ティール組織を学校に導入して教育問題を解決しよう!

投稿日:

ティール組織を学校に導入するとどうなる?

学校に通うことを義務付けられてる日本では、

学校に通わざるを得ない子供が溢れかえります。

学校は教育問題の巣窟なので、

あまりいい印象を受けない人も多いでしょう。

具体的に学校問題には、

以下の種類があります。

  1. いじめ
  2. 不登校
  3. 非行
  4. 校内暴力
  5. 学級崩壊
  6. 学業不振(学力低下)
  7. 生徒の活字離れ
  8. 受験戦争(受験する目的が競争になってしまっている)
  9. 都市化(家族や親戚の繋がりが希薄になり支援を受けづらい状況にある)
  10. 少子高齢化(子供の数が減り、社会の財政を支えづらい状況にある)
  11. 成果主義(テストの点を多く取ること、偏差値の高い学校や知名度の高い学校に入ることを強いられやすい)(学歴社会の競争も問題とされる)
  12. 機能不全家族(家族によって精神的に悪影響を受けている子供が増えている。その分野の対処は「nTech(認識 technology)」を使わないと、なかなか解決が難しい)
  13. 毒親(そもそも、子供を育てる親が子供を十二分に育てられる精神状態に成熟しないまま子育てしている現状)
  14. 引きこもり(学校や社会で自分を表現することを諦めてしまった子供の急増)
  15. 学校裏サイト(最近ではLINEやTwitterなどのSNSを使ったいじめも流行っている)
  16. 学校教育制度の問題
  17. 管理教育(詰め込み教育)
  18. 校則による画一化(意味不明な校則もホント多いですよねw)
  19. 学歴主義(学歴主義はもはや過去の価値観なのに、未だに子供の中に根深く浸透している)
  20. 受験(幼稚園・小学校・中学校・高校・大学)
  21. 大学倒産時代(経営が厳しい大学はあの手この手を使って生き残ろうとするあまり、生徒を軽視しやすい)
  22. 子供の貧困
  23. 体罰
  24. しつけ
  25. 過干渉
  26. モンスターペアレント
  27. モンスターチルドレン
  28. モンスターティーチャー
  29. 教員免許更新制

これらの問題を既に抱えこんでる学校に入学すれば、

先生や生徒が苦しくなるのは当然ですね。

そんな学校問題を解決する新しい組織モデル、

それがティール組織。

そして、そんなティール組織を実現する最新技術として注目を浴びてるのが「nTech(認識 technology)」です。

※ティール組織とnTech(認識 technology)に関する詳しい説明は「8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法」をご覧ください。

 

 

 

 

そこで今回は、

実際にnTech(認識 technology)を使ってる人たちから、

ティール組織を使った学校問題(教育問題)の解決方法について、

口コミをもらっています。

世の中の学校問題を本気で解決したいと思ってる、そこのあなた!

是非、参考にしてくださいね(^^ゞ



ティール組織を学校に導入したらどうなる?

  • 中西豊 

    学校教育では、全体主義、強調性を慮る傾向にありますね。

    全体の秩序でもあり、個性の花をも咲かせる。
    それが社会主義と、個人主義という2つの方法思想に分かれて、今でも対立構造を作り出しています。

    この世界は人間によって作られ、人間は教育によって作られる。

    だから、個人と全体の同時認識できる認識技術という教育によって、

    新しい右でもない、左でもない、社会秩序が作られるのです。

    学校教育で、認識技術を学ぶカリキュラムができたら最高です!

  • 川名哲人 

    日本の教育は全体性を重んじるあまり、主体性や自分で考える力や主張する発信が育ちにくいと言われています。逆に個人を尊重しすぎれば、主張が強すぎて協調性が無くなります。この2つの限界を補って全体性を持った個人がセルフマネジメントしながら調和を持って目標に向かっていく能力はいくらあってもいいものだと思います。
    nTechを通して誰もがそうなれることを理解できました。
    ティール組織を学校に導入できたら、もっといい学校、社会になると思います。

  • 堀江直樹 

    ティール組織を学校に導入することはひとつの夢だと思いますし、そういった新しい組織のあり方を学ぶ術が確立されたら本当に日本社会はよくなると思います。
    僕たちは中学校ぐらいから部活動など、明確な上下が生まれてくるように感じ、トップダウン型の組織形態になれてくると感じています。いつしかそうなってくるといかに知恵を出しあうかよりは、我慢をして合わせる習慣性が生まれてきてしまうのです。
    ティールのような構成員に立場の優劣もなく知恵を出し合える関係性作りは非常に重要な取り組みだと感じています。

  • Haruko 

    ティール組織を実現できるのがnTechですが、nTechを子育てに活用しているお母さん方の話を聞いていると、お母さんが変わると子供や旦那さんもびっくりするくらい変わるそうで。お子さんが不登校、勉強しない、自信が持てないなどの問題を抱えていらしたお母さんたちの変化ストーリーは聞いていると本当に楽しくなります。家庭も学校も組織なので、ティール組織を学校に導入すれば先生も生徒もどんどん変わって行くと思います。何が変わるのか、お母さん達が口を揃えて言うのが、「母だから」「子供だから」という既存のイメージや役割に固定して「あれをしなければ、これをすべき」とがんじがらめで苦しんで来たところから自由になってお母さんがのびのびし出すと家族が変わるそうです。規模は違いますが学校でも同じ構造から問題が多発している部分が多いと思うので、先生だから、生徒だからという決めつけだけの関係性から自由になることでお互いがのびのび学ぶことができるようになると思います。

  • 村田優子 

    ティール組織を学校に導入できれば、どれほどの不登校や、いじめ、先生の鬱などなどの問題が解決されることでしょうか。いま、海外での取り組みを色々取り入れられている教育に問題意識を持っていらっしゃる方が多いと思いますが、ぜひ、nTechを取り入れたティール組織を学校教育に導入して、世界の見本になってもらえればと思います。

    生徒の気持ちになれる教師、本音を言い合える友人、子供のころから主張することと、協調するべきところは考えられるような話し合いができる場で育てば、人生は楽しいのが当たり前で、今の学校教育では育たないものがドンドン育まれる。無駄な受験戦争も無くなり、学ぶことも自分の人生とつながって捉えられる教育になっていく社会にもなっていきます。人間がそもそもなんなのか?がわからない人が人間を教育すること自体が、本当に限界だと感じられる未来が作れると思います。

  • やぶ 

    学校では主要教科の勉強以外にも、先生や仲間達との人間関係や社会で生きていくために必要なことを沢山学ぶと思います。
    しかし、その学びは既存の知識の焼き増しでしかないため、その知識の限界が教育の限界となってしまいます。
    その限界を突破するために、ティール組織を学校に導入することが必要です。

  • 吉田純 

    日本の学校には、見ようとすれば数えきれないほどの問題があります。

    1つ1つを解決していけばきりがありません。根本的な解決が必要です。そして、そのためには人間一人一人が変化する必要があります。

    会社だろうが、学校だろうが、組織は一人一人の意識が作り出しているものだからです。

    ティール組織を学校に導入することによって、縦割りになりやすい学校にもいい刺激がいくでしょう。

    特に重要なのが、先生が変化することです。

    先生の心の平和が保たれ、先生たち同士が協力関係が組めるような学校組織であれば、その影響は子供達にも及びます。

  • 大場 龍夫 

    現在、私の末っ子は高校生なのですが、学校にあまり行こうとしません。行く意味が分からないと言っています。授業に出なくても勉強できるし、何かを暗記しても面白くなく、なぜ記憶するのかの意味も分からないと言っています。よく分かる話なんですね。学校が、子供たちの主体性、能動性、率先性を育てていける場であればよいなと思いました。いま、話題になっているティール組織を学校に導入したらどうなるのでしょうか。先生も生徒も上下のないフラットな組織になります。子供たちの主体性が尊重されます。先生も、生徒も一人一人が尊重されます。誰かが放置されることはなくなるでしょう。しかし、こんなことが可能になるのでしょうか?秩序を維持していくために必要なことがあります。そこには共通の土台が必要です。真っ先に身につけるべき認識が必要となります。認識の基準ですね、この認識基準があれば、いつでもそこに立ち戻って、そこから出発することができますので秩序維持の原点とも呼べるべきものができます。実は、あらゆる組織にこれが可能になると思います。この基準点構築、原点構築をするのが、nTech認識技術です。

  • 明楽 

    ティール組織を学校に導入することは、とても素晴らしいです必須だと思います。
    今の日本教育は「前にならえ」の姿勢で、個性を発揮することが難しい。個性を生かすようなワークショップを入れだした学校もありますが、まだまだ少ない現状です。ティール組織をつくる上で欠かせないのがnTech(認識技術)です。nTechを使えば、相対比較がない1つの世界を理解した上での個性を発揮できる関係性を築くことができます。

  • midan 

    学校教育にティール組織を入れるとかなり良いと思います!
    昔に比べて子供と子供の関係性も希薄になりがちですし、ティール組織によって良い悪いを超えた関係性を取り入れたら、1人1人の個性を活かせるようになるし、もっともっと心も体も健やかな子供達がたくさん増えてくいくと思います。
    関係性の問題が子供の個性・感性・可能性をブレーキする世の中なので、nTechを取り入れて、今の時代に本当に必要な教育を広げていきたいですね!

  • えみる 

    教育について考えることは非常に大切だなと思います。

    ティール組織を学校に導入して教育問題を解決しようとした時、それができたら小さなうちから主体性や自発性、人と何かを協力しあって創り上げるクリエイティビティが爆発していくのではと想像します。

    自分の過去を振り返ってみると、学校は、そんなに楽しくはありませんでした。

    授業も、わくわくするのではなく、テストのために勉強をやり、道徳の時間では、知らなくていいんじゃないのと思わせるような、部分的な歴史の話。今思うと逆に不信や不安や恐怖を煽っているようにも思えました。

    今の教育には疑問があります。

    その中でも大学生活が一番楽しかった。それは、必須科目と選択科目があり、自ら選択して授業を受けることができたからです。

    フィンランドの教育や国のことをよく聞きます。様々な条件が揃ってその国が成り立っている。

    でも日本と大きく違うのは、小さな時から、自立した1人として、自分がどんなことをしたいのか、何になりたいのか。心を理解する交流はたくさんあるように感じます。

    誰もがTeal組織で活躍するリーダーシップ能力、人間関係力を身につけるために、教育を変化が必要です。そしてそれを可能にするのが、nTech技術だと思います。

  • Rerisertae 

    AIがまさに人間を超える時代において、戦後から続く今までの日本の教育が適しているかと問われたら、適していないと言える時代になっています。ではどんな教育がいいのかは部分の変革というより学校組織自体の変革が求められていると思うのです。学校の先生方が病んでいく組織で未来の子供達は育てられません。
    ティール組織を学校に導入するという今までにない新しい組織の在り方が問われているのです。
    先生も生徒も対等に学びを活かしあい学校組織がひとつと捉えたところから個々の自発性、能動性を発揮させ、クリエイティブを融合させることが出来たら、未来が素晴らしい日本や世界になることでしょう。
    ただ、大前提として人間の不完全を補う基軸教育としてのnTech教育があってこそになります。

  • 不知 航 

    上記で上げている問題はどうやったら解消に向かうのでしょうか?それはひとつひとつの問題に向き合うしかないのでしょうか?でも現実問題、先生もやることが沢山ありますし、多様性、多元性を良しとされる世の中で解決に向かうどころかどんどん悪化していると感じる方も多いでしょう。ティール組織を学校に導入したら、セルフマネジメントが出来る人たちが増え、全体のことがわかる様になるので、コミュニケーションが変わり、あらゆる問題が根こそぎ解決していきます。

  • 島崎信也 

    ティール組織を学校に導入すると様々な課題問題を解決する事になります。正確に言うとDignityティール組織です。これはnTechが実現してくれます。

    nTechがDignityティール組織の創建に貢献し課題問題を解決するのかと言うと、問題の原因を明らかにしているからです。現象に勝負するのではなく、原因です。問題となる原因を明らかにしながら同時に、新しい価値を生み出す原因へと変化させます。ティール組織を学校に導入する事で、国も企業も、社会も地域も、新しい価値が次々と生み増えていく様になります。

  • こましょー 

    今の学校のイメージは優秀な人は伸ばして、無力な人は手をつけない。そんな学校のイメージを変えるのがティール組織。全てが自分。個人主義を超えて共通の問題を突破していく。
    今学校で問題とされている、いじめ、差別、虐待、全ての問題の根本原因を明確にディファインして解決していく技術。
    これはnTech無しでは何も始まらないといえる。全ての仕組みを理解して認識か
    変化を楽しんで問題解決していきましょう。

  • keizenke 

    子どもがいる親としては、ティール組織を学校に導入してもらえたら、とってもいいなと思います。
    自主性を養い、本当の協調性が生まれ、ありのままの個人を活かしあえる。子どもの可能性が活かされる関係性つくりになるし、今ある教育現場での問題もなくなると思います。ただ、これを導入するには大人である私たちが過去のイメージに縛られている観点を0化することが必要であるし、ティール組織のつくり方を実戦し、そこに意味価値を見出すことが必要かと思います。
    教育現場こそが一番過去の観点のしがらみから解けにくいところかと思います。
    AI時代に必要な力は何であるのかを明確にした時に、子どもに必要な力、それを伸ばしていく教育がわかると思いますが、その一つがティール組織だと思います。

  • げん 

    学校で教わる教科書に書いてある知識はインターネットを調べれば誰でも手に入れることができてしまう知識になっています。そして、学校にいけば順位をつけられ、評価させる対象となる。評価されることが決して悪いことではないとは思うけれど、それが自分のモチベーションとつながらなければ、相対比較を繰り返し、恐怖の感情ややらなければならないという主体性が育つとは真逆の方向性にいってしまいます。そんな教育現場に今何が必要なのか。ティール組織を学校に導入したらどんな日常になるのか。先生にとっても生徒にとっても日常が学びの場になり、積極的な意見交換が可能になります。誰かと比べてどうなのかという事ではなく意見の相違がお互いの気付きにつながるので主体的に自分の意見を述べる事や、相手の意見を聞くことが当たり前に楽しくなります。そして、自分が今なぜ学んでいるのか、どこに向かおうとしているのか、そんな意識も当たり前に持つようになるので、自分の人生と今ここがつながって認識できるようになります。生きていく上での基準が作られるのが学校でもあるので、どんな教育現場を通過するのかは大きな影響になります。教育がティール組織化したら大きな変化がおこると思います。

  • みなみか 

    ティール組織を学校に導入することは大賛成です。問題が沢山ある中やりがちなのは、問題起こす子供が、親が、家庭が、先生が、学校が悪い、システムが悪い、など原因犯人探しですが、nTechが入ったdignityティール組織であれば、すべて観点の問題から起こる事であり、誰も何も責めるべきものはないと分かります。そして観点の問題をクリアしてお互いの尊厳を認め合いながら本当のフラットな関係性を作れば、現在ある問題は解消されていくと思います。

  • みなみか 

    本当のフラットな関係性をつくって学校の諸問題を解決するであろう、ティール組織を学校に導入する時に、人は本当は何を優先的に学ばなければならないのかが自然と分かってくると思います。ティール組織をつくれるようになる個人がどんな個人でなければいけないか。それは人間はなぜ生まれたのか、人間とは何なのかを知らない個人では始めらないので、学校で教えるべき教育の基軸も変わっていくと思います。

  • 熊倉恵子 

    ティール組織を学校に導入できたらとても良いでしょうね。しかし、ティール組織は人間の機能的に実現不可能な理想の組織とも言えます。人間の脳機能が全体性を認識できないからです。
    なので、人間の脳機能を超えるnTechとティール組織をセットで学校に導入する事で分離比較して対立したりいじめたりする関係性から、尊厳を持ち、思いやり気配りでき、WinWIn、AllWinの関係を築くことができる学校になりますし、その環境から育つ子供たちは、AI時代に世界に活躍できる人材になることでしょう。

  • aiko 

    こちらの記事を見るだけでも、学校の問題はいじめ、不登校とたくさんありますね・・・。解決したいと思っても、今の人間の認識水準では解決できないからこそ、これだけ時代が進んでも問題は残っています。もしティール組織を学校に導入でき、全体性を取り入れた学生、教師ばかりになればいじめや不登校の問題はなくなるでしょうね。なぜなら、全体性を取り入れた人間は、「なぜ人がいじめを引き起こすのか」「学校に行きたくないのか」、もっと大きく言えば「人間は何を望み、何を知り、何を希望するべきか」という本質的なことまでが理解ができる状態になるからです。その、全体性を取り入れられるようになるには、技術が必要です。それがnTechになります。学校問題で悩んでいる方は一度見てみるといいと思います。

  • 亀井 薫 

    今巷で話題なのが、ティール組織という次世代型の組織。それは、
    簡単に言えば、初めて教師の個性が生きる教育を組織で可能になるということである。
    ティール組織を学校に導入したら、今問題となっている、教師と生徒、学校と親など人間関係による不和が一掃されます。なぜなら、不和が起こる一番の問題である価値観の相違が起こらず、その価値観を融合させる、技術nTechによりいつもストレスフリーな人間が溢れ、その人たちで作る人間関係によって毎日生き生きな現場を作るのです。

  • elly 

    今の日本の義務教育において、4人に1人は不登校になっているそうです。インターネットが当たり前の時代の中で、知識はネットの中にあり先生は教えることもなく尊敬されない。深刻ないじめや自殺も増えています。
    学校においても、教科におけるコンテンツの上昇と、関係性を変えていくことが必要です。
    そんな中、ティール組織を学校に導入することで、学校が楽しく教科や関係性が上昇していくと思います!

  • Natsuki 

    教育現場は課題や問題が多様で複雑に絡み合っており、一つ一つに対処するだけで精一杯なのではないかと思います。ですが、対処的な解決だけでは、結局またもぐらたたきのように課題が生まれてきて、いつまでも根本解決にならないでしょう。だからこそ、ティール組織を学校に導入することは、それらの多くの問題を一掃し、根本解決を可能にする希望になります。子どもたちをお魚、先生方を海と例えたら、まずは綺麗な海で魚を泳がせられるように、先生方がティール組織を実現する必要があります。また、ティール組織の実現には人間の意識の変化が必須です。さらに言えば、脳の部分観の認識機能だけでは不可能なので、脳機能を超える認識機能を獲得する必要があります。そのために、nTechを活用することは本当におススメです。

  • 見並圭一 

    ティール組織を学校に導入できたらどんなに素晴らしい世の中になるのか、想像しただけでもワクワクしますが、それは、それだけ難
    しさを感じているからでもあります。凝り固まった組織の形態や、さまざまなしがらみ、また戦後から導入された今の学校教育の基礎を破壊して、新たな組織を導入するためには、nTechを使って、人間の固定概念をまず破壊する必要があると思います。

  • かなえ 

    ティール組織を学校に導入することで、学校教育にも希望がもてますね!今までの学校は、現代社会の中で、勝つか負けるか個人主義を強化する。協力すること、仲良くすること、チームプレイも求められるけれど、実際にはチームプレイを育むことが難しいのが実際です。どうして人が分かり合えないのか、分かり合える理解方式や思考方式の共通土台があった時に、学校というものが人づくり、組織づくりを育めるのだと思います!

  •  

    "みんなちがってみんないい"
    幼児教育に携わっている時によく耳にした金子みすゞさんの唄の一節です。
    でも、実際は大人の都合で押さえつけたり、みんなしてるから〜とかいう理由で勝手なルールが出来てたりします。そんな現場で悶々としていましたね…"こども達一人ひとりに人権があってそれを大切にって言いながら大人達はなにやってんだ!!!"って。
    ティール組織を学校に導入することでそのモヤっとが少しずつでも改善されていくと思います!まさに!
    "みんなちがってみんないい"
    の実践ですから!!!

  • 由佳子 

    ティール組織を学校に導入していくことで今、やりたいことがわからない…
    やりたいことをやりたいって言えない…
    そうやって"やりたい!"って気持ちを諦めざるを得ない教育環境を変えるきっかけになると思います。
    私にも娘がいます。やりたいこと、諦めて欲しくなんかありません!
    ティール組織の在り方が学校から浸透していけば自ずと自分の気持ちを言葉にできる、安心して出せる環境が広がっていくと思いますね!その気持ちを殺しあうのではなくて活かし合う教育が必要だと思います!

  • Ayaka 

    今の日本の学校教育の問題を一言であげるとすれば、暗記教育で人間の優劣を決めてしまうことの限界ではないかと思います。
    教科書に書かれていることを暗記させ、テストをさせてその結果で個人の能力をを決めつけてしまう。
    このような方法が当たり前の教育では、周囲と自分を比較することに忙しく、
    本当の意味でのチームプレイができるような人間を育てることは難しいでしょう。
    ティール組織を学校に導入することができれば、全体を理解しながら自分自信を経営する能力が育つので、
    それぞれの能力や個性を活かしあいながらも、組織としてもどんどん進化することができます。

  • eri567 

    ティール組織を学校に導入するには、nTechが非強不可欠ですし、それが可能になれば、子供たちの可能性や主体性はもちろん、個人主義の限界も超えてチームプレーもアップすると思います。

    子供の頃はよく分からないので、先生はすごい人たちなんだと勝手に思い込んでましたが、大人になってみると「こんな人が先生してて大丈夫?」と思うことさえあります。

    とは言え、先生たちも必死だと思います。その苦労は教育に携わったことがあるからほんとにわかります。

    子供たちにとっても学びが楽しく、先生たちにとっても教えることがたのしい。しかも主体性もチームプレーも育つ環境は、研究が必要だとは思いますが、「目で見ちゃダメ」がキャッチフレーズでもあるnTechを道具にしながら、学校にティール組織を導入することで、その方個性に向かえると思います。

  • 森本柾人 

    ティール組織を学校へ導入できたらどんな変化が起きるのか楽しみです。
    今の状態では、イジメや人間不信は拭えないと思います。そんな様々な問題も全体性を持った個人になることで、人間関係も誤解関係から理解関係へと上昇します。
    また、一部の人間だけで固まったり、それによって派閥ができたりする問題も解決していきます。どんな人とでも深く感動的な交流が生まれるし、広く色々な人と関係を気づくことができます。
    それを可能にしてくれるnTechを使うことでティール組織を学校へ導入することができると思います。

  • morphie 

    ティール組織を学校に導入するのは、少なくとも今の教育システムでは難しいと思います。もちろん導入できるのが理想でしょうが、子どもたちのみならず、先生、親、教育委員会、国、教育システムとあらゆる背景の理解と協力体制がなければ、新しい取り組みにチャレンジ出来る程、今の学校教育の現場に余裕はありません。先生をしている友人たちに実際話しを聞いても同じことを言います。

    つまり、学校に導入するより先に民間人の中に広くティール組織の実践モデルが広がることの方が大事だと思います。そこから教育機関へと影響を広げていく方が急がば回れではないでしょうか。日本の教育システムが生み出した弊害を理解し民間から取り組むことをスタートしたいものです。

  • みかり 

    現在の教育現場は、上げればきりがないほど問題が山積みになっています。そんな問題を解決していくためには、抜本的に教育の組織の在り方から変化させていくことが重要です。
    そのためにも、ティール組織を学校に導入することが必要です。子どもの主体性を発揮し、一人ひとりがリーダーシップを発揮していくことができるようになります。
    閉ざされた教育では、その窮屈さのために本来の創造性や主体性が伸びず、攻撃的になってしまったり無気力になってしまったりしてしまいます。
    正しい教育をするためにも、ティール組織を実現していくことが求められていると思います。

  • こみず 

    ティール組織を学校に導入するのは多くの課題を解決することになると思います!
    信頼関係が今まで以上に構築できますし、上下や役割立場に固定されないので、循環が起きます。
    今は、誰かに仕事が偏って負担になったり、依存関係になったり、どうせ分かり合えないと諦めて交流しなかったり、ということが蔓延しています。
    大人たちのその状態はそのまま子供にも反映されます。
    そんな環境で授業を受けても落ち着かないですよね。
    じっとできない子供が増えているのも当然のことと言えます。
    ティール組織を導入したら循環がものすごい起きます。
    活気あふれる学校になりますよ。

  • たま 

    学校も組織であることを考えると、先生方が楽しく安心感があることは、とても大切だと思います。そんな関係性のなかにいる教師は、より魅力的だし、関係性も子どもたちのモデルになるのではないでしょうか。子どもたちが自然とあこがれるそんな学校と大人のモデルが当たり前になることを願います。教師と児童生徒の境界線をなくすことができる、ともにつくることができる。そのためには、絶対安心、安全そして平等な関係をつくる共通土台をもつことです。そこからはじめることができるnTechは、大きな力を発揮することと思います。

  • 小畑多美子 

    ティール組織を学校に導入することは、本当に学校教育の良いモデルになっていくと思います。
    組織で一番身近なのは、家庭ですが、子供たちが家庭の次に組織を学ぶ環境が学校です。
    今は、AI時代に突入する中で、暗記教育を学ばせている学校教育では通用しなくなってきているのは、誰もが分かっていると思います。
    だからこそ、教育機関から、ティール組織を学ぶことができるようになれば、今、企業が必要としている人材である、個人のコミュニケーション能力、主体性、自発性、能動性が育つだけでなく、ホールネス(全体性)の観点を持った個人として組織も活かしていけることができる力を身につけた子供が、これからの時代のリーダーシップを取っていけるようになると思いました。

    それには、全体性を観ることができない原因とその解決策を提示している、nTechを活用していくことで、誰もがティール意識を持てるようになると思いました。

  • おがじゅん 

    ティール組織を学校に導入すること、これは不可欠ですね。

    ティール組織を学校に導入しないままでは、ピラミッド型のトップダウンから脱却出来ず、これがあらゆる上下を生み、イジメ、テストの点数至上主義、受験を始めとする様々な競争、校則・体罰などによる教師の生徒支配、などから来る様々な問題がいつまでも解決せず、むしろひどくなる傾向に歯止めをかけられません。

    教育の問題を本気でどうにかしたいなら、ティール組織を学校に導入出来ることが必須条件です。

    そしえ、ティール組織を成り立たせる為には、nTechが欠かせません。

    ティール組織を学校に導入することで、学校内で子どもたちの本当の意味での生理的安全性が保証され、安心して個性を発揮出来て、しかも誰の個性も殺されることなく、100%活かされるので、社会自体が健康になります。

  • bonatakato 

    ティール組織を学校に導入してほしい!!

    心からそう思います。

    僕は小学校の時にいじめを受けましたが、それらは全部、観点の問題から派生する問題でした。

    簡単な問題を解決した本当の組織「ティール組織」を学生時代から学ぶことで、社会人になってからも一流の企業人として働けるんだと思います(^^)

    学校はわ個人の能力開発をする場ではなく、チームプレー能力を開発する話なることでしょう(^^)

  • masaco 

    AIが登場する時代にあって、単なる知識を暗記する学び以外の学校の機能が求められるなか、ティール組織を学校に導入することは、かなり面白い試み。組織を一つの生命体として捉えるティール組織となると、例えば一つ一つの細胞が生き生きとしながら体が動くように、一人一人の個性を輝かせながら全体として創造ができる組織になれるからだ。関係性が変化し、いじめもなくなるだろう。

  • 安田真理 

    ティール組織を学校に導入することのメリットは様々あると思います。

    特に学校を運営する側の教員同士の関係性、生徒同士の関係性、そして教員と生徒の関係性全てが大循環し、安心の教育の場になると思います。

    nTechによって、人間の脳のクセを突破した人間同士のフラットで柔軟な姿勢で、大人も子供も無い、上下も、差別もない新しい教育の場がはじまること間違いないですね。

    早く、学校教育にもnTechを導入し、ティール組織化した未来を創りたいですね^ ^

  • cheerwave 

    ティール組織を学校に導入するとどうなるのか私なりにイメージしてみました。こどもたちが自分たちで自主的に学習を進めたり、先生はこういうものだ!といういわゆる先生らしさなども気にすることなく働くことでストレスがなさそうです。大人だから子供だからという境界線がなくフラットで対等な関係を出発としてお互いに関わるので、ありのまま受け入れ、受け入れられる安心と安全がベースで、保護者や地域の方も学校に関わりたいという意識が自然に生まれてきそうな感じがします。とても理想的でそんな学校拡がることは希望ですね。それが現実的に可能になるにはnTchを通して出会える尊厳”Dignity”がみんなの中心軸になることが重要だと思います。

  • vosaraicesara 

    ティール組織を学校に導入すると、学校生活そのものが、生きた学びの場になると思います。学校は知識を得るだけの場でもなければ、テストや内申の評価に一喜一憂するところでも本来はありません。ひとりひとりの個性が尊重される土台があってこそ、友達・先生などとの関係性の中で、学びがあり、知識の習得が自然になされるものであると思います。生徒自身がティール組織を構築する学びを通して、自分の人生をも主体的に作ることができる力がつくと感じています。

  • sumitomo 

    ティール組織を学校に導入したら、学んだ子供達が社会に出た時、大きく社会が変わると思っています。そもそも、本気でティール組織を作るには、部分認識しか出来なかったところから、全体認識が出来るようになる必要があります。全体認識をする教育を受け、その認識、理解、思考が当たり前になれば、AIにはできない仕事ができる人間になる。これまでの暗記教育を超え、全てが繋がり、底上げできる人間になるので、既存の教育は100%かわる。そんな確信があります。学校にティール組織が入るということは、人間の認識を変化させ、関係性やあらゆる事が底上げされ、チームプレーで問題解決もできる。パラダイムシフトがおこると思っています。

  • やなぎ 

    最近は不登校になっている小学生が増えています。私の周りでも「うちの子学校に行ってないの」という声に驚かなくなりました。フリースクールや学校の代わりに行く場が発展してきています。学校にいかなくなったキッカケは様々でしょうが、学校に通う意味がわからなかったり、シンプルに通学が楽しくないのでしょうね。nTechを活用したティール組織を学校に導入していかれるように大人が実践をすることになるので自然に子供の環境はガラッと変化しますよね。友達と合うのが、学びが、遊びが楽しくなるばかりかどのように生きていくのか?自分の人生を自分で舵取りできるよう創意工夫しながら、友達の人生も応援しあえる関係性を築ける。意味でにない関係性が生まれていくことを確信します

  • Teruhiko.nakagawa 

    ティール組織を学校に導入すること。これを通して教育的な問題を解決する。人間の限界を悟った人たちの集まりであるティール組織が学校に入ることで、どんな化学反応が起こるのか。今までの知の大前提が覆っているから、一人一人の学びの欲求が無限大に爆発する。大自由な発想がばんばん生まれて個性が開花していく(没個性の教育の問題解決)。そして、本来の日本の良さを発揮して世界に台頭していけるのがこのティール組織。

  • 澤田祐子 

    ティール組織を学校に導入にしたら、本当にいいと思います。取り組まれようとされている先生方もまだまだ少数かもしれませんが増えて来ていると感じます。私はnTechを使ったティール組織以外のイメージがありませんが、まずは教育をする教師や保護者がティール組織の作り方を実践し、人間同士が協力関係で進化成長モデルを作ることが出来る確信に満ちることが大事かなと思います。大人たちがワクワクドキドキしている環境(場)をつくれたなら、子どもたちはそれを遥かに超えた素晴らしい未来を拓くと思います。nTechはワクワクティール組織をつくる土台づくりだと思うので是非教育現場で取り入れてもらえたらと思います。

  • まるこ 

    昔、学校の先生を目指そうとしたことがありました。教育実習に行ったとき、「人間とは何か?何のために生きるのか?」という疑問に答えを出せないままで、人を教える事は出来ないと悟り、先生になる事をやめました。ティール組織を学校に導入すると、そういった問題も答えが出せるのではないかと感じます。

  • はな 

    今の小学生は、計算式の答えをアレクサに聞くそうです。わからない事があったらGoogleに聞く。そのほうが学校の先生よりも何十倍も分かりやすく色んな事を教えてくれる。だから、学校に行く意味がよくわからず、不登校になる子も多いし、学校に通わせたくない親も多いそうです。ティール組織を学校に導入すると、そのような問題も解決すると思います。

  • 波多江めぐみ 

    日本を変えること=教育を変えることだと思います。今の日本の教育は奴隷を育てる教育だと思います。聞く力や我慢強さはとてもよく身につくと思いますが、発信力や主体性が育ち辛い教育だと思います。今の教育の限界を補うためには、ティール組織を学校に導入することはとてもいい取り組むだと思いますし、世界に出ていける日本人を多く排出していけるようになると思います。

  • ecco 

    今、いじめや不登校、自殺など数々の教育現場の悩みや課題とも言えると思います。
    ティール組織を学校に導入することができたら、一人一人の意思決定を大事にしていて、対等なコミュニケーションをしていくようになるので、個人の能力を活かしていくことができるようになると思います。またティール組織を具現化させるためには人間の脳機能の問題を解決できるnTechが必要になるので、同時に取り入れることで、今までの教育現場の問題や課題が、クリアされていくと思います。

  • yoshiko nishio 

    ティール組織を学校に導入することは、正直、必須と思います。

    先生の立場、親の立場、生徒の立場、など、それぞれの立場からしか物事をみることができない場合、いろんな問題が起きます。部分観だからです。

    まずは、全体をみれるようになる、それだけでも、今まで問題と思っていたことが大きく変わってくると思います。

  • 村田優子 

    ティール組織を学校に導入する、これはものすごく大切なことだと思います。いま、学校教育を受けた多くの人たちの中で、主体性がなくなっていて、従うことがとても当たり前になって、そういう風に学校教育でトレーニングされたからだと思われるからです。
    そういう教育が、必要だった時代もあったと思いますが、これからの時代は、本当に主体的に進化する目標をもって生きる事・学ぶこと必要だと思いますし、全体を見ることができれば、かなりな問題は解決できるような話し合いも・フォローも育てていくことができやすい。ぜひ、導入して子供が未来に希望を持てるように育っていってほしいです。

  • miwa 

    ティール組織を学校に導入することはとても有効だと思います!
    上に挙げられている29個の学校の問題がすべて解決したら、未来を担う子どもたちの可能性がどんなに花開くでしょうか。

    実際に導入しようとするとどこからどう手をつければいいかわからなくなるかもしれません。
    nTechでは様々な問題の根本原因をたった一つ「観点の問題」で整理しています。それさえクリアできればティール組織も実現できます。子どもたちのシンプルで柔軟な思考なら簡単に問題をオールクリアできることでしょう。
    そんな学校の環境になったら子どもたちの人間力・人間関係力がどんどん育まれ、日本の未来も明るいですね!

  • こうた 

    ティール組織を学校に導入することで、最高の人間力、人間関係力、チームプレー能力、社会性が身につくと思います。
    学校で学ぶことのひとつとして集団生活、さらに言えば集団意思決定があると思います。
    なので、ティール組織を導入することで、本来の学校での学びができると思います。
    学校で組織を学ぶことができれば、学校を卒業した後でもその力を発揮して、文化文明の進化に役立つチームプレーをし続けることができると思います!

  • mizu 

    ティール組織を学校に導入することがとってもおすすめです。学校教育の問題は暗記教育で主体性をなくしてしまい、上の人(先生)に従うことが○、暗記できたら○です。その刷り込みによって人間の可能性がたくさん殺されています。
    そして、いじめがなくならないのはあたり前です。人間の脳機能がそういうものだからです。
    その脳機能を超えた、ひとつにつながったことを認識できるようになるのがnTechです。

  • 泊由美子 

    義務教育の小中学校に導入できたら、社会が変わると思います。
    大人になってから、ティール組織のような組織の必要性を感じて、関係性を学び始める方が多いと思うんですが、やはり人間の考え方、コミュニケーションの基本単位が形成されてしまう小中学生のときに、ティール組織のような関係性の中で育ったら人との関係性、社会との関係性が全く主体性が違う人たちがつくられていくと思うんです。考えただけで希望ですね。

  • 吉村真奈美 

    ティール組織を学校に導入すれば、人間社会はかなりの大変化を遂げると思います。リーダーシップとフォローシップ、主体性、能動性が育ち、積極的に関係性を築く人材が輩出されるようになります。鬱ゼロ、自殺ゼロ、自己否定する人ゼロの社会が作られる土台教育になります。また、生かし合うのが当たり前なので、クリエイティブがどんどん生まれ、生きる喜びや楽しさを体験することが出来、人間大好きな人間が量産されます。

  • miisan 

    塾のこと1つをとって考えても、ティール組織を学校に導入することは、とてもいいことだと思います。学校でさんざん学び、さらに放課後まで学ぶという今の現状は、子供にとっていい環境とは言えないと思います。

    暗記教育では、AIにどう頑張っても太刀打ちできない社会が来るこの時代に、AIができないことを教育することは必須であり、また、nTechを取り入れたティール組織であれば、人間とは何なのか?など、スーパー哲学も取り入れた教育ができます。

  • htakamura 

    ティール組織を学校に導入するのは、すごくいいと思います。今の学校の教育は、問題だらけに見えます。子供たちの個性が活かされず、なぜ勉強=暗記をするのか、このITが発達してAIも出てくる時代では、今までの暗記教育では人間の個性は育ちません。
    そもそも、学校という組織にも限界が来ていると思います。誰もが感じている違和感や限界。でも、どうしたら良いのか?その答えも分からない現状があります。ティール組織を導入する事で、解決できることは増えると思います。しかし、そのティール組織を作るのには、その根本原因を解決できるnTech(認識技術)が必ず必要な技術となります。

  • あさりー 

    幼少期の時間の大半を過ごす学校教育に問題があれば、人生全体に影響を及ぼします。
    ティール組織を学校に導入することはとても良いと思います。
    ティール組織の大前提に、存在目的を持ち、全体性を持ちながら自主経営をするということがあります。
    それを実現する過程で、様々な問題は自然に解決されていきます。
    ただ、実現するには人間機能のバージョンアップが必要、その道具にnTechが必要なので、ティール組織を学校に導入するには、まずnTechの導入が必要になります。

  • 高橋美里 

    学校は家庭に次いで次に出会う組織だと思います。それぞれの可能性を活かす教育を頑張ってやってるつもりでも、人間とはなんなのかがわからない状態で、教師の観点で可能性を活かす教育は難しいと思います。お互いを尊厳でみるとこができたときに、本当に可能性を活かしあえる関係性になっていくと思います。

  • sonoda 

    ティール組織を学校に導入するとどのような問題が解決するのでしょうか? 学校で問題となっているのがいじめの問題だと思います。ティール組織を学校に導入することでいじめの問題も解決できると思います。なぜなら、いじめの問題というのは複雑に絡み合っているかと思いますが、ひとつにはひとりひとりの可能性が尊重されていないからということが言えると思うのです。ティール組織を取り入れることによって、ひとりひとりに可能性が活かされるようになりますからあらゆる問題が解決していくでしょう。

  • 相良真史 

    ティール組織を学校に導入することは、あらゆる問題を解決してくれる鍵になると思います。あらゆる問題の根本には、人間関係の問題があり、人間関係の問題は一人ひとりの個性や価値観がぶつかり合うことによって起きます。ティール組織とは、まさに新しい次元の協力関係モデルであり、学校・1つのクラスという組織をいかに一人ひとりの個性や価値観を活かして協力し合えるモデルをつくっていくのか?という実践は、今の暗記教育中心の学校システムに風穴を開ける役割になっていくと思います。

  • 山口禎子 

    学校も組織のひとつでみると、ティール組織を学校に導入することは、時代の流れと共に、必要になっていくと思います。
    これまでは、大量生産、大量消費の社会に対して、従順なマニュアル通りに作業できる、
    団体行動ができて、統制を乱さない子供達が量産される教育でした。
    でも、時代は変わってしまいました。今は、従順で、マニュアル通りのことをしっかりできるだけでは、
    社会に出た時に、変化やスピード、世の中に求められるニーズに応えることが難しい人間になってしまいます。
    社会に出る前までに、社会で必要な能力を身につけるためにも、学校にティール組織を導入していくことは、
    とても意味があると思います。
    実際、学校教育の現場がティール組織になっていったら、もっと子供達の個性や、能力を発揮していけると思いますし、
    生徒と先生の一方的な立場から、お互いが学び合える環境になっていきます。そうなったら、もっと社会と疎通する教育ができていくと思います。

  • しげみ 

    生活の中でインターネットが当たり前になった今の時代、学校教育で学ぶ知識はインターネットを調べれば何でも検索できてしまうし、教室で先生方教わるよりもよっぽどわかりやすいなんて事も当たり前にある時代です。そうなってしまうと学校に行かなくても勉強はできてしまう。そんな現状があります。では、学校教育では何を学ぶべきなのか。ティール組織を学校に導入したらどうなるでしょうか。そもそもティール組織はnTechの認識技術がないと実現はできません。それは、人間は生まれながらにして未熟な状態で生まれ、未熟な存在として育ちます。そこに人間五感覚脳の限界もあり、相対比較をしたり、自分自身に対しての価値をみることができないという事が仕組みとして起こってきます。その人間そもそもの持つ限界の解決をできるのがnTechだからです。人間が持つそもそもの限界を突破する個人が生まれ、そしてその個人が連帯する組織が生まること。それが学校教育で生まれ、教育現場で常にティール組織の実践ができれば、社会に出た時に行う習慣は全く違うものであり、今まで人間が作り出してきた問題の解決は容易になるはずです。学校教育にティール組織を導入することは、未来希望の人材を育てる事であり、未来希望の組織を育てることにつながると私は思っています。

  • あかり 

    冒頭でのまとめたものを目にして、今の学校教育や学校を取り巻く環境、子供達を取り巻く環境は色んな問題があるんだと改めて思いました。ティール組織はnTechによって実現可能ですが、大人である私たちの社会のなかでの組織イメージが強くありましたぎ、ティール組織を学校に導入することはあらゆる問題を解決する鍵になると思います。あらゆる問題は脳のくせ、認識構造によって起こります。学校教育で根本問題が取り扱われること、そして今後の社会を作っていく子供達にティール組織の実践を取り入れることでとても明るい未来につながっていくと思います。

  • みなも 

    家族、学校、会社、地域、国、世界と、規模は違えど集団という意味では全て組織といえます。ティール組織を学校に導入するということは、ティール組織の教育システムを入れるということだと思うのですが、今の主流となる個人の成功や幸せにフォーカスしてきた、西洋の個人主義の価値観では、全体を統制しようとしても限界があります。

    そこでもともと、個人というアイデンティティより、集団にアイデンティティを置いて意思決定ができ、美しいチームプレイが得意な民族である日本の良さがいかされるのです。

    その日本の精神性や哲学を教育体系化、技術化したのが、nTechでもあるので、どんどん学校に取り入れいけたらと思います。

  • kenmiura 

    「ティール組織を学校に導入すること」これは日本の未来にとても大事な課題と思います。
    参考に以下の見解をご紹介します。

    ◆日本人の国民性と心理的安全性◆
    日本人の多くは与えられた仕事に対する強い責任感と他者を気遣う心を持ってい
    ます。
    この誠実で思いやりのある国民性は様々な場面でプラスの効果として発揮しますが、
    他者評価を気にするあまり心理的安全性が高まりにくいといったマイナス面も持ち合わせています。
    そのため、心理的安全性の確保は多くの日本企業にとって優先度の高い重要課題となっているのです。

    ※「心理的安全性」とは、アメリカの Google(グーグル社)が2012年から約4年もの年月をかけて実施した
    大規模労働改革プロジェクト、プロジェクトアリストテレスや、その他の人事関連研究の成果報告であげられた。
    ..........................................................................................................................................................
    今の時代、学校はもちろん企業、家庭、地域社会にもティール組織(新しい人間関係モデル)導入は必要不可欠と思います。

  • Hiromi 

    ティール組織を学校に導入するのは、これからの基本になると思います!
    頭の柔らかい子供の頃から、主体性をのばし、個性が輝き全体もさらに輝くような教育がなされれば、どれだけクリエイティブが生まれ、人類が楽しく進化し続けられるでしょう。
    もちろん、そのためにはまず今までの勝手な思い込みを、消しゴムで消すようにスッキリさせるツール「nTech」が必要不可欠だと思います!

  • みもざ 

    ティール組織を学校に導入したらいいなと思っていました。但し、Dignityティール組織です。一人ひとりが尊厳を持って、個性を発揮し、チームプレーで課題を乗り越えていく。大人になっても必要なコミュニケーション能力や組織力を子供のうちから自然に身につけていくのは大事なことかと思います。nTechを導入することで、教育やその他、様々な問題を一掃してくれると思います。

  • Mami 

    「学校に通うことを義務付けられてる日本では、学校に通わざるを得ない子供が溢れかえります。」とありましたが、本来は学校があって学校に行けること、教育を受けれる権利と制度が整っていることは有難く素晴らしいことだったはず。江戸時代から日本は教育が普及し、識字率も高かったことで、植民地支配にならず新しい時代を切り拓くことができたと思います。

    ただAI時代の激しい変化を前に、今までの知識や正解を覚える教育や学校に適応できない子が排除されていく学校では、その存在意義を問われているのも事実だと思います。
    教育現場の先生方も国や文科省から示されるものと目の前の子供たちとの間で、葛藤されながら真摯に向き合ってる方も大勢いらっしゃると思います。

    私は学校にティール組織を導入したらいいというより、私たち大人がつくっている社会がDignty尊厳であふれるティール組織になることからだと思います。
    学校だけでなく、文科省も教育委員会も、家庭や地域、社会全体がひとつのティール組織のようになること。とても理想論のようですがそのためには、人間とは何なのか、宇宙自然の仕組みとは何か?人と人がわかりあえない原因とは何か?それら今まで教えることができなかった本質を整理し、教育体系化した認識技術nTechは新しい教育として、学校教育に導入されると良いなと思います。

  • さかなゆう 

    学校という場所で問題はたくさんあり、どう解決すればよいのかわからないのが現状ではないでしょうか。あの手この手で、頑張ってきており、でも、また問題が起こる。

    ティール組織を学校に導入することをとおして、問題についてみんなで主体性を持って取り組み、解決をしていく流れができます。

    一つの問題について一つの答えを探すという今のいたちごっこの状態で問題解決を目指すのは限界でしょう。

    仕組みを、まるごとかえること。
    何に変えるべきか、それこそティール組織化だと思います!そのとき、可能性は、無限大です。

  • 古川いずみ 

    高校3年生の息子がいます。今の学校教育には親子共々問題意識をもっていますね。そもそも社会に出たことがないまま教職についた先生が社会の厳しさを語る、という変な現象が起きて、社会に対する嫌なイメージを持った状態で、具体的な人とのコミュニケーションの方法は知らないまま社会に出る若者の気持ちにみんななってみましょうよ。大変です。
    もし、今の現状から、ティール組織を学校に導入することができたらどうなりますかね?まずは教職員たちにティール組織の教育が必要でしょうね。自分の立場からのものの見方だけでなく、先生1人1人が全体をみれる視点が持てたら子ども達にどれくらい柔軟な対応をしてあげられるでしょうか?? 1人1人が未来そのものである子どもたちに安心安全の環境を提供してあげたいですし、ティール組織が具現化できたらそれも可能だと思います。それを具現化できる道具がnTechだと思いますね。

  • ナガ 

    教育とはその人間の思考や行動、人生までもを規定する力があるものです。どんな土台からスタートするかが重要で始まりにないものは終わりにもありません。
    ティール組織を学校に導入することは教育を変えることにもつながります。誰もが全体性を持ち、自分と周りの人達を尊厳から観ることができるようになることであらゆる問題はおとなしくなっていきます。

  • クマ 

    ティール組織を学校に導入することはあらゆる問題を解決することに繋がるでしょう。
    ティール組織の要件の一つであるセルフマネジメントに着目するとそれが難しいことで、自分の考えや感情を統制できず、外に向かえばイジメや暴力、内に向かえば自殺、不登校などを引き起こしてしまいます。
    セルフマネジメント一つをとってもあらゆる問題を解決する一助になりますね。

  • 山中浩司 

    ティール組織を学校に導入したらどんな事が起きるのか?

    ティール組織の特性の全体性に着目して考えると、例えば学校の問題として深刻なのはいじめ問題ですが、これは個人または集団が他者との相対比較をする事で起こる部分感の問題があげられます。
    ティール組織はその部分感を超えた全体性から物事を見る事ができ、全く新しい学校組織を作る事ができるでしょう。

  • はるころり 

    ティール組織を学校に導入してみたらとても素晴らしいと思います。究極の主体性が育ち、自分の他人を分けることなく目的に必要な判断と行動が自主的にとれる人材が育成されると思います。そのためには、人間の共通の限界である「部分感」を突破するnTechが必須になります。全体性を早くから教育で共通土台ができれば組織だけではなく国、地球全体の集合意識さえも一つになっていけると思います。

  • 大川 真 

    学校という組織のあり方も大きく変わる必要性がありますよね。ティール組織を学校に導入することで、これまでの問題を解決することができる学校へと成れればとても良いです。私は教育業界に携わっていますが、学校に関する問題は上げればキリがありません。問題に次ぐ問題が爆発しており、あまりにも複雑化しています。だからこそ、その膨大な問題を一気に一掃してしまう何かが必要になります。ティール組織を具現化することで、そのような現実が起こると考えています。

  • 白鳥健 

    身近に教師が多いのですが、最近は「学校ほどブラックな職場はない」と皆言います。授業の準備のために、子供たちの、親の、地域の問題に対応するために膨大な時間を使いながら、一切残業手当などない。これは学校の問題は学校の問題で、という認識がありアウトソーシングにあたるようなことは困難であることもあります。しかしそれ以上に、先生ー生徒というトップダウンの構造に機能的限界が生じていながら、それをどのように変革するのか、学校というものへの根本的な再定義が進まないことが原因でしょう。先生・生徒・親、学校を取り巻く皆が自分の立場を0化して再定義し、学びを共通のプロジェクトとして皆で取り組むことができれば、ティール組織を学校に導入するというのは自然に進むのではないかと思います。

  • ピュア 

    ティール組織を学校に導入したら、それは未来が明るいと思います。
    なんだかんだ言っても、幼少期に学校で学んだことや体験したこと、受けた教育の影響ははかりしれません。
    みんながフラットな状態で、この場面では先生がリーダー、この場面ではA君がリーダーと常に役割が変わるのが当たり前であれば上下もなくなるでしょうし、活発に意見が出やすくなると思います。
    全体性も分かりながら、個人の能力も発揮できたら今より明るい学校生活を送れる子供たちが増えると思います。

  • miracle369 

    AIが人間の知識記憶の能力は完全に超えることが証明されている現代、今までの教育は時代遅れになるということが、わかる人はわかっています。問題は、じゃぁ次に何が人間の教育に必要なのか、それを明確に定義ができないから、既存の教育の仕組みが変化できないままにいるのです。
    ティール組織を学校に導入するためには、ティール組織のあり方が当たり前になる教育の仕組み、社会の仕組みが必要です。仕組みを生み出すには、価値基準などもすべてが一新される必要があると思います。nTechでオールゼロ化したところから格差をとる共通土台をもち大自由な発想で共にクリエイトしていきたいですね!

  • mikity 

    時代が大きく変化をしている時代、学校へ行く意味や価値がわからなくなって不登校になっている子どももいるかもしれません。ティール組織を学校に導入すると一体どんな風に学校が変わるのでしょうか?まず、先生と生徒の関係性が変わると思います。教える側と学ぶ側の関係性ではなく、フラットな関係性になり、生徒の自主性も強化されるのではないでしょうか?とはいっても、学校に新しい組織モデルを組み込むことは容易なことではありませんよね。しかもティール組織自体がまだ実現できた組織は一つもないと言われています。そんな中私が希望を感じているのがnTechです。nTechとティール組織のモデルを組み込むことができたら学校だけでなく、企業や地域団体、小さなコミュニティ、もしくは家族までも大きな変化を起こすことができると思います。

  • ちぐちぐ 

    教育の問題って、学校だけの問題だけではないと思うのですが、
    子どもが社会に出る前に学ぶことが多いのが学校でもあり、子どものころに多くの時間を過ごすのも学校です。

    ティール組織を学校に導入する事で、
    全体性も持ちつつ、主体性を発揮する子どもたちを育てる事ができるはずです。

    学校の教育は、家庭に活かされるでしょうし、
    家庭で学んだことも、学校で活かされる。

    大人も子どもも境界線なく、チームプレーが可能になる、新しい関係性が生み出されると思います。

  • 丸山陽子 

    ティール組織が、学校に入るのは、素晴らしいと思います。

    共通の土台がある中で、一人一人の尊厳を生かしながらも、全体とのチームプレーを発揮でき、共に学びながら成長していける学校がいよいよ始まりますね。

    今ここから出会う仲間の繋がりが、新しい学校と組織を作っていくのが楽しみです。

  • EMI 

    現代の学校問題は、話し出すとキリがありません。
    このような情報にあふれた社会の中で、先生よりもインターネットの方が良く教えてくれますし、SNSでつながればたくさん友達もできます。昔よりも学校の必要性、先生の意味価値が、無くなってしまったことに大きな原因があるのではないかと思っています。
    ティール組織、またこれを創る基になっているn-Techはこの学校教育の問題を根本から解決することができます。

    なぜならば、子どもたち自身が、まずは自分が一体何者なのか、を理解することができるからです。

    私は、これは万人に必要な教育だと感じています。
    一はやく学校教育に取り入れられて欲しいと思っています。

  • Maimai 

    この急速に変化していく激動の時代、社会のシステムもどんどんAIで賄われていく中で、これまでと同じような暗記教育や個性を殺してしまうような教育の在り方では、社会で活躍できる人たちを輩出していくことは難しいと思います。全体性を持ちながら個性も発揮でき、進化し続けることができるティール組織を学校に導入することができれば、学びも大きく変わり、いじめや不平等などもなくなり、皆、活き活きと楽しみながら学びを深めていくことが出来ると思います。ただし、ティール組織の作り方はどこにも書いていません。nTechを共通土台にしたら、誰でもティール組織を超えたディグニティ ティール組織を築いて行くことができるので、お勧めです♪

  • macha 

    ティール組織を学校に導入すると、どうなるのか?!
    間違いないなく学校が楽しくなるでしょうね。学校全体、教育全体の底上げ。
    そのティール組織を現実に作るためには、nTechの導入が必須だと思います。
    nTechを導入して、人間とは何なのか、この現実がどのようにつくられているのか、を明確に理解してこそティール組織が生きてくると思います。

  • YOKO 

    学校と言うとどんなイメージがありますか?今や学校は行きたいところではなく、行きたくなくても義務教育だから行かなくては行けないもの。日本社会で人を判断する材料でしかないのではないかと私は思っています。
    本来の学ぶことの楽しさや人間関係(特に協力関係・チームプレイ)を学ぶことなく、暗記学習や関係性の作り方を知らない人が集まりジャッジし合う、見た目は楽しそうに見えるが見えないところでは苦しみがある。
    ティール組織が学校に導入される事で何が変わるか⁉
    1番は人(生徒だけではなく、先生を含め学校関係者全て)が変化します!どんな変化かと言うと、1番は「安心」を得られる。「違い」が自己否定や他人否定につながりますが「違い」がチームプレイの進化(ティール組織そのもの)とつながります(^^)
    学校も組織形態のひとつ。ティール組織を学校に導入する事で子供達が心身共に健康になり、日本の未来宝になる事は間違いないです☆

  • Callinger帆足 

    学校が抱える問題は長年にわたって解決されず、さらに多様化し複雑になっていますね。その問題を一つ一つ解決しようとしても難しすぎます。
    学校で起きている問題の背景には学校という組織体制や教育という仕組みが大きく関わっています。
    ティール組織を学校に導入することで、問題が問題じゃなくなることも多いでしょう。
    組織の問題を解決することで個人の問題が一掃されてしまう。
    だからこそ、ティール組織を実現するために教育者はnTechを活用するのがいいと思います。

  • ちは 

    私たちは、今まで学校で沢山の暗記をしてきました。「ナクヨ ウグイス 平安京(794年、平安京)」と、社会のテストで点を取るために一生懸命、いろいろな事柄の年号を暗記したのを覚えています。ただ、社会に出たら、自分がこの社会で価値を生み出すために、自ら考え、意思決定をし、実行することが求められ、学校で暗記した知識はさほど役にたちませんでした。貴重な小学校6年間、中学3年間、高校3年間、何を学ぶのか?というのはとても重要だと思います。ティール組織の実践は、私たちが人とかかわりながら生きていくのに、誰もに必要なことです。ティール組織を学校に導入し、その実践を学校でトレーニングすることができたら、日本は本当に変わっていくと思います。

  • KiJi 

    ティール組織を学校に導入するとしたらどんなメリットがあるでしょう?クラスの生徒間の問題は改善に向かうでしょうし、私が特に効果を期待するのは先生間の関係性ですね。先生と学校の裏に色んな背景が潜んでいますから、そこから自由になった組織体系があれば、そこから学ぶ生徒も元気になるでしょう。

  • SAKI 

    組織というと会社や企業のイメージですが、ティール組織を学校に導入できたら、ストレスや問題が多い教育現場も大きく変わると思います。子供たちも1人でがんばる個人主義ではなく、チームプレーや協力関係、自己マネジメント能力も育つのではないかと思います。先生たちのストレス、親や子供の事で悩むことも減るのではないでしょうか?
    何より、先生たちも教育の本質がわかり、やる気な使命感を持って教育という重要な仕事に関われると思います。

  • たのしみず 

    ティール組織を学校に導入された場合、今ある学校の問題は全て解決していくと思います。例えば、学校でよくあるのが成績の良い悪いによって、友達と比較をし、自信をなくす子供も多いと思います。でもティール組織を導入をしたら相対比較などなくなり、それぞれがそれぞれの違いを認め合いながら、成長していくと思います。
    nTechからみたティール組織は、脳の認識を超えて相手も自分もいない、相手も自分、自分も相手と思えるような関係性の中で進化成長していけるので、そこから生まれるクリエイティビティがどんどん生まれる子どもたちが育つ学校になっていくと思います。

  • とみざわりょうた 

    学校で引き起こされる問題はとても多く、簡単に一括りにできるものではないと思います。学歴至上主義の現代にとって何より生徒の成績をいかに引き上げて、良い高校・大学・企業へ進められるようにすることが重要視されていますし、それだけではなく自己肯定感の低い若者という形で取りた出されているように、非常に内面的にも繊細な人が増えていることも事実です。そんな中でティール組織は、人間としての基本的土台にある「人とどのような関係性を作ったらいいのか」という問に対するヒントを与えてくれる概念になります。ぜひそのことに対する取り組みの方向性が見えないときになティール組織を取り入れてみてください。

  • クッチー 

    不登校やいじめ、学級崩壊などなど今の学校の問題が溢れかえっています。そんな学校に、ティール組織を学校に導入したらどうなるでしょうか?その学校は、生徒一人一人の可能性を開花させる海となり、先生と生徒,生徒同士も、フラットにお互いの観点が自分の観点となり、共に気づきを深め、切磋琢磨しあい、可能性を応援する同志となります。そんなティール組織を実現するには、人間1人1人の観点の障壁を超えて,融合させることができる、技術,教育が必要です。その技術がnTechです。

  • yukachin 

    ティール組織を学校に導入することが出来たら、日本の未来は明るい‼️と思います。Teal組織だけでなく、実現する為にはnTechが必要です。
    始めに挙げられていた沢山の課題があるけど、解決されていない今があるのが現状。
    何を変化さればいいのか?がわからないのだと思います。AI時代になっている今、未来を創るのは子供達です。 今の子供は、親が育った時代の人間と違い、進化しています。インプットしていくだけの教育ではなく、 私は主体的に自ら考え、クリエイティブをしていきながら、意思決定していく人材、チームプレーが出来る人材をもっと育てる必要があると思っています。nTechを使えば自発性、主体性、能動性が育つからです。Dignityティール組織(nTech使用)になったらいいなと思ってます。

  • 美峰 

    ティール組織を学校に導入することについて考えてみたいと思います。

    私は学校が好きではありませんでした。とても窮屈さを感じます。
    暗記して成績がいいことを求められる。
    子供にとってそれが本当にいい教育なのでしょうか?
    一人一人の尊厳が保たれた教育が本来の教育ではないでしょうか?
    それを可能にするのがティール組織だと思います。

  • だいとう おりえ 

    『学校』が大嫌いでした。『親(家族)』も大嫌いでした。

    どちらも、『組織』が腐っているのに、それを、誰もどうすることもできないから、腐ったまま有り続けています。
    そうするしかないからです。

    『本当はどうしたいのか?』を考えたところで『それは綺麗事だよ』と冷めたように言われてしまうかもしれませんよね。

    となると、沢山の人は諦めてしまいます。

    もし、ティール組織を学校に導入したら今までの良いところが底上げされます!

    腐ったところも健康になります。
    その理由としては、『先生と生徒』、『親と子』、『上と下』、『王と奴隷』といった格差が無くなるからです。

    綺麗事が実現したらすごくないですか?
    実現させましょ!

  • まきのみ 

    ティール組織を学校に導入する、nTechを学校に導入することの必要性を私以上に実感している人はいないと思っています。
    私の息子は不登校でした。
    それをnTechとティール組織の理論を使って解決しました。
    母と子というと平等な関係性ではなくなってしまう。そこにとらわれず、平等な同僚として子供と接すること。
    そうすることで子供は自分の人生を自主経営できるようになっていきます。
    上下関係をつくるような学校教育は終わりにして、ティール組織、nTech が提唱している上下関係のない、平等な同僚としての関係性が不可欠な時代になっています

  • erina 

    ティール組織を学校に導入するということですが、それはnTechを教育に取り入れるということが具体的な方法だと理解してます。
    いまの教育では、人間とは何なのか、何のために生きるのか、学ぶとは何か、働くとは何かといったことが何も教育されないまま、いい大学、いい会社に入るための暗記教育が主流です。
    生徒一人ひとりの個性や能力を開発していくいろんな取り組みをしている学校もありますが、哲学的にいえば、教育の土台にある哲学も、ポスト構造主義の枠を超えていなくて、正解はないという多様性や多元性の考え方がベースになっていると思います。
    絶対性と相対性の関係は何なのかを理解し、今までの哲学の課題をクリアできるのがnTechなので、nTechが学校教育に入れば、教育哲学やカリキュラムのバージョンアップはもちろん、学校と家庭と地域との協力関係もバージョンアップできて、今の教育や地域や家庭の悩みや課題も相乗効果で解決できると思います。

  • 高橋恵 

    ティール組織を学校に導入したら、生徒もですが何より先生も元気になると思います。
    今の学校は先生の方が大変だと聞きますし、先生自体もより良い教育や教育環境をつ
    くりたいしにしたいと願っているのではないでしょうか
    生徒も先生もフラットな関係がある上で立ての関係も楽しめるのではないでしょうか

  • イワミユカ 

    ティール組織を学校に導入するとそれぞれが自立して真の民主主義実践ができて良さそうですね。小、中学の義務教育と高校では専門的分野も取り入れ、大学では専攻すると大学進学も更に意味あるものになりそうです。理想の形を学校教育で学べて、社会に出てもすぐ実践できるように感じてます。外国のディスカッション文化とは比にならないくらいすごいことになるのかもしれないですね。

  • さやか 

    学校はいじめが起きたりだとか、様々な問題を抱えていると思います。このままの形でいいのか、といえばそうではないと思います。学校も新しい組織の形に進化していくことは不思議ではないです。ティール組織というと、会社の経営のイメージが強かったですが、学校にティール組織を導入できれば、想像もできない社会になると思います!

  • ろい 

    これまで学校という現場においても、たとえば総合的学習の時間など、教育のあり方について本質的な取組みはありました。しかし残念ながら、学校という組織の根本的な問題を解決するには至っていないという実情ではないでしょうか。今後より実質的・効果的・本質的な教育環境を目指す中で、ティール組織を学校に導入する動きが自然に試みられていくと思います。同時にティール組織を実践するために重要な認識の変化を導くnTechも教育の現場でより重視されるようになるでしょう。

  • あさみ 

    今の学校という集団は、本当にひとりひとりの個性が潰される場所になっていると思う。
    教育とは、本来人間の可能性を広げるものであるはずなのに、今の知識詰め込み型の教育では、逆に相手へのジャッジが厳しくなり、違いをとって争う文化を生み出しやすい。
    ティール組織を学校に導入する事で、これらの問題を解決することができるはずだ。全体をみることができる個人ということは、共通をみることができるということ。
    共通から違いをみることができれば、ひとりひとりの個性を生かすことかできるようになると思う。

  • けんご 

    人の基礎をつくる上で学校での時間はかけがえのないものです。そこで、ティール組織を学校に導入してみたらどうなるでしょう。クラスの班や学祭の実行員、生徒会に至るまで。そこで身につく能力は、①セルフマネジメント、②全体性、③進化し続ける目的、です。これらがベースになって共同体感覚を習慣化したら、どんな人間が育っていくのでしょう。家庭や地域で育めなくなってきている情緒的なことや問題発見能力が補えていくイメージが来ます。教育の本質が何か私にはわかりませんが、面白いことが起きそうですね。

  • のぶりん 

    今の日本の組織の作り方は、皆一緒になる事が丸で、個性を発揮したり、それぞれが持っている良いところを伸ばしていく事にはあまり良く思われないイメージがあります。皆を同じ箱の中に全てを入れるような教育になっていると思うので、ティール組織を学校に導入する事で、それらの問題が一気に解決するイメージが来ました。

  • 小池拓也 

    学校教育にも基礎能力として必要な要素と、例題にあげてもらっている様々な問題があります。
    問題は、何故学ばないといけないのか、それが自分の人生とどう繋がるのか、社会をもった動物である(ソーシャルアニマル)人間がどのように教育をし組織として成り立つようにしていくのな、成り立つだけでなく、さらなる発展をつくるためにはどうすればいいのか。これらに答えが見えるようになってくれば教育に対しても解決の糸口が見えてくると思います。
    その方向性の糸口としてティール組織による組織の新しい在り方があると思います。ティール組織を作るためには、その組織が作れる人材が必要です。その人材を作るのは小学校の教育から本当ははいればとてもいいですが、まずはそれを教える大人の方にnTechを学んで貰いその有用性に気づいてもらいたいですね。そして自らが実戦して、子供達こら憧れられる生き方にまで昇華してもらえれば教育現場も変わると思います。

  • 磯原正行 

    ティール組織を学校に導入していくことで、安心安全の場が生まれ、優劣や良い悪いではなく、お互いの個性を最大限活かした人間関係を築くことが体験できるようになると思います。
    そういう教育を受けた方は、自然と誰とでも信頼関係が築けるようになり、創造性を生かし、いろんなところで全体にとって価値のある変化を生み出していくと思います。

 



⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【約17分の図解動画】ティール組織を実現する最新技術「nTech」とは?

【当サイト限定】ティール組織のイベント開催中

ティール組織のイベント

⇒ティール組織のイベント詳細

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新事例をお届けします♪



友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください



おすすめ記事

組織本 1
ティール組織のセミナー 2
ティール組織のイベント 3
組織本 4
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 5
ホラクラシー型組織 6
組織本 7
組織本 8
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 9
ティール組織の実践モデル 10
おすすめのマネジメント(経営)本 11
組織本 12
組織本 13
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 14
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 15
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 16
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 17
キングダムのビジネス書 18
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 19
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 20
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 21
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 22
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 23
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 24
誘いを断れない女性 25
言いたいことが言えない女性 26
友達がいない不安に襲われている女性 27
仕事を辞めたいけど辞められない 28
会社(仕事)や 学校を休みたい… 29
つい気を使ってしまう女性 30
やることが多い人におすすめの思考整理術 31
AI(人工知能) にできない仕事 32
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 33
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 34
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 35
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 36
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 37
分かり合えない 38

-ティール組織の事例
-, , ,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.