組織開発者は知らないとヤバい(笑)ティール組織とは?

投稿日:

組織開発

引用元:ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

最近、組織開発者の間で超有名なビジネス書があります。

それは「ティール組織

ティール組織とは、

これまでとは全く異なる組織モデルのことで、

ティール組織を世界中で実現できれば、

この世の全ての争いがなくなるほど、

革新的な内容になります。

※まだティール組織を読んだことがない人は「8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法」をご覧ください。

約600ページの分厚い本ですが、

読めば読むほど興奮してきますよ(笑)

特に組織開発者の人からしたら、

喉から手が出るほど欲しかった組織モデルが、

具体的に分かりやすく説明されています。

おそらく、ほとんどの組織開発者は、

既にこの本を読んでると思いますが、

まだの人は是非読んでみてください!

ちなみに、この記事では、

ティール組織を実現する最新技術「nTech(認識 technology)」を使ってる人たちから、

ティール組織に関する口コミをもらっています。

組織開発に興味がある

コンサルタント事業の会社として、企業や経営者向けに人材育成のコンサルティングやセミナーを開催している

ビジネス書やマネジメント本が好き

日本で組織開発に成功した事例(実践モデル)がないか知りたい

企業研修や人事採用、サービス、戦略にティール組織の仕組みを導入したい」という人は、

是非、参考にしてください(^^ゞ



組織開発におすすめの本「ティール組織」とは?

  • 島崎信也

    組織開発とはよく言った言葉です。開発される前までは組織ではありません。実際に、その通りです。人間は今まで、たったの一つも組織を誕生させた事はありません。故に、組織は今から開発されねばなりません。今まで組織の様に思えていたものは実は集団。観点の問題が解消されていない人間たちが集まっただけの状態でグルーピングされたものを指すにすぎません。それがたまたま、組織っぽい機能を果たしている様に思えているだけで、実際は組織にはなり得ていません。では、未だ開発されない組織が、この後もずっと開発されないままであれば、一体何がどうなるのでしょうか?

    観点の問題が解消されない個人。その個人が集まるとは如何に?それは、問題が集まり、大問題へと膨らみ上がり、大問題を解消出来ない個人、もしくは集団だけがただただ残ります。戦争の問題、飢餓貧困の問題、少子高齢化の問題、やる気喪失の問題、不景気の問題、何から何まで問題が溢れ出し、これを一つとして解決できない状態です。故に組織が必要。

    問題を解決するのが組織です。しかも、人類が誕生してから500万年間もの間ずっと蓄積され続けてきた問題は、文明の滅亡や人類の滅亡の一歩手前ほどの勢いで膨らみ続けています。そんな問題を解決するにはスピードが必要です。スピード溢れる問題解決を行う組織はDignityティール組織。観点の問題を解消するnTechとnTechが推奨するDignityティール組織で全ての問題は一つひとつ解決されます。今まで組織は一つとしてありません。Dignityティール組織一つを開発したら、組織開発に成功した初めての事例となるでしょう。

  • naomijoy

    組織開発や組織の歴史、体制について教えてくれるのが書籍「ティール組織」です。そして現代人が超理想とする組織が「ティール組織」だと思います。書籍ティール組織では組織体制を色分けするのですが、その最上級がティール(鴨の羽色)。その中でセルフマネジメントの重要性が書かれていますが、一人一人の安心感も重要な要素だと感じました。信頼や安心がベースの上で一人一人が活躍する組織を作れることを感じました。本当の安心を作るためには人間が過去の不安から自由になる必要があります。過去の不安から自由になるには脳の奴隷から自由になる技術nTechが必要だと思います。組織開発の重要な要素として「意識改革」が挙げられると思いますが、そのためにも安心感を育てることは最重要だと思います。

  • SAKI

    組織開発するには何をすればいいのか、組織開発は組織をつくる人を開発することにつながっています。AI時代に、速さや正確さ情報知識では人間の能力は到底及ばなくなり、格差の危機、人間としてのアイデンティティの危機がやってきます。組織に求められるのは『ティール組織』の本にあるように自己マネジメント力や一人ひとりが全体性を発揮し持続的進化をしていくこと。今はそれらの能力を開発するための教育(学校、会社)ではないと思います。
    理想の組織をつくるために経営者ほど、人の変化や教育が難しいと感じているのではないでしょうか。個性も発揮しつつ組織のビジョンに主体的に動き、チームプレーができる人や集団はどれだけあるでしょう。
    人間の持つ機能的限界を解決するnTechを活用することで、ティール組織の具現化も可能になると思います。

  • 不知 航

    組織開発というと、あなたはどんなイメージが浮かびますか?
    昔の私なら正直とても嫌なイメージでした。というのも、組織に対していいイメージが無かったからです。
    このティール組織の本でも、まさにこんな組織だったら理想だなーということが書かれています。でも実際作ることは困難です。でもそれを創ることが出来る様になる技術がnTechです。nTechに出会い、組織のイメージが変わりました。こんなに人が信用出来るようになり、組織で活動することの意味や価値がどんどん深まっています。

  • だいとう おりえ

    「組織開発」なんて堅苦しい言葉で、興味もありませんでした。
    でも、この世界は組織、関係で成り立っているんだとわかると、たちまち優先順位がトップにくる関心事に変わりました。

    組織開発なくしては、誰かと本当に仲良くする事なんてできません。
    夫婦も親子もです。

    組織開発は「宇宙の仕組み」がわかれば可能です。
    そうすれば「ティール組織」も実現可能なのです!
    その、「宇宙の仕組み」を美しく説明する事ができるのがnTechです。

    ティール組織は宇宙の仕組みを理解することによって自然とできます!

    組織開発は、人間関係開発でもあります!一緒にやりませんか?

  • えみる

    誰でも、1つ以上の組織に所属しています。例えば、家庭、学校、職場、サークル、地域、国など。なので形は違えどみんな組織開発者だと言えます。

    だとしたら、どんな人達が集まった組織であるかによってその環境は大きく変わります。

    では、その環境が悪い場合にはどうしたら変えられるのでしょうか。

    それには、1人1人の意識が変わっていくことが必要になります。大前提の観方のチェンジが必要なのです。

    視点の広さを持つことは何事にも需要です。物事を多角的に観ることができれば、相手を理解することができ、協力を得やすくなります。

    これからの組織には、ティール組織で言われている、自己マネジメントができる人たちが集まる組織が理想です。

    観点を持ったままでの疎通交流はどうしても固定してしまうので摩擦衝突が生まれやすく難しいのです。

    nTech技術で、観点の外にでて観る技術を身に付けたときにやっと組織開発がスタートできるようになります。

  • ちぐちぐ

    自分の組織を創りたい。
    自分らしく生きれる、誰もが輝ける組織を創りたい。

    そう夢を膨らませる「組織開発」の方たちには、ぜひ知っておいて欲しいのが、Teal組織のつくり方です!!

    人間は脳の観点があるので、違いで判断したら、可能性を小さい範囲に留めて、相対比較しながら関係性を築き、組織をつくっていると思います。

    今までの○○がダメだから、□□に取り組んでみようとか。

    何かを否定して新しいものを生み出そうとします。

    組織をつくる時も同じことが言えると思います。
    nTechは、今まで人間が当たり前だと思いんでいた世界を否定し、全てを底上げできるからこそ新しい組織つくりが可能です。

  • elly

    働き方が多様化する中で、今までの組織の形では成り立たなくなってきています。
    そんな中、ティール組織という本が流行っていますが、今後目指していくべき組織についてわかりやすく書かれている本です。
    組織開発に携わる方だけでなく、生まれてから人間は必ず組織に属していくので、誰もが読んだら良いと思います。

  • こみず

    人間は組織をつくって生きる存在です。そして、人間の道のりは、どうすれば理想的な組織が作れるのか、組織開発をし続けてきた歴史ともいえます。
    人が集まると観点の問題が生じます。お互い全く違う宇宙の中にいるので、共通土台が無いですし、疎通交流ができないのが人間の現在地です。そんな人たちが組織として一緒にやろうとするわけですから、基本的に組織というのは、我慢、理不尽、苦痛、のイメージが強いと思います。
    そんな観点の問題を知らないまま、なんとかまとめようとして開発してきた代表的なものが、宗教、帝国主義、貨幣システムです。今までだったら、それでやってこれました。けれど今は、貧富の格差も拡大し、お金だけでは人間関係が良好になって、人が幸せになってはいかないことが結果として現れています。今は、新しい組織開発が必要な時です。
    その時に必要なのが、観点の問題を解決できるnTechです。nTechを活用することで、次の組織モデルであるDignity Teal組織を具現化することができます。これはかなり面白いですよ。

  • 熊倉恵子

    組織開発は、今の時代本当に必要なことだと思います。今の日本は、家庭も企業も、学校も地域も、ボロボロになっています。お互いを信頼できない。昔の日本は信頼関係を築く土台がありました。しかし、戦後の個人主義の教育が入り、「自分だけが、自分の会社だけが良ければ良い。」というように、小さいエゴに執着するような、小さい人間が増えました。更には、今の時代はポストモダニズムというように、多様性や多源性が大事だと言われる時代になり、組織でまとまることが、ものすごく難しい状態になっています。
    その結果、日本のあらゆる組織はボロボロで、足を引っ張りあっている状態があります。エゴ意識は人間の脳機能によってつくられます。脳機能の観点の問題を解決するnTechを道具に、ティール組織は実現可能になります。持続継続的に進化発展し続ける組織、ティール組織をつくるムーブメントも、リライズ協会を全国に生み出すことで、新しい組織モデルをつくっていますので、ぜひ興味があれば賛同してください。

  • aiko

    組織開発をされている方は、本当に最先端のことをされていると思います。今までは、人間の外側ばかりを開発開拓し、ついにはスマートフォンやAIまでを作ってしまいました。これは、人間の生活を発展させる上で必要だったことですが、今はもう人間の外側の開発は終盤を迎えています。
    これまで、外側にばかり行っていたため、人間の内側が開発されてこず、自らの欲求、感情をコントロールできない、無秩序な人間が多くなってしまいました。
    組織開発をされている方はnTechを知ると一発でどうしたらいいのかの道筋が見えるようになります。これからは内側の開発をして、人間がやっと人間らしく始められる時代がくると思います。

  • 吉田純

    〇〇開発、と言えば、ソフトウェア開発、アプリ開発、土地開発、などいろいろな言葉があります。

    その中で組織開発というと、わかりそうでわからないところがあります。

    形がありそうで、形がないからかもしれません。

    形がないものを開発するためには、まず「組織」を規定しないといけません。

    私は組織を「人間の意識」で規定します。

    数学が「1」を規定してから全ての論理展開がスタートするように、組織を規定してからでなければ組織開発は始まりません。

  • 大場龍夫

    組織開発をするために、今までの組織が何だったのかということを、明確にする必要があるでしょう。組織ですから、何かの目的があって、秩序を構築して、意志疎通を図って、何かのインプットとアウトプットをしているはずです。
    これまでの組織では、まず目的が固定化されていました。また秩序は、トップダウンかボトムアップかのどちらかではないでしょうか?つまり何かしらの上下関係があったりしました。意志疎通は、指揮命令と報告、発案が不足する。発案してもそれを伝達し合って融合することが難しかったりします。自由で活発な意志疎通が理想ですが、それを阻む相手の勝手な解釈があったりします。画一的なアウトプットならば、新しいアイデアやイノベーションも必要なかったでしょう。
    しかし、いま求められるのは新たな価値創造ですから、今までのやり方では通用しなくなっていますし、そもそも人間性も関係性も発揮されていかない組織では未来がありません。組織開発者にとってしてみれば、これらの課題を解決する理想の組織がティール組織ですから、考慮する必要があります。ティール組織にとって必要な人間と人間を結びつけて、疎通交流の障害を取り除くことが必要なのですが、これが困難な理由が、個性にもなっている個人の観点、判断基準です。これが生かされる必要があるのですが、これが疎通交流を難しくしている理由と一緒なのです。お互いの個性を生かし合うために、お互いの個性を理解する必要があり、そのために自分の個性が邪魔をするのです。だから、個性がない、個人の判断基準が無い状態から個性を観る必要があるのですが、この個人の判断基準を無いところから、相手の判断基準を観るということが、今まではできなかったのですね。その問題を解決するのが、認識技術なのです。
    これが、ティール組織を完成させるためには、認識技術が必要だと言われる所以です。

  • おがじゅん

    組織開発、という言葉に関心を持つ人も相当数いるかと思います。

    特に企業や公的機関では、この組織開発は重要なテーマと言ってもよいでしょう。

    だからこそ、人を束ねてマネジメントする側の立場に立つ人は、組織開発を通して、どう人たちを束ねていけばいいのか、が大きな課題ですね。

    しかしながら、今までの手法では人たちを結集させるどころか、バラバラになりやすく、結果的に無秩序になります。

    この課題を解決するする組織モデルとして、ティール組織が提唱されていますが、これを具現化させるには人間一人ひとりにある「観点の問題」を解決させることが前提です。

    この前提を満たす技術が、nTech(認識技術)であります。

    観点が生まれる仕組みを理解出来て、観点が無いところからどうやって観点が生まれるのかの仕組みが理解出来るので、観点の融合・次元上昇を起こせます。

    これによって、様々な個性を持った人たちを束ねることが出来て、無限大活かすことを可能にします。

    これが出来た時に、本当の意味で組織開発が出来た、と言えるのです。

  • sumitomo

    組織開発をしている人は、必ず読むと良いと思っている本の中に、『ティール組織』があります。これまでの組織では、家庭にしても、学校、企業、国家、どんな組織にいても縦割りで、親や先生、上司、政治家のように上下の関係性によって我慢することで組織が成り立つ社会になっています。互いの判断基準の違いからおこるコミュニケーションや関係性の問題を解決できず、社会に出る頃には受け身の状態。そんな人間を量産しながら、社会では主体性を求める。そんなの、無理ですよね。でも、ティール組織を本当に作ろうとするなら、人間共通の部分認識をこえ、全体認識をもって主体的に生きる、そんな人間を育成できる教育やその場が必要。そして全体認識を持ち、主体的に動ける人間だからこそ、新しいチャレンジやチームプレーによる結果がこれまで以上のものになり、生き方も日々ワクワクする生き方になる。組織を本当に変えたいなら、『ティール組織』とその組織を作れる新しい教育が必要だと思っています。

  • 森本柾人

    組織開発を極めようとすれば必ずティール組織の概念に行き着くのでは無いでしょうか?組織活動の中ではあらゆる複雑な問題が生まれてしまいます。一つの問題が生まれて、それを解決させるための解決方法やルールを設ければ、また次の新しい問題が生まれていったらとかして問題が終わらなく続きます。
    やり方レベルでどうこうしようとしても解決しません。
    人間自体がバージョンアップして行く必要があります。エゴを超越して全体性を発揮できる個人の集合体がティール組織です。
    でも人間は変わらないよ。という方は是非nTechを学んでみてください。

  • yukachin

    組織開発をするなら組織開発をする課題、根本原因からですね。根本は人間の限界とつながります。人が集まるだけでは組織にはありません。同じ場所にいて一緒に仕事をしても必ず摩擦衝突が出てきます、組織全体でチームプレイをする為には、チームプレイ出来ない課題を解決するしかないのです。nTechを使うと構成員の疎通がおきて、意思決定スピードが速くなるだけでも出来ることが変わってきたりします。それが実現できます。他はティール組織になる為の3つを補うことが出来ます。ティール組織+nTechで組織の底上げが創れますね。

  • keizenke

    「組織開発」組織とは何?今の組織はどんな状態?
    なぜ、組織開発が必要なの?組織開発が必要なら、どこに向かって開発していけばいいの?そもそも組織開発をする人はどんな人であればいいの?組織開発をする人が過去のイメージの組織に縛られているままでは組織開発は出来ないと思います。
    ティール組織の本はこれからの理想な組織について書かれていますが、その組織を開発する人の認識の変化がなければ、その組織はつくることができません。
    この全てに答えを出せるのがnTechです。
    nTechを活用することで、ティール組織が現実につくることができるし、組織開発の根本も理解し、実践できるのです。

  • 見並圭一

    ティール組織を知らずに、本当の意味での組織開発はできません。本当に組織と言えるのはティール組織だけだからです。それ以外のグリーン型やオレンジ型などの組織はみな本当の組織とは言えないからです。しかし、世の中にはまだティール組織は存在していません。ティール組織を実現するには、nTechが必要になります。

  • 白鳥健

    組織開発の現場は無限にあります。企業はもちろん、家庭も、1対1の人間関係ですら開発されるべき組織です。しかし所属している組織を開発しているという自覚と自信を持てる人はどれほどいるでしょうか。私が最も組織開発に情熱を持って取り組めたと感じていたのは、学生の頃の部活動でした。自分が作った組織ではありませんでしたが、より良くするために考え、行動し、相談し、実践を繰り返して「自分」の範囲を拡張していく感覚がありました。社会に出てるとそのままその感覚で組織開発に取り組むのは難しいものです。利権や慣例が絡むのもありますが、自分の範囲を制限して護ることが主流になることが大きいでしょう。若さや勢いに頼らず組織開発を続けようと思うなら、ティール組織のイメージを取り入れ、全体性をもった個人としての自分自身を組織の中に見出すことが必要です。しかしその全体性の獲得のためには、nTechによる論理とイメージのサポートを待たねばならないでしょう。

  • 原田卓

    僕は、20代の頃から、リーダーの役割を経験する機会が多くありました。数名のプロジェクトのリーダー、新規事業の責任者、50名ほどの学生サークルの部長、300名規模のイベントディレクター、エリアマネージャーなど、組織開発を考える機会に恵まれました。
    リーダーとは何なのか?チームとは何なのか?組織とは何なのか?何の経験も知識もないところからやり始めて、失敗も本当にたくさん経験しました。メンバーにどれだけの迷惑をかけたのか、昔を振り返ったら恥ずかしくなります。ですが、とにかくチャレンジ精神でやり続けてきて、たくさん悩んだ結果、組織開発には向きあわざるを得なくなりました。
    ティール組織は、そもそも組織とは何なのか?理想的な組織とは何なのか?など、組織開発を考える上でテキストのように参考にしている本です。

  • hiro

    組織開発者にとって必読の本がTeal組織と言う本。ただ大きな会社の経営者だけでなく、大規模でも小規模でもチームをまとめる役割を持った人はとても役に立つと思います。一人一人の個性が活かされながらも全体がwinwinする理想の組織の在り方。その研究結果が記されています。しかし理想の組織をどう作るのか。それが最も重要な課題だと思います。nTechはTeal組織を実現する技術です。ぜひ出会ってみて下さい。

  • 磯原正行

    今まで、過去の知識から何かを学べば良い組織を作ったり、リーダーになれるんだと思っていました。
    ですが、ティール組織という本を読んで、これからの時代に必要な組織開発を行っていかないということがすごくわかりました。
    ティール組織では、過去の組織を時代の変化に合わせて、どう変わってきたのか、どういう課題があったのかをわかりやすく整理して書かれています。
    これからの変化が激しく、多様性な時代に求められる組織がティール組織です。
    実現すれば、個人が我慢せず個性を活かしながら、全体に取っても素晴らしい変化を生む組織になります。

  • miracle369

    組織開発の土台にあるのは人間開発ですが、人間開発ができたとしても、問題はバラバラの判断基準の人間をいかに一つの方向性に向かうようにしていくのか、というところが組織としてのテーマになると思います。人間の体は細胞組織が集まって一つの人間体として存在しているように見えますが、これは細胞たちが役割用途別に協力しあって存在しているわけです。物質→動物→人間になった時に、人間は精神体として自由意志を持つ存在です。自由でバラバラなカオスが生まれる状態と、組織としての統制をどう融合させていくのか。そこへのヒントがあるのがティール組織であり、ティール組織を具現化していく技術としていまnTechが開発されているということですね。

  • Ayaka

    ティール組織はまさに組織開発のニーズがある組織やその担当者には読んでもらいたい本です。
    組織開発は今までにもブームがあったかと思いますが、今までは組織に必要な人間をどう育成するか
    という、中心価値が組織の利益を生み出す人材となっていました。
    しかし、これからの時代は人間の尊厳が中心価値となる時代になっていきます。
    組織があってそこに人が集まってくるシステムではなく、成し遂げたいミッションやビジョンのために
    人が集まり組織となる。ティール組織はそんな組織をつくるために形化した組織ではないでしょうか。
    そして、その尊厳を取り戻すために必要な技術が、人類の根本課題を解決するnTechです。
    組織開発者であれば、尊厳のある組織をどう実現させるかを考えていきたいですね。

  • yoshiko nishio

    互いの能力を生かし、組織内の人々がひとつの目的目標に向かって、いかに結束して取り組んでいけるか、という組織開発を考えるとき、

    参考になるのは、今までの組織の進化の過程、またこれからの組織の在り方について書かれている、ティール組織だと思います。

    組織開発の実践のパートでは、nTechを活用すると、組織開発が今まで難しかった理由とその解決法がみえるので、ティール組織とnTechと表裏合わせて考えるのがいいと思います。

  • 中西豊

    組織開発で一番大事なことは何でしょうか?

    組織と言えども、個人と個人の繋がりが増えただけですので、結局のところ、個人の人に対する認識が全てになります。

    人と出会って何をするのか?それは、人に役立つこと、それが社会に役立ち、世界に役立つことにつながるのです。

    人の役に立つ背景には、人の悩み、不安、限界を解決できる、その知識、技術、方法があります。

    今、現代人は人間関係が一番の悩みと言われているので、人間関係がスムーズに行かない根本原因が分からないと、

    人の役にたつ、人と出会う、人から人へと組織のあり方、マネジメントなどが分かりようがありません。

    人間関係が完全循環出来ない根本原因を
    理解し、突破して、人の役にたつことをする。そのチームプレーがとても大事な時代になりますね。

  • げん

    人が集まれば組織ができる。そこから考えたのなら組織には大小ありますが、誰もが必ずなんらかの組織に所属しています。家族という組織もあれば、企業という組織もある。学校、ゼミ、サークル。。。様々ありますよね。
    そして、組織に所属すると多くの方が感じるのではないでしょうか。生きずらいとか、我慢が基本でストレスがたまるとか。私も所属する組織に対してストレスを感じる頃がありました。鬱や自殺、摩擦、衝突。。。組織には様々な問題があります。だから、新しい組織開発が必要になるのですが、今の時代、未来を創る組織としてどんな組織が必要なのかを考えた事がありますか?これからの時代に必要になるのがティール組織です。そしてティール組織について追及すると人間について知らないと実現が難しいという事がわかります。人間について知り、組織について知る事。それがnTechの認識技術を使う事によって可能になります。是非、組織開発についてお考えの方はnTechを取り入れてみてください。

  • Haruko

    組織がどのような仕組みで成り立つのか、なんのために存在するのか、組織とは何なのか?
    組織を作ることに一生懸命でこの根本的な部分に目を向ける時間を取れる組織開発者がなかなかいないのではないのでしょうか?
    なぜティール組織という新しい組織形態が必要とされるのか?今までの組織ではダメなのか?
    現代を生きていて今の社会に問題が無いと思う組織開発者はいないと思いますが、何が問題で、なぜその問題が起きているのかを知ることができている人はどれくらいいらっしゃるでしょうか。それを知ることが実は一番の早道だと思いますがその答えがいままで無くて人間みんな苦労してきたと思います。
    nTechはその根本原因をシンプルに伝達する教育コンテンツ創りに成功しています。さらに技術化して職業としても提供できる状態にまで成長しています。これからAI時代に人間の仕事が無くなるばかりか、無用者階級として扱われる危機を前に、人間が個人主義をやめて組織創りのプロになることがこれからの時代に誰もが求める欲求なのではないかと思います。

  • やぶ

    組織の効率性や健全性を上げるために組織開発者の人達は様々な手法に取り組み、組織に対してアプローチしていることと思います。
    組織開発の際にどのような組織であってもメリットとデメリットがあり、矛盾を抱えることになりますが、ティール組織はそのメリットとデメリットの矛盾を解決する新しい組織像を提示しています。

  • たのしみず

    今の時代、至る所で組織開発と言われることが多いと思います。
    複雑な時代だからこそ、何かしないと多くの情報に埋もれてしまうし、新たなものも生み出すことはできません。
    でも個人の力では限界があるので、それで次には集団の力、つまり組織の力が必要となります。
    でも最高の組織とはどんな組織でしょうか?
    その最高の組織となるのがティール組織です。ティール組織は今までの組織の限界を突破していくものです。
    ぜひどんな組織なのか知ってもらえたらと思います。

  • かなえ

    以前は、「組織開発」について考えたこともなかったのですが、nTechをきっかけに組織開発ができることがわかり、関心が高まりましたね!2以上が揃ったら、すでに組織です。人間は、何らかの組織に属します。組織が人を創ると言ってもいいですね!では、今からの時代はどんな組織を開発する必要があるのか。その答えを知る鍵が、nTechにあります。

  • mizu

    組織開発をする上でティール組織は大変役立つ概念だと思います。今までの組織に限界を感じている人は尚更です。
    私自身、そんな組織を意識することはありませんでしたが、ティール組織を知って、これからの人類が目指すべき、つくるべき組織のイメージが明確になりました。でも、その組織を実現するには、nTechが欠かせないのです!

  • クマ

    組織開発に携わる人にとって、「ティール組織」は必修の概念でしょう。
    何故なら、今までの組織の限界を突破した新しい組織の形を示してくれているからです。
    今の時代は何をやるのかというところに注視しがちですが、それを成すのは人であり、組織です。
    最先端の組織の形である「ティール組織」について学んでみてください。

  • ナガ

    組織をよくしていく為に必要なことは、理想的な組織を知ること、そして現在の組織の限界について明確に診察診断ができることです。
    そして、それを明確に組織の変遷と共に伝えているのが「ティール組織」という書籍です。
    組織開発を行っていく上で設計図が見えているということが出発になりますので学ばれてみてください。

  • さかなゆう

    理想の家族を作りたい!
    組織の最小単位である家庭の組織開発に関心のある方は多いのではないでしょうか。
    (家族を組織開発という言葉に置き換えることにピンとかない方もいるかもしれませんが、家族も立派な組織ですよね)

    仲良しの家庭を作りたいと思っても
    実際に仲良しの家庭って、意外と多くないかもしれません。
    今や3組に1組は離婚する時代ですし、仮面夫婦も多く、子供のために離婚はしない、だけど心はぼろぼろとか。
    夫婦は仲良くても、姑と仲が悪いとか。
    殺人事件の5割は家族親族内での、事件です。

    最小単位の組織開発として、ティール組織を取り入れて、様々な家庭の問題も突破することの大切さをとても感じています。

    ティール組織の実践としてnTechを家庭に取り入れることを
    家庭という組織開発者の皆さんに超オススメします。

  • erina

    組織マネジメント、組織コンサルティング、組織開発などの分野に関わっていたり、興味がある人は、「ティール組織」の本を読んだり、実際に実践している人もいると思います。私は以前は組織が大嫌いで、学校という組織もルール(校則)で生徒を縛るし、会社という組織も8時間人を拘束して働かせるというマイナスなイメージしかありませんでした。

    でも、nTechに出会って、組織の大切や価値がわかって、良い組織をつくってみたいと思うようになりました。

    「ティール組織」の本に書かれている組織の歴史の移り変わりも、とても参考になります!

  • macha

    組織開発に失敗する人、成功する人。
    ここにどんな違いがあるのでしょうか?
    それを分かりやすく学べるのがnTechだと思います。そもそも組織開発するために、何が必要なのか。
    それがわからないと、ティール組織はいつまでたっても作れないと思います。
    今までとは違うアプローチ、人間の土台を変化させることが組織開発に必要なことだと思います。

  • けんご

    組織開発をしようとする時に、様々な要素をリサーチすると思うのですが、そんな時に必ずと言っていいほど、目を通すことになるのが「ティール組織」と思われます。人類史の昔から現在、そして、未来に至る組織モデルと特徴と変遷を、わかりやすく解説してくれているからです。現存するどの組織も、ティール組織に登場する今までの組織モデルと照らし合わせながら、整理が進むでしょうし、組織開発をしていく時に大きな助けとなるでしょう。

  • あさみ

    組織開発に携わる方々に是非知っておいて欲しい本があります。
    それが、青と緑の混じったようなカラーが特徴の「ティール組織」という本です。
    今までの組織は、解決するべき課題がたくさんあったのではないでしょうか?
    その、たくさんあるようにみえる課題をシンプルにまとめ、理想の組織のあり方から提示しているのがこの本です。
    既存の組織の概念を覆すイメージをもつことができます。
    組織開発者はもちろんですが、今の時代を生きる人すべてに、手にとってほしい一冊です!

  • halcan

    家族、会社、学校、組合、サークルなどなど、所属する組織って何かしらあると思います。
    組織のなかって、なにかとストレスが多かったり、自由がきかないとか、我慢しながら居ないといけないイメージって強くありませんか?

    全体主義的に、右向け右の組織が古いことはもう当たり前だと思いますが、
    実は個人主義も、多様性を活かしきれているかというとそうではないんですね。

    みんながみんな個人に走ってしまっては、組織が破綻してしまう。けれどもひとつにまとめようとすると、多様性を殺してしまってどこか強制的になってしまうし不平不満が溜まる一方。そんなジレンマがあると思います。

    だからこそ、このジレンマを超える組織開発が必要なんですよね。
    今までは、そこを解決できる組織のイメージが無かったんですが、それをこの本は提示してくれています。

    色んな既存の組織や、新しい組織を作ろうとする人たちが、このティール組織づくりに挑戦すること自体、とても意義があることだなって思いますし、そんな組織開発者同士で意見交換するのもとても楽しいことです♪

    実際に取り組んでいると、その難しさのポイントも見えてくるのですが、そのポイントに役立つのがnTechという技術です。

    この本とnTechを活用して、組織開発はじめませんか^_^

  • htakamura

    組織開発は、今とても必要なタイミングで、情報溢れるIT社会なのに、今までの組織体制ではもう限界が来ていると思います。
    また、今までの組織の歴史を知る事や、これから必要となる組織として、どんな物が必要なのかを知るのに、ティール組織の本はとてもオススメです。
    今までにない、未開拓の組織ではありますが、nTech(認識技術)を使う事が成功の鍵となってきます。
    心とこの宇宙自然の仕組みが、論理とイメージで理解できるからこそ、ティール組織を創ることが可能になります。一人一人の心が楽しい状態で作られる組織が今、一番求められていると思います。

  • そもそも、このカラダ自体も組織である。と知ってしまったので、組織開発にはこの地球のみならず、宇宙全体でも常に行われていることだとおもいます。細胞ひとつひとつ、原子や分子のひとつひとつ、それらのどれかが欠けると組織として上手くいかなくなるのです(例えば、ガン細胞とか…)なので自然に成り立つ仕組みがあるよって気付くだけでも組織開発をうまくしていきたい思いがあるからこそだと思います。

  • 村田優子

    組織開発とは?組織ということをどう定義するかヨッテもずいぶんこの組織開発というイメージは変わると思いますので、まずその組織という単語の定義を決めたいと思います。私は、昔は組織と言え場、会社とか、マフィアとかお金を儲ける人たちと思っていましたが、二人集まればもう組織だと聞いたときに、確かにと思いました。家族も含めれるし、友達でもそうなのだと!それで考えれば、どう関係性を作るかによって、どんな組織になるかということが大事なのだと感じます。いま資本主義で、だいたいお金でつながられた人たちで人と人の関係性を作ったり、家族は家族でお互いの意志により結婚して、子供ができたり、友人もお互いの意志で仲良くなったりしています。けれど、その関係性は、どれほど安心や信頼がある関係性でしょうか?お金でつながっている場合は、お金がもらえなくなるとたいてい関係性は壊れますし、その関係性も希薄なケースが多い。最近では、家族の関係性もかなり希薄になりがちで、友人もどこまで本音を言い合える関係性なのでしょうか?と思うと、本当に理想の組織とは出来ていないのが現実。組織開発は、これから「無我」を取り入れてお互いがお互いのために動けるようなところが必要だと思います。そのためには、ティール組織とnTechが有効なのだと思います。

  • vosaraicesara

    今の時代に必要な組織開発が、一体どういうものなのか、多くの方が頭を悩ませているのではないでしょうか。Teal組織は、今話題の組織体系ですが、作るのは難しいと言われています。経営者も部下も人間です。価値観が複雑化しているこの時代に、お互いを心から信頼し、同じ方向(ビジョン)を見ることは難しい側面があるからです。しかし、nTechを使うことで、人間誰もが持っている深遠な欲求に出会うことができ、その人間たちが初めて共にビジョンを共有することできることで、Teal組織という組織体系を具現化できると思います。

  • cheerwave

    組織開発と聞いてパッと思い浮かんだのは「関係性」と「相互作用」のイメージ。組織内におけるコミュニケーションや人間関係、協調性やリーダーシップなど、個人個人のやる気やモチベーションが持続的に進化し続けて、個々人がお互いに周りに与える影響だったり、お互いが関わり合って成り立っていることを観ることが出来ているのかがポイントじゃないかなと思います。5感覚の目では見ることが出来ないことを認識できて格差や分離を繋いでいき、それを育んでいけるnTechはティール組織には欠かせない技術であり教育だと思います。

  • midan

    組織を立ち上げる、すなわち組織を開発するならティール組織は知っておいた方が良いです!
    ティール組織は組織・集団の歴史が書かれています。
    集団の歴史を見ていくと、今までの何が限界で人間の進化・組織の進化が滞ってきたのか、何をどう突破することで、人間の生き方・組織集団を進化させてきたのかがわかります。
    今ここの組織の現在地を知り、新しい組織開発の道を模索するためにはティール組織がオススメです!

  • 吉村真奈美

    組織開発者であれば、誰もが研究しているであろうティール組織ですが、こんな疑問は浮かんで来ませんか?3っつの要素から投げ掛けてみたいと思います。
    〇目的→・社員に意思決定を任せるのは主体性が育ち活性化するが、市場の動きの早さや緊急時の意思決定が遅れてしまうのではなかろうか?
    ・どんどん変化・進化はしていくが、社員同士の話し合いの中で意見の不一致が起きた時、結局、我慢して従う人が出て来るのではなかろうか?

    〇セルフマネジメント→
    ・個人の能力の差がある中で結果的にマネジメント出来る側の意思に従う上下構造は否めないのでは?

    〇全体性→どこまでを指しているのかの規定が曖昧。個々人の概念の違いを融合できるのか?

    当てはまるものはいくつあったでしょうか?他にもあげれば出てくるとはおもいますが、完全なティール組織を作るのは越えなければならない高い山がありますね。
    しかし、その山を一発で解決出来、理想とするティール組織を作る事が出きる技術があります。
    それが、nTechです。
    組織開発者のみなさん、是非、関心を持って取り入れてみて欲しいと思います。

  • 堀江直樹

    組織開発に携わる方には読んで欲しい書籍としてティール組織という本があります。新しい組織のあり方を提案する本で、今の集団の進化を文明と共に考察しながら新しく誕生している組織のあり方としてティールという組織の形を提案している書籍です。

    nTechとも非常に親和性の高い内容になっており、ティールを作っていくためには全体性の獲得が必要と言われています。人間に全体観の獲得を促す技術がnTechですが、nTechの学びとティール組織の書籍を同時に学ぶことで世界に先駆けてティールを誕生させるのが日本にあるということがよくわかります。

  • 小畑多美子

    組織開発を考える時に一番重要なのは、組織に携わっている人たちの能力開発やチームプレーができる人間をどれだけ増やしていけるのかが、組織の進化発展に繋がっていくと思います。
    今はAI時代に入っているので、今までのトップダウン式のやり方のリーダーシップやマネジメントもう頭打ちに来ている時だと感じています。かといって、グリーン組織の様な家族意識を持つ組織は、一見よさそうにみえますが、意思決定をしようとするときに、多様な価値観の人たちの意見を一つにまとめることに時間がかかります。だから、今の時代はスピードもかなり速い時代にどんどんなっているため、それでは対応がかなり難しく、結局1人、1人に負荷がかかってきて、長期で働く人材が育ちにくいのではないでしょうか?

    それを満たしていくのが、ティール組織だと思います。
    しかし、この条件を満たすには、ホールネスという全体性を持った個人が必要とされます。
    しかし、人間の機能的限界から、全体を認識することが出来ないため、人間の機能を超えていくことができないと難しいと思います。
    人間機能を突破させることができて、個人も組織全体もWin-Win AllWinさせていくことができるのが、nTechを使った個人とその個人が作り出す場だと思いました。

  • しげみ

    今の時代、どこの企業でも組織の統制についての問題を抱えているのではないかと思います。私はこれまでに何社か企業に所属してきましたが、どこの企業に所属しても心から楽しんで仕事をしているという人をみる事はありませんでした。上から言われた事を必死でこなしたり、企業や一緒に取り組むメンバー、取引先相手に不満をもちながらも、その場では気持ちを押さえ、そして違う場所で発散する。そんな人たちばかりでした。もちろん私も同じようにそれをしてきました。もちろん、そんな働き方がいいと思っているわけではありません。でも、その組織の中にいたらそうするしかない。そんな感じで毎日出勤し、与えられた仕事をこなすということを繰り返していました。だからこそ、今までの組織の延長ではない新しい組織開発が必要な時にきているのだと思います。では、どのような組織が理想的な組織なのかといえば、それはティール組織です。持続的に進化する目的があり、自主経営ができる一人ひとりが構成員となって、部分観ではなく全体性を持って組織を経営できる。それがティール組織です。でも残念ながらまだティール組織は存在しません。でもだからこそ、組織開発という観点でもティール組織の実現は必要になります。そして、ティール組織の実現に必要になるのがnTechの認識技術です。今までの組織の限界を知り、そして解決し上昇させていく。そんな新しい組織開発。追及するしかありません!

  • 山口禎子

    時代の変化に伴い、また、働き方、生き方が多様化することに伴い、企業の組織に対する考え方や、あり方も当然、
    見直しがされてきています。組織改革、組織開発に必要なこととは何でしょうか?
    未来の先行きが不透明な中では、改革、開発もどんな方向へ向かっていけばいいのか、わからない状態ではないでしょうか。
    目先の変化を捉えているだけでは、その方向性は見えてきません。
    新しい組織の方向性を示しているものとして、「ティール組織」が注目されています。
    そして、「ティール組織」という概念を現実化するための技術としてnTech(認識技術)が道具になっていきます。
    今までにない、新しい道具だからこそ、その道具の活用によって現実化することができるといえるのです。

  • こましょー

    これから起業する方は必ず理解した方がいいこのティール組織。
    これは今の人類の現在地、すなわち今までの人類の生き方の限界を教えてくれる本でした。このティール組織を知らないで起業しても人間を不幸にする未来しかありません。
    なぜなら、人間は今でも戦争状態だからです。最初はいい顔していても、必ず鬱憤がたまってきて、我慢して鬱になるか、人殺しをしてしまったりなどと不幸は続いてしまう。生活の豊かさを追うだけの企業ではなく、人間の尊厳を大切にして心の豊かさを作るティール組織。それができるにはnTechしかないです。組織開発には欠かせません。

  • YOKO

    組織開発はどの時代でも課題でしたが今の時代は特にそうじゃないでしょうか?
    人間は今まで環境を更に良くするため(特に効率的に良くするため)にいろんな便利な道具を開発してきましたが最先端技術は最近、よく耳にするAI(人工知能)ですよね。人間が今までに人間を超えるものを作った事がない時代からこれからは人間代行者としてAIが発展していく時代に突入します。
    これは人間がこれからどんなつながりを作ってチームプレイしていくのか(どんな組織を作るのか)を問われているのだと私は思っています。
    これからは一人ひとりが自主性だけでなく、組織を作る意志がないと組織そのものがまとまることが難しいのではないでしょうか?
    関係性を作れないと組織が成り立たない。この関係性を作るためには個人の変化は必須です!
    この個人の変化を作るには「認識」を変えるのが1番は早いですね。nTechはこの「認識」を変化させる技術。組織開発にnTechを取り入れる事でチームプレイが出来る組織ができる事は間違いないです☆

  • Natsuki

    組織開発は、最近とても話題になっているキーワードですね。世界中でベストセラーとなっている、『サピエンス前史』では、ホモ・サピエンスがその他の人類種とは違い、生き残った理由は、集団をつくる力があったからだと言われています。AIが出てきて、個人の能力も、連携能力も、確実にAIの方が上回ります。AIを超える組織へ進化するという意味で、AIのような因果のアルゴリズムによって作動するものでは実現できない、ティール組織を実践する事はこの時代に生き残る為に必須だと思います。

  • 古川いずみ

    組織開発に一番必要なものはなんでしょうか?
    グーグルのプロジェクトアリストテレスでの結果が示すように、心理的安全性が成功するチームの構築に最も重要なものと言われています。
    日本でかなり売れたティール組織というマネジメント本には、組織の全員が全体性を持って組織運営すると書かれてますが、それを具現化するには、心理的安全性が確保されなかったら、絶対に無理だろうなあと思いますし、心理的安全性を確保するには脳がそもそも部分的にしか拾う事をせず、常に戦争状態にあるので、そこから自由にならなければならない事を知る必要があります。
    そう言った意味で、組織開発者が知らなければならないのはティール組織とnTechだといえますね。

  • みなも

    組織開発は人類の進化において、大きなテーマだと思っています。
    歴史的にみても、組織どう人間の集合の進化が、家族、会社、地域、国というふうに、組織のあり方がその中に属する個人のアイデンティティを決定します。
    nTechでは、組織と個人の関係性を時空間と存在、海とお魚という風に関係性で理解し、その根本の関係性を司る機能を、脳の認識の仕組みで整理整頓していきます。
    これは、宇宙創造のメカニズムとも一致するもので、ミクロからマクロまでの一貫しているアルゴリズムです。
    ぜひ、組織開発に携わっている人はnTechを取り入れていただきたいと思います。

  • ecco

    「組織開発」をするためにはまずは組織を知ることが大事だそのための本がこのティール組織の本だと思います。
    上下関係も売上目標も予算もない。これはまさに組織にとって理想だと思いますが、そのような理想の組織モデルな要素が書かれています。また、nTechを取り入れることで、理想を具現化させることができます。

  • Hiromi

    組織開発と言われてもピンと来ない方も多いと思います!
    組織とは、2人以上人が集まれば組織になるので、会社だけではなく家族や地域などもそうです。この小さな組織が織りなして、日本になり世界になっていくので、組織開発はより良い社会にしていくためには誰にとっても必須だと思います。

    そんな中でとても参考になるのが「ティール組織」です!
    ただ、日本の教育では、主体性やセルフマネジメントなどが弱く、まだまだ周りに合わせたり我慢が美徳というところも残っているので、この新しい組織を実現するたもには、新しい教育であるnTechをインストールすることが重要だと思います。

  • ぬくこ

    組織開発者は知らないとやばい。確かにいろんな意味でやばそうですwww

    そもそも、組織開発者において、
    まず知るべきことのひとつに、
    組織とは何なのか?そして、開発とは何なのか?を明確に知る必要があります。
    その上で、組織を生み出すのが人間と分かったら、人間とは何なのか?心とは?
    究極の問題に行き着いてはじめて、
    やっと、組織開発をしていくことができるのです。

    たとえ、あなただけが組織とは何か、開発とは何か理解していてもそれが全人類に共有できない限り、おなじ共通土台をもつ組織を生み出すことはできないのです。
    しかし、その究極の問題とは何なのか?が明確になったとき、
    きっと組織開発は∞繰り広げられていくでしょう^^

  • ピュア

    皆さんは、「組織開発」に興味ありますか?
    組織が変われば、売上、人間関係、人生と変わるものが
    多いのではないでしょうか?
    組織開発は、企業の中でも専門部隊がある企業は少ない
    ように思います。
    人事部、営業部はあったとしても、組織開発部はあまり
    聞いたことがありません。
    ティール組織の本が話題になる程、今は組織開発にも
    目を向ける人が増えてると思います。
    組織を追及する中で、究極には
    人間とは何か?
    仕事とは何か?
    組織とは何か?
    人生とは?
    など考えると思います。
    nTechと出会い、人間とは何か?生きるとは何か?と自分自身が定まった
    ことで、組織に対しての意識も変わりました

  • masaco

    理想の組織作り・組織開発は長年の人類の課題だが、今までの組織の限界を示した上で新しい組織の方向性を示しているのが「ティール組織」。
    そして、ティール組織を具現化するための3つの条件、①進化する存在目的、②自主経営、③全体性を満たすために必要な技術がnTech。さらにnTechが可能とする「Digntyティール組織」という新しい資本主義モデルも、組織開発者の方にはぜひ触れて欲しい。

  • 高橋美里

    組織開発者はTeal組織を知らないとやばいと思います。なぜなら、それぞれの判断基準がどこから生まれているのかすらわからないまま、人が集まって集団になっているからです。そこにはかならず摩擦衝突我慢があり、win-winの人間関係のある企業はまだこの世界に存在しません。Teal組織はnTechを活用すれば可能です。

  • eri567

    個人としては優秀な人材であっても、組織の中では能力を発揮できないということは多々あります。組織の持続的な成長を考えたら、個人の能力以上に「関係性」や「チームプレー」が必要不可欠だと思います。

    そういう意味で、これからの組織がどうあるべきか、そして今まで組織がどうであったのか、組織開発のヒントになる本だと思います。

    ただ、どんなに美しい組織モデルが提唱されても、それを可能にさせない原因と、可能にさせる道具が必要なので、nTechを組織開発に取り入れるとさらに関係性やチームプレーの活性化が可能だと思います。わたし自身も、nTechを通して関係性改善が大幅に行われたので。

  • みもざ

    組織開発は日本ではここ数年で広まってきたようですね。心理学やその他あらゆるテクニックで組織の改変が行われていますが、どれほどの組織に変化が生まれているのでしょうか?組織は人ありきです。組織に対してのコンサルティング会社も多くありますが、やはり変化をするのは一人ひとりの意識の変化です。ということで、手始めにティール組織を読んでみることをおすすめします。

  • 澤田祐子

    組織を作る上で中核を担う組織開発者が、どのようなアイデンティティと意志を持って組織の存在目的を明示するかはとても大切になってきます。その意味で「ティール組織」は人類の意識の進化に適した進化組織モデルであるので、誰よりも先に組織開発者が捉え実践していくことが大切かと思います。このように書きながら私自身も自主経営、存在目的、全体性と向き合っています。たくさんの組織開発者がティール組織にチャレンジすることを通して新しい人類史がスタートするのだと理解しています。

  • 相良真史

    「組織開発」は、これからの時代を生きるすべての人が考えるべきテーマだと思います。なぜなら、誰もが幸せになれる組織が未だに誕生してないからです。パートナーとの関係、家族との関係、会社での関係、すべてが組織であり、一人ひとりの中にある観点・判断基準の問題を解決しないままでは、真の意味で組織を構築することはできません。
    nTechを通して、観点・判断基準の問題を解決し、誰もが自然と幸せになれる真の組織づくりに役立ててほしいと思います。

  • みなみか

    人と繋がりたいけれど、その中で窮屈な思いをするのは嫌だ!と言う人はとても多いと思います。多かれ少なかれ今まで誰もがどこかしらの組織にいて、思い切り自分を出せずに我慢したり、決まりに従わなければならなかったり組織に対して悪いイメージが残っていると思います。ですが人間はやはり一人で生きられないし、繋がりが欲しいので組織開発は欠かせない問題です。ティール組織というのは皆がこんな組織ならいいのに。。。と思う理想の形なので、人と人を繋げるお仕事の方はもちろん、人と理想的な関係性をつくりたい方は知っておくのが良いと思います。
    さらに
    nTechはティール組織が皆が理想としているのに何故それが実現できないのか、の根本的な原因を解決できる技術なのであわせておすすめします。

  • 安田真理

    人間関係めんどくさい、人が集まればろくなことがない、人は人を悪くしか言わない、人間は戦争が結局好き、人間はどうせ変わらない、、、etc。人間に対して心底あきらめ、人間で生きることに苦しさしかない人生でしたが、nTechに出会い、ものの観方が大反転しました。
    人間が変化できる希望を、組織開発を日々実践する中で感じています。人間は一人では生きていけない未熟な存在です。エゴを超えた本物のチームプレイができる教育技術であるnTechにみなさんも出会えるといいですね^ ^

  • あかり

    わたしは、組織開発なんて全く興味がなかったタイプです。組織というと、不自由さを感じていました。それは、自分が何か別のものに縛られるというイメージがあったからだと思います。nTechとの出会いがあり、人に興味関心を持てるようになり、今の組織への問題点が明確になっていきました。お互い判断基準の違い、そしてそこを解体できる技術nTechがあればティール組織が可能になります。ティール組織を理想としている方はぜひ、nTechを取り入れてみてください。

  • はるころり

    組織開発者は、組織全体としての円滑な運営その結果体を統察するときに、必然的に個人の能力や人間共通の限界も見出して解決しなければならないと思います。昔のように機械的人間育成のみでは、そのゲームから降りてしまう自由意志がまかりとおる現代社会。人間の尊厳を明確に共有教育しながら主体的に動ける人材育成が必須です。nTechをまなべばそのような個人の量産が可能になり、ティール組織が自然発生していくイメージが可能になります。

  • クッチー

    今の時代の組織開発と言えば、ティール組織でしょう!そして、会社組織のみならず、家族や経営者同志などで、ティール組織を作り、日本中を元気にするプロジェクトがリライズムーブメントです!組織開発に興味関心のある方、是非、nTechを活用したリライズムーブメントで、これまで歴史上で実現した事のないティール組織を共に作りましょう!

  • 山中浩司

    組織開発者の方に向けて是非知って欲しい本があります

    それが「ティール組織」です!

    組織開発や運営に於いて大変な事はなんでしょうか?
    それは、人間関係の問題が多く占めていると思われます。
    ティール組織はそもそも人間のエゴ=観点を超えた人々が作る組織であり、
    全体性、自主経営意識、存在目的といった3つのポイントを押さえているのが従来の組織との違いです。
    未来型の新組織であるティール組織がこれからの時代の最先端です。

  • こうた

    組織開発ってなじみのない方もいるかもしれませんが、私たち人間は生きているだけで組織を開発している生き物です!
    生まれる時には家族があり、学校や、会社など、常に組織と共に生きています。
    どうせなら、よりよい組織と共にいたい。よりよい組織をつくりたい。と思いませんか?それがティール組織であり、ティール組織の完成を補う技術がnTechです!

  • morphie

    組織開発者は知らないとヤバいって、
    組織と言うと1以上つまり2人以上集まると組織なんですよね。つまり人間は組織を作る存在です。 一人で誰にも関わらず一生生きていきくのが理想と言う人はいません。母親から生まれた時点で母と子と言う組織でもあります。人間は本能的に組織を作りたいから、最高最強の組織を作るにはnTechです。

  • まる

    日本人の組織嫌いはどんどん深刻になってきています。組織にうんざりしてフリーターを目指す人もおおいこの世の中。でも、個人でやれる範囲の事って限界があります。だからこそ、皆が力を合わせられる組織開発が非常に重要な時代となります。今からの時代はティール型の組織が注目される時代となってます。ティール組織って何っていう経営者のかた、ぜひ本を読んでみてくださいね!

  • miwa

    AIが台頭する時代だからこそ人々の興味関心が人間に行く。このため今これほど組織開発が注目されているのだと私は感じています。

    組織開発は人類にとって永遠のテーマだと思います。「ティール組織」ではこれまでの人類の組織を振り返り、新しい組織に必要な要素が述べられています。問題意識のあるみなさんと新しい時代の新しい組織を作っていきたいです!

  • misa

    もし、あなたが組織開発者だったなら、知らないほうが危険な話題本「ティール組織」。
    もし、読むのが苦手だ~と言う方は、著者フレディ・ラルーさんを始めとした解説動画が結構出回っているので、視聴をオススメしますよ。観てから本を読めばとてもスルスル読めると思います♪ちなみに9月には著者も来日されてのカンファレンスもあるみたい。申し込もうかな~。

  • mikity

    組織開発は、人が集まるところには絶対に必要なことだと思います。組織というと会社のイメージを感じる人も多いかもしれませんが、家庭も一つの組織ですし、幼稚園のような子供が属するところも、地域活性化のコミュニティも一つの組織と言えるでしょう。
    開発をしないということは現状から変わらないままか、組織が回らず衰退化していく可能性もあります。
    経営者など実際に組織を動かすことがないと感じている人でも、誰でも開発できる可能性を秘めています。そこでティール組織とnTechを併せて学ぶのをお勧めします。

  • めぐみ

    科学技術も超スピードで進化する中、私たち人間も今までにない変化を求められていると思います。人間個人の限界を補うチームプレーができる組織体制が作れるのか?がこれからの未来に向けてとても大事だと思います。組織開発する際も、一体これからどんな組織を作っていこうとすることが必要なのか?しっかりとイメージを持って開発を進めていくことが必要なので、「ティール組織」について理解していくことが必要だと思います。

  • chiha

    これからの時代は「組織開発」が必要です。なぜならば、実はあらゆる問題は人間が組織開発をしたことがないことで起きているからです。観点の問題を解消せずに人が集まっている状態は、「組織」、ではなく「集団」です。バラバラな個人の観点をバラバラなまま暴力や財力、権力でまとめているにすぎず、我慢、ストレス、プレッシャーの蓄積により、活発な循環交流、観点の融合、クリエイティブが生まれない状態なのです。観点の問題をこえることによって、はじめて組織開発ができます。

  • 由佳子

    これからの組織開発をするためには、今までの組織の限界を超える組織モデルの「ティール組織」は必要不可欠な概念になってくるのではないでしょうか?
    ですが、その理想的なティール組織の作り方は残念ながら書かれていません。
    でも、大丈夫!
    ティール組織以上の組織開発を可能にさせる技術、nTechが日本から生まれているからです!
    世界が欲しい!と思う組織モデルが、日本からバンバン生まれていくと思うとワクワクがとまりません(*≧∀≦*)♪

  • のぶりん

    組織って言うと、どうしても今までの企業のイメージになってしまい、自分が主役になるのではなく、組織の歯車となって、自由を奪われながら組織に属しているイメージでした。
    それが、ティール組織の組織開発となったら、それぞれが自主経営できる状態で集まっているから、すごく建設的で、自分たちが、考えた事が反映されていくイメージです。

  • やなぎ

    AIが当たり前になってきている今の時代だからこそ、人と人とが対等な関係性を築いていく必要があると言われています。誰かを排除してのしあがったり、誰かを低くして自分を高い位置に据える。どこかの企業組織や国がすべてを支配していくようなやり方を望んでも成功しないことは「組織開発者」であれば簡単に理解できること。けど、そうはいえどうしたらいいのか?わからないというのが本音ではないでしょうか?「ティール組織」も理想はそうだけど、、、と。その疑問に終止符をうてるのがnTechの技術です。どうして、二極化をうみだしてしまうのか?そもそもうまくいかない問題がなんなのか?が理解できるので合点が行き、どの方向に舵を取っていくのかが明確になります。だから
    組織開発者として、スターとを切ることができます。

  • Teruhiko.Nakagawa

    組織開発をするのであれば、人類歴史上の組織形態を見事に整理整頓しているティール組織を読まずしては行えない。いまある組織開発をしているだけでは、本当の意味での組織変革は起こせないだろう。なぜならば、自分の組織がどんな現在地にあるのか、どんな歴史を辿ってきたのかを理解するのは容易ではなく、まずはその海を理解してこそ、魚である自身の組織開発に取り掛かることができると私は考えている。その海の理解において、力になってくれるのがこの書籍だから、フレデリック・ラルーさんの調査の賜物であるこの本を読まない手はない。この本を読んで、自分の組織のいる立ち位置を正しく理解して、これからの方向性を正しく見定めることができる最高のパーとなると思う。だから、組織開発に取り掛かる前に、この本を読んで組織の歴史を知ることが肝要です。

  • miisan

    組織運営や組織開発という言葉がありますが、今の世の中どんな組織であっても、人と人が繋がって何かを目標達成しようとするときに、一人ひとりの能力を開花させたりフルに活用できている組織は多くはないと思います。2人以上の人間が集まったら必ず起こる、価値観や世界観の違いから起こる様々な問題をどのように解決するのか。それには全く新しい視点が必要になります。その視点を論理とイメージで案内できるのがnTechです。なぜ、それが可能なのか。組織運営、組織開発に興味がある方は一見の価値ありです。

  • 西山美峰

    組織開発とても興味深いです。
    今の既存の組織では限界があります。
    働いてる人一人ひとりの個性や可能性が生かされないからです。

    ティール組織の本にも、今の組織の限界が語られていいます。経営者でさえ、なんの為に自分がこんなに忙しく働くのか分からない。と考えている人もいるそうです。お金の下に人間がいて技術によって人間があくせくしているようにどうしても見えてしまいます。
    働いてる意味価値を感じにくいのが今の組織の限界だとしたら、ティール組織は一人ひとりが生きがいを感じれる働き方ができる組織だと思います。

  • 高橋恵

    組織と聞いて、みんな理想はあるけどなかなか思うようにいかないと思ってしまう人の方が多いのではないでしょうか
    日本人は相手を建てる文化が根底にあり、人間関係や社会での自らの立ち位置を振る舞います。
    なぜそうなるのか今までの人間がつくってきた、組織を整理してわかりやすく説明したのがティール組織です。
    そして、その原因と解決策を持っているのがntechです。

  • 亀井 薫

    組織開発を目指してるなら、最先端の組織モデル「ティール組織」を知らないといけない。何故ならば、結局は世の中一人では生きていけず必ず何らかの組織に属する、そして、必ずといって良いほど組織での四題によってストレスを感じ、世の中に生きづらさを感じているから。

    人間関係は組織開発をする上で、まずは良好にしないといけないということは旧知の事実。でも、大事だ!何とかしないと!といいながら、何とかならなかったのが今までの時代。
    ティール組織は、全体性を持った個人、自主経営、持続的に進化する仕組みをうたっているのでこれから組織を創るなら一読して見ると良いだろう。

  • あさりー

    現代で生きていくにあたり、組織との関係性は一番頭を悩ませるものではないでしょうか。
    関係性を円滑にするために、組織開発をされたい方も多いと思います。
    本当に円滑な関係性が築ける組織にするには、組織とは何なのかを悟り知る必要があります。
    ティール組織を読めば、歴史の流れと繋がった組織を知ることが出来ます。
    しかし、それだけでは弱いです。
    nTechを学んだ上で、ティール組織を読むと、受け取れる情報がとても多くなります。
    nTechを学んで、文字以上のものを受け取り、本当の組織開発を始めませんか?

  • ろい

    誰もが変化を求めているけれど、なかなかいいイメージを持てないのが組織ではないでしょうか?この一つの原因に組織をどの方向に向かって変化させていけばいいのか方向性が見えないということだと思います。人と人が関係しあって組織となるのですが、人材開発には興味があっても組織開発になるとイメージを持ちにくくなるのが現状だと思います。このような場合、いきなり組織開発にいかずに人材開発の延長線上に組織をイメージしていくとだいぶ変化を作れるようになります。

  • まきのみ

    ティール組織の本を読んだ時にとても興奮してしまいました笑
    なぜならこの本に書かれている組織開発の手法はnTechで23年間実証してきたことばかり書かれていたからです。
    もちろん世界中にたくさんティール組織の本を使って組織開発をされている方はたくさんいらっしゃると思います。

    そのような方々とも協力して人類全体をティール組織にできる技術がnTech
    であると言えるでしょう。

  • Callinger帆足

    組織開発に携わっている方もしくは、組織開発に興味がある方はティール組織は読まないといけないですね。
    これまで組織というものがどう変化してきたのか、そしてどんな問題を解決できないのかなど組織をつくる上で重要なポイントが書かれています。
    ティール組織こそ次の時代伸びる組織モデルになるでしょう。

  • Maimai

    科学技術の急速な進化に伴い私たちの在り方や働き方の変化も求められている中、当然組織開発も必要ですよね。
    そこで参考になるのが最先端の組織の在り方を提唱している”ティール組織”ですが、nTechの技術があればその理想的な組織を創る一番の早道です。本を手に模索しながら組織開発をしていくのか、答えを持った状態で組織開発をするのかでは、そのスピードに大きな差が出てしまいます。いち早く最先端技術のnTechに出会い、最先端の組織を創っていきましょう♪

  • kenmiura

    組織開発に関心がある企業の経営者、管理職、人材教育、コミュニティ開発部門の行政担当者の方は
    「ティール組織」「心理的安全性」「nTech(認識技術)」についての理解は必須と思います。

    今までの既存の組織論、コーチング、コンサルティング、カウンセリング、マーケティングなど
    2.0、3.0、4.0とどんどんアップデートが必要になってきています。

    経済や政治の分野も根底には、関係性と対話力(コミュニケーション力)といえます。

    固定観念が固くなった大人たちへの教育と同時に学校教育も正解を暗記して覚えるインプット型教育から
    関係性構築をメインとしたアウトプット型に切り替えることも優先的課題と思います。

  • みかり

    人は生まれた瞬間から組織に属しており、組織のことを考えることは人生を考えることと一緒です。そういった意味では組織開発に意識を向けることがすべての人にとって必要なことと言えます。
    組織開発に必要な要素はたくさんありますが、まずどの組織においても相互コミュニケーションが重要になってきます。相手の話を0になって聞き、自分の意見や状況に関しては無限大発信する。そんなシンプルなコミュニケーションをおこなうことで、風通しの良い組織ができます。
    ですがこのシンプルなことがなかなか難しいと思います。これをできるようにさせるnTechを活用した人たちで組織を形成することがなによりも近道です。

  • bonatakato

    ティール組織とは、これからの組織開発者にとって、とても大切な概念になるでしょう。

    今までの組織開発といえば、トップダウン型かフラット型の組織モデルが主流でした。

    しかしながら、トップダウン型だと、恐ふ怖心で人を支配する構造であり、もう現代人はついていくのが難しかなっています。

    かといって、フラット型だと、みなの平等を目指そうとしても、意思決定が遅くなったり、結局はリーダーの声の影響力が大きくなってしまったりと、問題が残ります。

    そこで、必要なのがティール組織です。そして、本当にティール組織を実現したいのであれば、今までなぜティール組織のような自主経営ができる個人が集まり、全体性を持って持続的変化する目的に沿えなかったのか、そのできなかった原因を明確化させて、そこに対する新しい解決策を提案する必要があります。

    この原因の明確化と解決策の提案をしているのがnTechなんです。

  • Mami

    組織開発というと経営者じゃなければ自分とは関係ないって思いそうだけど、そもそも組織とは調べてみると「共通の目標を有し、目標達成のために協働を行う」とありました。
    自分も家族や地域、会社や国、社会を創っている一人であり、皆で開発していくもの。
    でも小さな組織でもバラバラの判断基準や価値観がある人たちが共通の目的に向けてひとつになることは簡単ではないし、個の能力を最大に生かしながら組織全体が成長し続けることは本当に難しいと思います。
    「ティール組織」では「存在目的」「自主経営」「全体性」という3つのポイントで、今までの組織の限界を突破しようとありますが、その組織を創っている人間の脳機能の仕組みを知り、人間一人ひとりの認識の上昇が必要だなと感じます。それを補う技術がnTechなので、合わせてみていただくのをおすすめです。

  • イワミユカ

    組織開発をする人っていますよね?私、そういうこと今まで知ろうと思わなかったし興味関心全くなかったけど…。だけど、最初は自分の悩みを解決するところからだけど、その延長線上にはティール組織でした。本当の自分を知ることで、何をするべきなのか、何を希望するのかってみていくとそこは共通土台0で、尊厳関係の集団をつくりたい意思を思い出してきました。今では私も組織開発者です。

  • とみざわりょうた

    ティール組織とは組織開発の専門家の方が研究開発した結果行き着いた結論を概念化しているものです。

    ティールとは色の名前で、彼はこれまでの人類歴史を組織で整理し、それぞれを色で識別しています。

    もし組織開発に携わるのであればそれらの組織の概念・色について把握しておくことで、様々な組織の診断に役に立つと思います。

  • sonoda

    組織開発をしていくためにティール組織は欠かせないものになると思います。なぜならば、これからの時代は時代の流れも大変早いので、組織の改変もスムーズに起きることが求められているからです。組織開発をするためにティール組織と他の組織の明確な違いが何なのか、ティール組織に移行するには何が必要なのかを考えることも大切だと思います。

  • 大槻剛史

    組織を構成する要素は言うまでもなく人間ですが、人間を構成する要素はなんでしょうか?

    いろんなレベルで表現可能と思いますが、1番根本を深ぼって行けば心に行き着くと思います。

    心とは何なのか?
    心がどのような素材、構造、機能を持っているのかを明確に知らなければ、緻密でダイナミックな組織は構築不可能です。

    nTechは心について明確な規定をしています。nTechを習得すれば、心という最小単位の要素を扱うマスターになって人を動かし、偉大な仕事を完成させる組織構築が可能となります。

  • EMI

    特に経営者の方やプロジェクトのリーダーの方は悩まれているかもしれません。自分の会社やチームをどうしたらまとめ上げ、同じ方向を向かせてはしらせることができるのか。もちろん、しっかり一人一人の創造性やモチベーションは保たねばなりません。

    ものすごく難しい問題です。ここが解決できなかったために、世の中のリーダーは苦労をしてきました。

    しかし、ここを解決した組織がティール組織なのです。自分の組織のメンバーひとりひとりがキラキラ輝き、どんどん組織が進化していくところを想像してみてください。これを実現することができるのです。実現することは可能なのです。一緒に実現させていきませんか。

  • KiJi

    私はかつてものづくりの仕事を現場で行なっていましたが、人間がものを作って販売する時代が終わるのを感じ、人間が作るべきものは何なのか?という思いにかられ、そもそも人間は人間を創る、つまり教育が人間のやるべき仕事であり、組織開発が何をするにも共通して必要な事なんだとわかり、今は組織経営、組織コンサルの道を歩んでいます。ティール組織は今までに無い概念なので、既存の組織の成長の先にあるというより、認識を抜本的に変え、組織体質も、所属メンバーも一気にパラダイムシフトを起こすことがまず始めにすべき事だと思います。

  • 大川 真

    組織開発を行うためには、その組織にいる人と人とのつながりが重要になります。
    組織をどのようにつくるのかは、古代からの人間のテーマです。
    暴力や権力、お金で組織をつくってきました。
    しかし、人の考えは多様化し、外的な要因では、組織が作れなくなってきています。
    そのため、これからは個々のつながりによる内的な要因での組織づくりが必要になってきました。
    それが、ティール組織です。



⇒組織開発者は知らないとヤバい(笑)ティール組織の要約と実現方法

⇒【6分の動画】組織開発者は知らないとヤバい(笑)ティール組織(Teal組織)を実現する最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.