ティール組織とは?意味を理解すれば仕事力120%UP!

投稿日:

ティール組織とは?意味を理解して仕事に活かそう!

引用元:ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織とは、

あなたの仕事力を120%UPさせる全く新しい組織。

※「ティール組織とは?」という人は「8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法」をご覧ください。

 

 

 

 

ティール組織は、

組織に属する1人1人の仕事力を120%開花させ、

組織全体の底上げに繋げることが可能です。

しかし、いざティール組織を実現しようにも、

まず「組織に属する1人1人の価値観を融合する必要があります」

そうしないと、

ただお互いの価値観が衝突し合うだけで、

お互いの仕事力を潰し合う組織が出来上がるだけです。

 

 

 

 

そこでおすすめする最新技術が「nTech(認識 technology)

nTech(認識 technology)を使うことで、

組織に属する1人1人の価値観を融合し、

お互いの仕事力をお互いが120%開花しあえる組織づくりができます。

※ティール組織は、あくまでその結果体ですね(^^ゞ

 

 

 

ティール組織とは、いったい何なの?

ティール組織を作って組織に属する1人1人の仕事力を120%UPしたい」など、

ティール組織を作って仕事力をUPしたい人がいれば、

是非、nTech(認識 technology)を使ってる人たちの口コミを参考にしてください。



ティール組織とは?

  • miracle369

    ティール組織とはチームプレイですかね。チームプレイというと何かビジョン(枠組み)があってそこに集まった人とやるイメージでしたが、集まった人たちから自発的に生まれていくものが組織生命体になっていくのがティール組織なのかなと今は思います。個人が今まで作り上げてきた意味価値から離れた時に、より高次な方向性が見えて、そこに必然的に向かうオールウィンストーリーが生まれます。

  • 森本柾人

    ティール組織とは今までの組織の限界や問題を解決していける共同体ということもできるかなと思います。
    組織の中で苦労するのは人間関係の問題が大半です。なぜなら人間は一人一人バラバラな判断基準を理解することができないからです。なぜあの人は必要以上に部下に厳しくするのか、など組織には自分には理解できない現象であふれています。
    その理解できない多様な判断基準がスッキリ理解できて、一人一人と本当の意味で理解関係が作ることで組織が元気になるし。
    判断基準同士が融合した共通のビジョンを持って楽しく活動することができるのがティール組織の一つの形だと思いますし、それを可能にさせるのがnTechだと思います。

  • 川名哲人

    悪口ばかり言い合っている人間関係の中にいたら気分が滅入ります。
    だからお互いに尊敬し合える間柄をつくろうと思って、プラスの言葉を使ってみたり、元気に挨拶をしてみたりしたけど、心の中では年齢や性別、能力などによって自分も相手も審判して見下す感情が機械的条件反射で生まれてきていました。
    nTechを通して条件づけされない尊厳を誰もが持っていることを理解できた時に自分も相手も自然と尊敬できるようになりました。
    ティール組織とはそんな絶対尊厳を土台にした安心のもとお互いが活かしあえる新しい組織だと感じています。

  • おりえ

    もし、我慢せずに組織が運営できるなら絶対にいいですよね!

    我慢の上に成り立ってきた今までの組織では、もう限界です。

    組織になんか入りたくありません。
    でも、個人でやるには夢もパワーも小さくなってしまいます。

    誰の我慢もなく協力し合って、さらにお互いの違いを融合させて活用できるのがティール組織です。

    しかし、それを実現するのって不可能に思えます。これまではお互いの違いを融合出来なかったからです。

    これは、人間の脳の機能を理解しないと無理です。
    そこで、理解して突破できる技術がnTechなのです!

    nTechを使って、ティール組織をもち、そして、1番大きな夢をもち、1番大きなパワーで人間の脳機能も活用しちゃいましょう!

  • みかり

    ティール組織とは?と聞かれても具体的にイメージできる人って少ないと思います。
    というのも、きちんとティール組織として成り立っているモデルがほとんどないからです。
    上下関係もなくフラットでありながら、一人一人が全体を把握して役割をこなしていけるのがティール組織。
    でも、、 言葉にするのは簡単ですが、実際にやろうとしたらとても難しいです。
    ひとりひとりが組織を経営している当事者として、全体を把握することは限りなく不可能に近いと思います。

    そんなティール組織ですが、nTechの力を使えば形にすることができます。
    なぜなら、自分がすでに経営者であるということが分かるからです。
    この『生まれながらにしてある経営意識』があるもの同士が集まって始めて、ティール組織を運営していくことができます。

  • 原田卓

    組織全体の目的や存在意義も達成されて、かつ、組織に所属する個人の目的や存在意義も満たされる。ティール組織とは、そんな理想的な組織モデルです。
    組織と個人の関係には、常にジレンマがつきまといます。組織が個人を潰す、もしくは、個人を優先して組織全体に歪みが起こってしまう。ティール組織とは、そのような組織の積年の課題を解決できる画期的で独創的なアイデアです。
    nTechを活用すれば、ティール組織のブレークスルーの1つである「全体性(ホールネス)」の獲得ができるので、個人の仕事力が自然とアップした組織をつくることができます。
    ティール組織とは?という概念がなかった時から、ティール組織的なチーム作りをしていたんだと僕自身は実感しています。ああ、今までやってたことがティール組織だったんだ、という感じです。

  • naomijoy

    組織嫌いでしたが、ティール組織ならやりたいなって思いました。組織の中でいじめを受けた経験もあるので、群れる連なるのは大嫌い。でも寂しいし、一人じゃできないことのほうが多い。そんな自分がティール組織と出会って、こんなに自由で進化するものがあるんだ!という希望を抱けました。知らないままだったら組織に絶望したまま、人生が終わるところでした。そんな自分にとってのティール組織とは「人生をいい意味でひっくり返してくれるもの」です。書籍の中には難しい単語がたくさんありますが、組織嫌いだからこそ、めげずに読みたくなりました。実現するという点ではnTechが必要なことも、「ティール組織」を読むうちに理解しました。

  • えみる

    今、個人主義の延長線上で何でもマルチにこなし、自分のことだけを考え、ありのままでありたい、それぞれの個性だからそれが自由。と、自分の心はオープンだと思っていても、無意識には頑なに自分の中に籠ってしまい、心をクローズにしてしまっている人が多いと思います。

    合わせて我慢するか、辞めるか、破壊するか、改革するのか、組織にいれば折り合うしかない。

    ティール組織では、今までの時代を色分けし人々の組織の作り方、意識がどのように変わっていったのかなど書かれてあります。

    それを実践しているのが、nTechです。そしてさらには、今まで全人類は共通土台を持つことにチャレンジしてきました。神、王、お金などいろんな形で統制してきました。その方法は、思い込みパワー「虚構」能力を使い、課題発見・問題解決をしてきました。

    今の組織に必要なもの、それはいつでも協力関係をいかにしてつくるのかです。

    nTech技術には、協力関係を創る方法がすべて用意されています。理解すれば、仕事力120%超え間違いなし!理解る人が増えれば増えるほど、この世界のやり取りはWin-Win ALL Winになります!

  • keizenke

    ティール組織。初めはなんの事やら…という感じでしたが、理解していくにつれ、これはこれからの時代に必要な組織体型だということを強く思うようになりました。今までの組織は何か目的ありきで、でもその目的に心から賛同できてるのかといったら、そうではなく、仕方なく、何かに所属しなければ生きていけないという思いでした。そこで築かれる人間関係でもあるので、相手に合わせたり、我慢したり、結局傷つけあう事が多くなり、目的もわからなくなってました。迷子状態の組織。それが、このティール組織であれば、迷子にならず、一人一人の意思持って関係性をも生み出せるイメージです。さらにnTechで全体性をみれる共通土台を持つことで、確実にこのティール組織をつくっていける。それも体験し、今ものすごい希望を持っています。

  • 相良真史

    今の組織の中で、自分の好きなこと、やりたいことを我慢することなく100%実現できるという人はどれほどいるでしょうか?今の組織の中では、お金を稼ぐために、我慢しながら働くしかないというのが実情だと思います。組織によって、一人ひとりの個性や能力が発揮されるやりも、組織によって自分の可能性が殺されてしまう。いくら一人ひとりの個性や主体性を大事にしてる組織であったとしても、価値観や立場の違いを超えて、真に協力し合える関係性を築くことは、限りなく難しいことではないでしょうか。
    私はnTechを学ぶことによって、ティール組織というものがどういうものなのか?ハッキリと理解ができました。むしろ、ティール組織を理解することによって、はじめてnTechがどれほどの可能性なのかを深く認識するに至りました。
    あらゆる問題の根本には何があるのか?その根本原因を診断し、その根本的な原因を解決できるものでないと、真のティール組織は実現できないと思います。
    人間と人間の宇宙が完璧に消えること。そこから真のティール組織がはじまります。

  • Reriser tae

    ①ティール組織とは?意味を理解すれば仕事力120%UP!
    ※「ティール組織とは」

    ティール組織とはホントに理想な組織に思えるから注目されると思います。

    しかし、この意味を理解することに人間それぞれの年齢や経験値やキャリアによっては理解することにおいて差がうまれバラバラな組織にしかなれずどう纏まるのかが分からず、仮に出来たと思っても、ある組織では上手くいっても、別の組織ではなんとなく形だけになる可能性が高い問題が残ると思います。

    能力ある人がどれだけいても、どれだけ価値観がバラバラな人間の意思疎通が出来るか、心理的安全性が保てなければ、条件状況によって脆くも崩れるのが能力ある集団の弱点の様に思います。

    しかし、一人一人が全体を俯瞰し、自分の感情をも統制出来て、完全観察が出来ればいいですよね。

    それにはnTechが補完出来る技術を使うことで組織を底上げし、120%、いや、それ以上の仕事力upしたティール組織が出来ることは間違いと思います。

  • 熊倉恵子

    ティール組織を成り立たせる条件とは、①全体性を持った個人の集合体②セルフマネジメントが出来る個人の集合体③持続継続的に進化発展する組織。ティール組織とは、この3つの条件を満たすものだと思っています。しかし、この条件を満たすことが出来ない構造を人間は持っています。それが【脳の認識の癖】です。
    脳は、
    ①部分だけとるので、全体を認識できません。
    ②違いだけとるので、共通を認識できません。(相対比較します)
    ③過去と繋げてとるので、今ここを認識できません。(過去のイメージに支配され、自己マネジメントが難しいです)
    ④有限化してとるので、無限を認識できません。
    なので、ティール組織の条件を満たすことが、人間の機能的にとても難しいのです。
    nTecchを通して、脳機能を超えた認識を装着した人たちだからこそ、ティール組織が可能になります。

  • 吉村真奈美

    ティール組織とは、私なりに簡潔に説明させていただくならば、全体性を持った個人の集結です。
    この、個人が全体性を持つことが非常に困難なんです。なぜなら、人間一人一人は生まれ育った環境に支配され生きていくため、観点がバラバラなのです。鹿児島生まれなら鹿児島の当たり前があり、青森生まれなら青森の当たり前があるように「お互い違うよね」と言うことは頭ではわかるけど、心の根っこでは、自分の世界が絶対正しいと思い込んでいるため、部分観の対立が激しくて融合することが難しいクセを持っているのです。誰もが。
    そして、全体と言った時の全体の大きさ、広さ、深さのイメージは人それぞれバラバラです。全体をどこの基準で合わせたらよいのでしょうか?
    こんな状態でティール組織を創ろうとしているのが現状です。だから、実はティール組織のモデルはまだどこにも出てきていません。そのくらい、理想地でありながらも存続させるのが難しいという事です。
    しかし、ここにnTechがちょこんと添えられた時に、全体とは何か、観点を知り、観点から自由になれる個人が誕生出来るのです。一発でティール組織を創れる個人の集結が始まるのです。

    これ、本当に有り得るとしたらどうでしょうか?
    あなたの毎日はどう変わるでしょうか?
    あなたの人間関係はどう変わるでしょうか?
    あなたの仕事はどう変化するのでしょうか?
    あなたの人生はどうですか?

    当たり前のように120%以上の能力が発揮される、そんな毎日、そんな人間関係、そんな仕事、そんな人生を創れるのが、nTechが裏付けられた尊厳ティール組織です。

  • yukachin

    ティール組織の本は売れているようですね。今までの組織との大きな違いが①全体性を持った個人の集合体②セルフマネジメントが出来る個人の集合体③持続継続的に進化発展する組織。この三点。ティール組織とはこの3つを成り立たせるためのチームプレーが必要不可欠です。このチームプレーを潤滑に行うには、それぞれが持っている観点の違いをクリアさせる必要があります。人間の脳の認識のクセの中に居れば観点の違いを楽しめないしクリエイティブが生まれないので、観点のの外に出る必要があります。それを可能にするのがnTech。
    そして、全体性も獲得できます。nTechを使うことで、共通土台ができ、Teal組織が実現できると思います。
    チームプレーには認識の変化が重要だと思います。

  • おがじゅん

    ティール組織とは、全体性という共通土台を持った上で、個々の自立性とセルフマネジメントがあって成り立つ、理想とする組織です。
    しかし、今まではこの両立が不可能でした。
    何故ならば、人間5感覚脳での認識方式では、全体性をそもそも認識出来ないから。
    だから、いくら「ティール組織とは」を議論してもただの空論止まりだったのです。

    しかし、このジレンマを解決出来るとしたら、どうでしょうか?

    このジレンマを解決出来るのがnTechです。

    nTechは完全と全体を認識出来た上で、そこからどうやって部分が生まれるのかをメカニズムで理解できて、応用・活用出来る技術だから。

    これが1人1人に備わることで、理想の組織モデルである、ティール組織が可能になります!!

    組織やチームづくりに問題意識がある人にこそ、nTechは必要な技術です。

  • macha

    ティール組織の特徴(自主経営、全体性、存在目的)、これができたら、個人が潰れることなく、潰されることなく、全体と個が調和して、安心の海で組織作りができるな~と思います。
    ティール組織とは、今まで解決出来なかった人間の限界、問題をクリアした時にやっとできるものだと思います。
    それが、nTechでは、観点の問題。といっていて、この、観点固定が突破出来た人たちの連帯で作る組織がティール組織。
    今までの人間の認識を越えていく必要があると思います!

  • 吉田純

    ティール組織とは、一言で言うと「心理的安全性」が担保された組織です。

    何を言ったとしても大丈夫な関係性ができているということです。

    しかし、これが今までは難しかったです。

    なぜならば、無条件の信頼関係が難しいからです。

    分かりやすく言えば、給料払わなくても従業員は会社に残りますか?ということです。

    条件状況に関係ない、揺るぎない信頼関係をつくるためには、「無」条件の世界と条件が有る世界との関係性を理解しなければなりません。その道具となるのがnTechです。

  • 見並圭一

    ティール組織とは、それを成り立たせる条件のひとつに「全体性を持った個人の集合」という特徴があるため、実際にはどこにも存在
    し得ない組織であると言えます。全体をみれる個人は脳を使っている限りどこにも存在しないからです。nTechはこの哲学的な問題をクリアして、全体観をもった個人の連帯をつくれる技術です。

  • Natsuki

    ティール組織とは、簡単に言うと、「自分のことで悩まない人たちの組織」です。どうでしょうか?どんな組織でも、ほとんどの人が自分のことで悩みますよね?組織全体のことだけに考えを使う人は中々いないでしょう。なぜそうなってしまうのか、それは人間共通の思い込みが原因です。自分というものをこの体の範囲だと完璧に思い込んでいるからです。nTechは人間共通の思い込みの外に出て、自分のことに悩まない人間へと変化できるので、Teal組織が可能になります。

  • miwa

    ティール組織とは、オーケストラのようなチームプレイができる組織だと思います。
    一人ひとりが個性を発揮しながら共通の目的に向けて調和がとれている状態ですね。

    それを実現するには、個人の固定観念や人間が条件反射するアルゴリズムの壁を乗り越えて融合することが必須です。
    実現の鍵となる道具がnTechなんです。
    この時代に生まれている人たちと未来組織を作れることにとっても希望を感じています!

  • 白鳥健

    人が組織化されるとき、古くは脅威に対抗するためでした。自然の驚異から身を守るために団結する、その原始的な組織から、構造が生まれ、権利が生まれ、義務が生まれ、組織は進化してきました。ティール組織とは、その進化の最先端とされるものです。しかしこれまでの組織から、いずれ自然に進化する、というものではなさそうです。ティール組織は、これまでの組織が前提としてきた「身を守る」「権利」「義務」といったことを前提としないからです。ティール組織のもっとも重要で困難な概念として「全体性」があります。これまでの組織全てで前提としてきた「中と外」に一線を引く、ということと真逆の概念であり、この全体性の獲得が、断絶を前提にした組織であるか、協調を前提にした組織であるかの分水嶺となります。
    nTechにより自分と世界、部分と全体、それらのしくみを理解できれば、全体性の獲得に大きく前進できます。

  • 村田優子

    ティール組織、今の時代、お金のために自分の意志が入っていなくても、仕方がないから働くという人や、お金をもらっても働くことができない人もいれば、コミュニケーションがうまくいかずに、本当の相手の意見もくみ取れないまま対立したりしている現状があるのではないかと思っています。

    なぜならば、いい悪いとかではなく、ニートや、生活のために働くのが当たり前であったり、自分の価値観を持ったままコミュニケーションしても、なかなか相手のことを本当に理解できない事実があると感じるからです。

    ティール組織では、それらのことが解決できていないと成り立たない組織だなと思うのですが、nTechを取り入れると、やる気の起きない原因も理解できて、自らやる気が起きることをすることができるようになるし、自分一人で解決できないことも仲間のアイデアで切り抜けたり、コミュニケーションの本質も学ぶことができるので、相手の言っていることを確認することもできるようになります。また、大きな観点で言えば、今の時代はどういう方向性に向かっていくのかが理解できるので、全体性もわかって、目標を持つこともできるということができます。

  • hTakamura

    ティール組織とは?調べてみると「生命体」と表現されています。
    今までの組織システムの限界を突破するためのシステム・構造。組織自体が「誰のものでもない」状態で、組織の目的も常に進化し続けるものであり、セルフマネージメントが可能な仕組み、そして全体性(ホールネス)を発揮している組織であること。
    しかし、今の組織からは到底現実化できるイメージは出来ないかと思います。それは、人間の固定観念や人間が条件反射で繰り返しているアルゴリズムを理解できないと、その壁を乗り越えて融合することが不可能だからです。この問題を解決できるのがnTechになります。イメージ不可能な世界をイメージ可能にする技術、さらに共通土台を持つことで安心安全の関係性を築けるからこそ可能となるのです。これからの組織づくりに最適です。組織力・仕事力がアップすることができます。

  • Ayaka

    どんな組織に所属であっても、全ての人の個性や能力を活かしながら組織を運営し、結果を出していけたらいいなと思いますよね。
    しかし、今までの組織体系では全ての人を活かしきることは困難でした。
    そこで全く新しい組織体系であえるティール組織という概念が誕生し話題になっています。
    ティール組織とは、シンプルにいうと組織自体が生命体になることです。
    それを実現するためには、個人が全体にもなれ、個人としての役割を発揮できることが重要になりますが
    個人が全体性をもつために必要になるのが、個人の観点をどうリセットしていくかになると思います。
    nTechは、今までの人類が超えることのできない限界、固定された観点から自由になる技術なので、
    ティール組織をつくるためにはぜひnTechを活用してみてください!

  • hTakamura

    ティール組織とは?調べると「生命体」と表現されています。
    今までの組織システムの限界を突破するためのシステム・構造。組織自体が「誰のものでもない」状態で、組織の目的も常に進化し続けるものであり、セルフマネージメントが可能な仕組み、そして全体性(ホールネス)を発揮している組織であること。
    しかし、今の組織からは到底現実化できるイメージは出来ないかと思います。それは、人間の固定観念や人間が条件反射するアルゴリズムを理解できないと、その壁を乗り越えて融合することが不可能だからです。この問題を解決できるのがnTechになります。イメージ不可能な世界をイメージ可能にする技術、さらに共通土台を持つことで安心安全の関係性を築けるからこそ可能となるのです。これからの組織づくりに最適です。組織力・仕事力がアップすることができます。

  • クマ

    ティール組織とは、全体性の発揮、全体性を持って判断が取れることが要件の一つにあります。
    では、全体とは何なのでしょうか?部分とは何なのでしょうか?
    自分なりには全体をみてるつもりでも、自信がないなんてことはないでしょうか。
    nTechを学ぶと明確に何が全体であるのかが分かります。一番深くまで引いて、そこから脈絡に沿った判断ができるようになります。組織の判断力を格段に上げてくれますね。

  • ナガ

    ティール組織とは、3つの要件を満たした組織です。
    ①持続的に進化する組織・目的、②自主経営、③全体性の発揮の3つです。
    理想的だと思いませんか?条件、状況に合わせて固定せずに進化ができて、個人個人が考えや感情を安定的にマネジメントしながら、末端の構成員だとしてもトップのように全体をみて判断を取れる。
    でも、理想的ではありますが、実際に社会で実現させるのが難しいのが現状。それが実現できない原因と、それを超える処方を持っているのがnTechです。今まで人類が超えられなかった人間の可能性、組織の可能性を開発する技術です。

  • mizu

    ティール組織とは?個人が全体性を持つことって今までの固定概念での組織では難しいと思うのではないでしょうか??
    会社の社員が、常に社長のように全体性を持ち、会社の進化する目的に沿って自主性を発揮する。私もそうでしたが特に日本人は学校教育の影響で、答えを暗記し、テストでいい点を取ったら○っていうのが染み付いている為、言われたことしかできない人が多いように見受けられます。
    その自主性、主体性、本当の意味の全体感を手に入れることができるのがnTechです!

  • 不知 航

    あなたは組織にいる時にこんなことに困ったことありませんか?
    「みんなに発言をして欲しいけど、一部の人しか言ってくれない。」「もっと周りのこともわかって動いて欲しいのだけど、自分の得意分野してやってくれない」「力のある人が一方的に話してて会議がつまらない」

    ティール組織とは、3つの条件があると言われており、「全体性を持った個人」、「自己経営ができること」、「持続的に進化発展できること」が全部達成してティール組織ができます。nTechは、この3つが出来るようになる技術です。私もnTechに出会いティール組織のことを理解出来た時に、今まで組織嫌いだった私が、組織でチームプレイすることが楽しくなりました。

  • 山中浩司

    ティール組織とは一言で言うと

    個人のエゴを超える事ができる次世代型組織モデルです

    組織を作る上でチームプレーは欠かせない要素ですが、このチームプレーがどうしてもできない問題があります

    それが個人のエゴ=観点です

    ティール組織はこの個人のエゴを超える事ができ一人一人が、主体的に全体性を持ち、常に存在意義が持続していく組織なのです。

    そして、エゴを超えることできる未来技術がnTechです。
    この技術を使う事でティール組織を超える
    Dignity teal組織を創建していく事ができるのです。

  • やなぎ

    今までの組織体制は、力や権威、暴力や財力などで人びとを束ねてきました。政治や経済も言葉は違えど束ねる体制はたいした違いはなく資本主義という時代にこれ以上束ねていくには難しくなってきた今があるからこそ次世代の組織の束ねかたが誕生してきたといえるのではないのでしょうか?その名乗りをあげているひとつにティール組織があると思います。
    今までにない組織のあり方、人の可能性を120%開化させ合う組織力がティール組織です。

  • まるこ

    ティール組織という言葉を聞いたことがありますか?ティール組織とは未来型の組織です。仕事の効率が遅くなる理由はたくさん考えられますが、人間関係が原因となって自分の能力を100%発揮できないという事が多いのではないかと思います。ティール組織はひとりひとりの可能性を開花しながらチームプレイができる組織です。これが現実になると、仕事の効率は120%以上上がること間違いなしです!

  • Haruko

    ティール組織とは、今まで無理やり我慢させてバラバラな個人を秩序化させてきた組織から、一人一人が主体性を発揮して連携して行ける組織だと理解しています。
    無理やり我慢することはお金をもらってもやりたくないという意識がどんどん増える現代、自分の中から湧き出る主体性や自発性をモチベーションにすることができるので可能性を発揮しながら仕事することができます。

  • こみず

    組織といえば、我慢、上下関係が必ずつきものでした。
    Teal組織とは、それらから解放された組織です。
    そんなこと、本当に可能なの!?と思うかもしれませんが、可能なんです。
    Teal組織の条件のひとつに「構成員メンバー一人ひとりが全体性を持つこと」というのがあります。
    しかし、人間の脳は機能的な限界があって、「部分観」なのです。
    だからTeal組織をつくりたくてもつくれなかったんですね。
    nTechでは、この「部分観」の限界を超えて、誰もが全体を観ることが可能になります。
    今まで想像もしたことのないような組織がつくれますよ。

  • 波多江めぐみ

    仕事の効率を上げるのも下げるのも、個人の能力以上に、人間関係や環境からの影響ってとても大きいと思います。ティール組織は、今までの組織がうまくいかない原因を解決できる組織モデルなので、仕事やプロジェクトを崩壊させることなく、互いの能力を活かし高め合う組織の創建にチャレンジしていくことができると思っています。

  • みなみか

    ティール組織とは一人一人の価値観を融合できないと実現できないものならば 自我を持たないAIならつくれるのだろうか。といえばそれもまた無理な話です。 なぜならば本当に価値観を融合させるには全体観が持てなければ不可能だからです。人間の脳は部分観しか持てないようにできています。その人間の脳と仕組みは同じであるAIも同じく全体観を持てず 原因と結果の因果の中にいます。因果から出て、部分観から出て全体観を持てるnTechの技術は、初めてティール組織を実現化出来るものだと思います 。

  • かなえ

    今ティール組織が求められてますよね!今までの組織に限界を感じているし、ティール組織を創りたい、ティール組織に入りたいという人も増えてきたように感じます。でも、書籍にもティール組織の作り方は書いてない。なぜなら、なぜエゴを超える方ができないのかについて人類史上誰もわからないからなんですね!nTechは、なぜエゴを超えた共通の土台から今までにない全く新しい組織を創れる技術なんです。今、組織に葛藤がある人には是非出会って欲しいですね。

  • 小畑多美子

    私が思う、ティール組織とは、一言で言うと、安心安全な関係性がつくるオーケストラリーダーシップのイメージですね。
    何でも安心してマイナスもプラスもアウトプット出来る心理的安全な組織にならないと、お互いの事を心から信頼し合える関係性を作るのは難しいと思います。
    その状態だからこそ、立場や年齢、性別も越えて、自分の中から生まれたアイディアや意見を出すことも出来るし、また逆もしかりで、自分とは違う意見に対しても思った意見をそのまま出すことで、進化やイノベーションを起こせたりします。
    そしてオーケストラのように、メンバーの誰かが欠けたら最高の演奏を奏でることが難しいように、各個人が全体性をもって各ポジションの個性を発揮できた時に、最高の演奏を生み出すことができるオーケストラリーダーシップが持てた時に、100%ではなく120%の能力を発揮し、ミラクルを起こすことが可能になる体験をnTechを学んだ人たちとのチームプレーで体験した時に、凄いなと感じました。

  • chiha

    組織ってめんどくさい。縛られる感じがする。我慢してその組織の方向性に合わせなくてはならない。自由が奪われる。前の私は組織に対してそんなイメージしかありませんでした。だから、どこにも所属しないのは不安だけれど、だからといってずっと組織の中にもいたくありませんでした。今思えば、TOPダウン型の組織の中で誰もが抱える悩みだったのかもしれません。
    ティール組織とは、今までのあらゆる組織の限界を補う次元の違う進化型組織。自他の境界線がない人たちがつくる新しい生命体組織!誰もがこの組織に入るだけで、日々進化成長していく。組織です

  • たのしみず

    ティール組織とはこれからの時代に求められる組織モデルだとは思います。それを目指していろいろな企業が研究をし、理想に近づけようとしています。
    でも実はそのままいてもティール組織をつくるのはとても難しいのです。なぜなら、まずティール組織をつくるために必要な要素の一つである「全体性をみれる個人」というのが難しいのです。
    それは脳の認識の癖が影響しており、実は人間は部分しか見ることができません。そもそもの人間機能が全体を見たくても見れないようになっています。
    その矛盾を解消する道具としてnTechがあります。ぜひ多くの人にこの技術に触れて欲しいと思います。

  • Teal組織の在り方は今、理想的な組織の在り方とされて、世界中で本が読まれていますね。しかし、実現するにはとても難しいと聞きます。それは人が人であるが以上、脳を持っているが以上、直面せざるを得ない価値観の違いを心から楽しめないということです。nTechではその、人が脳をもってるからこそ違いを、楽しんで融合することが出来ない理由を論理とイメージで紐解いていく術を知ることができます。

  • クッチー

    ティール組織を聞いた時、まさに夢のようでした「売上責任もない、上下もないなんて!」
    でも、ティール組織のように、本当にフラットになんでも言い合える組織、不安、恐怖も含めて伝えて全体で寄り添える組織だったら、安心して個々が最大限能力を発揮できる!と思います。Googleが提唱している心理的安全性にも繋がる話。
    でも、実際それが非常に難しい!
    何故なら、人と人はそれぞれ判断基準をもっていて、「○・×、良い・悪い、好き・嫌い、メジャー・マイナー」など無意識に常にジャッジメントしているから。
    この問題を定義し、根こそぎ解決し、本当にフラットなティール組織を実現に導ける教育がnTechです!

  • elly

    最近、ティール組織の本を読んだり、ティール組織をテーマを扱っているセミナーに参加することが多いのですが、ティール組織とは?を理解し、深めるほど、今までの組織の限界が明確になり、新しい組織のイメージが具体的になってきました。
    同じようにティール組織を実現していきたい仲間とプロジェクトを組んで実践することで、仕事力が格段に上がっているので、ティール組織を理解して実践していくことの価値を感じています。

  • 澤田祐子

    Teal組織とは何なのか明確に理解することが出来たら、それは120%どころでなくどんどんと一人ひとりの可能性が開花しますね。ただ、その組織に所属する一人ひとりが自分とは何か、人間とは何か、全体とは何かとTeal組織の目指す考えを深め"実践"するときにそれが可能になります。nTechはTeal組織でありTeal組織を成り立たせる人間の理解を奇想天外に紐解き、実践レベルまで落とし込めるプログラムを開発しています。nTechを使うことで自然にTeal組織に向かうようになるとも言えますね!

  • げん

    ティール組織とはどんな組織なのか考えてみた時に一つ例えるなら、意見を出し合ったとしても尊重されず潰し合う、自分の意見が正しいんだと押し付け合う、無意識にそんな事をしてしまっていたのが今までの組織の在り方です。それに対して、お互いの意見を融合させて上昇させていくのがティール組織です。前者の組織の場合、そもそも意見を出しても潰される、無下にされるを繰り返しているので意見を出す事自体に抵抗がでるし、諦めもでてきて意見をしなくなっていくという事になってきます。それに対してティール組織は観点の異質性を道具にそれぞれの意見の違いを活かし合いながら関係性も、組織も上昇していく、そんな組織です。そうすると意見を出す事の楽しみや喜び、感動さえも得られて積極的姿勢も育ちます。自分の働いている組織がそんな組織だったら仕事の効率上がると思いませんか?それがティール組織だと思います。

  • 大場龍夫

    ティール組織とは、未来の理想組織であると思います。ティール組織の特徴には、①変化する目的②自主マネジメント③全体性の3つのポイントがありますが、問題なのは、全体性の話です。全体性とは、一人一人が全体を見渡せるということです。これが根本的に困難です。自分の把握できる範囲が根本的に限定されています。それは、見える世界の話もありますが、もっと根本的な問題があります。それは、自分の独特な癖があるのです。その癖があるゆえに独特な思い込み体系をつくります。いわば、独自のオリジナルな宇宙なのですね。この一人一人の思い込みの宇宙を、組織としてどう融合していくのか?というのが全体性の話です。組織の構成員がお互いに心から理解し合える組織になることができれば素晴らしいですね。その理想実現がティール組織です。この理想を実現させるためには、この思い込みの宇宙の融合をさせるツールが必要となります。それがnTech認識技術なのです。

  • のぶりん

    ティール組織とは、未来型の組織で、全体性を持ち、一人一人が経営者感覚を持っている組織です。

    nTechを知らないと難しいと思います。観点の問題があり、お互いに協力する関係性を築けたとしても、本当の意味で、お互いの意見を融合していくことが難しいです。nTech を使うと人と人が分かり合えなかったり、関係性を上手く築けなかったりする問題が一層されるため、全体性を持つことが可能になります。

  • とみざわりょうた

    ティール組織は色々な表現ができますが、人間誰もが目指すべき理想の組織体系と言えると思います。

    人間は社会的動物であり、一人では生きていくことが出来ません。ですから必ず誰かと関係を構築し、組織に属します。ですので人類歴史は組織体系の進化の歴史でもありました。その中で多くの組織体系が生まれ、現代社会は今までの実力主義的なトップダウンの組織では維持することが難しくなり、多くの人が新しい組織体系を求めていますが、なかなか生まれてきません。

    そんな中でティール組織は今までの組織体系が抱えていた多くの問題を突破し、組織のための個人ではなく、個人のための組織となることが出来ます。

    ですからまずは今、所属している組織が理想状態と思わずに、その組織自体の限界を見極め、新しい組織体系を模索することが重要かと思います。

  • しげみ

    ティール組織の実現ができた時、その組織の構成員一人ひとりは自主性を持って全ての事に取り組めるようになります。それは、自分に与えられた事をこなすという意味での自主性だけではなく、もっと大きく全体性を持った上での自主的な動きができるようになるという意味です。でもこの全体性を持つことが簡単ではありません。それは、人間の持っている機能的な問題があるからです。でも、その問題の解決があれば、ティール組織は実現し、そして一人ひとりが可能性を存分に発揮した組織になる事ができるので、もちろん仕事の効率はあがらないわけがありません。
    ティール組織とはどんな組織なのか。そして、なぜ今の時代に必要とされているのか。理解していくととても興味深いです。

  • リョーマ

    ティール組織とは「上下もない、売上目標もない組織」だそうです。

    組織というのは、その時代の人間の意識レベルと共に進化してきています。過去には暴力によって人を恐怖で支配してきた組織モデルがありました。
    そこから規律やルールによって統制する組織モデルを経て、今は多くの企業がトップダウンによって売上目標を達成する組織が多くを占めています。中には多様性や平等を大切にするボトムアップ型の組織も増えて来ていますが、未だ資本主義の世界、資本主義の意識レベルでは売上を上げ続けないと存在できないのでトップダウンが主流になっているのが現状です。

    そんな中で、売上目標もなく、フラットな組織、組織の構成員の全員が一体感を持ちつつ、存在目的を持つ組織としてティール組織の概念が生まれました。

    ティール組織はこれからの未来の組織モデルだと思います。

  • Hiromi

    今までの組織は、どちらかと言うと個を殺しながら、我慢して秩序を作っていくイメージが強かったと思います。
    それが、今話題のTeal組織とは、それぞれの個を活かしながら全体性を持って、まるで組織が一つの生命体のように進化し続けるようになっていく、本当にこれが可能であれば凄いですよね!
    でも、これを可能にするためには、まずそれぞれが生まれてから今までに培ってきた、勝手な思い込みから自由になる必要性があります。
    これが曲者でなかなか難しい‼︎
    そして、人間共通の土台を得て、チャレンジし続ける強い意志も必要。
    でもご安心下さい。それを可能にする道具nTechがすでにあるのです!
    あとは、使えるようにドンドン練習するだけですね。

  • morphie

    ティール組織、世界で20万部以上売れてる割には実践モデルが一つも出来ていないという事実は愕然としました!それくらい、
    全体性(ホールネス)を持ち、1人1人がセルフマネジメントのプロフであり、組織全体としても個が存分に生かされつつ進化発展し続けられる組織モデルとは実現するのが難しいんですね。

    確かにねと思いますよ。全体性とか言いながら、人間が認識活動に使ってる脳機能は全体や共通、今ここを認識出来ない段階で、アウト!!と思いますね。

    その脳機能が認識作用の結果として生み出す分けて固定して存在させるスクリーンだと、人間は自分と他との相対比較が止まないし、

    そこであがったり下がったりすり考え感情さえ、コントロール出来ずセルフマネジメントも無意識はパンパンで統制不可能です。

    だから関係性が不健康。チームにいても心理的安全性が担保されていない状態で、最高のパフォーマンスが出せる集団にはならないと、グーグルが研究するプロジェクトアリストテレスの結果においても如実に現れています。当然進化発展し続けられないわけです。

    この不完全を補い上昇させるのが正にnTech。人類歴史が今喉から手が出るほど欲しい技術、テクノロジーですよね。これをインストールした人間の認識が、ティール組織を完成させるでしょう。

  • みなも

    ティール組織とは?組織と個人の格差がない状態だと私は思います。逆に、今までの組織の限界は、個人が我慢して個性を活かしきれないことがいちばんの問題だと思うからです。そして、なぜそうなるのかという明確な原因が診断できていなかった。nTechでは、その原因を人間の脳機能の仕組みだと提起しています。それによって価値観、判断基準がバラバラで統制できない。だから力やお金、ルールによって統制する。そうなると、個人が我慢する不自由な組織になる。
    その脳機能を理解し、仕組みを活かして尊厳関係のチームプレーが可能になるのがnTechです。

  • EMI

    「ティール組織」恥ずかしながら私は初めて聞きました。生まれてから今まで、学校やサークル、会社など、様々な組織に所属しながら生活をしてきましたが、どの組織に所属しても何らかのメリットデメリットがありました。大きな基準は、「意思決定」についてだと思います。メンバーの意見を尊重すれば時間がかかる、スピードを重視すれば一部のメンバーだけの決定になり不満が出る、これは私は所属してきた組織ではなかなか解決が難しい点でした。

    ですが、正にこれを解決できるのがTeal組織だと思っています。「メンバーの意見を尊重しながら、なおかつスピードよく」こんな組織を作ることができたら、どこよりも強い組織になれるはずです。

  • 明楽

    組織のリーダーという立場で、人材教育に携わることもあり、どうやったら組織を拡大できるのか考えていました。
    その上でティール組織について学び、ティール組織とは全体性を発揮できる個人であること、それによって進化し続ける組織になるとありました。エゴが働きやすい人間にとってこれは理想論であり本当に難しいと思っていましたが、nTechを知って境界線を外した1の世界から考えるとこれは実現可能だと思いました。今では本気でティール組織をつくろうと思っています。

  • みもざ

    ティール組織とは人々が働きやすい組織ということだと思います。ただし、これまでの組織の延長線上では創れない組織であり、個人の私利私欲のためだけでは成り立たないし、全員で仕事をすればいいわけでもない未来の理想的な組織なのです。

    そんな理想的な組織つくりたい。
    そのような方はぜひnTechを知っていただくと最先端の組織を創ることができるでしょう。

  • 大川 真

    組織の存在目的と、個人の存在目的が完全に一致すること、ティール組織とは?と聞かれた時に、このことは重要な条件の1つです。自分自身の存在目的は、最初はよくわからないものだと思います。自分の無意識を深く観察し、人間に心について学び、多様な人と接していく中で初めて理解することができます。私は最初の就職活動の時、自己分析しても自分の事がよくわからず、会社の経営理念などにも関心を持たず、その会社の評判や労働条件ばかり気にしていました。本当に大事なことは、その組織と自分の存在目的をよく理解し一致させながら働くことができるか?という事だと考えています。

  • masaco

    新しい組織モデルティール組織とは、自主経営・全体性・存在目的の3つを特徴として一つの生命体のように活動するもの。
    経営者やリーダーだけではなく、組織を構成するメンバー全員がこの特徴をもって行動できるようになるには、教育が必要で、nTechは、人間の脳機能の癖を超えて一人一人の可能性を開き、さらに融合し協力関係が築けるようになれる技術としてティール組織には必須だと確信する。

  • 泊由美子

    ティール組織とは、定義が難しいですよね。今までにない、主体性と協調性、両方をバランスもった組織であると思います。協調性、全体性を持った個人個人の集まりでも、個性がつぶされることなく、お互いの可能性を生かしあえる新未来型組織。人間本来の機能である社会性を最大限に活かせる組織ですね。

  • mikity

    ティール組織とはなんのか。人事担当の方や組織を束ねるポジションにある方なら一度は調べたり本を読まれた方も多いと思います。
    ティール組織を目指している組織は多いけれど、実際に現実のものとしてはまだ生まれてないのが現状ですよね。
    それくらい個人主義の時代に理想的な組織を作ることが難しいことだということです。
    nTechを学ぶことでティール組織を作るヒントがたくさん見えてくるきます。
    ティール組織を現実のものとして作りたい方、ぜひ一度nTechに出会ってください。

  • あさりー

    ティール組織とは!
    個人の可能性と組織の可能性、どちらも殺しあわずに生かしあいながら補い合いながら、新たな可能性を生み出すことのできるワクワクな組織モデルです!
    夢と夢が融合しあえる組織モデルです。
    nTechを使ってティール組織がどんどん増えていったら、自然と夢に溢れる世の中にはなりますね♪

  • Mami

    ティール組織とは、階層や役職を超え一人ひとりが自主経営し、エゴを超えた全体性で繋がり、組織の存在目的に向かって進化し続ける組織と理解してます。何とも理想ですが、なぜ今まで実現が難しかったのかを理解することが鍵だと思います。

    組織の最小単位と言えば家族ですが、血の繋がった家族でさえ様々な問題があります。
    人と人がなぜわかりあえないのか、我慢、摩擦、衝突が終わらない原因があったことがnTechを学び、よくわかりました。
    この原因を解決して、組織が一点になれた時に個の力を超えた120%の力を発揮できるのかなと思います。

  • ecco

    ①ティール組織とは、従来の組織とは大きく異なるもので、これまでの常識を覆す全く新しい組織モデルです。
    ティール組織を実現するために、①セルフマネジメント ②ホールネス(全体性)・③組織の存在目的の3つの要素を満たすことが必要になってきますが、人間の脳の機能によって、部分だけしか取れず、全体を見ることができないという特徴があります。また違いだけをとって共通を見ることができないという特徴があります。
    ですから、どんなにティール組織を実現する特徴を上げたとしても人間の脳機能を超えない限りティール組織の実現は難しい状態ですが、nTechは人間の脳機能の限界を超えることができる技術であり、全体性がみれるようになるので、共通土台を持つことができるようになるので、ティール組織を実現可能にできます。

  • miisan

    ティール組織とは未来型の理想の組織の形ですが、そこに行くまでの組織のあり方を学ぶと人間の現在地もわかりますね。組織が大きくなればなるほど、人が多くなればなるほど価値観の違いから、チームプレイができない問題が起こります。ティール組織は実現が難しいと言われますが、その原因は組織を構成する一人ひとりの価値観の違いを融合するのが難しい、ということ。一人ひとりに違いがあるのは当たり前ですが、違いを融合できなければ本当に組織の力を1点集中させることができないと思います。バラバラの違いを認識する体の感覚ではなく、その違いを作り出す共通から出発する感覚をつけることができるnTechの学びは、これからの組織を構築するうえでの突破口になると思います。

  • 高橋美里

    ティール組織とかそれぞれの良さを最大限に活かしながら目的やビジョンを最大限に活かしあえる組織です。
    人が集まれば、派閥やグループができる今までだったので、ティール組織のモデルはほぼいないのがこれまででした。なにより組織や企業の関係性が効率や生産性に繋がるので、どんな組織で在るかが、組織のブランディングになっていく時代になっていっています。

  • sumitomo

    ティール組織とは、全体認識ができ、主体性を持って個性を発揮できる、そんな個人が集まった組織だと思っています。そんな個人が集まっているので、チームプレーをすると、明確な意思疎通ができる分、既存のチームプレー以上に様々な点でスピードは速くなり、目的達成まで短期間で、しかも楽しく行動することができるようになると思っています。これまでの人間は部分認識しか出来ないので、意思疎通を図ろうにも、思い込みやすれ違いが多く、組織の中にも上下関係があるので、受身のまま仕事をしている人が大半。そんな組織では、活き活きと仕事はできないと思っています。

  • vosaraicesara

    ティール組織とは、「まるで生命体のような組織体系」と言われたりします。機械のように、決められたことや指示されたことをこなすことで、生産効率を上げるのではなく、ひとりひとりが何を実現するためにこの組織にいるのかをいつも思い描きながら、主体的に意思決定し行動すること、そして、ひとりひとりの個性や能力が融合していく組織ではないかと思います。nTechを使うことで、ひとりひとりが自分を表現することができる安心の関係性を作ることができ、仲間との相乗効果で120%の能力を開花し合える組織になります。こんな組織がどんどん増えたら、と思うとワクワクします。

  • bonatakato

    ティール組織とは何なのか分からない自分でしたが、nTechを学ぶことで、自分の中にある組織のイメージが変わり、その新しいイメージがティール組織であることが分かりました。

    脳の認識のアルゴリズムが分からなければ、人が分からず、人の集団である組織が何なのかも分かりません。

    しかしながら、nTechを学べば、脳の認識のアルゴリズムを理解できるようになり、人とは何なのか、組織とは何なのか分かるようになりました。

    ティール組織を作るために必要不可欠なことは、ティール組織を作れるイメージを全員が持つことです。

    それを可能にさせてくれるのがnTechであると私は思います。

  • 島崎信也

    ティール組織とは

    生産性を高め仕事量120%へとしたいのでしたらティール組織を実現する事だと多くの方は考えているでしょう。ただ、どの様に実現するのか、誰も分かっていません。ティール組織とは一体何なのでしょうか?ティール組織とはどの様に作られるのでしょうか?nTechは、ティール組織をどの様に作るのか明らかにしています。とても便利なので、どこどこまでも学んでみて下さい。

    ティール組織とは、全体性を見れる個人であらなければなりませんが、人間は全体を見る事が出来ない脳の認識でしかモノを見る事が出来ません。脳の認識では全体を見る事が出来ない為に、全体性を見れる個人であろうとする事が、まずもっと不可能です。nTechが便利な理由はそこにあります。部分しか見れない脳機能に観点を固定している状態から、自由自在に観点を動かす認識技術なので、部分を見る事に加えて、全体と完全を部分と同時に認識する様になります。ティール組織を創りたいなら、nTechは必要不可欠でしょう。

  • ピュア

    皆さんの周りでは、ティール組織は話題になっていますか?
    そう、あの分厚い緑の本です。
    友人に勧められて読んだのですが、これ実現できたらすごいなと。
    世の中の企業がこんな組織であふれたら、社会も日本も世界も変わるな
    と希望を感じました。
    しかし、なぜ実現が難しいのかも同時に理解できました。
    nTechと出会って、人間の脳の癖を知り、そもそも全体が取れないんだと
    知り、だからティール組織がなかなか実現できないんだと納得でした。
    全体が取れるということは・・・。
    どんな仕事でも、部分できない人より全体を把握して部分もできたら
    仕事ができますよね。
    納得の世界でした

  • 堀江直樹

    ティール組織とは何かと言えば最近話題にもなっている新しい組織の在り方です。
    人間は違うもの。前提が違うから摩擦や衝突が生まれるようになっています。ぜんたいしゅぎの時代は神や王を中心として人をまとめました。それにたいしてイギリスの産業革命やフランス人権宣言が起こり、今の民主主義や資本主義、個人主義という時代に移行しています。時代の変遷とともに組織の在り方も変容していて、暴力や法律の絶対ルールで秩序を作った時代から、今はお金や経済的合理性を中心にした組織が作られるようになりました。
    ある意味今の時代は世界全体が合理的な機械そのもので、そこに所属する構成員は機械のような正確な動きを求められます。その人全体というよりも求められた役割の正確さをもとめられるので、組織に所属しても我慢がもとめられるのもその理由です。
    この限界を補うために、トップダウン型の組織が当たり前のなかで、ボトムアップ型の組織まで生まれるようになりましたが、意思決定に時間がかかりすぎる限界があり、まだまだ世の中の主流にはなっておらず、人々が社会のなかで生きるのはどこかがまんを感じてしまう人も多いのではないかと思います。
    このトップダウンとボトムアップ型の組織の限界を補うように生まれてきた組織の在り方がティール組織というもので、世界的にも注目が集まっています。

    ティール組織をどのように作るのか?そのヒントは日本の精神ともつながってくる話です。
    今までの時代にないものをワクワクの心で皆で作ることを描いてみませんか?

  • 高橋恵

    ティール組織とは、意味を理解すれば仕事力120%UPと言われたら
    誰もがやりたい!となるのではないでしょうか?
    ティール組織の本も全世界で売れているベストセラーになっていますが
    実際に実現している組織は0です。
    どうしてそれができないのか、チームプレイができない人間の機械的条件反射のアルゴリズムに支配されているからなのです。
    A→Bというアルゴリズムに捕まった状態その状態から自由になった時に、本当のチームプレイが可能な組織ができるのではないでしょうか。

  • さかなゆう

    ティール組織とは!

    最初全くわかりませんでしたが、nTechを通して理解できました。

    組織に対して興味もなかったし、今までの組織の限界を突破できるイメージもなかったのですが、
    仕事に対するやる気もあふれ、個性を爆発させられる組織体制。

    トップダウンも、ボトムアップも両方超えていく!

    実は日本人が一番作りたい組織だと、思います!

  • こうた

    ティール組織とは、理想の組織のあり方であり、今の時代に絶対に必要な組織です。
    組織といえばイメージしやすいのが企業組織ですよね。
    企業組織を例にすると、社長は社員の立場や気持ちがわからない。社員は社長の立場や気持ちがわからない。つまり、個人の視点からしか物事が見えず、立場を超えて全体をみることが難しいのです。
    この全体性を獲得できるのが、実はnTech!私は、nTechを活用した新しい組織のあり方を日々実践しています!

  • yoshiko nishio

    ティール組織とは、自分の可能性を∞活かせる組織です。
    自分が本当は〇の形だったとして、会社に属したら、例えば自分の一部の能力を△の形に変えて、その場に合わせた風にしますよね。その時点で、自分の可能性は閉ざされ、自分、組織どちらにもパワー全開で挑むことが出来ません。
    nTechで可能になるティール組織はその逆で、最高のパフォーマンスを発揮することが出来るんです。

  • aiko

    ティール組織とは、全体性が見える個人の集合体であり、その個人は中心価値基準をメンバーにもリーダーにも自由自在に動かせる柔軟性を持った人であると私は思っています。
    実際、会社を見ると全体像が分からないまま上から指示されることやるであったり、中心の価値基準は常に自分にあり、他人に移動させて一致させることができないのが今の現在地だと思います。nTechはその二つを補うことができる唯一の技術なので、理想の組織を作る上でとても役立つと感じています。

  • 山口禎子

    ティール組織とは、新しい組織の概念として、よく耳にするようになりました。
    日本でも注目され、取り入れようとする企業も増えてきています。でも実際取り入れて新しい組織としてやってみよう!と思ってもなかなか上手くいかないようです。その一番の理由は「幹部と社員との溝」
    経営幹部側、社員側の立場の違いから、合意が取れない。という話はよく聞く話です。
    全体性を持った個人。これが人間の脳の機能的に限界であるので、立場の違い、価値観の違いを融合することが、難しかったのが、これまでの人間の歴史とも言えます。
    生命体とも言われる組織体型。私のイメージでは、目、鼻、口、耳、皮膚というそれぞれ違った役割を持った機能たちが、
    融合して、合意をして、1人の体を共有して意思蹴決定していく。そしてチームプレイして1人では味わえない感動を得ることができる!それがティール組織ですね。

  • kenmiura

    組織論を人類のマクロヒストリーから整理しているティール組織論の著書はとても面白かったです!

    人類が集団レベルで進化し続けてきた背景には「自分と世界に対する観方=パラダイム」の
    変化に伴っています。

    ライフスタイルを便利にするモノ道具を進化させてきましたが、
    残念ながら協力関係や組織集団の進化はまだ最適なものではないのは明らかです。

    やはり著書の後半に記載がありましたが、
    2元性を越えた一元性の意識、精神性をどうマスターしていくのか?
    が鍵と思います。

    nTechは、脳機能では不可能な一元性をイメージ言語で理解納得してから日常の認識習慣まで可能です。
    そしてティール組織に欠かせないコミュニケーションスキルも段階的にマスターできるのでとても便利です。
    日本企業からティール組織モデルが確実に誕生すると思います。

  • K Maiko

    昨年話題になったティール組織の本では、これまでの組織の進化をまとめ、ティール組織をこれからの新しい組織の在り方として提唱しています。現在までトップダウン型から達成型、ボトムアップ型等様々な組織の形がありましたが、そのどれにも問題があり、ティール組織とはこれらの問題を解決し、創造性、生産性、効率性を上げ続けていける組織として、セルフマネージメントと全体性を併せ持った生命体のように進化し続けられる理想の組織だと説明しています。
    しかしながら、ティール組織は本当に実現可能なのでしょうか?
    本の中でも紹介されていますが、アインシュタインの言葉に、「どんな問題も、それを作り出したときの意識レベルのままでは解決できない」と言っています。現状の問題を解決して理想を現実化させるためには意識レベルを上げる必要性があり、それを可能にするのがnTechですが、nTechから見える先の組織は、ティール組織を更に超えたDignity Teal組織なんですよね。本当に美しすぎますー!

  • 洋子

    ティール組織とは?初めて聞かれる方もすでに知ってるよ!と言われる方もいると思いますがティール組織とは未来の組織モデルと言われています。
    これまでに人類はずーっと組織(2人以上)を作り続けてきました!
    そのモデルを模索してきたのが人類の歴史と言っても間違いないかと。
    その意味とはグーグルが長年、どうやったら成果を出せるようになるのかプロジェクトアリストテレス(Project Aristotle)とつながる話です。
    誰もが一人では仕事できないとわかっていても他人にどう思われるのか(怯えや羞恥心など)があれば協力関係を作るのは難しい。
    でも、他人にどう思われるのかを超えた時にはティール組織がつくれると言うことですよね!
    他人にどう思われるのかを払拭できるのがnTechです!
    本当にできるの?!と思った方、ぜひ自分で確かめてくださいね☆

  • cheerwave

    ティール組織とは、ひとことでいうと、組織をひとつの生命体として捉えているのがティール組織です。旧組織型とティール組織を5段階に色分けしています。ティール組織とは、関わるすべての人のもの全部が自分の組織。その組織の目的を実現するために共鳴しながら行動していく組織。ティール組織には、マネージャーやリーダーといった役割が存在せず、上司や部下といった概念もないそうです。誰もがチャレンジできるし、色んな役割ポジションができそうですね。

  • 亀井 薫

    ティール組織とは?
    一言で言うならば、今まで実現できなかった真のチームプレーモデルです。

    今の企業は、一つの会社にバラバラの価値観の人たちが集まり、お金という統合システムで働き、利益を生み出すものでした。しかし、今そこに日積が起き、お金は貯まるが、それ以上にストレスが溜まり、心のゆとりや幸せが喪失されています。それは、みなバラバラの価値観に疲れてしまうから。
    しかし、ティール組織にnTechという
    技術を取り入れると、人間共通の土台(価値観が融合し1つになる)を作ってから、それぞれの価値観を発揮するという、追い求めてきた真のチームプレーが作れるのです。

    これがいま日本で誕生しています。

  • 由佳子

    ティール組織とは、「自主経営(セルフマネジメント)」「全体性(ホールネス)」「存在目的」を備えた上下関係や、管理が少ない環境で、チームワークが発揮され、組織の存在目的を追求していく生命体のような有機的な組織モデル。と言われていますが、そもそも人間の機能的に全体を観ることはできないし、セルフマネジメントに関してもみんなそれぞれに捉え方が違うし、感じ方も考え方も様々な中で、visionや方向性を統一することは至難の業。その土台がある上で、上司の指示や命令がなくても、各々が自主的に判断して行動することは不可能に近いと思います。存在目的に関しても体の自分が自分と思う状態では我の存在目的になってしまうので、我を超え、どこまでを自分と思えるのか。組織が自分というアイデンティティに変化しないとティール組織をつくる事は不可能となります。

    ですが、nTechは部分と全体性を生み出す完全観察を可能にするのでそれぞれの捉え方、観点の違いの問題も解決でき人類共通のvisionを持つことができるので多様を生かしあいながら自主経営が可能になります。
    そして存在目的も無限のアイデンティティを認識できるので、総てと1つの生命体の有機モデルを可能にします!

    ティール組織を可能にさせるnTechを使いながら人類初の実践モデルとして日々楽しんでいます!

  • けんご

    ティール組織とは、①セルフマネジメント、②全体性、③常に進化する目的、という要素で語られたりします。次の組織モデルと言われ、自称する組織もあります。しかし、著者であるフレデリック・ラルー氏は、今の世界に本物のティール組織は無いとも言っています。そして、面白いことに、働いている側もティール組織を期待するし、経営側もティール組織をつくりたいと思いながら、結局は噛み合わないなんてこともあるそうです。背景には観点の問題があるので、ティール組織をつくるのは難しいかも知れませんが、ティール組織を超える組織をつくることは観点の問題を突破できる認識技術によって可能になるでしょう。

  • 小池

    ティール組織は本を読んでも、何となくイメージは出来そうですが、実際の組織に組み込もうと思うと色々な抵抗や弊害が生まれたりで、理想的ではあっても現実に具現化しにくいなぁと思ったりもしてましたが、nTechを学んでからは、今まで何が問題でどう取り組めばティール化されるのがよくみえました!

  • KiJi

    ティール組織とは、構成メンバーが常に全体像を把握し、組織の成長を目的に成り立つ動きをとります。組織のために個が死ぬ全体主義的な組織ではなく、個が活きる組織として注目があります。パフォーマンスが発揮できない悩みの多くは能力やスキルよりも人間関係に依るところが大きいので、ティール組織に所属する個人はどんどん可能性を発揮しやすくなりますね。

  • ろい

    ティール組織とは、全世界でベストセラーになった書籍に書かれている未来型の組織モデルです。このごろは、組織運営に頭を悩ます経営者が多く、各地で勉強会などが開催されています。
    そして、今年の夏には、著者を招いてのカンファレンスも実施されることをみても注目されているものだと思います。
    書籍は600ページくらいあるので完読している人も少ないですし、また完読しても具体的にイメージが持ちずらい人が多いようです。
    その中でいかにティール組織を作っていくのかに注目が集まっている感じがします。

  • 古川 いずみ

    ティール組織とは、全体性を持った個人個人が一つの生命体のように進化をしていく組織の事です。「一つの生命体のように」私はこのフレーズが気に入っていて、それが実現したらどれだけ美しい組織になるんだろうと思っていました。けれど、実際そういう組織があるかと言うと残念ながら、実現するのが難しいのが現状です。なぜならば、今の社会では個人個人が無意識深くに「自分が絶対正しい!!」と思う判断基準を持っているからです。その判断基準を持った状態で「全体を観ている」と言ったところで、部分しか観ていないのです。脳の部分感を補い、全体を観れるようにするには、何で人間は部分しか観れないのか、の理由がわからないと解決できませんし、全体とはどういうもので、どうしたら全体から観れるようになるのか、という理解も必要になってきますね。そこを提供してくれるのがnTechなのです。再現可能な技術で、あなたも一つの生命体のような、心地よい組織を体験してみませんか??

  • はるころり

    ティール組織を理解すれば仕事が少しでもしやすくなると思います。なぜならば、ティール組織に必要な要素である「全体性をもつこと」を理解していくことで、今の自分がいかに部分にはまって、ゴールを忘れて目の前のことに追われている状態なのかに気づきます。生産性をあげるには「全体性」という今までにない視点を取り入れなければなりませんが、脳の癖が「部分だけとる」しかできないのでnTechを学んでそこをクリアする必要があります。

  • なっちゃん

    お仕事させてもらってて、やっぱり人間関係がティール組織的な形になる時に弊害になるなと思ってました。もっと皆が主体的に自由で楽しく意見を出し合いながら発展していけるようなことができたらなぁと思ってました。nTechを学んでからは何でそれが出来ないのか、そしてそれは自分の中に問題があった事に気づいてそこからチャレンジしていくことで、どんどん組織の雰囲気も変わってきましたね。

  • まきのみ

    ティール組織とは人間の無限の可能性をお互いに引き出しあってチームプレイができる組織ではないでしょうか?
    そのティール組織実現のためには人間の無限の可能性が何かを明確に定義しているnTechが不可欠です。
    人間の無限の可能性は人間の脳の認識を超えた世界です。
    脳という個々のバラバラの意識を作っているものを超えるということは、ティール組織のブレイクスルーの一つ、全体性につながります。
    その全体性から個人を見たときに無限の可能性で見えてくるので、真のティール組織を作ることができます。

  • ちぐちぐ

    ティール組織とは、自分の可能性も相手の可能性も無限大、引き出しあえるチームプレーの組織だと思います。

    人それぞれに強みや弱点があります。

    ある角度から観たら、強みに観えることが弱点になったり…弱点に観えることが強みになったり…。

    視点や角度を変えるだけで、変化する観点を、チームプレーで補い合ったり、活かしあったりできるのがティール組織だと思います。

  • こましょー

    ティール組織は最終の人としてのモデルだと思います。
    現代では、100パーセント仕事に集中できているかと聞かれてもおそらくNOだと思う。
    なぜならば、必ず人とのコミュニケーションなどにズレが生じて、それがブレーキとなり目的目標が曖昧になったり、方向性がずれてしまい中々思うように動かなくなってしまうのが、現状だと思います。
    ティール組織になったらそんなズレが無くなり、完全にブレーキが無くなるので、完全な組織の完成となると思います。

  • sonoda

    ティール組織とは「組織を一つの生命体」として捉えているということで、その中でも特に全体性が大きな特徴とされています。
    ホールネスのイメージを持つことが大事でホールネスのイメージを持つためにはすべてと調和した意識を持つことが大切になってきます。nTechを活用することですべてとつながった自分のイメージが認識できるようになってきます。

  • 丸山陽子

    素晴らしい組織を作る、素晴らしいチームを作るには、どうしたらいいんだろうと思っていました。長い歴史の中で、ある組織と組織が戦いながら、一番強い組織がどんな組織かを競い合う中で、戦争の歴史が繰り返されていましたが、Ntecと出会い、その問題の根本は、観点の問題だと理解しました。観点の問題を超えて互いに共通土台があるからこそ違いの理由を理解し合えて、win win all winに向かえるのだと思います。その共通土台を学べるNtecは、今からの組織創りの基礎になると思います。

  • Teruhiko.Nakagawa

    僕が見ているティール組織とは、一言で言えば、今までの組織形態を超越した新しい組織の形。つまり、人間の機能的な限界を発見し突破した人たち(共通の問題意識をもった人たち)の集まり。何が問題なのかを明確にわかり、それを誰もがわかるように説明し、納得させ、今まで人類が作ってきた組織以上の組織を作ることができる。組織があるから組織なのではなくて、その個人が集まるから組織になるイメージ。見方を変えれば、組織という決まった形はない。人間という機能的障壁から大自由になった人たちのあつまりだから、その組織がどんなことを成し遂げられるかは、それぞれが想像するもの、もしくはそれ以上の価値を持つ。個人という枠を超えてしまった個人のあつまりだ 。

  • SAKI

    今の組織は人間の可能性を生かしきれてるとは言えないと思います。逆に小さくさせて、可能性を潰してるのでは?と。誰もが、もっと生き生き、能力を発揮しながら、関係性やチームプレーも良い組織がつくれたらいいと思いますが、未だ理想でしかない。ティール組織とは理想的な組織の形態ですが、人間の機能の限界がある以上難しい。その人間機能の限界、個人のエゴをこえて理想の組織がつくれるのにnTechが活用できると思います。

  • 美峰

    ティール組織とは?
    私が持っているティール組織のイメージは、一人ひとりが主体性を持ちながら関わることが出来、自分のミッションとつなげて働くことがができるそんなイメージです。
    しかし、現実は組織に入れば周りにあわせ我慢しながら働くことが多いのではないでしょうか?
    理想と現実には、格差があります。
    その格差をとり理想を現実化する為に必要なのがnTechです。
    ntechによって深いところで人とつながっていくことが出来るので上下関係なくお互いに意見交換する関係性を構築することが出来ます。

  • hiro

    Teal組織とは理想の組織だと思います。組織に入ると個性が活かされるより、個性が潰される。全体を優先しなければならず苦しいイメージを持つ人も多いのではないかと思います。しかしTeal組織は全く新しい概念の組織で、こんな組織が可能になったら、個人の可能性、仕事力は何倍にもアップすると思います。

  • あさみ

    ティール組織とは、「自主経営」「全体性」「存在目的」を備えた新たな組織モデルです。
    一人一人が自主経営できて、全体をみることができて、組織の存在目的が明確であれば、これほど連携がとれて柔軟性がある組織はないと思います。自分も含めて一人ひとりのポテンシャルが高いので、アイディアもバンバンくるし、課題の解決も早いでしょう。
    自分だけではなく全体の仕事力が高いから、自分の仕事力も120パーセントアップ!!するわけですねっ

  • 磯原正行

    ティール組織とは、お互いの個性を無限大活かしてどんどんチームワークが活性化され、イノベーションが生まれていくイメージです。
    それにより、意思決定のスピードが速くなり自然と業績が上がっていくでしょう。
    そのために必要なこととして、個人が全体性を持つというのがありますが、これが非常に難しいと言われています。
    人間の目が可視光線しか認識出来ないように脳は全体を捉えれず、部分しか認識出来ません。
    その脳の認識の問題を解決できる技術がntechです。

  • ぬくこ

    ティール組織とは?
    心の底から、思ったことを善悪抜きに出し合うことができるってことだと私は思います。心理的安全性ともいわれていますが、無限大安心できるからこそ、本音を出せて、そしてそこから深い関係性を築くことができる。これほどの関係性って、今までの組織ではどこを探してもないでしょう。ここにどれほどの価値があるのか、これは実際に築いてきてるからこそ伝えたいところでもありますね^^

  • イワミユカ

    ティール組織とは、いまだかつてないもの。だけどみんながそれを理想としてるもの。探していたなあ…その為に、20社も会社辞めて面接しての繰り返しをしてましたもの。だけど、世の中にはないってことがわかりました。それを夢見てそこに入ろうっていうのは甘いんだと。だから、私は自分で作ろうと思いました。それをリライズ協会を通して。

  • やぶ

    「ティール組織とは?」という、ティール組織の意味を理解しているということは、今までの様々な組織の特徴や課題、問題が明確に整理できているということです。
    課題や問題が整理できているので、課題や問題の解決策を考えることができます。だからこそ、課題解決、問題解決できる仕事ができ、仕事力が120%UPします!

  • さやか

    ティール組織とはいわば1つの生命体のような組織です。1つ1つの細胞の結集でできているようにです。人間であれば、赤血球、白血球やらありとあらゆる種類の細胞がありますが、それらが役割を果たし調和しチームプレーで人間を成り立たせます。そのように、チームプレーすることが可能になった時に美しい組織を創ることができるのです。この時にコミュニケーションが重要になります。コミュニケーションのズレる原因を解決することで美しい組織づくりをしていきましょう。

  • midan

    そもそもティール組織とは何でしょう?
    色々な規定がありますが、一番大きな条件はエゴを越えた人間の集団というところだと思います。
    エゴを越える、ってどういうことでしょう?
    本質的に言えば、私、がない状態です。
    私という身体もないし、意識もないし、概念もない、自分と自分の宇宙から完全に自由になった世界。
    ティール組織をつくろうとは考えてませんでしたが、nTechを知りその世界に出会いました。
    意思決定スピードが飛躍的に上がるので仕事はかなり早くなりました!

  • Callinger帆足

    ティール組織の実現によって個人と組織が共通土台でつながることで無駄がなくなります。
    また、全体性を持つことにより自分の範囲が広がり、自分を活かせる範囲が広がります。
    オーケストラのように個人の変化・成長が組織に影響を与え、相乗効果が生まれます。
    個人の動きが組織の動きとして実感できることによって、やる気・モチベーションが上がり新陳代謝が良くなります。

  • 安田真理

    ティール組織とは、エゴを越えた関係性や全体性を持った個人が大切といいますが、
    そもそも、エゴを越えたり、部分ではなく全体を人間は観ることができるのでしょうか?
    それには、考えや感情を生み出す脳の仕組みを理解する必要があります。
    そんな技術が、実はできちゃったんです、それがnTechです^ ^
    私も、今では、人間の脳の仕組みを理解し、日々の人間関係に応用活用するようになりました。

  • あかり

    組織に属することは苦手で窮屈でした。ティール組織を知り、ティール組織ならやりたい!と思いました。ティール組織とは、上下がありません。一人一人が主体であり、経営者。全体をみることができる各々が大きなビジョンに向かって自発性、主体性で動きます。価値観の違いによる争いではなく、価値観の違いを生かし融合していける組織です。そんな夢のような組織、nTechを取り入れれば実現が可能です。

  • 大槻剛史

    ティール組織は、人類の最終課題である「観点の問題」を解決した組織です。力で無理やり先導し、構成員のモチベーションをすり減らしてしまうのでトップダウン型の組織でもなく、全員の思いを尊重するあまり意思決定スピードが遅くなるボトムアップ型の組織とも違います。

    皆が全体を把握して、観点と観点を融合させることで、生命体のようにダイナミックに動く組織です。

  • eri567

    ティール組織とは、個と全体のバランスを可能にする組織だと思います。

    個性を活かそうとすれば、多様性や違いを通して組織がまとまりきれず、逆に全体を重要視すれば、ひとりひとりの個性や可能性がどうしても圧迫されてしまうというジレンマにあったと思います。

    でも実際にこのバランスを取れるかというと、かなり難しいし、簡単であればすでにできているはずです。全体を活かすのに個も活かされる、まだその逆も可能にするには、ティール組織とはを理解すると同時に、それを実現可能にさせる道具を得ることも必要だとおもいます。

    鉛筆という道具があるから絵が描けたり、飛行機という道具があるから世界中を行き来できるように。

    わたし自身、nTechという道具を通して、個と全体の境界線が解けたことで、個を充分に持ちつつも全体(チームプレー)も活かせる自分に日々なっているのを感じてます。同時に人との関係性もよくなっていくから、仕事力はあきらかに上がってます。

  • 中西豊

    ティール組織とは?

    個人という自由な個性があり、全体という平等な一体感がある。

    誰もが憧れる組織のことで、人類歴史が個性が集団によって抑圧、犠牲、我慢をし続けてきた
    苦しみ、悩み、悲しみを突破できる唯一の組織になる。

    その組織が成り立たなかった原因が、もちろん集団、組織は1人1人から成り立っているので
    たった1人がどんな関係性を持っているのか?

    それが大事になると思うけど、その1人の関係性は、その1人がどんな認識でこの世界を
    見ているのか?それがカギになると思うが、それがどんな認識なのか?

    それが全ての存在を無限の可能性で観れる認識、つまりはどんな人、キャラでも、神秘神聖な
    存在として関われるのか?というのがとても大事になると思う。

    なので、認識技術というこの世界を美しく認識することができる技術によって
    関係性が美しくなり、その結果、組織、集団が美しく、個性も活かして、全体の平等も成り立つ組織になるのです。



⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現する最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.