在の動物文明をどのように尊厳文明に変えていくのでしょうか?
    部分感しか無い人間がどのように全体性を得ていくのでしょうか?
    そこへ向かうのに必要な道具がnTechだと思うのです。不完全な脳の初期セッティングを補うのに、最高のツールだと感じています!

  • 熊倉恵子

    ティール組織の書評。人類が、今までどのような組織形態を構築してきたかをシンプルにまとめ、その特徴や属性を色で整理しているところ。そして、理想の組織形態を提案し、人々に影響を与えているところが素晴らしいと思います。この本があることで、理想の目指すべき組織の共通認識ができるので、世の中の企業組織の指標にもなると思います。
    ただ、ティール組織は実現が難しく、不可能に近いところを、どのように作って行くかの作り方までを書かれていないので、実現は難しいでしょうね。

  • Maimai

    ティール組織の書評としては、著者フレデリック・ラルー氏が、世界中の企業を調査して発見した、これまでとは全く違う組織の形で事業の成長を遂げている企業の「全体性」「セルフマネージメント」「組織の存在目的」の共通点をとって次世代の組織モデルを提唱しているので、とても説得力があります。
    ラルー氏が提唱するように、個々が自分らしさを最大限に発揮しながら、自ら意思決定をしていき、チームワークが発揮されながら、組織の存在目的を追求し、進化し続ける生命体のような組織がどんどん生まれていったら世界は変わると思いますが、本の中には、その理想的な組織のつくり方までは書かれていないのが残念です。
    理想を理想で終わらせないためにも、理想を具現化する技術でもあるnTechを通して、ティール組織を具現化していきたい&していきましょう♪

  • かなえ

    ティール組織の書評ですね。まず、これまでの組織の歴史や限界、さらに今からの時代の憧れ組織を提案してくれていますね。誰でも一度や二度は組織に限界を感じるでしょうし、共感できるのではないでしょうか。ただし、具体的な作り方が書いていないことは気になります。なぜならば個人と全体性の両方を活かす道が開拓されていないからです。nTechは、個人と全体性を活かす組織づくりが可能です。その観点が入ると、より本物のティール組織が実現できます。今からの時代は、本物の組織づくりが求められているし、ともにチャレンジしていきたいですね!

  • みかり

    今までの組織形態の歴史を分かりやすく解説し、そして今後の理想の組織の形を提唱しているのがティール組織の本です。このティール組織の書評を一言でするなら、『理想はわかるけど、じゃあ具体的にどうしたらいいのか本を読んだだけでは分からない』といったところでしょうか。
    とにかく、既存の組織とはまったく違った組織の在り方がティール組織です。ですので『言いたいことはなんとなく分かるけれど、イメージが難しい』といった感想を抱く人がほとんどかと思います。
    個人が全体性を持つことがティール組織では必要ですが、これがとても難しい。人は自分の役割のことにだけ目がいくのは当然で、それ以外ましてや全体のことはどうしても意識から抜け落ちてしまいます。
    この問題を突破するためには、nTechが必要です。なぜなら、自分の枠を越えて全体主観することが可能になるからです。
    次元を一次元上げたような関わり方が可能になり、組織全体を自分そのものの生命体のように動かしていくことが可能になります。

  • aiko

    ティール組織の書評ですが、今までにない、誰もが生かされる組織についてシャープに方向性を提示してくださっているのがこの本だと思っています。具体策はこの本では出ていないですが、方向性を示すこと自体がまず難しいですし、「こっちの方向なのかも」と希望を感じれる第一歩を先駆してくださったと思っています。ただ、このままだと理想論で終わってしまいます。なので具現化するための道具が必要です。私は、nTechという技術が、そのティール組織を具現化するペアになると確信しています。なぜなら、人間の部分性を補う技術だからです。

  • やなぎ

    人類が今までたどってきた歴史を、人種や事柄等関係なくシンプルに紐解いているティール組織。ティール組織の書評というが、これだけ分厚いと手に取ることもしない人が多いのではないかと思うけど、そんなことはなく世界でダイヒットとなっている。それだけ今ある組織体制に限界を感じている人がどの国にも多いということではないでしょうか?!
    であれば、今この本がベストセラーになることは必然的で、ティール組織の書評を世界的に討論して実現するにはどうするのか?実現に向けた行動を起こしていく必要性を感じました。

  • yukachin

    Teal組織としての書評は、今までの組織の変遷と理想のモデルが書かれていることと、理想の組織には何が必要なのか書かれているので、理想の組織を創る方向性がわかるところかと思います。そして人類がどんな限界を持って突破してきたのかがわかるので、次の課題を突破するにはどうしたらいいのかが分かってきますね。人間はソーシャルパワー。一人では難しいことも人が集まれば解決できることも増えて来る。だけどチームプレーをするのが中々難しい現状です。nTechを使えばこの本に書かれている課題は解決できます。組織をもっと良くしたいと思う方ならTeal組織の本+nTechは欠かせないと思いました。

  • Keizenke

    ティール組織の帯に書いてある、「上下関係も、売上目標も、予算もない。」ここに、今までの組織の限界が集約されているように思う。だからこそ、世界でベストセラーになっている「ティール組織」の本。ティール組織の本の書評は今までの時代背景からの組織つくり、組織体型が綺麗にまとめられ、これからどう組織をつくるのかのひとつの提案、そして、どのようにつくっていくのかは課題が多いという所で、その課題解決するためのきっかけを暮れる本なのかと思います。
    その課題解決になる技術がnTechでもあり、それを使ってチャレンジしてきたとこは、このティール組織に書かれている事が実践としてよりよくわかるものだと思います。今までにない組織つくりのモデルとして、両方が活かされていくものと思います。

  • elly

    ティール組織の本を初めて読んだ時に、印象的だったことは、今までの人類が辿っていきた組織の特徴が解説されていたことです。
    今までの組織が理解できたときに、次の組織の在り方が見えてくると思いました。
    ティール組織の書評について、色々な方の意見を聞いていますが、私は今からの時代の組織について考える良いきっかけをもらい、是非組織をつくっていきたい方や経営者の方に読んでもらいたい本だと思っています。

  • Natsuki

    ティール組織の書評としては、人間の意識の進化と組織構造の進化を対にして書かれているところが素晴らしいと思いました。なぜなら、人間の内面の進化が社会構造を変化させていくことに、中々関心を持つ人が少ないからです。今の時代も、科学技術が進化し、人間の外側の開発は進んでいますが、内面の意識の開発は進んでいません。ただ、この本では、理想の組織を実現するために、人間の意識をどのように変化させるのかや、未だに争いを終わらせられない意識レベルに留まっているのは何が問題なのか、その問題を規定できていません。
    nTechはその問題を規定し、解決策まで提示しているので、ティール組織を実現するのに必ず役に立つと思います!

  • 見並圭一

    ティール組織は今までの人類が待ち望んだ組織だと思います。人類の歴史=組織を築いてきた歴史でもあるからです。その意味とつな
    げてティール組織の書評をすると、この本は人類に向けて警笛を鳴らしてくれた本だと思います。夢のある組織であったとしても、今
    の人間はその組織をつくることはできません。書籍ではその問題に対してもふれられているからです。

  • 森本柾人

    ティール組織の書評としては、人類にとっての希望だと思います。人間はどんな人でも必ず組織活動をしています。家族、会社、国家は全て組織です。人たちの協力連携によって発展や喜び感動が生まれると思います。その組織の最高峰がティール組織になると思います。ティール組織が完成して広がっていくことはとても希望だと思います。しかし、ティール組織を作るためには、人間のエゴ意識を超えていかなければなりません。これは、部分しか認識できない人間の脳機能の限界を補わなければなりません。それができるnTechを使うことで必ず完成することができます。

  • ティール組織という本はすんごく分厚いので読むのに時間がかかりそう…という理由でなかなか読もう!とおしりをあげるのに時間がかかってしまいそうなんですが、それよりもあの書籍の色に目を惹かれましたね。
    緑とも青ともとれるステキな色!その表紙だけで平和で穏やかなイメージが湧きますね!
    だから、内容が表紙にも現れているってこともいえます。見た目もとても大事ですね、
    それが私のティール組織の本の書評です。

  • 由佳子

    ティール組織の本の書評としてあげるならば、nTechを知らなければきっと読もうと手に取ることはなかったということ。組織と聞いてどうも縛られるイメージが強いのは日本人はたいていの人がそうだと聞きます。そこで売り上げ目標とか、上下関係とか、予算までないって…どうやって組織を成り立たせるの?って思いました。それがチームプレーだったんです!nTechを知ると、余計にチームプレーのイメージが広がるし、深まると思います!

  • 山口禎子

    ティール組織の本は、著者のラルーさんの人柄を現しているのか、表現はとてもユニークで、読みやすい本だと思います。
    ティール組織の書評としては、一言で言うなら「とても面白い!理想的な組織!」です。
    ただ、条件付きです。「実現可能ならば...」なのです。
    様々な企業の事例も多く取り上げられていて、こんなことやったらこうなった、とか、うまくいったとか、
    そういったエピソードも書いてありますが、うまくいっても、失敗しても、
    それが「なぜ」「どんなポイント」でうまくいっているということなのか、失敗しているということなのかがわからない。
    やってみた結果の共有であって、どのポイントを落とさないように、どう作っていくのかは書いていないのです。
    部分的、一時的成功した事例があったとしても、本当の意味でティール組織とは、まだ世界中のどこにも誕生していないと思います。
    それを可能にする技術がnTechです。
    なぜ、うまくいくのか、うまくいかないのかの基準が明確にあるので、そこに対して実践することができるので、ティール組織の実践モデルは日本からこれから誕生していくと確信しています!

  • Ayaka

    ティール組織は今までにない組織の形であり、今までの組織の問題点を底上げする組織の形です。
    この本には、このティール組織が登場するまでに至った組織の形がどういうものであったかという組織の歴史と
    、それらの組織の課題をすべて解決できるティール組織とは何なのかが書かれています。
    このティール組織の本の書評をするならば、今まで誰もがこんな組織があったらいいなと思っていた
    組織のイメージを言語化し、誰もが納得できる形に落とし込んでいることではないかと思います。
    とはいえ、まだ現実にはティール組織を実現できている組織はないのではないでしょうか。
    ティール組織を本当の意味で実現させることによって、この組織がこれからの時代の突破口となることを願っています。

  • たま

    書店で平積みされていたティール組織、こんなに分厚くて読みにくそうなのに、ティール組織の書評をみると、今の時代に絶対的に必要だと書かれていて、とても気になる本でした。実際に読んでみたところ、これまでの歴史は組織の歴史だということがよくわかる!!そしてどんな困難、課題を超えてきたのかを実感できました。しかしどうやったらティール組織ができるのかについては、明確ではないことが気になるところです。そして本当はそこが知りたかった!!ここからの未来を考えていきたいものです。

  • morphie

    ティール組織の書評を聞かせてくれた友人の経営者は、あれnTechがないと絶対無理やね!と話していましたね。

    ぶっちゃっけ業界で一番業績を上げており成長している会社でさえまだグリーン組織のレベルだと話していましたが、正に別の友人が経営する会社も当てはまると思います。

    業績は凄いけど、あんなに毎日毎日社員と飲んで食べて交流していてもやはり離職者はいるわけで、信頼関係構築出来ても暴飲暴食で肥満に成人病で死んでしまったら元も子もないと思ってしまうくらい不健康も気になります。。

    書いている程ティール組織の実践モデルは簡単じゃないよね!というのが読んだ経営者の本音ではないでしょうか。

  • こみず

    ティール組織の書評をしたいところですが、本はまだ全部読んでおらず、まとめ文を読みました。その範囲で私が理解したところだと、人間がどんな風に組織を作ってきたのかがわかりやすいです。そしてそもそも人間は組織を作る生き物だということも改めて実感させられました。本の内容を読んだ人の書評では、どのようにティール組織を作るのかは書いていないそうです。その点については、認識技術nTechが補えるかなと思うので、ティール組織とnTech、いいペアだなと思います。

  • 小畑多美子

    ティール組織の書評としては、今までの人類が歩んできた組織とこれからの未来組織の形を歴史で説明し、分かりやすく色別してあるので、とても分かりやすいなと思いました。
    その中で、組織としての意思決定をどのように取っていくのかという課題を解決してきた歴史でもあると思います。
    グリーン組織からようやく個人も組織もお互いWin出来そうな感じはしますが、やはり意思決定の問題がでてくる難点があり、それを解決していくのが次世代モデルのティール組織だと書いてあります。
    今、生き方が多様化している中で、組織に属さず1人で生きていくことは困難だと思います。だからこそ、こういったティール組織が今の時代に求められているのだと感じました。

  • macha

    今までの組織の作られ方がわかりやすく書いてあり、そしてこれからどんな組織が必要となってくるのか。
    本の中で書かれてあることが、実際につくられていけるようになるには?
    理想を現実にしていく為には、どんな人間が組織をつくるのか。
    なぜ、今まで理想の組織がつくれなかったのか。
    組織ありきではなく、人間ありき。
    人間の変化が、組織の変化を生むと思います。
    この本は、これを考えさせてくれる本だと思います。
    ティール組織の書評でした。

  • おがじゅん

    ティール組織の書評について。

    ティール組織の特徴として、「セルフマネジメント」「全体性」「存在目的」の3つが挙げられます。

    しかし、この3つがかなり障壁です。

    何故ならば、セルフマネジメントするにしても、自分の観点・アルゴリズム(自分がよくやる行動・思考・感情のパターン)が分かり、その外に出られなければ、ほぼ不可能です。
    全体性も、人間の5感覚と脳を土台とした認識方式では、部分と違いしか認識できず、全体を認識することは不可能なのです。
    存在目的も、存在の仕組みと方向性、時代の全体の流れを認識出来なければ、これを見いだすことは極めて困難です。

    これら3つの障壁を越えないと、ティール組織を現実にするのは不可能です。

    この限界をクリアーするのに、nTechが大いに貢献します。

    nTechを道具に1人ひとりの認識の限界を補えることで、理想とする組織であるティール組織は現実に可能です。

  • bonatakato

    ティール組織の本の書評

    率直に、
    「理想的な組織ではあるが、どうやって作るのか?」
    と思いました。

    作り方が、全てやり方レベル。本質的な作り方が書いてないのが問題でした。

    そこで、nTechが役に立ちます。

    主体性、全体性、持続的変化する目的を作れない原因は、全て観点固定です。

    その観点の問題を突破すること。そして初めてティール組織が作れます。

  • masaco

    ティール組織の書評。人類の組織形態の歴史を丁寧に解析した上で、これからの時代の進化型組織モデルを提示している。時代の転換点を迎えた今、従来の組織の限界を超えて、希望となる方向性を示している意義は大きい。具現化にあたっては、重要な要素である「全体性」を発揮する個人を育成する技術、nTechが必須。

  • 安田真理

    ティール組織の書評としては、今までにない美しい理想の組織に必要な要素を明確にまとめてあると思っています。
    しかし、残念ながら書籍には具体的なティール組織の創り方は記載されておらず、読んだ人たちに託された状態であるため、世間では様々なティール組織セミナーが開かれていますが、現場での声は『理想的ではあるけど、、、ねぇ。』と、なかなか創建するには、困難さがあるようです。
    nTechでは、この理想と現実の格差を埋めるための教育・技術が学べるため、ティール組織を具体的に組織する方法を説明することができます^ ^

  • sumitomo

    ティール組織の書評として、未来の人間が創る組織だなと思いました。これまでの人間が作ってきた組織や、その進化の歴史でもあるけれど、ティール組織を作るには、これまでの人間の認識を越える必要がある。それは、人間が誕生してから、殆どの人が超えられなかった認識の限界。部分認識しか出来なかったところから、全体認識を出来るようにし、主体性を持って生きる。これまでのパラダイムをこえた、新しいパラダイムで人間が生きる時、それが結果的にティール組織となっていく。なので、未来の人間が創る組織だと思っています。

  • vosaraicesara

    ティール組織の書評を書いてみたいと思います。この本は、組織に全く関心がない人にとっても面白く読める本です。ティール組織は人間が持っている根底の欲求(例えば、自分の能力や個性を発揮したいとか、存在意義を感じたいとか、色々な人と良好な関係を築きたい等々)が満たされる組織形態であることが分かるので、とても希望が持てます。実際にティール組織が作ることは、難しいと言われていますが、nTechを導入することでそれも解決します。nTechという道具を使って、ティール組織をみんなで作り上げるプロセスそのものが何より楽しいし、時代の希望だと言えると思います。

  • cheerwave

    書評なんて書いたことないけど、ティール組織の書評を書いてみたいと思います。本書で紹介されているアインシュタインの言葉「どんな問題もそれを作り出したときの意識レベルのままでは解決できない」というもの。唯一解決策となれるnTechでは人類共通の問題「観点の問題」と規定し、争いや摩擦・衝突を繰り返してしまう観点固定から観点の次元上昇が可能になるので変化の自由度が得られ、何でもできる何にでもなれるどんな役割ポジションも楽しめるようになる。全体性の発揮にも活かせる要素ももちろん、それ以上のものが得られます。

  • Teruhiko.Nakagawa

    ティール組織の書評と言われて思うのは、誰もが羨む組織体系が記されていることだと思っている。こんな組織がもし実現できるのだとしたら、日本社会は確実に目覚めていく。そう確信する人が少なくないはずだ。分厚い本だが買う価値はある。見た目も綺麗な表紙で永久保存しておきたい本の一冊。分厚い本だけど書いてあることはシンプルです。このシンプルさがすっごく大事。今までの組織の調べて、組織のこれからのあり方を語っています。ぜひ読んでみてください。

  • 波多江めぐみ

    ティール組織の本は、今の組織に対する限界提示と進化した組織モデルについて記載してありますが、ティール組織の書評としては、理想の組織についてのイメージを掴む本だと思います。
    まだモデルは完成していないし実現するための道筋がわからないので、理想論にさえ聞こえるようにも思います。
    nTechによって、ティール組織を作るために突破すべきポイントと解決策が明確なので、どこからかティール組織のモデルを生み出し、新しい組織を早く世界に広げていきたいです。

  • yoshiko nishio

    ティール組織の書評を書かせていただくと、
    人類の進化、方向性を示してくれている、読んでいて、夢を感じるような、そんな印象でした。

    ただ、結局どうやってティール組織を作るの?がわからないまま、ということ。
    次は、具体的なティール組織の作り方、について書かれることを期待したいところです。

  • ecco

    ティール組織の書評としては、今までの組織の進化の特徴が整理されているだけでなく、色でまとめられていて、とてもわかりやすかったです。また、これからの未来型の組織モデルが書かれていて、今の、時代が求める未来型の理想の組織だと思いました。
    ただ、ティール組織を具現化させるための3つのブレークスルーが書かれていましたが、具体的な方法が書かれていなかったので、nTechを取り入れることで具体化が可能だと思います。

  • miwa

    ティール組織の書評としては、著者のフレデリック・ラルーさんがここまでまとめあげた情熱をひしひしと感じたのが第一印象です。
    同時に、人類の新しい組織の方向性を模索する時代の意志も感じますね。ティール組織が日本でここまで注目されているのも、東洋と西洋の融合が求められる局面にきているのだと思います。

  • こうた

    ティール組織を読んで、よくまとめてくれたなーって思いました!
    ティール組織の書評としては、人類の歴史を組織という観点からまとめ、多様なエピソードも踏まえながら、今後に必要な組織のあり方を示しているなと思いました!
    ただ、どのようにティール組織を作れば良いのかは書かれていないので、そのパートナーとしてnTechはバッチリだと思います!

  • eri567

    nTechに出逢わなかったら、絶対読まない本ですね 笑。組織に関心がなかったし、活字も苦手でしたので特に。けど、いまは個人主義の限界も感じていますし、組織のあり方やチームプレーに関心を持てるようになったので、まさにそんなタイミングで、「ティール組織」に出会えたと思ってます。

    書評としては、組織の変遷と、私たちの現在地を眺めながら、次なる組織のあり方を考えるキッカケになる本だと思います。ユーバル・ノア・ハラリ著の「ホモデウス」もそうですが、やはり今だけでなく、歴史全体を俯瞰できることは、未来をつくっていく上で重要な要素だと思います。

  • mizu

    ティール組織の書評ですが、今までの組織の限界と、これからの組織の理想を表現してくれている本だと思います。
    その理想の組織であるティール組織が理想で終わるのかどうかは、nTechがペアづけされるかなんです!
    今までの人類がなぜ、ティール組織をつくってこれなかったのか、それは人間の機能の問題があるからです!
    その機能の問題を超えたのがnTechです!

  • 泊由美子

    ティール組織の本、すっごい分厚いですよね!
    なかなかあれを読みきったという人は少ないんじゃないかと思います。
    目次のタイトルなど、組織を学んでいる方はきっと興味をそそられる人も多かったと思います。
    ですが、明確に作り方、というのは記載されてないのが、ある意味可能性かなと感じてます。あとはあなたたちで考えて作ってみてって感じで私は創造性を刺激されるのでいいなと感じています。

  • Haruko

    「ティール組織」がいま日本で特に人気だそうですが、それだけ既存の組織形態に問題を感じている方が多いのかなと感じます。企業で働いていても感じますが、大企業であればあるほど意思決定が隅々まで届きにくく部分的なタスク処理に追われ、働く喜びを感じにくいですし、中小企業はそれに比べてダイレクトで速やかな分、勢力的に大企業にのまれやすい。ティール組織の書評として、それらの組織がどのような背景で作られて来たのか、またその課題を補ってそれぞれの良さを活かし合うことができるという希望を提示している点が人気の秘密なのかなと思います。組織に対して指標を打ち出したという点でとても画期的だとも思います。ただ、それを実現するためにどこからどのように手を付けたら良いのか、現実的に動こうとすればするほど分からなくなってしまうのではないかと思います。なぜなら、その組織を作ろうとする人間が進化していない状態で作ろうとしてもまた今までと同じ組織形態になってしまうからです。人間の何を進化させたら良いのか?どのように進化させることが必要なのか?そこに対する答えはnTechが23年間の実績と共に提案していますので、興味のある方はいち早く活用して理想の組織作りを共に実現して行ければと思います。

  • さかなゆう

    かなり分厚い本、ティール組織の書評なんて、ぶっちゃけわたしの場合nTechと出会っていなければ書けなかったです。
    難しいというかそもそも、組織に興味持たなかったし
    だけど、ティール組織を実現するさせることがいかにジワるにとっての希望なのかが
    nTechを通して俯瞰した時代をみたときに
    ティール組織の価値がわかり

    人類のきほとなる本を書いて、日本で発売してくれた方たち、尽力してくれた人たちがほんと素晴らしいと今は思いますます、

  • Mami

    今年話題のティール組織の書評としては、組織形態の特徴と進化の歴史がわかりやすくまとめられていて、組織の進化=人類の進化だと感じました。
    「セルフマネージメント」「全体性」「組織の存在目的」という点で、新しい組織モデルを提唱されているのは画期的でしたが、人間の脳機能の限界を超えないと本当の意味での実現は難しいのでは?と思いました。
    人類の認識次元の進化を案内するnTechを学んだものとしては、理想のティール組織を実現するのにnTechが不可欠な技術だなと感じました。

  • 吉村真奈美

    Teal組織の書評を述べさせていただくとすれば、私は、組織の歴史書であり、分析書だと思います。ここまで人類が作り上げてきた来た組織の流れを分かりやすくまとめてある素晴らしい本です。また、この本が全世界で読まれ人気があるところから、人類が今までの力関係・力構造の限界を超え、尊厳関係によって作る組織の必要性を訴えている美しい本でもあります。

  • htakamura

    ティール組織の書評は、時代の流れと共に組織モデルが成長して、組織体制の限界を迎える事で次が開発されて作られていく、本当にその進化過程がよく分かります。そして、まだティール組織が完成していないこともわかります。
    ティール組織を作るには、全体性を持つことが問われます。一人一人が自分の独立した意思決定ができる個人でありつつ、利害関係ではなく、協力関係を持ち続けられること。これを可能にするには、人間機能の限界を超えるのに、nTechが必要な技術となります。

  • あさりー

    ティール組織の書評
    今までの組織が、歴史の流れを踏まえてとてもわかりやすく解説されています。
    今の基準で見るとなんで?と思うようなことも、歴史や時代背景と合わせてみるとああ、なるほど!と思えます。
    ですので、今の時代になぜティール組織が必要なのかもわかります。
    これからの時代をつくる組織ですので、これからの時代を正確に認識、規定することが出来なければ、組織を正しく認識、規定することも出来ません。
    そして、それはnTechを使わないと絶対に出来ません。

  • 高橋美里

    ティール組織の本の書評をするとするなら、これができたら世界は変わるだろうなー!でもどうやって?という理想と現実に立ち返らざるおえない、といった感じでしょうか。
    ティール組織をつくるには、共通土台があってこそかなと思います。nTechとティール組織が合わさると、まだ人類が出会ったことのない組織が誕生すると思います。

  • sonoda

    ティール組織の書評として、まず、今の時代がどのような時代なのか、組織がどんな風に変遷していっていて、これからの時代が求められる組織のあり方について考えさせられる本です。
    そして、ティール組織にはホールネス、全体性が必要ですけれども、どうすれば全体性を持つことができるのかが書かれていないのが印象に残っています。今までの組織のあり方とこれからの時代が求める組織のあり方を理解するのにおすすめな一冊です。

  • 相良真史

    ティール組織の本の書評としては、「協力関係の進化は、人間の意識の進化である。」と書いてあった言葉が印象的で、即ちティール組織を実現するためには、人間の意識の次元が変わらなければはじまらないと。組織マネジメントの本でありながら、哲学・悟りの本でもあるというのがとても面白かったです。
    ティール組織実現するためには、一人ひとりが自分の価値観や見方を超えて、全体性(悟り)を発揮する必要がある。その難題を解決する技術がまさにnTechであるというポイントも、この本の内容をより面白くさせてくれました。

  • miisan

    ティール組織の書評。世間でも色々な方が書かれているかとは思いますが、今の時点でこの本がベストセラーになっているということは、それだけ社会が組織の限界、つまり、組織をつくりだす個人の限界も感じているのかと思います。
    これからの組織は、どんなニーズを持ち、どんな方向性へ向かってつくっていくのか、今までにない新しい観点で書かれている本だと思います。
    ただ、残念なのはそれをどう実践していくのかが明確ではないこと。このティール組織の本に書かれていることをベースとして、実現してつくっていくのがnTechであり、現にそのnTechの技術を使い、ティール組織を超えるディグニティ・ティール組織がつくられています。

  • 澤田祐子

    「ティール組織」の書評。ティール組織はもはや人間が本来の機能を忌憚なく発揮する"組織バイブル"のような位置づけになると思います。「ティール組織」のポイントは

    1.存在目的
    2.自主経営
    3.全体性

    組織の存在目的を深め、自らの気づきを深め、全体にとって賛同を呼ぶアイデアがあるなら、ジャッジなしにまずやってみる!そんなことを可能にするの組織づくりがティール組織にはふんだんに盛り込まれています。ただ、それぞれの項目が何を意味し何を意図するのかを明確に理解し全体を活かす視座にたつのはなかなか難しいかもしれません。その難しさを一掃し、ワクワクティール組織づくりに取り組めるようにサポートするのがnTechだと私は理解しています。

  • しげみ

    ティール組織の書評を述べるとするなら、今までの組織の在り方、そして未来求められる組織の在り方をシンプルにわかりやすく書かれていて素晴らしいと思います。でも、ティール組織の作り方や、なぜ今までティール組織の実現ができなかったのかの原因までは書かれていないので、実現する事が難しいというのが現実です。今までなかった組織だからこそ実現は簡単ではないのは当然ですが、問題に対しては問題解決策が必要となります。
    私はその問題解決策としてnTechの認識技術がとても相性が良いものだと思っています。人間とは何なのか、自分自身が何者なのかのアイデンティティーの問題を解決できるから、誰かの言いなりになる、組織の歯車になるのではない主体性をもった自主経営も可能になります。そしてそもそも人間なら誰もが持っている脳機能の限界を突破する事ができる技術により、部分認識しかできない人間が全体性を持つ事が可能になります。
    ティール組織という未来型組織の提案があるからこそ、それを実現する為にも必要な技術ががあるのだと感じています。

  • みなも

    私がティール組織の書評をするとしたら、人類の進化のプロセスが組織という、個人ではなく集団の進化として表現されている、ということでしょうか。その上で、何が限界でそれを突破するには何が必要なのか?
    までは書かれてますが、限界に対しての明確な処方と診断がないということです。
    知識としてはわかるという人も多く、実際にどうしたらいいのか?という意味では、不完全燃焼な感覚がありますが、ある意味、それが、私達に課されたミッションだとうけとっています。

  • あかり

    私がnTechを取り入れてなかったら、ティール組織の書評を書こうとも思わなかったです。組織自体を億劫だと思っていたから、興味や関心はありませんでした。nTechを取り入れることで、人間が何なのか、自分が何者なのかが分かり、本当の組織のあり方とは?を考えるようになりました。今までは、トップの考えのもと受動的に動きを作っているのが組織だと思っていましたが、各個人が全体性を持って自動的、主体的に動き、違いを活かし融合していくのが本当の組織のあり方ではないかと思います。ティール組織は、理想的で希望の組織。多様性が溢れる現代、nTechによってティール組織作りは可能になります。

  • kenmiura

    ティール組織の書評についてですが、
    自己流で結論付けや解釈をしてしまっている
    ケースが多く見受けられると感じています。

    その原因として考えられるのは、知っている過去の経験知識
    とつなげてティール組織を理解イメージしようとしてしまっている事が大きな要因と思います。

    人類が経験体験したことない全く新しい組織モデル
    ですから、もちろんイメージも浮かばないのは当然と思います。

    そういった背景もあり、各書評も各々の解釈で可能か不可能かの
    結論づけや本来のティール組織が指し示す、「組織モデル」が伝わりにくくなっている書評が多いように感じています。

  • みもざ

    ティール組織の書評ということですが、組織を作るというのは本当に難しいことですね。特に、現代の個人主義を見てたらわかるじゃないですか!人と人はわかりあえず、意見を違えたらもう駄目だと引きこもる。チームプレーもなにもあったもんじゃありません。そんな時代に、組織論を書いたフレデリック•ラルーさんはすごいですね。今までの組織から次のプレートの組織の全体像を書いている。
    でも本来日本って団体、組織が得意な人たち。実は実践が一番やりやすい人たちだと思います。そのパートナーにnTechがあれば最強の組織になりますよ!

  • 古川いずみ

    Teal組織、面白いですよね。私はこの本が出る前に、Orange型の組織に属し、自分が雇用されているところからの行動をとっているのが嫌で、そこからGreen型の組織体系に感動し、そこでしばらく活動しましたが、そこでの限界を感じて、新しい組織モデルを探していたときにこの本と出会いました。
    組織の中で個人も納得(win)組織も納得(win)の形をつくるのは本当に難しいと感じていたのですが、このTeal組織が具現化したらすごいなあと思いながら読みましたね。それがTeal組織の書評ですが、じっさいに具現化するには、もともと人間の脳が部分的にしか取れないので、そこを全体性が取れるよう人間が進化をするべきだと思いますし、nTechを使うとそこがクリアできるとは感じています。

  • ナガ

    ティール組織の書評を書かせていただくと、個人主義の今の時代に組織の在り方について語っているというのが希望だと感じました。
    人間はチームプレーをすることにより、様々な問題を超えてきたし、チームプレーの限界で超えられていない問題が残っています。
    これからの時代に求められているのは次元上昇したチームプレーです。

  • クマ

    ティール組織の書評ということですが、これまでの組織とこれからの組織というのを明確に定義していることが素晴らしい点だと感じます。
    明確に定義することによって、これまでの限界と向かうべき方向性を提示しているのが、本書です。
    明確なモデルを誕生させコピーしていくことが今後の人類のやるべきことではないでしょうか。

  • はるころり

    ティール組織の書評を経営者や大手企業の方にきいてみました。従来の縦型社会では通用しないことは明らかであり、人のモチベーションをUPし続けながら生産性を高めていく組織づくりにはTEAL組織が理想的だといいいます。しかし、作り方が実際わからないというのも多く聞きます。私はnTechを学んだ人材であれば簡単にTEALができると確信しています。

  • mikity

    ティール組織の書評を書かせていただくと、組織という切り口で人間の組織の作り方の歴史を辿れることがすごく面白いと感じました。新しい組織を作るためには過去や現在の組織がどう成り立ってきたのかを知ることは大きなヒントにも繋がると思うからです。次世代型組織モデルを作ることがただの机上の空論に終わることではなく、我々人間がどのように変化をすれば本当にティール組織を作ることができるのか、たくさんの人と議論してみたいですね。

  • 白鳥健

    『ティール組織』という書籍で私がもっとも感銘を受けたのは、著者の卓越した整理能力・時間的空間的に広範な視点です。それが、歴史上の組織の進化体系としてあらわされ、「色」を用いて実に感覚的にも論理的にも説得力のある論説となったと感じました。そのうえで「Teal」という色に込めた著者の未来観に心躍るものもあります。ティール組織の書評としては、その著者の未来観の中心になるであろう「全体性」の獲得において、明確なイメージを読み手が共有できれば完璧であっただろうと感じられました。

  • 大川 真

    ティール組織は何度も読みましたが、今の組織のあり方に対して当たり前ではないというメッセージを強く感じます。ティール組織の書評をするなら、新しい時代の組織に進化しよう!という壮大な投げかけで、自分もぜひそのvisionに乗って参加したいと思いました。今のままではキツく苦しい現実を、ただ我慢することを続けてしまいます。それには必ず限界がありますよね。新しい組織に進化するためにはどうすればよいのか?その答えがnTechにあります。ティール組織を未読の方はぜひ読んで欲しいです。

  • 山中浩司

    僭越ながらティール組織の書評を書かせていただきたいたら思います。

    ティール組織とnTechは物凄く相性が良いと思いました
    なぜならばティール組織を作るにあたってエゴを超える事ができた集団が作る組織というのがあります。
    エゴ即ち脳の観点。nTechは脳機能の限界を超え部分感ではなく全体を捉えながら意思決定する事ができるようになります。

    上に上げたのは一例ですが、ティール組織を読めば読むほどnTechとの相性の良さが分かってきます。

  • ぬくぬく

    ティール組織の書評なんて、きっとnTechに出会わなければしていなかったと思います。人は好きでしたが、組織なんて、自由を憚れる場所で窮屈すぎて嫌いだったから。
    だからこそ思うことは、ティール組織は今までの組織体系が時代の流れと共にすごくわかりやすく繊細に描かれています。ここまでまとめること、そしてそれほどまでに組織の全体感を見ていることに私は感動しました。
    そして、今までの組織の限界点を見極めている。だからこそのTeal組織を机上の空論で終わらせるのではなく、nTechも土台に共に上昇できたら、嬉しく思います^^

  • ピュア

    私が書くならば
    ティール組織、それは人間であれば誰しも欲しい組織。今がどうであるかはおいておいて
    本に書かれている事が実現できたら、素晴らしいし、組織に希望を感じるものだと思います。
    本の中に出てくる全体性を人間は実現が難しかった。そこには、人間共通の脳の癖があるからなんだと、nTechと出会って知りました。この脳の癖を突破した時に、ティール組織が実現可能なのです。
    ティール組織作りに私も関わってますが、脳の癖があるので 日々奮闘中です

  • miracle369

    ティール組織の書評をするならば、今までの組織を観測した流れから理想の方向性は示している本なのだと思います。しかし、組織をつくるのは人間であり、人間とは何か、定義そのものが問われているのが今の時代なのだと思います。分離個別の人間観ではなし得ることができない理想論になってしまいますが、全体完全の人間観に変わった時に、その理想が自然と成し遂げられるのではないかとみています。壮大なパラダイムシフトのストーリーを今の時代を生きる皆さまと共有できることが楽しみです。

  • ちぐちぐ

    ティール組織の書評というほどの事ではないですが、
    この本は人間の涙と人間の可能性を感じます!

    本は分厚くて読むのは難しいし、自分とは関係ないだろうと思う方もいるかもしれませんが、
    世界中のどこの人にも必要な組織についてのヒントがちりばめられていると思います♪

    組織が大きな課題に感じるかもしれませんが、
    一人ひとりの個性が活かされ、幸せや豊かさを感じる事できる身近に関連している事が分かるはずです^^

  • YOKO

    ティール組織の書評を一言でいうと進化し続ける統一意識を持った達で作る組織だと思います。
    (書籍の中にも明確に語られています)
    危機をチャンスに変え、限界を自ら作り突破する人達で創る組織。その先には人類に対しての愛と今までの四苦八苦に対して、無限の涙を持っている。
    未来型と言われる組織を今、ここで創り続けていける人になるためには世界初最先端技術・nTech(認識技術)が不可欠です☆

  • EMI

    この組織を実現することができたなら、どんなに楽しいだろう!?と思いました。
    しかし残念ながら、この本には、「どうやったらティール組織が作れるのか」答えは書いてありません。

    それほど、人間が健全な組織を形成するのは難しいのです。

    ところが、nTechでは明確にティール組織の作り方を示しています。人間がたどり着く道は、ココしかないのかもしれません。私はいち早くnTechをマスターし、理想の組織づくりを実現させたいと思っています。

  • ちは

    ティール組織を読んで、今、世界中で、今までの、人間、関係性、組織の在り方の限界を皆が感じ、次のステップに向かう時なのだと感じました。なので、ティール組織の書評を言うなら、次の時代の組織の方向性を指し示す素晴らしい本であると私は思います。今、組織をお持ちの方(経営者だけに留まらず、団体やサークル、家族でもよいと思います)の悩みは、実はすべて今までの組織の限界とつながってくると思いますので、ぜひこの本を多くの方に読んでもらって、自分たちの悩みが実は次の次元のティール組織をまだ人間かつくれていないことが原因だったことを知ってもらいたいです。

  • Callinger帆足

    ビジネス書大賞2019経営者賞を獲得したティール組織。このティール組織の書評としては、人類の進化、時代の変化に伴って組織がどう変化しているのがよくまとまっていると思います。そして、新時代の組織「ティール型組織」の実現が経営者にはとても理想だと思います。
    この理想を実現するためにnTechが最高の道具になると思います。

  • KiJi

    ティール組織の書評というところでは、まず本が分厚すぎる!というのが正直なところです。そして、よく読んでも難しい。。。nTechからみれば認識のパラダイムと組織形成が繋がっていることがよくわかるので、一貫性がみえますが、よくあるノウハウ本のようには取り扱えないというのが書評ではないかと思います。

  • SAKI

    ティール組織の本は、経営者や組織づくりに興味がある人なら、納得の内容だと思います。でもそれが実現できない、机上の空論みたいな理想ならとても残念ですね。今の観点に掴まれてしまう人間の現在地ならとても難しいと思います。nTechで観点をallゼロ化することで、今の人間の不可能を可能にできると思います。

  • erina

    ティール組織の書評として感想を書くと、組織に対して抱いていた疑問や違和感が、段階ごとに整理されていく感じです。レッドからグリーンまでの各段階の特徴、メリット、デメリットがわかって、さらに、理想的な組織としてのティールが、3つの要素、①自主経営(セルフマネジメント)、②全体性(ホールネス、③存在目的で整理されてて、いまの現実の組織と当てはめて考えると面白いです。

  • たのしみず

    ティール組織の書評としては、今までの組織の体制や特徴の歴史を整理をしています。最初の特徴としては動物のような集団からはじまり、今からの次世代の組織モデルまでを紹介してくれています。
    その次世代の組織モデルがティール組織ですが、そのティール組織の特徴は書かれていても、どのように作るまでは書かれていません。
    どのようにティール組織をつくっていくのか。それを理解、実践する技術がnTechでもあります。日本から生まれたnTechがあるので、新しい次世代のモデルは日本からはじまると確信しています。
    ぜひ今までの組織の特徴、限界なども理解できますので、本も触れてみてもらえたらと思います。

  • とみざわりょうた

    ティール組織という本はあまり簡単に読める本ではありません。しかし実際に組織のあり方や、作り方などに対して悩んでいる人に対しては非常に有用な方向性を示してくれる本でもあると思います。なぜならばこの本は、ただの概念的な知識だけではなく著者が客観的なデータに基づいた研究の結果見えてきた方向性を示してくれているため、現場で起こっている問題とも対比して考えやすいと思います。

  • クッチー

    ティール組織の書評です。人が好きなのに,会社組織に絶望していた私にとって、ティール組織は正に理想の組織像でした!売上に追われ,ヒエラルキー構造に縛られ、組織に縛られ,没個性,アイデア枯渇。そんなところから、売上目標無、組織の上下がなく全員がフラット、一人一人が自己マネージメント、全体性も持ちつつ個性も発揮できる組織なんて!でも、どうやったらそれが実現するのでしょう?システムだけを整えるのでは無理があり、人間自身が観点の障壁を超えて、これまでにない人間力,人間関係力を爆発させ,シナジーを生み出す技術,教育が必要です。ティール組織を、夢や理想論で終わらせないない、実現可能な技術がnTechです。

  • だいとう おりえ

    ティール組織の書評は、時代の流れが組織スタイルの変化に表れているので、とてもわかりやすく、面白い本でした。

    知り合いと話す話題としても「持ってこい!」ですね。
    組織が嫌だけど、組織なしでは何もできない。わかっちゃいるけど…。の葛藤は、おそらく誰しもにあることでしょう。
    理想の組織を語るのには本当にこの1冊には美しい理想が書かれています。

    それを具現化できるnTechを活用していく事が私は楽しみですね!

    逆に、本を読んだとしてもただの理想論だけでは残念です。

    具現化できるところまでの案内はnTechで問題なく補えるという安心土台があっての書評でした!

  • 美峰

    ティール組織の書評について書いてみようと思います。
    ティール組織は、とても興味深い内容が書かれた本です。

    今までの組織の変遷について書かれていて、現代の組織の限界についても言及しています。今の組織の在り方では働いている人が高いモチベーションを持つのが難しいという点はとても共感します。

    これからの理想的な組織を、3つのぽいとで整理してます。
    自主経営、全体性、存在目的。これを可能にする為には、人間の部分観を超えていく必要があります。
    その為に必要な技術がnTechです。

  • まきのみ

    ティール組織の書評。
    人間の限界突破の歴史が組織を通して書かれていて、とても面白く読めました。
    組織はやっぱり人間にとっての進化の道具なのだなと思います。
    私たち一人ひとりは未熟だけど、組織を作ることで地球上に君臨している。
    その時代の限界に見合った組織作りが必要です。
    人間の今までの機能的限界を超えるnTech とティール組織の提唱することが今までになかった美しい組織を誕生させることができると思いました。

  • 高橋恵

    ティール組織の本の書評というほどのものではないですが、研究したものを書いているので簡単に読める本ではないというか
    普通に読むには読みずらい本だなと思います。しかし、この本の内容が本当に実在されてこの組織ができたら本当にすごいと思います。
    今の時代のニーズにもすごくぴったりだからこの本が売れているのだと思います。

  • のぶりん

    組織の理想像だなぁと思いました。
    ティール組織の書評は、最初から中々取っつきにくいなぁと思ってました。
    ただ、読み進めるうちにだんだん全体像が、見えてきてこんな理想の組織が創れたら良いなぁと思いました。
    そして、nTech と出会って、実現出来ることが分かり、とってもワクワクしてます。

  • イワミユカ

    ティール組織の書評 今までの組織に対しての足りないところ、こうしたらいいということなどの理想を書いてくれていると思います。どんなに理念や信念を掲げても資本主義から逃れることはできません。著者の方は本当は違う方法があるかもと模索しながら今までの方法しかなく結局は金か…と悔しい思いや悲しい思いがあったのかもしれないですね。これまでの人類が感じてきたものを一掃し、新たな組織、皆が望んでいる理想を書いてくれていると思います。

  • あさみ

    nTechに出会ってから、たくさん新しいことに挑戦してきましたが、ティール組織の書評を書くこともそのひとつですね。
    ティール組織は新しい組織の在り方だと思いました。なぜ、今までの組織がうまく行かなかったのか?それを突き詰めていったときに、ティール組織という理想に行き着くのだと思います。
    読めば読むほどnTechと相性バツグン!!nTechを使って、理想のティール組織を実現できるという確信が深まっています。

  • さやか

    ティール組織の書評なのですが、冒頭にあるように今現在の組織形態がそうそう変わるはずないとみなさんは思いますか?歴史を辿っていくと人類の組織の進化はアノマリーが起きて全く違う組織形態に進化していることがわかります。それをみたときに今現代にない全く新しい組織形態が生まれてもおかしくないということを気づかされた上で、内容が始まっていくので、ワクワクした新しい世界を受け取るイメージをもって内容と出会えます。

  • ろい

    ティール組織の書評としては、さすがは世界的なベストセラーという印象です。著者が数々の組織変革プロジェクトに携わった経験、新しい組織モデルへの徹底した調査・体系化が本書に結実しています。そのうえで、その組織の実現への道筋がnTechによって明確に補完されれば、より価値高い名著として読まれ続けると思います。

  • けんご

    ティール組織の書評は、今までの組織モデルを整理して、その特徴と限界を知らせてくれています。それらを色で区別しており、次世代の組織モデルとして「ティール組織」を提示しています。働き方やライフスタイルが多様化、複雑化、多元化していく中で、組織について着目し、全体像を整理してくれた、フレデリック・ラルーさんに感謝ですね。

  • 小池拓也

    まず、人類の集団を色別のカテゴリーに分けて、そこから新しい未来集団の組織としてのあり方を整理されているのがとても素晴らしいと思いました!それが可能になっていくのが理想の未来社会にもなるなと。これを実現するときに、実際に取り入れようとする会社も部分的なところだっけだったり、そもそも難しいという話も聞きます。
    nTechを学んでいて何が難しいからそうなるのかもわかります。
    やはりキーワードは観点の問題をどう突破するかだ。nTechとティール組織の相性はとても良いと思います!

  • hiro

    ティール組織の本の書評
    組織というものの変遷が分かりやすく書いてありとても勉強になりました。今までの組織のメリット・デメリットが整理され、これからの組織に何が必要なのか?経営者なら一度は読むべき本だと思います。Teal組織をどう実現していくのか?とっても大事なテーマだと思います。



⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現する最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-, ,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.