おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは?

投稿日:

おすすめのマネジメント(経営)本

マネジメントの父と呼ばれるピータードラッカーはじめ、様々なマネジメント(経営)の本が出版されています。その本1冊で、組織の在り方が変わり、売上が上がったりピンチを切り抜ける可能性を考えたら、本を買うのは賢い投資になるのではないでしょうか。

ここでは、マネジメント(経営)本の中でも、おすすめな本をご紹介します。

1.マネジメント(エッセンシャル版)-P.F.ドラッカー著-
言わずと知れた有名なマネジメント本の名著がこちらです。マネジメントの父であるドラッガーが書いたこちらの本は、100万部を超えるベストセラーとなりました。また、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの”マネジメント”を読んだら」という本は、275万部を超えるベストセラーとなりました。高い視座から発せられるドラッガーの言葉は、一言一言噛み砕くだけでも、最初は大変かもしれません。ですが、そこにはマネジメントに大切な普遍の知恵が込められているため、多くの経営者に読まれる名著となっています。

2.失敗の本質-野中郁次郎-
こちらも、言わずと知れた名著中の名著です。大東亜戦争をテーマに、なぜ日本は負けたのか?ということを、人間の思考や行動パターンなど様々な角度から分析し、研究された内容になっています。命をかけた戦場で、的確なマネジメントがいかに勝敗を分けるかが、痛切に理解できると思います。

3.ティール組織-フレデリック・ラルー-
このサイトのテーマでもある「ティール組織」という言葉を生み出し、これまでのマネジメントの概念を覆す衝撃のマネジメント(経営)本としてデビュー。瞬く間に世界中で話題になった本です。これまでの組織の限界から、これからの組織の可能性まで細かく説明され、事例なども用いられているので、あなたの組織にも応用しやすいと思います。既存の組織を変革するというより、組織そのものの新しい在り方を提唱しているため、今の組織に限界を感じている経営者やリーダーは、特に読んでおきたい本でもあります。

他にも様々なマネジメント(経営)本がありますが、現在注目されているおすすめのマネジメント(経営)本は、やはりティール組織ですかね。存在目的、自主経営、全体性と、これまでのマネジメント(経営)本では明確に取り上げられてこなかった本質的な概念について具体的に書かれているため、多くの人が理想とする組織の実現に近づくでしょう。

ちなみに、当サイトで紹介しているティール組織を実現する最新技術「nTech(認識 technology)」は、ティール組織に必要とされる概念を満たし、これまでのエゴに固定された部分的な循環だけが起こる組織から、エゴを超えた全体意識を持つ個人の集まりよって作られる新しい組織作りを可能にします。

個人の意識が変化することによる、本質的なイノベーションが起こり、課題解決の糸口になるのと同時に、組織の次元が変わることで、これまでの問題が問題ではなくなることもあるでしょう。

この記事では実際にnTech(認識 technology)を使ってる人たちから、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」に関する口コミと「どうして、nTech(認識 technology)がティール組織に欠かせないのか?」その根拠を聴いてみました。是非、参考にしてください。



 おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは?

  • 島崎信也 

    ティール組織は、人間が進化せねば為し得る事はありません。人類歴史の中で、未だに組織が誕生した事は実は一つもありません。組織と言われた全ては、実は集団に留まっています。

    脳の認識に留まるからです。
    その理解から始めましょう。

    脳の認識では、部分だけを取り、違いだけを取り、過去と繋げて取り、3次元化させて取る事しか出来ません。逆に言えば、全体を取れず、共通を取れず、今ここを取れず、無限を取れません。組織であろうとするなら必要不可欠な条件を欠いていると思いませんか?余談ですが、脳の認識を超える事は、問題が問題でなくなる便利さがあります。問題は、全て脳の認識によって生じるもの。問題だと思う事も、問題に苛まれる事も、全て脳の認識によって起こる事。問題を問題と思わず、問題が問題で無くなる事こそ知恵と言えるでしょう。組織を創るには脳の認識による限界を超えなくてはなりません。更にティール組織と言えば、単なる組織ではなく、永続的に進化し、成長し、膨らみ続ける組織とならねばなりません。無限のイメージを持ちつつ、有限な大きさの中でも常に大きく永続的に膨らませ続けるもの。それが出来るのは脳機能に固定された観点を変化・運動・移動させる認識技術nTechしかありません。

    今1で生きる事は元より、今1で生きる人たちによるチームプレーが当たり前。5人組が個人となり、25人組が個人となり、125人組が個人となり、終わりなき進化していく個人。その個人こそ組織となりえる個人。真の個人であり、真の組織。観点の問題を解消した人たちが集まり、まるで一人であるかの様に機能する組織がDignityティール組織。nTechが必要不可欠である事を感じて頂けたでしょうか?

  • naomijoy 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」(英治出版)は全ての人間にとって必要な本だと思います。組織経営をする前に自分経営がまともにできないと、組織のお荷物になります。人間は意識的にも無意識的にも組織に所属しています。モチベーションやイライラ、もやもや、お金、人間関係など色々な問題が起きる時、この本で整理すると、盲点をついてくれるし、次のステップが自然と見えてくるんじゃないかと思います。
    もしギリギリセルフマネージメントができたとしても、全体を見ることが難しい脳の機能がある限り、この組織の実現には課題が無くなりません。それを突破するnTechを一緒に使うことが大事だと思います。あわせて読んでほしい本がnTechの創始者が書いた『宇宙一美しい奇跡の数式』です。

  • Rerisertae 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」の本は分厚い分だけ中身が濃いんですよね。それだけ、組織をマネジメントするにあたっての細かな問題発見と分析が必要だからです。

    時代が変わるとともにAIの進化も人間の能力を遥かに超えていく勢いの中で、やはり、人間をどのようにマネジメントしていくか、いえ、人間が環境、条件、状況に反応する前に、AIが出来ないことをどれだけ自主性、自発性を自らが経営者視点で考え、動ける人間になれたらティール組織が完成する様に思います。

    今までの時代のままであれば変わらぬ組織でなんとか続けられたかもしれませんが、これからはティール組織をきっかけにどのように変わるかを学ぶにおすすめです。

    ただ、ティール組織にも限界が見える点については、経済だけでなく、政治、教育、科学、哲学、数学、量子力学、宗教、宇宙論などあらゆる角度から全体を観ることが出来る人間が量産出来る技術がプラスされたらティール組織以上の組織になるといえます。

  • えみる 

    この世界は全てが出会いとするならば、

    まず人類がどんな状態で、組織を作り上げているのか。その現在地を知るために、おすすめのマネジメント本、ティール組織。

    現実の世界のイメージが、人類の協力の進化の歴史と繋がり、組織には何が必要か、向かうべき方向性が見ていきます。

    そして、nTech技術は、
    自分経営学!nTech技術を使って自ら創り出す全く新しい世界。

    真の組織を創るには、1人1人のリーダーシップ能力が必要です!知識でなく、実際どのようにして身につければいいのかを美学実践を通して磨いていけます。

    1人1人が集まって組織をつくっているならば、その1人1人しっかりとアイデンティティを明確に理解していくことから、全く新しい組織創建の夢が実現すると思います!

    英雄集団になるために必要なマネジメント本、ティール組織。分厚いけどその分、気付きとの出会いも深くなります!

  • saki 

    人が生きる上で必ずすることが組織をつくること。1:1のパートナー関係も家族を持つことも、会社に所属することや、大きくみれば地域や国という組織に所属しています。関係性を築く上で、その組織のルールに否が応でも左右されます。どんな関係性、組織をつくるかはすべての人にとって重要な課題ではないでしょうか?
    おすすめのマネジメント本「ティール組織」には経営者に支持されてるようですが、組織に所属するすべての人が読んだらいいと思います。なぜ関係性や組織が上手くいかないのかや理想モデルがあります。
    実現するためのプロセスがないのですが、それはnTechで補うことができると思います。まずはティール組織を読んでみてほしいですね。

  • 不知 航 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、今までのマネジメントとは違う視点で描かれていてとても読んでいて面白かったです。
    特に、組織を色で分け、今までの組織の限界や、そして今の時代の組織には何が必要なのかが明確になります。しかし、その組織の創り方は書いていません。どの様に創るのかを明確に理解できるのがnTechです。nTechでは今までにない全く新しい技術を使うことで、人と深く繋がれる人間関係が作れる様になります。

  • だいとう おりえ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」をご存知ですか?
    私の周りでは非常に話題になっています!

    今まで人類は、組織づくりに挑戦し続けてきました。
    その結果、『諦め』『絶望』しています。

    理想の組織なんか、どこにもないからです。
    どんなに頑張ってみても、どんなに工夫して、努力してみても、理想の組織づくりは無理でした。

    なので、もう、『組織になんか所属したくない。』と思う人だらけです。

    しかし、どこかではやはり理想の組織を求めているんですね。

    だからこそ、「ティール組織」の本が話題になっているんだと思います。

    理想の組織づくり。人類は諦めつつも諦めきれないと言う高葛藤状態です。

    そこを突破できる技術が誕生してます!
    それが『nTech』だとしたら…
    私ならトライしますね!
    みなさんはいかがですか?

  • 島崎信也 

    nTechを学んだ人たちならよく分かります。Dignityティール組織が誕生するかしないかで、一つひとつの問題に振り回されるのか、それとも全ての問題を解決するのかが決定する事。経営は、危機を正確に認識し、正確な危機認識からビジョンへと反転させて価値化させる事が欠かせません。ところで、正確な危機意識とは歴史的な脈絡を知り、世界的な広範囲を扱わなければ感知する事が出来ません。歴史的な脈絡と世界的な広範囲を取り扱う本は日本には早々ありません。おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」と私が見る理由。それは、正確な危機意識をビジョンへと反転させて価値化させるnTechから見て、正確な危機意識へと迫る事が出来る素晴らしい本だからです。

  • ちぐちぐ 

    自分の心、ライフスタイル、人生をマネジメントする事とビジネスにおけるマネジメントは繋がっていると思います。

    ビジネスにおいて、仕事において必要不可欠なのは人間関係。
    そして、人間関係によってどんな組織がつくられるか重要です。

    一人ひとりの個性を活かした関係性、組織創りに興味がある方に、
    『おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」』は、ワクワクすると思います!!

    これまでの組織の概念を超えて、新しい時代創りたいですね!

  • elly 

    大量生産、大量消費の時代が終わり、現代人の働き方が変わってきています。
    今までは個人よりも組織優先でお金を稼ぐ時代でしたが、これからは個人も満たしながら、組織のチームプレーを可能にし、経営が出来ていく新しい働き方や組織が必要です。
    そんな中、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、これからの時代に必要な個人の在り方や組織の在り方が書いてあります。
    それを可能にする認識技術nTechを学んで実践するリライズ協会もあり、今日本から組織の変革が起こっていて、今後が楽しみです。

  • こみず 

    マネジメントに悩まれる方は多いでしょうね。というか、人を指導する側、束ねる側に立った場合、必ず悩むと思います。それは観点の問題が発生するからです。
    観点の問題を、nTechでは6つの対称性で説明していますが、ここではその一つをご紹介します。「異質性と同質性」の問題。観点はみんなバラバラ(異質)です。それが個性ではありますが、バラバラゆえに、摩擦・衝突が起き、それが拡大すると国同士の戦争になります。だからといって、みんな同じ観点(同質)にすると、それはそれで問題。ロボットみたいになってクリエイティブが発揮できないですし、歴史上ではファシズムがこれに該当します。異質性と同質性、どちらでも問題です。
    この観点の問題を理解して解決しない限りは、マネジメントはうまくいきません。我慢や無理が生じます。けれど、観点の問題を超えることができた時には、誰もが夢見たけれど叶わなかったTeal組織をつくることができます。
    私のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」ですが、ここでは観点の問題、そしてそれをどう解決するかには触れていないので、この本とセットでnTechを身につけると、無敵になれますよ。

  • 高橋恵 

    あまり本を読んでいない私からのおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です。
    今まで人類が到達したくても到達できなかったことが、誰もがわかりやく共通がとれることがすごいおすすめです。
    そして、ntechでは人間が到達できないことが論理とイメージで綺麗に整理されるので両方学ぶのが おすすめです。

  • のぶりん 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」には、私たち人類が今までやりたくても出来なかった理想の組織論が書かれています。組織の種類を色別に示すことによって、分かりやすく今までの組織とこれからの組織を区別しています。存在意義、自主経営、全体性を持ったティール色の組織を創れるのは、共通の土台を持ち、観点が融合出来るnTech を知ることから始まります。

  • 大場龍夫 

    ティール組織を構築するためには、フラットでかつ個性が生かされることが必要です。
    トップダウンでもボトムアップでもない状態で個性が生かされながら、全体が統一される必要があります。
    個性を生かそうとするとばらばらになるし、全体の統一を図ろうとすると個人が画一化してしまうという矛盾が発生します。これを解消することがこれまで困難だったのです。
    個性が融合されていくためには、個性をお互いに受け入れることが必要になります。ところが、人間が無意識に自分が正しいと認識しているために、本当の意味で他人の個性を理解することができなかったのです。理解するためには、一旦自分の判断基準を放棄しなければなりません。自分の解釈で他人の個性を図るのは、あくまで自分の解釈の範囲を出ることができないのです。それでは疎通が難しく、融合が起きにくいのです。
    この自分の基準を一旦離れたところから、その見方、意見、アイデア、判断基準を観るということが必要になります。
    これができるのが認識技術なのです。従って、ティール組織を完成させようとすると、認識技術が必要となります。
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」を読む際には、ご参考にしてください。

  • 熊倉恵子 

    上に書いてる方とも少しかぶりますが、
    ティール組織は、人間の今の意識レベルでは実現不可能な組織です。
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」にも書いてありますが、
    ティール組織となりうる3つの条件があるんですね。
    ①全体観を持った個人 ②セルフ(自己)マネジメントできる個人 ③持続継続して進化発展し続ける組織。
    この3つの条件を持つのがティール組織となります。

    しかし、人間の脳機能がこの3つの条件を阻む機能を持っていることをご存知でしょうか?
    ティール組織をつくりたい方は、必ず人間の脳機能について知っておいてほしいです。

    それは、①部分だけを認識する ②違いだけを認識する ③過去と繋げて認識する ④3次元化して認識する。
    この機能によって、脳が出来ないことがあります。
    それは、①全体を認識不可能 ②共通を認識不可能 ③今ここを認識不可能 ④無限大を認識不可能

    ティール組織の条件の ①全体観を持った個人 とありますが、
    そもそも人間の脳機能自体が、全体観を持つことが不可能なのです。
    ②セルフマネジメントも、脳の認識が違いと過去を認識するので、
    相対比較と決めつけや思い込みが終わらず、自己マネジメントが出来ません。
    その脳に観点が固定されているので、チームプレイが発揮されず、
    ③持続継続して進化発展し続ける組織が不可能になります。

    nTechは、脳機能の限界を超え、VRのヘッドセットを外し、
    真実は1だけがあるということを認識可能になり、1からのチームプレイが可能になりますので、
    そこから始めて、ティール組織がつくれる条件が始まる事になります。

  • aiko 

    マネジメントや組織を運営することで悩んでない経営者さんはいないと思います。例えどんなにトップの人たちが上手くみんなをまとめようとしても、必ず人間関係の問題は出てきます。
    そこでおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、組織のあり方を抜本的に変える発想を提案しています。人間は生まれた時から部分だけを取るように作られているのですが、その宿命的課題を変えないと組織問題は突破できないのです。nTechは、その部分性を解決する道具を提示しています。

  • 吉田純 

    日本人の多くが組織に対する諦めを蓄積しています。

    そこで、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」が日本で大人気になっています。

    進化型の組織について詳しく書いてあります。

    2人以上の人が集まれば組織です。家庭、会社、地域、いろいろな組織に所属してそこで課題を感じている人に読んでみてほしいです。

    そして、nTechという新技術によってティール組織の実践モデルを創ろうとする取り組みがリライズ協会です。

  • おがじゅん 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、現代を生きる全ての人たちに必要な内容ですね。

    これは企業に限らず、学校や家族などあらゆる組織において欠かせないものです。

    著者もティール組織が理想的な組織モデルであることを提示しながらも、具体的にどうやって実現させるか、手段が分からないのです。

    ティール組織実現のための3要素である、
    ①参加する存在目的
    ②自主経営
    ③全体性を持った個人で創る
    は今までの5感覚脳に依存する認識方式では要素を満たすことは叶いません。

    そこで、5感覚脳の外の観点で補うことで、①②③を可能にし、この為の技術がnTech(認識技術)です。

    nTechを習得した人たちの結集によって、ティール組織のモデルを創り、ここから企業・学校・家庭などの組織のアップグレードを図ろうとするのが、Re・rise協会です。

  • かなえ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」を読み、今からの新しい組織に必要なエッセンスがたくさん込められているなと思いました。人間は欲求によって動くので、その欲求を統制できない課題があります。nTechによって、人間の欲求が生まれる仕組みを理解し、統制する事で、本物のマネジメントができる組織ができます。

  • 吉村真奈美 

    『おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」』と、何かと経営層の間で話題になっている「ティール組織」ですが、みなさんはもう、読まれたでしょうか?

    と、言ってる私は読めてませんが、サイト・動画やイベントでちょこちょこ勉強している中で、人間がどんな段階を経て、その時代の環境に合う組織の在り方を知恵を絞りながら作って来て、今、ティール組織までたどり着いたその歴史を知れる、ちょっと親近感と涙を感じる本だなと個人的には感じています。

    組織を経営し、持続させて行くことは簡単ではありません。だからこそ、様々なチャレンジと組織経営の戦略がどんどん生まれてくるのだと思います。そのチャレンジをしてきた中で生れたこのティール組織は、これからの時代にぴったりだし、希望を与えてくれるものだと思います。
    なぜなら、個性を潰さず、全体の調和を図りながら会社が運営・経営されていく誰もがそうしたいと思える体系だからです。
    しかし、落とし穴があるんですよね。全体性を持つ個人を作る事が難しいということです。個性を生かすには、全体がみえる自分にならないと生かすことができないからです。人間は、どうしたって部分しか取れない脳の機能的な限界をそもそも持っているため、どうしても個が消えないのです。そうすると、相対比較やジェラシー、足の引っ張り合いがどこからともなく生まれて、組織がうまく回らなくなってしまいます。
    最終的に、会社の一人一人が個人を越え、全体がみえるだけではなく、全体が自分になる自分にならない限りは運営・経営が難しいということです。
    ですから、そこを突破して全体が自分である新しいIDに変化を案内出来るのがnTechです。
    ティール組織を本当に実現させるにはnTechを取入れることが早道です。

  • sumitomo 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」!!これは、本当におすすめの本です。なぜなら、ティール組織を本当につくるなら、まずは人間の部分認識の限界を越える必要があるんですが、それが出来るという事は、全体認識が出来るようになることであり、同時に自分自身の色々な限界をこえ、本当にすっきりした心の状態をつくることでもあるからです。自分が日々出会っている様々な限界や問題は、部分認識と自分の判断基準に観点が固定している事によるもの。その限界をこえることで、自分のとらわれから解放され、新しいイメージを創り、チャレンジできる。そんな新しい生き方ができるようになるんです。そんな人が集まったのがティール組織。ティール組織を作ることは、一人一人が新しい生き方ができ、皆がワクワクし、チームプレーをすることができることでもあります。

  • Haruko 

    これからのAI時代、インターネットで情報だけでなく物もすべて繋がって行く時に取り残されるのは、溢れる情報によって固定観念が邪魔して誰とも何とも繋がれない個人個人だと思います。
    個人主義で能力発揮できないので、仕事が無くなるばかりか、全てがAIの判断に委ねられるようになるので普通に生活することすら自分では決められなくなる、そんな未来が「ホモ・デウス」にも描かれています。

    じゃあどうすればいいの?とお思いの方におすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」があります。
    個人個人が自主的に、全体的な視野を持って、存在目的を明確にしたうえで組織が成り立つことを理想として提示していて、これが実現できれば今までの組織の問題点を越えることができると思います。
    さらに言うと、なぜ今まで人間が自主的に全体的な視野を持つことや、存在目的を明確にすることができなかったのかをたったひとつの原因として規定し、解決策を提示しているのがnTechです。

  • ayaka 

    数多くのマネジメント本の中でも、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です。これから経営に取り入れるとしたら、単なるノウハウ本ではなく、これからの時代に求められることを先んじて取り入れていく必要があると思います。まさに、このティール組織は、最先端のマネジメントをしていきたい方にはピッタリです。
    組織の限界を超えるためのティール組織、そしてティール組織を実現するために必要な認識方式を変化させる技術であるnTechをマスターすることで個の能力もバージョンアップし、マネジメントに役立てると思います。

  • yukachin 

    人間の認識は部分観です。という事は1人の認識では不完全です。そして、人間は1人で出来ることは限界があるので解決できることも限界もあります。
    組織は今までの人間の限界を突破するには人間にとって必ず必要なものだと思っています。
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は今までの組織の変遷と
    、最高の組織(ティール組織)を成り立たせるための要素も載っていますが、作り方がありません。なのでnTechを活用することで全体性をもった個人ができ、セルフマネジメント、進化する存在目的が可能になります。取り入れることで意思疎通がおこり、意思決定スピードも上がりますし、考える力もついてきます。クリエイティブが出来るのでアイデアも出て来ます。とってもいい効果が出て来ると思います。

  • 森本柾人 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は世界でも人気ですが特に日本が一番ティール組織に関心があるみたいですね。
    日本人は元々繋がりを大事にして来たので組織やチームプレーには無意識深くから自信があるのだと思います。
    同時に個人主義化されすぎた現代では組織の問題が解決不可能なまでに深刻化してしまっていることもあり、今までの組織を変える組織としてティール組織が注目されているのだと思います。
    人はどんな人間でも必ず組織やつながりの中で生きています。その繋がり、関係性が次元上昇すれば今までの問題が問題ではなくなるしそれができる組織は本当に生き甲斐のある組織になっていくと思います。それを可能にさせるnTechもまたこれから世界で注目されていくと思います。

  • 村田優子 

    人生を経営するというお話を聞いたことは余り少ないのではないかと思います。けれど、自分の人生を自分で楽しんで、生きるには、人生を経営するという視点は、とても面白いと思っています。
    組織の経営とかでしたら、イメージできますが、人生の経営ということができて初めて、組織の経営も本当の意味で可能になると思います。

    なぜならば、人が集まって、会社などの組織ができるのですから、その組織を経営するにあたって、自分の経営ができていなければとてもではないですが、多くの人と一緒に何かをすることは難しい。

    そういう意味で、自分経営をすることをnTechは、学びます。そして組織で本当に信頼しあえる関係性を作るには、やはりnTechが必要になってきます。

    お勧めのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは、これからの理想の組織体系で、それを実現する道具として、nTechがあるのだと思っています。

  • みもざ 

    組織を統括している人におすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」。一度はお読みになっていらっしゃるかもしれません。上から下まで、組織が成り立つとはいかに難しいことなのかを日々感じられているでしょう。新しい組織の中には、ティール組織に近いものもあるようですが、人間ひとりの考えや感情をみたとき実態はかなり厳しいのではないかと推察できます。
    組織は人から成り立ちますね。一人ひとりが自分の考えから自由になって統制できるようになってこそ本物の尊厳ティール組織ができます。その道具となるのがnTechです。

  • 見並圭一 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、多くのみなさんに読まれている本だと思いますが、マネジメントに携わる人は特に読んでおいた方がよい本だと思います。もちろん自分自身をマネジメントするという意味では全ての人間があてはまるでしょう。私はマネジメントにいちばん必要なことは全体を俯瞰して物ごとをみれることだと思っています。

  • keizenke 

    主婦をやっていると、マネジメントなんて必要ないと思いがちだけど、いやいや、実は凄い必要とするところなのではないかと、最近思います。
    組織の基礎となる、家族組織。ただ何となく家族でいるのと、マネジメントある家族では家族でいる事の意味価値が違ってくると思います。
    そこで、マネジメント(経営)本「ティール組織」がオススメです。分厚い本ですが、これからの時代に必要となる組織が書かれていて、それが家庭からできたら最高だと思います。さらに、それプラスnTechというエゴから自由になれる技術を使えば、そ家庭をも超えて、血縁関係を超えた家族がつくられていくと思います。
    個々で閉鎖的な家族から、チームプレーでオープンな家族へ。それが、今ある家族の問題を全て解決していくと思います。

  • 原田卓 

    なぜ、nTechがティール組織に欠かせないのか?僕が考えるその最大の理由は、「全体性(ホールネス)の獲得」にあります。
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」で書かれている通り、ティール組織実現の必須要素の1つは、「全体性(ホールネス)」です。
    しかし、個人個人が全体性を持つことがとても難しい。従来のように、個人の経験値や人間的資質に任せたままでは、構成員全員が全体性を持つことはほぼ不可能です。
    nTechを使えば、個人が全体性を発揮できなくなっている原因を明らかにすることができます。そして、誰もが「全体性」を発揮できる「認識OS」をインストールできるので、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」の実現が可能になると言えます。

  • 白鳥健 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は古今東西さまざまなマネジメント論を統合した最先端と言えるでしょう。私は特に、孫子の兵法にある普遍の真理を具体的に表したものと感じています。目の前の敵を退けるということにとどまらず、何を、どう考え、どう生きるか、その指針を示した孫子の兵法に対し、その具体例を提案しているのがティール組織です。孫子の言う「先ず勝つべからざるを為し」すなわち不敗の態勢を構築することが理想的な組織であるティール組織の構築であり、究極の不敗の態勢であり組織内の個々が全体性を獲得することをnTechが補います。

  • hiro 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」
    この本によって組織経営に必要な事を沢山学ぶことが出来ました。どうすれば理想の組織を作ることができるのか。理想はあるけど、実際作るのはとても難しいと感じています。ただnTechに出会ったことによって、理想を理想で終わらせるのではなく、実現できる道があると確信できるようになりました。

  • 磯原正行 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、今までの組織の形態の変化とこれから求められる組織について書かれています。
    変化のスピードが激しく、多様性なこの時代では、組織を作っても変化に合わせて柔軟に対応できなかったり、意思決定変化のスピードに追いつかなかったりします。
    それを補うための組織として、個々が全体性の視点から存在目的を理解して、自分で判断、行動することができるのがティール組織です。
    ただ、まだその理想な組織が実現が不可能な理由として、全体性をもてないことがあげられます。
    全体性をもてたときに初めて、実践が可能になります。

  • miracle369 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」で言っていることは、今までと全く違う組織のカタチで事業の成長を遂げている企業の特徴として、「ホールネス(全体性)」「セルフマネジメント」「存在目的」をあげています。個人が自分らしさを最大限に発揮しながら自ら意思決定をしていく。生命体のような有機的な組織モデルです。これは実は西洋の組織コンサルの統計データを元に描かれているそうですが、実はこの有機的な組織モデルの基礎になる哲学的な根幹は、戦前の日本やインドの思想には既にあった考え方なんですよ。西洋の思想は有から出発しますが、東洋の思想は無から出発する。全ての有を生み出す無という絶対世界、究極の全体性を土台に持ち、方向性(存在目的)を自ら定めることができれば、セルフマネジメントはやりたくてやる世界になると思います。
    nTechでは究極の全体性そのものを自らのアイデンティティの土台にできることが最強の秘密です。

  • 中西豊 

    ティール組織という言葉を知ってますか?

    おすすめのマネジメント(経営)本になりますが、欠けているところもあります。

    セルフマネジメントという言葉の矛盾になるんですが、限られたこの体の守備範囲が自分という思い込みからの認識だと、

    誰かの作られた情報に、ただ、ただ反応するだけの機械的な条件反射のロボットになってしまうのです。

    人間という存在は、地球と、宇宙と繋がっているのは紛れも無いことであり、

    全てが繋がっている認識を得ることで、自分というセルフマネジメントが出来るようになるのです。

  • yoshiko nishio 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、これからの組織の在り方、方向性を示す良書と思います。

    ただ、エゴを超えない限り、その理想を実現することは不可能。

    エゴを超える技術nTechは、ティール組織の3つのエッセンスである、ホールネス、セルフマネジメント、存在目的を可能にします。

    ティール組織とnTechはセットで考えるといいと思います。

  • はく 

    世の中にはたくさんの本が出ていますが、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」について書くと、これは今の時代に必要な本であり、このティール組織が実現できたのなら、組織は大きく変わり、その結果世の中も大きく変わる事になると私は思っています。なぜなら、今までの組織の限界を明確に示し、そして次に必要な組織がの在り方について書かれているからです。でも、残念なことに理想の組織は書かれていても、その組織を実現する方法については書かれていません。そして、実現した組織も今までのはありません。実現するには今までの組織の限界、ティール組織がなぜ実現できなかったのかの原因を知る必要があり、そして、その原因を解決する方法も必要になります。その原因及び解決方法を提示できるのがnTechです。人間の無限の可能性を言葉だけで終わらせる事なく開花させ、可能性そのもので生きることが可能になる技術。それがnTechの認識技術です。

  • やぶ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」を紹介します。
    「ティール組織」は今までの組織の整理を通じて、これからの組織像の提示がなされています。
    組織改革ではなく、新しい組織の在り方の提示がなされているところが、マネジメント(経営)本との違いだと思います。
    企業の経営者の方はもちろんですが、家庭、学校、職場など、様々な組織に属する、どの人達にもおすすめの一冊となっています。

  • たのしみず 

    今の時代、経営者たちには何が求められていると思いますか?
    ある意味、個人の自由が認められる時代に、あまり縛りすぎるとすぐに人はやめていきます。
    やはり自分が主体となって動ける時に人間は生産性を発揮するものだと思います。
    ですが経営者としてはあまりバラバラにされても困ると思います。でもだからといってトップダウンの経営方式でも限界がきている時代に何が必要でしょうか?

    その時に読んだらいいと思う本があります。おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です。
    日本でもベストセラーにもなるマネジメント本ですが、経営者だけでなく、多くの日本人に読んでもらいたい本でもあります。
    今の時代の限界を突破していく新しい組織システムは日本から誕生します。ティール組織を具現化する技術nTechが日本から誕生し、これからの時代をつくっていきます。
    その新しい組織がイメージができるので、ぜひご一読ください!

  • Mami 

    人間はどこかの組織に所属するか、自分が新しい組織を創るか、選択しながら生きています。組織嫌い、自由が好きだと思っても、個人の力は限られてる。協力して生きていくには、人との関わりが必要で、人が集まればそれは組織なんだという発想にnTechに出会って気付きました。家族も地域も学校も企業も、いろんな団体やサークルなどもすべて組織。ではその組織の土台がどうあるべきか。

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、一人ひとりが自主経営しながら、エゴを超えた全体性で繋がり、組織の存在目的に向かって進化し続ける理想のティール組織が提唱されてました。
    それを実現するには、人と人がわかりあえない「観点の問題」を明確し、それを解決するnTechで、人間の脳機能の限界を補い、部分認識を超えた共通土台が必要で、それがDigntyティール組織だと思います。

  • vosaraicesara 

    経営者もそうでない方も、一度は読んでみてほしい、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」。もっと大きな視点から「組織」というものを見ることができます。組織が高潔な存在目的や企業理念を掲げ、その組織の存在目的を果たす組織活動を通して、同時に個人としての表現も自然に可能になるというのが、Teal組織なのだと感じています。nTechを使うことで、Teal組織を作る難しさもなくなり、プロセスも含めて組織活動を丸ごと楽しむことができます。

  • mizu 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」ですが、今までの組織とこれからの組織のあり方についてわかりやすく書かれた本だなと思います。
    人間はどこかの組織に基本的に所属します。会社、学校、家庭、地域、ボランティアなどなど。。人間は1人では何もできません。歯磨き1つできません。ボールペン1つつくれません。そうやって知らず知らずにもチームプレイして行きています。
    そんな中で、組織に苦しめられていることも事実です。その苦しみは脳機能の問題にあります。部分しかとれない、この部分性によって人と人がわかりあえないのです。そこに全体性を持たせることができるのがnTechです!

  • くま 

    「ティール組織」は新しい組織のあり方を示してくれている本でもありますが、その組織を実現するということは人間の進化を実現するということにつながります。
    AIの時代であるこれからの時代において、AIと比較して人間にしかできない仕事とは何なのか。その答えが「ティール組織」の実現を果たすことの鍵と繋がってきます。
    人間の脳機能の限界を超えて、新しい組織をつくっていくことは、これからの時代全ての経営者に求められることでしょう。そう言った意味で、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」を読むことをオススメします。

  • ナガ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、全ての人が読むべき内容であると思います。
    何故なら、新しい組織という切り口で、人間の進むべき方向性を示しているからです。人間は組織をつくる生き物です。人間一人ではできることは極めて少なく、チームプレーをすることで生態系の頂点に立ち、様々な進化、文明を創ってきました。
    そして、今直面している様々な限界もチームプレーの限界からきているものです。新しい組織の形を学ぶために是非読まれてみてください。

  • eri567 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは。色んなマネジメント本があると思いますが、外せない1冊だなとおもいます。組織形態と人間の意識の変化は切っても切れないので、これからの組織のあり方を考えるときに、現在地診断だけでなく、組織がどのように変化を経てきたのかを知ることは大切です。そういう意味で、ティール組織はオススメです。

  • 山中浩司 

    ティール組織はオススメのマネジメント本です
    ここに書かれているティール組織とは
    従来の組織構造にない未来型組織です
    それは、個人のエゴを超え
    社員一人一人が経営者意識を持ち、上司や中間管理職もない組織です

    そんなの聞いた事がありませんよね。
    しかし、個人のエゴ=観点を超えた時にそれが可能になります。

    ティール組織では必要な時に誰もがリーダーやフォロワーになる事ができ、ポジション移動も自由自在でどんどんクリエイティブが生まれていくのです。

  • erina 

    経営者や組織コンサルティングをしている人達の間で盛んに取り上げられているおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」。先日もある社長が、「ティールを取り入れている」と言っていて、お給料を、みんながそれぞれいくらほしいか自己申告して、その希望通りにあげていると。そういうことももちろんどんどんやったらいいと思いますが、組織の人間関係やコミュニケーションの問題を根本から解消できて、最強のチームプレーで、イノベーション、生産性を高めていける道具がnTechだと思います。

  • macha 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは。
    今までの組織システムでつくることができなかった組織システム。
    セルフマネジメント(自主経営)、ホールネス(全体性)、ボリューショナリーパーパス(進化する目的)、これがティール組織のポイントですね。
    これからこのティール組織をつくっていく為には、人間ひとりひとりの認識の変化必要になっていくと思います。

  • さかなゆう 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」(英治出版)
    これ、会社経営してる人向けかと思われるかもしれませんが、
    主婦や家庭の問題について悩んでる方にもオススメです。

    なぜなら集団ならすべて、当てはまる話しですから。

    家庭は最小単位の、集団、組織です。

    このティール組織を取り入れ、そして、実践するなめに
    nTech創始者nohJesu氏の『宇宙一美しい方程式0=♾=1』(キコ出版)セットでオススメします^_^

    人間ならばどこかしら集団に所属して生きていきます。全く所属せず生きることは不可能です。
    組織について学ぶことは、人間であれば誰であっても成長に繋がります^_^

  • けんご 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」というイメージは、時代が進むにつれ、より色濃くなってくるのではないかと感じています。人は一人では生きていけず、また、自分が所属している組織が幸せな組織であるかによって、その個人の状態も左右されやすいものだからです。それが、家族であれ、学校であれ、地域であれ、会社であれ、どんな単位でも言えることです。これからの重要なテーマとして、「組織」というキーワードは外せないと思います。

  • あさみ 

    ちまたで話題の、経営者におすすめのマネジメント本「ティール組織」とは?
    なぜおすすめなのか?
    まず、この本は先駆的な企業組織研究した緻密なデータを元に書かれており、さらにそれらがわかりやすく整理されているからです。
    そして、その研究から得られた今までの組織の弱点を補う、全く新しい組織の形を提案しているのです。
    なので、読んだら誰もがティール組織を創りたいと思うでしょう。
    それくらい、今の組織の限界が明確になっているので、時代の流れと合わせて視野を広げるためにも、経営者は特に一読することをおすすめします(*^^*)

  • halcan 

    経営者でなくても、生きて行くうえでは家族をはじめとして、なんらかの組織に属する必要があるのが人間社会ですよね。
    では、どんな組織に属してみたいのかって考えたときに、この、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」はかなりお役立ちだと思います♪

    これまで人類の歴史のなかで生まれた組織の形を紐解いてあり、どのように組織のかたちが進化してきて、今はどんな組織が求められているのかがとても分かりやすいです。
    組織や集団に抵抗や苦手意識が強い人も多いかと思いますが、それがなぜなのかも分かるかも。

    組織の形は時代とともに進化してきましたが、なぜこれまでの組織では限界だったのか?次なる必要な進化とは!?

    その進化を起こすために必要な条件と、人間の認識の変化を起こすnTechはとても相性が良いです^_^
    新しい組織、チームを作ろうとするとき、既存の組織やチームを進化させたいとき、この本とnTechのセットがオススメ!

  • htakamura 

    経営とは、自分自身のことから、家族の事、地域社会、会社・企業、そして国家と全てが関係していると思います。
    情報がありふれている現代、そんな今の時代におすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」の事を話させてもらいます。
    ティール組織とは、全体性を持つ、セルフマネジメント、進化する目的、この3つか必要となるので、なかなか成功モデルは完全されてません。
    そもそも、人間の脳機能は全体性を取ることが出来ないので、この脳機能の仕組みからも自由になり、宇宙自然の全てを論理とイメージで理解できるnTech(認識技術)を活用する事で、一番遠くに引いた所から今ここの全体性を取ることが出来るので、セルフマネジメントも進化する目的も一人一人持つことが可能になります。
    また、組織の中のトップの孤独やコミュニケーションのズレも改善されていく事が可能な技術なので、ティール組織には欠かせないものとなります。

  •  

    そもそも、組織とはなんなの?という問いに対して、世の中の会社、働く組織について書いてあるのが『ティール組織』です。
    これから会社を立ち上げて!とか、今ある会社をもっとよくしていきたい!とか起業される方に特化したものではなくて、この世界に生きる全ての人におすすめのマネジメント本『ティール組織』なのです。
    この世界の全てのものが組織で成り立っている。その仕組みがそもそもティール組織に書かれていることによく似ている。助けあって、補いあって、支えあう。そして、いいところを活かし合う。そんな組織の在り方でなければいろんなものが長続きなどせず崩壊してしまうと思います。

  • 高橋美里 

    おすすめのマネジメント(経営)本であるTeal組織は、人類にとって必要だと思います。なぜなら、いままでは2人以上の組織は必ず争いや自罰他罰が起こる仕組みになっているからです。その仕組みがあることにも気付かずに歩んできた今までですから、安心安全の心で無限の可能性を開くことができたら、様々な社会問題や政治、宗教問題が解決しそうですよね。それが唯一実現できるのがnTech(認識技術)だと思います。

  • cheerwave 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」で言われている3つのキーワードが、メンバーそれぞれがセルフマネジメントが可能。個人個人が安心の心で何の遠慮もいらず何でも言い合える信頼の関係性が土台にあること。持続的に進化し続ける目的があること。この3つのキーワードがぴったり当てはまるのがリライズ協会だと実感しています。人間がわかりあえない原因を明確に理解できるnTechの学びを通して、自分自身に対するエゴの限界も突破しながら関係性に対する信頼も獲得できて、何よりも私自身の話ですが、自己否定し続けていきた自分自身を愛することができるようになったことで周りに対する信頼も深くなり、そんな仲間と現実的な目標に向かってteam playしていくことが何よりも幸せです。

  • midan 

    時代社会の変化によって、理想の働き方や売れる商品、力を発揮できる組織のイメージも変化します。
    マネジメントもひと昔前まではトップダウン形式のリーダーシップ能力が大きく影響してきましたが、昨今ではチームプレーで組織・個人を活かすグループリーダーシップ能力が問われる時代に変わってきています。
    nTechで解析すると、組織のカタチは人間の意識のパラダイムと密接に関係しています。
    リーダーがマネジメントを勉強するのであれば、組織集団を学ぶことが大事です。
    人間のパラダイムと密接に関係した組織集団の脈絡を勉強することで、この時代に本当に必要な組織のあり方、すなわちマネジメントのカタチが見えてきます。
    マネジメントを学ぶなら、ティール組織がオススメです!

  • 小畑多美子 

    私がマネジメントをどうしたら円滑に行っていけるのか?と考えた時に、ドラッカーの「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの”マネジメント”を読んだら」も昔読んでかなり面白かったですが、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」が、昨年ベストセラーになった本だけに、今の時代に必要な組織マネジメントに対するエキスが詰まった本だと感じています。

    今までの組織進化の歴史と各組織の利点、難点の理解を通して、なぜ今の時代に「ティール組織」が必要なのかを3つのポイントで紹介されていてすごく分かりやすいなと思いました。

    ただ、これを実現していく事が安易ではないと、本の解説をされた方が講演会で話されていましたが、そのティール組織を作るための必要なポイントを満たせる人材の教育と実践が難しいからだと思います。

    それを満たすことができる技術と教育コンテンツと実践の場を提供しているのが、nTechを学んだ人たちの場だと思いました。

  • 堀江直樹 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とはというテーマですが、新しい組織のあり方を提案する書籍です。
    とても秀逸なのは近代の社会構造を機械であるととらえていて、人間が機械の歯車として生きることの限界を訴え、世界における新しい組織モデルの誕生をまとめ、ティールという形で紹介をしています。

  • しげみ 

    たくさんのマネジメント本がありますが、私のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、未来型の理想の組織について書かれている本です。組織に所属する側の問題・限界、組織を経営する側の問題・限界、どの立場に立つのかで問題は様々だと思いますが、どの立場に立ったとしても共通する問題もあります。そしてその問題を解決しない限り組織における問題の解決はありません。その問題の解決の為に必要なのがnTechの認識技術です。人間誰もが持つ共通の問題。その問題に取り組まない限り今までにない新しい組織を創造することは不可能です。今までの延長に答えがないという事がわかる時代だからこそ、新しいものを取り入れて理想を具現化していく。その事が必要なのではないでしょうか。ティール組織を実現する為にはnTechは必要不可欠の技術だと思います。

  • 山口禎子 

    多くの経営者が注目している新しい組織の概念である「ティール組織」
    内容は、これまで組織がどんな進化をしてきたのか?の歴史と、
    実際の企業で実践されている事例から、これからの組織に必要な要素をまとめてあります。
    人類歴史のビッグヒストリーとして、サピエンス全史、ホモ・デウスの本が人気なように、
    これから新しい組織に向かう為に、「組織」の歴史をまとめているのが「ティール組織」です。
    歴史を知る事は、未来を創っていく事に繋がっていきます。
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、未来組織を創っていく上で、とても参考になる本です。

  • こましょー 

    今経営者から話題となっているティール組織。この本は今の人類のお手本の教科書となっている。人類は生活の豊かさだけを追求する世の中にしか進んでいない。
    その生活の豊かさの方向性に限界を教えてくれるティール組織。これを理解しなければ組織も発展しないし、いつまでも戦争状態。しっかり人側の尊厳を守りながら我々人類の正しい道へと修正をかけてくれる本だと思うので、ぜひみなさん読んでください。

  • YOKO 

    私のおすすめのマネジメント(経営)本は「ティール組織」です。
    なぜなら、今までの組織の次元を超え、個人主義から全体主義を持った人間が作る組織の進化の形がどういうものかを語った本だからです。
    今までの個人主義で作ってきた組織を超えるためには「人間とは何なのか?」についてわかる必要があるし、なぜ、今まで個人主義から全体主義に行けなかった根本的な原因を知る必要があります。
    その原因がわかったら根本原因を変化させる技術が必要です。
    この根本原因を知る事と変化させる事が出来る技術こそがnTech(認識技術)となります。このnTechはこれまでの科学技術さえも補う事ができます。
    ティール組織を作りたい方はnTechを学ぶとスピードよく作ることが可能ですよ☆

  • Natsuki 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは、新時代の組織モデルについて書かれている本です。
    私が最もヒットしたのは、人間の意識の変化と組織の変化を関連づけていたところです。
    組織や社会の変化は人々の意識が変化していくことで起こります。
    逆にいうと、意識変革が起きなければ、組織や社会の変化はありません。
    この本は、自分の意識がどのレベルなのかを確認することができるので、客観的な問題意識を持ちやすいのでお勧めです。
    ですが、意識を変革する方法については書かれていません。組織を変化させる原因である人間の意識を変化させる道具は、人間の認識=自分とは何かという意識を変化させる事の出来るnTechが最も有効だと思います。

  • 古川いずみ 

    昔、体の細胞は60〜70兆個もあるのに、この体を成り立たせるために全てが力を合わせて調和が取れているなら、
    75億の全世界の人間が一つになる事も実は簡単じゃないか、って思った事があります。
    だけど、世界を見てみれば争いは終わらず、いがみあい、足を引っ張りあう現状は何も変わらず、自分自身、人に対する不信もひどくあり、そこに対して諦める気持ちもありました。
    そんな時に出会ったのがnTechで、人と人が分かり合えない根本原因が脳の初期設定にあるんだとわかり、脳に縛られない世界と出会った時に自分と自分の宇宙が消え、絶対的な安心感を持つことができました。そして自分の範囲が、我を超えて、家族や、チームや、組織になったんです。

    そんな時に、ある方のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」に出会いました。
    それはまさに私が昔考えた、60〜70兆個の細胞が一つの体を動かすためにそれぞれがそれぞれの役割を全うし進化する組織の形が描かれていて感動しました!
    そしてティール組織とnTechはすごく相性がいいなあとも思ったんです。
    なぜならば、ティール組織はめっちゃ目指したい組織ですが、実際脳の初期設定から自由にならない限りは、人間の脳がやることは部分感のみで実現不可能だからなのです。ティール組織を実現したい方はnTechを合わせて取り入れることをおすすめします。

  • ぬくこ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」に欠かせないのがnTech。
    なぜ、そう言い切れるのか?
    それは、Teal組織の表紙にも大きく書かれていますが、上下関係も、売り上げ目標も予算もない!?組織を創ること自体が、この5感覚脳をもった人間にはすごく難しいことであり、実現不可能だからです。

    しかし、nTechを通して、本当に上下関係も、売り上げ目標も、予算もないところ。究極、組織とは何なのか?組織を生み出す人間とは何なのか? 上下や〇×の基準を生み出す脳の限界と明確に出会ったとき、すべての問題が、複雑になっていた物事がすべてシンプルに整理されていきますし、そこから初めて差が生まれる仕組みを理解し、互いの意見を融合していくことができます。
    Teal組織に欠かせないnTech。ぜひ、みなさんも手に入れてみてはいかがでしょうか?

  • みなも 

    ティール組織という言葉が、どんどん概念化されてきてるように感じています。

    この言葉に反応する人としない人
    そして、そこにチャレンジしていく人と
    諦めて、個人主義でなんとか頑張ろうとする人。

    組織というテーマで話す時にその人の価値観や人間関係、組織との関わり方、人生までが垣間見れるもので、哲学としても取り入れていきたいテーマだと思います。

  • Hiromi 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、日本でも爆発的に売れていますよね!
    これが可能になれば、画期的に組織は進化するはずです。ただそのためには、人間そのもののアップグレードが必ず必要なんです。

    そもそも人間は、残念ながら環境や状況に反応するだけで、自ら意思決定ができずセルフマネジメントもできません。
    まず、人間の現在地を知り、機械的条件反射をする脳を超えるために、nTechというツールを使いアップグレードしていくことがとても有効だと思います。

  • ecco 

    最近読んでいる本の中でおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は組織やマネジメントに悩んでいる方に特におすすめです。この本では、人の意識がどのように発達をしてきたのか、それに伴って組織モデルがどう進化してきたのかの段階を色で分けて書かれているのと、これからの理想の組織モデルが書かれていて、組織の進化の過程が書かれていてわかりやすいです。
    ただ、理想の組織の要素は書かれていますが、具体的な方法は書かれていないので、nTechを取り入れることで、進化型の理想の組織を実現することができると思います。

  • miwa 

    目の前の組織をうまくいくようにするためには、人間がどのような組織を作ってきたか、次はどんな新しい組織が時代にふさわしいのかへの洞察が必要です。
    そんななか次の時代の新しい組織の形態を提唱しているのが、私のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です!
    なお、実際に人をマネジメントをするには人間の思考の動きがわからないとできません。人間に対する理解を底上げし実践へ活用するためにはnTechがとても役に立ちますよ。

  • ピュア 

    東京に住んでいると、その街のキャラによって本屋のランキングも結構差がある
    なと感じています。大手町、銀座、渋谷、池袋と同じ紀伊国屋でも書店でもラン
    キングが違うのは普通にあります。そんな中で、マネジメント(経営)本
    「ティール組織」はお勧めです。
    組織の変化の過程と未来にあり方について書いているからです。未来の組織と
    考えると単なる理想論でしょとなりやすいですが、nTechを知ったことで本当に
    実現可能だなと実感しています

  • 澤田祐子 

    「ティール組織」は今までの歴史上にない人類の意識の進化を補う新しい組織モデルを提示するバイブルのようですね。まさに、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です。

    私はnTechに出会った後にティール組織に出会いましたが、この本を読み進めながら組織マネジメントと人類の意識の進化とがどのようにつながり、宇宙自然を含む人間社会の調和をどのように構築すれば良いのか自主経営、存在目的、全体性の理解と事例を参考に実践モデルづくりにチャレンジ中です。

  • みなみか 

    社会的に繋がりやコミュニティが重要視されてきて、色々な人が色々な取り組みをされていますが、そんな中でおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」があります。ここには理想的な組織がどんなものなのかが、定義されています。企業だけでなく、人が集まっているところは家庭でも学校でも仲間同士の会でも組織で、経営(運営)が必要なのでこの本に書かれていることはとても参考になりますが、問題はどうしたら実現可能なのかがわからないでいる点です。でも何が問題で実現できないのかをしっかり知る事が出来ると思います。
    それを確認した上で、nTechに出会うとそれらの問題を補いながらティール組織の実現に向かえる技術であることが実感できると思います。

  • 相良真史 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、今までの組織の概念を覆す、新しい時代の常識、その実践モデルが描かれています。読んでみてハッとさせられたのは、「協力関係(組織)の進化は、人間の意識次元の進化である。」と書かれていた点で、まさに新しい時代の常識は、今までの意識の次元で取り組んだとしても、決して到達できないことを理解できる内容になっています。この本を通して、組織とは何か?人間とは何か?これからの時代を生きる誰もが考えるべきテーマを、深く洞察することができます。

  • masaco 

    人は、家庭、学校、会社、サークル、等、生まれたら必ず組織に属する。
    その意味で、企業経営に携わる方だけでなく、あらゆる方に読んで欲しいのが、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」。これからの組織のあり方を示しているものだが、具現化するには、エゴを超えて全体性とひとつになることが必要で、そのためには認識技術nTechがおおいに役立つ、というか必須となる。

  • 安田真理 

    あまり書籍は読まないタイプの人間でしたが、nTechを学んでから、書籍が好きになりました。
    様々な知識があり、読んでも読んでも、全体像が分からず、学び終えることがない感覚でしたが、nTechを学んでからは、全ての学問の全体像を理解することができるので、様々な書籍が、全体の中のどの部分を細分化してるか理解できるため、スッキリワクワク読めるようになりました。

    特に最近面白く、おすすめの書籍は、マネジメント(経営)本「ティール組織」です。
    人間の仕組みや全体像が理解できた時に見ると、具現化可能なことが理解できますから、おすすめします。

  • あかり 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、次世代の組織モデルが書かれていますね。トップの経営戦略によって統制されていた今までの組織形態とは違い、一人一人が全体性を持って主体的、自発的に組織作りをするという違いがあります。今までの組織では、組織の方向性が自分とは繋がりにくねばべきになりがち。では、主体性、自発性ある個人になるには?まずは何に自分が絡まって行動できないのか?そのパターンに気づく事です。それがnTechによってしくみで理解できます。

  • クッチー 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です!というのも。これまでに為し得た事のない正に未来型の本物理想の組織なので。
    そして、ティール組織の実現には、nTechが必要です。なぜなら、ティール組織の核となる「自己マネージメント」が出来るようになるためには、自分の考え感情がどこからくるのかその根っこを知り、もっと深く、それを俯瞰した所から見ることが出来ない限り、機械的条件反射を繰り返してしまい、考え感情をコントロールする事は不可能だからです!

  • はるころり 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、バラバラの観点をどのように統合しようとしてきたかの歴史もよくわかります。現代一番多いトップダウンスタイルも我慢ストレスの問題が拡大し、かといってボトムアップスタイルは意思決定に時間がかかる。究極の代案がティール組織であり、この実現が抜本的解決と一つにつながる組織スタイルだとわかります。

  • 泊由美子 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、分厚い本ですが、必見だと思います。
    人間は1人では何もできません。組織をつくっていくことが大事です。その組織づくりの新しい形態として、「ティール組織」という形が提案されています。いままでの個人が組織のために我慢して生きる時代から、1人1人の尊厳が活かされる21世紀型の組織体系です。

  • bonatakato 

    今までのマネジメント本は、必ず、経営する側と経営される側に分かれるスタイルでした。しかしながら、このスタイルには、①思うように人が動かない、②動いたとしても依存になる、③意思決定権が不平等である、という問題があります。

    この問題を解決するのが、ティール組織だと思います。主体性を持った個人が全体性を持ち持続的変化する目的で団結するティール組織は、全く新しいマネジメントスタイルです。

    しかしながら、このスタイルを実現するための組織内教育(=組織の共通土台)は、まだメジャーになってなく、ようやく注目されつつあるのがnTechです。

  • morphie 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、世界で20万部以上売れていて、しかも5万部以上が日本で売れている本です。日本の経営者が読んでいる本でもあります。

    今の時代はどの組織も人材のマネジメントに苦労しています。進化し続けて行ける組織を作るには、少なくともここに書かれた条件はクリアしないと難しいと思いますね。

    部分観を超え全体観を持っている人材育成はnTech!!

  • こうた 

    様々なマネジメント本がある中で、私がおすすめするのはこちら!
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です!
    人間の意識の変化から組織の変化を読み解き、なぜ組織の形が変化していったのかを歴史とともに理解できる本です。
    根拠や事例が明確であるため、これからの組織のあり方も明確にわかる!だからこれからはティール組織なんだって思います!
    そのティール組織を本当の意味でつくれるように補う技術がnTechです!

  • まる 

    経営者や経営をしたいと思う方におすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」
    今までの組織の変遷、メリットとデメリット、そしてこれから目指していくべき組織の方向性がしっかりかかれています。
    かなり部厚い本なので、読み切れない方もいるかも?ネットでも色々な解説ページがのってますので参考にしてみてください!セミナーの開催等もあるそうですよ^^

  • 由佳子 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、今までの組織の限界など色で分け、今の時代の組織には何が必要なのか、限界を超えていくための組織としての理想のあり方を指し示しめられていて素晴らしい本だと思います。
    よく、それは理想だ!と言う声もききますし、その組織の創り方は書いていませんが、不可能の原因と可能にさせることができる原因がここに裏付いたら物凄いと思いませんか(^o^)??
    そのエッセンスがnTechにはあるんです!
    どんなにいい事書いていてあっても現実化できないのならつまんないし、おすすめもできないけど、不可能をら可能にさせる事が出来ちゃうものがあるからこそ、おすすめできる一冊なんです!ワクワクが止まりません♪

  • mikity 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」はマネジメントや経営に関わる方には一度手にとってほしい一冊です。とても分厚い本ですが、今は簡略してイラストも多く盛り込んだ本も出版されています。「ティール組織」と併せて学んでほしいのがnTechです。nTechを学ぶことでエゴがなんなのか、なぜエゴができるのか、人間とは何なのかが明確に理解できます。ですので、「ティール組織」で書かれているのことが机上の空論ではなく、実際に実現可能ものとして理解でき、実践する道を描くことができるのです。

  • misa 

    普段はあまり本は読まないのだけど、新しい組織作りに携わっている一人として
    世の中でおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は読まないワケにいかない(笑)
    文字も小さくて分厚いけど、この手の本としては異例の売れ行きで話題になってたものだから。
    福岡(…に住んでいます)にいると、話題にする人は少ないのだけど、SNSをみてると話題っぷりが伝わってくる。
    で、読んでみたらビックリ。。noh Jesuさんが23年前からnTechを道具に創っている組織にそっくり!
    しかも、まあ予想通りったらその通りだけど、まだ「ティール組織」は世の中にないと。
    そりゃそうだよね。まずティール組織をつくろうとするときに必要不可欠なアレが抜け落ちているんだもの。。
    でも時代の方向性は間違いなくティールだね。

  • めぐみ 

    何か変化を作っていく時、そのゴール・完成系のイメージがないとでいないものだと思います。理想の組織と言われているティール組織。そのイメージがあるかないかによって、できるかできないかが決まると思います。
    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、作り方は書いてないですが、今までの組織の限界とこれからの理想の組織について書いてあるので、イメージは受け取りやすくとてもいい道具になると思います。

  • chiha 

    人間は様々なことで悩みます。悩みの種類は、自分の能力や、恋愛、仕事での人間関係や、親の介護、などなど多岐にわたるようにみえます。ただ、人間は周りの環境との相互作用によって生きているため、実はすべての問題は自分が所属している組織(2人以上の人間の集まり)が、どのレベルなのか?というところに集約されることに、私の『おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」』を読むと気が付きます。私たち一人一人が豊かな人生を歩んでいくためには、自分が所属している組織(これは家庭でもよいし、気の合う仲間、会社の中、でもどこでもよいと思います)の中でいかにティール組織としての実践ができるか、にかかっているのです。「ティール組織」の本は、別々のバラバラな問題にアプローチするのではなく、組織システムの進化一点にエネルギーを注げばよかったことに気が付き、自分の問題意識が整理される素晴らしい本だと思います。

  • のぶりん 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」、これ絶対人類なら読んだ方がいいです。経営に携わってる方もこれから目指そうとされてる方も皆にとって必要です。
    是非、分厚い本だけど、嫌煙せずに出会って欲しいです。
    どんな組織創りをこれからしていけばいいのかについてしっかり学べます。

  • Teruhiko.Nakagawa 

    『おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とは、とっても分厚いです。手に取るのも億劫に条件反射的になるくらい 分厚いですが、表紙のデザインを見れば内容がどんな内容かは置いておいて、一目惹かれる本でもあります。私は、2018年1月に発売された当初からこの本を見て直感的にいい本だと思いちょうど一年前の7月19日に買いました。それにしても最初の目次を読むだけでも引き込まれる内容になっています。今までの組織の全容をとてもわかりやすく整理整頓しているので、誰でも組織の形態を理解できるようになっています。著者のフレデリック・ラルーさんが2年半かけて世界中の組織を調査して執筆しているだけあって、なかなかのデータが詰まっています。この本を読めば、組織の全体像が理解できて日常での友達との会話にも気軽に取り入れられる内容になていると思います。でも少し難しい言葉も多いので、基礎知識は必要です。勉強も捗って一石二鳥かもしれません。

  • miisan 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」を読んだあなたはお気づきかと思いますが、ティール組織は理想的な組織ですが、実際のところ人類誕生から500万年もの間、誕生しなかった組織のあり方なので、今までの何かを変化させなければ実現は難しいです。この本で求められている、存在目的、自主経営、全体性。その中で人間の機能的に難しいのが全体性を持つことです。nTechはこの弱点を補う技術ですが、同時にすべての問題の根本原因を一掃する今までにない新しい技術ですので、是非実際に確かめてほしいと思います。

  • 西山美峰 

    マネジメント(経営)本「ティール組織」はとても興味深い本ですが、何故nTechがティール組織をつくるうえで欠かせないのか。

    それは、人間が部分観を超えない限りティール組織の実現は難しいからです。
    様々な技術が進化発展してきた現代で脳科学も進化してきて私達は、より真実をしることが可能になってきています。
    人間が見えてる世界は、ほんの一部であり見えてない世界のほうが大きいことは明らかになってきています。
    その中で、組織自体も今までとは全く異なったアプローチをしていく必要があるのではないでしょうか?人間自身の意識の変化が必要だと思います。

  • ろい 

    この頃のマイブームは、キングダムなのですが、その時に必ず関係してくるのがどのようにして中華を統一していったのか、その秘密とはなにかをみていくとおもしろいです。キーワードになってくるのが同じ目標を持ったもの同士をいかに団結させるかになります。その時に関係してくるのが組織なのですが、それと同時にマネジメントだと思います。そして、おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」ですね。この本は非常に分厚いのですが、ここにはいままでの人類の組織の成り立ちから未来における理想的な組織創建モデルまで書かれているので、興味がある方は、手に取ってみることをおススメします。

  • KiJi 

    世の中にはたくさんの本がありますし、今は資本主義社会ですから、経営という言葉はとても今の時代にピッタリくる概念ですし、誰もが読む本のジャンルだと思います。私のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」では、組織の変革をパラダイムと共に表現されています。組織に属している人は今の社会ではほぼ100%です。経営者だけが組織経営を考える時代はもう終わっています。誰もが組織経営を考え実践する時代が来ていますので、このティール組織という本は、今の時代の人が手に取るべき本なのでしょうね。

  • あさりー 

    私も色々経営本は読みました。おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は、分厚いですが、とても読みやすかったです。
    そして、他の本と違うと感じたのは、形だけの組織形態の説明だけではなく、歴史、文明の発展と共に組織がどう進化発展してきたのか、その時代になぜその組織が必要だったのかがわかりやすく、腑に落ちやすいこと。
    時代の流れと組織形態は、切っても切り離せない。
    だから、これからの時代に必要なのはティール組織が必要ということがわかりやすい。
    これからの時代がどのようになっていくのか。その行き先に確信があるならティール組織に是非取り組んでもらいたいと思います。

  • 亀井 薫 

    オススメのマネジメント(経営)本「ティール組織」。皆様は一読しましたか?
    アメリカの方では2014年から出版されたみたいですが、日本は最近になって発刊され、ベストセラーになっている。
    これからもわかるように、今の日本は組織モデルを探してるということ。
    でもティール組織は探してもないし、アメリカでもまだ作られていない。
    なぜなら人間である以上相手と自分を分けるので、部分観に固定されていまい、全体性を発揮した個人は創ることが出来ないからである。
    唯一ある技術を土台にすればティール組織を作れるが、全体像を把握し、理想の組織モデルを知るには一読した方がよいであろう。

  • sonoda 

    マネジメントを勉強するための本っていろいろとありますよね。ドラッカーの本など古典もいいとは思いますが、今一番のおすすめはマネジメント(経営)本「ティール組織」ですね。なぜかというと組織のあり方はどんな時代を経て組織が発達しているのかを理解することができて、これからの時代に求められる組織の条件なども網羅されているからです。おすすめの本ですね。

  • まきのみ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」とnTechはとても相性の良いものです。
    この二つはどれだけチームプレイで人間の可能性を開発しているからです。
    今までの組織は不自由で人間の可能性を潰してしまうことも多くありました。
    だけど、それを乗り越えた新しいビジョンがティール組織とnTechにはあります。
    多様な問題が発生している時代だからこそ、この二つを使って真のチームプレイが必要になってきます。

  • Maimai 

    最近ジャニーズ事務所や吉本興業等、芸能事務所の話題がTVで取り上げられていますよね。一昔前は権力で制圧することはある意味当たり前でしたが、今では時代遅れ。そんな中これからの組織の在り方を模索する上でおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」は是非一読頂きたいと思います。理想的な組織像のイメージが得られますよ。

  • kenmiura 

    今の時代は国内でも年間何千冊もマネジメント書が出ますが、
    私のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」です!

    サピエンス全史、ホモデウスシリーズ、google流世界最高のチーム
    なども合わせておススメです。

    今の時代が求めるニーズが点と点のようなものが、
    実はすべて繋がるのです。

    いま人類のニーズは、
    「次世代の組織論」「次世代のチームビルディング」「次世代のリレーションシップ(関係性)」
    に集約されるのです。

    人の認識の変化や脳機能の進化が求められていると言っている学者や研究者も増えてきています。
    やはりnTechは、最先端であると日々、確信が深まっています。

  • Callinger帆足 

    総務や人事などに携わっている方におすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」。
    これまで時代と共に組織が変化してきたことや次の組織モデルについて書かれているので面白いです。
    変化の激しい時代に多様性を活かしながら、組織として統制を取っていくために何が必要なのか。
    人間の意識次元を上げ、生命体のような組織の実現が楽しみです。

  • みかり 

    マネジメントに悩む上司のお話をよく伺いますが、そのたびにおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」を案内させていただいています。
    ティール組織はマネジメントの在り方の偏移を説明している点がすばらしく、ご自身のリーダーシップを客観的に見直すことが可能です。
    ただ、実際にマネジメントにティール組織を使うのであれば、nTechという技術が必要です。ティール組織の本には理想は載っていますがつくりかたが載っていないためです。

  • さやか 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」についてですが、ティール組織とは今までにない新しい組織モデルです。
    組織と聞くとどんな印象を受けるでしょうか?ルールに従わなければならない、我慢しなければならない。競争しあって疲弊してしまう。そういったあまりよくないイメージがあって、組織嫌いな人は多いのではないかなと思います。ただ、この本を読むと今までの組織のイメージが変わります。今までの組織づくりに悩んでいる人は読んでみると面白いと思います。

  • さやか 

    組織開発、組織づくりにはまず、どんな組織の段階があるのか知ることが欠かせないと思います。本の中にあるように組織の発達の段階を決めるのは、リーダーがどの段階のパラダイムを通してみているのかによる。つまり、どんな組織もリーダーの発達段階を超えて進化することはできない。とあります。どんな組織を作っていくのかを考えるのであれば、今後の新しい組織モデルを知った上で選択していくことだと思います。

  • イワミユカ 

    おすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」。ティール組織、今はまだできていないです。理想の組織ですよね。こういう組織が今までにあればたくさんの問題は解決されてきているだろうなと思います。今までは土台がバラバラ、その上での組織経営なのでまとまらなくて当たり前。
    権力、お金でしかまとめることができなかったことを1人1人が主体性と自発性でことを成していく、その秘密が書かれていると思います。

  • とみざわりょうた 

    ティール組織とは未来型組織のことを言います。また我々人間が無意識深くから発している組織体系でもあります。

    これはマズローの欲求段階説でいえば「自己超越欲求」に値し、その実現が可能であれば全く新しい経済大国の発見ともいえますので、これからの時代にはとても重要なキーワードとなります

  • 大槻剛史 

    『ティール組織』はその時代、時代で組織のあり方がどのように変遷してきたか、が纏まって書いてあります。

    組織体制は人間の意識の在り方の変化ともリンクしており、どのような時代の海で、どのような人間の意識が生まれ、どのような組織体制が構築されたのか?という観点で読むと組織論に興味のない方も自分と繋がって面白く読めると思います。

    今の時代は人類史上類を見ないほど、様々な個人の価値観、判断基準が入り乱れてる時代です。
    その中で本書の掲げるティール組織は、個人が自由に動きながらも、生命体のように全体が統率が取れている、夢物語のような組織体制を掲げています。

    しかし、時代の脈絡、要請を観れば、間違いなくティール的な組織の構築の方向に人類は向って行くでしょう。

    そしてその実現のためには、すべての価値観や判断基準をゼロ化してしまう技術nTechの応用活用が不可欠です。

    人間が模様形を創ってしまう、脳のヘッドセットを外す術を学んだときに、ティール組織は可能になると思います。

  • EMI 

    生まれてから今までいろんな組織に所属してきました。家族、幼稚園、小学校、部活、会社、サークル、どこに所属してもきになるのは人間関係です。自分の主張をすればワンマンだと言われる、黙っていたら何も進まない。このジレンマ、感じたことはありませんか?
    このジレンマを解消できる組織こそが、ティール組織なのです。一度この本を手に取ってみてください。今のあなたの悩みが、よく見えるかもしれませんよ。

  • 大川 真 

    組織を経営、運営する上で大切なことって何だと思いますか?
    今、色々なビジネス書が立ち並び、どれを参考にしていいのか選択するのも難しいと思います。
    そこで、私のおすすめのマネジメント(経営)本「ティール組織」なんですが、
    この本に書かれている内容は会社という組織を経営するだけでなくてあらゆる組織を経営していくにあたって大切なことが書いてあるんです。
    みなさんは組織と聞いて会社とか社会的な組織のイメージが強いかも知れませんが、家族、国、地球といったものもみんな組織なんです。
    みんなみんな…みんなみんな…違いを活かし合って生きていけたら!足りないを補いあって生きていけたら!ステキだと思いませんか?
    そんなステキな組織の作り方の参考になると思います!

 



⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【約17分の図解動画】ティール組織を実現する最新技術「nTech」とは?

【当サイト限定】ティール組織のイベント開催中

ティール組織のイベント

⇒ティール組織のイベント詳細

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新事例をお届けします♪



友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください



おすすめ記事

組織本 1
ティール組織のセミナー 2
ティール組織のイベント 3
組織本 4
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 5
ホラクラシー型組織 6
組織本 7
組織本 8
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 9
ティール組織の実践モデル 10
おすすめのマネジメント(経営)本 11
組織本 12
組織本 13
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 14
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 15
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 16
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 17
キングダムのビジネス書 18
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 19
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 20
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 21
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 22
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 23
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 24
誘いを断れない女性 25
言いたいことが言えない女性 26
友達がいない不安に襲われている女性 27
仕事を辞めたいけど辞められない 28
会社(仕事)や 学校を休みたい… 29
つい気を使ってしまう女性 30
やることが多い人におすすめの思考整理術 31
AI(人工知能) にできない仕事 32
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 33
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 34
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 35
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 36
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 37
分かり合えない 38

-ティール組織の事例
-, , ,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.