働く意味がわからない人は日本の歴史を勉強すれば分かるようになりますよ!

投稿日:

働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ

働く意味がわからない

 

 

 

 

この悩みは、

もはや日本の社会問題だな~と考えます。

しかし、なぜ日本では「働く意味がわからない人」が急増してるのでしょう?

実は、その背景には日本の過去の歴史がかなり強烈に影響しています。

↑その影響に日本人が全く自覚できなくなってしまってるくらい強烈な影響を受けています。

 

 

 

 

この記事では、

働く意味が分かない人が急増した原因、日本の歴史を、

nTech(認識 technology)という最新技術を使って解析してみました。

 

 

 

 

働く意味がわからない

仕事したくない

人生の目的を見失っている」という人は、

是非、nTech(認識 technology)を使ってる人たちの口コミを参考にしてください。



働く意味がわからない人は、実際にnTech(認識 technology)を使ってる人たちの日本の歴史の解析を参考にしてください

  • リョーマ

    やる気がない、働く意味がわからない。
    だってそんなに働かなくても生きていけるし。好きなことを自由にやっていきたい。

    それらは全て日本人を骨抜きにする教育の賜物であり、歴史を紐解けば、戦後のアメリカの政策の結果です。

    自分の思考や感情、やる気までが実はマインドコントロールされて来たと知れば恐ろしくはありませんか?

    その背景を理解して、自らの意志決定ができるように、環境に左右されない人間を量産する教育がnTechです。

  • misa

    そもそも歴史に興味がわかないどころか、毛嫌いしてたけど、
    そんなところから教育という名のマインドコントロールがあったんだなーと
    nTech出会ってみてよーく見えるようになった。

    イエスマンで自分の頭で物事を考えられないし疑問にも持たずに、機械みたいな人をたくさんつくるのが今までの日本の学校教育で。

    で、モノがない時代は、お金を得て、モノを得て、それで幸せになる!といった幸せのロードマップが用意されてたから、働くことにギモンも持たなかったけど、

    モノが豊かになり、目指すものがなくなった今は、どこに向かって、なぜ何のために働くのか、働く意味がわからないようになるのは当然のこと。

    そもそものマインドコントロールを解いて自由にならないと、何もできない機械人間で終わっちゃうのでコワイですよ

  • Haruko

    田舎の農家で育った私は、大人たちがとにかく馬車馬のように朝から晩まで働いているのをみて育ったせいか「働かざるもの食うべからず」という信念が知らず知らず染み込んでいたように思います。

    なので、なぜ働くのかなど考えることもないまま社会人になって、当たり前のように就職してがむしゃらに10年ほど働いた時に私の中に生まれたのが「働く意味がわからない」という疑問でした。
    仕事に行くモチベーションがどうがんばっても湧かなくて、働かなければ生きて行けないし、朝が来るのが怖くて夜眠れない日々が続きました。精神内科に行ったり、周りの友人や先輩に相談したり、自己啓発やスピリチュアルなどの本を読んでみても「なぜ働くのか」という問いに対する答えはなく、ほんとうに悩んで一人苦しみました。

    nTechでほんとうに癒されて感動したのは、そんな状況になってしまっているのは決して悪いことではなく、また誰かのせいでもなく、歴史の流れを正しく理解すれば解決策まで得られてしまうことでした。
    そして何より「働くとは何か」「なんのために働くのか」ブレることのない答えが得られ、今は働ける喜びを毎日感じながら仕事しています。
    少なくとも本来人間は「食うために働く」存在ではなく、仕事がしたくてしたくて仕方ない意志の結集だと思っています。

    先進国であるはずの日本に蔓延する鬱、自殺という問題を希望に反転させることができる技術が完成していることを過去の私と同じように悩む人にぜひ知ってもらいたいです。

  • こましょー

    私は生まれてから生きる為には働かなければならないと、教わり当たり前のように働いていました。でも、10年働いて私はなぜ働かなければならないのか?と疑問を持つようになった。働かなければ生きて行けない=奴隷のイメージが来てしまった。それからというもの、仕事をやる意味がわからない状態で身体が動かなくなり人生に絶望してしまった。
    そこで出会ったnTechは、働きたくない理由も日本の歴史、宇宙自然と全て一つで繋げて理解ができて、この世界の成り立ちまでも知ってしまいました。
    そしたら、やらなければならない仕事から。自らの意思でやりたい仕事をする事ができたのです。
    仕組みを知る事で自分の感情も理解できて今は毎日楽しんでいます。

  • Teruhiko Nakagawa

    働く。なぜ働くのでしょうか?学校での学びを終えたから、就職活動をしてスーツを着て働くのでしょうか。それでは働く意味はわかりません。働く意味とはなんなのでしょうか。それを歴史(特に日本人なので日本の歴史)とつなげて理解するとわかりやすいです。歴史といえば学校で学ぶ歴史もありますが、一人一人の中にも歴史があります。それも、今までの歴史と切り離された歴史ではなく、まっすぐにつながった歴史が。今までは学校の成績のために学んでいたのが歴史だったため自分とつながっているなんて思いもしませんでしたが、nTechを学べば、自分と関係のない歴史は一つもないことがわかるようになります。そして、自分がなぜなんのために働くのがその道が見えるようになります。なぜ自分がここにいるのか。ぜひ、全てとつながって理解できるnTechを学んでみてほしい。必ず、今までイメージしてなかった未来を描くようになります。

  • yukachin

    自分が何故、この地球に生まれてきたのか。自分は何者なのか。これが分からなければ、ずっと自分のやるべきことがわからないまま一生が終わります。
    資本主義がどうやってできたのかもわからず、働いている。
    働く意味がわからない。そうなるのは当然だと思います。部分の情報ばかりとしか出会えなかったら、部分をいくら集めても部分。だから分からなくなります。
    全体がわかっての部分が必要だし、資本主義が何なのか、どうやって何故つくられたのか?
    歴史から紐解いていけば観えて来るかもしれないですね。そして大切なのは自分が何者なのか?を明確にしたら考え方も変わってきて、働く意味がわからないと思わなくなると思いました。nTechで解決できますよ。

  • macha

    働く意味がわからない
    と、いうことは、生まれてきた意味もわからないってことかなぁと。
    なぜ、自分がこの時代に、この国に、このタイミングで誕生したのか。
    そして、どんなミッションを持っているのか。
    nTechの日本の歴史の解析って、今まで、ただのテストの為の勉強だったのが、自分と繋がる歴史に変わり、自ら学びたくなるんですよね。
    そうすると、日本人の、私たちがやることも明確になってくるので働く意味がわかってくると思います!

  • おがじゅん

    「働く意味がわからない」

    僕は大学に入学したころには、すでにこの考えになっていました・・・

    日本社会をみたときに、意に沿わないことに対しても我慢しなければならないし、滅私奉公の考え方が当たり前で、酷い場合は過労死すらしていくのが後を絶たない事実を知り、そこから「日本社会や企業の奴隷にはならないぞ!!」と強く決心したのを覚えています。

    nTechに出会い、第二次世界大戦後のGHQの政策により、主体的な人を育たないように、むしろ社会の歯車になって従う人を量産する教育によって、この日本社会がつくられたことを理解出来ました。

    だからこそ、今では日本人の誇り・プライドを再び目覚めさせ、そこから絶対尊厳そのものの人間にアップグレードをさせていくことを仕事として選択しています。

    こうして僕は「働く意味がわからない」というところから、脱出出来ました!!

  • 川名哲人

    朝早くから夜遅くまで、時には休日を返上して働く。なぜこうまでして働かなければならないのか。社会人一年目くらいで、働く意味が分からいと思うようになりました。働きすぎて過労死するくらい世界に比べて日本は働きすぎだと言われます。
    nTechを通した日本の歴史の解析を聞いて、なぜ日本や自分がこうなっているのかが理解できました。今はお祭りのように働く、新しい働き方の幅を広げていっています。

  • 熊倉恵子

    日本は、一度決断したら、その任務やポジションを全うするという精神を持っています。

    しかし、日本の精神性は、敗戦とバブル崩壊で徹底的にやられてしまいました。自信や誇りを持っていた日本人が、自分にも国にも自信も誇りも持てなくなる。自信や誇りが無ければ、働く意味がわからないのは当然ですよね。
    nTechと出会い、働く意味が分からなくなってしまっているのは日本の涙だと理解できました。無の境地から、歴史を再解析した時に、日本の美しい勝負が観えました。日本の美しさが解ったら、日本の使命と出会います。働くことが楽しくて仕方ない。そんな状態になるのが、今からの日本です。

  • やぶ

    日本の歴史を紐解けば「働く」ということは時代によって大きく変わっています。
    狩猟採取時代は木の実や果実を集めることが働くことであったと思いますし、農業革命以降は農業をすることが働くことであったと思います。
    そして、産業革命、日本で言えば明治維新以降の今の時代は会社組織が中心となり働いていると思います。
    nTechを使うことで日本の歴史の動きが分かり、そのことによりこれからの時代の「働く」意味を発見できます。

  • Keizenke

    学生から社会に出るとなった時、自分がしたい仕事が漠然としていて、就職活動に困りました。自分が会社に入って仕事をするというイメージがなかったし、働く意味がわからなかったんだと思います。
    お金を得るため?生活するため?周りの人が皆、就職するから?大学出たら働くのが当たり前だから?
    働くことが何かを教えてもらうことなく、働かないといけなかったんです。
    なぜそういう教育がないのか。それはnTechで日本の歴史、世界の歴史の解析を理解した時にわかりました。日本人という尊厳を壊され、動くことで迷惑をかけてしまう、ごめんなさいという思いとつぶされてしまうが無意識にある日本人。働くこと意味がわからないどころか、生きてる意味もわからないくらいになってたんです。これが歴史という大きなところからきてる野を理解した時妙になっとくできました。今は働くことと言うより、私そのもののミッションに出会い、働くこと以上のことをしています。

  • えまる

    私も実は働く意味がわかりませんでした。その前に、なぜ生きなくてはならないのか、その前に、そもそもなんで自分という存在が生まれたのか?

    なぜ?なぜ?と考えると、どんどん深く内面へと繋がります。

    働く意味がわからない。それはある意味、疑問を持つが当然のように思えます。

    nTechでは、マクロからミクロまで様々な角度で、観方を伝えています。

    日本人の私は、日本の歴史の影響も受けています。今ココ自分は、これまでとこれからの全てをつなげて、アノマリーとして存在している。

    nTechのセミナーの中に、宇宙自然と歴史文明を悟り知るパートがあります。これを知ると、働く意味も生きる意味も、すべての存在の意味がわかりようになります。

    わかるとどうなるのか、自分の考えの固定が外れ、循環に変わります。動きとともに働けるようになると私は思います。

  • Reriser tae

    私は社会人になって初めて就いた仕事が事務職でした。
    初めてやる仕事は新鮮だし早く基本的なことは覚えてステップアップしたいと思い楽しかったのですが、毎日毎日同じパターンの内容をやって行く中で、幸せなことなんだけどそうは思えない自分がいて何かもっと出来るんじゃないか?でも何をしたらいいか分からず転職して営業やったりウェイトレスしてみたり色々やってみました。
    でも、中々ピンとくるものがなく、そもそも働く意味がわからない自分でした。だから何をしてもその場では楽しいことも嫌なことも経験したけど、それが何の意味を持つのか、何のために役立つのか学校教育で教えてもらったことはないですよね?

    それが、『nTech』に出会い、歴史と自分が繋がる意味価値がよくよく理解出来たことが、何をやってもいいけど
    “働く”という一つのポイントが見えました。
    特に日本の歴史との繋がりが強烈だったのでこれからどれだけの大仕事をやるのかを知ればワクワクが止まりません。

  • 堀江直樹

    働く意味がわからないと言うことは今の日本の若者が感じている人も多いのではないかと思います。組織の歯車として生きる生き方・働き方に違和感を感じている人も多いようです。
    組織論や人間の進化論の観点から見れば、資本主義の形ができたのは100年強。これも進化のプロセスにあり、新しい組織のモデルが生まれえることを指していると考えます。
    今の働き方のなかでさまざまな問題が叫ばれているのも、人間の進化の意志が胎動しているから。働く意味がわからないということを感じていることは、新しい組織作りを産み出そうとする進化の意志の前兆なのだと解釈しています。

  • ちは

    働く意味がわからない人が急増している背景には、実は戦後の日本に対するアメリカの政策が大きく影響をしています。
    明治維新であり得ない急成長を短期間で遂げた日本は、その後日本の脅威を恐れた米・ヨーロッパ諸国により、第2次世界大戦で原爆まで落とされ戦争に負け、二度と国家をIDとして日本人が団結しないよう、アメリカの戦略が入り「日本」という国に誇りをもたないようにさせられます。しかし、国家IDを失っても、私たちの祖先は、その後もめげることなく焼け野原からモノづくりに没頭し、会社をIDに団結して、Made in Japanで世界を圧巻します。そこに再び脅威を覚えたアメリカは、円プラザ合意やありとあらゆる政策をとり、物質経済から金融経済に経済の中心を移動させ、個人主義を入れ、会社をIDにしてきた日本を潰すのです。終身雇用は崩壊し、会社が自分を守ってくれないことがわかると、個人としてどう立つか?に私たち日本人の関心は向かざる負えません。ただ、人間1人ひとりは未熟な為、この体の自分の範囲だけをIDにした時、大きな夢、VISIONを持つことや、それを達成することは難しくなり、私たちは働くことに対しても意味を失っているのです。
    私たち人間にとって、「どの範囲を自分と思うのか?」はとても重要です。nTechはその範囲を無限に拡張することができるスッゴイ道具だなと思います!(^^)!

  • 吉田純

    働く意味がわからない日本人が増えていることは、よくわかります。

    現代人はお金論理によって、目の前にニンジンをぶら下げられた馬かのように、お金のために動かされています。

    しかし、これはあくまで西洋から始まった資本主義プレートに乗っかった日本だからであり、本来の日本人はお金のために働いてはいませんでした。

    隣の人のために動く、助け合いの精神が当たり前だった日本人には、お金のために働くこと自体が合っていないのでしょう。

  • 島崎信也

    ありとあらゆる意味にまつわる話を整理整頓するnTechです。これ本当に便利です。

    ところで、働く意味がわからないのは、正常な事ですのでそれ程に気にする事はありません。気にしたいところは、働く意味がわからないという正常な事が起きている意味について知る事です。それにはまず、あらゆる意味という意味がキレイさっぱり消えてしまった無意味の世界を理解しきってしまう事ですね。これが、nTech唯一無二です。無意味。それこそ、とても美しくて素晴らしいもの。意味が無い・・・それが無意味ではありません。意味そのものがキレイさっぱり消えてしまった後の・・・

    nTechに出会われて下さい。
    働く意味がわからない。

    これが正常だったことがよく分かり、働く事の意味に次元上昇が起こります。あなたは既に、十分に生き生き働いていた事までも、理解できます。

  • 波多江めぐみ

    敗戦以降の日本の精神性が育たない社会構造の中、そして科学技術の進化によって大きな変化が起きようとしている現代では、"働く意味がわからない"という人がとても増えていると思います。

    nTechによって日本の解析をし直してみると、今まで私たちが教育を受けた内容とは全く違った解析となります。
    誰かの観点で解析された世界ではなく、観点がないところからの解析をしたときに、実は本当の日本の可能性と出会うことができます。

    私自身、日本の心と出会えたような感動と誇りを強く感じましたし、小さな枠にはまった状態で生きるのではなく、自信感溢れる生き方を選択できる道を明確に見ることができました。解析一つで、意味価値や未来の方向性に迷うことなく仕事に対しても1つ1つの出会いに対しても、本来持っている力を発揮できるようになると思います。

  • げん

    働くことに対しての諦めや、働くことが一体自分の人生にどんな影響があるのか、何を得られるのかわからないという人は多いのではないでしょうか。企業に入って自分よりも前から働いている上司をみれば、自分の3年後、5年後の姿がわかる。その姿は憧れというよりも、本当にこんな風になりたいの?と疑問を抱くような事が多いのではないでしょうか。私も、この延長線上に自分が本当に望む生き方があるのか?と疑問を感じた事がありました。働く意味がわからない。。。そんな考えが浮かんできてもおかしくありません。
    でも、どうしてこんな事になっているのか。自分の中にはもっと熱くなりたいという思いや、何かに熱中して自分の全てをかけるくらいのものに出会いたい!そんな風に思う気持ちもある。でも現実を見た時には、そんな生き方は無理だと思ってしまう。そのなぜ?を紐解くには日本にどんな歴史があるのかを知る事が本当に大切なんです。例えば昔の日本人を見た時に今の日本人との違いがあるように感じませんか?時代背景や、日本が今まで経験してきた事は今を生きる私たちにも実は影響があるんです。だから、一体日本に何が起こって今の状態になっているのかを知る事は自分自身の変化にもつながることなんです。そして、そこには正しい解析も必要になります。nTechを使って歴史を振り返った時に、本当の意味で自分とつながる歴史の解析ができ、自分とつながる日本の魂と出会う事ができます。過去の出来事は自分に関係ないわけではありません。是非、正しい歴史と出会い変化のきっかけにしてほしいです。

  • 森本 柾人

    今社会では働き方改革などで、働きすぎてしまわない様にプライベートな時間を増やす取り組みが増えていますね。
    仕事とプライベートを分ける考えが主流だとおもいますが、昔の百姓なんかは一日中働いていましたし、侍だって常に社会のお手本となる様なあり方を追求していたので24時間働いている様なものですよね。
    日本人はそもそも仕事とプライベートという仕切りがなく、生きることがイコール仕事でもあるし、仕事イコール生き甲斐でもあったとおもいます。しかも孤独に働くわけではなく、地域、社会、仲間とワイワイやりながら働く、そんな生き方が本来合っているとおもいます。
    それが現代は仕事とプライベートで別れてしまい。仕事イコール苦しいものであるとい常識が無意識に出来上がっている様に思えます。
    この原因が実は日本の近代史の中にヒントがあります。何故そうなったのか、誰がそうしたのか、疑問を持って調べると面白いと思います。
    世界は今日本の本来の生き方、働き方に向かっていると思います。

  • 村田優子

    お金がもらえるという楽しみで、子供の頃はお手伝いをしていましたが、短大を出たときになぜ働かなければならないのかと感じていた時に、友達が憲法に書いてあると言っていました。かといってなぜ働く意味がわからないまま。

    お金を稼がないといけない立場の時は、それでも働くことが何とかできていましたが、結婚して働く必要がなくなったときに、本当に仕事は好きでなかったのか、仕事を探さずに家でいることが多くなりました。それはそれで、何もすることがないのも時間がいっぱいありすぎて、不安ばかりが量産されていました。

    nTechに出会い、なぜ働くことが楽しくないし、やる気も出ないのかすごく理解できました。日本人は、精神性を大切にしてきた民族であったのに、ものすごく壊されて、目に見えない爆弾をいまでもアメリカから受けている連鎖が続いていることを理解しました。

    あなたが、働くこと嫌なのは、まんまと罠にかかっているからです。早く歴史を理解して、生き方にnTechを使って主体性ある楽しい人生を過ごす仲間を増やしたいと思います。

  • SAKI

    『働く意味がわからない』私も昔そうでした。そもそも、生きる意味もわからないのに、働く意味なんてもっと無いと思っていました。nTechに出会い思うことは、まず、生きるとはどういうことか、人間とは何か?がわからないと道がみえないと思います。そして、今の働き方や仕事は今の時代の常識であって、もっと人間の可能性や能力が発揮される働き方や仕事はあるし、意味や価値づけは変わってくると思います。自分の知ってる範囲だけで考えてても働く意味もやりたい事も夢も、みえてこないだろうと思います。

  • sumitomo

    働く事って、今の日本や世界、時代の中で、何が問題で自分はそれに対してどう解決できる案を出して行動するか、という事かと思っています。でも、以前の私は、そもそも働く事がどういう事なのか、自分は何が好きで何がしたいのかが全く分からず、生きるため、食べるため以外には働く意味を見出す事ができませんでした。働く意味がわからない、全く。でもnTechを通して宇宙や自然、歴史文明が全部整理できた時、人間がどんな風に進化したのかが整理でき、人間の現在地や、人間の本当の限界とその解決策まで理解する事ができたのです。そして更に未来までも整理でき、自分で人生をどう使うのかも規定する事ができたのです。それができた時、やる気がどんどん出て、チャレンジしたくてたまらなくなりました。本当に人生が大きく変わりました。

  • 山中浩司

    働く意味ってなんなんでしょうか?

    働く意味がわからない、そもそも自分が何者でどこに向かっているのかわからないという役割混迷を起こしているのだと思います。

    人間誰もが人生を掛けてやりたいミッションや使命感に燃えれば働く意味がわからないという言葉は出てこないでしょう。
    nTechでは日本の本当の歴史から紐解いていき、日本の涙、感情に触れる事でJAPAN MISSIONを見出す事が出来るのです。

  • 大場 龍夫

    今、働く意味がわからない人が増えていると思います。意味とは、何でしょうか?
    働くこととは、どういうことなのでしょうか?働くことによって、価値を生み出しています。
    価値を生み出すことが働くことなんだ。どんな価値を生み出していけばよいのか?ということになれば、意味を理解することが必要になります。意味を理解する、意味を感じるためには、“働く”ということの位置づけを知る必要があります。位置づけとは、“働く“という行為とその他のこととの繋がりのことです。特に、歴史的な繋がり、つまり人類の歴史の本質、日本の歴史の本質からみた働くことの意味を理解する必要がありましょう。最大の意味をもたらすには、この歴史、時代を変化させていくことでしょう。そうです働くことを最大に意味あるものにするのは、時代に素晴らしい革命を起こしていくことなのです。
    歴史を回していくこと、それが最も意味あることだと思います。そのことを理解することができるのが、nTech認識技術であると思います。

  • みなみか

    働くという語源は傍(はた)を楽(らく)にする、つまり他者を楽にするの意味があるそうです。こんなステキな意味があったのに、戦争に負けて全部無くなってしまった日本は感情を切ってひたすら働くしかなかった時代を通るうちに家族の絆も絶たれてしまい、日本本来の精神性も忘れてしまって宙ぶらりんになっています。だから働く意味がわからない人が日本で増えているというのもうなずけます。その裏には日本の涙があったんだと私も初めて知りました。歴史文明、時代精神、宇宙自然これらすべてを一つに統合できるnTechを取り入れて、日本の涙をもう誰も味わわなくて済むように、世界へ新しい方向性を示せるようになる事が日本のこれからの意味ある仕事だと思います。

  • 由佳子

    働く意味がわからない…。
    夢もなく時間の切り売りして我慢してストレス溜めてそのストレス発散するために働いたお金を消費する。
    見えない力に支配された従順な家畜のようだと感じながらも、どうする事もできなくて、働く意味がわからないだけでなく、生きている意味も分かりませんでした。
    nTechと出会って学校では教えてくれなかった日本の歴史と知り、先人達の意志を知り、先人達への感謝が溢れると同時に日本人である誇りを持つことができました。
    そしてJapan Missionと出会い、働き方や仕事に対する概念も生き方の概念も今までのものとは比べようがないくらい美しく変化しました。
    世界を美しい時代へと切り拓ける唯一の道が真っ直ぐに観えたのです。
    今は世界一誇りを持てるお仕事をワクワクしながら働いています!

  • 見並圭一

    私は、サラリーマンをしていたときは、ずっと働く意味がわからないと思っていました。本当は何でもよいから熱く燃えあがれるような何かを見つけたいと思っていても、何も見つからない。nTech(認識技術)を学び、それは世界や歴史的な流れからみた今の日本の置かれている立場と同じようなものだということがわかりました。

  • 原田卓

    「働く意味がわからない」と疑問を抱いたのは、就活が始まった大学3年生の時でした。なぜ社会に出て働かなきゃいけないのか?自分は何のために働くのか?そもそも働くとは何なのか?人生のほとんどを働く時間に使うなら、働く意味がわからないままは働くのは、人生を無駄にしているようなもの。だから働く意味がわからないままではいたくない。そう考えて見聞を広げる中で出会ったのがnTechでした。
    「働く意味がわからない」という疑問に対して、思わぬ角度から答えがやってきて衝撃的でした。
    「なぜ自分はこの時代に日本人として生きているのか?」。日本の歴史的な背景と現在地、そして世界にどんな貢献できるのか。日本の使命が整理と理解が起きた時に、自然と自分が働く意味を理解することができたんです。
    瓢箪から駒なような解決策でした!

  • 中西豊

    働く意味がわからない。

    なぜ、働く意味がわからないんでしょうか?

    なぜなら、人間は働くために生まれたわけじゃないからです。

    人間が働く意味、価値を知るにはまず、人間とは何か?を知らないと始まりません。

    人間とは何か?を知るには、「人間じゃない」ポジションにいき、人間の用途、昨日、本当の可能性を知ることで、人間が分かり、人間が何をするのかも分かり、人間が働く意味、価値も理解できるのです。

    ですので、人間じゃない人間になる認識を得るためにnTechという技術を使い、働く、意味、価値を発見してほしいです。

  • Maimai

    学生を終えたら働くのが当たり前と思って就職をしましたが、会社の期待に応えようと自分の能力を磨いて実績を積んでいき、それが認められて昇進したり昇給したりすることが自分の成功だと思って頑張ってきた結果、頑張りすぎて体を壊してしまいました。その時に「私は何のために働いているんだろう?」と考えるようになり、体を壊してまで会社のために奉仕することじゃないし、お金に困っているわけじゃないし、私は一体何がしたいのか、働く意味がわからないままこれ以上頑張れないと思っていたところで、nTechに出会いました。そこで出会ったのは、単なる働く意味ではなく、自分が何者なのか、何故今の時代に日本人として生まれてきたのか、そこにどんな可能性や意味、価値があるのかが全て繋がって理解ができ、自分の生きている意味、向かっていく方向性が明確になったことで、初めて働くことがの意味がわかり、それまでの辛い、嫌だと思っていた働くことに対して、常にモチベーション高く楽しみながら取り組むことができるようになりました♪

  • かなえ

    働く意味がわからない。
    私も、以前はやりたい仕事に就けたのに、気付けば歯車の中に入って、
    いつの間にか働く意味がわかなくなり、欝々としていましたね。
    日本の歴史を辿ってみたら、戦前が「欲しがりません勝つまでは」に象徴されるように、国のために働くしかなかった。戦後は、この国を復興させようと多くの人は働くことに懸命で、技術も進歩していきました。その後バブルが崩壊し、一生懸命やっても結局報われないんだという諦めが蔓延していて、働くことの意味がわからなくなってきたのが現代なのではないでしょうか。今一度、働くとは何かもそうですし、人間とは何か、何をすべきなのかを見直すと気なのだと思います。nTechは、そのための重要なカギです。

  • sara

    生きていくために働くのが当たり前。だってご飯食べたり、住まいにもお金かかるし・・
    「働かざるもの食うべからず」と聞いていたせいか、生きるためにお金が必要だし、自分が成長するためにも働くのは当たり前だと思って生きてきました。
    ところが最近では、額に汗して人間が働かなくても、AIが搭載されたコンピュータやロボットが人間の数十倍、それ以上働くことになっていくから働く必要がなくなっていく。というより、むしろ働く意味がわからないという状況になっていきます。
    そんな時代に向かう私たちが、働く意味を再規定していく必要があります。自分の生かし方を真に理解できたとき、仕方なく働くのではなく、働くことが楽しくてたまらない状態になっていきます。nTechで自分を理解することで始まります。

  • 不知 航

    私もテーマと同じく、「働く意味がわからない」と思って生きてきました。それだけではなく、何のために生きているのかもわからず悩んできました。
    でも、nTechに出会い、日本の歴史を知り、改めて解析をし直した時にその原因がわかったんです。それだけではなく、人類歴史の涙、地球の涙、宇宙誕生の涙も理解することができ、それと繋がって生きることが出来る様になった時に、働く意味を創ることができる自分になれました。今は働くのが楽しくて楽しくて仕方ありません。

  • たのしみず

    社会人一年目、専門商社の営業をしていました。最初は覚えることが多くて新鮮だったのですが、だんだん慣れてくると同じことの繰り返しの毎日で、これがあと何年も続くのか、意味がわからないと考えるようになりました。
    このままこの会社にいて、どのくらい私は成長できるのだろう?そんな疑問を持って悶々としてのがあり、結局その会社は1年2ヶ月ぐらいで辞めました。

    なんで働く意味がわからなくなってしまったのだろうか?とnTechを知ってから考えると、そもそも自分のことがよくわからないし、自分が何者かもわからないまま働くと自分がなんのために働くかもわかりません。
    自分が何者かわかってはじめて仕事ができると思います。

    nTechは人間とはなんなのか、自分とはなんなのか、わかって仕事をするのはいかがでしょうか?

  • ピュア

    皆さんは、働く意味考えたことありますか?

    私は、あります!!

    考えたことがあるといっても、追求し続けたり

    自分が何を感じているか向き合う時間って

    ありそうでなかったなと。

    考えても、何のために働くんだ?

    と働く意味がわからない人が多いのでは

    ないのでしょうか。

    実際、私も働く意味がわからない人間でした。

    そんな私が、nTechと出会って

    なぜ私が存在し、働くとはどういうことがが理解

    できたときに 働く意味も自然と分かるようになって

    いました。われながらびっくりですよ。

  • あやか

    昔は、働くことは生きることとほぼ同じくらい当たり前のことと捉えていた気がします。学生の時から少し休みができるとバイトを入れ、いろんなバイトを経験し仕事を覚えていくことで、要領が悪くダメな自分が、できる自分になっていく達成感が嬉しかったのかもしれません。

    だけど、社会人になると、今までとは違うステージになったことを実感しました。ただできる自分になるだけでは満たされなくて、全くやりがいを感じられない日々。

    働く意味がわからないと悩みを抱えていたとき、nTechと出会いました。そしてnTechの解析を通して、日本の歴史を考えていったとき、日本人が本当にしなければならないミッションと出会い、そのミッションを通して働くことの意味が再定義されました。自分の軸とつながったことでとてもスッキリ状態になりました。

    働く意味がわからないと感じる人には、ぜひnTechの技術を使って、自分のミッションとつながることをオススメします!

  • ecco

    働く意味がわからないままで働いている人は多いのではないでしょうか?
    ほかの国は自分の家族やプライベートを重要視している国も多いなかで、
    自分の事を犠牲にしてまで会社のために尽くして働く人たちを見て、何のために働くのか、日本人の働き方にも疑問を持っていたのと、働く意味が分からなくなっていました。
    nTechを学ぶと、今の日本がなぜそうなってしまったのかを紐解く事ができ、そこから今の自分や日本を見た時に新たな道が見え、働く意味がわかってきました。

  • しげみ

    私は、自分の進むべき方向性、自分にいったい何ができるのかを求めてきました。仕事には就くけど本当にこれが私のしたいこと?そんなことを何度も感じてきました。働く意味がわからない、この仕事をする先に一体何があるんだろう。。。そんなことも感じながら働き続けました。熱くなりたいのに熱く成りきれず、熱中したものも見つからない。どこかいつも冷めていて。。。そんな自分の状態がどこからきているのかわかりませんでした。でもnTechと出会って日本人のこと、日本の事を知れば知るほど今の自分の状態がなぜそうなっているのかがつながる世界がありました。日本人の中にある本来の性質、それが今どうして全くといってよいほど活かされていないのか。そこには明確な理由があります。もし今あなたが熱くなれないとか、本当はこんなもんじゃないって思う気持ちが少しでもあるのなら、nTechと出会い日本の歴史や日本人こと、人間のこと、あなたの可能性について理解してほしいです。働く意味がわからないということは、自分の生きる意味がわからないことにもつながる事だと思うので、是非働く意味、生きる意味に出会ってください。

  • 白鳥健

    「日本の歴史」といった時に、縄文、弥生、平安時代から戦国時代、江戸時代、そして明治の初めくらいまでは学校でよく教えるけど、だいたい授業時間が足りなくなって近現代史は簡略化されがちではなかったでしょうか。働く意味がわからない、日本人がその状態に陥る原因はその近現代史にあるのに、なぜそこから教えることをしないのか? それは、どのように底の歴史をとらえればよいのか、日本人が定められていないという現状があります。あの戦争はなんだったのか、そのあといったい何が起こったのか。
    働く、ということを、ただ一個体が生存するための口実にしたくない、という日本人の意識は、根底で個人主義の波と戦っています。その反発が、働く意味がわからない、という痛切な意識として表面化しているのではないでしょうか。

  • 澤田祐子

    働く意味がわからない。
    現代はこれだけモノや情報が豊かになり、戦後復興のように一心不乱に働くことで未来を創ることがモチベーションにならない時代ですね。"働く意味がわからない"という表現が横行することはよく理解できます。そして今はアメリカン・ドリームを掲げてつくられた土台が崩れ、本来の日本の姿が現れるタイミングです。nTechは日本の近代、明治維新から終戦の歴史を日本の深い精神性、不動心や武士道をおかすことなく、本当に成し得たかった日本の未来を誇り高く解析します。私はnTechに出会って、日本の美しさ、今まで蓋をして観ることができなかった戦前、戦中、終戦の経緯に初めて触れるような感覚になりました。それまではどこか私には遠い話のようでしたから。それによって、私の働くことに対するモチベーションは変わりました。誰かに言われたからやる、という受動的な在り方から、主体的に働きかけるようになりました。働くとは人が動くと書きます。日本の歴史を再認識することを通して、働く意味を考え実践できるようになると思います。

  • vosaraicesara

    「働くってなんだろう」なんていう問を持つことなく生活のために必死に働いてきた20代。しかし、その仕事に疑問を持ち始め、「自分はどんな仕事をするために生まれてきたのだろう」という疑問を持ち始めた30代前半。その後nTechに出会って、「働く」とか「生きる」という概念が、言葉に言い表すことができないほど一新されました。nTechに出会う前までは、ただ周りが働いているから、自分も働かなきゃいけないんだろうな、くらいの気持ちでなんとなく流れに任せてきたのだと思います。nTechを通して、日本の歴史や精神性など、日本の背景が丸ごと理解できたことで、本当に自分がしたかった仕事を自然に見つけることができました。働く意味がわからない方も、そうじゃない方も、とにかくnTechに出会って働くことの素晴らしさに出会って欲しいと思います。

  • elly

    働く意味がわからない。
    私も以前何のために働くのか、お金のために働くことに疑問を抱いていました。
    nTechを学び、日本の歴史の再解析が進む中で、日本人がどのような想いで、明治維新を成し遂げ、近代化を進めたのかが理解できました。当時日本全体で、すごい勢いで産業化が進みましたが、崇高な精神から出発しているので、働いている感覚が全く違っていたのだと感じています。
    今でも当時の日本人の姿勢態度に学ぶことが多く、自身も日本人として大きな仕事を成し得ていく使命感を感じています。

  • misa

    日本人はとにかく勤勉でNOをせずに働き続けるのが世界でも有名よね。
    だけど、なぜ何のために働いているのか?はまったくわからないまま頑張ってきて、もう疲弊しまくってる…。
    というのも、そうなった裏には日本の歴史があって、その歴史からくる教育にヒミツがある。
    なぜこんなにも日本人は働く意味がわからないまでになったのか。

    学校では教えない、nTechからみた歴史と出会ったときに、働く意味がわからない自分や日本の現状がよくみえますよ。
    そしてその突破口も!

  • masaco

    ひたすら熱心に働く父や祖父母の姿をみていたことが影響してか、自分も情熱をもって働きたいと自然に思っていた。
    生活のため、世の中のため、少しでも良くなるために働いていた彼らは、焼け野原となったところから高度経済成長を遂げた日本の戦後を支えてくれたのだと思う。
    物質的に満たされた時代となった時に、働く意欲に満ち溢れていたものの、私は何のために働くのか、働く意味がわからない状態になった。
    が、nTechと出会い、“全体”を知ったときに、自分とは何か、人類がどこに向かうべきか、日本の使命が明確となり、自分の命と時間とエネルギーを投資する先が定まった。

  • のぶりん

    人間ならば、誰でも少なからず使命を持って生きたいと思っているものです。

    そんな私達が、機械の歯車の様に感じる仕事や、残業が多い仕事、自分の意見が全く通らない仕事など、人間がしなくても良いような仕事ばかりしていると、「働く意味がわからない」と思ってしまう事が多いと思います。

    そんな時、nTech を学ぶと日本人なら誰でもが、時代の荒波によって「働く意味がわからない」状態になってしまう現在地がわかり、
    更に、人間とは何なのか、働くとは何なのかという事が、自分自身と繋がって、使命やビジョンを持って生きる事ができるようになります!

  • Hiromi

    “ 働く意味がわからない ”と思うのは、この日本では当たり前なのだと思います。
    戦後日本は、余りにも精神性が高かったために、アメリカの政策で骨抜き教育がなされています。逆らわずに支配しやすい日本人になってもらわないといけないからです。
    そして、更に戦争犯罪国家の烙印を押され、ただただ奴隷のように働いていました。

    でも、もうそんな時代は終わりです!
    今ままでのNOが言えず自ら考えられない日本人も、nTechを使い歴史の再解析を知れば、自ら事に仕えることを誇りに思い、自ら意思決定できる日本人になって、新しいゲームをワクワクではじめられるようになるのです。

  • naomi joy

    私たちが日本のメディアや教科書などから得られる歴史観には少し歪みがあります。歴史=自分のアイディンティティー形成につながるもの。
    特に近代、現代の日本の歴史を客観的にnTechで紐解くことで、自分自身が何者であるのか、また、自分がどんなに価値があるのかが
あらゆる方面で理解できます。今、「働く意味がわからない」という方は「働く意味を追求する自分のアイディンティティーが曖昧、ぼんやりしている」人だと思います。そのはずです。そのことに気づき、人間最高のアイディンティティー教育であるnTechを海外で1週間かけたとしても学ぶことが、令和時代を生きる上で必須だと思います。

  • 古川いずみ

    nTechに出会う前、生きる意味、働く意味がわからない時期がありました。毎日、同じ時間に満員電車に揺られ、同じ場所に行き、同じ仕事をし、退屈でマンネリで、失敗すれば怒られるし、溜まったストレスを週末は買物したり、美味しいもの食べたり、スポーツジムに行って発散してました。
    それをずっと繰り返すうちに、生きる意味、働く意味がわからなくなってたんです。消費と浪費。ひどく生産性が無いような気がしてましたし、家畜になったような気もしてました。

    そんな時に出会ったのがnTechです。この宇宙の仕組みを知る事が大事と聞いて、おススメされたセミナーに参加した際、すごい認識体験をしました。目を開けたまま、模様形が見えてるまま、自分と自分の宇宙がキレイに消えたんです。
    そこから自らの意思で自分と自分の宇宙を立ち上げられる事を論理とイメージで理解したとき、感動して私は涙が止まりませんでした。さらに、元々持ってた日本人の高い精神性が第二次世界大戦後から殺されていた事も知りました。そこから私の生き方、働き方が全く変わりました。
    生きる意味、働く意味から自由になった時に初めて、生きる意味、働く意味が輝きはじめ、おまけに日本人であることのプライドを持って日々生活できるようになりました!
    本当にこの技術はプライスレスだなあと、毎日スッキリワクワク働きながら実感してます(^^)
    これを読んでくれてるそこのあなた、スッキリワクワクの生き方、働き方、手に入れてみませんか??(^^)

  • 大川 真

    昔から何をするにおいても、その意味をよく考えていました。勉強する意味、運動する意味、働く意味、その度に考えても答えがなかったり、人から考えても仕方ないから考えるな!と言われたりしていました。勉強する意味まではまだ良かったのですが、働く意味がわからない時はよくあって悩む事が多かったです。nTechはその質問に対して、どストレートな答えを得ることができます。本当は人間は考える生き物なのだから、考えたり悩んだりすることは自然なことです。それを無理に止めようとすれば、逆に病気になってしまいます。だからこそ、考えに対して心の底から納得できる答えと出会うことで、スッキリワクワク行動できるようになります。

  • htakamura

    「働く意味がわからない」って今の時代、特に凄くあると思います。
    私は昔「生活の為」に働いていましたが、働いてある程度慣れてくると毎日同じ事の繰り返し。会社でやる事は決まっているから、次第に何のために何故働いているのかわからなくなっていました。転職をしても、結局何も変わらず同じ事の繰り返し。旅行とか遊びで気晴らしをしても、結局何もかわらない。根本的な所で、心が満たされる事が全くありませんでした。

    そんな時、nTechと出会い、歴史からも紐解いて全てを理解する事で、今の時代と日本の役割。そして、働く意味=生きる意味も価値も全部自分と繋がり、理解納得行動する事で、今までにないわくわくな毎日になっています。出会いは奇跡です。興味がある方は是非nTechを取り入れてみてください。

  • 亀井 薫

    私は働く意味なんて全然考えて来ませんでした。ただ、仕事があり、励み、1日を過ごす。一生懸命に今を生きていましたが、自然と忙しさの中で心は死んでいました。

    そんなときにnTechと出会い、
    本当の日本と出会ったのです。

    いまここの人生と繋がった歴史と出会いました、日本の外から日本というものを見たときにどれだけこれからの希望の国なんだ!と。そしてその国に生きてる自分って。。

    働く意味がわからない自分は、未來のために働く自分へと明確に変化しました。

    あなたと日本を出会わせたい。

  • 明楽

    科学技術の進化が止まらずAIが登場した今、人間がしてきた仕事はどんどんAIが代行していくので、働く意味がわからない人は増えていくんじゃないかと思っています。
    これから一生懸命資格を取ったり技術を磨いても、AIにすぐ抜かれてしまう。それじゃあ人間にしかできないことは何なのか。自分にしかできない働きはなんなのか。その答えを知る必要があって、私もたくさん探しました。nTechと出会ってからは、自分の生きる意味もみつかり、自分にしかできない仕事をみつけました。毎日がワクワクしています。

  • イワミユカ

    働く意味は、自分の生活の為や家族の生活の為だったけどその目的だと長続きしないのですよね。毎日同じルーティンをこなすだけで休みもパッとせず毎回同じで飽きてました。n Techを学ぶようになって仕事はすごく楽しいです。チームプレーしながら喜び悲しみ悔しさを共有して創り上げていくことに喜びを感じます。そしてそれはまさに、日本の和の民族ならではなのかもしれないですね。

  • とみざわりょうた

    nTechと出会う前の私は働く意味が分からず困り果てていました。なぜなら自分がそんな状態だったとしても、大学を卒業すると同時に就職し働くことは当たり前化されており、心が追いつかないまま就職活動をしている状態でした。それでもやっぱり働く意味を見つけてからでないと働くことが難しいと感じた私は、海外に言ってみたり、色々な人と交流したり、本などを読んだりして働く意味を見出そうとしましたが、なかなかうまく行きませんでした。

    そんな時にnTechと出会い、nTechから観た日本の歴史を理解した時に、今まででは考えられないほど「働きたい!」という意欲がわきました。

    ぜひ働く意味がわからない人も、日本の歴史に詳しくない人も、nTechを取り入れてみてください!

  • Mami

    ただ支持されることをやったり、お給料の為に我慢してやりたくないことをやっていたら、何の為に働いてるのかと虚しくなったり、働く意味がわからない気持ちになることはすごくわかります。私もそれが嫌で、何の為に生きてるだろう?何をやりたいんだろうと若い頃ずっと模索してました。
    私はnTechという、宇宙や自然や歴史文明と今ここの自分が繋がる壮大な教育技術に出会い、人生変わりました。
    nTechに出会った多くの人達は、小っちゃな働く意味ではなく、人類の涙、歴史の意志を受けとめ、日本人としてこの時代にどう生きるかというような、大きなモチベーションが溢れるようになります。
    AIにより人間の存在意義が問われる時代こそ、幕末の頃のように、日本人が大きな志を取り戻し、熱い日本人が増えたらいいなと思います。

  • erina

    働く意味がわからないというのは、まさに、20代の頃すごく思っていたことです。とりあえず生活のために働くとか、社会人になったから就職するといった、レールが敷かれた上を進むのがかなり違和感があったのです。でも、nTechに出会って、真理に基づいた働き方の段階を知り、とてもスッキリしました。自分が本当にやりたいことは何なのか、今この時代に生きるわたし達がやるべきことは何なのかが整理できて、それを実践するのが楽しい毎日です。

  • クッチー

    働く意味がわからない。そう思っていました。
    大学を卒業して、企業に勤めたんだから、もっとやりがい持ってできるはず!と思っていたのに、いつもここで働く意味がわからないけれど、他にやりたいこともない そんな状態だったんです。

    そうなっちゃう原因が戦後の教育にありました。
    昔はあったはずの日本の哲学、精神性、歴史といったアイデンティティを形成する教育は排除されて、
    正解を暗記して答える暗記教育。自ら考えて答えを導き出す人材を育成する教育ではなく、外に答えを求める他人軸、いわば支配下におきやすいイエスマンを量産する教育をうけてきたんです。

    本物の主体性、自発性、自営性を持って、働くことが、生きることが、チャレンジすることが楽しくてたまらない!そうなれる道具がnTechです。
    ほんとうに多くの日本人にであってほしいです!!!

  • たま

    働く意味がわからないと小学生にいわれたことがあります。学校現場で働いていた私は、かける言葉がみつからなかったことを、今この瞬間のことのように思い出せます。つないでくれた命だから、未来につなげている責任があるからなど、いろんなことが言えるけど、どれも「今ここ」の答えではありませんでした。だから私はかける言葉がみつからなかったのです。でも今は明確に伝えられる確信があります。人間が何を繰り返してきたのか、自分と歴史がつながっていないから、自分と宇宙自然がつながっていないから、問題を明確にすることができなかったのです。nTechでそれを完全に観察することができたので、今は人類共通の夢に向かって生きること、働くことがものすごく楽しいです。

  • まる

    働く意味がわからない・・・。とにかく生きていくために働かなければならないと思っていました。お金がないと生きていけない仕組だし、お金を得るためには働かないといけない。だから働く事に意味なんて求めていませんでした。だけど、nTechと出会って、自分の生きる軸を定める事ができたので、それでお金を頂くということに喜びを感じる生き方ができるようになりました。

  • こみず

    今の時代、働く意味がわからない人は、健康的だと思います。
    真っ当に考えたら、本当に働く意味がわからなくなって当然だからです。
    私自身、薬剤師をやっていたけれど、薬は人を治すものではないし、医療は資本主義の駒でしかないことに気づいて働く意味がわからなくなりました。
    今は時代のパラダイムが変わる時です。
    今までのパラダイムは賞味期限が切れているので、当然そのパラダイム上にある仕事も賞味期限切れです。
    新しいパラダイムをつくりましょう。そして新しい仕事をつくりましょう。
    それができるのがnTechです。

  • miracle369

    働く意味がわからないのは、誰かがつくった意味価値に支配されたくないということだと今は解析しています。だって働く意味なんて自分でつくるものだから。それほど自分で決めない習慣をつくる現代教育があったのだと思う。暗記教育で正しい間違っているで正解を出すテスト勉強の世界から、社会に出ると何が正しく間違ってるなどは、国や時代や身近な人間関係の中でも部分的に共通ぽいことはあっても、実はみんなバラバラ。だから意味を外に求めて正解を求める限りわけがわからなくなるのは当然だったんです。
    nTechは外に依存してきた価値を自らの中から出発できるように回復していきます。判断の生まれる原因から解き、創造主である自分と出会います。そこから初めて意味がやっと生まれるんです。

  • さかなゆう

    日本ではなぜ学校で近代史を学ばないのか知ってますか?
    それが働く意味がわからないこととどう繋がるのかは、わかりますか?

    日本の学校興味から抜き取られている近代史を知らないことと
    働く意味がわからないことは、実は深いところで繋がってきます。

    日本人が本当にやりたい仕事があります。
    日本人の根っこを今は切られている状態なので、中途半端な働き方に対して、こんなことはしたくないって思うけど、じゃあどこにエネルギーのぶつけたらいいのかわからない状態。

    日本はこんなもんじゃない!nTech創始者のnohさんがよく叫んでますが、実際nTechを使って、一番客観的なところからみたときに凄くその意味がよくわかりました。

    日本は中途半端な仕事をする国ではない。
    世界のリーダーシップとるような国。
    だけど、あり得ないと思うのは、環境によって創られたメガネを通してみているから。

    客観的事実と出会うためにも、まずは観点から自由になる必要があります。

    そこから日本を観たときに美しい日本と出会えます。
    そして、それは全体主義も個人主義もこえたところ。
    なぜ今働く意味がわからない人が増えてるのかよく理解できて、スッキリしたうえで、その先で
    ひとりひとりが働く意味価値を自ら見つけられるって胸をはっていえます!

  • aiko

    働く意味が分かっている人は、逆にどれくらいいるのでしょうか。誇りを感じ、やり甲斐を心の底から感じている人はどれくらいいるのでしょうか。誰しも、生まれてきたからには最高の天職と出会いたいと思っているはずです。私は、働く意味がわからない人がいることそのものが、この時代のSOSであり、それを解決できる職業が多くの人から愛され、尊敬される仕事になると思っています。nTechは、働く意味価値がわからないところから、無限大意味価値を感じ、エネルギーが溢れる状態にしてくれる技術です。ぜひ、そこで悩んでいる方はnTechを知ってほしいですね。

  • やなぎ

    nTechを認識技術を学んで実践していくなかで実感していくのですがそこで得ることは、今の自分と繋がった理解です。余すところなく全てと繋がった理解となるので、今までの日本の歴史や時代の背景からの今この時代や私達との繋がりが持てます。
    ですので、働く意味がわからないのは何故か?!ということが納得いくのです。しかも、今までにないアプローチから一掃されます。

  • ろい

    人生にどんな生きがいを求めるのかは大事だと思います。その中で人生の大半を占める仕事に楽しさを感じない、働く意味がわからないということを感じているとしたら人生を満喫しているとは言えないのではないでしょうか?
    人生という長い時間の中で大半を使うわけですし、何より働く意味がわからないということは人生を生きる意味がわからないにもつながてくると思うからです。働く意味を見つけるには、自分自身が何者か、そして何をしたいのかがわからないと見えにくい問題だと思います。そして、その問題に対するアプローチをしていない現代の教育にも問題があると感じています。

  • mizu

    働く意味がわからない
    なぜ働く意味はわからないのでしょうか??それはそもそもなんのために生まれてきたのか、自分はどこから来てどこにむかうのか、がわからないから、そもそも人間とは何なのか?もわからないから、本当の意味で働く意味なんてわからなくて当然なんです!
    特に日本人の歴史的背景を見てみると、もともと精神性が高い日本人でしたが、敗戦やバブル崩壊を経て、アイデンティティが危機です。
    その日本の涙も昇華させることができるのがnTechでもあります!

  • あかり

    はじめは夢や希望を持って働き出すんだけど、どんどん働く意味がわからないと思ってしまう。機械のように働いてお金を稼いで、自分の欲求を満たす為にお金を使って、またその為に働く。何の為に働いているんだろう?って思ってました。そして、何の為に生きてるんだろう?って生きる意味価値も分からなくなっていました。
    そんな時に出会ったのがnTech。
    人間の心も機械なんだって、条件反射でしか反応していなかったと分かりました。今ではnTechによって、働く意味価値を自らつくり深める事が出来るようになりました。

  • 高橋恵

    働く意味がわからないし、答えを知ってる人がいるなんているのかな?
    そんなことをよく思ってたし考えていました。
    何の為に生きてるのかもわからないし、大人は教えてくれないとずっと思ってました。
    学校の勉強もわからないし、こんな勉強して意味があるのかってずっと思っていました。
    特に歴史と自分が繋がらなかったんです。
    しかし、nTechを学び歴史を学びなおすといかに日本人として生まれた自分を誇りに思えました。
    だから多くの人に知ってもらいたいと思います。

  • miisan

    子どもの頃は、大人になったら働くものだと、当たり前のように思っていました。「働く意味がわからない」という状態だったと思います。そしてそんな人たちが増えているということは、終戦後の何もない時代に余計なことは考えず、働くこと=人生というように生きていた私たちの先祖の方々の生きぬいた時代。その時代からの流れでずっと働き続けてきた日本人が、ここでやっと立ち止まって何が始まりで、どこからどこに向かっているのかの自分の現在地を考えざるを得ない時代になってきたんだと思います。nTechでは、人間とは何なのか、何のために、どこに向かっているのかを知ることができます。自分が何のために生まれてきたのかが分かるから向かうべき方向性も自ら決められるんです。働く意味がわからない人には超おススメです。

  • 働く意味ってなんだと思います?
    生活していくために…
    やりたいこと(欲しいもの)があるから?
    …たくさんあると思います。
    しかし、働く意味が分からなければ、ただただロボットのように決まったように動いている……
    それはとってもさみしいですね。
    しかし、今、働く意味がわからない人が増えていると言います。実際、働いて意味価値を感じない人も…
    それだけ世の中に我慢があふれているとも言えランだと思います!
    nTechを知るとお互いに我慢し合う働き方ではなく、お互いのステキなところを活かし合う、お互いの苦手と感じるところを補い合う!そんな関係性での「働く」が見えてきます!

  • だいとう おりえ

    生きる意味がわからなかったので
    働く意味もわからない状態でした。

    衣食住の為に働くのか?
    なんだかそれでは、みじめな気持ちになりました。

    なぜなら、周りの人はもっと立派な理由で働いているように感じてしまったからです。

    衣食住の為に我慢して働いているなんてかっこ悪いと感じていました。

    世の中を変える立派な生き方、働き方が正しい、カッコイイと思っていました。

    nTechでは、今ここ奇跡、今ここ神秘神聖で生きることができます。

    そうなると、どんな感情も、どんな意味も、どんな状態も、美しく観えました。

  • YOKO

    働く意味がわからないと言う声を聞くことが多いですが私もその1人でした。学校を卒業したら働くのが当たり前。働くのは当然でなぜ働くのか。働くとは何なのかわからずにいました。働かないと生活が出来ない、ただ、それだけでした。誰にも教えられてないし、あえて聞くこともなかったです。
    nTechを学ぶとまずはどんな人になって何をやるのかが明確になります。やることばかりにスポットを当てると見えないことがどんな人になるのかの在り方を見ていくことで「働く」意味・価値が見えてきます。
    自分を知ること=日本を知ること。nTechではこのふたつが分離することなく理解が出来ます!
    日本、自分を知りたい方はぜひnTech学んでみてください(^^)
    新しい人生がスタートできますよ☆

  • morphie

    働く意味がわからないというのは、社会人になってからずっとつきまといました。
    私は当時ある方のご縁で会社に入ったのですが、出社初日から「○○さんは、東大出身慶応出身どちらでしたっけ?」と聞かれ幼稚舎から慶応でしたと話したら、ご本人は東大だったので残念そうな顔をされて。
    優秀な人がたくさんいるとは思っていましたが、そんなところで判断するのを見て、私もガッカリしましたし、何かここで働いたってネジ一本だわと最初から自分がそこにいて働くことに対する無意味無価値を感じていましたね。

    nTechと出逢い働くことは本当に楽しくて疲れない、やればやるほど自分や他人、チームや社会、国全体の進化とも繋がって意味価値を感じながらやれるようになりましたよ!昔若返った感じがします!

  • そのだ

    私は以前は働くということと、自分がやりたいことがつながっていませんでした。働く意味がわからないという人は現代人にたくさんいると思いますが以前の私のように自分とつながってないからなのではないかと思ってます。働く意味がわかるためには自分のミッションがなんなのか、自分自身を知ることがまず大事かと思います。自分自身を知ることで仕事と自分がつながってくるはずですし、人間関係の作り方も変わってくるのではないかと思います。

  • cheerwave

    資本主義の海(環境)のなかではきっと、本当の意味で働く意味がわからない。なぜならば、お金は誰もが使える誰に対しても平等なものだけれども、格差を生み出してしまう。お金が優先になり本来その人が持っている可能性や能力を無限に発揮できる機会を失くしてしまっている。お金も時間もエネルギーも消費するのではなく、無限の可能性からやる気を生み出す生産に幸せを感じられることでお金も自然とついてくるもの。だから働いていてもつまらないし、モチベーションも上がらないし、働く意味がわからなくなってしまうのは当然のこと。nTechでは、今までの時代とこれからの時代の働き方も明確に理解ができるし、AI時代に無用者階級が生まれるといわれるなかで、nTechの教育を活用した新しい職業も生まれています。心の時代に突入している今、心とは何かがわかることで働くことの意味も見出せるし、さらには日本の可能性にまで出会えてしまう。人種差別の格差を許さない、格差をなくそうとアジアの代表として戦った日本。人間という共通の心、日本という集団の心でありエネルギー、そして精神に触れた時に初めて自分と繋がって、働くことの意味がわかりそこに対して、時間もお金も考えもエネルギーも投資しながら、やる気やモチベーション、アイディアもどんどん生産していくことができる。だから働くことも楽しくなるし、そんな仲間同士でチームプレーすることもものすごく楽しくて、愛情を持って関われるようになり、感動の関係性も構築していくこともでき、誰もが憧れる組織をつくることができる。働くことに希望を感じることができること間違いなし!

  • あさりー

    なんで働かなければならないんだろう…?
    働く意味がわからない…

    nTechに出会う前はよく思っていました。

    働く意味の前に、生きている意味がわからなかった。そことつながらなければ、仕事の意味もわかりません。
    特に、日本人は敗戦以降、政策によって考える力を徹底的に骨抜きなされています。
    自信や誇りも失い、何を軸に考えていいのかわからなくされてきました。

    nTechは世界史、日本史、自分史の再解析を行うことで本当に知るべきことと出会うことが出来ます。
    そこと出会うことで生きる意味も働く意味も、自然とわかってきて日々活力が湧くようになります。

  • Natsuki

    "与えられたものをただただこなすだけ"こんな人間ではダメだと世の中ではよく言われます。もちろんそうですよね。ロボットのように自分ではなくてもできるのなら、自分が働く意味がわからない人がたくさん増えてしまいます。
    nTechでは、これを個人の問題とは捕らえず、日本という集団の無意識がそうさせているという整理をします。そしてその無意識が作られた背景に、戦後アメリカの政策があります。
    nTechは、そんな日本の涙を癒し、アメリカも抱きしめていけるVisionを描いています。

  • ぽえっつ

    本来の日本人の精神性が強靭過ぎて、アメリカにとって、日本の存在は脅威でした。

    アメリカGHQの緻密な戦後の戦略で、あの日本人が、働く意味がわからない、にまで白痴化されている今があります。

    働く意味がわからないのは、私たちが意図的に教えられてこなかった本当の日本の姿、日本の歴史をnTechで紐解くことですべて見えます。

  • 相良真史

    働く意味がわからない。ただ機械的に、与えられた仕事をこなし、生活するために必要なお金を稼ぐだけ。そこになんの感動もない。私も含め、現代人の多くはそのような現状だと思います。
    それがnTechを学び、日本の歴史を解析していく中で、日本がなぜこのような状況に置かれてるのか、そして日本が本来どれほど素晴らしい国なのか。知れば知るほど心から感動して涙が止まらなくなる想いでした。
    働く意味がわからない。それは日本人の尊厳が傷つけられてきた結果であり、尊厳を回復していくことによって、どんな仕事もほんとうに貴い仕事であることが深く認識できるようになりました。

  • midan

    働く意味がわからないという考えは就活を迎える現代の若者に特に多いかと思います。
    当たり前のように学校に行き、就職をし、仕事をする流れができていて、それで良い時代はあったのですが、働くことがストレスでしかないと感じることが多くなった現代では悩みも増えています。
    日本の歴史を紐解くと日本の可能性を感じることができます。
    脈々とつながっている歴史の流れと今ここ現代を解析した時に、私は今の時代を生きるミッションに出会えました!
    本質の流れを観ることは今の時代を生きる意味や目的にもつながります。

  • こまったちゃん

    働く意味がわからない。そうですよね。わたしも昔はそう思ってましたねぇ。ただ数十年生き延びるために必要なエネルギーを得るための活動にどれだけの時間を費やすんだろう。我慢してお金をもらうんだって、よく耳にしたものです。本当はもっと意義あることに自分の命を使いたい。最高の仲間と大きな仕事をしたい。でも、お金も人脈もない。周囲からも無理だと言われて自分でも諦めてしまう。そんな人こそ是非、日本の歴史に触れてほしいですね。わたしはnTechの歴史解析で日本の歴史に対するNoが解けた時に、誰もが本当に熱く燃え上がりながらできる仕事があり、日本にもそんな時代が、そんな人たちがいたから今があるんだと思うようになりました。

  • クマ

    働く意味がわからない、お金のために・生活のために働いているという人は多いのではないでしょうか。日本の歴史という事ですが、かく言う私も日本の歴史にはnTechを学ぶまでは全く興味がありませんでした。
    しかし、nTechの深い日本の解析を学ぶ事で、今自分がここにいることと日本の歴史の繋がりが分かるようになりました。自分一人の人生から、より大きな人生に変わる事ができましたし、歴史を学ぶ事で感謝の心と、その涙を観ることができるようになりました。
    働く意味も、より大きな視点からみる事で持つことができるようになりました。

  • 磯原正行

    働く意味がわからないという考えは、答えが出ないので考えても仕方ないと思っていました。
    成功哲学の本などで、人生の終わりから逆算してどう生きたいかを考えることで、今自分がやりたいことが明確になると聞いていましたが、どうしてもそこがはっきりしませんでした。
    nTechでは、どこに向かうのかだけでなく、どこからどのような状況で今ここにいるかを歴史の解析をもとに知ることができるので、働く意味も知ることができました。

  • 山口禎子

    AI時代、ホモ・デウスに出てくる未来は「無用者階級」が量産される社会になっていったら、
    私たち人間は何をするのでしょうか?
    そんな未来が描かれている今、働く意味がわからないと思う人は少なくありません。
    これから未来、どう働いていけばいいのか、どう生きていけばいいのかという「人生論」を考えるためには、
    出発から考える必要があります。それは、自分の生まれた出発よりもっと遡って、日本の歴史、始まりよりもっと遡って、
    人間のこれまでの歴史、始まりよりもっと遡る必要があります。
    人間が始まる前、地球、太陽系、銀河系、宇宙の始まりまでも繋がっているので、遡って考えなければ、答えを出すことはできません。nTechでは、「宇宙論」と「人生論」を一貫した整理で理解することができ、自分のこれから行くべき道をみつけることができます。全体がわかったら、そこに集中することもできるので、ぶれることなく一貫した生き方ができると実感しています。

  • 高橋美里

    働く意味がわからない、私が現役で理学療法士として働いていた時、その疑問にぶちあたりました。人生において働く意味がわからないのは、かなり困りますよね。働く意味を知るためには生きる意味を知ることから始まります。nTechは今までの生きる意味、働く意味を歴史と今ここを繋げながら学び、生きる意味、働く意味を新しくDefineできる技術です。ぜひみなさまも出会ってみてください!

  • さやか

    大学生ときの私は働く意味がわからない状態でした。小学校、中学校、高校、大学へ行きそのあとは就活をして会社に勤めるのが当たり前の社会で。そのレールが敷かれている上をそのまま行くことに対してつまらなさを感じていたんです。働くことが楽しそうだと思える人はごくわずかで大半の大人は働くことに疲れているようにみえました。生きるためにはお金が必要で、お金を稼ぐために仕方なく働く。そんなイメージだったんです。でも、本当の仕事ってそういうものではなくて、使命というか、私たちにしかできないこと。情熱的なものなんだなって本当の日本に出会って気づきました。

  • みもざ

    働く意味がわからないという人が増えています。その過程には、情報がいつでも手に入り、楽にお金が手に入れられるように見せられたり、相対比較をして自分の存在意義を疑問視してしまうからなのだろうと思います。

    ただ生活のためだけに働くというのでは、働く意味が分からなくて当然です。しかし、それが日本の歴史と繋がってなるほど理解できる。

    nTechでの解析はその歴史を紐解くことで、私たちのやる気や自信にも繋がるので、一度知っておくことをおすすめします。

  • 安田真理

    人の役に立つためだけに働いてきました。それが正しいと思って生きてきました。しかし、理学療法士(以下、PT)をしていても、やる気のない患者さん、病気までしたのにリハビリしたくないとPTを嫌う方々もたくさんいるわけで、、、そんな人ばかりに会うと、自分は何のために働いてるんだ、、、働く意味がわからない時期もありました。

    nTechを学び、わたしは無意識のうちに、『わたしは、役に立てない愛されない人間だ』という思い込みのID(アイデンティティ)からしか、常に現実を解析できていないことを知り
    役にたつか、立たないかで全てをジャッジしていたことを理解しました。

    今では、思い込みからのIDではなく、自らが主体的にIDも設定できるようになり、毎日働く意味を自らが創造して楽しめるようになりました^ ^

  • こうた

    働く意味がわからない。さらに、歴史になんて興味ない。
    そんな私は人生に意味を持つことが難しかったです。気づいた時には人生は始まってるし、死んで終わるわけにはいかないし、周りを観察して真似して生きるしかない、生きることを選択したことなかったです。
    nTechを活用することで、歴史とも日本とも宇宙とも繋がって今ここ生きることを選択して主体的に人生をつくることができるようになりました!

  • みなも

    働く意味がわからない。それを違う言い方をすれば、自分の存在価値を感じられないことにつながるのではないでしょうか?
    いつも間にか、幸せを得るための道具であるはずのお金が目的になり、お金に支配されて、やりたくない仕事を奴隷のようにやっていては、そうなるのも無理はないと思います。この社会、現実は作くられたルールにのっとって出来ている。だけど、そのルールがわからない。ゲームの中にいることに気付かず、そのルールもわからず、流されていきている。そのゲームから出て、新しく自分のゲームを作って楽しめる技術がnTechです。

  • bonatakato

    誰もが大和魂を道具にすることができる技術が、nTechだと思います。

    この体での経験体験からモチベーションを生成するのではなく、人類の歴史文明の経験体験からモチベーション生成をすることができるので、

    常に最高のパフォーマンスを発揮することができるのです。

    学生時代、日本史の偏差値が35だった私が、今はワクワクな心で日本史を学んでいます

    ぜひ、nTechを通して、日本との出会い直しをしてみてください♪

  • Callinger帆足

    「働く」って何だと思いますか?
    以前の私は生きていく為に必要なお金を得る為に働かなければならないという意識で働いていました。
    しかし、会社や上司の奴隷のような働き方をして、苦しんでいました。
    なぜこんな想いをしながら働かなければならないのだろう?
    働く意味がわからない状態になりました。

    戦後の日本は大量生産、大量消費で高度成長を遂げました。しかし、パブル崩壊後、経済の長期沈滞化し、どれだけ働いてもそれが幸せに直結するとはイメージしづらくなっています。

    nTechを活用して日本がどんな歴史を辿ってきたのかを整理した時に、生き方と繋がった働く意味が分かりました。

  • kenmiura

    改めて思い出したのですが、小さい頃に働く意味がわからないとずっと思っていました。

    母親も仕事をしていたので幼少期に、「なぜお母さんは、ずっと家にいないんだろう?」

    そして、いつも自由でストレスがなさそうな祖父母をみながら「自分も祖父母のように生きたい」と思っていました。

    欧米での労働に対するイメージは、「搾取階級、奴隷」のような支配されるイメージですが
    日本は「勤労、勤勉」という言葉があるように労働も学びとして遣り甲斐を感じれるものだったはずです。

    近江商人の言葉に三方良し(売り手、買い手、世間良し)という今の時代が必要としているwin-win、All-win
    という概念を昔から大事にしていたのです。(明治や戦後間もない頃もまだそのような習慣はあったと思います)

    しかし1960年位からは、欧米の価値観(政治、経済、教育、文化)によって
    多くの日本人が、お金の損得論理だけで労働しているのが当たり前のように感じます。

    nTechを通して、人間の本質的ニーズが喚起されAI,Iot時代を補う次世代教育サービス産業、
    職業、Teal組織のような企業がどんどん誕生してくる思います。

  • miwa

    働く意味がわからないと思うのは、自分に対する無力感・虚無感があるときではないでしょうか?

    どうせ自分が働いても働かなくても世の中は何も何も変わらない。
    言い換えると世の中と自分のつながりがわからず、分離が起こっている状況と言えます。

    歴史とのつながりも同じ。
    自分が生きている時代と過去の歴史の脈略がわからなければ、自分が行くべき方向性がわかるはずもないですよね。

    nTechからみると生まれた脳の初期設定のままでは分離感は当然です。
    そして日本がここまで無気力状態になっていることも必然なんです。

    すべてのつながりをみる解析力を持ったときに初めて、無限のやる気自信エネルギーが湧いてきますよ。

    一人で多くの人に新しい日本像に出会ってほしいです。

  • 丸山陽子

    働きは、今ここそのものの感動を観る事だと、今ここ働いている尊厳そのもの、神秘な神聖な今に出会う事なんだと、Ntecに出会い感じるようになりました。

    今ここ沢山の折り重なる働きの中に私たちは在ります。地球が自転、公転する力、ビッグバンの光、銀河系の光、それを生み出す宇宙の出発点の動き、その宇宙全ての動きと共にある私たち一人一人の働きは、宇宙全てとチームプレーしながら働き合っているんだと感じます。

    宇宙の出発点の働きが今ここ繋がって働き合っている事をイメージすると、美しい美しいチームプレーの中に今在るという事を実感します。

  • なっちゃん

    働く意味がわからない。
    少し前まではお金の為に生活の為に欲しい物があるからとがんばれていましたが、最近はそれが理由ではもう働くことができない人が多いように感じます。
    そうなってくると、生きている意味もわからないになってしまいます。
    nTechを使って日本の歴史を知って解析した時に、"お金の為に働く"から"楽しいから働く"に変えることができるようになります。
    そして、何のために生きているのかもわかるようになりますよ。

  • eri567

    「働く意味がわからない」そう思っていた一人でもありますが、そう思えることは働く意味と出会えるチャンスだなって思います。

    オギャーと産まれたときから、すでに国や社会のルールがあり、学問があり、自分で決めたものは一つもない中で、多くの人たちがそこにうまく合わせながら生きるのが常だなと思います。

    中でも日本は、出る杭は打たれるという言葉があるくらい、周りと違うことはあまり好まれないことも。

    わたしもいつも我慢して合わせては、勝手に不満や怒りを蓄積して、ストレスを感じていました。

    nTechに出会って衝撃だったのは、日本人という自分のアイデンティティを作っている、日本という国のことすら何もわかってなかったこと。

    歴史的背景をしっかり観れる目を持つことができれば、自ずと自分たちの一つ一つを納得できてしまいます。それが見えた時に、わたしは働く意味だけでなく、日本のミッションとも出会えました。

  • あつこ

    最近、私は大学生や20代の若者と出会うことがおおいのですが、そこで、このような質問をよく受けるのです。

    「働く意味がわからないんです。そもそも、大人って、働いていて幸せなんですか?」と。
    そして、この質問が来たとき、私は、感動するのです。
    若者たちは、気づいているんだ、と。

    あなたはどうでしょうか?
    そして、なぜ、若者はこのような質問をすると思いますか?

    確かに、まわりを見渡せば、いくら頑張って仕事している方でもどこかしら疲れていたり、良いなと思う人でも憧れっていうほどではなかったり。。。
    そんな状況を見て仕事したくないと思うこともありますが、この原因は探れば探るほど、日本と、歴史と密着していく、この驚き。

    それほどまでに、日本のプレートがショックを受けていることに、気づいてほしい。そう、切に願います。

  • るころり

    働く意味がわからないという意見は、いまや若者だけではなくなってきている。長らくやりがいを持ちながらやってきた中高年だって本心はそういう思いを秘めて言い聞かせている。日本の高度経済成長期にロボット型の人材育成に成功し、年功序列など安定志向ができたが、いまの時代はそこからシフトチェンジが起こっている。nTechで人間共通の限界を理解したときに日本の歴史も紐解き。これからの新しい時代を洞察し、不動心で生きることが出来ます。

  • みかり

    働く意味がわからない、という人は多いと思います。
    私もまさにそのひとりでした。
    お金のため、生活のために働かないと生きていけない。。。
    こういった思いに支配され、まるで社会の歯車みたいだなあ、とどこかで思っていました。
    そんな漠然とした諦めを感じていた私ですが
    今の社会が成り立ってきたこれまでの日本の歴史を正しく学んだ時に、
    なぜ日本人は、働く意味も分からず、でもがむしゃらに仕事に没頭するようになったのか、その理由がわかりました。
    歴史を正しく知るためにも、nTechはとても役に立ちますよ〜

  • 小畑多美子

    「働く意味がわからない」と言っている人は、今の社会では多いのではないかと思います。
    なぜかというと、第2次世界大戦に日本が敗戦し、精神性を中心にした原動力から、
    物を作って物を売る実物経済に、日本全体で取り組み、
    たった数十年でMade in JAPANというブランドまで世界で確立してしまうほど、すごい勢いでした。
    しかし、バブルが弾け、その後起死回生の戦略もないまま、
    何とか耐え忍んできた日本全体の歴史を知らないまま、
    とにかく目の前の仕事、生活のためだけに働いていると、
    そこに意味を見出すことは難しいのではないかと思います。
    私も昔は、何もしらない一人でした。

    しかし、nTechを知って、客観的に日本や世界全体の現状ができている歴史的背景と
    それがワンパターンの仕組みによって、この出来事が起こっていることを理解できた時に、
    働く意味が大きく変わりました。

  • ちぐちぐ

    「働く意味がわからない」ことと、日本の歴史が繋がるのか!?
    働く意味もわからなければ…
    日本の歴史もわからない…。

    日本史の授業なんて…眠くて仕方なかった記憶しかない(ーー;)

    だけど、歴史を知ることと、働く意味が繋がるんです!

    nTechは、今までにない共通土台を持つことができ、今までの大前提が覆ってしまうので、歴史も仕事も繋がってしまうんです!!

  • mikity

    働く意味がわからないけど、みんなしていることだから、家賃を払わないといけないから、よくわからないけど働かなければいけない、と思っている人は多いと思いますし、そんなことにすら疑問を持たずして、毎日なんとなく仕事場に行っている人も多いかもしれません。私もnTechに出会いまではそうでした。
    日本の歴史を学ぶ機会は私は学校では浅い学びしかしてませんでしたが、nTechを通して歴史に出会った時に、働くことの意味価値がよく理解できました!

  • KiJi

    働く意味がわからないと思う人は多いでしょう。働くことに意味を見出す必要もないと、そもそもこんなことを考える必要もないと自分に言い聞かせて働く人ばかりではないでしょうか。働くことにはどんな意味があるのか、それは何のために生きているのかを定めなければ見えてきませんよね。なぜ生きるのか、どう生きるのか、生きるとは何か、を宇宙自然と繋げて理解できたときに本当に生きられます。その生き方を提供してくれるのがnTechになりますね。

  • 西山美峰

    今、働く意味がわからない日本人か何故増えているのか。

    私達日本人は、戦後ものの豊かさを求め頑張ってきましたが今は、そのモチベーションが通用しなくなってしまいました。その中で方向性を見失ってる人は、多いのではないてしょうか?だから、働くことの意味がわからない人が増えているんだと思います。

    nTechを通して、自分のことつまり、日本人のことがよくわかるようになります。新しい日本のイメージも得ることができ、働くことにもワクワク出来るようになります。

  • hiro

    働く意味がわからないのは何故なのか?
    目の前を生きることばかりに忙しくなり、大きな視野を持って物事を捉えられない人が増えているのではないかと感じています。
    私もそんな人間の一人でした。しかしnTechと出会って、大きな視野で物事を捉える事ができるようになり、そして日本の歴史という観点から物事を捉えた時、脈絡にそって自分自身の働く意味を見出す事が出来ました。

  • りん

    大学を卒業したときは、就職することに何の疑いもなく「社会に貢献したい」と思って働き始めたけれど、気づけば会社の歯車の一部となって、機械のように会社の利益のために働いている自分がいました。そして、何のために働いているのだろう?といつの間にか働く意味がわからないようになっていました。
    nTechは、今の社会に働く意味を見出せない人が増えている理由を日本の歴史から説明し、自ら働くことの意味価値を創造できるようになる技術です。
    やりがいをもって働きたいと思っている方には、ぜひオススメです!

  • EMI

    そもそも人ってなんで働かないといけないのでしょうか?

    大昔、人は「生きるために」働いていました。働かないと生きていけなかったのです。

    ところが現代はどうでしょうか。働くことに「意味」や「価値」が必要な時代になってしまいました。

    働く意味を知るためには、まず、「人間が何なのか」ということを知る必要があります。そもそも、自分がなぜ生きているのか、自分が何者なのかがわからないために、働くことの意味や価値もわからなくなってしまっているのです。

    nTechは、究極的に「観察」ができるようになる技術です。
    大昔から今まで、一貫して人間を見つめることができます。人間が歩んできた道、つまりは歴史も一貫して整理をすることができるのです。歴史は、人間に大きな意味や価値を与えます。それが理解できた時に、天職と出会えるのかもしれません。

  • まきのみ

    働く意味がわからない。でも我慢して働かなくてはならない。
    そもそも働く意味なんて考えたことはありませんでした。
    お金を得るため以外に何もない。
    我慢して働かないとならない。
    それはひどいストレスで、体もどんどん弱っていきました。
    nTechに出会って始めて働く意味がわからないことから自由になりました。
    それは人間が生きる意味が明確にわかったからです。

  • あさみ

    働く意味がわからない人って、自分のためとか、稼ぐためとかにあまり興味がない人だと思います。物欲がないんですよね。
    ただそういう人ほど、歴史と自分が繋がった大きな観点でみることができるようになれば、人一倍働くし、楽しめるようになるとおもいます。
    たとえば、自分が働くことが人類500万年の限界突破の結果なんだ!とか、
    自分が働くことで今ここ歴史的大事件を起こしているんだ!とか。

    そんな壮大なストーリーを創ることができる自分であることに気づけるのがnTechなので。働く意味なんて、自分で創ってしまえばいいんです!笑

  • けんご

    働く意味がわからないという悩みは現代人の多くが感じているもの。
    人生>仕事、の時代から、人生<仕事となり、悲しい結末に至ることも珍しくない昨今。
    現代を生きる私たちにとって「働く意味がわからない」という点において鍵を握るのは日本の歴史。

    nTechでの日本の歴史に対する解析は、わびさび、和心、そして、令和。
    あらゆるものを繋げ抱き込む深くて広くて大きい世界が隠れていたことを知ることができます。

  • 小池拓也

    やる気が出ない、それは無意識に自分より優れた人が沢山いて自分なんて敵わない、情報が沢山あって何が一番正しいかわからずやればやるほど、面倒くさいし、失敗もいう生みやすい。そんな状態では何をやっても面白いはずがないし、だから働く意味、ひいては生きてる意味すらもわからない。そんなことを20代のころはよく思っていました。nTechと出会って働く意味、生きてる意味を見いだせたのは、まずそうなってしまう原因が自分だけではないということ。そうなってしまう海、背景がわかったこと。そして人間が何なのかその仕組みがわかり何のために生きるのか見出せば、働くことの意味価値も自動的にわかるようになりましたね。

  • 大槻剛史

    人間は自分自らの主体性を発揮して、世界を動かしていきたい存在だと思います。
    そして「働く」とはその人間の主体性が発揮されて、世の中に新しい価値を生み出していく営みだと思ってます。

    日本人は世界に対して全く新しい価値を提供してきた歴史があると思いますが、今の日本はアメリカはもちろん、アジアでも中国韓国に他分野で遅れを取りはじめ、ついていくのに必死なポジションまて後退してしまってる現状だと思います。

    日本人は「世界に衝撃を与えてやるんだ!!」ぐらいぶっ飛んだアイデンティティ持たないとワクワク働くこと不可能な民族です。

    令和の幟と共に日本が世界をリードするポールポジションをゲットすれば、働くことが楽しくてたまらなくなると思います。

  • 吉村真奈美

    日本は、敗戦後、アメリカの7年間の管理下で日本を整理された影響が多大にあると思います。被害と呼べるほど日本人を薄弱化させる政策により、私たちは武士道の強靭な精神を切られてしまいました。
    頭と心が繋がらない教育やメディアの末、考える力を失い、よく従う人間になってしまいました。だから、私たちは日本の歴史に疎く、世界レベルの視点に立てるIDが育っていません。
    ですから、自分の存在が小さく迷惑かけないように生きているのが今の日本人の姿だと思います。この小さな自分が世の中に何の影響があたえられようか。与えられたもので満足して生きる、そんな小さな期待で生きる日本人が、働く意味がわからないのは当然の結果だと思います。現代は特に、団塊の世代の方の粘り強さで物質的な豊かさを享受出来ているため、さらに働く意味かわからない人はかなりいると思います。
    ちょっと重苦しくなる話ですが、
    まずは、歴史を正しく知る事で日本人の判断基準の形成がみえてくると思います。現状を知り、受入れ、自分自身と繋がった時、そこから変化が生まれると思います。

  • Moooriii

    働く意味がわからないとボヤいていました。世の中には、たくさんの仕事があって、お金を稼ぐ手段ならいくらでもあるのに、なぜ今の仕事を選んでやっているのか分かりませんでした。nTechを通して仕事が何のか分かり、働く意味がわかりました。私なりに働くとは貢献することであり、生産することだと思っています。日々変わる仕事が楽しく今は働いています。それが日本の歴史と繋がった時、とてもやりがいも感じるようになりました。



    ⇒働く意味がわからない人を救済する組織「ティール組織」とは?

    ⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現でき、働く意味がわかるようになる最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.