ティール組織のメリット・デメリット

投稿日:

ティール組織のメリットデメリット

引用元:ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

フレデリック・ラルー著のマネジメント本「ティール組織」を読んで、

ティール組織のメリット・デメリットが気になっている」という人も多いのではないでしょうか?

特に日本人は「組織嫌い」がものすごく激しいので、

理想的な組織を実現したい!」という想いも相当強いです。

だからこそ、

余計に「ティール組織のメリット・デメリット」が気になると思います。

 

 

 

 

ですが安心してください!

ティール組織の「デメリットは1つ」しかありません。

それ以外は全てメリットです(笑)

そんな唯一のデメリットですが、

 

 

 

 

組織に属する1人1人の価値観を融合できない⇒つまり実現が難しい

 

 

 

 

↑これがティール組織の唯一のデメリットです。

組織に属する1人1人の価値観を融合できないが故に、

ティール組織の知識は持っていても、実現できない人が多いのが現状」です。

せっかくの知識も、

組織に属する1人1人の価値観を融合できなければ、

ティール組織の実現に活かすことはできません。

そこで、組織に属する1人1人の価値観を融合する技術として、

私たちがおすすめしてる最新技術が「nTech(認識 technology)」です。

 

 

 

 

nTech(認識 technology)を使えば、

まずはティール組織の実現を目指す、あなた自身を、

あなたの価値観の外の世界に出すことができます。

その上で、

組織に属する1人1人を、

各々の価値観の外の世界へ出すことができます。

価値観の外の世界は共通の世界(価値観が融合した世界)なので、

その共通の土台を持った上で、

各々の価値観を活かしあったとき、

初めて"真の価値観の融合"が生まれ、

ティール組織を実現できるのです。

もし、

ティール組織のメリット・デメリットを知りたい

ティール組織を実現したい」という人がいれば、

実際にnTech(認識 technology)を使ってる人たちから口コミをもらってるので、

是非、参考にしてもらえたらなと思います(^^ゞ



ティール組織のメリット・デメリット

  • miracle369

    ティール組織のメリット・デメリットをあげるなら、メリットは持続的な創造と進化、個人が尊重された上で組織の発展が起こる。デメリットはなんだろう。秩序があいまいになる可能性がある、全体性というものを何をもって全体性というのかの定義があいまいになると成り立たないということでしょうか。nTechの定義する全体性の概念は非常に明確でビックリしますが。頭でっかちにならないように注意が必要です。知をベースに行を蓄積中です。

  • 川名哲人

    ティール組織のメリットはあげればきりがありません。
    しかし理想の組織をつくろうとすればするほど、逆に新しい摩擦衝突が起こるのは人類歴史の必然です。これはティール組織のデメリットでもあります。
    例えばティール組織とはこうだと個人や組織で持っている価値観を基準にして、また争うのです。
    nTechを通して、自分の価値観を超えた世界を誰もが共通土台として持てることが分かりました。
    会社の雰囲気を変えようと提案をしたら逆にそれが争いの元になったことが何度かあった私は革新的な発言を控えていました。
    しかし自分の価値観を超えた世界を共通土台に持った人たちと交わることによって、安心して意見のやり取りができるようになりました。
    すると自分では当たり前だと思っていたことに価値を見出されたり、逆に価値があると思っていた知識の有効期限が切れていたりとエキサイティングな毎日を送っています。

  • 原田卓

    nTechを使えば、「一人一人の価値観の違い」というティール組織のデメリットを、ティール組織のメリットに反転することができます。
    nTechでは「価値観を融合する」というよりは、「価値観が生まれる前」の世界を認識できるので、価値観の違いを摩擦や衝突として認識するのではなくて、生かし合い融合する関係性としての認識が持てます。
    「一人一人の価値観の違い」は、ティール組織のデメリットであると同時に、実はティール組織のメリットにもなりうる可能性です。

  • 熊倉恵子

    ティール組織のメリット・デメリットで、デメリットはひとつだけあり、それは「組織に属する1人1人の価値観を融合できない⇒つまり実現が難しい」と書いてあります。それ以外はメリットです。価値観の殻の中に居ると、他の価値観と出会えません。価値観の外、つまり脳の外の共通の土台を持った人たちだと、ティール組織の実現は可能になります。まずは、自分が価値観の中に居るということ、価値観の中がどこまで不自由で狭いのかを分かることから始めて行ってもらいたいです。

  • 相良真史

    ティール組織のデメリットで挙げられている、「一人ひとりの価値観の融合」を実現するためには、一人ひとりの価値観を理解し、その上で自分自身の固執した価値観を手放す、もしくは上昇させる必要があります。
    現代社会、組織活動において、一人ひとりの多様な価値観を真に理解することは簡単なことではありません。まして、自身の価値観を手放すのは、頭でわかるレベルでは到底できることではありません。どうすれば一人ひとりの多様な価値観を真に理解し、自身の価値観を手放して、上昇した価値観(融合)を手に入れることができるのか?
    私はnTechを通して、その解決プロセスを深く理解し、仲間たちとの実践を通して、ティール組織のデメリットを解決できることを理解できました。
    ぜひ、ティール組織のデメリットを解決した、その先のビジョンやイメージを確認してみてください。

  • keizenke

    ティール組織のメリット、デメリット。実際にこの組織をつくるなか、出でくる問題が「一人一人の価値観の違い」観点の違いです。それをどう優号させていくのか。これが、じつはデメリットでもあり、メリットでもあります。
    いままではその、デメリットである観点の違いをどうしても融合することができず、合わせるか、我慢するか、反抗するか、というところでしたが、この観点の融合ができるnTechを使えば、この観点の違いが新しいクリエイティブを生み出し、いままでにない組織であるのにも関わらず、一人一人の個性が活かせる組織にとなるのです。
    一人一人が進化しながら、組織も進化する。
    面白いですね。

  • 吉田純

    ティール組織のメリット・デメリットとは何でしょうか。

    唯一のデメリットは、理想ではあるけれど、実現方法が確立されていないということです。

    for(目的)はあっても、by(手段)、of(主体)がわからないわけです。

    ティール組織実現のためには、ホールネス(全体性)を認識できる道具と、ティール組織創建を実践し続けることができるかどうかが重要となります。

    しかし、根性論でやり続けることができるほど甘いものではありません。
    具体的なbyが必要であり、それがnTechです。

  • 吉村真奈美

    ティール組織のメリットは、それは数えきれないほどあるのではないでしょうか?何故なら、今までのさまざまな秩序では出来なかった事が出来る可能性を秘めているからです。
    デメリットはひとつ。
    全体性を持った個人をどうつくるのかです。この全体性の全体のイメージがどこまでなのか。そして、一人一人の中に構築されたそれぞれの全体のイメージをどうひとつにしていくのか?
    人間は、記憶したことをゼロ化させるのが大変難しい機能を持っています。一人一人の中に造られている石城のような観点をひとつに溶かし、そこから個性を存分に発揮させて行く技術が必要です。
    nTechは、この難題を解決する答えと技術を持っています。日本で発見・発明された技術です。人類の切望するティール組織はnTechを通して具現化が可能になります。

  • eri567

    ティール組織のメリット・デメリットを語ろうと思うと、「実現可能ならば」という前置きが必要になってしまうので、それこそがメリットであり、デメリットかなと思います。

    ティール組織の特徴の1つでもある、ホールネス(個人としての全体性の発揮)、多様性の尊重は、違いだけを捉えて「共通」を捉えられない脳の癖を考えると、多様性による摩擦は起きても、尊重は不可能です。近いところまで行けたようにみえても、今の組織同様見えない「誰かの我慢」によって成り立っている可能性大です。

    nTechの強みは、ティール組織をただの理想で終わらせない技術でありメソッドをもっていることです。多様性の尊重が不可能となる原因を、観点の問題という切り口で解明しています。

    例えば多様性を尊重しようと思っても周りの目がきになってなかなか本音を言えなかったり、みんなが言えたとしても会議で一人一人の意見を聞いてたら収拾がつかなくなったり、結果的に誰かが折れることになったり。

    まずは多様性を尊重できない原因と、尊重できる根拠との出会いからだと思います。それらを可能とするのがnTechだなって思うので。

  • 森本柾人

    ティール組織のデメリットで言っていた「一人ひとりの価値観の違い」が融合できない問題はnTechで解決できます。融合というのは、価値観を一つに強制するわけではなくて、多様な価値観がなぜそうなるのかが全て理解できた状態から、価値観を活かしあっていく事です。
    そのデメリットを克服できたときに、あらゆるメリットを楽しむことができると思います。
    nTechを学べばそれができます。

  • 見並圭一

    ティール組織のメリット・デメリットを挙げるなら、メリットは今までの人類歴史上の問題をすべて解決して、人類全体を次の次元に
    進化させられる希望の組織であるということ。デメリットはそれを実現するのがとても難しく、ハッキリ言って、今の人間の能力では
    無理であるということ。これは決定的なデメリットです。nTechはそのデメリットをきれい解消できる技術です。

  • おがじゅん

    ティール組織のメリット・デメリットを考えた時に、メリットはたくさんあるので、デメリットについて考えてみます。

    ティール組織のデメリット、それは「バラバラな価値観を融合させることが困難である」こと。

    何故ならば、人間の脳は、「共通」を取ることが出来ず、「違い」だけを取るように初期セッティングされているから。

    しかし、nTechをインストールすることで、「全体」や「共通」を認識出来るようになり、個人の観点だけに固定されなくなるので、この結果として違いや多様な価値観を融合出来るようになり、新しいアイディアもドンドン生まれるようになり、全体も個人も殺されず、活かされるようになります。

    これが可能になることで、デメリットがメリットに180度ひっくり返せます。

    nTechはまさにティール組織を創りたい人にうってつけな技術です!!

  • yukachin

    ティール組織のメッリトとデメリット。組織運営のデメッリトの「一人ひとりの価値観の違い」が挙げられてますが、nTechのを使えば、価値観は観点から生まれるものなので、観点の生まれる前を共有できることで、価値観の違いは宝になってきます。この違いがあるからこそ、新しいクリエイティブが生まれてきます。皆がみんな一緒では新しいものは生まれて来ませんしつまらないですよね。共通土台を持って違いが楽しめるようになります。
    それぞれの観点を生かしながら、新しいものを生み出していく。1人1人がワクワクの進化が出来るので、デメリットは解決されますね。

  • 白鳥健

    いろんな方とお話しする中で、「ティール組織つくろうとしているんだ」「ティール組織目指してるんだ」とおっしゃる方はいても、「ティール組織つくったんだ」「ティール組織に参加してるんだ」という方にはまだ一人として出会っていません。世にその概念は流布しても、本当の意味での実現には至っていないのがティール組織というものの現状でしょう。そのなかでティール組織のメリット・デメリットを語るのは困難なことですが、デメリットはまさにそれ、実現困難ということです。世に広まった言葉で補うなら、アルビン・トフラーの言及した「人間の再規定」が完成することが条件です。人間の再規定のイメージが補われればこのデメリットは解消されるでしょう。
    nTechでは特にDignity Teal組織として発信しています。Dignity=尊厳をキーワードにした人間の再規定。具体的な技術と実績が蓄積されれば、可能性がひらかれると感じています。

  • Reriser tae

    ティール組織の成功事例がある組織もあるとは本に書いてあるのを見ましたが、今の進化している時代にティール組織が求められる組織の在り方でしょう。

    ティール組織のメリット・デメリットと分けるのではなく、デメリットを明確にしたらあとはメリットしかないはずです。

    デメリットは何か?
    個人個人がもつ観点固定を0化出来ないこと。

    ある組織の目標が明確であり、個人の能力がいくら高くても、関わる人の数が多ければ多いほど、観点の争いになるのでALL YESの同意をとる事が出来ないからです。

    この究極の問題を解決出来るのは「nTech」を使わなければ本物のティール組織とは言えないかもしれません。

    人間が何の為に生き、何の為に働くのか、そして組織を作ることがどういうことなのか、人間一人一人がバラバラの認識でなく、共通の基軸教育となる土台があってこそ、そこから今までにない、様々なクリエイティブが融合出来る、輝くティール組織になれるのです。

  • hTakamura

    ティール組織のメリットは、そもそも働くのがめっちゃ楽しくなると思います。今の時代、疲れた顔をして働く大人が多くて、楽しく働く大人の姿を子供達が見れることは大きな希望かと思います。疲れた社会人ではなく、一人ひとりの個性を活かすことのできる組織社会システム。それによりいろんな影響が社会全体・組織全体に広まると思います。
    ティール組織のデメリットは無いのですが、あえて言うならば、今はまだカオス(chaos)からコスモス(cosmos)が生まれ始める時代であることかと思います。まだ完成しているモデルがないので、試行錯誤しながら創っていく事ですかね。そして、ティール組織はnTech(認識技術)がないと到底創る可能性がないことです。ティール組織は全体性、進化する存在目的、自主経営を持つ組織であるので、これをクリアするにはnTech(認識技術)が必要となります。

  • クマ

    ティール組織のメリット・デメリットを考えてみると、メリットは数え切れないくらいあります。
    何故なら、既存の組織の限界を超えた理想的な組織だからです。
    個性を活かしつつ、全体も活かすことができる。一人一人が自立して考え、感情を統制でき、一番深いところから全体を見ながら判断を取り、組織は持続的に進化を続けます。
    デメリットは、今までの人間性能では実現が難しいこと。その限界を超えることを可能にするのがnTechです。

  • ナガ

    ティール組織のデメリットはありません。強いて言うなら、完成させることが難しく、一般化されていないということでしょうか。
    人間の部分しか認識できないという脳機能の限界を超え、全体性を発揮する個人を作ることが難しいんですね。
    その限界を超え、理想的な組織であるティール組織の実現に寄与できる技術がnTechです。

  • えみる

    ティール組織のメリットは
    全員で目的を進化させるため、セルフマネジメント可能な一人ひとりが集まり、意思決定を行えスピードが早い。

    デメリットは
    全員が納得する目的やビジョンを持ち、主体的で自己管理ができるリーダーシップ能力を持つ人財でなければ難しく、また心理的安全性を担保された職場環境を創れなければ難しい。

    nTech技術がなければ、人間の脳機能の共通のクセによって生まれる観点固定の問題によって関係性構築が難しく、自分が何者で何とためにいしているのかわからず、欲求をゼロ化することができないため、本質的に人を全てを活かし合うとこができない組織となる。

  • まるこ

    今話題になっているティール組織。そのメリットとは、全員が目標にむかって主体的に協力的に活動できるので進化が早いということ。デメリットは、ティール組織になれば、そのデメリットはないと思いますが、ティール組織が実現することがほぼ不可能に近いということです。nTechをつかうとそのデメリットも解決することができますよ。

  • 不知 航

    ティール組織のメリット・デメリットと聞かれて、デメリットは確かに実現が難しいことが一番だと思います。
    知ることとと理解することは違いますし、理解することと、行動できることもまた違います。
    なぜ実現が出来ないかと言うと、無意識的に自分の価値観の中にいるからです。その価値観から出ない限り、相手と本当の意味で疎通することは出来ません。私もnTechの価値観に出会い、価値観の外に出れたことで、初めて相手と疎通交流することが出来たのです。その時の感動は凄かったですし、そこから観た時に今までいかに疎通できていなかったのが理解できて、人類の涙を感じました。はやく多くの方に価値観の外に出会って貰いたいです。

  • vosaraicesara

    ティール組織のメリットは、組織に支配されることもなく、上司や株主の顔色を伺って意志決定する必要もなく、ひとりひとりが主体性を持って
    全体の目的達成のために動くので、みんなが経営者感覚を持つことができるということだと思います。それは、人間としての自信感やプライドをひとりひとりが持つことができるということです。逆に、ティール組織のデメリットは、敢えて言うなら、ティール組織を完成させることが難しいことだと思います。それは、部分しかとることができない人間の脳機能に起因するものですが、この時代はnTechが技術として完成しているので、nTechを使うことで、デメリットも解消されるはずです。人間の持つ脳機能の限界をnTechを使って超えていくことで、ティール組織という新しい組織体系で、みんながイキイキと人生を謳歌することができる時代だと思うとワクワクします。

  • ayaka

    今までの組織では、個人個人を活かしながら組織としても持続的に発展していくことができなかったため、その両方をいかすことができる新しい組織の概念としてティール組織が登場しました。

    ティール組織が実現できれば、今までの組織の弱点がすべてクリアできます。しかし、今までにない概念として紹介されているわけで、本当の意味でティール組織を実現する組織はまだありません。すなわち、ティール組織のメリットもデメリットも表裏一体なのです。

    nTechは、そのティール組織をつくるうえで必要な条件を満たすことができる技術です。そして、そんな組織をつくるためには個人の認識の変化が絶対に必要です。
    個人の変化から、今の時代に求められる新しい組織が広がっていければいいですね!

  • こみず

    価値観を融合できる術を知らないままTeal組織を作ろうとしたら地獄ですね。
    まあ、Teal組織に限ったことではないですが。
    形を変えればなんとかなるというものではないですね
    何事にもメリット・デメリットはありますし、それを生み出す原因を知ることが大切です。
    価値観はなぜ融合できないのか?どのようにすれば融合できるのか?
    それを説明し、実践可能にしているのがnTechです。

  • mizu

    ティール組織のメリット・デメリットについてですが、上記文章からもあるように、組織に属する1人1人の価値観を融合できない⇒つまり実現が難しいことですよね。では何故価値観を融合できないのでしょうか??みなさんもご存知だと思いますが、人間みんな価値観が違いますよね。
    その中で、1つにその価値観をまとめようとすると、必ず「我慢」が発生します。でも、nTechを使って自分の価値観を0化する技術を持ったとき、「我慢」ではない、究極のチームプレイができるようになります。なのでnTechを使えば、ティール組織のデメリットがデメリットでなくなるのです!

  • かなえ

    ティール組織は、よく耳にするようにならました。では、ティール組織のメリット、デメリットとは何でしょうか。
    メリットは、一人ひとりが主体的で能力を発揮し、全体の進化を考えている点です。デメリットは、価値観を融合ができないことです。いくらティール組織であっても、一人ひとりバラバラの価値観の衝突は避けようがありません。主張してぶつかるか、または我慢するかの選択肢しかないのです。nTechは、そんな価値観の違いを理解し、融合し、バージョンアップさせることができる技術なんですね!だから、私もnTechに可能性を感じてるんです。

  • macha

    ティール組織のメリット・デメリット。
    メリットは、一人一人の主体性が育ち、全員が経営者のIDで動くことができる。組織に対しても自らが経営している心が育つので、組織のイメージが変わる。
    デメリット は、一人一人が観点の問題を理解し、突破できないと、ティール組織はいつまでたっても作れない。
    それが、可能になるのが、nTechですね

  • めぐ

    ティール組織のメリットは、多様にありますし、この組織体制のモデルが誕生するということは、今の時代の限界を超えることができるという証明になると思います。デメリットは、作るのがとても難しく、既存の学術や教育では不可能だということです。

    nTechは既存の学術を統合できる論理であり、全く新しい教育技術なので、デメリットも解決できるものです。

  • みなみか

    人が2人以上集まったら組織というならティール組織のデメリットである実現不可能という事はあらゆる人間関係の理想も実現不可能いうことです。夫婦も親子も家族も友人も。メリットは、「個も全体もイキイキできる」など沢山あるのにそれが不可能だなんて悲劇ですよね。不可能の原因は人間が脳機能の限界・5感の限界に依存しなくてはならない状態にあることなので、それを突破させられるnTechの技術はあらゆる組織を確実にティール組織化へむかわせる事ができると思います。

  • 澤田祐子

    ティール組織のメリットは持続可能な社会、コミュニティが生まれることによるあらゆるコトはすべてメリットとして働くでしょうね。反対にデメリットは"組織に属する1人1人の価値観を融合できない"ということですが、これはティール組織で目指す人間の理解の限界によるものかと思います。nTechは全く異質な2つを1から観察することを可能にします。価値観の違いがあっても全く問題ではなく、解析を補うことで違いが活かされるようになります。ですからnTechを使ってデメリット超えすることでティール組織に明るすぎる未来がやって来ますね。楽しみです。

  • たのしみず

    ティール組織のメリット・デメリットはメリットは生産性があがる、チームプレイができる、常に進化し続ける、心理的安全性があるなどがあるかと思います。逆にデメリットというか今のどのチームの課題でもあると思うのですが、どうしたらティール組織になるのか答えられない人が多いこと、平等とはいいながらなかなか平等にはならない、過去の組織のイメージがあると作れない。

    こんなところがあるかと思います。ですがこれらの矛盾を解消しようとnTechを活用した組織づくりをしようとしています。nTechは全ての格差を生まれる原因でもある脳の観点を解除し、脳の外にでることができる技術でもあります。
    脳の外に出て自由に自分の考え感情をつくることができる人を増やしていきたいと思います。

  • Natsuki

    ティール組織が実現したら、デメリットはないでしょう。でも、ティール組織を実現しようとする段階では、今の人間の認識の現在地だと実現が極めて難しいことがデメリットでしょう。上下関係をなくすために組織形態を変えたとしても、ノルマをなくしてみたとしても、そもそも人間の脳機能が違いばかりを認識し、上下をつけるしかないのでうまくはいかない。お金をもらえるのかどうかがモチベーションを左右するため、ノルマがなければモチベーションをどう保つのかが課題になる。このように、形だけ変えたとしてもティール組織は実現しません。
    nTechは人間の脳機能の限界を補うことができる技術なので、形だけでなく中身を伴った、ティール組織をつくることが可能になります。

  • ちは

    ティール組織のメリット・デメリットは?と聞かれたとき、デメリットは、実現が不可能だということだと思います。ティール組織に必要な要素として「全体性を持った個人」というのがありますが、マルクス・ガブリエル氏(ドイツの若き哲学者)が言っているように、私たち人間は部分観しか持つことができず、全体性をもつことがそもそも不可能です。
    nTechは、人類初、人間の部分観の限界を突破して、全体性をもつことができる個人を育成することができる新しい教育です。nTechの活用により、日本からティール組織の実践モデルを世界に先駆けて生み出していきたいですね。

  • 今、世間で言われているTeal組織にもメリットとデメリットがあると言われていますね。
    私にはメリットだらけ!だと感じたのですがTeal組織のデメリットとして言われているのが"一人ひとりの価値観を融合するのが難しい"ということ。人はフラットの立場でと規定されるとそうしようと努力をすると思います。が!自分の価値観とあまりにも違うと感じた場合には受け入れられなかったり、拒否したくなったりする感情が湧いてくるものです。そんな時、どうすればいいのでしょう?
    ぶつかり合いを避けるために我慢…でしょうか?自分の価値観が正しいと威圧的な態度をとるのでしょうか?どちらもまたフラットとはいえませんね。nTechでは一人ひとりそれぞれの価値観を融合できるモノの見方、認識の仕方、どうして違うことを楽しめないかの仕組みを明確に知ることができます!

  • 山中 浩司

    多元型の未来組織のティール組織にもメリットデメリットがあります。
    メリットは沢山ありますがデメリットの方に敢えてフォーカスすると、一人一人の価値観を融合するのが難しいというのがあげられます

    ではなぜ上記の様な事が起きるのでしょうか?
    それは、そもそも人間の脳機能自体に問題があるからです。
    脳は違いをすぐに掴んでしまい自然と自己否定、他者否定をしてしまうという仕組みが出来上がっています。
    この脳機能を突破するにはnTechしかないと思います。

  • elly

    ティール組織を実現したいけど、現実的に実現は難しいのではないかという声も多く聞きます。
    ティール組織はこれからの時代に必要な要素を兼ね備えているメリットがありますが、デメリットは人間は全体を捉えられないという弱点を補うことが難しいということです。
    nTechを学ぶことで、全体性を捉えられるので、そのデメリットも克服し、ティール組織も実現できるようになっていきます。

  • 村田優子

    ティール組織のメリットは、今までの組織形態を改善したものなので、いいことは多いと感じています。「絶対ティール組織作る!」と本を読みこんでいる人とも出会いました。が、デメリットとして価値観の違いからくるものは、いろいろあると思っています。その価値観の違いをnTechがなければ、摩擦や衝突、仲間外れも作ってしまうので、その違いを解決するもの(nTech)が補完されないと実現や、継続は難しいと感じます。

  • Mami

    ティール組織は本当に理想の組織だと思いますが、デメリットは書いてある通り、実現が難しいということ。部分認識の人間の脳機能に固定していては全体性を持つことは難しく、それぞれの立場やエゴを超えない限り、本当のティール組織とはいえないのだと思います。

    それを超えるには認識次元を上昇させる技術がないと無理ですが、認識技術nTechが生まれているので、Dignityティール組織が実現できれば、本当に今まで想像もできないワクワクで1人ひとりの無限の可能性を生かしながら最強のチームプレーができるのがメリットかなと思います。

  • クッチー

    ティール組織のメリット・デメリットといえば、理想的でなんとなく言ってることはわかるけれども、実現が難しいということではないでしょうか。実現に確信を持って推進していきたい方におすすめなのが「nTech」です。何故ならば、自分の価値判断基準の外の概念を取り入れて、そこからみんなの価値判断を融合していくことができる技術だから。思い方、やり方レベルの変化では難しいです。これまでに全くない新しい認識方式を手に入れる技術nTechに出会ってください!

  • miisan

    ティール組織は、今までの組織が到達できなかった理想的な形なので、メリットをとことん追求した形だと思います。その組織を構成する一人ひとりに求められる能力が、組織全体を自分の範囲として認識できる全体性を持った個人ということなのですが、それは人間が生まれながらには備わっていない機能でもあるため、デメリットをあげるとすれば、なかなか実現が難しいということだと思います。この人間の機能の限界を超えて、全体性を持った個人にバージョンアップできる技術がnTechなのです。一人ひとりが nTechを学べば、どんな組織であってもティール組織に変化していけると思います。

  • さかなゆう

    ティール組織、今までの組織の限界を超える組織。
    だからこそ、デメリットは、実現が難しいということ。

    世界に一個も出来てないと、ティール組織を書かれたラルーさんも言ってるそうです。

    だけど、なんとnTech創始者のnohさんは23年間そのティール組織を実践してこられてる方!
    びっくりですよね。

    今、株式会社も10年もつのは半分しかないと言われる時代において、23年間ティール組織にチャレンジし続けても潰れていないw
    本物だからこそ可能なことなのではないでしょうか。

    だから、
    メリットとしては、本当に、ティール組織を実現させたときに、その組織がいかに持続可能で、一人一人の可能性を引っ張っりだして、ワクワク成長続けられるのか、物凄いポテンシャルがあるんです!

    世の中、大企業であっても、いつ潰れるかわからない時代に、凄く可能性溢れる組織だなって思います。

  • Haruko

    ティール組織のメリットは、お互いを責め合い潰し合う上下関係ではなくフラットな関係性でお互いの可能性を伸ばしあって行けるところだと思います。ですがティール組織のデメリットは実現が難しいということだと思います。なぜなら、今まで、国家も企業も家庭も組織がなぜ上下関係になってしまっていたのかに対する的確な診断と処方が無かったからです。
    nTechは今までの人間全てに共通する問題意識と繋げて関係性の構造を理解できるため、誰かが良いとか悪いとか責めたり、それが言えなくて我慢したりするのではなく、とことん理解し合え、自然と可能性を発揮し合える関係性を築きながら仕事することができます。
    そんな組織が伸びない訳ないですよね。そんな技術が日本から生まれているということ、いち早く確認してみて欲しいです。

  • きんめ

    物事にはメリット・デメリットがあるものですから、ティール組織のメリット・デメリットも当然の事の様にあります。ティール組織の場合、理想的な組織として描かれてはいるものの、実現した事がないのでティール組織の作り方がわからないというところにデメリットがあると思っています。どうしたら実現できるのか、何が原因で実現できなかったのか。その事を理解する事が必要です。その理解には人間とは何なのか。そこからの理解がない限りは解決には至りません。だからnTechが必要なんです。人間とは何なのか。全ての問題の原因は一体なんなのか。なぜ、人類は理想を描きながらその世界を実現できていなかったのか。その事がわかった時には理想の組織であるティール組織の実現ができ、一人ひとりの個性、無限の可能性を発揮できる生き方、そして組織が当たり前になっていきます。

  • リョーマ

    ティール組織のメリット・デメリットですがメリットは様々ありますよね。
    本当に今までにない組織だとは思いますが、著者のフレデリック・ラルー氏も、人間の脳の観点の非融合の話には触れてませんね。

    ティール組織のデメリットというのは
    結局は人間が脳の観点から自由になれない、そこで差異を認識して、摩擦や衝突を繰り返す存在であることを規定できていないところでしょう。

    観点の違いを融合することは
    西洋で言っているダイバシティとかインクルージョンのような考え方では本質的には解決できません。結局、ダイバシティと言っている時点で違いから出発しているので。
    nTechはそういう点でも解決策の次元が違いますね。ティール組織を現実化するためには私の知る限り、nTechなしでは不可能でしょう。

  • 大場龍夫

    今、話題のティール組織のメリット・デメリットとはなんでしょうか?
    ティール組織の3つのポイントとは、①変化する目的②自主マネジメント③全体性です。、これは組織・集団の理想状態といえます。個人が組織として、最大限に生かされながら、全体が進化しながら、価値を生み出していく組織だからです。つまり、個人と全体が融合している状態ですね。人間が幸せな状態です。それがメリットです。しかしながら、その実現が困難になっています。理想が実現できない。持続させることが不可能になる。これがデメリットといってもよいのではないでしょうか?その理由は、この組織が成立するためには、一人一人の個人がお互いのことも組織のことも環境のことも全体を理解していく必要があるのですね。まず、この理解ということが困難です。自分の勝手な解釈をしてしまうからです。勝手な解釈を除くには、自分の認識基準から自由になる必要があるのですが、この基準が無意識に出来上がっているので、無意識の基準を理解して、それを解除することが必要になります。この無意識の領域を掴み、それが成立している仕組みを外から観るということが必要です。それができるのがnTech認識技術なのです。

  • のぶりん

    ティール組織のメリット・デメリット、
    メリットしかないんじゃないかというくらい、ティール組織が出来たら素晴らしいと思いますよ。

    が、なんと、唯一のデメリット、「実現できない」というのが、折角理想像に出会っているのになかなか浸透していけない理由です。

    では、これを解消するには、やっぱりnTech を使うしか方法がありません。

    人と人の意見を融合していくことが本当の意味で可能にする技術です。

  • とみざわりょうた

    ティール組織のデメリットは圧倒的に実現が難しいことです。実際にティールの手前のグリーン型組織ですら、実現できている企業は多くありません。ですのでその先のティール組織となると、ほぼ不可能な理想論でしかありません。

    ですからそもそも着手しようとしても、どこからどの様に取り組めばいいのか皆目検討がつかなかったり、取り組めたとしてもその実現にどれほどの時間がかかるのかも見当がつきません。

    そんな中でnTechは24年の研究開発によって、人間一人一人をティール組織を実現可能な状態に進化させ、そこからティール組織を誰もが実現可能にするためのノウハウを蓄積してきました。ですのでティール組織の実現に悩まれている方は、nTechの全体像を理解すればより実現に近づくことが出来るかもしれません。

  • しげみ

    ティール組織の実現が求められる中で、ティール組織のメリット・デメリットについて考えてみる事も大切です。
    ティール組織のデメリット、それは人間の機能的な問題が含まれていな為に、実現が難しい理想の組織になってしまっていることです。いくら素晴らしい組織だと言っても、実現が難しいものであっては意味がありません。
    でも、この問題もnTechを活用することげ解決が可能になります。そして、実現が可能になればメリットはたくさんありますよね。まずは、なぜ実現が難しいのかの部分を明確にして、その解決に取り組むこと。そこから理想の組織は始まるのだと思っています。

  • morphie

    ティール組織のメリットは、実現すれば永遠普遍に続き進化発展し続ける組織になること、デメリットはそれが可能な人間やチーム、組織完成迄壮絶時間がかかることでしょうね。

    実現可能な人間を教育する技術を私は20代から探し求めてきて、nTechにたどり着いたので、

    この技術の未来価値には♾確信がありますが、その技術を学び、理解し、使い、自分がそのものになる迄には相当な粘り、諦めない意志が必要ですね。

    途中で諦めてしまうと自分のものにならないでしょう。nTechも24年かかっていますからね。技術を体系化し完成させる迄に相当な時間がかかっているのは言うまでもありません。

    ただ、今は技術も完成し使い広げる時代なので、これから学ぶ皆さまは心配しないでいいから羨ましいです。

  • 明楽

    ティール組織のメリット・デメリットをあげるなら、メリットはたくさんあります。個人の能力を発揮できること、抑圧を感じないのでハラスメント的な我慢のストレスがないこと、集団レベルの進化が起きること、などなど。しかしデメリットとしては、本当に全体をみて自分の役割が分かっていないと意思決定のスピードに時間がかかると思います。これは人間の機能的な限界が分かっていないと解決できませんが、nTechを使うことでそこの解決が可能になると思っています。

  • みなも

    ティール組織のデメリットですが、そもそも、ティールのような理想の組織を作れなかった原因を一つに集約できていないということ。なので、それを解決する処方も複雑で再現性が難しくなる。ティール組織を作るシステム化がない状態で、今までの組織の良い所を寄せ集めて、それっぽくイメージできるけど、いざ実際にやろうとしても、どこから手を付けていいかわならないというのが本音だと思います。nTechはシンプルに原因を1つに収斂して、それを、解決する方法と、方向性を提案し、さらに、実践モデルもつくっています。
    そしてそれを広げていけるのは、技術化しているので、応用活用範囲が広くて深く、使えば使うほど、シンプルになっていく世界です。

  • naomijoy

    ティール組織のメリット・デメリットを考えてみました。個人と組織を生かし、成長させてくれる、教育の場としても自然と活用できるしこれからはこういった組織体制を就活や転職の時に考えるやうになってく未来の道を示しているのがティール組織かな。生きがいややりがい、安心感、面白さを求めてこの組織に人が集まってくるのもあると思います。デメリットは作れるか否か、の問題で、それを解決できるのがnTechだから同時に流行っていくとおもいます。

  • ecco

    ティール組織は従来の組織と比較するととても理想の組織でありますが、そんなティール組織のメリット・デメリットを見たときに、デメリットは一人一人の価値観を融合ができないということで、それ以外は全てメリットです。この一人一人の価値観は育った環境や体験経験によりバラバラな価値基準が作られ、誰一人として同じ価値基準を持っている人はいません。この一人一人のバラバラな価値観を融合することはとても難しいですが、このバラバラな価値観が生まれる原因である観点の問題を解決できる唯一の技術が技術がnTechであり、ティール組織のデメリットを超えていける技術です。

  • 大川 真

    私なりにもティール組織のメリット•デメリットを書いてみます。まずメリットは、この激動の厳しい環境の時代に唯一生き残れる組織ということです。これまでは、上下関係のピラミッド構造、目標達成を必ずやり遂げる目的意識の定着、仕事とプライベートを分離した部分性、これらが組織の基本でした。ですが、いつまでもこの状態のまま走り続けていれば必ず限界に当たり組織は崩壊するでしょう。デメリットは、実現できた組織と実現できなかった組織の格差が凄くなるということです。誰しもがこのような組織で働きたい!と思うでしょうし、働いている人が自律しているので結果も多く出せると思います。

  • 泊由美子

    ティール組織のデメリットは、概念自体が研究結果ということもあり、実現している成功例がないことから、机上の空論で終わりやすいというポイントです。メリットは、もし実現できたのなら、個人主義と組織(全体)主義の融合のような、一人ひとりが個を超えた状態で組織経営できる、これまでの組織の課題、問題を解決した上昇した組織が完成することになると思います。

  • あさりー

    ティール組織はメリットだらけ!(笑)
    今までのように、会社から強要されるものは何もない。全ては所属している人たちの意識で動いていく。
    しかも、集団で意思決定可能。みんなで自由に決めたことをやるだけだから、毎日がワクワク!楽しくて仕方がない組織が、ティール組織組織です♪

    ただ、ティール組織のデメリットを挙げるとするならば、今のままでは実現が不可能なこと。
    脳機能の限界を持ったままでは、脳の境界線を超えた先にあるティール組織をつくることは出来ません。
    nTechを使えば脳機能の限界を超え、ワクワクな毎日を過ごせる、メリットだらけのティール組織をつくれますよ!

  • みもざ

    ティール組織のメリットは社員一人ひとりが主体性を持って取り組めることで様々なこれまでの問題を解決できるということが挙がります。従来の組織体制を崩さずに融合して行くことができるのもメリットですね。

    デメリットとしては理想論で終わってしまうかもしれないということがないでしょうか。
    セルフマネジメントも個人に任され、全体性で自分のことだけでなく相手や仲間やその環境にも責任を持ち、組織の存在目的の共有もどこまでできるのか。

    その理想的な組織を創る道具となるのがnTechです。組織に限らず、人間であれば誰もが知るべき内容ですね。

  • Hiromi

    ティール組織のメリット・デメリットを考えてみると、メリットは限りなくあると思いますが、そもそも実現出来ない絵に描いた餅ではしょうがないですよねー
    なのでデメリットは、人間がバージョンアップしない限り実現不可能なことです!

    人間は無意識深く自分が絶対正しいと思い込み、なかなか他人と融合するのが難しい。
    そもそも、脳は部分だけとり全体をとれない、違いだけとり同じをとれない等、脳機能が不完全なのです。
    びっくりですよね‼︎
    でも、脳機能を補えるnTechを使い練習していけば、この不完全な脳を超えられるすごい時代なのです!

  • masaco

    組織構成するメンバーの価値観を融合できず実現が難しい、というテース組織のデメリットは、まさにその通りで、初期設定された人間の脳機能では、融合は無理。一人一人の異なる価値観、判断基準、観点の成り立ち・仕組みを理解できるnTechがあるからこそ、ティール組織のデメリットが反転し、実現可能となる。

  • ちぐちぐ

    ティール組織のメリット・デメリット…メリットの方が多いと思うけど、

    強いてデメリットを挙げるならば…
    自分だけが幸せになれば良い!自分だけが成功したい!
    と、個人主義が大好きな方には、面白くない組織だと思います。

    あと、誰もが共通のイメージで理解できる「全体性」が必要ということもデメリットになるのかと思います。

    誰にでもわかる「全体性」のイメージを共有するには、nTechがおススメです!

  • だいとう おりえ

    ティール組織のメリットは『速さ』スピード感ですね!
    みんな、得意・不得意があるかと思いますが、ティール組織が完成したなら、得意分野で貢献する事が、誰かの不得意をカバーもでき、個人プレーでは実現不可能な事がいとも簡単にできてしまいます!
    どこかで詰まって、業務が進まないでどんどんタスクが溜まってしまう事がなくなります。
    その詰まっているところが簡単にできてしまう人が組織内にいればその組織は強いと思いませんか?
    ティール組織は共通のビジョン、共通の土台を持った組織です。
    nTechで『共通』についてを学んでみてください!とっても面白いですよ!ティール組織もつくれます!
    nTechを知らなかったら…ティール組織をつくる事がビジョン、目標になってしまう事がデメリットかなと思います。
    ティール組織がつくれず、個人プレーでの成功に留まれば、たちまちAIに淘汰されてしまいます。
    ティール組織つくりましょう!

  • sumitomo

    ティール組織のメリット、デメリット。最近よく考えていました。
    メリットは、組織メンバーそれぞれが全体認識を持て、主体性を発揮し、個性を活かしながら組織としてもチームプレーが出来ることだと思っています。日本人は本来チームプレーが実は凄く好きだし、その歴史もあるので、日本人にはかなり向いていると思います。デメリットとしては、そもそも人間の認識は部分認識なので、そこを一人一人が改善するまで出来ない、というのがデメリットだと思っています。

  • 高橋美里

    ティール組織のメリット・デメリット。デメリットはひとつ、『それぞれの価値観や考え方を融合することが困難』ということです。なぜならば、一人一人育った環境も違えば、持ってる言葉のイメージも違う。精密にみれば、それぞれの価値観もひとつとして同じものはないのです。一見、融合しているようにみえますな、バラバラな価値観を持ったもの同士が集まると必ず我慢や衝突はおきます。
    それぞれの価値観の融合ができるのがnTechです。

  • 高橋恵

    ティール組織のメリット・デメリットを考えるなら…。
    まずデメリットは、今まで大事にしてきたものを手放す事。これが本当に難しいと思います、
    全く新しいものを受け入れる勇気がないとできないので超えてしまえばなんでもないですが、
    このことをデメリットともメリットとも言えるのではないでしょうか?
    そしてメリットは無限にありますよ。

  • bonatakato

    一人一人の価値観がバラバラな問題=ティール組織の唯一のデメリットをどう超えるのか?

    が、とても大切です。

    正に、言うは易し、行うは難し。

    どんなにいいビジョンでも、それを実現させる道具がなくてはいけません。宇宙に行きたいと思っても、宇宙船がなければ行けないように。

    では、ティール組織という理想郷に行くためには必要な道具とは何なのか?

    その道具の条件として、一人一人の価値観がバラバラになる原因を明確化できること、なぜバラバラになったのかその目的を理解できること、が挙げられます。

    この条件を完璧に満たすのがnTechだと思います。

  • mikity

    ティール組織を目指そうと思った方の中には、ティール組織のメリット・デメリットを考えた方も多くいらっしゃると思います。
    冒頭にも書いてあるように、ティール組織はいいことだらけの組織であり、メリットしかないように感じますが、勇逸のデメリットが、「組織に属する1人1人の価値観を融合できない⇒つまり実現が難しい」ということです。
    なぜ実現することが難しいのでしょうか?それは、私たち人間がみんな人間の脳を持っていて、仕組み上、違いを取ることが上手なので、融合が難しいからです。どうしたら融合できるのか?その答えはnTechにあります。ぜひティール組織を目指している経営者の方、人事担当の方に出会っていただきたい技術です。

  • 堀江直樹

    ティール組織を作る時にティール組織のメリット・デメリットは何だろうと考える人は多いかと思います。
    ティールを作ることのメリットとは、まさに今の社会のもつ限界を補う組織の在り方という点ではないでしょうか。時代の変化が激しく誰もが舵取りが難しい時代。ティールは組織の存在目的にそって、立場や自他の区別なく、知恵を出しきり、環境との相互作用で変化し続ける組織の在り方だと感じています。
    だからこそ、これからの時代には必要ですし時代が変わってからよりは早めに準備していくことが大事なのだと感じています。

    デメリットは何かと言えば、創るために時間がかかるということや、ある意味で構成員や主要メンバーの合意が必要ということでしょうか?組織がティールとなるためにはアイデンティティの根本部分に変化を要求するものです。小手先のアプローチではないからこそ、今までにないものを自分達で作っていこうとする気概が必要になるのと、主体性を構築していくまでに、時間がかかったり、変化するプロセスのなかで新しい意思決定プロセスに慣れずに一時的には業績が落ちたりとか起きる可能性があることがデメリットであると感じています。

  • miwa

    ティール組織のデメリットである「組織に属する1人1人の価値観を融合できない⇒実現が難しい」は本当にそうですね。

    そもそもティール組織にしたいと思ったとしても全体の合意を取ることさえも難しいのです。
    全体性=各個人がありのままの状態であることがティール組織では書かれていますが、意思決定プロセスのひとつ取っても全員が納得した状態で決定することは本当に難しい。
    このため実現が難しいというデメリットにつながります。

    nTechを深めていくと価値観が融合するスピードが全く変わってきます。
    一人ひとりが組織のために何がよいのかを楽に考えられるようになります。
    そこさえクリアできれば、本当にティール組織のメリットは無限大ですね!

  • 島崎信也

    ティール組織のメリット・デメリット

    実は、観点の問題を知らないまま組織を創ろうとするのはナンセンスです。それは組織になる事は有り得ず集団の域を出ていません。観点の問題を放っておいたまま、分離断絶された個人が集まっただけの集団です。昔はこれを、烏合の衆と言ったりしました。組織になる為には、観点の問題を知り、観点の問題を解消する技術を持っていなくてはいけません。

    ティール組織のメリット・デメリットを考える多くの人はまず、観点が何なのかを知る事から始めましょう。そもそも、メリット・デメリットさえも観点の上に成り立っている現象に過ぎません。メリット・デメリットを語りたいなら、それもまた観点が何なのかを知るところからです。nTechが便利なのも正にそこです。観点が何なのかを明確に教えてくれる最高の技術です。

  • やなぎ

    今全国で流行っているものでティール組織やSDGsなどがありますね。今までに納得が行かないことや、変えたいことなど理想とするようなことが書かれています。だから今までの組織体制と比べてのメリットなど盛り盛り沢山あると思います。ティール組織のメリットがあればデメリットがあるもの。
    デメリットが何かをわかるとティール組織のよさを補うことが可能になるし、それ以上の道が多数開かれる。
    デメリットがどういうものかというアプローチから多数の道が開かれる根本的アプローチがnTechです。

  • yoshiko nishio

    ティール組織のメリットは、人類が追い求めてきた理想的な組織が・・まさに実現している・・今ここ!!というありえないほどの感動でしょうか。デメリットは、理想ではそうだが、実現方法がわからない、ということ。
    nTechで、脳の限界を補うことができ、価値観が生まれる前からの共通土台が作れるんです。これは組織として最強だと思います。

  • ピュア

    ティール組織のメリット、デメリットを語る前に・・・
    そもそも人は勝手に、メリット○でデメリット×と思いがちですよね。
    nTechと出会い、○も×もない世界を知ったので一瞬間の切り口次第で
    メリットともデメリットにもなれる。
    そんな大前提のもと、あえてティール組織のメリット、デメリットを
    シンプルに語ってみたいと思います。
    メリットは、一人一人が尊重されることでしょうか。しかし、同時にデメリットとして、融合できない。
    そこさえクリアすれば、本当に素晴らしい組織作りができると思います。

  • こうた

    ティール組織のメリット・デメリットって、なんだろう。
    メリットは多くの書籍でも書かれている。デメリットを考えると、私なりの表現では、真の理解がないと実現できないってことかもしれないです。
    正直、勘違いティール組織を世の中の企業でも多く見ます。
    セルフマネジメントをできて、全体性を持って、進化し続ける組織ですから、個人主義を伸ばす組織ではないのです。と、感じてしまうこともあったりします。

  • 洋子

    ティール組織のメリット・デメリットはなんだと思いますか?
    基本的にはメリットしかないと思います。なぜならば、人間自身が進化するように組織も進化する組織がこの時代には必要だからです。
    過去の成功体験に固執していると対応できない。変化が激しい時代だからこそ未来の予測を一人のリーダーの意思決定だけでは難しいと思います。
    それぞれ違う価値観だから融合すると全く新しい未来イメージを創る事が出来ます!
    nTechではそれが可能です☆
    ティール組織を作りたい方、ぜひnTechを活用してください(^^)

  • けんご

    ティール組織のメリットは主体性ややりがいなど、人間の根源とも繋がる欲求や能力の発現という可能性と希望に満ちたイメージがその魅力であり、変化が早く情報過剰な世の中での生存戦略ともなり得るところにあると思います。一方、ティール組織のデメリットは、その理想を実現するための能力開発、言い換えればティール組織がつくれない根本原因とその解決策が明確ではないところにあります。絵に描いた餅で終わらせないためには、nTechの活用が決定的な要因になるでしょう。

  • kenmiura

    ティール組織のメリット・デメリットということで考えてみましたが、

    デメリットに関して言えば、ティール組織をまだ人類は経験したことがないので
    「主観的憶測や解釈でデメリットと思い込んでいる」と言えるのではないでしょうか。

    ティール組織を正しく理解すれば、人類がこれまで生み出した政治、経済、教育、医療福祉、文化においての
    の問題課題を一掃できるものと思います。

    現時点では、人類にとって多様なメリットはあっても、デメリットはないと思います。

    ただしティール組織実現にとても難しい課題があるといえます。
    ティール組織は、意識が進化した個人の集団だからです。
    言いかえれば、人間の脳が進化しなければならないからです。

    古代の原人も脳の進化を経験しホモサピエンスまで至っています。

    キーワードとしては「新しい言語と脳の進化」が必要不可欠と思います。

    nTechが誕生したことは人類の進化プロセスとして必然と感じています。

    nTechのティール組織モデルが完成し、その環境を体験したとき初めて実感が伴う理解ができるようになると思います。

  • 由佳子

    Teal組織のメリット・デメリットをあげるとするならば、メリットはチームプレーでどんどん進化していける!クリエイティブなアイデアがどんどん次元上昇していくイメージ!
    デメリットはそのチームプレーをするにあたって、人間の5感覚と脳がある限り価値観の融合が難しいということ。nTechではその価値観の融合がなぜ難しいのか、を紐解いて知ることができます。

  • cheerwave

    ティール組織のメリット・デメリットについて。ティール組織の3つの要件のひとつ、全体性の発揮"ホールネス"は、理解するのが難しい概念といわれているようです。人間の脳機能を理解すると全体性の発揮を理解する糸口になるんじゃないかなと思います。人間の脳機能は、部分だけ・違いだけ・過去と繋げて・有限化して取る4つのクセがあるので、全体を捉えることが難しい。条件によって変化して判断する脳機能の限界を超えないと全体性の発揮が難しいといえます。これがティール組織のデメリット。ティール組織のメリットは、脳のクセがあることにより、違いを認識して相対比較する人間の脳機能が逆にメリットと捉えてみました。わたし自身周りと相対比較して自分は力を発揮することができない。いつも自信のない私を選択して生きてきました。そんな自分に気づくことができたのも、違いを認識できる脳機能の部分観によって気づくことができました。nTechから開発された無意識エンジンセッションも気づきの大ききっかけになりました。脳機能の理解や無意識でついつい繰り返してやってしまうエンジンを観察して気づきを蓄積していくことも、自分がありのままで、本来の力を発揮できる、安心安全をいつも認識できる状態で、そんなひとりひとりが集まれば、いつもいつでも循環の交流ができるから全体の底上げと無駄のない意思決定のスピードが可能であるとわたしは思っています。

  • 小池

    なるほど、ティール組織のデメリットを価値観の融合が出来ないの形で、まとめられているのに感動でした。
    確かに今までのやり方では難しいですよね。nTech学んだ人ならわかりますが、やはり観点の問題と、無意識に蓄積した自分の認識習慣によって観点がぶつかり合うことしか出来ず、妥協や譲りあい、酷いときはその観点によって、邪魔だからと退職させたり、殺したりしてそもそも観点自体を無かったことのように消してしまったりしますよね。
    全く違った観点であっても融合出来れば奇跡の観点に変わります。
    nTechをぜひ学んでみてほしきですね。

  • はるころり

    ティール組織のメリットは、むしろ今までの組織スタイルの問題点すべて解決できること。たとえば個人の我慢によるすトレス病気そして医療費増減さえも解決すると考えます、一方でデメリットがあるならば、いまはイメージしにくいこと。今まで経験したことがないから出来る気がしないという人が多い事。

  • なっちゃん

    デメリットっとそこ!?って笑っちゃいますが、確かにそうだなぁと共感しました。本が苦手なので、私は人にティール組織については教えてもらいながらだったんですが、聞いてるうちに、あれ?自分達がやってることじゃない?って思いました。nTechを学んでいた人がチームプレーをすれば自然とその形になったしまう感じですかね。聞くよりもぜひ学んで仕事に使ってみてほしいですね。連携のスピードや効率も飛躍的にあがると思います!

  • ろい

    この頃、話題のティール組織。そのティール組織のメリット・デメリットは何でしょうか?
    まず、メリットに関して言えば、これだけのベストセラーにもなっているので誰もが望む未来型の進化した組織体制ではないでしょうか?誰でも組織を進化発展させていきたいと思うものですが、それには、組織がどのような必要性からうまれ、そしてどういう過程をえて現在のような状況になっているのか、そしてこれからはどのような方向性を目指せばいいのかを知る必要があります。それをコンパクトにまとめられていrのがティール組織の書籍です。
    そして、デメリットが書籍にも書いてあることなのですが、完璧なティール組織はないという部分です。
    誰もが目さずが、完璧なものは出来ていない。つまり、根本問題が何でその問題をどのように解決していけばいいのかがエア狩らないということではないでしょうか?
    逆に言えば、その問題点を分かってしまえば、ティール組織を作っていくために補えることができるからです。

  • 亀井 薫

    ティール組織の大きな特徴の3つ、
    ・持続的な進化する目的
    ・全体性(ホールネス)をもった個人
    ・自己経営経営(セルフマネジメント)
    が、あります。
    とても秀逸なのですが、一点だけ、全体性をもった個人というところに対して、
    異議申し立てをしてるのが、
    ドイツの若き哲学者マルクス・ガブリエルです。

    なんと、この世界は存在しない何故ならば、人間は皆、部分観をもった生き物であるからといっているわけです。

    そもそも個人は全体性を持つことが出来ない。よって、価値観は融合出来ないんだ。

    そこに対して、全体を認識し、その中で個人、個性を花開かせる技術がnTech。
    この土台があるからこそ、真のティール組織が創ることが出来るのです。

  • K Maiko

    ティール組織のメリットは、常に組織の存在目的に合わせて進化発展し続けることができることですが、ティール組織のデメリットは、実現することが難しいこと。本の中でも理想の形は提唱されていますが、作り方については触れていません。全体性を持った個人が主体性を持って、組織化されるといっても、その主体性を持った個人の価値観をどう融合していくのかの方法論が未だありません。

    そこを解決するんがnTechです。nTechってすごーい!!!

  • KiJi

    ティール組織のメリット・デメリットについて考えたとき、メリットはやはり理想的な組織というところでしょう。組織のために個が死なず、むしろ活かされていくというのは最大のメリットだと思います。デメリットは組織嫌いの人は創れないというくらいでしょうか?組織嫌いも既存の組織のイメージに対して嫌いと思っているので、新しい組織の概念やイメージが入れば良いのですか、やはり組織嫌いの人がティールくださいを作ろうとするのは難しくデメリットではあると思います。

  • まきのみ

    ティール組織のメリットデメリット、たしかに気になります。
    ティール組織は本当に素晴らしい提唱ですが、たしかに実現は難しい。
    その分実現すれば真の意味での人間尊重、組織の中の個人尊重が叶います。
    実現が難しいのは人間の機能的な限界を今まで明確にしていなかったからです。
    nTechは人間の機能的な限界を明確にし、それを補完することができます。
    だから、ティール組織のデメリットを超えて、実現を可能にすることができます。

  • こましょー

    ティール組織のメリットとはこの文字数じゃ語りきれないかと思いますが、できる限り語りますね。笑
    ティール組織が実現すると、今現代人が抱えている組織に対する問題意識は全て消え去ると思います。例えば組織での人間関係、役割混迷、方向性が定まらない、個人の観点のジャッチ、コミュニケーションのズレ。まだまだあります。逆にデメリットは、今までにないものだから理解に時間がかかるかもしれませんね。
    でも、こんな事を解決したら毎日がワクワクで終わりなきチャレンジができそうじゃないですか?

  • みかり

    ティール組織は実現するのがとても難しいです。そもそもティール組織を実現しているケースがまだまだ非常に少ないため、ロールモデルがありません。こうした実現が難しく、意見の融合をおこすことが難しいことがデメリットとしてあげられるでしょう。
    もし実現できてらメリットはたくさんあります。組織が1つの身体のように動き、意思決定のスピードは早いのにできることが組織を形成している人の数だけ増えていきます。クリエイティブな案も生まれ、根づまることがありません。
    ただ、こうしたティール組織を実現するにはnTechが必要不可欠だと思います。一人一人の価値判断基準がちがうのに、そこを無視して組織運営は誰かが絶対に無理してしまう形になります。すべての人がフラットになるのがnTech。ぜひご活用ください。

  • 古川 いずみ

    ティール組織のメリット・デメリット、気になるところですよね。
    既存のトップダウンの組織で働く人達は、色んなジレンマ抱えてますよね。一人一人の判断基準はバラバラなので、だれか一人に合わせようと思うと、ほかの人とは合わなくなるわけです。
    だからと言ってボトムアップ型の組織の意志決定がいいか、というと、みんなの観点を融合していこうとすると
    すごく時間がかかってしまいますよね。
    そこら辺の不都合を全部カバーするティール組織は、みんなの希望というか、実現できたら本当にたくさんの人々が働きやすくなると言えます。だけれど、なかなか実現できない難しさもあるんですよね。そもそも脳は全体を取れないのですから。
    そのティール組織がどうやったら実現できるかというと、そこで助けになるのがnTechなんです。
    裏付けをも意味が際立つ「ティール組織」。みなさんもぜひ一緒に理想の組織を創っていきましょう!!

  • 美峰

    ティール組織のメリット·デメリットを考えた時に、メリットもたくさんある一方でデメリットも同時にあります。
    ティール組織のデメリットは、組織に属する一人ひとりの価値観を融合出来ないということです。
    人間は、みんな脳を持ってますよね。
    それによって一人ひとりの価値観が融合出来なくなってるんです。
    そのデメリットを解決することが出来るのがnTechです。
    脳機能の限界をこえて、新しいものの見方を手にすることで一人ひとりの価値観が融合され、今までにない素晴らしい組織が可能になります。

  • 小畑多美子

    ティール組織のデメリットの「一人ひとりの価値観の融合」をしていこうと思っても、本当の意味での価値観の融合は脳の機能的問題があり、正直難しいと思います。
    それができないから、今までの組織は、バラバラな価値観を一つにしていくために、大枠は暴力か財力でまとめてきた歴史があります。
    それが、レッド組織~グリーン組織の枠組みに入ると思います。
    本当のティール組織を実現していくには、脳の機能的な問題を解決でき無ければ、実現不可能だと感じています。
    その問題を解決できるのが、nTechを使った脳機能を超えた、バラバラな価値観を上昇した価値観を得ることで、融合と疎通を起こすことができる技術があるから可能になります。
    メリットは、上昇した価値観を持つことで、今度はバラバラな価値観があるからこそ、融合が起きた時に、イノベーションを起こすアイディアや個性を活かしたその人にしかみえない価値観を活かした、多様なクリエイティビティを発揮することができるので、固定や停滞、マンネリを起こすことなく常に主体性があって、進化した組織が可能になります。

  • sonoda

    ティール組織のメリット・デメリットということですが、デメリットは価値観の融合ができないということです。
    価値観の融合ができなければ、どんなに偉大な価値観があっても観点の問題が解決されていなければ、実現に向かうことができないのです。
    その観点の問題を解決することができる方法がnTechです。
    観点の問題を解決することができれば、価値観が融合することができて、ティール組織をつくることが可能になってきます。

  • Teruhiko.nakagawa

    ティール組織を可能にするのは人間の機能的限界を突破させることに成功したntechが唯一。だけど、このnTechがまだ広く普及していないいま、ティール組織のデメリットは価値観の融合といったところでしょうか。 価値観の融合がなぜ難しいかと言えば、それぞれがもつ観点(認識構造)がバラバラで共通しているものがないことです。バラバラの観点を融合させることができる技術があるとしたら、その技術をもった組織がこれからの時代を牽引していくでしょう。メリットは人間の無限大の可能性を開花させる海があることでしょう。

  • aiko

    人の価値観を融合させられたら、どれだけ会社はうまく回るでしょうか。どれだけ家庭は循環するでしょうか。どれだけ相手とわかり会えるでしょうか。
    その価値観を融合させられないから、今まで人は争いを起こしてきました。ティール組織のメリット・デメリットを見てみても、デメリットとしてそこだけが唯一解決できていません。nTechは自分の価値観にハマらずに融合できる人材をつくれる唯一の技術です。人間関係や組織で困ってる方は活用してみて下さい。

  • hiro

    ティール組織のデメリットは確かに一人一人の価値観の融合が難しいことだと思います。
    ただそれさえ出来てしまえば、全てがメリットしかなくなると思います。
    それをできる技術がnTechだと私は確信しています。
    人間の本質的な限界を明確にして、それを超えることで可能になるTeal組織。今までにないアプローチでとても驚きました。

  • 磯原正行

    ティール組織のメリットは、がまんせずに自分のやりたいことを実行できる、意思決定が早い、イノベーションがどんどん生まれる、組織を自分と感じられるなどあるかと思います。
    デメリットは、やはり実現が難しいので、形だけ近づけようとすると逆に本音が言えず意思疎通がうまくいかないことで、意思決定ができず、結果が悪くなってしまう可能性があるかと思います。
    ntechによって、根本の問題を解決することで実現可能になります。

  • やぶ

    ティール組織のメリットは生産性が上がるということです。
    なぜ人間が組織活動をするのかの一つに生産性の最大化がありますが、ティール組織では、今までのどの組織よりも生産性が上がります。
    ティール組織のデメリットはありませんが、ティール組織を実現するということが非常に困難なことであります。

  • イワミユカ

    ティール組織のメリット・デメリットか…。メリットはたくさんありますよね。世でいう理想が全てメリット。だけど、今まで理想だとしてるのになぜできてないかというと、問題が一つあります。それがなにかというと、それが「観点」です。この観点があるから、組織内での争いが無くならず、融合が起きないのです。そのことを、n techで解決できます。観点を次元上昇させる技術なのですから。ティール組織ができるのも夢ではないです。

  • あさみ

    組織って上下があるし、連携が難しいし、嫌な人が多いのではないでしょうか?会議は進まない、人間関係は面倒くさい、それが組織に対する私のイメージでした。
    そんな中、今ティール組織というのが注目されています。
    ティール組織のメリットは何といって全体をまることができる個人が一人一人が主体性をもって組織に関わっているということ。
    それってすごい意志決定能力が発揮されると思います。組織として個人を縛るのではなく、個人を生かすことができる組織。
    デメリットは実現が非常に難しいということでしょう。
    実現するには、人間の根本的な変化が必要ですね!

  • さやか

    ティール組織のメリット・デメリットに関してですが、両面あると思いますが今の社会にとってはメリットの方が大きいのではないかと思います。よく耳にするのは、営業のノルマを達成しても達成しても、次から次へとやってくるノルマに疲弊していたり、残業が多くて回らず会社に行くのが辛くて飛び降りたら楽になれるかなという考えが脳裏をよぎったり。こういった、絶えず働き続けることを助長するのが現代の企業に多くみられるオレンジ組織だと思います。こういった今の社会で問題に挙げられている現象は少なからず解決すると思います。

  • midan

    ティール組織は言い換えると生命体組織。常に進化する存在目的と、各自が全体性を持って組織を経営していく素晴らしい組織です。
    実現すること自体が不可能とも言われていますが、実現できれば今の時代に革命を起こす新しい組織体系になると思います。
    ではデメリットは何でしょう?
    デメリットとまでは言えませんが、世の中が伝えているティール組織(のようなもの)を仮に実現できたとしても、今の時代の危機を全て突破できるかといえばそれは難しいです。
    組織、特に企業活動において、今までの組織体系では限界だったことから生まれたティール組織ですが、提唱されている形を実現できたとしても物質文明の危機、AIによる雇用の危機、長期経済停滞の危機、格差社会の危機、環境問題の危機を突破できるかといったらそれだけでは無理です。
    このままでは、いくら組織が良くなっても時代社会の問題にのまれてしまいます。
    大切なことは、今の時代社会の限界をつくる原因を明確に規定し、それを越えること。
    そこまで見据えた新しいチームプレー、新秩序の創造が必要です。
    ティールを実現不可能とさせている自我の突破ができた時に、今のティール組織として提唱されているレベル以上のティール組織が見えてきます。
    そして、その本物ティール組織を実現できれば今の時代をつくる流れが見えます。
    あらゆる社会問題を超えて、Win-Win, All-Winの時代社会、組織をつくる技術がnTechです。

  • ぬくこ

    ティール組織のメリットって数えきれないほど多くあると思うんです。今までの組織をすべて底上げしているし、何より今までの組織にない心理的安全性という人間にとってもすごく重要となるところを作ろうとしてますし・・・
    ただ、ただ、デメリットでいうと、それは現実化しないということではないでしょうか?理想としては、それが現実化してほしいですが、分離から始まるこの世の中で、安心できる関係性を作ろうといって作ること自体も難しければ、どうして難しいのかその根本がわからないからです。だからこそ、知る必要があるのが、nTechではないか、と私は思います。

  • Callinger帆足

    ティール組織のメリット・デメリットは色々あると思いますが、デメリットは新しすぎて再現性が難しいことではないでしょうか。
    みんなのイメージがバラバラすぎて理想の融合が難しいこと。
    メリットはティール組織を実すれば、違いが勝ちになり多様性が活かされていくので、やればやるほどモチベーション、誇り、充実感を感じることができ、働きが持続可能であり、クリエイティブな仕事がどんどん生まれてくると思います。

  • EMI

    ティール組織は、まだ実現が非常に難しく、その組織の作り方も本には明記がされていません。そのため、その組織が周りにどんな影響を与えるのか、どんな成長ができるのか、データが非常に少ないです。
    しかし、実現することができたら、メリットが非常に多いいだろうことは想像することができます。

    今の時点では、ティール組織を増やしていくことが、現状の打破につながることは可能性が大きいと考えられます。私たちがその次元にたどり着いた時に、また新しい課題が見つかるのかもしれませんね!

  • 安田真理

    ティール組織のメリット・デメリットとは?メリットしか感じられないような、素晴らしい組織イメージだと思います。しかし、実際に机上の空論ではなく、完璧なティール組織を創建した組織はあるでしょうか。
    唯一のデメリットは、具現化するのが難しいことだと思います。
    nTechの技術を使う人間が増えたら、世界中がティール組織になって、とても面白い時代になると思います。

  • 大槻剛史

    「自分が創る自分の宇宙も、相手が創る相手の宇宙も錯覚のバーチャルリアリティ。本当に実在するのはHITOTSUの動きしかない」このことを大前提、共通土台にしないと、観点の融合は100%起きません。

    自分の考えも感情も、相手の考えも感情と一旦オールゼロ化したところから、令和感覚で観点の融合、ビューティフルハーモニーを奏でることができます。

  • あかり

    ティール組織のメリット・デメリットは、冒頭にもあるようにメリットは数え切れないほどあるが、デメリットは実現が困難ということ。それは脳の機能的限界を知れば一目瞭然です。まずは、なぜ実現が困難なのかという明確な問題を知ることが重要です。nTechは、その問題を解決しティール組織の実現を可能にします。

  • 山口禎子

    ティール組織のメリット・デメリットはなんだと思いますか?
    メリットは、トップダウンでも、ボトムアップでも解決できなかった組織の問題、課題を解決できる「概念」
    理想的な組織論であり、新しい概念です。実現すれば、これまで組織によって抑えつけられてきた、個人の能力や、
    特徴を発揮することができたり、自主性、主体性で自ら取り組んで、生産性を向上できたり、
    そうなれば経営者は、社内の人間関係のいざこざや、人が辞めてしまうことの対応や改善に時間を使わなくて済むようになります。
    もっと人が人と協力して、お互いの能力を発揮し合える環境になっていく。とても素敵な組織です。
    デメリットは、それが「実現できれば...」というところにあります。導入に挑戦して、幹部と社員の溝が深まったり、
    不信を呼び、価値観の違いに集団退職するリスクもあると言えます。方向性転換をするためには、それなりのリスクを伴います。
    リスクで済めばまだいいですが、問題は人間の宿命的な機能の問題で、実現が無理だということです。
    その問題を発見し、問題の解決策を発明したnTech(認識技術)は、新しい未来技術ですね!

  • 中西豊

    ティール組織にもメリット、デメリットがあります。

    メリットは、全体性という究極の安心があるので、個性というキャラが何もしなくても
    活き活きと、それはまるで肥沃な土壌にタネが巻かれたように、個性が発揮される組織になります。

    デメリットは、まだ人類が誰も作ったことのない組織なので、誰もチャレンジしないことです。
    イメージもできず、ティール組織という存在もこの世界にはない。

    しかし、これから10年後にはティール組織というものが存在し、それが世界的に認知されていくと思います。

  • SAKI

    ティール組織のメリットは、全てだとは思います。今までにない新しい組織形態であり、持続的に進化し、個人が全体性を発揮してチームプレーもバッチリの組織。デメリットはないようにも見えますが、ただ実現するのは簡単じゃないとろろですよね。それを補えるのがnTechだと感じます。人間は部分しか見えないので、そもそも全体性の発揮ができない。全体性を観ることができ、組織が自分になることためには、新しい認識方式が必要です。



⇒8分でわかる、ティール組織の要約と実現方法

⇒【6分の動画】ティール組織(Teal組織)を実現する最新技術「nTech」とは?

ティール組織を体感するゲーム|会社をより良くしたい経営者・リーダー向け!

【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム

⇒【経営者・リーダー向け】ティール組織を体感するゲームの詳細はこちら

LINE@に登録すると、毎週火曜日の12時頃にティール組織の最新記事をお届けします♪

友だち追加

※画像が表示されない場合はこちらをクリックして友達追加してください

Twitterのフォロー大歓迎♪

おすすめ記事

お問い合わせ 1
お問い合わせ 2
【経営者向け】ティール組織を体感するゲーム 3
ティール組織の企業と会社 4
ティール組織のセミナー 5
ティール組織の企業と会社 6
お問い合わせ 7
【日本企業専用】ティール組織を実現する最新技術 8
ホラクラシー組織 9
お問い合わせ 10
お問い合わせ 11
ティール組織を学校に導入するとどうなる? 12
ティール組織の実践モデル 13
おすすめのマネジメント(経営)本 14
お問い合わせ 15
お問い合わせ 16
人間関係が悪い 17
仕事で嫌いな人との接し方を変えずに上手に付き合う方法 18
職場を変えず職場の人間関係を改善する方法 19
仕事したくない行きたくない病は心理学でも完治が難しい 20
職場の人間関係のストレスの最大の原因「苦手な人」の克服方法 21
キングダムのビジネス書 22
仕事が続かない原因を簡単に発見する最新技術「nTech」とは? 23
日本が働きたくない若者を切り捨てる前に!nTechを使って若者に働く楽しさを教えよう! 24
働く意味が分からない人は日本の歴史をnTechで紐解けば働く意味を発見できますよ 25
99%の職場や社内の組織コミュニケーションが失敗する原因はnTechを使っていないから 26
2020年以降の組織作りに欠かせなくなる最新技術「nTech」とは? 27
人付き合いが苦手だった私がnTechで人付き合いが得意になった話 28
誘いを断れない女性 29
言いたいことが言えない女性 30
友達がいない不安に襲われている女性 31
仕事を辞めたいけど辞められない 32
会社(仕事)や 学校を休みたい… 33
つい気を使ってしまう女性 34
やることが多い人におすすめの思考整理術 35
AI(人工知能) にできない仕事 36
ホモ・デウス|テクノロジーとサピエンスの未来(上下合本版) 37
なりたい自分をイメージできないので見つけ方を知りたい 38
仕事がしんどいし辛いから行きたくない 39
コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション能力を上達させる方法 40
恋愛の意味がわからないので恋愛する意味を知りたい 41
分かり合えない 42

-ティール組織の事例
-, ,

Copyright© ティール組織を実現する最新技術「nTech」の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.