キングダムのビジネス論を実現する最新技術

投稿日:

キングダムのビジネス書
引用元:#キングダム経営論。ハマる経営者たちが「一番売れてるビジネス書」愛を熱トーク

映画化もされ、

全国的にもその名を轟かせている漫画「キングダム

紀元前3世紀の古代中国の戦国時代末期を舞台にした「原泰久」先生の代表作です。

※Amazonのkindleでも凄く売れてるらしいですよ♪

そんなキングダムですが、

ビジネス書としても有名で、

経営者の中でも大きなブームを巻き起こしています♪

マネジメント」「チームプレー」「リーダーシップ」「組織論」など、

幅広い視点からキングダム式ビジネスが語られています。

※キングダム式ビジネスを学びたい人は現役の経営者がビジネスの視点からキングダムについて語っているインタビュー記事がとても参考になります。

 

 

 

 

当サイトでも、

ティール組織(Teal組織)」と『ティール組織(Teal組織)を実現する最新技術「nTech(認識 technology)」』をテーマにしてますので、

キングダムのビジネス論と組織論を結びつけることが良くあります(笑)

やはりビジネスにおいて重要なマネジメント、チームプレー、リーダーシップは、

全て組織論の中に含まれますし、

組織論と言えば、ティール組織(Teal組織)が有名ですから、

ティール組織(Teal組織)の実現=キングダムのビジネス論の実現に繋がると考えます。

⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

 

 

 

 

この記事では、

実際にティール組織(Teal組織)の実現を目指してる人たち(nTechを使ってる人たち)から、

キングダムのビジネス論について口コミをもらってます。

キングダムのビジネス論に興味がある!

キングダムのリーダーシップに憧れる!

キングダムの数々の名言に胸が熱くなっている!

という人は、

是非、みんなの口コミを参考にしてください♪

 

 

 

 

※口コミは記事の後半に掲載しています。

※キングダムのビジネス論は「マネジメント」「チームプレー」「リーダーシップ」「組織論」など、幅広く分かれるので、口コミをもらう際も「マネジメント」「チームプレー」「リーダーシップ」「組織論=ティール組織(Teal組織)」のどれかについてコメントをもらう形にしました。



キングダムのビジネス論を実現する最新技術nTech(認識 technology)について、みんなから口コミをもらいました!

  • morphie

    キングダムをマンガで見たことがありませんでしたが、映画で観てかなりファンになりました。キングダムのビジネス論に関心がある人が多いのも納得です。時代は変わっても構造は変わらないと思うので、組織の意思決定、 ビジョン、組織論、チームプレーなどに応用できるものがたくさんありましたね。

    例えばビジョン・夢があるから強くなれるんだろが!と最後の戦いのシーンで信が言いますが、どんな夢なのかがもっと大事だと思います。王騎も政に問いましたが、「貴方様の夢は何ですか?」と。一番大きな夢・欲望を持たないとバラバラを一つに融合は出来ません。

    どこまでの夢が一番大きな夢・欲望なのか、そしてそれを実現可能にする為に必要な個人の変化、そしてチームプレーの進化、組織体制のあり方とは何かに答えを出せるのがnTechだと理解しています。

  • misa

    アニメをバカにしてたのでずっと敬遠してたけど、キングダムの映画を誘われてみてびっくり!侮れませんね(^_^;)

    大きな夢を持つこと、身分やポジションに囚われない事、ビジョン同盟をどう結んでチームプレーするか?など
    「キングダムのビジネス論」はめっちゃ語れるなぁと♪

    でもじゃあ、大きな夢ってどうやってもつの?と言ったときに、一番大きなことは何か?を理解しなきゃならないし、
    ポジションにとらわれないってどうすれば?とか、チームプレーもホントに簡単じゃない。。

    これらをぜーんぶ可能にしてしまう技術がなんと、nTechなんですよね。

    なんで?とおもうでしょう?キングダム×nTechのイベントが近々東京ではあるらしいのですよ!気になる人は行ってまてください♡

  • こましょー

    キングダム映画観てきました!
    っあ!っと思わせられる瞬間が何度も何度もありました。
    昔は領土の取り合いで戦争を起こし強いものが弱いものを支配して行く時代でした。
    その時代から今は領土がお金に変わっただけで戦争は終わっていない。
    その時代の1番価値のあるものを手に入れる為に争いをしているには違いがないと思います。
    キングダムでは今の時代も過去の時代も結局人間のエゴを統制できない為に争いしているから今ここ日本が一つの国となり時代を切り開いて行く事が必要だとメッセージをもらいました。
    日本の力発揮して行きたいと思いました。

  • EMI

    キングダム漫画でも映画でも観ました。
    キングダムは秦の始皇帝誕生のお話、戦国の時代ではありますが、戦い抜いて上へ上へと登っていくのに夢や憧れを持つのは現代のビジネスにおいても変わらない構図ですね。
    私がキングダムにおいて、一番勉強になったのは、戦争の時の「単位」です。主人公の信はまずは5人の歩兵をひとまとめにした「伍」から戦いを始めます。次第に100人将、300人将、1000人将と位を進めていくのですが、私は何よりも誰よりも信頼できる「伍」を作ったことが信の勝利の秘訣だと思います。
    まずは現代でも、絶対の5人組を作ること。それができれば、現代の大将軍になれることは間違いなしです。

  • Teruhiko Nakagawa

    キングダム。これほど胸高鳴り、胸踊る作品は他にあるのでしょうか。大学生の頃から書店で働き、キングダムの売れ行きには度肝を抜かれていましたが手を出すまでにはいきませんでした。何がそこまで、これほどブームを起こしているのかわからなかったからです。わたしがキングダムにふれたのはそれから3年経った2017年でした。nTechを通してキングダムの話が出た時に、nTechで目指している世界がキングダムで描かれていると聞いたので即行で40巻まとめ買いしたのが始まりです。読んでみたらびっくり。内容はネタバレになるので語りませんが、趣旨を言えば「境界線があるから争いがやまないんだ。だからその境界線をなくしてしまおう」という話です。キングダムでは今までの歴史の流れから武力でこれを成し遂げようとします。nTechは論理とイメージをもってこれを成し遂げようとします。人間の脳は境界線を引くプロフェッショナルです。この境界線ができる仕組みを歴史初発見。人と人とが分かり合えないのはこの脳の機能的限界を超えられないから。この限界を超えることができた時に初めてキングダムの世界を生かしたTeal組織ができます。一日も早くこの限界に気づいてほしい。そしてこの限界を共に超えて、この時代を共に創っていきたい。

  • macha

    キングダム観ました☺️
    「裏切らないチームプレー」やりたくても、なかなかできるものではないですよね。命をかけて仲間を守る、助ける、戦う意志!
    実際、こんな会社があったらすごいですよね。めっちゃ社内が毎日循環を起こして、プロセスも結果も楽しんでいると思います。
    それが可能なのがnTechだと思います
    個人のegoを越えたチームプレー。
    個人が自分じゃなくて、チーム、組織が自分。
    そんな組織がこれからどんどん増えていくと思います❗️

  • おがじゅん

    「キングダムのビジネス論」が最近日本社会で流行っているのを耳にしますね。

    大きなことを成し遂げるには、「リーダーシップ」の在り方がどこから来るのかがとても大切になります。

    リーダーがどれだけ大きく深く物事を認識出来るか否かで、リーダーと共にする人たちの明暗も分かれますね。

    しかし、大きく深く物事を認識するのは、今までの人類が当たり前に使って来た5感覚と脳を道具にした認識方式では不可能。

    だからこそ、この人間機能の限界を突破するのに、nTech(認識技術)が不可欠です。

    nTechがあることで、最も大きく・深く物事を認識出来るようになるので、アメリカを超える日本を創り、人類をアップグレードさせ、恒久世界平和というウルトラ大きな物事の実現が可能になるのです!!

    nTechは大きなMissionを成し遂げたいあなたに向けたモノであることは間違いありません。

  • 川名哲人

    古代は軍事戦争、近代は経済戦争をしていると言えるでしょう。
    だから企業間で繰り広げられるビジネス戦争においてキングダムのビジネス論が大いに役立ちます。
    戦いで重要なのはチームプレイです。チームプレイで大事なことはお互いの観点を超えられるかです。観点を変化上昇させるnTechは最高のチームプレイを可能にさせます。

  • Rerisertae

    “キングダム”は映画を観て初めて知りました。息子が友達と観に行きあらすじを聞いた時点でこれは観なきゃ!と慌てて行ったのですが、これは想像以上に感動しました!なぜなら、人間として何をするべきかがわかり易かったからですかね。
    産まれた時は皆赤ちゃんだったのに環境によって様々な役割や性格になり、誰一人として同じ人間はいないし、考え方もバラバラなのは当然なんですが、価値観や能力がバラバラな人間いかに目的目標に向かっていかに団結したチームプレーが出来るかが家庭や地域、会社組織、国、ひいては地球全体の未来を決定づけると言っても過言ではないでしょう。

    「キングダムのビジネス論」というのが注目されるのも、キングダムというストーリーの中で、どれだけデカい夢を持ち、その夢が個人の欲でなく、人間が人間にしか出来ない喜び幸せを分かち合える結果を生み出せるのかという理想的な形だからこそだと思います。誰もがNoと言えないVisionが明確であれば成功間違いなしですね!

    そんな理想的なチームプレーを可能にし具現化出来る技術が『nTech』なのです。
    日本人が持っている精神性の高さと、全ての格差を無くしたところから地球レベルで「キングダムのビジネス論」を超えるモデルが完成するのは間違いないと思っています。

  • Haruko

    周りの経営者やリーダー職の人たちがキングダムのビジネス論を活用しているのを耳にはしていましたが、そんな男臭さそうな世界は自分とは関係ないと思っていました。

    でも、女性こそこれを活用することで仕事も家庭も人生が豊かなものになって行くと映画をみて思いました。

    なぜかって?
    何をするにも関係性を育んでいくことがこれからの時代、より重要な要素になると思いますが、同じビジョンを持てないと、知らず知らずお互いに依存したり、責め合ったりして関係性が育めないから。
    女性は特にビジョンを持つことが苦手らしいのですが、そこを補うことができるのがnTech。男も女も無いところから男性性も女性性も持っている自分を認識できるので、秦国の王が若くして持った「中華統一」のような大きなビジョンを私も持って、毎日切磋琢磨しながら仲間と関係性を育んでいます。
    ただ競い合うだけでなく、より美しく時代を創って行きたいですね♪

  • 熊倉恵子

    キングダムの映画を見て、めちゃくちゃ感動しました。中華統一の「夢」を掲げ、夢で敵も味方になって、あり得ないパワーを発揮する。大きな夢を持ち、屈しない心。これでバラバラの国やバラバラの志がひとつに団結していったのだと思います。
    nTechは、バラバラの観点の問題を上昇し、日本からOneWorld(世界統一)をつくっていく壮大な「夢」があります。7国に別れて争い続けていた春秋戦国時代と同じように、これからAI時代で更に格差が開きます。その格差や争いを終わらせ新しい方向性をつくる日本の勝負が、キングダムのビジネス論とオーバーラップするものだと思います。誰もが共感する大きな夢を掲げ、団結をつくっていきましょう。

  • やぶ

    キングダムのビジネス論が何かは現在知識不足のため分かりませんが、nTechを使うことで確実に組織の矛盾は解決します。
    小さな組織だと、意思決定スピードは早くても大きな組織に力では勝てない、大きな組織だと力はあっても意思決定スピードが遅くなる。
    組織形態に関して最近Teal組織の本も出ていますが、トップダウン型でもボトムアップ型でも限界がある。
    nTechを使うことで、そのような組織の矛盾や限界を解決した組織をつくることができます。

  • えみる

    先日、キングダムの映画を観ました。共通の夢を持ち、賛同する仲間が増え、いつでも様々な役割を選択し、挑戦をし続ける。必要であれば、身分を越え王となり、また王も率先し、その時ベストな役割を担う。一人ひとりが自分との戦いでもあった。一番ビビっているのは自分。その勇気も見せてくれる映画でした。

    目に見える敵があれば、そこに向かうことはとてもわかりやすい。
    ですが、一番の敵は、やはり自分の中にあると思うのです。

    そして、一見すると自分だけの問題のように思うことが、nTech技術を学ぶと、脳機能の限界から、観点固定が起こることがわかる。

    誰のせいでもなく、機能の限界なんだということがわかり、一人ひとりの問題が人類共通の問題であることがわかります。

    さらには、分離しているように思っているこの世界は、脳が起こしている現象です。見える世界があるならは、見えない世界もあります。

    それを創り出す源泉的な動きまでの宇宙の仕組みメカニズムをnTechで学ぶことができるのです。

    分けたがっているけど、実は分けられない世界だった。だから分けたことろから考えるのではなく、分けられない1つであるところから多様な観点を活かし合うことが大事なんだということです。

    キングダムの中でも、チームプレーを作るには、一人ひとりのリーダーシップ能力が必要なことがわかります。リーダーシップ能力は、nTech技術であれば、深め身につけていくことが可能なんです。

  • だいとう おりえ

    「キングダム?何それ?」と、私は全く知りませんでしたが、日に日に「メチャよかった!とにかく観たらいいよ!」と、数人から言われたので気になって観に行きました!

    観てみたらビックリ!キングダムについてはほぼ情報なく観たのだけれど、『決断した人間の美しさ』に感動しました。

    その理想の世界、理想の組織を今つくっていることにあらためて誇りを感じました!

    nTechを活用して、キングダムのビジネス論を超えていけることも同時に感じていて、興奮しちゃいました!

    キングダムもう一回観に行こうと思ってます!

  • 堀江直樹

    キングダムの映画が公開され大分経ちましたが、私も劇場にも見に行きました!漫画版から見ていますが、映画の中でも大きな夢を描くことの大切さが描かれていたように感じます。
    キングコングのビジネス論をテーマに考えるのであれば、
    夢を描くことはビジネスの観点からも重要だと感じます。
    日本人の多くが日常の小さいところにはまりやすいですが、そんななかで多くの人を巻き込み、その船に乗り込めるような、大きな夢を描けることをもう一度思い出す必要があるようの感じました。
    夢があるから強くなれる!

  • やなぎ

    いろんなビジネス論があるなかで「キングダム」という映画が流行る理由は今の時代にヒットしたから、言葉を変えて言うなれば今の時代に求められる内容だから!と言えるのではないでしょうか?
    これからのチームプレイ、これからのマネージメント、これからのリーダーシップの形を映画で表現したのがキングダムなのであればそれを誰もが可能に出来るよう技術化したのがnTechです。
    組織の矛盾を理解して、多様性や相互理解から創っていく社会や国の豊かな人材が一人一人であることがはっきりとわかるので組織がいとおしくなります。

  • ちは

    キングダムの映画のように、大きな夢を持ち、敵も味方にさせる、そんな超ドキドキワクワクの人生ゲームを楽しみたくありませんか?人生1度きり。自分の命を何に使うのか?「キングダムのビジネス論」は、この激動の時代を生きる私たちにメッセージをおくっています。どんなリーダーシップ、どんなチームプレーが必要なのか?
    今までのリーダーシップ、チームプレーの限界を超えるnTechで、ドキドキワクワクな人生ゲームを一緒にしませんか?(^^♪

  • 森本柾人

    キングダムは映画とアニメで少しみました。
    本当に心動かされるストーリですよね。
    誰も言わないような大きな夢とそれを貫く意志。大きな夢と大きな夢が融合していく、美しいくも過酷なチャレンジの連続ですよね。
    そこに仲間が集まって組織になっていきます。
    ただ集まって何かの活動するだけなら簡単ですが、戦争をするとなれば本当に強い究極の組織が必要になります。
    だからキングダムは魅力的に見えます。
    だけど、現実にキングダムの様なチームプレー、リーダーシップ、フォローシップをやろうとするときには必ず個人の判断基準、観点の違いにぶつかってしまいます。
    垂直的な意思決定方式で闘える組織を作ろうとすれば、一人一人の心が不健康になるし、かといって心や人間関係を重視すれば弱い組織になってしまいます。
    この問題を解決できるのがnTechなんです。
    明確な垂直構造も作れて、心や人間関係の平和も作れるので本物の組織を作ることができます。
    これからの時代はキングダムのビジネス論× nTechですね!

  • 吉田純

    キングダムは存在こそ知っていましたが、漫画やアニメでは見たことがありませんでした。

    映画をみてめちゃめちゃ「キングダムのビジネス論」が何なのかがわかりました。

    映画での私のお気に入りキャラは「王騎」です。

    ネタばれになってしまうので詳細は書きませんが、彼がやっていたことは大きな夢・ビジョンを掲げることで、一人一人の夢を引っ張り上げることだと思いました。

    大きな夢・ビジョンには小さな夢・ビジョンは自動的に巻き込まれる、これはビジネスの世界でも通用することでしょう。

  • 島崎信也

    キングダムをビジネス化する時に、キングダムのビジネス論として論じる事が出来ます。またそれは、ビジネスをキングダム化させる向きも同様に重要で、キングダムの世界観と、ビジネスの世界観とが、同じ一つの動きのうちの違うパターンとして認識出来るかどうかが重要なカギとなります。

    nTechは、一つの動きの違うパターンとして認識する事にかけては他に類を見ない便利さがあり、むしろ世界初、歴史初の偉業として誇れる技術ですから、nTechを活用する事で、本当の意味で、キングダムも、ビジネスも楽しむ道が開けます。目で見たら、キングダムもビジネスも、本当の意味では理解出来ず、その世界観に思い存分楽しむ事は実は出来ません。

    キングダムも、ビジネスも、1点に入れる。
    大きな心から、楽しんでみて下さい。

  • 波多江めぐみ

    今話題のキングダムですが、キングダムのビジネス論もとても学びとなるものが多いです。
    組織を作り引っ張って行くためには、大前提どこに全体の意識の集中・VISIONを置くのか?その作りたいVISIONが誰もNOが言えない絶対的なものとしてセッティングすることができるのか?がとても大事だと思います。

    個人のエゴにはまらず、全体を統制できるそのVISIONを規定できるのか?
    nTechは人類の500万年の歴史を解析し、今の時代の課題も解決できる、人間なら誰もNOをいうことができない共通のVISIONに一点集中を作ることができる技術です。

  • はく

    映画ひとつもどんな観方をするのかでたくさんの学びがあるものです。キングダムを観た時に、これは自分の生き方ともつながるし、組織作りにもつながる大切な要素がたくさん入っていると感じました。キングダムのビジネス論と言えるほどまとまりきってはいないけど、リーダーに必要な要素、チームプレイにおいて何が必要なのか、一人ひとりが主役となってチームが活かされるんだということなどなどたくさんの事が盛り込まれている映画だと感じました。
    その中でも今回私が感じたのは、リーダーが何を観て、人たちを先導していくのかということでした。誰よりも大きな志をもち、それを発する時には人は本当の意味で生きる事ができるようになるのだと感じました。それは、夢と夢がぶつかり戦うことではなく、きれいに融合されていく世界でもあります。それは、本当に美しい世界でもありました。キングダムのビジネス論、もっともっと深めていきたいところではあります。

  • sumitomo

    映画が公開される前からキングダムは好きで、よく読んでいました。だからキングダムのビジネス論が流行るのも納得。特に私の場合はマネジメントの観点で読むと勉強になりました。
    というのも、nTechを学ぶ前の私は、常に誰かの指示待ちで自分で考えて行動する事が得意ではなく、全くやる気のない状態で日々生活していました。むしろ生きる事はそういうものだろう、と思っていましたし、モチベーションが上がる事なんて、ほぼ皆無でした。でも、nTechを学ぶ事で、他の誰かや状況、環境によって左右されず、自分自身の中から熱情を持ち、夢に向かう事が出来るようになりました。
    ネットのニュースを見ると、上司にモチベーションをあげて欲しい人が20%以上いると書いてありましたが、自分の人生、誰かに左右される事なく、熱情を持って生きる事ができる事を知りました。

  • 村田優子

    映画、キングダム観てきました。
    すごいなと思ったところは、いろいろありますが特に感動的なところは、本当に無念で亡くなっていった人に対する正義は、亡くなってたちが成し遂げたかったことを果たすことなのだというようなシーンがあったのですが、無念さを相手に晴らすことはよくある話ですが、実現しなかったことを代わりに恨みを乗り越えて実現していく結集が素晴らしく感じました。

    力を持っている人は、自分のために使いがちですが、自らが危険な目にあっても、その力を夢の理想実現に向かって団結するところは、キングダムがビジネス論になるところなのだろうと感じました。

    今の若い人たちは、物質欲よりも、こういうところを熱く語ることで、やる気も取り戻していくのではと思います。

  • 山中浩司

    キングダムのビジネス論として私が推すポイントは主人公のリーダーシップです。

    自分よりも圧倒的に強い敵を前にしても決して怯まないのは彼の中に揺るがないグランドビジョンがあるから。
    主人公の信は自分の夢、ビジョンを叶えると強く願い立ちはだかる敵を投げ倒して行きます。
    そんなNOをYESに反転させてしまう信の意思の強さに誰もが惹かれ、付いていくのです。
    ここにリーダーシップの真髄があると思います。それは、意思を立てる事。その意思に人は引きつけられやがてパートナーが増えていくのです。
    nTechではNO→YESを仕組みを使ってひっく返し個人の能力を最大限に活用できるようになっていくのです。

  • 大場 龍夫

    キングダムのビジネス論では、まずいま話題のティール組織の概念が重要になると思います。ティール組織は、①組織の目的が進化する②全体性③自主マネジメントの3つが柱になっています。組織の目的自体が、環境と組織の変化に応じて進化していきます。目的が固定化してしまうと、変化に柔軟に対応できないですね。また一人が全体を把握するということが必要です。組織の中と外の全体ですね。そして、今何を自分がすればよいのかを把握していきます。そしてそれができるためには一人一人が自主的に自己マネジメントしていくことが必要になります。この中で、全体性というのはまず、なかなかできるものではないですね。それは、脳の癖が部分だけを捕えてしまって、固定化されてしまう習性があるためです。これが、組織内の生産効率が上がらない原因になっていると思います。この脳の癖によって妨げられている全体性を発揮させる技術がnTech認識技術によって可能になります。

  • みなみか

    キングダムのビジネス論となると、あまり詳しくないですが、物語では秦の国王、えい政の迷いがないリーダーシップとビジョンがカッコイイと感じますし、えい政のビジョンを同じ熱さで実現させようとする仲間達も素晴らしいと思います!
    土台には絶対切れない信頼関係があるからで、これがなければ絶対ビジョンの達成はできない事だと思います。
    実際の世界では組織の中で格差もない絶対の信頼関係をつくることがまず難しいですよね。
    ティール組織が理想と言われても実現方法がわからないのも同じ理由があると思います。nTechがそこに貢献できる技術であるのは間違いないです。

  • 由佳子

    先日、映画キングダムを見てきました。キングダムは以前から好きでアニメでも見ていましたが、キングダムのビジネス論がある事を最近知り、納得しました。
    キングダムでは様々な個性豊かな人達が、500年の戦乱の中で苦しみ散っていった人達の夢を現実のものにしようと1つの大きな夢「中華統一」というvisionで敵ともひとつになっていく事や、伍を基本単位として100人将・300人将・1000人将と組織が大きくなる仕組み、そして映画では描かれていませんでしたが、中華の唯一王となる事を宣言し人を生かす道を拓く為に剣をとる若き王エイ政がそこまでの意志を立てた背景となる幼少期。
    nTechでは宇宙自然、歴史文明と自分と繋がって、すべてを生み出す源泉から仕組みで観れるようになるので、この時代の1番大きな夢とも繋がるし、自分も含め個性豊かな人達のひとり1人のアルゴリズムを理解してチームプレーができ組織をつくれるし、意志を立てた背景まで理解し、そこでつくられたエンジンに振り回される事なく道具に使えるようになります。
    何よりすべての成り立ちの仕組みが分かるようになるからこそキングダムを1000倍楽しめるし、キングダムのビジネス論を1000倍活かすことができる技術だと思いました!

  • 見並圭一

    キングダムのビジネス論として、「キングダム」に学ぶマネジメントやリーダーシップに関する世の中の興味・関心は大きいと思います。要はどのように組織をつくり、チームプレーをするのかということですが、そのためにはベースとなる信頼関係がなければ、成り
    立ちません。その組織が出会いたい意志で活性化しているのか、その共通土台をもっているのかどうか、nTechを使えば、組織を変革することができます。

  • Maimai

    映画は既に2回観に行き、漫画や関連本まで買うほどにキングダムは最近のマイブームです笑
    キングダムのビジネス論を語る上で、一番のキーワードはビジョンとチームプレイだと思います。
    中華統一という大きなVisionがあるから、情熱が生まれ、行動が変わり、自分から発する言葉にも力がこもり、人の心を動かすことができるし、自分のポジションに拘らず、仲間を信じてそれぞれがその時々のベストを尽くすことで苦難も乗り越えていける。
    大きなVisionは、それより小さい複数のビジョンを統合し一つにすることができるし、より信頼し理解して協力し合える仲間がいれば成し遂げられない事はないと思いますが、nTechでは、人類史上一番大きなVisionを持つことができてしまうし、一番深いところから人を理解して繋がることができるので、これ以上はないと思います。これからの時代、nTechを学ばないことには始まらないですね!

  • 中西豊

    キングダムはなぜ、これだけ世間一般で流行っているんでしょうか?

    それは誰もが生まれたからには命をかけて叶えたい夢を持ちたい!という欲求に答えるストーリーだからだと思います。

    キングダムのビジネス論の本も出版されて
    人間の夢、ビジョンに向かう、どんなことがあっても「諦めない」、不可能を可能にする、その熱い想いに心が熱くなるんだと思います。

    自分も映画をみて、一番感動したシーンは、
    信が敵に倒されて立ち上がる場面で、

    「夢を持って何が悪い」「夢を持っているか立ち上がれるんだ!」というセリフです。

    そうですね。どんなことがあっても夢、ビジョンさえあれば、人は何度でも立ち上がれるんですね。

  • リョーマ

    キングダムがなぜこれほどのブームを巻き起こしているのでしょう?

    それは中華統一という大きなビジョンに多くの人が賛同結集していくそのストーリーに多くの現代人が心を揺さぶられるからではないでしょうか。みんな潜在的にはチームプレイがしたいのだと思います。
    そしてビジネス分野にも非常に参考になるということでキングダムのビジネス論もよく聞くようになりました。

    nTechの開発者のNoh Jesu氏は人間はチームプレイをするため、集団を創るために存在していると言います。本当にそうだと思います。私たちはビジネスの中でも常にチームプレイをしています。

    大きなビジョンをチームプレイで成し遂げる喜びは誰もが体感したことがあると思いますが、本当にビッグなビジョンを成し遂げるには完全なチームプレイが必要です。

    それをさらに深掘りしていくと、自分のエゴを超えた境界線のない、ビジョンと1つになるチームプレイが必要です。それを学べるのがnTechです。

    組織に属するビジネスマンは必須の技術だと私は思っています。

  • naomi joy

    キングダムは漫画も映画も堪能しました!私の解釈だと、キングダムのジビネス論を可能にするには、それぞれの可能性を開くこと、個人の幸福と国の幸福が同時であることが大前提のように感じました。個人と国、奴隷と王、育ちも持っている技術も、知識も、人脈も違う。考え方も思考展開も全く異なる人達が一つの夢を共有して前進する。
資本主義が究極行き詰まってきた昨今、経営感覚にそれを取り入れることの必要性は管理職や経営者であれば誰もが納得できると思います。ただ、その夢を描くには今までの思考方式、認識方式では難しい。その認識方式を爆発的に飛躍させる、どんな人でも変化を起こせるのがnTechだと私は実感しています。

  • かなえ

    キングダムのビジネス論が話題になっていますね。
    先日、私も映画「キングダム」を鑑賞して納得でした。特に、リーダーシップやチームプレイについて学ぶ視点が多かったですね。リーダーの意志が、人を動かし、方向性に向かってチームプレイで成し遂げていく。リーダーの熱い意志に、大きなビジョンに巻き込まれていく様子も見て取れて、リーダーシップやチームプレイについて刺激をもらいましたね。

  • 不知 航

    キングダムは漫画も映画も見ました!
    夢、チームプレイ、リーダーシップ、戦略など見所が沢山ありとてもおもしろいです。今「キングダムのビジネス論」というのが流行っていますね。あなたはどんなチームが作りたいですか?私は、nTechに出会う前には組織の統率を取ることができずずっと悩んでいました。nTechに出会い、この技術ならティール組織ができる確信を得ました。セルフマネジメントができる個人が、全体性を持って、進化し続ける。キングダムの組織も素晴らしいと思いますが、その弱点をnTechでは補うことができます。チームプレイに関心ある方にはキングダム見て頂きたいですし、その上で弱点を発見された方がいたらぜひディスカッションしたいです。

  • たのしみず

    キングダム、映画を見にいきました!すごくかっこいい印象がありました!戦いのシーンもですが、何よりどんどん人間関係が変わっていくのも面白かったですね。最初は主人公も最初は一人で戦うところから、「夢」を共有していきながら、仲間が増えていく。そんな印象を受けました。キングダムのビジネス論はちゃんとは読んだことはありませんが、チームプレイ、協力関係を築くにあたり、参考になるところはたくさんあるように感じました。会社でもビジネスも価値を提供をしていくもので、そのためには信頼関係や協力関係は必須になっていくと思います。
    nTechは一番大きい夢を定義し、日本がその夢を持って世界に大きい夢を共有してくことを語っています。まさにキングダムのように夢の元に、賛同した人が集まるような組織づくりをしていきたいと考えています。ぜひその一番大きな夢に触れてもらえたらなと思います。

  • あやか

    今までも孫子の兵法など、戦略をビジネスに活かすための学びはあったかと思います。ですが、キングダムでは今までにない視点が盛り込まれています。

    それはチームプレイを使ってビジョンを達成していくことです。
    キングダムでは国を一つにするという壮大な夢を掲げて、チームをつくり全力で目標に向かっていく過程が描かれていて、それが今の時代のニーズと一致しているのだと感じました。

    そんなキングダムと今最先端の組織体系として話題のTeal組織を実現させる技術、nTechはこれからの時代、ビジネスや経営を学ぶうえで必要な技術となるのではないでしょうか!

  • 相良真史

    キングダムの漫画を初めて読んだ時、登場人物一人ひとりの溢れる個性と、絶体絶命の状況を見事にひっくり返していくストーリーのダイナミズムに、血が騒ぎました。
    あらゆるリーダーシップのあり方、統率の仕方、チームシップやフォローシップの豊かさ。あらゆる角度から読み解くことができ、それどれもが絶妙なハーモニーとして奏でられ組織力となっていく様が、固定化・マンネリ化された現代社会の組織のあり方に風穴をあけ、真の組織とは何なのか?その問いを知らしめるものでもあるとも感じました。
    nTechを通してキングダムを読み解くと、いくらでも深く広く解析でき、現実の組織づくりに活用できるイメージがバンバンきます。
    「ティール組織×キングダム」現代に生きる日本人の魂が喜ぶようなものになると思います。

  • 古川いずみ

    キングダムのビジネス論が実現できるのがnTechです^_^
    なぜなら、大きな志を立てたチームが一緒に進んでいく時に、チーム全体を自分と思いながら、個性も活かすということは、既存のやり方では絶対無理だからです。

    一度自分も相手も宇宙も無いという消しゴム機能を使い、動き一つしか無い、イメージできない世界まで行き、そこから、現実をどう統制するか、を再現可能な技術体系化されてるのがnTechであり、
    それを使えるメンバーが揃った時に初めて大志を持った美しいチームプレーができるようになるのです(^^)

    ご興味持った方、ぜひnTechに出会ってみてください(^^)。組織と個人、どちらも活かす道があるんです!

  • ピュア

    キングダムの映画、ぶっちゃけ

    本来の私なら、絶対に見ない映画です。

    試写会ならともかく、お金を払って見に行こうと

    思うような映画ではなかったんです。

    では、なぜ興味を持ったのか?

    nTechと出会い組織作りに興味を持ち

    キングダムのビジネス論が関係していると知り

    早速見に行きました。

    この映画、単なる歴史のヒーロー映画ではなく

    組織論とも繋がるめちゃ深い映画でした。

    そんなことに興味を持てるようになった自分の

    変化にもびっくりです

  • しげみ

    キングダムを観て、たくさんの事を感じたのですが、その中で感じた1つはリーダーシップでした。どんな事があっても決して揺らぐことなく、リーダーが見続ける世界がある。そして、そこに人は心打たれ団結し、ひとつになっていく。そんな事を感じました。誰よりも力強く前を向き、みんなを引っ張るリーダー。そして、自分の見ている世界を現実のものにする為に、その時に一番最善の人員を配置し、信頼の上で成り立つチームプレイ。一人ひとりが自分の役割をわかっているからこそ成り立つチームプレイだと感じました。
    組織を運営する上でも、こんなチームプレイができたのなら一人ひとりが活かされ輝ける、そしてチーム一丸となってVISIONにむかえる。そんな事を感じました。キングダムのビジネス論、これは本当に今からの組織に必要な要素が盛りだくさんだと思いました。こんなチームプレイが当たり前になったら本当にかっこいい、憧れらえる組織がたくさん出来上がると思います!

  • 白鳥健

    キングダムのビジネス論の根底にあるのは、あたらしい概念の導入ではないかと思います。中国の乱世・戦国時代のなかでどのように次の時代を作っていくのか、自分が王になる、征服するというだけではなく、国よりも大きな概念を創造・導入できるのかということに、あらゆる登場人物が勝負をかけていったのだろうと。
    春秋時代ののち、秦の始皇帝から項羽・劉邦へと、英雄たちの時代が始まります。その英雄の時代の土壌となったキングダムの時代は、いま私たちが生きる時代に似ているからこそキングダムのビジネス論がブームとなるのでしょう。
    ではいまの時代に、導入されるべき新しい概念とは何なのか? それがnTechだと確信しています。

  • sara

    組織経営に必要なものは、メンバー間のチームプレーやビジョン・目標の共有、正しい意思決定などいろいろありますが、中でも強いリーダーシップは特に重要です。
    これは複数でチームをつくるときでもそうですが、一人で自分自身を経営するにもセルフリーダーシップが必要になります。
    キングダムのビジネス論が話題になっているのは、どんな時でもブレないリーダーシップ、リーダーはどれだけ大きな視点でものを捉えることができるのか、人に勇気とチャレンジ精神を与え、いかに一つにまとめることができるのか。ビジネスでは、戦略や戦術も重要ですが一番大事なことは全体がひとつになること、そして何も畏れない勇気と知恵をもって実践していくために、nTechが必要不可欠だとわかります。

  • elly

    今話題の映画「キングダム」を観てきました!
    印象的だったのは、大きな夢が人と人の団結をつくり、現実を創っていくことです。
    キングダムのビジネス論にも繋がると思いますが、現代人はすでに既存のビジネスにはワクワクしないのだと思います。今までにない大きな夢、幟が立つからこそ、そこに反応して人が集まり、解決困難な問題も解決し、夢を実現するのです。
    nTechは今までの既存のイメージから自由になるので、今までの人類が成し得なかった大きな夢と出会い、それを実現する仲間とも出会い、チームプレーができ、その夢をワクワクしながら具現化していくことができます。

  • Hiromi

    キングダムビジネス論が世間で流行っているのは知っていましたが、まだ正直映画は観にいけていません。

    ただ以前から、自分ひとりで何かをする個人プレーの時代は終わりだと感じていました。
    これからの時代は、共に大きな夢や志を持ちチームプレーをしていく時代だからこそ、共通の土台を持ち、共に同じスタートラインに立てることが重要だと思います!
    その同じスタートラインに立てるようにするツールが、nTechなのです!
    良い道具があれば、より早く望む世界を創っていけるのです‼︎

  • misa

    キングダムのビジネス論って流行っているんですよね!アニメや漫画に関心が薄かった私は「またまた〜」とタカをくくってたけど、この前、映画みてきてゴメンナサイの心になりました!

    ホント、ビジネスというか、ありとあらゆるところに使えるメッセージがやまもり!
    チームプレーにしろ、アイデンティティにしろ、ビジョンにしろ、こりゃ世の中、目をつけるし人気があるわけだ!

    でも、これらを現実で成し遂げようと思ったらホント簡単じゃない。というか人間の難題だらけ。
    だけど、これからは最先端技術nTechがあるから全部が可能になっちゃうのね!キングダムも夢じゃない!

  • のぶりん

    誰もが思い描いた事が無いような、スケールの大っきい夢を掲げて、そこに人が結集していく。

    キングダムのビジネス論として今話題になっていますが、Visionを大きく持ってそこに向かって邁進していく。信は、天下の大将軍になるというデッカイ夢の為に日々の鍛錬を惜しみなくやり続けた先に活躍の場が与えられて、Visionに向かって一歩ずつ階段を登っていく。

    nTech は、デッカイ夢、ビジョンを持って闘い抜いていくことは共通ですが、

    剣や盾を使って力で力を、制するのではなく、血を流さずに1人1人が、人生最大の問題が何なのかを解り、そして、それを解決することによって、共通の土台ができ、共通のビジョンに向かって走る仲間と出会い、
    そのビジョンに向かって走り続けることができるのです。

  • vosaraicesara

    キングダムを先日観に行ってきました。とても感動しました。ビジョンを共有する仲間たちが織りなすチームプレーの美しさを感じました。それぞれの役割に集中すること、そして仲間同士の信頼関係の厚さがとても印象的でした。今の日本は、ビジョン自体がとても小さくなってしまっているように感じます。自分が所属する組織にだけ有利に働くようなビジョンしか描けなくなってしまっているのは勿体無いと思うのです。nTechを使うことで、ビジョン自体をバージョンアップすることができ、心のそこからワクワクしながら、多くの人とチームプレーを楽しむことことができるようになります。そして自ら、夢を具現化できる道が見えてきます。

  • keizenke

    周りから凄くいい!という声を沢山聞き、どんなものなのだろうと映画を見に行きました。
    そしたら、何と心が踊り出したり、ズシンときたりで、言葉では表現しきれませんが感動でした。
    私自身、nTechを使ったリライズ協会という新しい組織をつくっているということもあり、リーダーやフォロー、その絶妙な役割りポジション、大きなビジョンへ向かうからこそどう結束力していくのか、境界線のない組織をどうつくるのかにチャレンジしていたので、そこと重なりました。
    キングダムのビジネス論、これは机上で覚えるものではなく、行動してみることでわかってくる事だと思います。

  • 大川 真

    キングダムは漫画も映画も見ました!戦いを通じて、どのように組織を動かせば良いのか、その心理や方法までが具体的かつリアルに描かれていて感動しました。単純に読みものとしても楽しいですし、楽しみながら学びも大きいです。ビジネスなどで活用すれば、キングダムのビジネス論として使えるとも思います。私はnTechを日々日々実践していく中で、このような学びの深い漫画と出会うととても嬉しいです。それは、nTechを活用して本質を抽出し、そこから得た学びを日々のビジネスや組織運営で活用できるからです。もっともっとこのような感動する作品と出会いたいです。

  • 原田卓

    ティール組織(Teal組織)のブレークスルーの1つである「存在目的」。ティール組織は存在目的そのものが進化していく流動的な組織です。
    「存在目的の進化」というポイントに、組織のリーダーシップやマネジメントのヒントを与えてくれるキングダムのビジネス論が隠されていると思います。
    「秦」という国の存在目的を、「中華7国の中の1つ」から「中華を統一する国」へと進化させた政のリーダーシップ。その大義に人の心が動かされていきます。
    存在目的の進化をつくるために必要なことは、構成員一人ひとりの「全体性」の獲得。nTechは「全体性の獲得」に貢献できる技術です。

  • masaco

    個性際立つ様々なキャラクターが一丸となって目的を達成すること、リーダーのあり方・リーダーシップなどなど、ビジネスや組織経営と繋げて解析しやすいし、キングダムのビジネス論が好まれていることは納得する。
    “力”によらずして判断基準や価値観が違う者同士が協力関係を築けないことは、普通によくある話。ここを解決できるというというだけでも、nTechを習得する価値あり!

  • 亀井 薫

    今ブームになっているキングダム。
    マンガから今や、映画化も。
    なぜ、いま空前のブームなのか??

    色々あると思うが、私は
    キーワードに「夢」、「チームプレー」があると考える。

    いまの世の中、夢なんてと、こどもの頃のでっかい夢を描く人は少なく、皆現実主義。もちろん、大事だけど、それ以上に「自分がどう生きたいの?!」を考えたときに自然と大なり小なりその人にとっての夢があり、それを叶えるために日々奮闘してることがわかる。

    そして、同時に世の中はいまを忘れるくらい、でっかい夢を待ち望んでいる気がする。悲しいニュースが流れることが多い中でみんなバカして、笑いあいたいのが本音だとおもいます。
    そう思いませんか?
    しかも一人だとつまらない、皆と笑いあいたいんです。

    nTechはチームプレーで、でっかい夢を達成する方向性を持った、Dignty teal組織で本当の仲間とバカをして人生をワクワク生きる技術なのです。

    夢を夢で終わらせない技術、それがnTechなんです。

  • さやか

    友達に誘われてキングダムの映画を観ました!
    周りでかなり評判になっていたので気になっていたのですが、
    これがかなり感動で、美しくかっこよかったです。
    まっすぐで壮大なビジョンを曲げず貫き通し、ブレないその意志がチームを鼓舞するリーダーシップであり、その意志が人の心を動かすのだと感じました。
    さらに、全てをわかった上で包み込み先手を打つ大将軍もかっこよかったです。
    一つの意志を軸に起きた壮大なチームプレーのように感じました。
    nTechを活用して、今までの組織ではなく、ビジョンや意志で一つになったチームプレーをする組織をつくりたいです。

  • 明楽

    映画のキングダムもそっこー観に行きました!キングダムのビジネス論は、リーダーシップ、フォローシップ、大きな夢・志を持つこと、揺るぎない信念や仲間を信じる心など、多くの感動と学びを与えてくれます。そうは言っても、こういう究極の人間力、人間関係力、組織力をつくるには、何があっても壊れることがない共通土台が必要です。
    nTechでは共通土台のつくりかたを教えてくれます。本物の共通土台を持った本物のチームプレーができる未来が楽しみです!

  • yukachin

    キングダムかなり私は好きですね。そしてキングダムのビジネス論が流行っているようですね。共通のVisionに向かうチームプレーは組織にとって大きな課題ですね。
    日本人は本当はチームプレー大好きなんだと思います。だけど中々上手くいかない。それが何なのか?Visionが自分とつながっているのか?自分の中のエンジンで動くことが出来るのか?それぞればらばらの判断基準をどうまとめてチームプレーをするのか?などなど・・・現代の課題は山盛りですね。nTechは課題発見するところからはじまり、これからの組織づくり全てに役立つと実感しました。覗いてみる価値はありますよ。

  • イワミユカ

    キングダム…ごめんなさい、見たことないんです。キングダムのビジネス論ということでビジネス書などもあるということなのでしょうか…。人からの噂で漫画や映画を見たいなあと思っています。内容はわからないけど、これだけもてはやされているのならきっと理想的な組織づくりや仲間達なのではないかなと思います。共通土台を持った仲間で意見の食い違いこそが宝になり、次元上昇していく組織。まさにnテックが言ってる世界なのかもしれないですね。だけど、、見ていないので確かではないから、まずは見ます。笑

  • erina

    映画のキングダムを観て、激しい戦いの中に、こういうリーダシップはすごいとか、こういうチームプレーすごいと思う場面が幾つもありました。王や将軍のリーダシップは、方向性を示すことが何よりも大事だと思います。nTechは、これから人類が向かうべき方向性を明確に示すことができます。そして、バラバラな夢やビジョンを繋げて、共通の夢、共通のビジョンを持てるようになります。だから、本当の意味で多様性を活かしあえるようになると思います。

  • とみざわりょうた

    私は何度も読み返すほどキングダムが好きですが、組織論とつなげてキングダムの素晴らしさを共有するならば、何より政がどのように中華を統一しようとしているのか」というポイントだと思います。言うなれば「今まで誰もがなし得ることができなかった中華統一を、なぜ始皇帝はなし得たのか」ということです。

    アインシュタインが「問題が発生した同じ次元では問題は解決しない」いううように、彼も「次元上昇した考え方」によって中華統一をなし得ました。それは端的に言うならば「人が国を納めるのではなく、法が人を治める」という全く新しい考え方を持ち込んだのです、ではnTechは、資本主義(お金)ではなくどのように組織をまとめようとしているのか。

    ぜひその先に興味がある方はnTechを取り入れてみてください!

  • miwa

    キングダムがこんなにも流行っているのは、人々が本物のリーダーシップ・チームプレイを求めている証拠だと思います。
    原作の漫画がキングダムのビジネス論として人気が出るのも日本らしいですよね。
    nTechを使うと本物の組織、本物のリーダーシップ、本物のチームプレイがどういう状態なのかを仕組み構造で理解することができますよ!
    まさしくキングダムを実践できる道具がnTechです!

  • たま

    キングダムは、数年前からハマっているマンガです。一人一人のキャラクター、熱さ、そして本気の関係性に惹かれていたんだろうなと思います。今、これだけ流行している理由、キングダムのビジネス論としても人気がでているということは、日本が求めているものは、やはりチームワークで大きな夢に向かいたいということなのだろうと思います。意識的にも無意識的にも求めている関係性だけど、無意識深くからあきらめているのも関係性。ここに明確に答えをだしたのがnTechですね。答えがなくても大きな夢に向かうキングダム、nTechを使うことで今ここの現実にできることにかなりワクワクしています。

  • kenmiura

    私がキングダムで非常に影響を受けたものは、「勇気」「自信感」
    「諦めない意志」「常識を破壊する夢ビジョン」です。
    とても残念ですが、私はそれらが今の日本人が一番足りていないものと感じました。
    何故ならば、なによりも自分がそうだったからです。
    戦争孤児で家族を失い、心も傷だらけだった信があのように変化をしていった背景には、
    2つのポイントがあると思います(私の個人的解釈ですが)
    1つ目は、漂(ひょう)や嬴政(えいせい)という仲間との出会い。
    2つ目は、1万回以上の本気の戦いを漂(ひょう)と実践し続けたことです。
    何か技術を極めるときに必ず「本気の実践」を継続することが必要不可欠です。
    何事もひとりで頑張ることは非常に難しいものですが、本気の仲間がいれば違います。
    信が、どんな限界も突破できたのは、漂(ひょう)や嬴政(えいせい)という本気の仲間がいたからこそであり、
    その結果として強さ、勇気、自信感、意志を持つことができたのだと思います。

    「キングダムのビジネス論」が売れている昨今は、まさにビジネスにおいても常識を破壊する夢やミッションが必要な時代といえると思います。
    私自身もnTechと出会い、キングダムの中華統一ビジョンを越える「今の時代の一番でっかい夢・ミッション」と「本気の仲間」を持つことができたことに感動しています!

  • こまったちゃん

    キングダムは原作も映画も見ていますが、キングダムのビジネス論って面白い発想ですね。
    でも、とても良いアイディアだなって思いました。様々な生まれや立場の違いを持つ人々が、彼らそれぞれの夢を内包する一つの大きな共通のヴィジョンに向かってチャレンジする。各々が自分の立場からできることを精一杯取り組むことが互いを助け合い高めあうチームプレイの発揮。一人ひとりが誇りとやりがいを感じる新しい組織のモデルだと思います。キングダムは史実をベースにした架空の世界であり、実際の歴史でも秦は瓦解してしまいます。nTechは「なぜそれが現実には不可能だったのか?」その原因が明確に理解できる技術です。原因がわかるからそれを解決する方法もわかる。今までにない熱い歴史の幕が開けましたね!

  • まる

    歴史から何を学ぶのか。そこに注目したキングダムのビジネス論は本当に面白いと思います。それを実現するためにはどうしたらいいのか?なぜ実現できないのか。その原因と解決策に直結する技術がnTechだと思います。キングダムのような熱いおおきな夢を持った人生を歩むためにぜひ出会ってもらいたいです!

  • あかり

    キングダム見てきました!
    この映画は、色んな要素が入ってるなぁって思いました。私が熱くなったのは、「チームプレー」ですね。身分の違い、領土の違い、民族の違い、言語の違い、そもそもの夢やビジョンの違いがありながらも、信は天下の大将軍を、政は中華統一を目指して、お互いの考え、感情、観点をぶつけ合いながら一つになっていく。
    じゃぁ、どうやったら、あんな美しいチームプレーができるのか?漫画の中、映画の中だけではない、現実的に美しいチームプレーを作ることはできると思いますか?私は難しいと思ってたけど、nTechによってそれが可能だと確信を持つことが出来ましたよ!今までにないチームプレーをやりたい人はぜひ、nTechに出会ってほしいです!

  • こみず

    映画を観ましたが、キングダムのビジネス論が流行るのも理解できました。
    ビジネスをやるにおいて必要なリーダーシップ、チームプレイ、夢・ビジョンなどが全て織り込まれています。
    特に何かを成し遂げようとする時には、大きな事件を起こすことが必要です。それは即ち一番大きな夢を持つことにも繋がります。
    一番大きな夢とは何なのか?
    これについてnTech創始者であり、令和哲学者のNohJesu氏がブログの令和シリーズ⑧で触れているので、よかったらぜひ読んでみてください。

  • クッチー

    キングダムのビジネス論で着目したのが夢、ビジョン。
    奴隷の主人公の「天下の大将軍になる!」という夢と、王様の中国統一の夢。みんなの夢が一つに繋がって初めて、最高のチームプレーができました。
    今現在、社員一人一人が夢ビジョンを持つことも少ないし、持っていたとしても、会社のビジョンとは繋がらなかったり。という風に、一つになれないのが今の組織の現状。
    そんな個人と組織のバラバラな現在地において(観点)を融合させることができるのがnTechです。さらには、いままで想像だにしなかった一番大きな世界と出会えます。人類72億がNoを言えないビジョンがあることはそれだけで宝です!

  • さかなゆう

    キングダムに興味がなかったわたしが
    nTechを通して話を聞いて今は興味しんしん!
    ティール組織とキングダムはとっても繋がる!

    キングダムのビジネス論。要は
    今まで当たり前だったことにNoをした人たちが心で繋がり組織を創り、過去の当たり前で創られた秩序で創られた組織を超えていった話。
    当たり前を当たり前と思わずに、自分で考えて意志をたてた人たち、本気で生きてる人たちの集まりは、数では圧倒的に負けていても、人間本来の力を発揮し、チームプレーをすることで、結果的には、過去に掴まれた組織の出すエネルギーに圧倒的に勝つことに!

    nTechが言う人間の無限の可能性の発揮したときの凄さを、キングダムを通してわかりやすく理解できますね!

  • miracle369

    キングダムのビジネス論が話題になっているそうですが、ビジネスを行うのは人間で、結局は「人間としてどうあるのか、人を動かす源は何か、どんな生き様をするのか」そこに人は引きつけられるんだと思います。キングダムを始めて漫画で読んだ時に、一気に40巻読んでしまうくらい引きつけられた。なぜ引きつけられるのか、人間力なんですよね。人間力を上げるのは、志に向かう意志で、その志がどれだけ先の勝利をみているのか、人類愛に向いているのかということなのかなと最近感じています。なぜ国を分けて戦争を行いまた国を一つにするのか。その過程で生まれる人の力の開花、一つの目的に向かってどれだけの役割ポジションを最大限に活かし会えるチームプレイができるのか、そこに人はワクワクすると思います。人はどう生きるのかではなく、どう死ぬのか、に美学があるんだなと思う。永遠に生きるのであればそこにドラマは生まれないから。

  • aiko

    キングダムは見たことありませんが、気になっています。今世界はキングダムのビジネス論を取り入れることが重要だと思っています。このバラバラな世界を、統一していく鍵が隠れていると感じるからです。nTechは人間のどんな判断基準も溶かして融合させられる、新しい技術なので、このビジネス論とnTechが組み合わさると、時代の突破口になるのではないかとワクワクしています!

  • sonoda

    キングダム映画見ました。キングダムは漫画にとどまらず「キングダムのビジネス論」をテーマにした本も出版されているくらい話題になっていますよね。どうしてそこまで話題になっているのか、やはりそれはひとりひとりのチームプレーが活かされている作品だからなのではないかと思います。今の社会や、企業ではひとりひとりのチームプレーというよりかは個人主義が大半で、自分の成績さえよければいいでつい仕事をしている人も多いのではないかと思います。でも、潜在的な欲求として、本当はチームプレーをしたい。だからキングダムが多くの人に読まれたり、ビジネス論として展開されていくのだろうと思います。

  • ろい

    仲間から『キングダム、絶対に見た方がいいよ!!絶対にはまるから!!』と何度も言われ、見てきました。そして、見事にはまりました。この頃は、キングダムのビジネス論なども出ており、認知度もかなり広く、そして、今の時代に必要な映画だと感じました。そして、そのキングダムでのポイントといえば、チームプレーだと感じます。一人一人が各所で自分の役割をきっちりと行い、それがチームになった時に奇跡を成し遂げる原動力にもなっていると感じました。
    その本当のチームプレーをおkなうためにも観点の融合は必要だと感じました。

  • 澤田祐子

    キングダム絶対見たほうがいいよ!と若者男子に言われ、観にいきました。キングダムのビジネス論ということで、社内に全巻置いてる会社もあるとのこと。ビジネスに使えるのだとしたら、シンとヒョウが奴隷階級を超えて天下の将軍になるという決断と、エイセイの国と国の境界線を無くし統一国家をつくる意志とが連結して、肉体の死を超えて階級と国境の境界線を同時に破るこのストーリーは、ビジネスでみるなら新人も社長も役割に固定されることなく一人ひとりの能力を忌憚なく発揮しチームプレイで勢力をつけ組織拡大に戦わずして交渉し味方につける、組織改革モデルに非常に良いモデルだと思います。ただ、どんなにモデルがあっても実践するときには役割や立場、自社の経営理念や実績などが足かせになりそうです。そんなときにnTechが大活躍します。役割や立場、実績、そもそも存在は全て過去。nTechは時間、空間、存在のないところから、今ここを観る観察方式を訓練できる共通土台を大前提にしますから、全ての役割ポジションから自由に、平等な同僚としていつもスタートできる関係を可能にします。時間をかけずに新しい教育を活用することで2倍も3倍もチームプレイや実践の効果が発揮できます。おためしあれ!

  • mizu

    キングダムのビジネス論を実現する最新技術nTech!
    キングダムを見てきました!キングダムで一番印象的だったのがリーダーシップでした!
    特に個人的にファンなのは政です!メンバーが諦めそうなとき、ひるみそうなとき、あの扇動ができるのは簡単なことではありません。
    また、彼が見つめてる夢・visionn,志は、メンバーの心を先導してくれます。彼の目指すべきところが、今の日本が目指すべきところとリンクします。そして、本当の日本人はあの政のようなリーダーシップを持っていると思います。本来の日本人の良さを引き出すのがnTechでもあります!

  • htakamura

    今、キングダムはすごい話題ですし「キングダムのビジネス論」はかなり学びが多いと思います。
    中でも、リーダーシップとチームプレイは、夢・visionがないと発揮する事もされる事も無いものだと思います。

    方向性が共通で、目指したいものがあるからチームプレイ団結がうまれる。その夢・visionが個人のエゴのものであったなら、人は勿論、歴史の集団意思は動かない。

    でも、nTechを使えば、安心の共通土台を持って、人類500万年の涙と今からの時代の明確な方向性、夢・visionが繋がり、一人一人が独立した意思決定で、リーダーシップとチームプレイを可能にする事ができます。個人で頑張る時代を終わりにさせ、チームプレイが可能な技術、nTechに是非出会ってみてください。

  • 高橋恵

    キングダムを観ましたが、本当に最高の映画でした!
    なぜ今の時代にあの映画が流行るのでしょうか?
    それは本当に一人一人が今の時代の個人主義に限界を感じているからです。
    そして資本主義では人が孤立することも、無意識からわかっているのだと思います。
    みんなで繋がって本物のVISSONに向かってチームプレイしたいと叫んでいるんだと思います!

  • miisan

    キングダム、私の周りでもすごく良かった!ものすごい話題になっています。そして「キングダムのビジネス論」もよく耳にします。結局どんなビジネスでも、人と人との関係性から成り立っていますし、どれだけそこに循環が起こせるかだと思うんです。それにはどんな目標、どんなミッションに対しても、チームプレイを活性化することができるかどうか。それには全体を見通せる視点を持った個人が主体性を持って行動できること、まさにnTechがもってこいだと思います。

  • 友達がマンガを勧めてくれていたので興味があったのですが、なかなか触れる機会に恵まれず…映画を観て加速して引き込まれていきました!
    夢を持つこと、そして、一緒に叶えようとする仲間がいること、仲間をどんどん増やしていくこと………それはステキな世界平和!恒久世界平和への道だと激しく同意しましたね!キングダムのビジネス論はビジネスの世界だけではないと思います。もう1人で頑張る時代ではないのです!助けあって、支えあって、補い合って、励まし合って!!!共に成長していける時代が来ました!
    nTechに触れてそのことを実感して欲しいですね!

  • YOKO

    キングダム!初めて映画を観ましたが感動しましたね。清の時代を日本人の感性で細かく表現されているものでした。
    キングダムのビジネス書が話題になるのも納得です。
    特にリーダーシップとチームプレイをどうやっていくのかがティール組織と繋がりますね。
    一人ひとりが自立していくためには何か必要で何を変化したら良いかはnTechで明確にわかります!
    世の中の全ての問題の根本原因・解決策をぜひ、自分で確かめてみてください☆

  • あさりー

    キングダム、ずーっと気になっていて、やっと映画を観てきました!
    原作は読んでいませんが、終始熱い展開やセリフに心を打たれました。何度でも観に行きたいです。キングダムのビジネス論もとても流行っていますね。

    何がこんなに日本人の心を打つのか。
    私が思うポイントは、
    ・夢を追い続ける姿勢態度の美しさ
    ・関係性の美しさ
    ・個人主義の終焉と新しい組織の形への可能性
    ・身体を超えた、引き継がれていく意思
    この辺りがとても燃えました!

    でも、nTechと出会う前にこの映画に出会っていたなら、全く違う感想を持ったいたと思います。
    nTechは全て解いて再構築していく技術でもあるので、ビジネスとつなげることも簡単です。

  • cheerwave

    「キングダム」は友達にオススメだよと教えてもらい、上映中の映画もスケジュール的にすぐには観に行けるタイミングではなかったし、ちょっと気になったのもありアニメで観てみようと思い、観はじめたらどハマりの内容でした。大好きですキングダム。その後、映画も観に行くことが出来て感動でした。感動ポイントのひとつが、キングダムはビジネスにも使える内容だなというところでした。映画の中でもキングダムのビジネス論に出会えるはずです。
    どんなに身分が低かったとしても、一貫して揺るがずに貫こうとする志・夢・visionへの情熱があること。戦うたびにその情熱がさらに熱くなっていく。そこに人を巻き込む力がある。そんなリーダーシップが主人公の信からは感じられる。
    その信のリーダーシップの裏には一心同体である、秦王の代身となり刺客に追われ命を絶たれてしまうこととなる信の親友の漂のフォローシップがあった。共に天下の大将軍になる夢を持っていた。漂の死とともに漂と信は一心同体となり同じ夢をめざしていくことになる。信のバックにはいつも漂の無限大のバックアップがあった。組織や企業の中でもリーダーシップとフォローシップの関係性はとても重要なこと。リーダーの描いているイメージとフォローする側のイメージが一致していることは、緊急な事態が起こったとしても臨機応変にフォローが動くことが出来ていることが理想的だし、逆に同じ志をめざすフォローが何を望んでいるのか?何をめざしているのか?を掴むこともリーダーには必要なこと。それらを共有出来ていることがリーダーとフォローの関係性がうまく循環していくポイントではないでしょうか。
    他にも、ビジネスに活かせるヒントを得られるシーンがたくさんあるのでキングダムはオススメの映画のひとつです。

  • Natsuki

    映画を観るまでキングダムの漫画のことさえ知らなかったのですが、観た後は心から感激しました。今の時代とぴったりオーバーラップしたからです。多様性、多元性が叫ばれている現代も、いわば戦国時代のように不安定で多様な価値観が乱立している状態。
    私がキングダムのビジネス論と言えるのは、そうした中でWIn-Loseの関係ではなく、Win-Win,All -Winの関係性をつくることだと思います。全体が目的を果たすことによって、全ての個人が幸せになる。
    現代を生きる私たちもそのことを目指すべきなのではないかと思います。

  • 高橋美里

    キングダムのビジネス論。どれだけ共感共有できる感情を持てるリーダーか。個人のエゴ感情ではもはや人々の心は動かなくなっています。一貫性のあるビジョンがあり、そこにどれだけの人の感情が共感できるかどうかで、組織や経営が変わってきます。
    天下統一を目指したキングダムの主人公たちが、敵を味方にしどんどん勢力を拡大していく姿はまさにそれを描いていると思います。

  • SAKI

    キングダムは原作を読んだ事がなく、映画を観て面白いなと思いました。夢やビジョンで繋がって仲間が増えていく、それぞれの個性が強くて、でも協力関係が組める、それって理想ですね。
    キングダムのビジネス論という視点では観ていなかったけど、今の社会の組織づくり、チームプレーの理想ではないかと思います。
    誰もがこんな生き方を本当はしたいのでは?今は個人の欲求が溢れる社会、組織で、それぞれ、バラバラ、自由がいいという風潮もあるけど、共通のビジョンに熱くなり共に戦う仲間があって、日々進化成長していける生き方、組織に潜在的に憧れるからこそ、漫画も人気なのかなと感じます。

  • midan

    キングダム、今、とても話題ですよね!
    またキングダムのビジネス論という分野も出たりしていますね。
    私も個人的にキングダムは大好きで、中華を統一しようとするキングダムの世界を実際の組織・集団と絡めて考えたりします。
    ビジネスを成功させていくために必要なこと、それは今までの流れを断つことだと思います。
    キングダムは七国で争い続ける世の中を断ち、今まで全くイメージしてこなかった新しいイメージである統一された一国としての平和な中華をつくる話です。
    ビジネスを成功させることも同じで、今までを断ち、全く新しいものを選択した時に、組織もチームプレーもアイデアもバージョンアップしていきます。
    今までの何を断ち、何を新しく選択するか、それによって沢山のクリエイティブがうまれていきます。

  • Mami

    映画「キングダム」観てすごく感動しました!
    キングダムのビジネス論というのも納得です。
    目先の利益ではなく、どこまでの範囲を観てるのか、何が問題なのかを洞察し、境界線があるから争いが終わらない。中華統一という夢に向かう主人公のように、みんなを幸せにできる大きな夢、VISIONを持ち、出会う人を巻き込んでいくことで、チームプレーでAll-WINの世界を創っていけると思いました。

    今の日本に熱く力強く生きることを教えてくれるとても学べる映画でした!

  • クマ

    キングダムは私も好きな漫画で追いかけています。映画も胸を熱くさせるもので、キングダムのビジネス論が巷で話題になるのも納得です。
    一番感動したのは、政の夢・ビジョン。不動の心、不動の志と言えるものでしたよね。

    世に何かを為す人は、絶える事がない情熱を持っています。では、どのようにして、不動の心、不動の志を持つのか。
    その答えがnTechにあります。自分が何者かを知る事で、そして自分が存在している事の神秘神聖さ、そして人間の歴史の涙を知る事で、一人の人間の生き方が今までにはない角度、大きさ、深さを持つようになっていきます。

  • 磯原正行

    キングダムでは、中華統一と壮大な夢が生死をこえた絆を生み、実現不可能だと言われることを成し遂げていきます。
    キングダムのビジネス論でもビジョン、夢をもつことを必要性が強調されています。
    ただ、現在の多様性時代ではビジョンの共有が非常に難しくなっています。
    それは、ビジョンに対する根本問題が明確にならないからです。
    nTechはその根本問題を明確にできる技術です。
    それが共有できたときに素晴らしチームワークが実現されます。

  • 山口禎子

    映画「キングダム」話題で、オススメ!と聞いて、観てきました。
    チームプレイ、組織作りに関心がある私にとって、とても面白く、発見のある映画でした。
    キングダムのビジネス論なるものが、巷であるようですが、確かにビジネスにも通じるチームプレイの在り方をみることができると感じました。
    チームプレイの中に「個人」は存在せず、全体と一体になった共通の夢、VISIONを持っていて、それぞれの役割、特徴を道具にその夢、VISIONに向かっていく団結が本当に美しいなと感動しました。
    今の時代、中華統一に相当するのが「75億が共通で目指せる夢、VISIONを持てるのか」というOne Worldに向かう道だと思います。それを可能にする技術がnTechだと確信しています!楽しみな時代ですね!

  • ecco

    キングダムのビジネス論は経営者のなかでもよく読まれているようですね。
    経営者はいかに社員のやる気を作ってチームプレーをしていけるかが大事ですよね。そしてそのためにも、リーダー自らが全体性を持って大きな目標やVISIONを掲げて社員を動かしていかなければ行けないと思います。
    また、戦略と戦術をわかって社員1人1人の個性を活かしていくことができるかどうかも大きいと思います。
    nTechは部分観しかない持てない人間の脳機能を分かりながらも、全体性を持つことができる技術でもあるのと、共通土台を持つことができるので、1人1人の個性を活かしながらもチームプレーが可能にすることができます!

  • みもざ

    キングダムのビジネス論は経営者にも読まれ、人気を博しているようですね。

    ビジネスといえばチームプレー。
    しかし、個性あふれる人々や大量な情報がある昨今、簡単ではありませんね。

    自分の利益のためだけに動くのではなく、チームで決めたビジョンに向かってそれぞれの個性を活かしながらお互いに切磋琢磨する。

    まぁ、これが理想的ですがなかなか上手くコトが運ばないのが実情であるとは思います。

    nTechを使うとチームプレーが成り立ちやすいのはどうしてなのか?それは、「これが自分」の範囲が広がり、エゴを超えたところから物事を見ることができるからだと思います。

    これができたら、自ずと結果に繋がるのではないでしょうか。nTechは、ビジョンに向かう人々の道具となりますよ。

  • KiJi

    キングダムのビジネス論ですが、ビジネスといえば、需要と供給ですよね!二者の循環があるから成り立つのがビジネス。つまり売り手と買い手もチームであり、組織のわけです。それぞれの視野からみたら、売りたい、買いたいとバラバラの目的意識がありますが、経済を循環させるという共通で大きなVISIONを掲げることができればキングダムのような夢を共有した組織の作り方が見えてくるのではないでしょうか。

  • こうた

    キングダムのビジネス論を通して伝えたいのは、リーダーシップです!
    歴史上にない大きなビジョンに向かって一貫して突き進む姿勢は、人々に勇気とやる気を与えるのだと思います。
    混沌としている今の時代に、今まで誰も成し遂げたことのない大きな夢へとチャレンジすること!大きな夢を持つことも、それを実際に叶えることも、可能にさせるのがnTechです!

  • 安田真理

    キングダムのビジネス論が、流行るのは映画を観て納得しました。ぶっちゃっけ、夢をもつとか熱くなる人を見ると、冷めていくタイプだったので、、、昔、はい。
    それは、生まれた時代背景や育ちの影響でしたが、nTechを学んだ今では、自分が冷める原因も明確に理解しました。実は、諦め冷めていたんですが、ほんとはめちゃくちゃ熱くなりたい心が自分の中にあるのがわかりました。
    今では、夢があるから、何度も何度も立ち上がって、立ち上がる理由があるから毎日楽しくワクワクビジネスしてまーす

  • ちぐちぐ、

    映画で「キングダム」を観て、はまってしまいました!!(笑)

    魂の底から燃え上がるような感覚が湧いてきて、リーダーシップとは何か?フォローシップとは何か?を考えさせられました。

    「キングダムのビジネス論」として経営者の方々にも人気な理由が分かります!

    国境を越えて一つにまとめていく組織の創り方。
    5人組を最小単位にして組織を創っていく。
    その秘密がnTechでスッキリ解き明かされますよ♪

  • bonatakato

    キングダムとnTechは相性抜群!!!

    政が楊端和に語った境界線のない世界づくりは、脳から自由になるnTechの方向性とマッチングしています。

    武力ではなく、教育の力で世界を一つにして行く。そのビジョンこそが、経営、ビジネスと繋がってくるものであり、組織を一つにします。

    キングダムのイメージを現代社会につなげ、リアルキングダムをやっていきましょう!

  • みなも

    キングダムのビジネス論というテーマで考えてみた時。このストーリーのゴールは中華統一。その為に一番必要な要素が何なのか?を理解する必要があると思います。
    個人個人の観点がバラバラな中でいかに結集をつくるのかは、とくに、今の情報化社会では難しくなっています。

    みんなの興味関心を全て統一できる、今までに無い、Big Dreamがある人が組織も国も統一する事が可能になると思います。

    その為には、今までに無い、全く新しいDreamが必要。それを持つ事ができるのがn Techです。

  • mikity

    キングダムのビジネス論は多くの人に支持されてますよね。私も先日映画を観ましたが、ビジネスにおいて必要なエッセンスがキングダムにはつまっているのと思います。
    やはりキングダムの醍醐味はビジョンを持つこととそこに向かって突き進むチームプレーだと感じます。
    nTechでは、人類がどこに進めばいいのか、どんなビジョンを持てばよいのかが明確になります!ぜひキングダム好きの人には出会ってほしい技術です。

  • Callinger帆足

    キングダム面白いですよね。
    七つの国に分かれている中華を統一していく物語。
    キングダムのビジネス論として世の中で流行るのも納得です。
    組織と戦って勝つ為に、組織を統率しなければなりません。
    そのには、経営理念やリーダーシップ、組織を構成するメンバーの関係性を高めなければなりません。
    nTechによって、win-win,All winできるVisionとどんな条件でも裏切らない共通土台を持った仲間を得ることができます。

  • eri567

    映画も観ましたが、キングダムのビジネス論、これできたらめちゃ楽しいですよね!

    実際にビジネスでここまでのチームプレーを実現したいなら、nTech なしじゃ無理だなって実感してます。

    理想としては、チームプレーとかやりたかったけど、現実となると個人プレーがめちゃくちゃ目立つし、チームになると自分の自由がなくなる感じがして、いつもうまくいかないのを経験してきました。

    けど、自由がなくなるって思ってしまうのも、個人で頑張りたくなるのも、nTechに出会い、無意識にある組織や人に対する諦めが強くあったことに気づきました。

    そして、チームプレーが上手くいく方法を知ることより、うまくいかない原因を分かることから、チームプレーは始まることにも。

    この根深い諦めの原因もわかれば、一緒にチームで乗り越えていけるのを日々実感してるので、キングダムのビジネス論を語るならnTechでしょって感じてます。

  • ぬくこ

    正直、周りがいいよ!っていうものに歯向かいたくなる私にとって、キングダムは初めは見る気があまりありませんでしたwww
    しかし、映像よりも本や漫画が好きな私にとって、漫画の方がよかったよ!っていう友人にそれならば!とみてみたところ、ドハマリしましたwww

    もちろん映画もすごくいいですが、私としては漫画おすすめです!
    夢を成し遂げるときに一番必要なものとはなんなのか、そして日本が今までしようとしてきたミッションとはなんなのか、今人類はどこに向かおうとしているのか、ありとあらゆるものがすべてつながってくるのです!そしてそこに欠かせないのがnTech!
    キングダムのビジネス論ともいうべく、ビジネスにおいても、仕事においても、最も人類に重要なキーワードがたくさんちりばめられているのですが、本気で成し遂げる集団を、日本人なら、ともに作りたくありませんか?
    ぜひであってほしいです!

  • なっちゃん

    キングダム映画まだ観れていません(>_<)
    でも、観た人観た人みんな良かったと言ってますね!
    コミックをチラッとみましたが、少し読んだだけで面白そうだなと思いました。
    個人主義が蔓延している今の時代では、あそこまでのチームプレーはできないし羨ましくなりました。
    でも、nTechを使えば共通土台を作ることで、あんなチームプレーも夢では無くなると思うとワクワクしてきます!

  • はるころり

    映画キングダムを見て、これからの未来社会にこそ必要なリーダーシップ&ビジネス論であると思います。ビジョンと意志で集結を創り、通常では考えられないタッグを組める在り方がこれから必須になってくる。民族や歴史上の恨みを超えて共通の理想を土台に実践してける、そしてそのプロセス自体に生きがいもある。キングダムのような組織づくりができればビジネスとして飛躍的に発展できると思います。

  • 丸山陽子

    チームプレーで成し遂げるキングダム。

    夢を成就するには、夢を共有しあえる土台が必要になる、その元で大きな夢が成就するのだと思いました。

    その、根本の土台創りが、令和の時代の日本の天命だと感じます。

    Ntecの共通土台、0=∞=1は、世界の美しい共通土台になり、大きな夢を成就させるでしょう。

  • みかり

    キングダムと経営になんの関連性があるのか?
    私はまったくといっていいほどそこに意識がありませんでした。
    ですがここに関心を持つようにようになったのは、nTechを学んでいるからです。
    まさかまさか、nTechがしめす組織論・経営論とリンクすることがたくさんあったのです!
    組織を大きくしていくためには、まず大きなビジョンありき。
    そこから、、どう関係性を築きながら組織を引っ張っていくのか…
    キングダムのビジネス論を解析し応用するためにも、nTechはかなり優秀な道具になりますよ〜

  • 小畑多美子

    キングダムは漫画で読んでいて、すごく好きな漫画の一つです。
    秦の始皇帝誕生までのサクセスストーリーなので、現代でいうとビジネスに活用できる内容は、
    確かに満載にそのエキスは入っていると思いました。
    そういう意味では、三国志と似たところはあるなと思っています。
    だから、最近「キングダムのビジネス論」として、ビジネス書が売れているんだと思います。
    漫画の中で一番印象に残ったのは、主人公の信を中心とした、チームプレーの結束力と団結感が半端ないこと、
    それが、5人を基本単位として、そのチームが一つ個体として戦っていきます。
    そこが、nTechが言っている精神細胞の基本単位と同じことが、陰陽五行にもつながる、
    宇宙の法則性の基本単位なんだと思いました。
    これは吉田松陰の松下村塾でも実施されていたことだと聞いています。
    どんな5人のチームを作るかで、チームの質が決まる基本単位になり、
    それが組織が大きくなればなるほど、
    その5つの信頼感、安心感、団結感が組織に影響を与えるとこの漫画を読んで思いました。
    だから、自分の周りにどんな5人組を作るかは、すごく大事だとあたらめて感じています。

  • 西山美峰

    今、キングダムが人気あるというのを聞いてます!ちらっと聞いたのですが、とても興味深い映画だと思い、早く見てみたいです。「キングダムのビジネス論」とつなげてティール組織について話をしたいと思います。
    ティール組織の実現を可能にするのがntechです。
    3つの特徴の、一つである全体性を可能にします。人間は、部分しかとることが出来ない限界があり、その限界をこえ宇宙自然歴史文明全てをつなげてみることが出来た時、共通土台が出来かっこいいチームプレーが可能になります。
    そのチームプレーは、ただのチームプレーてはなく歴史最高最強のチームプレーです。感動のストーリーを生みだすことができます!

  • hiro

    キングダムのビジネス論は今書店でも大きく注目されていますね。
    私もキングダムのマンガ、映画を見ました。熱く、胸が震え、そして沢山の学びをもらいました。
    ただの戦争のマンガではなく、今の時代に私達がどう生きるべきか?仕事をする上で大切なことは何なのかを考えさせてくれます。
    そう言った意味でもnTechとの相性がすごく良いなと感じました。nTechを知ってキングダムを見たら何倍も得るものがあります!

  • りん

    今は多様性・多元性がもてはやされ、個人主義が蔓延している時代。
    同じ方向性の夢・ビジョンを持っているにも関わらず、やり方が違うなどの理由から協力体制をとれないなんてことはよくあることです。
    「キングダムのビジネス論」の人気の秘密は、そんなバラバラな社会が一つにまとまる可能性が感じられてワクワクするからではないでしょうか。
    nTechは、一見バラバラなように見えても、お互いの観点を超えて大きな夢・ビジョンに向かってチームプレイができる技術です。
    これまでと違って、それぞれの個性を失うことなく協力関係を築くことができることができるようになります。

  • まきのみ

    「キングダムのビジネス論」がなぜこんなにも人を惹きつけるのでしょうか?
    そもそもビジネスとは課題解決の道を提供するもの、もっと言ってしまえば限界突破の繰り返しではないでしょうか?
    「キングダムのビジネス論」には熱い夢があります。
    今までのなかったような道、方向性を組織で切り拓いていくのがビジネスの本質と言えます。

  • あさみ

    キングダム観ました!
    今とっても話題になってますよね。ビジネス書も出てるとか。
    なんとなく、わかるなぁ。
    特に私が感銘を受けたのは、エイセイやヒョウのリーダーシップ。
    リーダーとは、皆が希望を見れない時ほど先頭に立って希望を示す存在なんだと思います。
    今の時代も希望が見えにくい世の中だからこそ、希望のメッセージを発信できる存在が、真のリーダーなのだと思います。
    勝手にキングダムのビジネス論でした~笑

  • 小池拓也

    キングダムの時代にもそれまでになかったチームプレーが生まれることによって、中華統一が果たされたように、大きな事業を
    成し遂げていく上で、多くの人を巻き込みチームプレー、相互作用をいかに起こせるかでその大業を成せるかどうかは決まるなと改めて実感しています。昔と違い、知識も知恵も情報も計り知れないほど膨大になり個人主義を主張させチームプレーを発揮しにくい時代の中で個性を持ちながら融和を図り新しい組織、新しいチーむプレーをどのようにするのかが、今の時代の組織の課題だと思います。その突破口になる技術がnTechであるなと実感しています。まず一つ目のキーは「観点の問題」をどう突破するかということですね。

  • けんご

    私もキングダムが好きなのですが、自分と重なるところもあったり、好きなキャラクターがいたり、マネジメントやリーダーシップなどのビジネスシーンでのヒントになるものも沢山あります。

    キングダムのビジネス論に関する書籍もあるようですが、やはり強調したいのはチームプレー!

    大きい夢を叶えるには、チームプレーが必須ですよね。
    nTechで、それぞれのストーリーをキングダムのごとく融合していけます。

  • 大槻剛史

    キングダムはマンガで読んだことありませんし、どうビジネス論に繋がるのかもよくわかりませんでした。

    でも先日会社の同僚が
    「なんとか将軍がめっちゃええこと言ってて〜」
    「戦場には必ず火が付くところがある。その火を如何に大きくしていくかが勝利の鍵になる」
    「っていうんですよー。これってビジネスも同じだと思うんですよ」
    「誰かがつけてくれた火を如何にチームで大きくしてくかがビジネスでも成功の鍵になると思うんですー」
    と言ってたので、
    ほーそうなんだ、おもしろそうだな。。
    と思って先日映画で観ました。

    映画では多くのシーンがカットされてたみたいで、正直そこまで深く入りこめませんでした。
    が!

    「野望を持つってワクワクしてやっぱええなー!!!」とテンションは上がりました。

    僕もnTechを使って人間のチームプレーを阻害する最大要因である「観点の問題」を一掃する野望をもって、同じ志を持つ仲間と出会っていきたいと改めて思いました。

  • 吉村真奈美

    こんなチームや組織だったら、私も一緒にやりたい!!って思う熱い映画です☆

    本物の組織は、利益や権益を超え、誰もやろうとしない不可能な世界にワクワクしながら飛び込める決断と勇気を持っている個人の集りだと思います。

    最初は人を動かすのも、経済を産み出すのもとても大変かもしれません。それでも、「絶対こうなる!」と言うビジョンを描きつづけ、一歩一歩の課程を楽しみながら突き進んで行く。そのワクワクに人が引き込まれ、それがビジネスになって行く。

    「キングダムのビジネス論」と話題になっていますが、nTechを取り入れて見たときに私にはこのようにみえます。

    特に、リーダーの役割りはビジョンを持ちつづけ、常にフォローと共有しあうことだと思います。リーダーは幟の旗の部分。何があっても仲間がぶれないようにビジョンを掲げ続けること。
    そしてフォロー は、リーダー以上に夢を持ちつづけること。

    これまでのトップダウン式の組織から、垂直と水平の両方が織り成す組織が時代を引っ張って行くと思います。
    nTech創始者Noh Jesu氏が23年前から作り出したNR Groupがその組織で、世界初!Teal組織を体現化し、継続している奇跡の組織です。
    これが出来るのは、日本人の間の文化を数式化、言語化に成功しているからだと思います。

    キングダムを観て、日本が新しく生まれ変わろうとしているエネルギーを感じる事が出来ました。

  • Moooriii

    何か問題が起きた時、個人がバラバラな方向性のままチームプレーをしようとする為、中々チームプレーするのが難しい現状です。nTechを使うことで、何かチームで問題を解決しなければならない時、とても問題解決が早いです。なぜなら、個人の意見を融合が出来て、無駄な争いが起きることなく皆が問題解決の為に、一点集中して取り組めるため、問題とは関係ない話をしたり意見を押し通そうとしたりする時間のロスが減り、有意義に時間を使うため、問題解決がとても早いのです。

  • ぽえっつ

    キングダムの映画を観て、‘’キングダムのビジネス論‘’がティール組織と繋がるなと思いました。

    どこまで大きなビジョン、夢を持てるのか?共通土台をどこまで共有できるのか?

    これらは、5感覚脳の認識の中に閉ざされたままでは限界があります。

    nTechでは、今ここ‘’1‘’を共通土台にすることで、脳の基準を超えた最強のビジョンを持つことができ、全体性、主体性を持った人達の連帯を今ここまさに可能にしています!



⇒キングダムのビジネス論を実現した組織「ティール組織」とは?

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)とキングダムのビジネス論を実現する最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.