コミュニケーション 上達 苦手 能力

コミュニケーションが苦手

コミュニケーション能力を上達させたい!

そんなあなたのコミュニケーション能力の上達に欠かせない「nTech」とは、

いったい何なのでしょう?

 

 

 

 

この記事では、

実際にnTechを使って、

コミュニケーション能力の上達に成功した人たちの体験談を紹介しています。

コミュニケーションが苦手なので、

コミュニケーション能力を上達させたい

という人は、是非みんなの体験談を参考にしてください♪

【約6分の動画】nTechとは、古い自分をスッキリ!手放して、新しい自分に生まれ変わる技術!




【約3分の動画】アメリカのサンフランシスコで開催されたwisdom2.0で、Google社員やハーバード大学教授の前でnTechの講演が開催されました!





LINE@に登録すると、毎週火曜日に最新記事の更新情報をお届けします♪


友だち追加


141件のコメントをいただきました♪

  1. リョーマ より:

    僕は相手の言葉によく反応してしまい、相手が伝えたいことと違う捉え方で受けとることが多くありました。

    結果的にどんどん会話がズレていき、誤解して関係が終わったり
    繋がることができない悲しみを蓄積していました。
    結果的に自分のコミュニケーションに自信が持てず、人と話すことにも消極的になっていました。

    nTechを学んで、いつも自分が無意識に他人にやってしまっている思いこみのコミュニケーションのパターンに気づくことができ、それからよく話の本質や背景を理解して、対話することを心がけるようになってから大分変わりました。

    まだ自分のパターンにハマることはありますが、それも日々の習慣によってどんどんクリアになっていっています。

  2. Rerisertae より:

    私は人とのコミュニケーションは社交的に出来てた方ですが、なんか浅い関係性にしかなれないことが長年の悩みの1つでした。
    何を話せばいいのか分からず、天気や今、旬なテレビの話題などの会話のみで笑いが起こればOKだという内容で終わるパターンでした。だから喧嘩になることも無いから、感動も無く、結局どうでもいい話ばかり。
    代わり映えのない自分に変化をもたらせてくれたのが「nTech」でした!
    自分の深いアイデンティティが明確に分かると相手の深いアイデンティティとも出逢え、コミュニケーションの質が明確に変化したのです。今は色んな人の話を聞くのが楽しいし、相手の本心が分かるようになり、心の奥底からの信頼関係が築ける様になっていってる自分の変化を実感出来たことが最高です!

  3. えみまるこ より:

    コミュニケーションって高度な技術です。私は自分の頭の中のことを上手く言語化できず、違うニュアンスで受け取られてしまい誤解されたり、自分で混乱したり、本当に受け取って貰えたのか疑心暗鬼になったり。本当に心が忙しい状態で、人前が嫌い、できれば一人で居たいと思うタイプでした。
    ですがnTechを通して、コミュニケーションはズレて当たり前だということ、私の中の言語化のチューブが開発されていなかっただけと知り、ホッとしたと同時に、仲間が、私の伝えたい「観点」を掴んでくれるのでコミュニケーションに安心感を覚えました。

  4. 安田真理 より:

    私は、両親の喧嘩が絶えない家庭に生まれたため、コミュニケーションは戦争のイメージしかなく、人と人はどうせ分かり合えないものだと無意識深くあきらめていました。

    そのため、なかなか本音も言えず、我慢のコミュニケーションばかり、、、人間関係はめんどくさいものだと思っていました。

    そんな時、「nTech」を学び、人と人とが争ってしまう根本原因が、 脳の機能的限界にあることや、また感情の生まれる仕組みについても明確に理解することができ、根本から変化できるという希望を感じました。

    今では、脳の仕組みを逆に活用して、自分の感じたい感情を生成し、あきらめではなく、深く相手と本音交流をすることが日々楽しくなりました。

  5. ひろ より:

    自分が何を喋っているのかが良く分からない、喋りながら自分の事が分かるみたいな感じで、いつも人との会話に不安感があり、コミュニケーションに対する苦手意識や嫌悪感みたいなものがありました。nTechを活用する事で、自分自身の考えや感情を整理でき、また人からどう思われるかということに対する気疲れがなくなり表現する喜びを感じるようになりました。

  6. さむさ より:

    私は小さいころからわがままで自己主張が強く、周囲と歩調を合わせることができませんでした。なのでよく周りの人を泣かせたり怒らせたりしていました。エヌテックに出会ったらなぜ自分が強く自己主張ばかりをしてしまうのか、がよくわかりました。小さいころの出来事がきっかけで、自分を縛り続ける観点の問題とそこから自由になる方法を学んだからです。今は自分を客観的にみて、同じパターンを繰り返しそうになった時はまずは自分を縛る観点に気が付いて、そこから軌道修正ができるようになりました。
    そして、何より自分の本音を言えるようになったことで、周りの人への信頼度が格段に高まり周囲の人と良好なコミュニケーションがとれるようになりました。今では人間関係のストレスがほとんどなくなりました。

  7. 村田優子 より:

    コミュニケーションって、実はずれるものってあまり一般的には認識されていないと思います。ズレも自分の本音が表現できていないこと(ここですでに1ズレしてます)や、表現しても相手にはまた違って受け取られているし、その相手から返ってくる言葉もまた相手の本当に言いたいこととはズレている。そんな中で疎通なんて諦めて相手に合わせるコミュニケーションしてしまったり、いつも相手の出方を見て自分をどう表現するか?なんて考えながら人とお話ししたり、、。そんなことをしている自分にも気づかないこともあったりするものであることをnTechを学び気づかされました。私の場合、言ってもいないのに言うこと聞いてくれない!と相手を非難することを昔していました。そんな私から、相手の言葉の背景を汲み取らないと本当の相手とは出会えないと気づき、表現だけで相手を決めつけない事で相手の言葉の裏はどんな感情があるからそんな表現になるのか、と本当の相手と出会うような余裕が出るようになりました。マインドーム理論や、観点のことをしっかり学んでいけば誰もが上達するどこでも、いつでも使えるコミュニケーションを学べるnTechはすごいと思います。

  8. Keizenke より:

    コミュニケーションが苦手。私もご多分にもれずそう思ってました。人の中では話せない。頑張って話しかけても、次に何を話していいかわからない。相手が話してくれる人なら楽。うん、うんとしてればいいから。でも聞いてるのかと言ったら、違うこと考えてたりしてました。でもこのコミュニケーション苦手と思うのは実は凄いことで「コミュニケーションってどうしたらいいの?」と思うし、「コミュニケーションが取れるってどういうことなの?」と質問が出てくるのです。この質問に答えを出してくれるのがnTech。コミュニケーションが苦手のコミュニケーションも苦手も自分の勝手な思い込みのイメージだったのです。
    コミュニケーションの本質が理解できてから、苦手も上手もなく、いかに循環をつくるのか、それを楽しむのかのイメージになりました。

  9. Callinger帆足 より:

    以前の私はコミュニケーションが苦手すぎて彼女にフラれてばかりでした。
    別れ際に言われる一言が「あなた何考えてるか分からない」
    いつも同じパターンで関係性が切れてしまう。
    nTechを通して、コミュニケーションはズレるものという大前提を理解することにより、相手との誤解がなくなり以前とは比べものにならないくらいコミュニケーションがスムーズになりました。コミュニケーションのストレスがなくなったことで関係性も自然と深く築けるようになりました。

  10. 大槻剛史 より:

    私は周りからよく話を聞いてくれる人と言われてました。
    いつも笑顔で話を聞いて、うんうん頷くので周りからそう見られていたのでしょう。

    でも本当は頭の中は全然別のこと考えていたり、自分の中の言葉が邪魔をして話の内容がよく分かってないことが日常茶飯事でした。

    学生までは雰囲気でなんとなくコミュニケーション取れてましたが、社会人になって仕事を進める上で、自分のコミュニケーション力の低さに気づき愕然としました。

    nTechと出会い、0=∞=1という数式を知り、コミュニケーションを成立させるにはまず自分のオートで湧き出てくる考えや感情を一旦オールゼロ化する必要性を学びました。

    そして相手の考えや感情、伝えようとしているイメージを広い器で∞受け止めようとしながら話を聞くことで、相手と1つになっているような感覚になり、コミュニケーション能力が劇的に変わりました。

    以前は相手の言っていることでよく分からないところがあれば、曖昧に笑顔でやり過ごすことが多かったですが、今ではよく質問してお互いのズレがないか確認しながら話を進めるようになったので、仕事も円滑に進むようになりました。

  11. 1 2 3 15

    コメントを残す